100万円を借りるならカードローンがおすすめ 紙幣を持つ人 カードローンがおすすめの理由 まとまったお金を手配するにあたって、カードローンの利用がおすすめです。その主な理由として、以下の2点が挙げられます。 主な理由 使用用途が自由 すぐに借り入れできる カードローンは、住宅ローンや自動車ローンのように使用用途が定められていません。そのため、生活費・娯楽費・借金返済など好きなものに使えます。 そして、カードローンは審査結果が出るまでのスピードが速い点も大きなメリットであり特徴です。  カードローンのなかには、申し込みをしてから数分後には審査が完了し、通過していればすぐにお金を借りられるサービスがあります。 お金を借りるには、家族や友人に頼る、銀行に借りるなどの手段がありますが、これらは確実でないうえに時間がかかる可能性がゼロではありません。 今すぐに100万円を借りたい人は、ぜひカードローンを検討してみてください。ただし、カードローンは必ず利用できるとは限らず、審査に通過しなければいけない点には注意が必要です。 カードローンの種類 ATM カードローンには、消費者金融・銀行・信販会社といった種類があります。それぞれで、審査基準のハードルや利息は異なるため、事前リサーチは欠かせません。 なお、原則として審査が甘く多くの人が借りやすいカードローンは、金利が高くなる傾向にあります。金利が高いと返済額が膨らむため、より計画的な利用が求められるのです。 融資までのスピードも、カードローンの種類によって異なります。 100万円を借りる際におすすめのカードローン5選 プロミス プロミス プロミスのおすすめポイント オリコン顧客満足度で1位を獲得 急ぎで借り入れしたいときでも対応可能 借り入れ・返済方法の選択肢が広い プロミスは、2020年度オリコン顧客満足度「ノンバンクカードローンランキング・比較」にて総合1位を獲得しています。30日間無利息で借り入れできることは、初心者にも安心感があり高評価です。 また、アプリを活用するとカードなしでも借り入れできることから、その手軽さも多くの人の支持に繋がっています。  プロミスは最短即日融資に対応している点も特徴です。24時間365日、いつでもWebから申し込みできます。 そして、借り入れ・返済方法の選択肢が広いため、自分に合ったスタイルで利用できる点も魅力です。借り入れに関しては、インターネット振り込みや提携ATMが利用できます。 返済についても口座振替や提携ATM、さらには銀行振込やお客様サービスプラザ(店頭窓口)が利用可能です。 インターネットからの借り入れ申し込みは、来店不要で土日祝・夜間でも対応しています。 金利(実質年率) 4.5%~17.8% 利用限度額 500万円 審査スピード 最短15秒 融資スピード 最短即日 借り入れ方法 インターネット振り込み スマホATM コンビニ・提携ATM プロミスATM プロミスコール(電話) お客様サービスプラザ(店頭窓口) 返済方法 インターネット返済 口座振替 スマホATM コンビニ・提携ATM プロミスATM 銀行振込 お客様サービスプラザ(店頭窓口) スマホアプリ 〇 申し込み条件 18歳~69歳 出典:プロミス 出典:オリコン顧客満足度2020年度版 ノンバンクカードローンランキング・比較 三井住友カード カードローン 三井住友カード カードローン 三井住友カード カードローンのおすすめポイント 最短5分で審査が完了 返済実績に応じて金利が優遇される 入会後は原則24時間いつでも借り入れ可能 三井住友カード カードローンは、申し込みをしてから最短5分で審査が完了するため、急ぎでお金を手配したいときでも大いに活用できます。 なお、即時発行の対象条件として、9:00~19:30に申し込みをすること、オンラインで支払い口座を登録できることが挙げられるため把握しておきましょう。  気になる金利については基本が実質年率1.5%~15.0%のところ、返済実績に応じて優遇される点は見逃せません。 返済実績に応じて、年に0.3%ずつ・最大1.2%の金利引き下げを提供しています。入会初年度を15.0%とした場合、翌年には最大13.8%まで下げられるのです。 入会後は原則24時間いつでも借り入れができるため、急な入用でも対応できます。 金利(実質年率) 1.5%~15.0% 利用限度額 900万円 審査スピード 最短5分 融資スピード 最短即日 借り入れ方法 ATM 口座振込 返済方法 口座引き落とし スマホアプリ 〇 申し込み条件 満20歳以上~69歳以下 出典:三井住友カード カードローン アコム アコム アコムのおすすめポイント 申し込みをしたその日に融資を受けられる 30日間金利0円で利用可能 借りやすい・返済しやすい アコムは最短即日融資に対応しており、申し込みをした日のうちに借り入れ可能です。インターネットまたは電話で申し込み後、インターネットまたは来店で契約をするとスムーズに進みます。 本人確認についてもアプリで写真を撮影してそのまま提出できるため、急ぎの人にとっては非常に助かります。  初めての人に限り、契約日の翌日から30日間は金利0円です。短期間で完済できる目処が立っている場合は、リスクを軽減して利用できます。 借り入れは、振り込み・店頭窓口・アコムATM・提携ATMから選択可能です。返済についても複数の方法があるため、使い勝手が良い点は支持される理由と言えます。 審査が不安な人は、借入可能かすぐにわかる「3秒スピード診断」を活用してみてください。 金利(実質年率) 3.0%~18.0% 利用限度額 800万円 審査スピード 最短30分 融資スピード 最短即日 借り入れ方法 振り込み 店頭窓口 アコムATM 提携ATM 返済方法 インターネット アコムATM 提携ATM 店頭窓口 振り込み 口座振替 スマホアプリ 〇 申し込み条件 18歳以上(高校生を除く) 出典:アコム 三菱UFJ銀行 バンクイック 三菱UFJ銀行 バンクイック 三菱UFJ銀行 バンクイックのおすすめポイント 実質年率1.8%~14.6%と低い設定 申し込みはWebで完結 最小返済額は1,000円からで返済サポートも充実 三菱UFJ銀行 バンクイックは、実質年率1.8%~14.6%と低い設定で借り入れできます。利用限度額も10万円~500万円となっているため、まとまったお金を用意可能です。  申し込みはWebで完結できるため、わざわざ店頭へ足を運ぶ必要がありません。 借り入れに関しては、ATMまたは振り込みから選択できます。身近な提携コンビニATMも利用できるため、急な入用でも対応可能です。 最小返済額は1,000円からで、返済サポートも充実しているため初心者でも安心して利用できます。 金利(実質年率) 1.8%~14.6% 利用限度額 10万円~500万円 審査スピード 最短翌営業日 融資スピード 最短翌営業日 借り入れ方法 ATM 振り込み 返済方法 自動支払い(口座引き落とし) ATM 振り込み スマホアプリ 〇 申し込み条件 満20歳以上65歳未満 出典:三菱UFJ銀行 バンクイック SMBCモビット SMBCモビット SMBCモビットのおすすめポイント WEB完結での申し込みが可能 申し込み後にコールセンターへ連絡すると急ぎで対応してくれる 多機能型モビットカード「Tカードプラス」を提供 SMBCモビットは、WEB完結での申し込みを可能としています。そのため、自宅をはじめ好きな場所で手続きが可能です。 新規入会の人に限り、T-POINTまたはVポイントのいずれかが7,000ポイントプレゼントされるキャンペーンを、2022年5月31日まで開催しています。  最短即日融資も可能で、申し込み後にコールセンターへ連絡し急ぎである旨を伝えると、柔軟に対応してくれる点は大変魅力的です。 また、多機能型モビットカード「Tカードプラス」を提供しています。モビットカードローン・クレジットカード・Tカードと3つの機能が1枚になっているため非常に便利です。 融資を受けることに加え、クレジットカード決済も1枚のカードで完結します。 金利(実質年率) 3.0%~18.0% 利用限度額 800万円 審査スピード 最短30分 融資スピード 最短即日 借り入れ方法 振り込みキャッシング 提携ATM スマホATM取引 返済方法 提携ATM 口座振替 銀行振込 インターネット ポイント スマホATM取引 スマホアプリ 〇 申し込み条件 満20歳~69歳 出典:SMBCモビット 100万円を借りるための3つの準備 財布からお金を出す人 申し込み条件を確認する カードローンは誰でも無条件に利用できる訳ではなく、申し込みには条件があります。申込み条件としては、年齢・勤務形態・年収などが定められた基準を満たしておかなければいけません。 さらに、他の機関からの借入状況なども関係してきます。年収が高いとしても、他社からの借入が多い場合は審査に通らない可能性があるのです。 事前に申し込めるかどうかを判断するため、各サービスの簡易診断を利用してみてください。 必要書類を用意する カードローンを申し込む際は、指定された書類を提出しなければいけません。会社によって必要な書類は異なる場合がありますが、主に以下が挙げられます。 主な必要書類 身分証明書 収入証明書 身分証明書として有効なものは、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなどです。なお、顔写真や現在住所が記載されているものに限る場合があります。 そして、収入証明書として源泉徴収書や給与明細書などの提出も場合によっては必要です。 基本的に、給与明細書は直近2ヶ月以内に発行されたものに限る場合が多いため、直近2ヶ月で収入が無い場合は注意してください。 その他には、審査が通った場合に100万円を振り込むための口座情報も必要となります。 毎月の返済額を確認する 紙幣を数える人 100万円を返済するうえで、毎月の返済額と完済までの期間を考慮しなければいけません。 毎月の返済額を下げると完済までの期間が延びるだけでなく、利息が膨らんでしまいトータルの返済額が多くなってしまいます。  一方で、毎月の返済額を高く設定し過ぎると返済自体が困難となり、滞納を繰り返すことでブラックリストに載る可能性が出てきてしまいます。 そのため、カードローンを申し込む前に無理の無い範囲で短期間のうちに完済する計画を立てることが重要です。 なお、返済計画を立てるうえで、返済シミュレーションの利用がおすすめです。返済シミュレーションを利用すると、以下のようなイメージで返済計画を立てられます。 シミュレーション例 借入金額:100万円 返済月数:12ヶ月 借入金利:実質年率14.5% 例えば上記の金額を入力すると、毎月の返済額は90,022円になります。まずは、この金額を毎月きちんと返済できるかを検討しましょう。 毎月の返済が厳しく下げたい場合は、返済月数を長くする方法があります。例えば返済月数を24ヶ月にすると、毎月の返済額48,249円まで下げられるのです。 返済月数が長くなるほど利息が増えることから、総返済額もしっかりと意識したうえで現実的な計画を立てましょう。 100万円を借りる際の基本的な流れ 紙幣を数える人 カードローンを利用し、100万円を借りる際の基本的な流れは以下の通りです。 主な流れ 審査の申込 仮審査 必要書類の提出 本審査 審査通過の場合は契約成立 利用開始 カードローンをインターネットや店頭で申し込みます。この段階での申し込みはあくまでも審査段階であるため、必ずカードローンを利用できるとは限らないと理解しておきましょう。 そして、申し込み内容に不備がないかを調べるため、仮審査を実施します。あくまでも「仮」であるため、通過したからと言い融資が確定した訳ではありません。 仮審査で問題がなければ、本人確認書や収入証明書などの必要書類を提出して本審査に進みます。運転免許証などをスマホで撮影しWEBで送れる場合は、郵送などの手間も省けて便利です。  本審査では、本当に申込情報に記載されていた職場に所属しているか、他に借り入れが無いかなどを踏まえ本格的な審査が行われます。 審査結果は契約成立・不成立に関わらず、数分から数日後に通知される場合が多いです。基本的には、銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査結果が出るまでの時間は短い傾向にあります。 無事に審査に通った場合は契約成立です。現金は指定金額を口座に振り込むようWebで手続きする方法があるため、手軽に借り入れできます。 基本的に、一度審査に通ると上限額内であれば好きなタイミングで借り入れが可能です。 100万円を借りる際の注意点 紙幣を見せる人 即対応は不可の場合が少なくない 数分後あるいは今日中に100万円を用意したいという理由で、カードローンの利用を検討する人もいるでしょう。しかし、提供する種類によっては最短即日対応が不可という場合も少なくありません。  例えば、銀行カードローンは警視庁データベースへの照会に1営業日以上を要するため、申し込みをした日に融資を受けることは不可能です。 また、民間の金融機関でも土日祝で営業外となる場合は、審査結果が出るまで数日かかります。 急ぎで融資を受けたい場合は、事前に利用開始までの流れをしっかりチェックしておきましょう。 総量規制について理解しておく 総量規制とは、「賃金業者からの合計借入額は年収の3分の1までに制限される」という、貸金業法で定められている法律です。 つまり、100万円を借りる場合は、300万円以上の年収が必要になるということを意味します。  年収が300万円以上でも、すでに100万円以上の借入があれば新たに融資を受けることは難しくなります。 ただし、賃金業者とは預金業務などを行わず「お金の貸出専門の業者」を指すため、銀行は総量規制の対象外です。100万円を借りる前に、自分の年収と賃金業者からの借入状況をチェックし、総量規制に問題がないかを把握しておきましょう。 しっかりと計画性を持ち利用する 紙幣を見せる人 カードローンは、審査に通過すると簡単に100万円というまとまったお金を借りられます。家族や友人に借りることに比べるとハードルが低く、非常に便利な方法です。 しかし、カードローンはきちんと計画性を持って利用しなければいけません。簡単に融資を受けられるものの、無計画に借りてしまうと返済が困難な状況に陥ってしまいます。 借り入れをした場合は、元金以外に利息がかかることを理解し、無理なく返済できる計画を立てたうえで利用してください。 複数への申し込みは避ける カードローンは複数社へ同時に申し込めば、審査通過の確率が上がると考えている人はいるかもしれません。しかし、複数社への申し込みはおすすめしません。  その理由は、申し込み履歴や審査結果は各カード会社で共有されているためです。 同時に複数社へ申し込むと「相当お金に困っている人」と認識され、貸し倒れのリスクを懸念されかねません。その結果、審査に通りにくくなる可能性があります。 カードローンを申し込む際は、自分に合っているサービス内容の1社に絞りましょう。 まとめ この記事では、100万円を借りる方法として、おすすめのカードローン5選や注意点などを解説しました。 まとまった現金を用意する際は、カードローンがおすすめです。用途が自由で最短即日融資に対応していることから、急な入用でも利用できます。 ただし、審査に通過しなければ借り入れできないこと、返済金額には利息が加算されることなど、注意点をきちんと理解したうえで利用しましょう。 おすすめのカードローンもチェックし、自分に合ったサービス内容のものを選んでください。

今や国が推奨していることもあり、キャッシュレス化が急速に進んでいます。そのため現金を活用する機会は随分減ったものの、まとまったお金は必要なシーンはゼロではありません。

そこで今回は、100万円を借りる方法について解説していきます。そして、おすすめのカードローン5選や100万円を借りる際の注意点も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

100万円を借りるうえで準備すべきことや基本的な流れについても触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。

100万円を借りるならカードローンがおすすめ

紙幣を持つ人

カードローンがおすすめの理由

まとまったお金を手配するにあたって、カードローンの利用がおすすめです。その主な理由として、以下の2点が挙げられます。

主な理由
  • 使用用途が自由
  • すぐに借り入れできる

カードローンは、住宅ローンや自動車ローンのように使用用途が定められていません。そのため、生活費・娯楽費・借金返済など好きなものに使えます。

そして、カードローンは審査結果が出るまでのスピードが速い点も大きなメリットであり特徴です。

 カードローンのなかには、申し込みをしてから数分後には審査が完了し、通過していればすぐにお金を借りられるサービスがあります。

お金を借りるには、家族や友人に頼る、銀行に借りるなどの手段がありますが、これらは確実でないうえに時間がかかる可能性がゼロではありません。

今すぐに100万円を借りたい人は、ぜひカードローンを検討してみてください。ただし、カードローンは必ず利用できるとは限らず、審査に通過しなければいけない点には注意が必要です。

カードローンの種類

ATM

カードローンには、消費者金融・銀行・信販会社といった種類があります。それぞれで、審査基準のハードルや利息は異なるため、事前リサーチは欠かせません。

なお、原則として審査が甘く多くの人が借りやすいカードローンは、金利が高くなる傾向にあります。金利が高いと返済額が膨らむため、より計画的な利用が求められるのです。

融資までのスピードも、カードローンの種類によって異なります。

100万円を借りる際におすすめのカードローン5選

プロミス

プロミス

プロミスのおすすめポイント
  • 融資まで最短30分!
  • 急ぎで借り入れしたいときでも対応可能
  • 借り入れ・返済方法の選択肢が広い

プロミスは、30日間無利息で借り入れできるため、初心者にも安心感があり高評価です。

また、アプリを活用するとカードなしでも借り入れできることから、その手軽さも多くの人の支持に繋がっています。

 プロミスは最短即日融資に対応している点も特徴です。24時間365日、いつでもWebから申し込みできます。

そして、借り入れ・返済方法の選択肢が広いため、自分に合ったスタイルで利用できる点も魅力です。借り入れに関しては、インターネット振り込みや提携ATMが利用できます

返済についても口座振替や提携ATM、さらには銀行振込やお客様サービスプラザ(店頭窓口)が利用可能です。

インターネットからの借り入れ申し込みは、来店不要で土日祝・夜間でも対応しています。

金利(実質年率) 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
審査スピード 最短15秒
融資スピード 最短即日
借り入れ方法
  • インターネット振り込み
  • スマホATM
  • コンビニ・提携ATM
  • プロミスATM
  • プロミスコール(電話)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
返済方法
  • インターネット返済
  • 口座振替
  • スマホATM
  • コンビニ・提携ATM
  • プロミスATM
  • 銀行振込
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
スマホアプリ
申し込み条件 18歳~69歳

出典:プロミス

三井住友カード カードローン

三井住友カード カードローン

三井住友カード カードローンのおすすめポイント
  • 最短5分で審査が完了
  • 返済実績に応じて金利が優遇される
  • 入会後は原則24時間いつでも借り入れ可能

三井住友カード カードローンは、申し込みをしてから最短5分で審査が完了するため、急ぎでお金を手配したいときでも大いに活用できます。

なお、即時発行の対象条件として、9:00~19:30に申し込みをすること、オンラインで支払い口座を登録できることが挙げられるため把握しておきましょう。

 気になる金利については基本が実質年率1.5%~15.0%のところ、返済実績に応じて優遇される点は見逃せません。

返済実績に応じて、年に0.3%ずつ・最大1.2%の金利引き下げを提供しています。入会初年度を15.0%とした場合、翌年には最大13.8%まで下げられるのです。

入会後は原則24時間いつでも借り入れができるため、急な入用でも対応できます。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

金利(実質年率) 1.5%~15.0%
利用限度額 900万円
審査スピード 最短5分
融資スピード 最短即日
借り入れ方法
  • ATM
  • 口座振込
返済方法 口座引き落とし
スマホアプリ
申し込み条件 満20歳以上~69歳以下

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

出典:三井住友カード カードローン

アコム

アコム

アコムのおすすめポイント
  • 申し込みをしたその日に融資を受けられる
  • 30日間金利0円で利用可能
  • 借りやすい・返済しやすい

アコムは最短即日融資に対応しており、申し込みをした日のうちに借り入れ可能です。インターネットまたは電話で申し込み後、インターネットまたは来店で契約をするとスムーズに進みます。

本人確認についてもアプリで写真を撮影してそのまま提出できるため、急ぎの人にとっては非常に助かります。

 初めての人に限り、契約日の翌日から30日間は金利0円です。短期間で完済できる目処が立っている場合は、リスクを軽減して利用できます。

借り入れは、振り込み・店頭窓口・アコムATM・提携ATMから選択可能です。返済についても複数の方法があるため、使い勝手が良い点は支持される理由と言えます。

審査が不安な人は、借入可能かすぐにわかる「3秒スピード診断」を活用してみてください。

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
借り入れ方法
  • 振り込み
  • 店頭窓口
  • アコムATM
  • 提携ATM
返済方法
  • インターネット
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 振り込み
  • 口座振替
スマホアプリ
申し込み条件 18歳以上(高校生を除く)

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

出典:アコム

三菱UFJ銀行 バンクイック

バンクイック

三菱UFJ銀行 バンクイックのおすすめポイント
  • 実質年率1.8%~14.6%と低い設定
  • 申し込みはWebで完結
  • 最小返済額は1,000円からで返済サポートも充実

三菱UFJ銀行 バンクイックは、実質年率1.8%~14.6%と低い設定で借り入れできます。利用限度額も10万円~500万円となっているため、まとまったお金を用意可能です。

 申し込みはWebで完結できるため、わざわざ店頭へ足を運ぶ必要がありません。

借り入れに関しては、ATMまたは振り込みから選択できます。身近な提携コンビニATMも利用できるため、急な入用でも対応可能です。

最小返済額は1,000円からで、返済サポートも充実しているため初心者でも安心して利用できます。

金利(実質年率) 1.8%~14.6%
利用限度額 10万円~500万円
審査スピード 最短翌営業日
融資スピード 最短翌営業日
借り入れ方法
  • ATM
  • 振り込み
返済方法
  • 自動支払い(口座引き落とし)
  • ATM
  • 振り込み
スマホアプリ
申し込み条件 満20歳以上65歳未満

出典:三菱UFJ銀行 バンクイック

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットのおすすめポイント
  • WEB完結での申し込みが可能
  • 申し込み後にコールセンターへ連絡すると急ぎで対応してくれる
  • 多機能型モビットカード「Tカードプラス」を提供

SMBCモビットは、WEB完結での申し込みを可能としています。そのため、自宅をはじめ好きな場所で手続きが可能です。

新規入会の人に限り、T-POINTまたはVポイントのいずれかが7,000ポイントプレゼントされるキャンペーンを、2022年5月31日まで開催しています。

 最短即日融資も可能で、申し込み後にコールセンターへ連絡し急ぎである旨を伝えると、柔軟に対応してくれる点は大変魅力的です。

また、多機能型モビットカード「Tカードプラス」を提供しています。モビットカードローン・クレジットカード・Tカードと3つの機能が1枚になっているため非常に便利です。

融資を受けることに加え、クレジットカード決済も1枚のカードで完結します。

金利(実質年率) 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
借り入れ方法
  • 振り込みキャッシング
  • 提携ATM
  • スマホATM取引
返済方法
  • 提携ATM
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • インターネット
  • ポイント
  • スマホATM取引
スマホアプリ
申し込み条件 満20歳~69歳

出典:SMBCモビット

100万円を借りるための3つの準備

財布からお金を出す人

申し込み条件を確認する

カードローンは誰でも無条件に利用できる訳ではなく、申し込みには条件があります。申込み条件としては、年齢・勤務形態・年収などが定められた基準を満たしておかなければいけません。

さらに、他の機関からの借入状況なども関係してきます。年収が高いとしても、他社からの借入が多い場合は審査に通らない可能性があるのです。

事前に申し込めるかどうかを判断するため、各サービスの簡易診断を利用してみてください。

必要書類を用意する

カードローンを申し込む際は、指定された書類を提出しなければいけません。会社によって必要な書類は異なる場合がありますが、主に以下が挙げられます。

主な必要書類
  • 身分証明書
  • 収入証明書

身分証明書として有効なものは、運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなどです。なお、顔写真や現在住所が記載されているものに限る場合があります。

そして、収入証明書として源泉徴収書や給与明細書などの提出も場合によっては必要です。

基本的に、給与明細書は直近2ヶ月以内に発行されたものに限る場合が多いため、直近2ヶ月で収入が無い場合は注意してください。

その他には、審査が通った場合に100万円を振り込むための口座情報も必要となります。

毎月の返済額を確認する

紙幣を数える人

100万円を返済するうえで、毎月の返済額と完済までの期間を考慮しなければいけません。

毎月の返済額を下げると完済までの期間が延びるだけでなく、利息が膨らんでしまいトータルの返済額が多くなってしまいます。

 一方で、毎月の返済額を高く設定し過ぎると返済自体が困難となり、滞納を繰り返すことでブラックリストに載る可能性が出てきてしまいます。

そのため、カードローンを申し込む前に無理の無い範囲で短期間のうちに完済する計画を立てることが重要です。

なお、返済計画を立てるうえで、返済シミュレーションの利用がおすすめです。返済シミュレーションを利用すると、以下のようなイメージで返済計画を立てられます。

シミュレーション例
  • 借入金額:100万円
  • 返済月数:12ヶ月
  • 借入金利:実質年率14.5%

例えば上記の金額を入力すると、毎月の返済額は90,022円になります。まずは、この金額を毎月きちんと返済できるかを検討しましょう。

毎月の返済が厳しく下げたい場合は、返済月数を長くする方法があります。例えば返済月数を24ヶ月にすると、毎月の返済額48,249円まで下げられるのです。

返済月数が長くなるほど利息が増えることから、総返済額もしっかりと意識したうえで現実的な計画を立てましょう。

100万円を借りる際の基本的な流れ

紙幣を数える人

カードローンを利用し、100万円を借りる際の基本的な流れは以下の通りです。

主な流れ
  1. 審査の申込
  2. 仮審査
  3. 必要書類の提出
  4. 本審査
  5. 審査通過の場合は契約成立
  6. 利用開始

カードローンをインターネットや店頭で申し込みます。この段階での申し込みはあくまでも審査段階であるため、必ずカードローンを利用できるとは限らないと理解しておきましょう。

そして、申し込み内容に不備がないかを調べるため、仮審査を実施します。あくまでも「仮」であるため、通過したからと言い融資が確定した訳ではありません。

仮審査で問題がなければ、本人確認書や収入証明書などの必要書類を提出して本審査に進みます。運転免許証などをスマホで撮影しWEBで送れる場合は、郵送などの手間も省けて便利です。

 本審査では、本当に申込情報に記載されていた職場に所属しているか、他に借り入れが無いかなどを踏まえ本格的な審査が行われます。

審査結果は契約成立・不成立に関わらず、数分から数日後に通知される場合が多いです。基本的には、銀行カードローンよりも消費者金融の方が審査結果が出るまでの時間は短い傾向にあります。

無事に審査に通った場合は契約成立です。現金は指定金額を口座に振り込むようWebで手続きする方法があるため、手軽に借り入れできます。

基本的に、一度審査に通ると上限額内であれば好きなタイミングで借り入れが可能です。

100万円を借りる際の注意点

紙幣を見せる人

即対応は不可の場合が少なくない

数分後あるいは今日中に100万円を用意したいという理由で、カードローンの利用を検討する人もいるでしょう。しかし、提供する種類によっては最短即日対応が不可という場合も少なくありません。

 例えば、銀行カードローンは警視庁データベースへの照会に1営業日以上を要するため、申し込みをした日に融資を受けることは不可能です。

また、民間の金融機関でも土日祝で営業外となる場合は、審査結果が出るまで数日かかります。

急ぎで融資を受けたい場合は、事前に利用開始までの流れをしっかりチェックしておきましょう。

総量規制について理解しておく

紙幣を見せる人

総量規制とは、「賃金業者からの合計借入額は年収の3分の1までに制限される」という、貸金業法で定められている法律です。

つまり、100万円を借りる場合は、300万円以上の年収が必要になるということを意味します。

 年収が300万円以上でも、すでに100万円以上の借入があれば新たに融資を受けることは難しくなります。

ただし、賃金業者とは預金業務などを行わず「お金の貸出専門の業者」を指すため、銀行は総量規制の対象外です。100万円を借りる前に、自分の年収と賃金業者からの借入状況をチェックし、総量規制に問題がないかを把握しておきましょう。

しっかりと計画性を持ち利用する

カードローンは、審査に通過すると簡単に100万円というまとまったお金を借りられます。家族や友人に借りることに比べるとハードルが低く、非常に便利な方法です。

しかし、カードローンはきちんと計画性を持って利用しなければいけません。簡単に融資を受けられるものの、無計画に借りてしまうと返済が困難な状況に陥ってしまいます。

借り入れをした場合は、元金以外に利息がかかることを理解し、無理なく返済できる計画を立てたうえで利用してください。

複数への申し込みは避ける

パソコン

カードローンは複数社へ同時に申し込めば、審査通過の確率が上がると考えている人はいるかもしれません。しかし、複数社への申し込みはおすすめしません

 その理由は、申し込み履歴や審査結果は各カード会社で共有されているためです。

同時に複数社へ申し込むと「相当お金に困っている人」と認識され、貸し倒れのリスクを懸念されかねません。その結果、審査に通りにくくなる可能性があります。

カードローンを申し込む際は、自分に合っているサービス内容の1社に絞りましょう。

まとめ

この記事では、100万円を借りる方法として、おすすめのカードローン5選や注意点などを解説しました。

まとまった現金を用意する際は、カードローンがおすすめです。用途が自由で最短即日融資に対応していることから、急な入用でも利用できます。

ただし、審査に通過しなければ借り入れできないこと、返済金額には利息が加算されることなど、注意点をきちんと理解したうえで利用しましょう

おすすめのカードローンもチェックし、自分に合ったサービス内容のものを選んでください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事