200万円を借りる3つの方法とは?返済シミュレーションや注意点も解説

「どうしても200万円が必要になった」「今すぐ200万円を借りる方法を知りたい!」そんな悩みを持つ方におすすめなのがカードローンです。実はカードローンは少額の借入だけでなく、高額のお金も借りられるのをご存知でしょうか?

この記事では200万円を借りる方法200万円を借りるときの注意点を紹介。また200万円を借りるのにカードローンをおすすめする理由についても解説しています。

200万円のお金を借りるためにはローン会社の審査に通る必要がありますが、申込時にチェックしておくべきポイントについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

実際に200万円を借りたときの、毎月の支払額や金利など返済シミュレーションも紹介していますよ。

200万円を借りる3つの方法

お金

200万円を借りる方法は主に以下の3つに分かれます。

200万円を借りる方法・種類
  • カードローン
  • 目的別ローン
  • フリーローン

カードローン

1つ目の選択肢はカードローンを利用して借りる方法です。カードローンは個人に対してお金の貸し付けを行う融資サービス。発行されたカードやスマホを利用して提携するコンビニのATMやスマホアプリから借入ができたりと気軽にお金を借りることができます。

大きくは「銀行」「消費者金融」「信販」の3つに分かれます。

種類 特徴
銀行 銀行や信用金庫が提供。融資に少し時間がかかる。金利が低い傾向。
消費者金融 消費者金融業者が提供。個人向けの投資がメインで、融資スピートが速い。総量規制の対象。
信販 信販会社やクレジットカード会社が提供。融資に少し時間がかかるが、金利が低い傾向。総量規制の対象。

「銀行カードローン」は文字通り、銀行や信用金庫が提供しているカードローンで、個人や法人向けに融資を行っています。メガバンク提供のカードローンも多いので信頼性が高く、金利が低い傾向にあるのも特徴の1つです。

ただし銀行カードローンは審査時に反社チェックを行うため、警察庁データベースへの確認作業が必要です。この確認作業が最短でも翌日になるので、消費者金融・信販のカードローンに比べて借入までに時間がかかります。

 「消費者金融カードローン」は、個人向けの融資をメインに取り扱っており、最短数十分で借入ができるので、今すぐお金を借りたい方におすすめです。

銀行カードローンに比べると金利が高い傾向にあるものの、1ヶ月間無利息キャンペーンを実施していることも多いので、短期借入に向いています

「信販カードローン」はクレジットカード会社が提供しているカードローン。金利が低い傾向にあるので、長期借入におすすめです。

なお、消費者金融と信販のカードローンは、年収の3分の1までの額しか借入ができない『総量規制』の対象となっています。

目的別ローン

自動車

2つ目の選択肢は、目的別ローンを利用して借りる方法です。目的別ローンとは、その名の通り使用目的が限定された融資のこと。

たとえば車購入を目的として借入を行う「マイカーローン(オートローン)」、学校の入学金や授業料などの費用支払いを目的として借入を行う「教育ローン」などがあります。

 つまり特定の目的にだけ使用できるローンを指します。低金利なものが多いですが、その分審査が慎重な傾向にあります。

他にも「ブライダルローン」「事業ローン」「美容ローン」「医療ローン」「趣味に関するローン」など用途は多岐に渡ります。200万円の使いみちがすでに決まっている方は、目的別ローンを利用してもよいでしょう。

目的別ローンは、銀行・保険会社・信販会社などで取扱っています。

フリーローン

3つ目の選択肢は、フリーローンを利用して借りる方法です。フリーローンとは、使いみちに制限のない個人向けローンのこと。

 カードローンとの違いは、「一度の契約で借入できるのは1度きり」の点です。契約時に何のために使用するのかの申告が必要で、許可が降りた場合のみ借りることができます。

また毎月一定額の返済をするのみでよいカードローンとは異なり、完済までの返済期間が設けられているのもフリーローンの特徴でしょう。

カードローンより金利が低い傾向にあり用途も自由なので、しっかりとした理由があり信用情報も優れている方にはおすすめの選択肢です。

200万円を借りるならカードローンがおすすめ

MERITと書かれた紙

上記で紹介した3つの借入方法の中で、200万円を借りるのに最もおすすめなのが「カードローン」です。

カードローンに以下のメリットがあります。

カードローンのメリット
  • 高額の場合は低金利で借入ができる
  • 使いみちが自由
  • 無担保・無保証人で借入ができる
  • 場所・時間問わず借入・返済ができる

高額の場合は低金利で借入ができる

200万円のような高額を借入する場合、低金利で融資が受けられるのはカードローンのメリットでしょう。

たとえば信販カードローンである「三井住友カード カードローン」では、ご利用枠50万円以下なら実質年率は15.0%と高金利になってしまいますが、ご利用枠200万円なら実質年率9.8%で借入ができます。

また、消費者金融では期間限定無利息キャンペーンを実施している会社も多いです。短期で返済できるなら、コストをかけずに借入ができます。

出典:三井住友カード カードローン

使いみちが自由

ショッピングをする女性

また使いみちが自由なのも、カードローンがおすすめの理由です。「目的別カードローン」は用途が限定されますし、フリーローンは審査が厳しく通りにくい傾向にあります。

しかしカードローンなら、「商品の購入費用」や「レジャー資金」などにも使用できますし、「生活費」や「借金の返済」などにあてることも可能です。

 使いみちの入力が求められるカードローンもありますが、あとで確認されることはないので、無難なものを選んでおくと良いでしょう。

どんな使い方でも良いのがカードローンのメリットです。

急な病気でかかる入院費用や、子どもの教育資金として借入することもできますよ。

無担保・無保証人で借入ができる

「ローン」と聞くと、自宅や自動車など担保が必要なのでは?と考える方が多いかもしれませんが、カードローンの場合「無担保」で利用できます。仮に返済ができなくても土地を差し出す必要はありません。

これはカードローンで融資を行う際には、個人の信用情報をチェックしているからです。

 「この人ならお金を貸しても大丈夫」と返済能力を確認してから融資をしているので、カードローンでは無担保、無保証人で利用できます。

もちろん信用情報に問題がある場合は、借入自体ができません

場所・時間問わず借入・返済ができる

24時間365日と書かれた積み木

ほとんどのカードローンはコンビニATMと提携をしています。そのため金融機関の取引時間に左右されず、24時間365日いつでもどこでも借入や返済ができます。

急にお金が必要になったときでも、朝方や深夜でもお金を借りられるのはメリットの1つでしょう。

 ATM利用手数料や時間外手数料無料のカードローンは多いので、何度でも安心して利用できます。

またATMを利用しない振込タイプのカードローンもあります。振込も原則24時間土日いつでも対応しているカードローンは多いので、スマホで1つで簡単にお金が借りられます。

カードローンは、場所・時間問わず借入・返済ができるのがメリットでしょう。

200万円を借りるときのカードローン会社の選び方

カードローン会社は以下のポイントに着目して選ぶとよいでしょう。

カードローン会社の選び方
  • 金利で選ぶ
  • 融資スピードで選ぶ
  • 利便性で選ぶ

金利で選ぶ

電卓と貯金箱

毎月の返済額が少なくても、金利が高いと返済期間が長くなってしまい支払総額が増えてしまいます。まずは、各社の金利を比較してカードローンを選びましょう。

一般的には銀行カードローンや信販カードローンは金利が低い傾向にあり、消費者金融カードローンは金利が高い傾向にあります。

 ただし、金利は利用限度額によって変動します。金利を比較する際は、利用額200万円に適用される金利で比較するようにしましょう。

消費者金融カードローンは無利息キャンペーンを実施していることも多いので、うまく活用すれば支払総額を抑えることができます。

融資スピードで選ぶ

2つ目は融資スピードで選ぶ方法です。カードローンでお金を借りる際には、信用情報の確認・審査が行われます。今すぐお金が必要な方は、審査が速い即日融資可能なカードローンを選びましょう。

一般的には、消費者金融カードローンは審査が速く、最短30分で借入できる機関もあります。先に述べたように銀行カードローンは警察庁のデータベースへの確認作業が行われるため、最短でも翌営業日以降になります。

 せっかく即日融資のカードローンに申し込んだのに、審査に落ちてしまうとすぐにお金が借りられなくなってしまいます。

まずは公式サイトで簡単シミュレーションを行い、借入できるか確認するとよいでしょう。

利便性で選ぶ

ATM

3つ目は、利便性で選ぶ方法です。カードローンには、提携ATMでの借入以外にも指定口座への振込で借入する方法があります。

借入は一度きりとは限らないので、いろんな借入・返済に対応している利便性の高いカードローンを選んでおくのがおすすめです。また、スマホアプリのみで申し込みができるカードローンもあります。

 スマホATMに対応していれば、コンビニATMでもカード不要で借入ができます。

スマホアプリやオンラインの申し込みに対応していれば、自宅にハガキや書類などの郵送物なしで利用もできるので、カードローン利用を家族に知られたくないという方にもおすすめです。

200万円借りるなら消費者金融カードローンと銀行カードローンどっちがおすすめ?

お金

200万円という高額な金額を借りるなら、自分に合っているカードローン会社を選びたいと考えている方も多いでしょう。

カードローン会社と言っても、「銀行カードローン」「消費者金融カードローン」の2種類があり、それぞれ借りるシチュエーションによっておすすめは異なります。

カードローン会社のおすすめシチュエーション
  • 2000万円を低金利で借りたいなら銀行カードローン
  • 200万円をとにかくすぐに借りたいなら消費者金融カードローン

200万円を低金利で借りたいなら銀行カードローン

200万円を低金利で借りる場合は、銀行カードローンのほうがいいでしょう。消費者金融カードローンでは低金利を実現するのはかなり難しくなっているため、銀行カードローンが向いています。

また、銀行カードローンは総量規制が適用されていないため、収入に対して問題ないと判断されている人は審査を簡単に通過できる可能性があります。

 返済能力さえ持っていれば400万円程度の年収でも融資される可能性があります。

現在の銀行カードローンも総量規制に近い措置を取っている傾向があり、場合によっては600万円以上の年収がなければ200万円を借りられない可能性があります。

銀行カードローンは手厚いサポートも受けやすいため、安心して借りられます。

200万円をとにかくすぐに借りたいなら消費者金融カードローン

クレジットカード

とにかくすぐお金を借りたい、すぐに200万円が必要だと感じているのであれば消費者金融カードローンの選択肢もあります。

 消費者金融カードローンは審査スピードの早さは魅力的なポイントです。即日融資を希望している方にとってはピッタリなカードローンと言えます。

ただ、消費者金融には総量規制のルールが適用されることもあり、200万円を借りる際に必要とされている収入がどうしても増えてしまうこともあります。

どちらを利用する場合でも審査難易度は高くなるため気をつけよう

消費者金融カードローンでも銀行カードローンでも、200万円というのはかなりの金額に該当している数字です。

200万円を融資してもらうためには、相当な信頼感というのが重要になります。信頼感を出せないようであれば審査を通過するのは難しくなってくるでしょう。

 信頼感は書類の内容によって決められますし、これまでに融資を受けた際の返済状況によっても決まります。信用情報の内容まで考慮されて融資を受けられるかが決まります。

審査を通過したいと考えているなら、自分の情報に信頼感を得られるのか判断しておく必要があるでしょう。明らかに信頼度が低いと感じられているようであれば改善が必要です。

信頼されるような状態を作ってから、安心して審査を受けられる環境を整えて審査を受けるのです。

200万円を借りる場合の返済シミュレーション

電卓とノート

もし200万円をカードローンで借りた場合、毎月の返済額や返済総額はいくらいになるのでしょうか?ここでは『三井住友カード カードローン』を使用した場合の返済シミュレーションの一例を見てみましょう。

借入金額 200万円
返済月数 12ヶ月
借入金利(年率) 9.8%
毎月の返済額 175,645円
返済総額 2,107,740円

200万円を年率9.8%で12ヶ月間で返済した場合、毎月の返済額は175,645円返済総額は2,107,740円になります。金利分として約10万円がかかる計算になります。

もし返済期間を36ヶ月の3倍に延ばした場合は、毎月の返済額は64,346円返済総額は2,316,456円となり、金利分は約31万円です。

カードローンを使用する場合は、返済計画が大事なので、必ず返済シミュレーションを行いましょう。

カードローンで200万円借りる場合の必要書類

横浜銀行カードローンの審査基準

200万円を借りる場合の必要書類は以下の通りです。

200万円を借りおる際の必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書

2つの書類を提出することによって、200万円の融資に必要とされる準備が整います。2つの書類を同時に提出できなければ、基本的に融資を受けられないものと判断してください。

 金額の重さなども考慮して、提出することが必要とされるものはしっかり提出しておきましょう。

書類の提出がしっかりできていないと判断されている人は審査に落とされてしまいます。

審査に落とされないためには書類提出が絶対に必要です。

本人確認書類

本人確認書類は金額に関係なく提出しなければなりません。提出せずに借りようとしても本人確認ができないことにより、借入を拒否されてしまいます。

どのような事情があったとしても、本人確認書類は提出が義務付けられます。

本人確認書類は提出しなければ審査を通過できる状況になりません。

本人確認書類の代わりに提出できるもの

本人確認書類として提出できるものは以下の通りです。

本人確認書類として提出できるもの
  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

一部の業者はマイナンバーカードに対応していない事例もありますが、基本的に提出できるのは画像が付けられている書類に限られています。

 運転免許証やパスポートのように、自分の顔写真が掲載されている書類を優先的に提出できるように準備しなければなりません。

一部の業者は健康保険証などの顔写真の入っていないものが対象となる場合があります。

提出を認めている業者であれば問題なく提出しても構いません。

収入証明書

クレジットカード

次に収入証明書ですが、200万円という高額な融資を希望する場合には必須となります。

200万円は収入証明書を出さなくてもいいラインを超えてしまっているため、どの業者を利用する場合でも提出しなければなりません。提出するために準備しておかなければなりません。

収入証明書は現在の収入をしっかり示さなければならないため、収入が分かりづらい書類は提出しないほうがいいでしょう。

収入証明書の代わりに提出できるもの

収入証明書として提出できる書類
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書

主に採用されている書類は2つになりますが、仕事をしている人は源泉徴収票を提出したほうがいいでしょう。

確定申告書は個人事業主などの人が提出するために必要とされている書類になりますので、源泉徴収票を持っていない人が利用するものと判断して対応してください。

源泉徴収票を持っていない場合は確定申告書を提出しても構いませんが、基本的に源泉徴収票を優先して提出したほうが安心して審査を受けられます。

200万円を借りる前にチェック!カードローン申し込み時のポイント

CHECKと書かれた積み木

カードローンに申し込むときは、申込者に問題がないか審査が行われます。主に以下2つをチェックされるので確認しておきましょう。

カードローン申込時のチェックポイント
  • 信用情報に傷はないかをチェック
  • 返済能力があるかをチェック

信用情報に傷はないかをチェック

カードローンの審査では信用情報が確認されます。信用情報には、今まで金融トラブルを起こしていないか、過去の審査履歴などが記載されています。

たとえば、延滞を何度も繰り返していたり、債務整理・代弁返済などを行っていたりする場合は、信用情報に傷がついている状態と考えてよいでしょう。

 信用情報に傷がついていると「問題あり」と判断され、審査に通るのは難しくなってしまいます。

信用情報は短いもので6ヶ月、長いものでは5年間登録されているものもあります。信用情報は個人でも開示請求できるので、気になる方は確認してみるとよいでしょう。

返済能力があるかをチェック

お金

カードローンで200万円を借りられるかどうかで一番大事なのは、返済能力があるかどうかです。返済能力とは簡単に言い換えると、「返済に充てるお金を継続的に生み出せるかどうか」です。

返済能力があるかは、信用情報や勤務先、雇用形態、勤続年数、年収などを見て総合的に判断されます。

 個人事業よりも大企業や公務員、アルバイトやフリーランスよりも正社員の方が有利に働く可能性は高いでしょう。

また消費者金融と信販のカードローンは総量規制の対象となるので、年収の3分の1までの額しか借入ができません

200万円を借りる際におすすめのカードローン4選

プロミス

プロミス

プロミスのココがお得!
  • はじめてなら30日間まるごと利息ゼロ!
  • 申し込み〜契約までアプリで完結!
  • お近くの銀行・コンビニから借入・返済可能

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスが提供するカードローンです100万ダウンロードを記録しているアプリローンなら、申し込みから借り入れまで簡単に行えます。

はじめての方なら30日間無利息で利用可能。近くの銀行やコンビニでいつでも借り入れできる利便性の高いカードローンです。

金利(実質年率) 4.50%〜17.80%
利用限度額 500万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短30分
借入方法
  • インターネット
  • 電話
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • 提携ATM
返済方法
  • インターネット
  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • プロミスATM
  • コンビニ(マルチメディア端末)
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 18〜69歳(18歳・19歳のお申し込みの歳には収入証明書類の提出が必要です。定時制高校生や高等専門学校生を含む高校生のお申し込みはできません)

SMBCモビット

SMBCモビットのココがお得!
  • 提携ATM約120,000台※1!借入・返済に便利なカードローン
  • 電話連絡なし!郵送物なし!WEB完結・カードレス対応
  • 多機能型モビットカード「Tカード プラス」発行可能

SMBCモビットは申し込み〜借入まですべてWEB完結で行えるカードローンです。電話連絡や郵送物が一切ないため、周囲にバレることなくカードローンを利用することができます。

多機能型モビットカード「Tカード プラス」は、「クレジットカード」「Tカード」「モビットカード」の機能が1枚に集約されたカードです。財布の中身もスッキリさせることができます。

※1 2022年4月現在
金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
審査スピード※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。 最短30分
融資スピード※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。 最短即日
借入方法
  • 口座振込
  • 提携ATM
返済方法
  • 提携ATM
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • インターネット
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜69歳

アコム

アコム

アコムのココがお得!
  • はじめてなら金利0円!30日間金利0円サービス
  • スピーディーな審査可能!審査回答最短30分
  • 24時間365日借入可能

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループが提供するカードローンです。インターネットもしくは電話で申し込みを行えば、最短30分で審査回答が受けられます。

アコムカードローンの借入は原則来店不要。振込ならインターネットや電話から24時間365日日本全国借入可能です。

金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
借入方法
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 振込
返済方法
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • 振込
  • 口座振替
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜69歳

アイフル

アイフルのココがお得!
  • 最短30分で審査結果通知!1時間融資にも対応
  • スマホローン対応!増額手続きもアプリで完結
  • 困ったことがあればチャットサービスで解決できる

アイフルは、最短30分審査・60分融資に対応しているカードローンです。スマホアプリからほとんどすべての手続きが行える点も魅力。「今スグ」お金が必要な方におすすめできるカードローンだと言えます。

アイフルには、「ぽっぽくん」と呼ばれるチャットサービスがあります。わからないことや困ったこと、相談したいことがあればいつでも利用可能。チャットで問題解決できる点はメリットの一つです。

金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短60分
借入方法
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • 振込
返済方法
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • コンビニ
  • 口座振替
  • 振込
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜69歳

200万円を借りるときの注意点

200万円を借りるときには、以下のポイントに注意しましょう。

タイトル
  • 家族・親族に相談する
  • 返済の計画を立てて毎月の支払額を確認する
  • 闇金を利用しない

家族・親族に相談する

家族に相談する

はじめに家族や親族にお金を借りれないか相談しましょう。人には相談しにくい問題ですが、親族であれば頼れる方もいるでしょう。

例えばローンで200万円を借りた場合、金利が高額になるので返済総額が高くなり、返済が長期化する恐れもあります。期間が長くなればなるほど、利息に追われてしまい借金が減らない事態も起こりうるでしょう。

 ただし、お金を借りることで人間関係が壊れてしまうことは十分考えられるので、相談するのはできるだけ近しい相手にしておきましょう。

もし家族や親族には頼れないという方は、金利の安いカードローンを使用するのもおすすめです。

返済の計画を立てて毎月の支払額を確認する

カードローンで借入するのに、無計画はNGです。無計画で返済していくと現状が把握できず返済に対応できなくなる恐れがあるので、しっかり返済シミュレーションを行い、返済計画を整理しましょう。

具体的には、200万円借りた場合の金利は何%なのかを確認し、どれくらいの返済期間で、毎月いくらの支払額にするのかを決定します。

各カードローンのサイトでは返済シミュレーションを用意しているところも多いので、簡単に毎月の支払額が分かります。一度利用してみましょう。

闇金を利用しない

闇金と通帳

また闇金業者は絶対に利用してはいけません。闇金業者とは、法律を守っていない違法業者のこと。闇金は比較的審査が通りやすく誰でもお金を借りられるので、カードローン審査で断られた方が利用する傾向にあります。

 ただしお金を借りてしまうと法外な利息を要求されたり、強い取り立てをされたりと違法行為がたくさん行われ、苦しめられるでしょう。

「年齢条件なしで融資可能!」「条件なしで借入可能!」のような甘い言葉で訴求している業者も多いですが、まともなカードローンであれば条件なしで借入できることはありません

どれだけお金に困っても、闇金を利用するのは止めましょう。

まとめ

今回の記事は、200万円を借りる方法や200万円を借りるときの注意点、カードローンのメリットを紹介しました。高額のお金を借りるときに最も大事なのは、返済シミュレーションを立てておくことです。

金利は何%なのかを確認し、「どれくらいの返済期間で、毎月いくらの支払額にするのか」を決め、計画的に返済していきましょう。

公式サイトで返済シミュレーションを提供しているカードローン会社も多いので、まずは試してみるとよいでしょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事