40代50代60代の生命保険の見直し

社会人になった際に加入した医療保険や結婚したタイミングで加入した死亡保険など、そのまま放置していませんか?20代や30代で必要だった生命保険は、40代を超えると不要になったり足りなくなったりするので見直しが必要です。

そこで今回は40代・50代・60代において生命保険を見直すべき理由と、見直すポイントについて解説します。

年代別にポイントを整理しているので、ぜひ保険を見直す参考にしてくださいね。

生命保険の見直しは必要?|理由とタイミング

生命保険の見直しのためにお金を数えているイメージ

40代を過ぎると生命保険の見直しが必要となる理由は、2つ挙げられます。

生命保険の見直しが必要な理由
  1. 病気・死亡のリスクが上昇していくから
  2. ライフステージが次々と変化するから

ここでは上記2つについて、それぞれ詳しく解説していきます。

【40代・50代・60代】病気・死亡リスクの上昇

40代を超えてからは病気やケガ、死亡のリスクがこれまでより上昇します。以下では、年齢ごとの死亡率や入院者数、がんの罹患率をまとめました。

年齢ごとの死亡率

厚生労働省のデータによると、年齢ごとの死亡率は以下のとおりです。

30歳~34歳 0.49%
35歳~39歳 0.79%
40歳~44歳 1.37%
45歳~49歳 1.46%
50歳~54歳 2.27%
55歳~59歳 4.19%
60歳~64歳 6.16%

※人口10万に対する死亡数から計算し、小数3桁を四捨五入して記載

以上の表からも分かるように、40歳を過ぎると死亡率は1桁を超え、年齢が上がるにつれて値は急増しています。

 自分に万が一のことがあっても遺された家族の生活が守られるように、準備しておかなければなりません。

参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth2.html

年齢ごとの入院患者数

厚生労働省のデータによると、年齢ごとの入院患者数は以下のとおりです。

30歳~34歳 207,000人
35歳~39歳 233,000人
40歳~44歳 294,000人
45歳~49歳 377,000人
50歳~54歳 450,000人
55歳~59歳 575,000人
60歳~64歳 778,000人

上記の表から分かるように、50歳を超えると入院者数は急激に上昇します。

年齢を重ねるにつれて、医療保障は手厚くしておくべきでしょう。

40代の入院者数は30代とそこまで大差ありませんが、子どもが成長するにつれて生活費や教育費にお金がかかる時期に入ります。

 自分が病気になったときの治療費、働けない間の生活費などこれまで以上に備えておく必要があるでしょう。

参考:https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/17/dl/01.pdf

【男女年齢別】がん罹患率

国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」によると、年齢ごとの入院患者数は以下のとおりです。

男性 女性
30歳~34歳 0.5% 1.10%
35歳~39歳 0.73% 1.89%
40歳~44歳 1.19% 3.18%
45歳~49歳 1.97% 4.87%
50歳~54歳 3.57% 5.78%
55歳~59歳 6.93% 6.85%
60歳~64歳 12.2% 8.35%

※人口10万に対する罹患数から計算し、小数3桁を四捨五入して記載

上の表から分かるように、女性は男性よりも若いうちからがんにかかるリスクが高く、40歳を超えると罹患率も急激に上昇します。

その原因のひとつとして、乳がんの罹患率が30代から上がるとされていることが挙げられます。

女性は男性よりも若いうちから、乳がんなど女性特有の疾患に対する備えも手厚くしておく必要があるでしょう。

 男性は50代後半から罹患率が急激に上昇するため、そのタイミングでがん保険に加入したり医療保障を手厚くしたりしておくと安心です。

参考:国立がん研究センターがん情報サービス「がん統計」

【40代】ライフステージの変化による見直し

PCで生命保険の見直しを検討しているイメージ

40代を超えると独身で一人暮らしの人や夫婦二人暮らしの人、子どもがいる人など家族構成や収入は人によって大きく異なります

特に家庭を持つ方は、子どもの成長に応じて必要なお金や備えるべきリスクは次々と変化していくものです。

40代では、以下のようなライフステージの変化が考えられます。

40代でのライフステージの変化
  • 住宅を購入する
  • 子供の教育費が増える
  • 定期保険の更新で保険料が高くなり始める

住宅の購入

30~40代は住宅を購入するタイミングでもあり、その際に生命保険を見直す人も多いといえます。

 住宅購入をすると、団体信用生命保険(団信)によって死亡時に備えられるからです。

団信とは、住宅ローンの債務者が死亡・高度障害状態になってしまった場合に、保険金で残りのローン残高を弁済してもらえる生命保険です。

子どもの教育費が増える

父親と母親と手を繋ぐ子供

40代で家庭を持つ人は、子どもが高校~大学の入学に差し掛かるタイミングとなるでしょう。文部科学省によると、大学卒業までにかかる教育費は国公立で800万円、私立で2,200万円以上かかります。

生活費に加え、これまでより教育費に家計が圧迫されると予想できます。

文部科学省「教育費負担」より

定期保険の更新で保険料が高くなり始める

定期保険に加入すると、更新によって保険料が高くなります

特に40歳を超えると、これまでより保険料の上がり幅も大きくなります。

たとえばメディケア生命の定期死亡保険「メディフィット定期」では、加入する年齢によって以下のように保険料が異なります。(保険金額500万円の場合)

30歳 613円
40歳 1,048円
50歳 2,131円
60歳 4,720円

参考:https://yuyu.medicarelife.com/net/direct/sisan/unloginpsisan/openPage.do

【50代】ライフステージの変化による見直し

生命保険の見直しをプロに相談しているイメージ

50代では、以下のようなライフステージの変化が考えられます。

50代でのライフステージの変化
  • 子どもの独立
  • 老後への準備

子どもの独立

50代を超えると、子どもが大学を卒業して社会人になる、という方も多いでしょう。

教育費や生活費などにお金がかからなくなり、万が一の際の備えもこれまでのように手厚くする必要がなくなります。

老後への準備

子どもの独立は、これまで教育費に使っていたお金を老後の準備資金にシフトしていくタイミングとなります。厚生労働省のデータによると、令和元年度の老齢年金の平均受給月額は以下のとおりです。

老齢基礎年金 5万6,049円/月
老齢厚生年金(老齢基礎年金を含む) 14万6,162/月

退職前と比べると収入が下がるケースが多く、残りの生活費は自分で準備しておく必要がありそうです。

 また少子高齢化に伴い、受給資格の年齢が引き下げられたり受給額が減ったりする可能性も十分考えられます。

「年金をもらいながら働くから大丈夫」という方でも病気にかかり治療が始まればこれまでよりも収入は減ってしまうので、なるべく早い段階から老後への備えを始めておきましょう。

※https://www.mhlw.go.jp/content/000706195.pdf

【60代】ライフステージの変化による見直し

向かい合う険悪な雰囲気の男女

60代では、以下のようなライフステージの変化が考えられます。

60代でのライフステージの変化
  • 定年退職による収入減少
  • 住宅ローンの完済

定年退職による収入減少

60代になると、会社員を退職したり自営業も後任者に引き継いだりと働き方が大きく変わります。

ほとんどの人は収入が減少し、年金を受給しながら生活することになるでしょう。

また前述したように、今後は老齢年金だけで生活するのは難しいと考えられます。

住宅ローンの完済

60代は住宅ローンを完済する人も出てくるタイミングで、これまでより毎月かかる固定費は減ると考えられます。余剰金をどのように活用するか、検討すべき時期です。

【40代】生命保険の見直しポイント

40代の仲良しな家庭のイメージ

40代で見直すべき生命保険を、ライフステージやリスクの変化ごとに以下の表にまとめました。

ライフステージやリスクの変化 見直すべき生命保険とその内容
住宅購入 死亡保険の保障額
子どもの高校・大学入学 死亡保険・学資保険・養老保険など
定期保険の更新 終身保険への切り替え
病気のリスク上昇・出産時期の終了 がん保険・医療保険(保障内容)

住宅を購入した場合には、団体信用生命保険への加入を考慮して死亡保障を少し減らしてもよいでしょう。

たとえば、住宅ローンを月々8万円返済していたとします。これまで住宅ローンを合わせて毎月の生活費が20万円かかっていた家庭で、団信により住宅ローンが完済されたとすれば月々の生活費は12万円となります。

万が一のことを想定し、収入や遺族年金のみで遺族の生活に支障がでなければ死亡保険は不要です。

ただし子どもがいる場合は、教育資金の準備が必要となります。生命保険が不要な分、学資保険を手厚くしたり、養老保険を利用して万が一に備えながら教育費を準備したりする方法もおすすめです。

 住宅を購入していない家庭では、死亡保障はなるべく手厚くしておきましょう。

生活費や教育費にもお金がかかる時期なので、保険料の安い掛け捨て死亡保険をおすすめします。独身の方や子どものいない家庭は家計も比較的余裕が出るはずなので、早い段階で終身保険への切り替えを検討してみてください。

40代男性の場合

体温計の数値を確認している画像

40代男性の場合で、配偶者がパートタイマーや専業主婦の場合はなるべく保障を手厚くしましょう。病気やケガで働けなくなった場合のために、収入保障保険なども検討すべきです。

がんなどの病気にかかるリスクはそこまで高くないので、医療保険自体は最低限の保障で十分でしょう。

高額医療制度を利用すれば、医療費の自己負担額は抑えられます。標準月額報酬26万円以下の方の場合、一カ月にかかる負担額は最高6万円程度です。

協会けんぽ「高額な医療費を支払ったとき」

40代女性の場合

40代女性で、家庭を持ち共働きである場合には死亡保障も必要となります。夫婦の収入バランスを見ながら、万が一の際に必要な費用を計算して保障額を決定しましょう。

 女性の場合、40代は出産時期が終わったりがんの罹患率が上昇したりするタイミングとなります。

妊娠・出産に備えていた保障内容をカットし、がん保険に重点をおくような見直しが必要です。

【50代】生命保険の見直しポイント

生命保険の見直しを相談しているイメージ

50代で見直すべき生命保険を、ライフステージやリスクの変化ごとに以下の表にまとめました。

ライフステージやリスクの変化 見直すべき生命保険とその内容
子どもの独立 死亡保険の保障額
老後への備え 個人年金保険など貯蓄型保険の検討
病気のリスク上昇 医療保険・がん保険

子どもが独立した場合には、死亡保険の保障額を見直しましょう。一般的に葬儀費用は200万円前後であり、貯金でこの程度の金額が準備できていれば死亡保険は不要となります。

 子どもの独立や保険の見直しで支出が減ったら、その分で貯蓄型保険への加入を検討してみてください。

ただし個人年金保険は、10年以上の払込や60歳以上の受取りなどの条件を満たさなければ、生命保険控除を受けられないので要注意です。

50代男性の場合

50代男性が貯金しているイメージ

男性は50代を過ぎると、がんのリスクが上昇します。

年金受給の前なので、治療費や治療中の生活費のために医療保険やがん保険に手厚く備えておくべきでしょう。

子どもが独立していない、配偶者が専業主婦の場合には収入保障保険まで加入しておくと安心です。

50代女性の場合

女性の場合も、男性と同様に医療保険やがん保険を手厚くしましょう。また女性のほうが寿命が長いので、早い段階で終身保険へ切り替えておくと安心です

 保険料は割高ですが、更新により保険料が上がることなく一生涯保障を受けられます。

定期保険は更新できる年齢が制限されていますし、終身保険なら保険料が増える心配もありません。

【60代】生命保険の見直しポイント

保険を見直して出費を計算しているイメージ

60代で見直すべき生命保険は、ライフステージやリスクの変化ごとに以下の表にまとめました。

ライフステージやリスクの変化 見直すべき生命保険とその内容
定年退職 生命保険全体の見直し
住宅ローンの完済 保険料の払込完了
入院・治療の可能性増加 医療保険・がん保険

退職金をもらえたり住宅ローンを完済できたりした際には、保険料の払込を完了できないか検討してみましょう。

 年金受給が始まってから保険料を払うのは、大きな負担となってしまう可能性が高いです。

病気になるリスクは上昇してきますが、貯蓄に余裕がある家庭の場合は、不要な生命保険を解約したり保障額を減らしたりしても問題ないでしょう。

ただし一生涯生命保険に加入しておきたいという場合には、早い段階で終身保険へ切り替えておくと良いでしょう。

保険相談窓口おすすめ4選|40代からの保険の見直しに

保険市場

保険市場

おすすめポイント
  • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
  • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
  • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。

全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
 オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。
取り扱い保険商品 91社
受付時間 9時~21時(年末年始以外)
店舗数 714店舗
キッズルーム 有り
オンライン面談 可能
出典:https://www.hokende.com/

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

おすすめポイント
  • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
  • 相談実績は15万件以上!
  • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。

 忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は30社以上になります。

資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!
取り扱い保険商品 30社以上
受付時間 24時間365日
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能
出典:https://hoken-all.net/cont/soudan_ad3/#section-office-site

マネードクター

マネードクター

おすすめポイント
  • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
  • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
  • 相談は何回しても無料!
マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。

相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。
取り扱い保険商品 29社
受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
店舗数 100拠点以上
キッズルーム あり
オンライン面談 可能
出典:https://fp-moneydoctor.com/

保険無料相談.com

保険無料相談.com

おすすめポイント
  • お客様満足度97.6%!
  • 担当者の希望を出せる!
  • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。


 オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。


まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。
取り扱い保険商品 34社
受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能(一部地域)

よくある質問

生命保険に見直しが必要なのはどうしてですか?
ライフステージや病気・死亡のリスクが変化すると、必要な保障が異なるからです。数年ごとに加入している生命保険の必要性を検討する必要があります。
40代で生命保険を見直すべき理由は?
40代になると住宅購入や子どもの教育費などで、お金がかかります。また定期保険の更新により保険料が急激に上昇する年代でもあるので、保険料を抑える点を重視した見直しが必要です。
50代で生命保険を見直すべき理由は?
子どもが独立し、これまでより教育費や生活費がかからないタイミングとなります。不要な保障を外すなどして、これまでの生命保険を見直すべきだといえます。
60代で生命保険を見直すべき理由は?
定年退職を迎え、年金を受給する生活が始まります。これまでより収入が減少すると考えられるので、不要な保険を外せないか検討しましょう。
40代での生命保険を見直すポイントは?
子どもが高校~大学に入学しお金がかかる時期なので、保険料の安い掛け捨て保険を中心に生命保険への加入を見直しましょう。女性の場合は、がん保険も検討するタイミングとなります。
50代での生命保険を見直すポイントは?
男女問わず病気・がんになるリスクが上昇するので、医療保険やがん保険の保障内容を見直しましょう。また子どもの独立後は、個人年金保険など貯蓄性のある保険に加入して老後資金の準備も始めると安心できるでしょう。
60代での生命保険を見直すポイントは?
退職金や住宅ローンの完済によって家計に余裕がある場合は、終身保険の払込を早い段階で完了させておきましょう。また病気にかかる可能性は高くなるので、医療保険やがん保険の保障内容は変わらず手厚くしておくのがおすすめです。
生命保険を見直しを相談したいときはどうすればいい?
保険相談窓口を利用してみてください。ライフステージに合わせて必要な生命保険や保障内容を無料で提案してもらえます。

まとめ

今回は、40代・50代・60代で生命保険を見直すべき理由と、見直すポイントを解説しました。生命保険は、ライフステージが変化するときや病気のリスクが変わるときに見直すべきだといえます。

もし保険の見直しをどうしたら良いのか分からなくなったら、保険相談窓口の活用がおすすめです。無料で保険やお金に関する相談に乗ってくれます。

必要な備えをよく把握し、収入と支出のバランスを見ながら検討してみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事