アコム

アコムは150万人以上が利用する、国内大手の消費者金融です。※2020年12月時点・https://www.acom.co.jp/corp/faq/10/参照

比較的知名度のある会社ということもあり、利用を検討している方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、アコムの借入・返済方法金利など特徴を解説します。アコム 発行のクレジットカードや増額方法なども紹介しています。

審査基準についても詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

アコムの概要(金利・申し込み対象)

アコム  公式HP

まずは、アコムの概要について見ていきましょう。

金利 実質年率3.0%~18.0%
融資限度額 1万円~800万円
申し込み対象 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
即日融資 対応可能
資金使途 原則自由
担保・保証人 不要

出典:https://www.acom.co.jp/

金利

アコムの金利は、実質年率3.0%から18.0%です。なお、下記表に各社の金利をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

アコム  実質年率3.0%~18.0%
アイフル 実質年率3.0%~18.0%
プロミス 実質年率4.5%~17.8%
SMBCモビット 実質年率3.0%~18.0%
レイクALSA 実質年率4.5%~18.0%

申し込み対象

オフィス

申し込み対象となるのは、下記に該当する方です。

申し込み対象
  • 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方
  • 当社基準を満たす方

年齢を満たしていれば、特に雇用形態は指定されていません。

また、担保・保証人についても不要です。

アコムの特徴

ビジネスマン

主な特徴として、下記が挙げられます。

主な特徴
  • 最短即日融資
  • はじめて利用する人は最大30日間金利0円
  • 原則24時間365日借入できる
  • スピーディーな3秒診断が可能

最短即日融資

最短30分で審査が完了し、最短即日融資が可能です。最速で借入をするには、インターネットか電話で申し込みをしてから、インターネットまたは来店で契約手続きを済ませましょう。

 公式ホームページトップにある「お急ぎのお客さま」を選択して手続きを進めましょう。

はじめて利用する人は最大30日間金利0円

メモ書き

はじめてアコムを利用する人に限り、最大30日間金利ゼロで利用できます。なお、金利ゼロの期間は契約日の翌日からです。

 借入をした翌日からではないため、勘違いしないようご注意ください。

金利ゼロ期間が終了してからは、通常金利の実質年率3.0%~18.0%が適用されます。

原則24時間365日借入できる

借入は原則24時間365日対応しているため、いつでも利用できます。日中は忙しく借入ができない人でも、夜に帰宅してからインターネットもしくは電話で手続きが可能です。

3秒診断が可能

3秒診断 アコム

簡単な質問に答えるだけで、借入できるかを診断してくれます。なお、あくまで簡易的なものであるため、実際の審査結果と異なる可能性があります。

検討する際の一つの目安としてお考えください。

申し込み方法

ログイン

申し込み方法は以下のとおりです。

申し込み方法
  • インターネット
  • 電話
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)
  • 郵送

受付時間について表にまとめていますので、事前にご確認ください。

申し込み方法を比較

申し込み方法 受付 借入れ
インターネット 24時間365日 最短即日融資が可能
店頭窓口 9:30~18:00(土日祝日は休業)
自動契約機(むじんくん) 9:00~21:00(年中無休、ただし年末年始期間はの除く)
電話 24時間365日

店頭窓口の受付時間は、一部窓口で異なります。

 また、最短即日融資については、申し込みをする時間帯や審査の混雑状況等にもよるので確実ではありません。

インターネット

PC

インターネットで、申し込みから契約までを完結できます。原則24時間365日受け付けており来店も不要なので、足を運ぶ時間の確保が難しい人におすすめです。

スマートフォンやパソコンにて、ネット環境さえあれば自宅や外出先など、いつでもどこでも手続きが可能です。

電話

調べる女性

外出先からでも電話で手続きができ、かつ原則24時間365日対応しています。

ネット操作が苦手な人や、近くに店舗や自動契約機(むじんくん)がない場合は、ぜひご利用ください。なお、電話での申し込みの際は下記番号に連絡をしましょう。

 フリーコール:0120-07-1000

18時以降の電話については、審査結果は翌日の回答となります。

店頭窓口・自動契約機(むじんくん)

近くに店舗や自動契約機(むじんくん)がある場合は、足を運び手続きをしてみてはいかがでしょうか。窓口であれば担当者に相談をしながら進められるため、不明点や不安なことを解消して利用できます。

 来店前にインターネットであらかじめ申し込みをしておくと、契約時間を短縮できます。

また、窓口や自動契約機(むじんくん)では、審査結果をその場で受けられるうえ、契約手続きからカード発行まで可能です。

郵送

印鑑

近くに店舗や自動契約機がない、じっくりと検討して申し込みをしたい人におすすめの方法です。

実際に借入が可能となるまでは時間を要しますが、誰にも顔を合わすことなく手続きできます。申込書は、下記フリーダイヤルに電話をして請求しましょう。

 申込書の請求:0120-07-1000

申込書が届いたら必要事項を記入し、必要書類とあわせて返送してください。

契約手続きが完了すると、契約書類とカードが送られてきますので、受け取ったら会員ログインをするか電話で連絡をしましょう。

必要書類について

虫眼鏡で要素を細かく見る

申し込みをするにあたり、下記の書類が必要です。

必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類

有効な本人確認書類は下記になります。

有効な本人確認書類
  • 運転免許証(表・裏)
  • 保険証(表・裏)
  • パスポート(写真・住所記載部分)
  • マイナンバーカード(表面のみ)

提出方法

なお、本人確認書類の提出方法は下記の通りです。
提出方法 必要書類
スマホアプリ・来店(店頭もしくはむじんくん) 本人確認書類のうちいずれか1点を提出
WEB・FAX・郵送 本人確認書類のうちいずれか2点を提出(1点しかない場合は補足書類として住民票の写し、もしくは公共料金の領収書をあわせて提出)

来店による申し込みで本人確認書類として保険証を提出した場合は、契約後にアコムから郵便物を送るか、住民票の写し・公共料金の領収書(発行日から6ヶ月以内)いずれかの提出が必要です。

 提出例:運転免許証+保険証・保険証+住民票の写し

補足書類は発行日から6ヶ月以内のものに限ります。

収入証明書類

領収書 計算機

下記に該当する場合、収入を証明する書類の提出が必要です。

収入証明書類の提出が必要な場合
  • 50万円以上の契約をする方
  • 他社を含めて借入総額が100万円を超える方

有効な収入証明書類

なお、収入証明書類としては下記が有効となります。
有効な収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書
 書類に個人番号や本籍地が記載されている場合は、隠す・塗りつぶすなどをして写らない状態にして提出しましょう。

カメラで書類を撮影する際は、はっきりと写っているかをご確認ください。

アコムの審査基準

ビジネスマン

結論から述べると、アコムは審査基準を公開していません。そのため、詳細な審査基準を知ることはできないでしょう。

そこで、審査を受ける際は、申し込み基準など公式サイトで公開されている情報を確認することが大切になってきます。アコムの公式サイトには、以下の文言があります。

派遣社員でも契約できますか?

契約社員や派遣社員でも、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

主婦(夫)だとお金を借りられないの?

主婦(夫)の方でもパートやアルバイトといった形で働いていれば、お申し込みいただけます。配偶者の同意も必要ありません。

アルバイトだとお金が借りられないの?

アルバイトでも、20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。

公式サイトをみる限り、安定した収入があれば正社員以外の方も利用できる可能性があるとわかります。

借入方法

お札 通帳

借入方法には下記があります。

借入方法
  • 振り込み
  • 来店
  • 提携CD・ATM

振り込み

インターネットもしくは電話にて、原則24時間いつでも振り込みによる借入ができます。

楽天銀行の口座があれば24時間最短1分で振り込み可能です。インターネットからは、契約後に会員メニューから手続きできます。

また、電話からの申し込みは事前に口座登録が必要です。下記フリーコールにて振り込みの依頼、口座登録ができます。

 アコムプッシュホンサービス:0120-134-567(利用可能時間0:10~23:50)

金融機関により受付時間や振込実施時間は変わりますので、あらかじめ確認しておいてください。

来店

ビジネスマン

店頭窓口、または自動契約機(むじんくん)にて借入が可能です。窓口は利用に関する不明点を担当者に相談できることから、初心者におすすめの方法といえるでしょう。

自動契約機(むじんくん)は、窓口より遅くまで営業していますので、比較的使いやすいです。

営業時間
  • 窓口:平日9:30~18:00(休業日土日祝日)
  • 自動契約機(むじんくん):9:00~21:00(年中無休※年末年始は除く)

自動契約機(むじんくん)については、一部店舗にて営業時間が異なります。

提携CD・ATM

アコム・提携CD・ATMにて借入が可能です。アコムATMなら基本的に24時間営業しているため、いつでも利用できます。

 毎週月曜日の午前1:00~5:00の時間帯は、定期点検のため利用できません。

そして、主な提携CD・ATMは下記です。※2021年3月時点の情報です。詳細は公式サイトをご確認ください。

主な提携ATM(例)
  • 三菱UFJ銀行
  • セブン銀行
  • コンビニATMイーネット
  • ローソン銀行
  • イオン銀行

上記以外にも多くの提携先が全国にあるため、身近な場所で利用しやすいでしょう。

提携CD・ATMによっては利用できない時間帯があるため、事前に確認しておいてください。

返済方法

お札

下記の返済方法があります。

返済方法
  • インターネット
  • 提携CD・ATM
  • 店頭窓口
  • 振り込み・口座振替

インターネット

原則24時間、スマートフォンやパソコンから銀行振り込みによる返済が可能です。ネット環境があれば、どこからでも返済手続きができます。

 手数料が無料なうえ、土日祝日でも利用できるため都合に合わせやすくなっています。

なお、インターネットバンキングによる返済となるため、事前にインターネット返済が可能な金融機関と契約をしていなければいけません。

提携CD・ATM

アコム・提携先CD・ATMにて返済ができます。アコムATMは基本的に24時間利用可能です。

 ただし、提携先ATMについては対応できる時間を事前に公式サイトで確認しておきましょう。

身近にあるコンビニATMでも返済できます。平日だけでなく土日祝日でも取り扱い可能なため、平日が忙しい人でも安心です。

店頭窓口

無料相談

借入と同様に、担当者に相談しながら返済できます。完済を目指すうえで、十分な返済計画は必須です。なかなか自分だけでは計画を立てることが難しいと判断した場合は、最寄り店舗へ足を運んでみても良いでしょう。

店頭窓口の営業時間は、平日9:30~18:00となります。

振り込み・口座振替

アコムが指定する銀行口座への振り込み、または利用者の口座からの自動引落による返済方法です。振り込み用の口座については、会員メニューの「返済時の振込入金口座照会」にて確認できます。

 口座振替の引き落としは、毎月6日です。休業日に該当する場合は、翌営業日の引き落としとなります。

口座振替は事前に口座の登録が必要です。引き落としが開始されるまで2ヶ月から3ヶ月程度かかりますので早めに手続きをしておきましょう。

返済額について

計画的な利用で完済を目指すためにも、毎月の返済額はしっかりと把握しておいてください。返済額の計算は定率リボルビング方式となり、下記の通り極度額によって一定の割合が決まっています。

ご契約極度額 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超えの場合 ・借入金額の3.0%以上
・借入金額の2.5%以上
・借入金額の2.0%以上
・借入金額の1.5%以上

毎月の最小返済金額は、下記の計算方法で算出してください。

 借入残高×一定の割合=各回の最少返済額(千円単位)

一括返済について

女性 ネットサーフィン

アコムで一括返済をする場合は、下記の方法があります。

一括返済の方法
  • インターネット
  • ATM
  • 店頭窓口
  • 口座への振り込み

ATMでの返済は1,000円単位の取り扱いとなるため、残った端数については無利息残高となります。なお、無利息残高を清算したい場合は、店頭窓口か銀行振込、またはインターネットにて返済可能です。

 一括返済をすることで、完済までの日が短くなるため利息の軽減に繋がります。

増額したいときはどうする?

初心者 お金

利用額を増やしたいときは、増額申請をしなければいけません。アコムで増額をするには、下記の申し込み方法があります。

増額の申し込み方法
  • 会員ページ(インターネット)
  • アコムATM
  • アコム総合カードローンデスク
  • 自動契約機(むじんくん)
  • 店頭窓口

増額申し込みの受付時間

なお、それぞれの受付時間を下記表にまとめていますので、事前にご確認ください。
申し込み種類 受付時間
会員ページ(インターネット) 24時間可能
アコムATM 24時間可能
アコム総合カードローンデスク 9:00~18:00
自動契約機(むじんくん) 9:00~21:00(年中無休※ただし年末年始は除く)
店頭窓口 9:30~18:00(土日祝日は休業)

原則、増額申請の審査結果は最短当日回答となります。

申し込みをする時間や審査内容によっては、回答が翌日となる場合もあると理解しておきましょう。

増額申請の前に総量規制に注意

署名

総量規制とは、年収の3分の1以上は借入できないと定められている、貸金業法による法律です。

 消費者金融など貸金業者が総量規制の対象となり、総量規制にひっかるとサービスを利用できません。

アコムの会員サービスについて

エンターキー

アコムの会員サービスにログインをすると、下記の取り扱いが可能です。

会員サービスでできること
  • 増額申し込み
  • クレジットカードの申し込み
  • 振り込みによる借入
  • 振り込みによる返済
  • eメールサービス
  • クレジット安心お知らせメール
  • 収入証明書の提出
  • アコムのサービス利用方法一覧の確認
  • 残高・期日等の各種確認
  • 明細書等の受け取りサービス(電磁交付)
  • 各種変更の手続き

上記の通り、さまざまな手続きや確認ができます。

いつでもどこでも、借入や返済などをしっかりとサポートしてくれるため、ぜひ活用しましょう。

アコムのクレジットカードとは

アコムでは、下記のクレジットカードを発行しています。クレジットカードにカードローン機能が付帯されています。Mastercardブランドなので、日本国内のさまざまな店舗はもちろん、海外の加盟店でも利用可能です。

ACマスターカード

カード名 ACマスターカード
年会費 永年無料
ブランド Mastercard
還元率 0.25%
申し込み年齢 20歳以上
金利 実質年率10.00%〜14.6%

ポイントは自動キャッシュバック

還元率は0.25%となっており、毎月の利用額から自動でキャッシュバックされるのが特徴です。わざわざ交換などの手続きをしなくて良いため、煩わしさがありません。

最短即時発行

お金

一部の自動契約機(むじんくん)では、最短その場で発行が可能です。急ぎで対応できる可能性があるため、いち早く手元に欲しい場合は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

利用明細書の郵送なし

利用明細については、アコムの公式ホームページにて確認できます。明細書が自宅に届かないため、プライバシーへの配慮がされている点も特徴です。

また、WEB上で確認できることは管理も簡単で、家計簿を付けている人にとっても有難いでしょう。

まとめ

この記事では、アコムについて解説しました。借入や返済方法が複数あり、ライフスタイルに合わせやすい点は大手ならではの充実したサービス内容といえるでしょう。

また、会員サービスにログインをすることで、増額申請や各種変更もできます。さらにカードローン機能付帯のクレジットカードも発行されています。

なお審査基準は公表されていないので、公式サイト記載の申し込み条件をしっかり確認することが大切です。万が一の事態に備えて現金を借入したい、かつカード決済も利用したい人は、ぜひチェックしておいてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事