アルトコインおすすめ5選|将来伸びる銘柄の特徴と投資のメリット

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨(暗号資産)のことで、数千以上と非常に多くの種類が存在します。

そのため、「アルトコインの数が多すぎて選び方が分からない」と悩み、仮想通貨に投資できないでいる人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、将来伸びるアルトコインの特徴やおすすめアルトコイン5選を紹介します。

アルトコイン選びの参考にしてみてください。

アルトコインとは?

アルトコインとは?

アルトコインとは、英語では「Alternative Coin」と書き、訳すと「代替のコイン」です。ビットコインの代替コインという意味で、ビットコイン以外のコインの総称となります。

 イーサリアム・リップル・ネム・モナコイン・ポルカドットなど、これらのコインは全てアルトコインに分類されます。

アルトコインはビットコインに比べると、時価総額が低いのが特徴です。しかしビットコインよりも優れた面が多くあります。

例えばイーサリアムはゲームやアプリケーションサービスが作成可能、リップルはビットコインよりも送金スピードが早いので海外送金が得意などです。

ビットコインに匹敵する魅力的なプラットフォームがたくさんあるので、アルトコインをメインに投資する人も増えています。

将来伸びるアルトコイン|5つの特徴

将来伸びるアルトコインの特徴

将来伸びるアルトコインには、大きく分けて以下5つの特徴があります。

将来伸びるアルトコインの特徴
  1. 企業が出資している
  2. プロジェクトが進行していて情報発信を行っている
  3. 流動性が高い
  4. たくさんの取引所に上場している
  5. 時代を先取りしている

1.企業が出資している

将来伸びるアルトコインの特徴のひとつが、企業が関わっているかどうかです。例えばイーサリアムには『EEA(イーサリアム企業連合)』があります。これは企業がイーサリアムを活用するための促進目的の組織です。

 「EEA」には、マイクロソフト・三菱UFJフィナンシャルグループ・トヨタ・KDDIなどの企業が加盟しています。

またリップルは、三菱UFJフィナンシャルグループ・みずほフィナンシャルグループ・SBIホールディングスなどの金融機関と提携しています。

大手企業やメガバンクが提携・出資・注目しているアルトコインは、将来的に伸びる可能性が高いでしょう。

2.プロジェクトが進行していて情報発信を行っている

プロジェクトが進行していて情報発信を行っている

2つ目の将来伸びるアルトコインの特徴が、プロジェクトが進行しており情報発信を常に行っているかどうかです。各アルトコインには開発目的があり、それに沿ってプロジェクトを進行させています。

 将来性がないアルトコインは開発が途中で止まっていたり、プロジェクトが滞っていたりする可能性が高いです。

海外では、資金調達だけして消える詐欺も多発しています。

プロジェクトは公式サイト・Twitter・discordなどで進捗情報を発信しているので、確認してみましょう。

3.流動性が高い

3つ目の将来伸びるアルトコインの特徴は、流動性が高いことです。

仮想通貨で言う流動性とは、「コインを簡単に現金化できたり、簡単に売買できるかどうか」です。 海外とは違い、国内アルトコインは厳選されたものしか上場していません。

 厳選されているので上場した瞬間に値上がりし、そのあとも安定した売買が行われやすいです。

国内で取り扱っているアルトコインで、現時点で流動性が低いコインは将来の期待も薄いでしょう。

そもそも流動性が低いアルトコインは、自分の売りたいタイミングで売れないことが多いので注意しましょう。

4.たくさんの取引所に上場している

たくさんの取引所に上場している

4つ目の特徴が、たくさんの取引所に上場しているかどうかです。取引所は、将来的に期待値の高い通貨は取扱いたいと考えています。

 実際イーサリアムやリップルのようなメジャーアルトコインは、どの取引所でも取り扱っています。

自分が購入したいコインが、他の取引所でも扱っているかに注目して選んでみると良いでしょう

5.時代を先取りしている

5つ目の特徴が、時代を先取りしたプロジェクトかどうかです。例えば仮想通貨界隈では2020年にDeFiブーム・DEXブーム、2021年はNFTブーム、そしてNFTの流れからGameFiブームもあります。

これらの関連銘柄は軒並み価格上昇しており、他のメジャーアルトコインと肩を並べて確固たる地位を築きつつあります。

次のブームを作るような時代を先取りしたプロジェクトであれば、将来性は高いでしょう。

【2021最新】おすすめのアルトコイン5選

ここからは2021年最新のおすすめアルトコイン5選を紹介いたします。

イーサリアム

イーサリアム

イーサリアムの特徴
  • スマートコントラクトが実行できる
  • ゲームの開発、ICOの発行などができる
  • NFTの発行ができる

ETH(イーサリアム)は、現在のすべてのアルトコインの基盤と言っても良いほどの仮想通貨です。イーサリアムのプラットフォームを利用した分散型アプリケーションが、多数誕生しています。

 例えばゲームを開発したり、トークンの発行をしたり、NFTの発行なども全て行えます。2021年に入ってイーサリアム上で発行されたトークンのICO・IEOもたくさんありました。

イーサリアムは2021年10月現在、長期アップグレードの最中です。全てのアップグレードが完了すればスケーラビリティ問題が解決し、送金スピードは速く、手数料も安くなると言われています。

これにより通貨の価格も上昇する可能性は高いでしょう。
通貨名 イーサ
通貨単位 ETH
時価総額 ¥46,041,535,319,548
時価総額ランキング 2位
発行上限枚数 なし
現在の値段 ¥388,517.54
国内で扱える取引所 DMM Bitcoin、コインチェック、GMOコイン、ビットフライヤーなど

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年10月時点

ポルカドット

ポルカドット

ポルカドットの特徴
  • 開発目的はWEB3.0
  • 別々のブロックチェーンの同期が可能
  • トランザクションの処理が速い

DOT(ポルカドット)の特徴は、異なるブロックチェーン同士を接続して同期させることが可能です。例えばイーサリアム上のブロックチェーン上で開発したものを、ビットコインのブロックチェーン上で使用できます。

 今まで異なるブロックチェーンは互換性がないので利用できませんでしたが、それらを繋ぎ合わせられるポルカドットは注目を集めているのです。

また並列型のブロックチェーンなのでトランザクション処理が速く、イーサリアムの弱点である、送金速度の遅さやガス代の高さなどの課題も解決しています。

市場での需要が高まっており、イーサリアムキラーの異名も持っています。上場してから半年で約20倍に高騰しました。
通貨名 ポルカドット
通貨単位 DOT
時価総額 ¥3,892,913,543,712
時価総額ランキング 8位
発行上限枚数 10億7,000万枚
現在の値段 ¥3,935.83
国内で扱える取引所 GMOコイン、bitFlyerなど

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年10月時点

オーエムジー

オーエムジー

オーエムジーの特徴
  • OMG Networkのネイティブトークン
  • 処理速度がとても速い
  • コインチェックに上場後30%上昇した

OMG(オーエムジー)はOMG Networkのネイティブトークンとして誕生した通貨で、イーサリアムを基盤としています。

 イーサリアムに比べて処理速度がとても速く、約400倍ほどのスピードです。手数料も安くイーサリアムのスケーラビリティ問題を解決することを目指しています。

2021年4月7日にコインチェックに上場したときは、約30%高騰したほど注目度の高いコインです。

三井住友銀行やトヨタファイナンシャルサービスから約86億円の資金調達を受けており、企業からも注目されています。
通貨名 オーエムジー
通貨単位 OMG
時価総額 ¥237,516,521,050
時価総額ランキング 59位
発行上限枚数 1億40,24万5,399枚
現在の値段 ¥1,682.94
国内で扱える取引所 DMM Bitcoin、コインチェック、GMOコインなど

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年10月時点

エンジンコイン

エンジンコイン

エンジンコインの特徴
  • ゲーム内で使用できる通貨
  • NFTの発行ができる(ゲームのキャラやアイテムなど作成可能)
  • サムスンやマイクロソフトなど大手が出資

ENJ(エンジンコイン)はエンジンプラットフォームというゲームで使用できる通貨で、ゲームの利用者数は世界中で2,000万人以上にも及んでいます。

 エンジンプラットフォームでは今流行りのNFTの発行が可能。ゲームのキャラやアイテムなどの作成や販売ができ、ゲームをしながら稼ぐこともできます。

サムスンやマイクロソフトなど大手企業も出資しており、ゲーム好きには特におすすめのコインです。2021年の1月までは19.65円でしたが、1月にコインチェックへ上場、3月にGMOコインに上場し、4月には377円まで高騰しました。

エンジンプラットフォームでは『Enjin Craft』という人気ゲームがあります。人気ゲームが増えることで通貨の価格も上昇するでしょう。
通貨名 エンジンコイン
通貨単位 ENJ
時価総額 ¥144,481,275,173
時価総額ランキング 81位
発行上限枚数 10億枚
現在の値段 ¥172.20
国内で扱える取引所 コインチェック、GMOコイン

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年10月時点

リップル

リップル

リップルの特徴
  • リップル社が管理する中央集権の仮想通貨
  • 送金速度が速く手数料が安い
  • 海外送金としての期待値が高い

XRP(リップル)は他の仮想通貨とは違いリップル社が発行・管理しているので、どちらかと言えば法定通貨のような中央集権通貨に近いです。

 もともと送金・決済システムとして開発されており、リップル社のサーバーで管理されていることから、送金速度がとても速く手数料も安いのが特徴です。

そのため、海外送金の際にブリッジ通貨としてもよく利用されており、利便性の高い通貨となっています。

今まで国際送金はSWIFT(国際銀行間通信協会)を利用していましたが高くて遅い問題があったので、XRPが代替となるか注目が集まっています。
通貨名 リップル
通貨単位 XRP
時価総額 ¥5,757,377,658,260
時価総額ランキング 6位
発行上限枚数 1,000億枚
現在の値段 ¥122.74
国内で扱える取引所 DMM Bitcoin、コインチェック、GMOコインなど

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年10月時点

アルトコイン投資|4つのメリット

アルトコイン投資のメリット

アルトコイン投資のメリットは以下の4つです。

アルトコイン投資のメリット
  1. ボラティリティが高いので大きく利益を出せる
  2. 自分の好きなプロジェクトに投資できる
  3. 分散投資ができる
  4. ビットコイン以外のターンに投資できる

1.ボラティリティが高いので大きく利益を出せる

アルトコインはボラティリティが大きいのが特徴です。

ボラティリティとは?
価格変動の度合いを指します。ボラティリティが大きいほど価格変動が大きいことを意味しています。

1日で数十%〜数倍まで上昇するアルトコインもあるので、ビットコインと比べると大きく利益を出しやすいです。特に資産が少ない人にとって、アルトコイン投資は力強い存在と言えるでしょう。

2.自分の好きなプロジェクトに投資できる

自分の好きなプロジェクトに投資できる

アルトコインには様々な開発目的があり、プロジェクトも多種多様です。

 ゲーム好きの方はエンジンコイン、海外送金をする人はリップルなど自分のライフスタイルに合わせたコインや、応援したいプロジェクトに投資できるのもアルトコインの魅力の1つです。

海外ではサッカークラブチームのファントークンも発行されており、自分の意見がクラブに反映される通貨もあります。

3.分散投資ができる

ずっと上昇する通貨はありません。1種類だけに投資すると、どうしても上がり下がりの波があるので、損をすることもあります。しかしアルトコインであれば、たくさんのコインに分散して投資ができます。

一方が下落しても、もう一方が上昇する可能性が多いのでリスクも分散できます。

ビットコイン以外のターンに投資できる

仮想通貨はビットコインに資金が流れる時期と、アルトコインに資金が流れる時期があります。ビットコインだけに投資すると、アルトコインが伸びている時に機会損失が起こります。

投資は基本的には「順張り」がいいので、アルトコインが伸びている時はアルトコインに投資すると良いでしょう。

アルトコイン投資|3つのデメリット

アルトコイン投資のデメリット

アルトコイン投資のデメリット
  1. ボラティリティが高いので損失が大きい
  2. ビットコインに比べて流動性が低い
  3. 取扱がない取引所がある

1.ボラティリティが高いので損失が大きい

価格変動が大きいと利益が得やすいと解説しましたが、それは価格が上昇すればの話です。

 下落した場合は、ビットコインに比べて損失は大きくなるので注意しましょう。

国内で取り扱っている通貨にはあまりありませんが、海外の取引所で扱っている通貨では、下落してから二度と上昇しないコインも存在しています。

2.ビットコインに比べて流動性が低い

ビットコインに比べて流動性が低い

アルトコインの中でもマイナーなコインは流動性が低いです。活発にトレードが行われていないので、自分のタイミングで売買できないデメリットがあります。

国内に上場しているアルトコインはそこそこメジャーなものばかりなので問題ありません。

流動性が低いコインには、自分のタイミングで売買できないリスクもあることに注意しましょう。

3.取扱がない取引所がある

イーサリアムやリップルのようなメジャーアルトは、ほとんどの取引所で取り扱っています。しかし、アルトコインには、一部の取引所でしか取り扱っていないものもあります。

 ポルカドットやエンジンコイン・シンボルのようなアルトコインは、時価総額も高く海外では活発に取り引きされていますが、日本では未上場が多いです。

多くのアルトコインを売買したいなら、複数の取引所に登録しなければならないのはデメリットと言えるでしょう。

アルトコインが購入できるおすすめ取引所3選

ここではアルトコインが取引できるおすすめ取引所を2社紹介します。

コインチェック

コインチェック

おすすめポイント
  • 取扱通貨数最多の17種類
  • 「Coincheckつみたて」が利用可能
  • 500円からの少額投資ができる

コインチェックは取扱通貨数が17種類と国内最多である取引所です。初心者にも使いやすいシンプルな仕様のアプリが特徴で、2021上半期国内暗号資産アプリダウンロードNO.1となっています。

 「Coincheckつみたて」サービスでは、仮想通貨の積み立て投資も可能なので、安定した投資を行いたい人におすすめです。

取引手数料が無料で500円からの少額投資にも対応しているので、初心者やこれから試しにあるとコインに投資したい人にも向いています。

マネックスグループに買収後、セキュリティも強固なものとなりました
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入出金手数料 ・銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
・コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
・クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

出典:https://coincheck.com/ja/ ※2021年10月時点

DMM Bitcoin

DMM ビットコイン

おすすめポイント
  • レバレッジ取引の通貨ペアが国内最多
  • 取扱い開始まで最短1時間
  • 出金手数料が無料

DMM Bitcoinは12種類の仮想通貨が取引可能な仮想通貨取引所です。取り扱っているすべての通貨でレバレッジ取引ができます。

 通貨ペアは国内最多の19種類で円建て、ビットコイン建て、イーサリアム建てなどが可能です。

DMMグループはDMM FXも運営しているため、洗練されたノウハウを多く持っています。セキュリティレベルも高く、トレードツールが使いやすいのが特徴です。

口座開設まで最短1時間と、非常にスピーディに取引開始できるのも大きなメリットです。
取扱通貨 12種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • オーエムジー(OMG)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
レバレッジ 2倍
取引所手数料
入出金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:https://bitcoin.dmm.com/service ※2021年10月時点

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント
  • 2021年オリコン顧客満足度調査の現物取引第1位
  • GMOインターネットグループが運営の安心感
  • 充実の取引ツール

※オリコン顧客満足度より:https://life.oricon.co.jp/rank-cryptocurrency/cash-transaction/

GMOコインは14種類の通貨が取引可能な国内有数の取引所です。東証一部上場企業のGMOグループが運営しているので、安心して利用できるでしょう。

 取引ツールが非常に充実しており、初心者からプロまで満足できる性能を備えています。

セキュリティも24時間の監視体制、2段階認証、ログイン通知など万全で、脆弱性の診断や情報収集も定期的に行われているので安心です。

GMOコインなら最短10分で取引開始可能なので、今すぐ始めたい人にぴったりでしょう。
取扱通貨 14種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン
  • ポルカドット(DOT)
レバレッジ 2倍
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入出金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:https://coin.z.com/jp/corp/product/info/margin/ ※2021年10月時点

よくある質問

アルトコインとは何ですか?
英語で「Alternative Coin」と書き「代替のコイン」を意味します。ビットコインの代替コインという意味で、ビットコイン以外のコインを総称してアルトコインと呼んでいます。
アルトコインのおすすめを教えてください
ETH(イーサリアム)・DOT(ポルカドット)・OMG(オーエムジー)・ENJ(エンジンコイン)・XRP(リップル)などはプロジェクトがしっかりしており、おすすめです。
将来性のあるアルトコインの特徴は何ですか?
「大企業が出資・提携している」「プロジェクトが進行していて情報発信を行っている」「流動性が高い」「たくさんの取引所に上場している」などが挙げられます。
現在伸びているアルトコインの特徴は何ですか?
DeFiやDEX銘柄、NFTが発行できる銘柄・GameFi銘柄などが伸びています。もちろんETHのようなメジャーアルトコインも、今後伸びる可能性は高いでしょう。
アルトコイン投資のメリットは何ですか?
「ボラティリティが大きいので利益がでやすい」「自分の好きなプロジェクトに投資できる」「分散投資ができる」「ビットコイン以外のターンに投資できる」などのメリットがあります。
アルトコイン投資のデメリットは何ですか?
「ボラティリティが大きいので損失も大きい」「ビットコインに比べて流動性が低い」「取扱がない取引所がある」などがあります。時価総額が高いコインでも、国内で扱えないものは多いです。
アルトコインを購入するのにおすすめの仮想通貨取引所は?
DMM Bitcoin・コインチェック・GMOコインなどがおすすめです。取扱通貨数が多いので、投資したいアルトコインを選びやすいでしょう。

まとめ

今回は、アルトコインのおすすめと将来性のあるコインについて解説しました。アルトコインは銘柄によって様々な特徴や理念があり、非常に興味深いものが多いです。

公式サイトやTwitterなどをチェックして、ひとつのプロジェクトをじっくり調べてみるのも良いでしょう。

本記事を参考に、どのアルトコインに投資するかぜひ検討してみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事