仮想通貨ATOM(コスモス)の特徴と将来性・国内取引所

「仮想通貨のATOM(コスモス)に投資しようか考えてるけど、特徴がわからない」「今からATOMに投資しても問題ないのかな?」と、悩んでいませんか?ATOMは最近まで国内では取り扱いがなかったため、不安に思う人も多いでしょう。

しかし、ATOMは将来性があり、価値の高いコインのひとつです。そこでこの記事では、仮想通貨ATOMの特徴や評判、今後の見通しと将来性について解説します。

この記事でわかること
  • ATOM(コスモス)の特徴・評判
  • 2022年最新|ATOM(コスモス)のニュース
  • ATOM(コスモス)の今後の見通し
  • ATOM(コスモス)が価格上昇する要因
  • ATOM(コスモス)の将来性
  • ATOM(コスモス)の買い時
  • ATOM(コスモス)を購入できる取引所

この記事を読めばATOMの最新情報を知ることができ、投資対象か見極めることができますよ。
ATOM(コスモス)を購入するならGMOコイン!
GMOコイン
  • 国内で唯一ATOM(コスモス)を取り扱う!
  • 取扱通貨は業界最大級の22種類!アルトコインを取引したいならGMOコインがおすすめ
  • 最短10分で口座開設完了!すぐに取引したい方におすすめ
GMOコインの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 22種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • カルダノ(ADA)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

仮想通貨(暗号資産)ATOM(コスモス)とは?特徴と評判を解説

仮想通貨(暗号資産)ATOM(コスモス)

Cosmos(コスモス)には、主に以下6つの特徴があります。

Cosmos(コスモス)の特徴
  • 異なるブロックチェーンを繋ぐことができる
  • スマートコントラクトが実装
  • PoSを採用している
  • スケーラビリティ問題を解決する
  • 開発ツール「Cosmos SDK」で簡単にブロックチェーンが作れる
  • ステーキングが可能
通貨名 アトム/コスモス
通貨単位 ATOM
時価総額 ¥962,036,847,696
時価総額ランキング 21位
発行上限枚数 約2.6億枚
現在の値段 ¥3,359.42
国内で扱える取引所 GMOコイン
ATOM(コスモス)を購入するならGMOコイン!
GMOコイン
  • 国内で唯一ATOM(コスモス)を取り扱う!
  • 取扱通貨は業界最大級の22種類!アルトコインを取引したいならGMOコインがおすすめ
  • 最短10分で口座開設完了!すぐに取引したい方におすすめ
GMOコインの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 22種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • カルダノ(ADA)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:仮想通貨価格、チャート、時価総額 -CoinMarketCap ※2022年2月時点

異なるブロックチェーンを繋ぐことができる

ブロックチェーンをつなげる

Cosmosの1つ目の特徴は、異なるブロックチェーンを繋ぐことができる点です。

通常、異なるブロックチェーンは互換性がないため接続できません。ビットコインのブロックチェーンとイーサリアムのブロックチェーンは別々であるため、取引所を介さない限りは直接交換することができないのです。

 しかしCosmosではブロックチェーンをZoneと呼ばれる単位に組み込み、Hubでつなぐことで、互換性のないブロックチェーンをもつなげることができます。

これによりCosmos上でイーサリアムのアプリケーションを動かすことも可能となるのです。今後はZoneの中にビットコインやイーサリアム、その他多様なブロックチェーンが接続されることも期待できるでしょう。

このようなブロックチェーンにおける相互運用性を、『インターオペラビリティ』と言います。

スマートコントラクトが実装

Cosmosの2つ目の特徴は、スマートコントラクトが実装されていることです。

スマートコントラクトとは?
トリガーを起こすことであらかじめ設定しておいたプログラムを自動で実行すること。自動契約のこと。

スマートコントラクトは自動販売機によくたとえられます。自動販売機はお金を入れボタンを押すことで、自動的に商品が出されお釣りが出てきますよね?これにより商品を販売する人件費を削除できます。

企業でもスマートコントラクトを採用すれば、契約書を交わす手続きや商品を渡す手作業がなくなるので、コスト削減に繋がります。

 Cosmosでは『Ethermint(イーサミント)』と呼ばれるツールが利用可能です。

Ethermintは、イーサリアム上のスマートコントラクトと同じものをCosmos上で実行できるツール。イーサリアムよりも高速で処理できるので、スケーラビリティ問題を解決しながらスマートコントラクトを行えます。

PoSを採用している

PCとコーヒー

ATOMではPoS(プルーフ・オブ・ステーク)と呼ばれるマイニング方式を採用しています。PoSとは、対象仮想通貨を多く長く保有している人に報酬が付与される仕組みのことです。

ビットコインのマイニングは、PoWという方式を採用していますが、多くの処理をした人が報酬を受け取れるためマシン依存が高くなります。そこで平等性をもたせるためにPoSが誕生しました。

PoSは電力消費も少なくなりマイニングにかかるコストも安くなるので、手数料を安く抑えられるメリットがあります。

スケーラビリティ問題を解決する

スマートコントラクトが実装の項目でも触れたように、Cosmosはスケーラビリティ問題を解決します。
スケーラビリティ問題とは?
ブロック承認で起こる障害。1つのブロックに書けるトランザクションの数には限りがあるので、数が増えれば渋滞が起こり処理速度低下が起こる。
これはビットコインやイーサリアムのマイニング方式がPoWであるためですが、CosmosはPosを採用しているため、トランザクション処理が向上しています。

処理速度は速くなり、手数料を抑えられるので、スケーラビリティ問題を解決できるのです。

開発ツール「Cosmos SDK」で簡単にブロックチェーンが作れる

アプリケーションを開発

Cosmosには『Cosmos SDK』というフレームワークが提供されています。これは簡単な工程でブロックチェーンが作れる開発キットです。

この開発キットを使用すれば、専門的な知識がなくても、誰でもブロックチェーン作成ができます。

 海外取引所『Binance』が提供しているブロックチェーン『BinanceDEX』も、Cosmos SDKにより作成されています。

Cosmos SDKは一般公開されているので、今後もCosmos SDKが利用されて多くのブロックチェーンが誕生するでしょう。

ステーキングが可能

Cosmosでは、ステーキングが可能となっています。

ステーキングとは?
通貨を保有する対価として継続的に報酬がもらえる仕組みのこと。

ステーキングは通貨を保有するだけで報酬が受け取れるので、低リスクな資産運用として活用されます。Cosmos専用のウォレット「Cosmostation」でステーキングが可能です。

Cosmostationはスマホアプリもあるので、誰でも簡単にステーキングができますよ。

将来性はある?仮想通貨(暗号資産)ATOMの最新ニュース

ATOMの最新ニュース

2022年2月現在、仮想通貨ATOMの最新ニュースは以下のものがあります。

仮想通貨ATOMの最新ニュース
  • Crypto.comのアプリがコスモスのネットワークに接続対応
  • GMOコインがATOMの取扱開始
  • 実験ブロックチェーン「Sagan」立ち上げ

Crypto.comのアプリがコスモスのネットワークに接続対応

2021年11月8日に仮想通貨の取引所『Crypto.com』のアプリが、コスモスのネットワーク内になる『Cronos』ブロックチェーンと連携したことを発表しています。

これにより、Crypto.comアプリがコスモスのネットワークに接続できるようになりました。Crypto.comユーザーはコスモス上でも入出金が可能になったので、利便性が高まっています。

異なるブロックチェーン同士を繋げられる、コスモスの特徴を活かした取り組みといえるでしょう。

出典:Crypto.com、仮想通貨コスモス(ATOM)のネットワークに対応 -COINPOST

GMOコインがATOMの取扱開始

atom(コスモス)

2021年7月14日、GMOコインが国内で初めてATOMの取り扱いを開始しました。いままでは国内の取引所では扱いがなかったため、安全な通貨とされる「ホワイトリスト」には入っていませんでした。

しかし、GMOコインが取り扱いを開始したことで、信頼性が高まり、今やおすすめできる通貨のひとつです。「販売所」「つみたて暗号資産」「貸暗号資産」で扱えます。

国内でも手軽に誰でも安心して扱えるようになったのは、嬉しいニュースですね。

出典:コスモス取扱開始のお知らせ-GMOコイン-

実験ブロックチェーン「Sagan」立ち上げ

2021年10月20日、コスモスは実験のためのブロックチェーン『Sagan(セーガン)』を立ち上げました。これにより開発者はSagan上で様々なプロトコルを試すことができます。

Saganの紹介動画では、カナリアの画像が映し出されました。

 鉱山で毒ガス検知のために使用されていた鳥で、このブロックチェーンが「カナリアネットワーク」になることを象徴しています。

カナリアネットワークのトークンは実際の価値(価格)を持っており、より現実の環境に近い形で再現されるのが特徴です。

ネットワーク参加者がバグや不正使用などに対する脆弱性を見つけた際、自然とインセンティブは高まることになります。

出典:コスモス(ATOM)、実験ブロックチェーン「Sagan」立ち上げ -COINPOST

ATOM(コスモス)を購入するならGMOコイン!
GMOコイン
  • 国内で唯一ATOM(コスモス)を取り扱う!
  • 取扱通貨は業界最大級の22種類!アルトコインを取引したいならGMOコインがおすすめ
  • 最短10分で口座開設完了!すぐに取引したい方におすすめ
GMOコインの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 22種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • カルダノ(ADA)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

最新ニュースから見るATOM(コスモス)今後の見通し

時価総額が高い暗合資産

ATOMは現時点で最高価格からはかなり落ちている状況ではありますが、今後の見通しとしては上昇気配がなかなか見られず、苦戦する可能性が指摘されています。

 理由としては、ATOMに関連しているニュースが不足しており、上昇する気配に持っていけない傾向があるためです。

仮想通貨はニュースによって多くの金額を生み出せる状況を作り出しています。

ニュース不足の状況が発生すると見込みが無いと判断されて下落する傾向があります。

今後の見通し①セキュリティ関連の強化

今後の見通しとして検討される1つの要素は、セキュリティ関連の強化です。

ATOMはセキュリティ面を強化することを正式に発表していますが、どの程度セキュリティが強化されるまでは明言していません。セキュリティの強化具合によっては、価格が上昇する可能性もあります。

安定して仮想通貨を保有できるなら安心できるでしょう。

今後の見通し②取引所の拡充

一方で次に重要とされているのは取引所の拡充です。ATOMが取引できる場所が増えていくことによって、気軽にATOMに触れられる機会を作っておくことが重要になります。

今後の見通しとして、取引所が増加してくれればかなりの収益性が期待できるようになるでしょう。

 現時点でATOMを扱っている取引所は少なくなっており、特に日本国内で対応しているところが少ない傾向にあります。

しっかりとATOMが価格を維持していくためには、安定した情報を常に提供するなどの対応が必要になります。

情報については定期的にニュースが発表されていることもあり心配ありませんが、上昇気配に行くためのニュースについてはまだ不足している傾向があります。

ATOMに関連する悪いニュースがいくつか出ている点に注意

チャート

ATOMはいいニュースも発表しているため、今後の見通しとして明るい材料もいくつか提供されています。しかし、悪いニュースも発表されています。

ATOMに関連しているスタッフが離職しているという情報が発表されており、これまで以上に開発面で厳しい状況が起こりやすいのです。

 スタッフの離職によって、開発能力の問題が発生すると厳しい状況に置かれてしまいます。今後の見通しも悪いものへと変わる恐れがあります。

ATOMは優れたセキュリティを作り出すと同時に、実用化に向けた動きをしっかり作り出しています。

しかし、スタッフの離職によって開発能力が低下するなどの問題が生じないように、今後は現時点で残っているスタッフでどれだけサービスを維持できるかが注目されます。

最新ニュースから考察!ATOM(コスモス)が価格上昇する要因

イーサが今後価格上昇する要因4選

最新ニュースを見る限り、ATOMの価格が上昇する要因として以下の内容があります。

ATOMの価格が上昇する要因
  • 資金調達による安定性の強化
  • セキュリティ機能の強化
  • 取引所の拡充

ニュースによって今後の見通しが明るくなっている部分がいくつか見られます。

特に資金調達による安定した開発状況を作り出せる点は安心できる要素と言えるでしょう。セキュリティをしっかり作り出していく点も安心して保有できる仮想通貨に変わる点です。

今後の安心感を生み出せるかが重要になります。

ここからは、ATOMの価格が上昇する要因を詳しく説明します。

資金調達による安定性の強化

ATOMは資金調達を実施していることが確認されています。資金調達は開発能力を安定させるために重要となるため、調達できていることは優れている要素となります。

今後の見通しとして、資金調達による安定性が価格上昇に影響を与える可能性もあります。

 資金調達は安定して開発が進められる要素として判断されているため、好感をもたれやすい傾向があります。

資金調達はどの業界にとっても重要になっていることですが、仮想通貨でも今後の開発を進める上で、そしてATOMという仮想通貨を安定して運用していくために重要なポイントです。

資金調達は価格上昇に影響を与えている要素と言えるでしょう。

セキュリティ機能の強化

チャート

セキュリティ面を強化すると発表しているATOMは、安心して仮想通貨を保有できる環境を作り出すことにより、安心感をさらに強めるようにしています。

価格が上昇する背景にも、安心感という部分が影響しているため、セキュリティ面を強化しているのは重要なポイントです。

 セキュリティ面が悪い仮想通貨は信頼性が不足していると判断され、リスク回避のために売りが多くなる傾向があります。

安定したセキュリティは将来的に重要視される点であり、仮想通貨を購入しても大丈夫なのか判断される要因になります。

セキュリティを強化することにより、仮想通貨を保有しやすい環境を作り出しているのは、価格上昇に大きく影響していると言えるでしょう。

取引所の拡充

ATOMは取引所が増えている影響により、価格が少しずつ上昇しています。

仮想通貨取引所が増えていくことは、単純にATOMに触れやすい環境を作り出している点につながっており、興味本位で購入してくれるユーザーが増えるなどのメリットを得られます。

 仮想通貨取引所側としても、ATOMは需要があると判断されているために取引所に置いているところがあります。

今後も仮想通貨取引所で扱われる環境が増えていくことができれば、相当な価格上昇が期待できるでしょう。

更に扱われる数が増えるためのニュースがあればチャンスです。

購入したいと感じるユーザーが増えると価格上昇が期待できます。
ATOM(コスモス)を購入するならGMOコイン!
GMOコイン
  • 国内で唯一ATOM(コスモス)を取り扱う!
  • 取扱通貨は業界最大級の22種類!アルトコインを取引したいならGMOコインがおすすめ
  • 最短10分で口座開設完了!すぐに取引したい方におすすめ
GMOコインの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 22種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • カルダノ(ADA)
  • チェーンリンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

仮想通貨(暗号資産)ATOM(コスモス)の現在と過去チャートから価格の高騰事例


2022年に入ってから下落中の仮想通貨業界ですが、2月4日から少しだけ価格上場しています。

ただし、この上昇は下降トレンドの調整として見られており、長期での上昇目線に切り替えるのは早計と言わざるを得ません。

 ATOMは単体として見て魅力的な通貨ではありますが、ビットコインやメジャーアルトコインに元気がない間は上昇が難しいと考えられます。

短期目線で見れば、現在価格より上昇する可能性は高いので、謙虚に利確するのもよいでしょう。

仮想通貨ATOM(コスモス)の過去チャートと高騰事例

仮想通貨ATOM(コスモス)の過去チャートと高騰事例

ATOMは2016年にホワイトペーパーが発表され、2017年にICOを行いました。そのあと、2019年4月に海外取引所のバイナンスに上場し、200円〜500円前後で推移していました。

2020年にDeFiブームが起こり仮想通貨全体が盛り上がりを見せ、ATOMも8月には900円まで上昇、1ヶ月で約2倍まで高騰しました。

 2021年に入ってもその勢いは止まらず、5月には3,000円を突破しています。

2021年5月には、中国が仮想通貨を決済手段として認めない発言やイーロン・マスクCEOの発言などもありました。その影響でビットコインは30%安になり、ATOMも同じように下落。

しかし8月頃から再び価格上昇が始まり、9月には過去最高値である5,184円まで高騰しました。

2022年2月現在は過去最高値の5,184円から、37%安となっています。

今後どうなる?ATOM(コスモス)の将来性を予想

ATOMの今後はどうなるのでしょうか?以下2点が大きな鍵を握っているでしょう。

ATOM(コスモス)の今後の鍵を握るポイント
  • 現在よりアプリケーションやサービスの数が増えるかどうか
  • Cosmosロードマップ2.0の進捗

現在よりアプリケーションやサービスの数が増えるかどうか

たくさんのサービス・アプリケーション

現在Cosmosには数百以上のアプリケーションやサービスがあります。

『BinanceDEX』は開発キッドCosmosSDKを使用して開発されていますし、トヨタが実験した所有権移転はCosmos基盤のTendermintをベースに開発した『Hypermint』が使用されています。

2022年以降も多くの企業や取引所などでコスモスを基盤に開発が進むことで、ATOMの需要も高まり価格上昇する可能性は高いでしょう。

Cosmosロードマップ2.0の進捗

2021年に、1年間のCosmosロードマップ2.0が発表されました。デルタアップグレードとベガアップグレードはすでに完了しており、今後四半期に1度メジャーアップデートが行われます。

ロードマップでは、流動性や経済安全保障・使いやすさ、参加などの機能を追加することを目的としています。

 DeFiに重点を置いており、ATOM保有者に対するステーキングデリバティブやNFTモジュールなどが導入される予定です。

Cosmosは開発当初のホワイトペーパーを実現した数少ないネットワークの一つと言われており、今後のアップグレードも確実にステップを踏んでいくと予想できます。

Cosmosの利便性は高まり、価値が上昇していく可能性は高いでしょう。

出典:The Cosmos Hub Roadmap 2.0 -Cosmos Hub

ATOM(コスモス)を購入するならGMOコイン!
  • GMOコイン
    • 国内で唯一ATOM(コスモス)を取り扱う!
    • 取扱通貨は業界最大級の22種類!アルトコインを取引したいならGMOコインがおすすめ
    • 最短10分で口座開設完了!すぐに取引したい方におすすめ
    GMOコインの基本情報
    取扱仮想通貨(暗号資産) 22種類

    • ビットコイン(BTC)
    • イーサリアム(ETH)
    • エンジンコイン(ENJ)
    • リップル(XRP)
    • ネム(XEM)
    • ライトコイン(LTC)
    • ビットコインキャッシュ(BCH)
    • オーエムジー(OMG)
    • ステラルーメン(XLM)
    • クアンタム(QTUM)
    • ベーシックアテンショントークン(BAT)
    • テゾス(XTZ)
    • ポルカドット(DOT)
    • コスモス(ATOM)
    • シンボル(XYM)
    • モナコイン(MONA)
    • メイカー(MKR)
    • ダイ(DAI)
    • カルダノ(ADA)
    • チェーンリンク(LINK)
    • FCRコイン(FCR)
    • ドージコイン(DOGE)
    レバレッジ 2倍
    販売所手数料 無料
    取引所手数料 Maker:-0.01%
    Taker:0.05%
    入金手数料 無料
    出金手数料 無料

ATOM(コスモス)のおすすめの買い時をご紹介

カードローンで借りたお金

ATOM(コスモス)の買い時はこのタイミングがおすすめです。

ATOM(コスモス)の購入タイミング
  • 仮想通貨全体が上昇している時
  • ATOM(コスモス)の最新情報が入った時
  • ATOM(コスモス)が急落している時

全体的に仮想通貨が上昇しているタイミングは狙いやすいでしょう。後はATOM(コスモス)に関連するニュースがどれだけ入ってくるか、そして現在のレートがどの水準なのか判断していく必要があるでしょう。

全体的なレート上昇などを加味して購入するタイミングを狙いましょう。

ここからは、ATOM(コスモス)の買い時について詳しく説明します。

仮想通貨全体が上昇している時

仮想通貨が上昇しているタイミングは、ATOM(コスモス)も上昇している可能性が高く、多くの利益を得られる可能性があります。全体的に上昇している時は無理をせずATOM(コスモス)も購入したほうが無難でしょう。

流れに逆行するよりも流れに従って購入したほうが無難です。

特にビットコインが上昇しているタイミングは、多くの仮想通貨が上昇するきっかけになります。ATOM(コスモス)もビットコインの影響をかなり受けているのは間違いないため、結果的に上昇しているタイミングが起こりやすいのです。

ATOM(コスモス)の最新情報が入った時

ATOM(コスモス)は定期的に新しい情報が入るようになっています。

新しい情報が入っている時に購入しておけば、ATOM(コスモス)が上昇して利益を得られる可能性があります。最新情報は多くの人が購入したいと感じるポイントがあるためです。

 マイナスの情報が提供されている時は気をつけましょう。レートが下がり利益を失う可能性が高くなります。

最新情報はATOM(コスモス)が本当に実用化に向けて動き出しているのか、そしてどの方向で利用されているようになるのかなど、様々な情報が得られるようになります。

今後の情報を得てから購入に検討するのがいい方法です。

ATOM(コスモス)が急落している時

ATOM(コスモス)は急激にレートが落ちている場合もあります。

こうしたレートが暴落している時は、通常よりも安く購入できるタイミングとなります。安く購入できるようであれば、今後の上昇を狙うという観点から購入する方法も有効です。

安く購入できればお得感が増します。

急落が止まらない状態だと思っていたようなレート上昇は期待できませんが、急落が止まっており停滞しているチャートであれば、ビットコインなどの上昇によって回復する可能性があります。

 急落している時は購入する狙い目と覚えておきましょう。

将来性を確認!ATOM(コスモス)と一緒にチェックしたい銘柄

投資でお金を増やす方法|証券会社・FX会社6選

ATOM(コスモス)と一緒にチェックしておきたい銘柄は以下の通りです。

ATOM(コスモス)とチェックしたい銘柄
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • テザー

主要とされている銘柄はチェックしておきましょう。あまり知られていない銘柄をチェックしても効果は得られません。より多くの人に知られている銘柄をチェックして、ATOM(コスモス)の値動きなども予想していく必要があります。

誰でも知っている銘柄をチェックしていくのが重要です。

ここからは、一緒にチェックしておきたい銘柄を詳しく説明します。

ビットコイン

ビットコインは全ての仮想通貨に影響していますので、どうしてもチェックしておきたい銘柄に含まれます。

ビットコインが値動きを繰り返していることで、ATOM(コスモス)の値動きも連動して動いていく可能性が高くなっているためです。

 ビットコインは仮想通貨の代名詞であり、値動きが多くの仮想通貨に連動しています。チェックしないと多くの利益を失う可能性があります。

すべての仮想通貨の頂点として君臨し、実用化に向けた動きも一番進んでいるとされているビットコインは、仮想通貨を知るために重要なポイントでもあります。

レートのチェックや最新情報を知るなどの対策はしっかり取りましょう。

イーサリアム

イーサリアムはビットコインに次いで知られている銘柄です。ATOM(コスモス)にも影響を与えている場合があり、レートが変動している時に影響を与えている可能性があります。

ビットコインが動いていない時にイーサリアムが動いている時、他の仮想通貨も影響しているタイミングがあります。

イーサリアムが影響を与えるタイミングもよく見られます。

イーサリアムは実用化に向けた動きがかなり進んでいる銘柄で、最新情報が入りやすいというメリットを持っています。

 少しでも多くの情報を得たいと考えているなら、イーサリアムをチェックしていくのが一番いい方法でしょう。

テザー

テザーは実用化されている部分もありますし、実際に仮想通貨決済サービスとして導入されている銘柄です。ATOM(コスモス)に影響を及ぼしているタイミングは少ないものの、チェックしておけば一緒に利益を得られる可能性があります。

 テザーは知名度的にはまだまだですが、一部のFX等で採用されるなど金融関連では利用されています。

チェックしておきたい理由として、テザーを購入しておけば利益を得られる可能性がそれなりに高いことです。

テザーは実用化や実際に採用しているFX業者の存在などが影響しており、ATOM(コスモス)の今後に関係なく利益を出してくれる可能性があります。

日本国内でATOMが購入できる仮想通貨(暗号資産)取引所

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 国内で唯一!ATOMが売買可能
  • 取り扱い銘柄数は20種類
  • GMOインターネットグループが運営のため安心感が高い

GMOコインは、一部上場企業であるGMOインターネットグループが運営している仮想通貨取引所。取り扱い銘柄数は国内最多クラスの20種類で、国内で唯一ATOMが売買できます。

長年インターネットの第一線で活躍してきたGMOのノウハウが活かされているので、セキュリティ面でも安心度が高いです。

 ユーザーの資金はコールドウォレットで保管し分別管理。複数の秘密鍵を必要とするマルチシグに対応しています。

また自動で積立を行う「つみたて暗号資産」もあり、500円のワンコインから投資が可能。「貸暗号資産(レンディング)」にも対応しており、様々な投資が可能となっています。

GMOコインなら、申込みから最短10分で口座開設が可能です。
取扱通貨 20種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • リンク(LINK)
レバレッジ 2倍
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:GMOコイン ※2022年2月現在

よくある質問

ATOMが購入できる仮想通貨(暗号資産)取引所は何ですか?
2022年2月現在、国内でATOMを取り扱っているのは『GMOコイン』のみです。GMOコインは国内最多19種類の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。
Cosmosの特徴を教えてください
異なるブロックチェーンを繋ぐことができること、スマートコントラクトが実装されていること、マイニングPoS形式を採用していることなどが挙げられます。
ATOM/Cosmosに関する最新ニュースを教えてください
Crypto.comのアプリがコスモスのネットワークに接続対応しました。また、GMOコインが国内で初めて取り扱いを開始したこと、実験ブロックチェーン「Sagan」立ち上げなどが挙げられます。
ATOMの過去最高値は何円ですか?
過去最高値は、2021年9月の5,184円です。2020年のDeFiブームから徐々に価格上昇が起こり、2021年にピークを迎えました。2022年2月現在は3,359円で37%安となっています。
ATOMの価格が高騰する要因は何ですか?
現在より多くの企業が参入し、アプリケーションやサービスの数が増えれば価格高騰するでしょう。また2022年のアップデートにより知名度が高まり高騰する可能性もあります。
ATOMの価格が下落する要因は何ですか?
ビットコインをはじめとする仮想通貨全体で暴落してしまうことです。また他の通貨とうまく差別化できず、徐々に埋もれてしまうと価格も下落してしまうでしょう。
ATOM以外を購入するなら、どの取引所がおすすめですか?
GMOコインと同じ通貨数が購入できるコインチェックがおすすめです。またDMM BitcoinやbitFlyerなども通貨数が多く評判も高い取引所です。

まとめ

今回は、仮想通貨ATOM(コスモス)の特徴や将来性について解説しました。2022年に入って仮想通貨業界全体の元気がないため、価格は伸び悩んでいます。しかし、ATOMのポテンシャルは非常に高いです。

再びビットコインやイーサリアムなどの通貨が価格高騰すれば、もともと価値の高いATOMも上昇する可能性は高いでしょう。今から先行投資しておくのもおすすめです。

ATOM購入なら、国内で唯一取り扱っているGMOコインを利用しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事