au Payカードの特徴や審査、ポイント還元率を徹底解説!

au Payカードは、2021年3月末時点で650万人(※)もの会員数を誇るクレジットカードです。

auユーザー以外の人でも入会可能で、条件付きで年会費無料となります。

そこで今回は、au Payカードに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • 特徴
  • 審査難易度
  • メリット・デメリット
  • 口コミ・評判
  • キャンペーン情報

au Payカードの利用を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね!

※出典:https://www.kddi.com/extlib/files/corporate/ir/library/presentation/2021/pdf/kddi_210514_main_Yhr9KA.pdf

au Payカードの基本情報

au Payカード

申し込み条件 満18歳以上(高校生除く)
年会費 1,375円(税込)※条件を満たせば無料
ポイント Pontaポイント
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Visa・Mastercard
付帯保険
  • 海外旅行あんしん保険
  • お買物あんしん保険
  • 紛失・盗難補償
締め日・引き落とし日 15日締め翌月10日払い
キャッシング利用 可能

出典:https://www.kddi-fs.com/function/promotion/regularlp/?trflg=1

申し込み条件

au Payカードを利用するにあたり、まずは申し込み対象者となる条件をチェックしておく必要があります。

入会条件
  • 年齢が満18歳以上(高校生を除く)
  • 個人で利用のau IDを持っている人
  • 本人または配偶者に定期収入がある人

高校生ではない未成年の場合は、申し込む際に親権者の同意が必要です。au Payスマートローンを契約中の場合は申し込みできません。

年会費

条件を満たしていない場合、翌年度1,375円(税込)の年会費がかかります。

年会費が必要な場合とは?
  • au Payカードに登録されているau IDに紐付くau携帯電話、auひかり・auひかり ちゅら・UQ mobileの契約がない場合
  • 所定の基準日から1年間カード利用がない場合

 

条件を満たしている場合は無料となるため、無駄なコストをかけずに所持し続けることが可能です。

au Payカードの審査難易度

au Payカードの審査難易度

審査難易度について、残念ながら基準は公表されていないためわかりません。しかし、ある程度は申し込み条件をもとに予想を立てられます。

au Payカードは年齢18歳以上(高校生不可)からと若い世代がターゲットに含まれること、本人でなく配偶者に定期収入があることが条件に挙げられています。

 学生の場合は、定期収入の有無に関わらず申し込み可能です。

これらの条件から推測するに、幅広い年齢・職業等の人を会員として迎え入れていることから、決して審査基準は厳しく設定されていないと言えます。

新規入会&利用特典企画を実施していることからも、新規会員の募集を積極的に行っていることがうかがえます。つまりは、入会しやすいカードと言い換えられるでしょう。

あくまで入会条件をもとに予想したものに過ぎないため、一つの目安として捉えておきましょう。

au Payカードの特徴

au Payカードの特徴

特徴①:ポイント還元率アップ特典が多い

au Payカードを決済に使うことで、100円(税込)ごとに1Pontaポイントが貯まります。Visa・Mastercardの加盟店であれば、いつもの買い物で獲得可能です。

au Pay残高へチャージをして利用で還元率アップ

au Payカードからau Pay残高へチャージをすることで、100円(税込)につき1ポイントが貯まります。

さらに、au Pay(コード支払い)利用で200円(税込)につき1ポイントを獲得できるため、0.5%が加算されトータル1.5%還元を受けることが可能です。

提携店での利用は常時1.5倍以上

au Payカードの特徴

au Payポイントアップ店で利用すると、通常100円(税込)につき1ポイント獲得に加え、200円(税込)ごとに1ポイント以上が増量されます。

ポイントアップ店には目印となるau Payのマークがあるため、身近な場所にないかチェックしておきましょう。提携先は、コンビニや娯楽施設、飲食店などさまざまです。

主なポイントアップ店
  • かっぱ寿司
  • 紀伊国屋書店
  • ビッグエコー
  • TOHO CINEMAS
  • IDEMITSU

auでんきで最大5%貯められる

auスマホやauひかりを利用している場合、auでんきへ加入すると利用の電気料金でPontaポイントが貯まります。

毎月の電気料金 4,999円以下 5,000円~7,999円 8,000円以上
還元率 1% 3% 5%

ポイント還元率は最大5%となるため、仮に毎月の電気料金が11,000円(税込)の場合は、年間で7,320ポイントも獲得可能です。

特徴②:付帯保険が充実

au Payカードの特徴

au Payカードは、手厚い保険を付帯している点もひとつの特徴です。支払い手段としてだけでなく、万が一への備えとして所持することもおすすめです。

海外旅行あんしん保険

海外旅行費用等を、au Payカードで事前に支払った場合に補償されます。保険期間は海外旅行の目的を持って住居を出発してから帰着するまでです。

傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
救援者費用等 200万円
個人賠償責任 2,000万円
携行品損害(免責金額3,000円) 20万円

保険期間は日本を出発してから3ヶ月後の午後12:00までを限度とします。海外旅行中のケガや病気の治療費、携行品の破損・盗難など万が一に備えられる内容です。

お買物あんしん保険

au Payカードの特徴

国内外にてau Payカードで購入した品物の破損・盗難などの損害を、購入日より90日間補償してくれます。

支払限度額 年間100万円
免責金額 3,000円
担保期間 商品購入日から90日間
適用範囲 国内・海外

配送中の事故は補償の対象となりません。保険金の請求には品物を購入した売上票(お客さま控)が必要となります。

台風や豪雨による洪水、地震に起因する損害も補償の対象とならないため理解しておきましょう。

紛失・盗難補償

カードの紛失や盗難に遭った際、万が一不正利用された場合でも紛失・盗難の連絡を受けた日から起算して60日前に遡り補償します。

ただし、カードの裏面に署名のない場合は、会員の負担となる場合があるため注意しましょう。

特徴③:新規入会特典で合計最大10,000Pontaポイントプレゼント

au Payカードの特徴

2020年12月1日(火)0:00から開催されている特典で、入会から最大6ヶ月間で得点条件を満たすと、合計最大10,000Pontaポイントがプレゼントされます。

対象者・適用条件
  • au Payカードに新規で申し込み入会した人
  • キャンペーンメールへの受信に同意していること
  • au Payカードの利用代金の支払い口座が登録完了していること

特典内容は、入会から最大6ヶ月間au Payカードからのau Pay残高へのチャージが通常1%還元のところ10%還元となります。

 還元で受けられる上限は3,500Pontaポイントです。

また、10%還元が適用された人は入会から最大6ヶ月間、au Payカードの決済利用が通常1%還元のところ、au回線保有で5%・UQ mobile回線保有で3%還元となります。

さらに、対象となる公共料金の支払いをする、もしくはETCカード新規発行&利用で3,000Pontaポイントが加算されるため大量獲得が可能です。

au Payカードのメリット

au Payカードのメリット

メリット①:還元率1.0%と高い

基本還元率が1.0%と高い点は、au Payカードのメリットとして挙げられます。100円(税込)につき1ポイント貯まるため、普段使いでザクザク獲得できるでしょう。

Visa・Mastercardの加盟店で支払いに使うとポイントを獲得できるため、日本全国にある多くの加盟店が対象となります。

au Payマーケットで最大16%還元

auコマース&ライフ株式会社とKDDI株式会社が共同で運営している「au Payマーケット」で買い物をすると、最大16%還元が受けられるため大量のポイント獲得が可能です。

家電やファッション、インテリアなど幅広いジャンルの商品が揃っているため、ネットショッピングをする際はぜひチェックしておきましょう。

メリット②:貯めたポイントの使い道が広い

au Payカードのメリット

貯めたPontaポイントは、1ポイントあたり1円として利用可能です。使い道はさまざまで、うまく活用することで日々は豊かになるでしょう。

ポイントの使い方(例)
  • au Payカード請求額の支払いに充当
  • au Pay残高にチャージ
  • au携帯料金の支払いに活用
  • au Payマーケットショッピングに使える
  • オプション品購入に使う

 

Pontaポイントが使える加盟店は2021年5月1日時点(※)で約25万店舗あるため、多くの場所で現金代わりに使えます。

※出典:https://www.loyalty.co.jp/point

メリット③:au Payアプリで管理が簡単

au Payアプリを活用することで、au Payカードをより便利に利用可能です。スマートフォンで、au Payカードの利用状況を簡単・手軽に管理できます。

アプリの主な特徴
  • 請求予定額の確認
  • 保有ポイント数の確認
  • 支払方法の変更が可能
  • 買い物履歴を管理

au PayアプリはiPhone・Androidともに無料でダウンロードできるため、ぜひ活用しましょう。

au Payカードのデメリット

au Payカードのデメリット

auユーザー以外は年会費がかかる

auユーザーでなければ、年会費無料となる条件を満たせないため1,375円(税込)がかかってしまいます。決して高額ではないとはいえ、余分なコストはカットしたいものです。

本会員に年会費が発生する場合は、家族カード1枚につき年会費440円(税込)がかかります。

au Payカードというネーミングだけあり、auユーザーにとってはお得を感じられる一枚となっています。

タッチ決済に対応していない

タッチ決済は多くのクレジットカードに搭載されつつありますが、au Payカードでは使えません。サインなし・暗証番号の入力もなしという便利なサービスが使えない点はデメリットと言えます。

タッチ決済が使えるお店は増加傾向にあるため、時代に合わせて新たに機能が追加されることを期待しておきましょう。

au Payカードの口コミ評判

au Payカードの口コミ評判

良い口コミ

良い評価を受けている部分は、カード選ぶをする際に重要です。自分では見つけられなかったメリットを知れることにも繋がる可能性があるためチェックしておきましょう。

  • ポイントをカードの支払いに使えるのですごくいい
  • 基本は1%だがaupayマーケットは結構ポイント還元が大きいので使える
  • ポイントが貯まりやすく、万遍ないサービス内容もなかなかよい
  • auユーザーなら実用性の高いカード

還元率が高くポイントを貯めやすい点は、多くの人に評価されています。また、auユーザーであれば実用性が高い点も高評価です。

悪い口コミ

一方で、悪い口コミにはどういったものがあるのでしょうか。サービスの善し悪しを判断するうえで、良い点だけを知るのではなく悪い点も含め全体的にリサーチしましょう。

  • 日時を変えて何十回と電話してもオペレーターへ一向に繋がらない
  • コールセンターになかなかつながらない

カードのサービス内容ではなく、オペレーターの対応に対して不満を漏らしている声が目立つ印象です。

au Payカードの使い方を解説

クレジットカードの申し込みは取り消し(キャンセル)できる?

au Payカードを普通に利用してもお得な状況を作れますが、更にいい使い方を検討しているのであれば以下の方法を検討するといいでしょう。

au Payカードの使い方
  • auの携帯電話支払いに使う
  • au Payマーケット経由で買い物する
  • au Payをチャージする

基本的にau関連のサービスと組み合わせると効率よくポイントを貯められるカードとなります。

auと契約していない人でも問題なくポイント還元などのサービスは使えるようにしていますが、より多くのポイントを得たいのであれば組み合わせる必要があるでしょう。

auのサービスと組み合わせるとお得です。

ここからは、au Payカードのいい使い方を詳しく説明します。

auの携帯電話支払いに使う

auの携帯電話支払いに利用することで、より多くのポイント還元が得られます。

au Payカードを利用することにより、追加で1%のポイント還元が受けられます。少しでもポイント還元を狙う場合は、au Payカードを利用して支払うといいでしょう。

携帯電話支払いはポイント還元に有効な方法です。

毎月の支払額が多ければ多いほど、au Payカードのポイントを貯められるようになります。ポイント還元を増やして得をしたいと考えているなら、普段からauの支払いなどに使ってポイントを多く還元していく方法が望ましいのです。

au Payマーケット経由で買い物する

一番ポイントを稼げる方法です。au Payマーケットを経由して買い物すると、au Payカードのポイントに加えてマーケットでのポイントが加算されます。

au Payマーケットは最大16%の還元率を持っていますので、これだけで大量のポイントを得られるようになります。

 au Payマーケットは利用するサイトによってポイント還元率が変わってきます。少しでも多くのポイントを得られるサービスを見つけましょう。

ポイント還元率を高めてくれる一番いい方法でもあり、できる限り利用してポイントを稼ぐといいでしょう。経由するとしないでは大きな違いが生じてしまいます。

手続きが面倒に感じられても、少しでもポイントを得る方法を模索していくのが重要なポイントです。

au Payをチャージする

カードの名前の通りau Payをチャージして利用することが可能です。チャージの際にポイント還元が可能となっており、更に利用することでポイントが付与されます。合計したポイント還元率は1.5%と比較的高い数字となっています。

チャージして利用するとポイント獲得が期待できます。

チャージ以外にau Payとして利用できるカードは貴重な存在と言えるでしょう。電子マネーによる決済が可能となれば、様々な場所で短時間での決済を可能にしてくれます。すぐに決済したい時はau Payも活用してみましょう。

au Payカードの解約方法を解説

どうしてもau Payカードの利用に満足できない、持っているもののあまり期待しているほどのポイントが得られていない時は、解約するといいでしょう。解約手続きは以下の手順によって行います。

解約手続きの手順
  1. カード利用分の支払いをすべて完了させる
  2. 自動音声の連絡先に電話する
  3. 音声に従って手続きをすすめる
  4. カード解約の手続きが完了する

まずはカード利用分の支払いをすべて完済しなければなりません。

完済していないカードに対して解約手続きはできないルールが適用されています。利用している金額が残されている場合は、これを支払ってからau Payカードの解約を行ってください。

 特に月額課金を採用しているサービスには気をつけてください。どのサービスを利用しているか把握しておかないと解約時に処理できません。

次に自動音声の電話連絡を行います。

電話連絡先は「03-6758-7388」です。ここに電話をかけると、自動音声によって色々な手続きが可能となっています。自分が必要な解約の手続きをどのように進めていけばいいか、しっかり確認して処理していきましょう。

 コールセンターは混雑している時間帯があります。混雑している場合は電話が繋がらない可能性があるため、できる限り空いている時間帯を狙いましょう。

自動音声に従って、解約手続きができるところまで進み、最終的にカードの解約を完了させてください。手続きを進めれば電話連絡による解約手続きが終了し、カードを処分するように告げられます。

自分でau Payカードを切って捨てるようにしましょう。

捨てる際はクレジットカードを切ってしまいましょう。

なお、解約手続き中に支払い途中の金額が残されているなどの情報が確認される場合、解約手続きができないと告げられてしまいます。確認作業はしっかり行われていますので、残高があっても解約できるというわけではないと理解してください。

 コールセンターへの電話は有料です。1回で完了させるためにも事前の確認が重要となります。

au Payカードを解約して再度申込みは可能?

au Payカードを解約した後、結局戻ったほうが良いと感じた場合、au Payカードの申込と審査を受ければ保有できます。

ただ、解約してからすぐに審査を受けると落とされる可能性が高くなるため、解約した直後に審査を受けるのは避けましょう。

 解約直後に審査を受けると、なぜ解約したのか業者側がわからないため不信感を抱かれます。この影響で審査落ちしやすいのです。

再度申込みをする際、過去の利用状況などは一切考慮されません。解約しているユーザーは新規と同じものと扱われるため、一般的な審査を受けます。

優遇措置などが取られて利用可能枠が増えるなどのメリットは得られません。

au Payカードのキャンペーン情報

au Payカードで現在行われているキャンペーンは、新規入会利用10,000ポイントが付与されるというものです。

最大10,000ポイントというのは非常に大きな金額と言えるもので、獲得できれば様々な場面で利用することができるでしょう。

非常にお得なキャンペーンと言えるでしょう。

10,000ポイントを獲得するためには、以下の条件を全て満たさなければなりません。

ポイント獲得の条件
  • au Payカードからau Payへチャージする
  • チャージを完了したあとでau Payカードを利用して買い物する
  • au Payカードを利用して公共料金の支払いを行う

条件はまずau Payへのチャージが必要です。チャージした金額の10%が還元され、最大で3,500ポイントを受け取れます。

このチャージした状態でショッピングを行うと、通常の還元率ではなく5%のポイントが還元され、最大で3,500ポイント受け取れるようになります。

 チャージの場合は35,000円分必要で、買い物の際は175,000円分利用しなければ最大のポイント還元が受けられません。

更にau Payカードカードを利用して公共料金を支払う必要があります。公共料金の支払いが確認されている場合、au Payカードから3,000ポイントが付与されます。

他の条件に比べると優しい方法を採用しているため、こちらはポイントを獲得しやすいでしょう。

 公共料金の支払い以外に、ETCカードを発行して利用する方法でも同様のポイントを獲得できます。重複してポイントを得ることはできません。

10,000ポイントはなかなか手に入らないポイントでもありますし、まとまったポイントを得られるようにしているクレジットカードのキャンペーンは貴重です。

狙えるようであれば狙っても構いませんが、難しいと考えられる項目は避けて考えてもいいでしょう。

ポイントを得るための条件

au Payカードのキャンペーンは期限が用意されています。

期限を過ぎた場合、条件を達成した場合でもポイントを得られない可能性があります。ポイントをしっかり獲得するのであれば、まずはau Payカードのキャンペーン期限を知っておきましょう。

有効期限切れになるとポイント獲得のチャンスが失われる項目もあります。

au Payカードへのチャージとau Payカードを買い物で使う項目は、全て発行してから3ヶ月以内に達成しなければなりません。3ヶ月を経過すると、自動的に利用した金額を基にポイントが計算され、還元されます。

上限に到達していない場合でもポイントは付与されます。

 1度も利用していなかった場合はポイントを受け取れません。

一方で公共料金の支払い、またはETCカードを発行して利用する方法は6ヶ月以内に設定されています。

半年以内に支払手続きを変更する、またはETCカードを発行して1度でも利用していれば、簡単に3,000ポイントが付与されます。

よくある質問

au Payカードの還元率は?
基本還元率は1.0%です。au Pay残高へのチャージや提携店での利用、au Payマーケットサイトなどでは還元率がアップするため、効率良くポイントを貯められます。
au Payカードの主な特徴は?
支払いに使うことで、100円(税込)につき1Pontaポイントが貯められることです。また、年会費も条件を満たせば無料となるため、所持するうえで無駄にコストがかかりません。
au Payカードのメリットは?
基本還元率が1.0%と比較的高いこと、auアプリを使えばより使い勝手が良くなり管理が簡単になることなどが挙げられます。また、用途の広いPontaポイントを貯められることも、大きなメリットの一つです。
au Payカードのデメリットは?
auユーザー以外は年会費がかかってしまうことや、タッチ決済に対応していないことが挙げられます。また、口コミによる情報ではオペレーターへの繋がりが悪いとの声があるため、問い合わせの際に解決まで時間を要する可能性が懸念されます。
au Payカードの審査基準は?
基準は公表されていないためわかりません。申し込み条件から察するに幅広い年齢・雇用形態の人をターゲットにしているため、決して難易度は高くないと推測できます。
au Payカードの保険内容は?
海外旅行あんしん保険は、最高2,000万円を補償してくれる手厚い内容です。また、お買物あんしん保険は年間100万円を上限に補償してくれます。
au Payカードで貯めたポイントの使い道は?
貯めたPontaポイントは1ポイント1円として使用可能です。加盟店で現金感覚で使えることはもちろん、au Payカードの請求額に充当したり、au携帯料金の支払いに使えたりします。非常に使い道が幅広いため、多いに活用できるでしょう。

まとめ

この記事では、au Payカードの特徴やメリットなどを解説しました。

支払いに使うことでPontaポイントが貯まり、さまざまな使い道があるため、うまく活用することで生活が豊かになる点は特徴でありメリットです。

決済手段としてだけでなく、保険内容も充実しているため万が一の事態に備えられる点も見逃せません。

auユーザーはもちろん、auユーザーが以外にもメリットがあるカードなので、ぜひ発行を検討してみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事