FXの自動売買は稼げる?おすすめツールとFX口座紹介

「チャートを追う時間がないからFXはできない」と思っていませんか?実はFXには「自動売買」できるツールがあり、日中忙しい社会人や主婦(夫)、初心者でもFXに取り組める可能性があります。

しかし「自動売買ツールは稼げない」「詐欺アプリが多い」という話もあり、自動売買ツールを知っていてもなかなか導入できずに悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、FX自動売買ツールについての基本情報からメリット・デメリット・おすすめのアプリを紹介します。使い方も解説しているのでぜひ参考にしてください。

この記事で分かること
  • FX自動売買ツールの基本情報
  • FX自動売買ツールのメリット・デメリット
  • FXの自動売買ツールの種類
  • FXの自動売買ツールのおすすめツール・アプリ
  • FXの自動売買ツールの始め方

この記事を読めば、FX自動売買ツールの全貌を把握でき、あなたに合ったツールを見つけることができますよ。

 

FXの自動売買とは?基本知識を解説|無料でできるの?

FXの自動売買とは?基本知識

FXの自動売買とは、プログラムによって自動で売買を行うことを指します。プログラムは自分でプログラミング言語で組み立てたものを使うこともできますし、誰かが作成したプログラムを使うこともできます。

 優れた投資家が普段行っている売買方法をプログラム化して利用できるので、初心者でも上級者と同じような取引ができるのが特徴です。

最近ではFX会社や投資家がプログラミングを販売していたり、無料提供しているものもあります。

システムトレードと自動売買の違い

自動売買と似た言葉に『システムトレード』があります。

システムトレードとは?
決められたルールに基づき取引を行うもの。決められたルール以外の取引は全て排除し、徹底的にルールに従って売買を行うことを指します。

「決められたルール」とは、「◯◯の条件になったら買う」「◯◯円のタイミングになったら売る」「◯◯になったら利確、あるいは損切り」「毎月◯日に購入する」など様々で、自由に設定が可能です。

自動売買と似ていますが、システムトレードは「手動」や「自動」などの決まりはありません。システムトレードは投資手法のことで、自動売買はツールやアプリのことと考えると分かりやすいでしょう。

 システムトレードという大きなカテゴリの中に、自動売買が含まれているイメージです。

自動売買には、自身で開発や設定をする『開発型システムトレード』と、あらかじめ存在している自動売買プログラムを使用する『選択型システムトレード』の2種類があります。

『開発型システムトレード』は売買知識やプログラミング言語が必要なため、初心者は『選択型システムトレード』を利用するのが一般的です。

初心者にもおすすめ!FXの自動売買のメリット

FXの自動売買のメリット

FXの自動売買には以下のメリットがあります。

FXの自動売買のメリット
  • 時間に縛られない
  • 相場を追うストレスから解放される
  • 感情に左右されない
  • 知識や経験が不要
  • 24時間取引できるため取りこぼしがない

時間に縛られない

FX自動売買の大きなメリットのひとつは、時間に縛られないことです。FXを手動で行う裁量取引は、常にチャートの動きを把握しておく必要があります。

1日に何度も相場の動きを確認して戦略を練り直すのは、忙しいサラリーマンや主婦(夫)には現実的ではないでしょう。

 自動売買なら、あらかじめ設定をしておけばあとは基本的に放置で構いません。

投資の拘束時間が大幅に減るため、余った時間を別のことに利用できます。

相場を追うストレスから解放される

相場を追うストレスから解放される

自動売買ツールなら相場を追う必要がありません。「予想に反して暴落してしまったが、このまま保有するか損切りするか」「価格上昇したが、いますぐ利確するかもう少しポジションを持つか」など、苦しんだことがある人は多いでしょう。

自動売買ツールを使えば、このような迷いがなく、機械的に処理してくれるので冷静な取引ができるメリットがあります。

自動売買ツールなら、精神的ストレスからも解放されるでしょう。

感情に左右されない

普段は冷静に判断できる人でも、価格が暴落し資産が目の前で減っていくと冷静さを失います

損失を取り戻すために大きなロットを持ったりレバレッジを高く設定して、損失を更に膨らますのは人間誰しもがやりがちな行為です。上級者になっても感情に左右されてしまうことは多いのです。

 自動売買ならあらかじめ設定したプログラム通りに売買を行うので、感情の入る余地がありません。

冷静さを保とうとするのではなく、システムに任せることで余計な損失もなくなり、勝率を上げることができるでしょう。

知識や経験が不要

知識や経験が不要

一般的な裁量トレードは、知識の深さや経験がものを言う世界です。チャートに線を引いて分析する『テクニカル分析』や、世界情勢や金融情報から将来の価格を予想する『ファンダメンタルズ分析』など、多くの要素を考慮する必要があります。

また、豊富な取引の知識を全て駆使したからといって、勝てるほど単純なものでもありません。経験が一番ものをいいます。しかし自動売買ツールなら、知識や経験を取り入れた売買してくれるので、初心者でも勝てる見込みがあります。

知識や経験がないFX初心者でも、勝率を上げられるのは自動売買ツールのメリットでしょう。

24時間取引できるため取りこぼしがない

時間に縛られないにも通ずることですが、24時間取引できるのも自動売買ならではのメリットです。

 FXは24時間いつでも取引が可能で、常に相場が動いています。特にNY市場の時間は活発ですが、日本時間にすると夜21時~翌朝6時になります。

多くの社会人はあまり積極的には関われない時間帯に値動きする可能性が高いので、裁量取引では機会損失してしまいます。

自動売買ツールなら、深夜〜早朝の間も代わりに働いてくれるので取りこぼしがありません。

FXの自動売買のデメリット

FXの自動売買のデメリット

FXの自動売買には以下のデメリットがあります。

FXの自動売買のデメリット
  • 使用している自動売買ツールに不向きな相場もある
  • 手数料が裁量取引より高くなる可能性がある
  • 完全放置はできない

使用している自動売買ツールに不向きな相場もある

自動売買のデメリットは、自動売買ツールに不向きな相場もあることです。そもそも自動売買ツールのプログラムはテクニカル分析に頼る傾向があります。

 ファンダメンタルズなど最新の情勢は考慮してくれません。またツールによって、得意な相場・苦手な相場があります。

「上昇相場には強いが下落相場には弱い、またはその逆」「レンジ相場にのみ強い」などツールによって特色が異なるため、ユーザー自身での調整が必須です。

どんなツールを選ぶかも重要で、最近では儲からないツールを高額で売る詐欺業者も多いので注意が必要です。

手数料が裁量取引より高くなる可能性がある

手数料が裁量取引より高くなる可能性がある

手数料が裁量取引より高くなるのも、自動売買ツールのデメリットでしょう。

FX業者の提供しているツールは、スプレッドに上乗せで取引手数料がかかるものが多いです。大きな額ではないものの、自動売買をしていると少しずつ積み重なってしまうので注意が必要です。

はじめは手数料無料の自動売買ツールを利用して様子をみてもよいでしょう。

完全放置はできない

自動売買ツールと言えども、完全に放置はできません。相場は常に変動しており、時には大きく値動きが起こることもあるでしょう。

 レンジ相場用として自動売買を設定しておいたのに、トレンドが出ていた場合、放置をすれば損失が膨らむ可能性もあります。

自動売買と言えども時間の許す限りは、相場に向きあう必要があるでしょう。

FX自動売買ツールの種類(リピート型/開発・設定型/選択型)

FX自動売買ツールの種類

自動売買プログラムには大きく以下の3つの種類があります。

FX自動売買ツールの種類
  • リピート型
  • 開発・設定型
  • 選択型

リピート型

リピート型は、通貨ペアを選択し最初に設定を行うと、自動的に売買を繰り返してくれるものを指します。小さい値動きでも価格が下がれば買い、価格が上がれば売りを繰り返してくれるので、レンジ相場に向いています。

 トルコリラ/円やメキシコペソ/円など高金利といわれている通貨ペアで、スワップポイントを狙うのも効果的でしょう。

売りと買いだけのため設定も簡単であり、はじめから業者の取引ツールに搭載されているものも多いです。

初心者〜上級者まで向いているのがリピート型です。

開発・設定型

開発・設定型は、自身で価格やインジゲーターから設定を行い自動売買する方法です。

例えば「◯◯円を超えたら購入する」という簡単なものから、「移動平均線が交わったら購入する」など少し複雑な使い方や、「毎朝8時に購入する」などのプログラミング設定も可能です。

 自身で設定するため、それなりの知識や経験が必要になるでしょう。

自分よりも優れた取引をしてくれる他のタイプとは異なり、自分と同じレベルの取引を自動化させるものです。

初心者向けというよりは、中級者〜上級者に向いているタイプでしょう。

選択型

選択型とは、予め設定された数種類の取引ルールの中から、1つを選ぶだけで自動売買が行えるものを指します。FX業者が提供している自動売買ツールに多く、簡単に設定できるのが特徴です。

 選ぶだけなので知識や経験もいりません。初心者に最もおすすめのツールです。

FX業者によっては利益率でランキングされており、高い勝率の自動売買を選ぶことも可能となっています。

おすすめのFX自動売買ツール・アプリ

インヴァスト証券「トライオートFX」

インヴァスト証券「トライオートFX」

インヴァスト証券「トライオートFX」の特徴
  • 12戦中9勝の高い勝率※1
  • 3ステップの設定でスタートできるので初心者向け
  • 自分だけの自動売買が作れる「ビルダー機能」を搭載

インヴァスト証券が提供している自動売買ツール『トライオートFX』は、初心者〜上級者まで幅広い層に適したツールです。

初心者は「ランキングリストから選び数量を決めるだけ」で、自動売買の設定が完了できますし、上級者は「チャートを見ながら自分だけの自動売買を作成」できる機能が用意されています。

 『トライオートFX』の勝率は高く、2021年で実現損益がプラスになった月は12月中9月となっています。※1

60%以上のユーザーがFX初心者※2なのも、安心できるデータのひとつ。20代から50代までの幅広い年代に使用されており、日中忙しい会社員のユーザーが半数以上を占めています※2

スプレッドも業界最狭水準なので、コストを最小限に抑えながら取引が可能です。
通貨ペア 17種類
自動売買ツール
  • リピート型
  • 選択型
  • 設定型
スマホアプリ
最小取引単位 1,000通貨
手数料 1,000通貨あたり片道20円
スプレッド(米ドル/円) 0.3銭
スワップポイント(米ドル/円) 買い:36
売り:-105

トライオートの口コミ・評判
  • 20代以下/男性
    今まで一度もFX取引をした事はありませんでした。しかし、非常に使いやすくて初心者の私でも取引出来ました。初めはなかなか利益を出す事が出来ませんでしたが、さらに勉強して利益を出せるようになりたいと考えています。
  • 30代/女性
    スプレッドは狭く、1000通貨単位での取引ができるので初心者の少額取引、スキャルピングなども行えます。ツールはWEBやスマホがあり、わかりやすいです。自動売買の機能なども充実しているので、忙しい人でも取引出来ると思います。
  • 学生/男性
    自動売買で長期運用を目指している方に向いています。設定も簡単なので初心者にもおすすめですし、スプレッドも低いです。また、FX取引を一万通貨行うごとにポイントが貯まり、そのポイントを認定NPOへ寄付すると確定申告時の控除の対象になります。
  • 30代/女性
    初めてのFX運用で使用していますがPCでもSPでも見やすく、マニュアル運用も使いやすいです。自動のトライオートは非常に驚きました。シュミレーションでどの通貨を選ぶとどれぐらい上がるのかがおすすめ順で表示され、初心者にもおすすめだと思います。
  • 40代/男性
    初めてFXを行いたい方にはとにかくおすすめです。スプレッド、スワップなどは特に気になる点は無いですし、自動売買なので、まだ何もわからない方でも利益出すことができます。まずは自動売買に挑戦してみて、自分で勉強しながら取引していくのがおすすめです!
  • 30代/男性
    自動売買は仕事中でも取引が行われていくのが良いですし、 休憩時間や起床時、通知が来てないかアプリを確認するのが楽しみです。
  • 20代/女性
    初心者なので、選ぶだけで十分に利益が出せるシステムは非常に満足しています。
  • 30代/男性
    サポートは、24時間受付しているのでいざという時に便利です、変動が比較的少ない米ドル円やユーロ円の取引を中心に行いたい方にもおすすめです。
  • 30代/男性
    他の会社で取引していましたが、スプレッドの低さ・安定性が今一つだったのでトライオートに乗り換えました。トライオートは、スプレッドは低く、安定している点が良いと思います。
  • 20代以下/女性
    ランキングを選びカートにいれ稼働したところ、FX経験の浅い私でも利益を出すことができ驚きました。そのまま長期保有していたら、利益は増加しました。もちろんマイナスになった際はヒヤヒヤしましたが、私はトライオートFXの自動売買におまかせしてよかったと感じています。

※1 2021年1月〜12月までの12ヶ月間における各月の実現損益がプラスになった月を1勝とします。また、勝数は将来の利益を保障するものではありません。
※2 トライオートFXの新規口座開設者(2020/8/1~2021/7/31の期間)。FX経験1年未満の顧客を初心者とする。※小数点第二位を四捨五入して表示
出典:トライオートFX  -インヴァスト証券 ※2022年2月23日現在

みんなのシストレ

みんなのシストレ

みんなのシストレの特徴
  • 実際に売買しているユーザー利益ランキングの表示が可能
  • 3ステップでの簡単設定
  • 画面デザインがシンプル、かつ直感的な操作で分かりやすい

『みんなのシストレ』は、「みんなのFX」で実際に取引を行っているトレーダーの取引をもとに自動売買を行うサービスです。UIがシンプルで普段SNSを使用しているなら、すぐに慣れ親しめる直感的な操作が魅力でしょう。

 ユーザーの利益ランキングを順番に表示できるので、高い利益のトレーダーを選ぶだけで自動売買を始められます。

スマホで本人認証を利用すれば、最短当日からの取引が可能です。各種手数料が無料なので、コストをあまりかけたくない人にもおすすめです。

最低証拠金は5,000円から!全通貨ペアが1,000通貨(=0.1Lot)単位からトレード可能なので、初心者でも安心ですね。
通貨ペア 27種類
自動売買ツール
  • リピート型
  • 選択型
スマホアプリ
最小取引単位 1,000通貨
手数料 無料
スプレッド(米ドル/円) 0.2銭
スワップポイント(米ドル/円) 買い:18
売り:-27

出典:みんなのシストレ -みんなのFX ※2022年2月23日現在

MAi MATE

MAi MATE

おすすめポイント
  • トレンド相場に強く損小利大が目指せる
  • 継続で成績が向上
  • 自動売買トレード可能

『マイメイト』は、FX業者として有名な証券会社「インヴァスト証券」が開発した、AIの学習プログラムを利用して自動売買を行うキャラクター(エージェント)を育成しながら取引を行う自動売買サービスです。

 最大の特徴は、学習型AI搭載なので、長期的に運用すればするほど成績が向上していくことです。

また、AIの学習プログラムはFXで取引経験のない初心者や、過去にトレードで失敗した経験のある方のサポートに徹することもできます。

変化が激しい相場では、最新の相場にも対応しているシステムのマイメイトは力強いでしょう。
通貨ペア 16種類
自動売買ツール
  • リピート型
  • 選択型
スマホアプリ
最小取引単位 10,000通貨
手数料 無料
スプレッド(米ドル/円)
スワップポイント(米ドル/円) 買い:−
売り:−

FX自動売買おすすめの始め方

スタートラインに立つ

インヴァスト証券「トライオートFX」の「セレクト(選択型)」を例に自動売買を始める手順を解説します。以下の手順でFX自動売買を始めてみましょう。

FX自動売買の始め方
  1. はじめに自動売買を利用するFX業者の口座開設をしましょう。
  2. トライオートFXの取引ツールにログインしましょう。
  3. 左側の「セレクト」をクリックしましょう。
  4. 画面にたくさんの自動売買ロジックが表示されます。
  5. 「詳細を見る」をクリックすると、シュミレーション結果・ロジック解説の記事や動画が確認できます。
  6. 利用するロジックが決定したら「注文を確定する」をクリックしましょう。

すでに口座に登録しているなら、「セレクト」→「選択」→「注文を確定」の3ステップで自動売買を始められます。自動売買を止めたい時は「稼働停止」をクリックしましょう。

「トライオートFX」では他にも、リピート型や開発・設定型も用意されているので、自動売買に慣れてきたら利用してみてもよいでしょう。

よくある質問

おすすめのFX自動売買ツール・アプリを教えてください
初心者はFX業者が提供している自動売買を選ぶとよいでしょう。インヴァスト証券「トライオートFX」や「みんなのシストレ」は、シンプルで操作性が優れており、各種手数料も無料なのでおすすめです。
FXの自動売買とは、どのようなツールですか
プログラムによって自動で売買を行うものです。プログラムは自分でプログラミング言語で組み立てたものを使うことも、誰かが作成したプログラムを使うこともできます。
システムトレードと自動売買の違いは何ですか?
システムトレードは決められたルールに基づき取引を行うもので、「手動」「自動」などの決まりはありません。システムトレードという大きなカテゴリの中に自動売買が含まれています。
FXの自動売買のメリットを教えてください
相場を追う必要がないので、時間に縛られないこと、精神的ストレスから解放されること、知識や経験が不要なことです。また24時間取引ができるので機会損失がなくなるのもメリットです。
FXの自動売買のデメリットを教えてください
自動売買ツールは相場によって向き、不向きがあります。また、いつ不向きな相場になるか分からないので完全放置もできません。手数料が裁量取引よりも割高になる可能性もあります。
FX自動売買ツールには、どのような種類がありますか?
通貨ペアを選択し買いと売りを繰り返す『リピート型』、自身で価格やインジゲーターから設定を行う『開発・設定型』、数種類から1つを選ぶ『選択型」の、大きく3つがあります。
FX自動売買ツールは稼げませんか?
選ぶツールや使い方によるでしょう。インヴァスト証券「トライオートFX」の自動売買ツールでは、2021年実現損益プラス月は12月中9月と、高い勝率を出しています。
※2021年1月〜12月までの12ヶ月間における各月の実現損益がプラスになった月を1勝とします。また、勝数は将来の利益を保障するものではありません。

まとめ

今回は、FX自動売買ツールの特徴やメリット・デメリット、おすすめのツールを紹介しました。裁量取引に比べると手数料はかかるものの、自動売買を取り入れれば取引の機会損失をなくし、勝率を上げることも可能です。

自動売買ツールは販売されているものも多いですが、まずはFX業者の無料のものを試してみるのがよいでしょう。FX自動売買ツールは、知識や経験のない初心者や時間に余裕のない人には、強い味方となるツールです。

本記事を参考に、信頼できる自分に合った自動売買ツールを見つけて試してみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事