仮想通貨アバランチ(AVAX)とは?今後の価格やチャート・将来性!

「最近国内取引所での上場が増えている、暗号資産『AVAX(アバランチ)』に投資しようか悩んでいる」「AVAXがどのような特徴を持った通貨なのか、いまいち分からないので詳細を知りたい」とお考えの方も多いと思います。

そこでこの記事では、アバランチの3つの特徴とAVAXの現在価格や過去の値動きについて紹介。また、AVAXの将来性についても分析して解説いたします。

さらに、アバランチの最新情報についても紹介しているので、AVAXへの投資を考えている方は目を通してみてください。

AVAXが購入できる国内取引所も紹介しているので、取引所選びにも役立つでしょう。
アバランチを購入するならDMM Bitcoinがおすすめ!
DMMビットコイン
  • アバランチを直接購入できる!
  • レバレッジ取引の取り扱い通貨数が国内No.1
  • 現物取引手数料や出金手数料など各種手数料が無料
  • スマホ版の取引アプリで本格分析が可能
DMM Bitcoinの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 24種類

  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • イーサリアムクラシック (ETC)
  • リップル (XRP)
  • ネム (XEM)
  • ライトコイン (LTC)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • モナコイン (MONA)
  • ステラルーメン (XLM)
  • ベーシックアテンショントークン (BAT)
  • シンボル (XYM)
  • ポルカドット (DOT)
  • テゾス (XTZ)
  • クアンタム (QTUM)
  • オーエムジー (OMG)
  • エンジンコイン (ENJ)
  • トロン (TRX)
  • カルダノ (ADA)
  • アイオーエスティー (IOST)
  • ジパングコイン (ZPG)
  • アバランチ(AVAX)
  • チェーンリンク(LINK)
  • メイカー(MKR)
  • チリーズ(CHZ)
販売所手数料 現物取引:無料(BitMatch取引手数料を除く)
レバレッジ取引:無料
取引所手数料
出金手数料 無料
取引ツール PC・タブレット・スマホ

アバランチ(AVAX)とは?

アバランチ(AVAX)

アバランチは、ピアツーピアシステムで知られるコンピューター科学者「EminGunSirer(エミン・ガン・サイラー)氏」や、その他の共同設立者によって設立されたチーム「Ava Labs」が開発したブロックチェーン。

DeFi環境の構築およびツール開発を行うためのブロックチェーンで、アバランチ上でのトランザクション処理・サブネットの作成・ステーキング報酬などに使用できる通貨が『AVAX』です。

 イーサリアムが長年抱えている『スケーラビリティ問題』を解決してくれるブロックチェーンとしても期待されており、イーサリアムキラーとも呼ばれています。

国内取引所ではまだ数箇所しか上場していませんが、海外の有名な取引所ではほとんどが取り扱っており、暗号資産時価総額ランキングでも20位以内に入っている人気通貨です。

通貨名 アバランチ
通貨単位 AVAX
時価総額 ¥688,518,935,680
時価総額ランキング 16位
発行上限枚数 7.2億枚
現在の価格 ¥2,295.11
扱っている取引所 DMM Bitcoin、bitbank、SBI VCトレードなど

出典:Avalanche -CoinMarketCap
※2022年11月時点

アバランチ(AVAX)の特徴

チェックリスト

アバランチは大きく以下3つの特徴があります。

アバランチの特徴
  • アバランチ・コンセンサスとPoSを組み合わせている
  • 3つのブロックチェーンからなるマルチチェーンを採用
  • 独自ネットワーク『サブネット』の作成が可能

アバランチ・コンセンサスとPoSを組み合わせている

アバランチでは、コンセンサスアルゴリズムに『アバランチ・コンセンサス』を採用しています。

コンセンサスアルゴリズムとは?
日本語で「合意方法」のこと。ブロックチェーンがブロックを追加する際(取引記録を書き込む際)のルールです。

ブロックチェーンでは、取引が正しいかどうか、ネットワークの参加者同士が検証を行い合意を行っていく仕組みがとられていますが、暗号資産の種類によってそのルール(合意方法)は異なります

このルールがコンセンサスアルゴリズムで、アバランチが利用する『アバランチ・コンセンサス』は、処理スピードが速いこと・手数料が安く環境にも優しいことが特徴です。

 スピードとエネルギー効率に優れているアルゴリズム「クラシカル・コンセンサス」と、セキュリティの高いアルゴリズム「ナカモト・コンセンサス」の良いところをとったハイブリッド型アルゴリズムです。

また、アバランチでは「アバランチ・コンセンサス」にPoS(プルーフ・オブ・ステーク)を組み合わせているので、ステーキングが可能であることも見逃せないでしょう。

3つのブロックチェーンからなるマルチチェーンを採用

ブロックチェーン

アバランチのネットワークは、それぞれ用途の異なる3つのブロックチェーンによって構成されており、3つのチェーンのいずれかに暗号資産を保存することで、さまざまな目的で利用することが可能です。

X-Chain(Exchange Chain) AVAXやその他の暗号資産の作成・取引に使用するための分散型プラットフォーム。
C-Chain(Contract Chain) dAppsのスマートコントラクトを作成。dAppsやDeFiのサービスとやり取りが可能。
P-Chain(Platform Chain) ネットワーク・バリデーターを調整し、Avalancheウォレットへのステーキングに使用できる。

それぞれ相互運用が可能なので、チェーン間で移動させることもできます。

独自ネットワーク『サブネット』の作成が可能

アバランチでは、複数のノードで構成されるネットワークを構築して、そのネットワーク内で独自のブロックチェーン『サブネット』を誰でも簡単に作成できます。

 サブネットでは、利用者を制限するプライベート型または誰でも利用できるパブリック型のどちらも可能で、カスタマイズが自由であることは特徴の1つです。

例えば、日本居住者のみ参加可能にしたり、オープンなサブネットを作成したりなど用途に合わせて活用ができます。なお、作成可能なサブネットの数に上限はありません

アバランチこ購入するならDMM Bitcoinがおすすめ!
DMMビットコイン
  • アバランチを直接購入できる!
  • レバレッジ取引の取り扱い通貨数が国内No.1
  • 現物取引手数料や出金手数料など各種手数料が無料
  • スマホ版の取引アプリで本格分析が可能
DMM Bitcoinの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 24種類

  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • イーサリアムクラシック (ETC)
  • リップル (XRP)
  • ネム (XEM)
  • ライトコイン (LTC)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • モナコイン (MONA)
  • ステラルーメン (XLM)
  • ベーシックアテンショントークン (BAT)
  • シンボル (XYM)
  • ポルカドット (DOT)
  • テゾス (XTZ)
  • クアンタム (QTUM)
  • オーエムジー (OMG)
  • エンジンコイン (ENJ)
  • トロン (TRX)
  • カルダノ (ADA)
  • アイオーエスティー (IOST)
  • ジパングコイン (ZPG)
  • アバランチ(AVAX)
  • チェーンリンク(LINK)
  • メイカー(MKR)
  • チリーズ(CHZ)
販売所手数料 現物取引:無料(BitMatch取引手数料を除く)
レバレッジ取引:無料
取引所手数料
出金手数料 無料
取引ツール PC・タブレット・スマホ

【2023年】アバランチ(AVAX)の最新情報

アバランチのニュース

2022年、2023年アバランチの最新ニュースは大きく以下の4つがあります。

アバランチの最新情報
  • GREEがアバランチ(AVAX)基盤のWeb3ゲーム開発
  • Banffアップグレードが実装完了
  • 米国の投資アプリ『ロビンフッド』でAVAXの取り扱いが開始
  • アマゾンAWSでアバランチ(AVAX)の運営が可能に

GREEがアバランチ(AVAX)基盤のWeb3ゲーム開発

2022年10月27日に、グリー株式会社の新設子会社『BLRD』とアバランチブロックチェーン提供の『Ava Labs』がパートナーシップを締結しました。

グリーは以前からWeb3ゲーム事業を展開するにあたり、適したチェーンの調査を行っていましたが、Avalancheブロックチェーンであれば、双方の強みが活かせると判断し、戦略的パートナーシップの基本合意に至った経緯があります。

BLRDは今後Avalancheブロックチェーンにゲームを配信していく予定です。

出典:グリー、新設子会社「BLRD」を通じて、Avalancheブロックチェーンを提供するAva Labsと日系企業初の戦略的パートナーシップを締結 -PR TIMES

Banffアップグレードが実装完了

アップする積み木

2022年10月18日に、アバランチのBanffアップグレードが実装完了しています。ハードフォークをともなう大型アップグレードが主な内容で、サブネットでもステーキングやステーキングのトークン報酬受け取りができるようになりました。

 新機能を有効にするためには「サブネット」の作成者が、「既存のサブネット」を「新機能が有効になった新しいサブネット」に変更する必要があります。

なお、11月7日にはBanff2がリリースされており、パフォーマンスとセキュリティの向上が行われています。

出典:Banff: Elastic Subnets -Published in Avalanche
出典:Banff.2 – Additional BLS Support -GitHub

米国の投資アプリ『ロビンフッド』でAVAXの取り扱いが開始

2022年8月8日にアプリ『Robinhood(ロビンフッド)』にて、AVAXの取り扱いが開始しました。

 ロビンフッドは、株式や投資信託・暗号資産などに手軽に投資できる米国の投資スマホアプリで、2021年時点で1300万人以上が活用する人気アプリです。※1

ロビンフッドでAVAXが取り扱いできるようになったことにより、取引がさらに容易になったので、AVAXの取引が活発化するであろうと期待されています。

※1 投資アプリの米ロビンフッド、利用者1300万人に急増 -日本経済新聞

アバランチの購入はDMM Bitcoinがおすすめ!
DMMビットコイン
  • アバランチを直接購入できる!
  • レバレッジ取引の取り扱い通貨数が国内No.1
  • 現物取引手数料や出金手数料など各種手数料が無料
  • スマホ版の取引アプリで本格分析が可能
DMM Bitcoinの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 24種類

  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • イーサリアムクラシック (ETC)
  • リップル (XRP)
  • ネム (XEM)
  • ライトコイン (LTC)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • モナコイン (MONA)
  • ステラルーメン (XLM)
  • ベーシックアテンショントークン (BAT)
  • シンボル (XYM)
  • ポルカドット (DOT)
  • テゾス (XTZ)
  • クアンタム (QTUM)
  • オーエムジー (OMG)
  • エンジンコイン (ENJ)
  • トロン (TRX)
  • カルダノ (ADA)
  • アイオーエスティー (IOST)
  • ジパングコイン (ZPG)
  • アバランチ(AVAX)
  • チェーンリンク(LINK)
  • メイカー(MKR)
  • チリーズ(CHZ)
販売所手数料 現物取引:無料(BitMatch取引手数料を除く)
レバレッジ取引:無料
取引所手数料
出金手数料 無料
取引ツール PC・タブレット・スマホ

アマゾンAWSでアバランチ(AVAX)の運営が可能に

2023年1月11日、アマゾンが運営しているサービス「AWS」でアバランチの提供を開始すると発表しました。

企業や政府機関のブロックチェーン参入促進が目的とし、インフラやエコシステムに対応していく見込みです。

今回の提携により、ユーザーがAWSを用いたアバランチのノード開設と運営が可能になった。

また、今後AWS Marketplaceというサービスを利用することで、アバランチに接続する独自ブロックチェーン「サブネット」が簡単に立ち上げられ予定です。

アバランチ(AVAX)の現在価格と過去の値動き

アバランチ(AVAX)の過去の値動き

アバランチ(AVAX)の過去の値動き

AVAXの過去の値動きは上記画像のよう変動しています。2020年ローンチされた当初のAVAXは300円〜500円前後で推移していましが、2020年中頃から始まるDeFiブームの影響で徐々に価格が上昇しました。

また、海外取引所へ次々と上場が続く中、暗号資産ブームの波にも乗り、2021年2月には約5,700円まで価格上昇。リリースから10倍以上に高騰しています。

 その後、中国のマイニング禁止令、テスラ社のビットコイン決済の停止などの影響で暗号資産市場全体で下落。AVAXも同様に下落し、2021年7月には約1,100円まで落ち込みました。

しかし、アメリカの証券取引委員会のビットコインETF承認や、メタバース・NFTブームにより、再び暗号資産全体で価格が上昇。2021年11月にはAVAXの過去最高値である約15,000円を超えています。

出典:Avalanche -CoinMarketCap

アバランチ(AVAX)の現在価格


2022年からはロシアがウクライナに侵攻したことや、アメリカの金融政策の利上げ影響で暗号資産全体で再び価格下落が起こり、2022年6月には2,200円まで下落。2021年11月の過去最高値の約6分の1まで変動しました。

その後、2022年11月現在まで2,000円台で推移しており、長期的なレンジ相場で推移しています。

2022年11月時点では「米中間選挙」や「米インフレ統計発表」などにより、暗号資産全体が暴落しており、AVAXも影響を受けている状況です。

出典:Avalanche -CoinMarketCap

アバランチ(AVAX)の今後|将来性を分析

前述したように、アバランチは処理スピードが速く手数料も安い、環境に優しいブロックチェーンです。ポテンシャルがとても高く、イーサリアムキラーとして期待されています。

そのため、今後イーサリアムのシェアを獲得することができれば、さらに価格は上昇していく可能性は高いでしょう。

 AIを活用した暗号資産の価格予想を発表している『Digital Coin Price』では、2023年のAVAXの平均価格が25.45ドル、2025年が40.43ドル、2030年は84.90ドルと予想しています。

2022年11月時点で、15.51ドルなのでいずれの年も上昇するであろうと予想。もちろん、暗号資産全体の価格が上昇しない限り、AVAX単体での上昇は期待できません。

ただ、2024年のビットコイン半減期に向かってBTCの価格が上がれば、AVAXも同様に上がる可能性は高いため、将来性は明るいと言えるでしょう。

アバランチ(AVAX)の買い方

PCとスマホとお金

アバランチの買い方は、仮想通貨取引所を利用して購入する方法が一番有効となります。

主に海外で取り扱われている仮想通貨ではあるものの、アバランチは対応している場所であればすぐに購入できるようにしていますので、無理をせず手に入れられるのがいいところです。

 販売されているところは限られていますので、提供されているかどうかをしっかり確認しておくことが重要になっていくでしょう。

アバランチを購入したいと思っているユーザーは、国内のサービスを利用する方法でも手に入れられます。

日本国内ではDMM Bitcoinがサービスを提供していることで、アバランチを簡単に手に入れられるようになっています。

海外のサービスを利用したほうが手に入れやすいのは間違いありませんが、金融庁から警告が出ているところもあるため、DMM Bitcoinを利用したほうが安全性は高まります。

取引所でアバランチを購入するパターン

仮想通貨取引所を利用することによって、2つの方法によってアバランチを手に入れることが可能になっています。

アバランチを手に入れる方法
  • 個人で保有しているアバランチを売却してもらう
  • 仮想通貨取引所で販売されているアバランチを手に入れる

個人で保有しているアバランチを手に入れる方法は、数量が限られているもののレートが安く済む傾向にありますので、手に入れるための難易度を下げられます。

一方で仮想通貨取引所を利用する場合、レートは高くなってしまうものの、いつでもアバランチを購入できるメリットを持っていることが優れているのです。

 どちらを利用しても構いませんが、レートの節約を兼ねるならユーザーが保有しているものを譲ってもらうほうが安く済む傾向にあります。

アバランチはマイナーな仮想通貨のため、提供している取引所が少ない傾向にあります。

海外のサービスを利用したとしても、アバランチが提供されていないケースも見られますので、事前に取引できる場所を探してから対応しておきましょう。

困ったときにはDMM Bitcoinを利用するのが一番いい方法です。
アバランチの購入がDMM Bitcoinがおすすめ!
DMMビットコイン
  • アバランチを直接購入できる!
  • レバレッジ取引の取り扱い通貨数が国内No.1
  • 現物取引手数料や出金手数料など各種手数料が無料
  • スマホ版の取引アプリで本格分析が可能
DMM Bitcoinの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 24種類

  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • イーサリアムクラシック (ETC)
  • リップル (XRP)
  • ネム (XEM)
  • ライトコイン (LTC)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • モナコイン (MONA)
  • ステラルーメン (XLM)
  • ベーシックアテンショントークン (BAT)
  • シンボル (XYM)
  • ポルカドット (DOT)
  • テゾス (XTZ)
  • クアンタム (QTUM)
  • オーエムジー (OMG)
  • エンジンコイン (ENJ)
  • トロン (TRX)
  • カルダノ (ADA)
  • アイオーエスティー (IOST)
  • ジパングコイン (ZPG)
  • アバランチ(AVAX)
  • チェーンリンク(LINK)
  • メイカー(MKR)
  • チリーズ(CHZ)
販売所手数料 現物取引:無料(BitMatch取引手数料を除く)
レバレッジ取引:無料
取引所手数料
出金手数料 無料
取引ツール PC・タブレット・スマホ

仮想通貨取引所以外を利用する方法は好ましくない

仮想通貨取引所を利用しない方法を使うのは、基本的に危険なので避けておきましょう。

仮想通貨取引所を経由しない場合、個人取引によってアバランチを提供してもらうことになりますが、危険性が大幅に高くなってしまいます。

 個人取引はトラブルの元となりやすい傾向がありますので、アバランチを手に入れたいと思っているなら別の方法を使ったほうがいい傾向にあります。

安心して取引したいという思いを持っているなら、尚更仮想通貨取引所を利用したほうが安心できる要素を持っているのは間違いありません。

仮想通貨取引所はサービスをしっかり運営しているところが提供していることにより、安心感を持ってサービスを使えるという信頼性も確保されています。

個人取引でアバランチを手に入れるよりも、仮想通貨取引所に仲介してもらうほうが圧倒的に安心感は強くなっているのです。

アバランチ(AVAX)を購入できるおすすめ国内取引所3選

仮想通貨の購入には金融庁の認可も得ている国内取引所を利用するのがおすすめです。アバランチはDMM Bitcoinで取引することができるため要チェックですよ。

DMM Bitcoin

DMMbitcoin
DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • レバレッジ取引の取り扱い通貨数が国内No.1※1
  • 現物取引手数料や出金手数料など各種手数料が無料
  • スマホ版の取引アプリで本格分析が可能

『DMM Bitcoin』は、DMMグループが運営する国内取引所。レバレッジ取引の取り扱い通貨数が国内最多で、24種類の通貨を取引できます。

 現物取引手数料、口座維持手数料、日本円出金手数料、暗号資産送金手数料など各種手数料が無料なので、無駄な費用をかけたくない方におすすめです。

さらに、PC・スマホ両ツールともに高性能かつ使用感抜群の取引システムを提供しているので、初心者〜上級者まで人を選ばず利用できるでしょう。

2023年の2月1日まで、口座開設完了で即時2,000円プレゼントのキャンペーンを実施中です。
取扱仮想通貨(暗号資産) 24種類

  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • イーサリアムクラシック (ETC)
  • リップル (XRP)
  • ネム (XEM)
  • ライトコイン (LTC)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • モナコイン (MONA)
  • ステラルーメン (XLM)
  • ベーシックアテンショントークン (BAT)
  • シンボル (XYM)
  • ポルカドット (DOT)
  • テゾス (XTZ)
  • クアンタム (QTUM)
  • オーエムジー (OMG)
  • エンジンコイン (ENJ)
  • トロン (TRX)
  • カルダノ (ADA)
  • アイオーエスティー (IOST)
  • ジパングコイン (ZPG)
  • アバランチ(AVAX)
  • チェーンリンク(LINK)
  • メイカー(MKR)
  • チリーズ(CHZ)
販売所手数料 現物取引:無料(BitMatch取引手数料を除く)
レバレッジ取引:無料
取引所手数料
出金手数料 無料
取引ツール PC・タブレット・スマホ
出典:DMM Bitcoin
※1 2022年11月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ

bitbank

bitbank

bitbankのおすすめポイント
  • セキュリティが国内No.1※1
  • 取引量国内No.1※2
  • 他社では取り扱いの少ないアルトコイン取引が可能

『bitbank』は、ビットバンク株式会社が運営する国内取引所で、21種類の暗号資産を取り扱っています。

 AVAX・DOGE・ASTR・ADA・MATICなど海外で人気が高いものを中心に、国内取引所には上場が少ない通貨をたくさん取り扱っているのが特徴です。

また、スマホアプリが使いやすく安定した取引が可能で、「アプリストア国内No.1※3」の実績を持っています。

口座開設の申込みは最短3分で完了、最短1日で取引開始できますよ。
取扱仮想通貨(暗号資産) 21種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • シンボル(XYM)
  • チェーンリンク(LINK)
  • メイカー(MKR)
  • ボバネットワーク(BOBA)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポリゴン(MATIC)
  • ポルカドット(DOT)
  • ドージコイン(DOGE)
  • アスター(ASTR)
  • カルダノ(ADA)
  • アバランチ(AVAX)
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.02%
Taker:0.12%
※2022年12月8日までAVAXは0%
出金手数料 550円/770円(3万円以上)
取引ツール
PC・タブレット・スマホ

出典:bitbank
※1 2018年10月3日 ICORating調べ
※2 2021年2月14日 CoinMarketCap調べ
※3 2018年10月31日 iOS App Storeファイナンスカテゴリ 無料ランキングにて

SBI VCトレード

SBI VCトレード

SBI VCトレードのおすすめポイント
  • SBIグループが運営する取引所
  • 各種手数料が無料
  • AVAXの取り扱いあり!※1

『SBI VCトレード』は、SBI証券を運営するSBIグループが提供している暗号資産取引所。SBIグループのノウハウを活かして、強固なセキュリティ対策を講じています。

 取り扱い通貨数は14種類と国内取引所の中では少ないですが、ポリゴンMATIC・SOL・AVAXなど海外で需要の高い通貨を取り扱っています。

また、ロスカット手数料、出金手数料、入金手数料などの各種手数料が無料であることもメリットの1つです。

500円からの少額投資が可能なので、暗号資産初心者の方にもおすすめですよ。
取扱仮想通貨(暗号資産) 14種類

  • ビットコイン (BTC)
  • イーサリアム (ETH)
  • リップル (XRP)
  • ライトコイン (LTC)
  • ビットコインキャッシュ (BCH)
  • ポルカドット (DOT)
  • ポリゴン(MATIC)
  • チェーンリンク(LINK)
  • カルダノ(ADA)
  • ドージコイン(DOGE)
  • ステラルーメン(XLM)
  • テゾス(XTZ)
  • ソラナ(SOL)
  • アバランチ(AVAX)
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
出金手数料 無料
取引ツール PC・タブレット・スマホ

出典:SBI VCトレード
※1 2022年10月26日(水)16:00~2023年1月5日(木)6:59

よくある質問

アバランチは高いレートを維持できる仮想通貨ですか?
アバランチは海外の取引所ではほぼ利用できるようになっていますが、国内の取引所が少ない問題点を抱えています。高いレートを維持できる要素はしっかり持っているため安心できますが、海外の状況次第では大きくレートが変わってしまう問題に気をつけておきましょう。
アバランチのレートが下がっている原因はどのようなものが考えられますか?
仮想通貨全体のレートが下がっている問題を抱えているため、アバランチも影響を受けているケースが多くなっているためです。仮想通貨のレートはビットコインを中心に下がっている傾向が続いているため、今後もレートの上昇ができずに下がり続ける可能性も十分あります。
アバランチの良さはどのような部分にありますか?
アバランチはイーサリアムと互換性を持っている仮想通貨として期待されており、イーサリアムの代わりとして将来的に使えるのではないかと期待されています。イーサリアムよりも安く手に入るもので代用できるようであれば、色々な方向で使いやすい状況を作り出せます。
アバランチの将来性として期待できるところはどこですか?
アバランチはNFTを発行しやすいメリットを持っており、発行させるための手順などが簡略化されているところが大きな良さとなっています。将来的にはNFT発行が多くなっていくことによって、ユーザーが利用しやすい環境を整えられるかどうかが重要になっていきます。
アバランチの安全性は非常に高くなっていますか?
マルチチェーンと呼ばれる方法を利用することによって、アバランチは安全性を非常に高くすることに成功しています。ブロックチェーン技術を更にいいものに変えていくことによって、安全性をしっかり確保しつつ、高速で送金できるような技術を取り入れることに成功しています。
アバランチを活用できるようになる時代は訪れるのですか?
現時点では開発途中ではありますが、実用化に向けた動きについては色々と進められているため、ユーザーがいろいろなものに活用できるような時代が訪れるようになる可能性もあります。イーサリアムの代用として使えるようになれば、使える場所が大きく広がっていくことでしょう。
アバランチは今後の開発を進められる余地があるのですか?
アバランチはレート的にも余裕を持っていますし、資金についてもかなり多く保有していることによって安心して開発を進められるようになっています。開発がしっかり進んでいくことによって、更に良い状況を作り出せるのは間違いなく、ユーザーは色々な用途に使えるようになるでしょう。

まとめ

今回の記事は、アバランチの特徴やAVAXの現在価格・過去の値動きについて紹介しました。

アバランチは速い処理スピード・安い手数料という特徴を持っており、利便性がとても高いブロックチェーンです。

そのため、今後暗号資産全体が上昇するにつれて価格上昇する可能性は高いでしょう。そして、イーサリアムのシェアを獲得し知名度が上昇すれば、さらなる高騰も期待できます。

国内取引所で購入できるので、ぜひ口座開設して取引してみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事