バンクイック 審査

「バンクイックは三菱UFJ銀行カードローンだから、審査は厳しい?」「バンクイックの審査の流れや審査時間を知りたい」と、バンクイックでの借入を考えたときに気になるのが「審査」ですよね。

借入には必ず審査に通る必要があるので、自分がちゃんと審査を通過できるか気になる人も多いでしょう。そこで今回は、バンクイックの特徴や申し込み条件・審査にかかる時間などについて解説します。

審査に落ちると考えられる理由や審査に通るための対策も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴|基本情報

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

バンクイック

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の特徴
  1. 口座がなくても借りられる
  2. 全国の提携ATMで利用可能
  3. 金利が低い
  4. Webやスマホアプリから24時間申し込める
  5. 保証会社がアコム

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は、三菱UFJ銀行に口座がなくても借り入れられるカードローンです。預金口座を別途開設する必要もないため、口座を増やしたくない人にもおすすめできます。

年収が年金のみの場合でも申し込みでき、保証人は必要ありません。借入はATMで1,000円単位、振り込みは1万円単位で可能なので「生活費がちょっと足りない」というときにも便利に活用できるでしょう。

基本情報

借入金利(年) 実質年率1.8%〜14.6%
利用限度額 10万円〜500万円
融資スピード 最短翌営業日
Web申込み 可能
申込み対象 以下の条件に当てはまる人が申し込み対象です。

  • 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人の方
  • 原則安定した収入がある方
    ※パート・アルバイト、年金収入のみの方も可
  • 保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方
    ※外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象

出典:三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 ※2022年3月時点

1.口座がなくても借りられる

銀行とお金

カードローン『バンクイック』は、三菱UFJ銀行の口座がなくても申し込み・借入が可能です。カード申し込み時に「口座あり」「口座なし」の選択ができるので、カードローンの申し込みを機会に口座開設することもできます。

ただし、別途口座開設は必須ではないので、「銀行口座をこれ以上増やしたくない」という人には嬉しいメリットでしょう。

ただし、三菱UFJ銀行に普通口座があれば、振込手数料無料で口座に直接振り込みをしてもらえるので、より便利に利用できますよ。

2.全国の提携ATMで利用可能

バンクイックなら、全国の三菱UFJ銀行ATMを含む提携ATMで借入が可能です。

提携ATM
  • 全国の三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM

ATM利用手数料は無料で、時間外利用手数料も無料なので、余計な出費なく借入できるのも大きなメリットでしょう。また、返済にも提携ATMが利用できます。バンクイックカードを使って返済すれば、手数料は無料です。

ただし、ATMから振り込み返済する場合、利用時間・利用機関により所定の手数料がかかるので注意しましょう。

3.金利が低い

金利が低いイメージ

バンクイックの金利は1.8%〜14.6%で、他社銀行カードローンや消費者金融系のカーローンと比較すると低いのが特徴です。

金利が低いほうが返済の負担が減るので、少しでも返済時の負担を減らしたいなら、バンクイックの活用がおすすめになります。以下の表は、主なカードローンの金利を比較したものです。

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%〜14.6%
楽天銀行スーパローン 1.9%〜14.5%
ジャパンネット銀行 2.5%〜18.0%
アコム 3.0%〜18.0%
アイフル 3.0%〜18.0%
プロミス 4.5%〜17.8%
レイクALSA 4.5%〜18.0%

利用限度額が400万円以上500万円以下の場合は年利1.8%〜6.1%となり、上表の内で最も安くなります。

利用限度額が100万円以下10万以上の場合も年利13.6%〜14.6%!消費者金融系カードローンと比較すると金利の低さがわかりますね。

4.Webやスマホアプリから24時間申し込める

スマホアプリからカードローンを申し込む男性

バンクイックでは、Web(PC・スマートフォン)、電話の2つの申込み方法があります。Webやスマホアプリなら24時間いつでも申込みが可能なので、日中お仕事で忙しい人や急な出費で困っている場合におすすめです。

 アプリはApp Store・Google Playともにリリースされているので、「三菱UFJ銀行 バンクイック」で検索してみましょう。

書類提出もWebやアプリからアップロードできるので、来店や郵送の手間も必要ありません。

インターネットのみで申し込みから借入まで完結できるので、手軽に利用できますね。

5.保証会社がアコム

バンクイックは、保証会社がアコムとなっています。

保証会社とは?
申込者の返済能力がなくなったときに、代わりに返済をしてくれる会社を指します。カードローンは「保証人不要・無担保」のため、保証会社が必要になります。
アコムも三菱UFJ銀行も『三菱UFJフィナンシャル・グループ』のグループ会社なので、万が一返済できなかった場合はアコムが保証人の役割をしてくれるのです。

親戚や友人に保証人をお願いする必要がないので、借入しやすいですね。

バンクイックの審査は甘い?申込条件・審査基準・審査時間

審査をする女性

次にバンクイックの申込条件・審査基準、時間について見ていきましょう。

申込条件

バンクイックの申込条件は、以下のとおりです。

バンクイックの申込条件
  1. 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人
  2. 原則安定した収入がある方(パート・アルバイト可)
  3. 保証会社(アコム(株))の保証を受けられる方
  4. 外国人の方の場合は永住許可を受けている方

原則安定した収入があれば、パートやアルバイトで働いている人でも申込可能です。また、収入が年金のみでも申込可となっています。

 ただし年金のみで生活している人は申込みできるというだけで、審査に落ちる可能性は高まると考えられます。

年金受給者が審査に通るためには、希望額を最小限まで抑えて申し込むなど工夫をする必要があるでしょう。また外国人の場合は、永住許可を受けている必要があるので注意しましょう。

出典:カードローン「バンクイック」のよくあるご質問  -三菱UFJ銀行

審査基準

バンクイックの審査のイメージ

審査基準は公開されていません。ただし銀行系カードローンの審査に通るポイントは以下の5項目が重要と考えられています。

バンクイックの審査基準
  • 信用情報に傷がないか
  • 複数社で借り入れしていないか
  • 安定した収入があるか(年金可)
  • 申込内容に不備がないか
  • 必要書類は揃っているか

信用情報に傷があると、審査に落ちる可能性は高くなります。信用情報とは、過去の滞納や債務整理などの金融トラブルについてわかる情報で、申込者の返済能力を把握するために銀行は必ず確認します。

 「カードローンの返済やクレジットのリボ払いの返済で、延滞を繰り返した」「奨学金の返済を数ヶ月に渡り滞納した」「自己破産の経験がある」などの場合、信用情報に傷がついている可能性があるでしょう。

信用情報の傷が回復するには、完済後5〜10年程度かかるといわれています。携帯電話や公共料金の滞納も傷になる場合があるので、心当たりがある場合には、信用情報機関に問い合わせてみるのもよいでしょう。

また、複数社で借り入れしている方も審査には通りにくいので注意が必要です。なお、バンクイックで利用できる本人確認書類は、以下のうちから2点となります。

本人確認書類 内容・注意点
運転免許証 表面。住所の変更、期間延長など変更事項がある場合は、裏面コピーも必要です。
健康保険証 表面。本人の氏名・生年月日・住所のページ。カード型の場合は、裏面コピーも必要です。
パスポート 顔写真および住所のページ。
個人番号カード 現住所の記載があるもの。表面コピーのみ必要です。
在留カード 表面。変更事項がある場合は、裏面コピーも必要です。
特別永住者証明書 表面。変更事項がある場合は、裏面コピーも必要です。

また、50万円を超える利用限度額を希望する場合は、収入証明書が1点必要となります。

収入証明書
  • 源泉徴収票
  • 住民税決定通知書
  • 納税証明書その1・その2(個人事業者の方)
  • 確定申告書第1表・第2表

申込時に記載した内容と収入証明書の内容が異なれば、審査結果変更となり融資を受けられなくなる可能性もあります。必ず正確な情報を入力しておきましょう。

誤入力・誤記入があると、審査に時間がかかるだけでなく、審査に落ちるリスクがあります。提出前には間違いがないかしっかり確認する必要があります。

審査にかかる時間

審査にかかる日数のイメージ

審査にかかる時間は最短で翌日以降、通常2〜3営業日となります。以前は即日審査も可能でしたが、2018年1月から「暴力団関係者への融資を阻止する」目的で、警察庁のデータベース確認が必須となりました。

データベースの照会に時間を要するため、銀行系カードローンは物理的に即日融資はできません。

審査結果は電話かメール

審査結果は、申し込み方法により連絡方法が異なります。

審査結果の連絡方法
  • インターネット申し込み:Eメールまたは電話
  • 電話申し込み:電話

審査結果の連絡は平日9時~21時、土日祝日は9時~17時まで※1となりますが、申し込みの受付時間や審査状況によっては、連絡が翌日以降になる場合もあります。翌日に連絡が来なくても焦らず、数日待ちましょう。

 数日経過しているのに審査結果の連絡が来ない場合には、迷惑メールフォルダに分類されている可能性があります。迷惑メールに振り分けられていないか確認してみてください。

また、迷惑メール設定により審査回答の受信が拒否された可能性も考えられます。審査結果のメールが拒否されないよう、迷惑メール設定を確認し、審査メールが届く可能性のある数日はドメイン指定受信を解除しておくとよいでしょう。

もしメールが受信設定で届かなかった可能性がある場合には、「お申し込みに関するお問い合わせ」窓口に連絡して確認のがおすすめです。

※1 12/31~1/3を除く
※参考:「インターネットでのお申し込み」三菱UFJ銀行

バンクイックの審査に落ちる4つの理由

審査に落ちて悩む女性

バンクイック審査に落ちないために、以下4つのポイントを確認しましょう。

バンクイックの審査に落ちる理由
  • 信用情報に傷があった
  • 在籍確認ができなかった
  • 他社借入が複数あった、他社借入額がすでに多い
  • 申込内容や書類に不備があった

信用情報に傷があると審査に落ちてしまう可能性が非常に高いので、過去に滞納や債務整理などをした経験があるなら、信用情報機関に問い合わせて照会して確認するのがおすすめです。

信用情報以外で特に気をつけたいのが「在籍確認ができない」ときです。銀行カードローンの審査では返済能力があるかを確認するために、勤務先に在籍確認を行います。

 在籍確認時に、電話を取った人物が申込者の存在を知らず「◯◯という社員はいません」と回答したり、個人情報漏洩防止のため「答えられない」と言われたりすると、在籍確認ができず審査に落ちる可能性があります。

特に大企業で働いている人や、派遣で働いている人は注意しましょう。必ずしも自分が電話に出る必要はありません。「◯◯はいま席を外しております」という回答でも、在籍確認ができたことになります。

また3社以上から借入している場合や借入額が年収の1/3を超えている場合も、審査に落ちる可能性は高いです。

申込書類に不備がある場合や、虚偽が発覚した場合も審査に落ちるので、正確に入力・記入するように気を付けましょう。

バンクイックの審査に通過するための4つの対策

審査に通過するためのコツ

確実に審査通過できるとはいえませんが、通過しやすくなるための対策として、以下が考えられます。少しでも審査をパスする可能性を上げたいなら、以下の4項目についてしっかり確認しておきましょう。

バンクイックの審査に通過するための対策
  1. アコムとアコムが保証会社になっているローンは返済しておく
  2. 複数社の借り入れは「おまとめローン」でスッキリさせておく
  3. 借入額は低めに設定する
  4. 半年程度期間を空けてから申し込む

1.アコムとアコムが保証会社になっているローンは返済しておく

バンクイックの保証会社はアコムのため、まずはアコムに返済能力があることを証明しなければなりません。そのためにも最低限、「アコム」と「アコムが保証会社になっている」ローンは返済しておきましょう。

なお、アコムの保証提携先が気になる人は、以下をクリックして確認してください。

アコムの保証提携先一覧
三菱UFJ銀行バンクイック、ソニー銀行、auじぶん銀行、セブン銀行北海道銀行、青森銀行、山形銀行、岩手銀行、群馬銀行、足利銀行、常陽銀行、武蔵野銀行、山梨中央銀行、八十二銀行、北陸銀行、スルガ銀行、十六銀行、中京銀行、第三銀行、南都銀行、鳥取銀行、広島銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行、西日本シティ銀行、宮崎銀行、長崎銀行、大分銀行、琉球銀行

出典:保証提携先一覧 -アコム

2.複数社の借り入れは「おまとめローン」でスッキリさせておく

不要なローンカードをハサミで切る

3社以上で借り入れしている人は「おまとめローン」を活用して、借金を一本化しスッキリさせておきましょう。

おまとめローンとは?
複数社のローンやリボ払いを1社にまとめること。1社で全ての支払い分の借り入れを行い、その借入金額で他のローンの支払いを清算してしまう方法です。低金利のおまとめローンを選べば、支払い総額が減額する可能性もあります。

ローン返済先が1つになるので、返済日や返済額の管理が楽になるので、複数社から借入をしているならおまとめローンを利用すると返済のストレスが減る効果も期待できます。

ただし「おまとめローン専用」のローンを利用した場合、返済専用となり借り直しできないのがデメリットです。1本化するローン選びは慎重に行いましょう。

金利が低くても返済回数を増やしすぎると総額が増えてしまうので、気をつけましょう。

3.借入額は低めに設定する

低めの限度額イメージ

借入額を高額にしていると審査に落ちてしまう可能性があります。就業形態がアルバイトやパートなどで、収入が少ない人はできるだけ低めに設定しておきましょう。

また、年金収入のみの人も低めに設定しておくのがおすすめです。また、借入限度額を低く設定しておけば、借りすぎるリスクも抑えられます。

限度額に余裕があるとつい借入しすぎてしまうケースも珍しくありません。不要な借金を増やさないためにも、限度額は低めの設定がよいでしょう。

4.半年程度期間を空けてから申し込む

もし審査に落ちてしまった場合は、半年程度期間を空けてから申込みましょう。再審査を受けられるまでの制限期間はバンクイックで設けられていませんが、信用情報機関の審査に落ちた履歴は半年ほど残るといわれています。

 審査落ちした履歴が消えてから申し込みをしたほうが、審査に通る可能性は高いです。

また、半年経過すれば信用情報の傷が回復している可能性もあります。信用情報の傷が原因で審査に落ちてしまった場合には、傷が残っていない状態になってから申し込みを試すとよいでしょう。

半年あれば、他社の借入を完済したり収入が増やしたりして、審査に通りやすい状況を作ることもできますよ。

バンクイックのメリットとデメリット

メリットとデメリット

メリット

バンクイックには、主に以下4つのメリットがあります。

バンクイックのメリット
  • 大手銀行のカードローンのため安心感がある
  • 金利が低い
  • 1,000円から返済可能なので計画を立てやすい
  • 全国の三菱UFJ銀行・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMで利用可能

三菱UFJ銀行が提供しているサービスのため、悪質なサービスや不当な契約をさせられることはありません。大手銀行ならではの安心感があるのは、バンクイックのメリットでしょう。

金利も低く1,000円から返済可能なので、お金にゆとりのない人でも安心して返済計画を立てられます。

バンクイックなら全国の三菱UFJ銀行や、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM・イーネットATMで利用でき、手数料がかからないのも嬉しいですね。

デメリット

バンクイックのデメリットは、主に以下の2つです。

バンクイックのデメリット
  • 審査に時間がかかる(即日融資不可)
  • 返済が長くなる可能性がある

バンクイックのデメリットは審査に時間がかかることでしょう。審査時間の項目でも解説した通り、銀行系のカードローンでは即日融資ができません。もし今すぐにでも借りたいなら、消費者金融系カードローンを利用しましょう。

またバンクイックでは、月々最低1,000円から返済が可能です。返済計画が立てやすい反面、返済期間が長くなる可能性があります。

バンクイックは一括返済や指定の返済額に追加して返済することも可能なので、返済を長引かせないように返せるタイミングで返済するようにしましょう。

バンクイックの申込みの手順と流れ

STEPと書かれた文字

バンクイックへの申込みは、Web・電話の2つがあります。ここでは最も手軽なスマホアプリからの申込み手順を見てみましょう。

バンクイックの申込みの流れ
  1. 「三菱UFJ銀行 バンクイック」アプリをインストール
  2. 「申し込み」ボタンをタップして必要事項を入力する
  3. 本人確認書類を提出する(アップロード・郵送・FAXから選択可能)
  4. (利用限度額50万円超を希望する場合は)収入証明書を提出する
  5. 審査が終了したら、Eメールまたは電話連絡が入る
  6. 契約手続きを行う
  7. 郵送でカードを受け取る

審査が完了するのは、最短でも翌営業日以降になります。

まとめ

今回は、三菱UFJ銀行「バンクイック」のカードローンの特徴や審査基準について解説しました。バンクイックならスマホから24時間申込みができるので、今からでも手続きが可能です。

即日融資はできませんが、銀行系カードローンとしては審査スピードも早いので、急ぎでお金を用立てたい人におすすめできます。

審査に落ちないためには、誤入力や必要書類に不備がないかの確認や、借入額を低めに設定するなど工夫をするとよいでしょう。

バンクイックは三菱UFJ銀行のカードローンなので安心感があります。金利も低いので借入を考えている人はぜひバンクイックも検討してみてくださいね。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事