ビットコインキャッシュの特徴と将来性をわかりやすく解説

「仮想通貨のビットコインキャッシュってどんなコインなんだろう?」「今から投資しても大丈夫かな?」とお悩みではありませんか?

ビットコインキャッシュ(BCH)は、仮想通貨の基軸通貨であるビットコインの利便性を高めるために誕生した仮想通貨です。今後も期待できる通貨のうちのひとつといえます。

そこでこの記事では、ビットコインキャッシュの特徴や将来性を、初心者向けにわかりやすく徹底解説します。

この記事でわかること
  • BCH(ビットコインキャッシュ)の特徴
  • BCH(ビットコインキャッシュ)の現在の価格と過去のチャート
  • BCH(ビットコインキャッシュ)の最新ニュース
  • BCH(ビットコインキャッシュ)の今後・将来性
  • BCH(ビットコインキャッシュ)の買い時
  • BCH(ビットコインキャッシュ)を購入できる取引所

2022年のニュースやおすすめ取引所も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。
ビットコインキャッシュを購入ならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

仮想通貨(暗号資産)BCH(ビットコインキャッシュ)とは?特徴を解説

仮想通貨(暗号資産)BCH(ビットコインキャッシュ)とは?

BCH(ビットコインキャッシュ)には、主に以下5つの特徴があります。

BCH(ビットコインキャッシュ)の特徴
  • ビットコインからハードフォークして生まれた通貨
  • ビットコインよりもブロックサイズが大きい
  • 「オンチェーン」によるトランザクション処理
  • マイニング難易度の調整『DAA』を採用
  • スマートコントラクト機能の実装
通貨名 ビットコインキャッシュ
通貨単位 BCH
時価総額 ¥613,735,672,456
時価総額ランキング 28位
発行上限枚数 2,100万枚
現在の値段 ¥32,308.79
国内で扱える取引所 コインチェック、DMM Bitcoin、bitFlyer
ビットコインキャッシュを購入ならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

出典:仮想通貨価格、チャート、時価総額 -CoinMarketCap ※2022年2月時点

ビットコインからハードフォークして生まれた通貨

2つの道に進む仮想通貨

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークして生まれた仮想通貨のひとつです。

ハードフォークとは?
ある通貨にルール変更を加えたいとき、もともとの通貨を残して別の通貨をつくること。元のコインと新しいコインの2つが誕生するため「通貨分裂」とも言われています。

ビットコインのルール変更を行い、新しい通貨として誕生したのがビットコインキャッシュです。ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケーラビリティ問題の解決のために生まれました。

 ビットコインはブロックサイズが小さいため、すぐキャパオーバーになり処理速度が低下するのがデメリットです。送金の遅延や送金が高額になるなどの問題を抱えています。

ビットコインのスケーラビリティ問題を改善するためには、「今のソフトウェアを改善することで解決を目指す方法」と「ブロックサイズの容量を大きくすることで改善する方法」の2つがありました。

それぞれの考えで2つの派閥が出来上がり議論が行われましたが、話し合いは平行線になり解決しません。

そこで2017年8月にハードフォークが行われ、ビットコインからビットコインキャッシュが誕生したのです。

ビットコインよりもブロックサイズが大きい

ブロックチェーンのブロックサイズイメージ

ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケーラビリティ問題を解決するため、ブロックチェーンのブロックサイズを大きくしています。

ビットコインのブロックサイズは1MBですが、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBと8倍になりました。

 ブロック容量が大きいため、一度に多くの取引が処理できるようになっています。これにより処理速度が上がり、より料金を抑えての処理が可能となりました。

また2018年には更に拡張を行い、ブロックサイズは4倍の32MBになっています。

ビットコインはブロックサイズ拡張を行わず、データを圧縮して記録する方法『Segwit』を採用しています。

「オンチェーン」によるトランザクション処理

ビットコインキャッシュは、すべてを「オンチェーン」上で処理するという思想を持っています。

オンチェーン すべての取引をブロックチェーン上に記録する。

すべてが記載されているので透明性が高く、セキュリティ面で安心。

オフチェーン 取引データの直前・直後のデータのみをブロックチェーン上に記載。

記載が少ないので、セキュリティ面で不安が残る。

ブロックサイズを大きくすれば、多くのトランザクションをオンチェーンで処理できます。

ビットコインキャッシュはブロックサイズの拡大により、オフチェーンよりも透明性の高い取引が可能となりました。

マイニング難易度の調整『DAA』を採用

仮想通貨をマイニングしているイメージ

ビットコインキャッシュでは、マイニング難易度を調整するために『DAA』というアルゴリズムを採用しています。これにより、安定したマイニングを実現しています。

ビットコインにもマイング難易度を調整するアルゴリズム『NDA』がありますが、頻度は2週間に1回とスパンが長く、急激なマイナー(マイニングする人)の変動には対応しにくいです。

 ビットコインキャッシュの『DAA』は、10分に1回の頻度となっています。

DAAにより安定性が高まり、報酬が偏ることも少なくなります。

スマートコントラクト機能の実装

2018年5月のアップデートにより、ビットコインキャッシュにはスマートコントラクト機能が実装されました。

スマートコントラクトとは?
自動契約のことを指します。トリガーにより、あらかじめ決めておいた設定プログラムを自動で行うことが可能。

たとえば店でお金を借りるとき、今までは「契約を交わす→お金を借りる→数ヶ月後にお金を返す→完済の契約書類を交わす」という手順を踏む必要がありました。

しかしスマートコントラクトを利用すれば、最初のトリガーで契約を交わすとこから契約終了までを自動処理できます。自動販売機のボタンをイメージすると分かりやすいでしょう。

 事務作業が減るため、仕事で使用すれば人件費の削減が可能となります。

スマートコントラクトは実用性が高いので、今後使用する業界も増えてくるでしょう。

イーサリアムのスマートコントラクトは「不動産業界」や「自動車業界」など、すでにいろんな業界で使用されています。

ビットコインキャッシュが上がらない理由は?

ビットコインとチャート画面

ビットコインキャッシュがなかなか上昇してこない理由としては、以下の要因があります。

ビットコインキャッシュが上昇してこない理由
  • セキュリティ面に問題がある
  • 半減期の問題
  • 規制強化による実用化の難しさ

ビットコインキャッシュはビットコインから分裂した仮想通貨になりますが、セキュリティ面などはビットコインとは異なる性質を持っています。

 また、ビットコインという大きな通貨に対して知名度が足りない点も含めて、上昇への気配がなかなか見えてこない問題があります。

ビットコインキャッシュの知名度と問題が関連していると言えます。

ここからは、ビットコインキャッシュが上がらない理由を詳しく説明します。
ビットコインキャッシュを購入ならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

セキュリティ面に問題がある

ビットコインキャッシュはセキュリティ面に若干問題を抱えており、安定して通貨を利用できるか不安視されています。

ビットコインと同じレベルのセキュリティは確保していますが、ビットコインの場合はアップデートなどが進んでいることから安定性が確保されます。

 ビットコインは開発が進んでいることもあり信頼性が高くなっています。

セキュリティ面の不安はハッキングによる流出などが懸念されるため、より安定しているビットコインを購入したほうが良いだろうという思いも持たれています。

より現実的にセキュリティを改善していくことがビットコインキャッシュに求められます。

半減期の問題

bitcoin ビットコイン

ビットコインキャッシュには半減期が存在します。これはマイニングによって得られる報酬が半分になってしまうという問題です。

マイニング作業をしている人が半減期を避けて撤退するようになると、影響は購入する側にも響き、レートの落ち込みも同時に発生してしまうのです。

 半減期は仮想通貨によって導入されている場合があります。ビットコインキャッシュには導入されておりレートに影響を与えます。

半減期によりマイニング作業が行われなくなると、大量にビットコインキャッシュが市場に放出されるということがなくなり、市場での購入という部分にも影響が及んできます。

また、半減期を避けるトレーダーも多くなっており、半減期のタイミングで売却するなどの理由でレートが下がってしまいます。

規制強化による実用化の難しさ

各国で存在している規制強化の影響をビットコインキャッシュは受ける可能性があり、レートが上昇していかない部分もあります。

ビットコインは規制強化されているものの、既に実用化されている部分もあるため規制強化を回避しやすいのです。

 既に進んでいるビットコインと進んでいないビットコインキャッシュで扱いは変わります。

ビットコインキャッシュはまだビットコインのように実用化できているわけではなく、規制強化された場合は厳しい対応を迫られてしまいます。

実用化に向けた動きが進んでいる中、規制強化が起きるとレートの上昇は一切期待できなくなります。

ビットコインキャッシュのこれまでの推移

FX

ビットコインキャッシュの推移を見ていきましょう。

ビットコインキャッシュの推移
  • 2017年
  • 2018年
  • 2019年〜2020年
  • 2020年〜2021年

2017年

ビットコインキャッシュは2017年7月頃に登場した仮想通貨で、当時のレートは45,000円程度と最初から高い状態を生み出していました。

ビットコインキャッシュはビットコインと似たような性質を持っていたため、当時からレートが高くなっていました。

 レートは急変動を繰り返しながら推移していきましたが、8月頃には80,000円台に突入するようになり、レートが上昇していく状態が続いていました。

その後もレートは上昇し、11月には10万円台を突破、12月には20万円を超えるほどのレートにまで上昇し、ビットコインに次ぐ地位を確立していると言ってもいい状態となります。

ビットコインよりもレートは安い傾向があるものの、それでも高いレートに突入していることには変わりありません。

レートの上昇はとどまるところを知らず、12月半ばには44万円まで上昇、さらなる期待が持たれるようになりました。

2018年

チャート

しかし、ここからレートは暴落の方向に進み、2018年2月には10万円台に落ち込み、4月には60,000円台まで下がることとなります。

 レートの変動は激しくなっており、一時期15万円までレートを戻すことに成功したビットコインキャッシュですが、再び暴落基調に突入します。

レートの下げ止まりがほぼ起こらなくなり、ついに上場レートの45,000円を下回ってしまいます。2018年は苦しんだ1年と言えます。

2018年末には10,000円を下回っているほどのレートに落ち込み、相当レートが安くなっていることが示されています。

2019年~2020年

レートの変動は激しくなっていき、10,000円を割り込んでいる時期も生じていましたが、50,000円程度までレートを回復させる時期もありました。

 ただ、レートの上昇はすぐに終わってしまい、レートが落ち込む状態が続いており、レートの安定感はほぼ得られない状態が続いていきます。

過去の最高レートである40万円台は見えてくるどころか、上場レートの下をさまよっているような状態が続いていたのがこの時期です。

2021年~2022年

2021年になるとレートが回復傾向になり、1月には60,000円台まで回復します。

一時暴落するような状態が発生したものの、仮想通貨バブルが発生したことでレートが急上昇し、5月には16万円台までレートを回復させることに成功、今後に期待をもたせるようになりました。

 10万円以上のレートを確保できていたのは2018年以来となります。

しかし、レートの上昇はいつまでも続かず、暴落基調が再び発生してしまいます。

2021年は10万円を割り込んだ後粘るような状態となりましたが、2022年になり仮想通貨バブルが崩壊、レートの落ち込みが避けられなくなります。ビットコインキャッシュも苦しい状況が続いています。

現在のビットコインキャッシュは17,000円台で取引されています。

将来性はないのか?BCH(ビットコインキャッシュ)の現在の価格と過去チャートから今後を予想


ウクライナ情勢の影響もあり他の仮想通貨と同様に下落が続いており、リバウンドの兆しも見えていません。

 間近で、ビットコインキャッシュ単体で価格が上昇するようなポジティブなニュースはありません。

他の仮想通貨が高騰すれば、一緒に高騰する可能性は多いにありますが、単体では上昇する要素が少ないのが現状です。

現在は、下落傾向にありますが、安く購入できるチャンスでもあるので、今のうちから今後のニュースや価格変動に注目しておきましょう。

BCH(ビットコインキャッシュ)の過去チャートと高騰事例

ビットコインキャッシュは2017年に誕生。2017年末には仮想通貨業界全体でブームが起こっていたため、同じように高騰しており、2017年12月20日には502円まで高騰しています。

そのあと、ブーム終焉とともに下落しており、2019年下半期からは20円〜50円前後を推移していました。

 2020年下半期のDeFiブームで上昇した他の仮想通貨に比べると、動きは遅れたものの、2021年に入って少しずつ価格上昇が起こります。

2021年5月には170円となり、1年で約7倍まで上昇しました。しかし再び、少しずつ下落をしており、現在価格32円で落ち着いています。

現在は過去最高値の502円から、15分の1の価格です。
ビットコインキャッシュを購入ならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

今後の将来性を予想!BCH(ビットコインキャッシュ)の最新ニュース

ニュース

ビットコインキャッシュの最新ニュースはいくつか確認されています。今後のためにニュースを見ておくことは重要になるでしょう。

ニュースを知らないまま取引していることで、マイナスの問題に直面しないように気をつけておきましょう。

ビットコインキャッシュの最新ニュース
  • 下落傾向が進むビットコインキャッシュ!逆転の目はあるのか
  • ビットコインに対してビットコインキャッシュが最安値を記録

ビットコインキャッシュは現在下落傾向

ビットコインキャッシュは順調に価値を上昇させることに成功し、日本円で40,000円を超えるところまで持っていけるようになりました。

 しかし、2022年5月頃から価値を下落させる傾向が強まるようになり、一時期は下落に歯止めがかからない状態となってしまいました。

6月頃になるとある程度のレートで安定するようになりましたが、ビットコインキャッシュのレートは以前のような状況に回復していく様子が見られません。

レートが戻っていかないというのは、今後のビットコインキャッシュにあまりチャンスがないと判断されている点があります。

ビットコインキャッシュの今後は?

 開発が進んでるなどの要因があれば上昇していくチャンスはありますが、現時点で色々なニュースが発表されないためどうしてもレートの上昇基調には期待できません。

下落している状況を解消できるかどうか、ビットコインキャッシュは今後の情報に注目されます。

もちろん取引されている状況に多大な影響があるのは間違いありませんが、レートの状況が大きく変わっていかないことにはビットコインキャッシュの安定感も得られないでしょう。

ビットコインに対してビットコインキャッシュが最安値を記録

パソコンチャート

ビットコインとビットコインキャッシュはFXのような取引が可能となっていますが、近年になり最安値を記録していることが確認されました。

現在ビットコインに対してビットコインキャッシュは0.005程度まで暴落しており、最大値の2%の価値しか存在していないことが確認されています。

 一番高い値段がついていたのは2017年頃であり、5年弱の間でかなりレートが下がっていることを意味しています。

ビットコイン自体はレートが上昇しているため、基本的には問題なく取引できるような状況が生まれています。

一方でビットコインキャッシュは苦戦している傾向があり、レートは上昇しているもののビットコインとの格差が広がっていることを示しています。

レートについてはなかなか上昇してこない傾向が続くでしょう。

今後どうなる?BCH(ビットコインキャッシュ)の将来性を予想

将来に向けた矢印

2022年以降のビットコインキャッシュはどうなっていくのでしょうか?価格が高騰する要素と下落する要素を比べてみましょう。

ビットコインキャッシュの価格が高騰する要素

ビットコインキャッシュの価格が高騰する要素
  • 決済通貨としての利用が増えてる
  • 基軸通貨としての増加

決済通貨としての利用が増えてる

ビットコインキャッシュは、決済通貨として利用する店舗が増えています。大手スーパーや大手映画館など、世界中で利用されており今後も増えていく可能性は高いでしょう。

 ビットコインキャッシュは元々ビットコインから誕生したコインのため、ビットコインが決済対応すればあわせて対応されやすいのもメリットです。

もし、今以上に大手がビットコインキャッシュの決済に対応すれば価格が上昇していく可能性は高いでしょう。

基軸通貨としての増加

仮想通貨の取引所で基軸通貨として利用されているのもビットコインキャッシュの特徴です。

基軸通貨とは?
取引で基準として採用される通貨のこと。法定通貨の場合は円やドルを指す。

仮想通貨の場合は、ビットコインやイーサリアムが基軸通貨として使用されることが多いです。しかし取引所によっては、ビットコインキャッシュが基軸通貨として利用されることも増えています

基軸通貨は、仮想通貨の中でも信頼度の高い証です

基軸通貨としての採用が増えれば、ビットコインキャッシュの信頼度も上がり価格は高騰していくでしょう。
ビットコインキャッシュを購入ならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

価格が下落する要素

空にdownの文字

ビットコインキャッシュの価格が下落する要素
  • 他の魅力的な仮想通貨がたくさん誕生している
  • 仮想通貨の規制

他の魅力的な仮想通貨がたくさん誕生している

2022年現在、仮想通貨は数千種類以上の数があります。DeFi銘柄・メタバース銘柄・NFT銘柄・Web3.0など、魅力的な通貨がたくさん誕生しています。

それらの仮想通貨に比べるとビットコインキャッシュの見劣りは否めません。他のアルトコインとの差別化がない限り、徐々に価格下落していく可能性はあるでしょう。

仮想通貨の規制

ビットコインキャッシュに限ったことではありませんが、現在仮想通貨の規制は世界中で起こっています。

特に人口の多い中国とインドでは、法律での規制が入っています。今後このような流れが強まれば、他の仮想通貨と同様にビットコインキャッシュも価格は下落してしまうでしょう。

ビットコインキャッシュのおすすめの買い時を解説

ビットコインの将来性

ビットコインキャッシュの買い時は以下のタイミングです。

ビットコインキャッシュの買い時
  • ビットコインのレートが上昇している時
  • 半減期を過ぎた後のタイミング
  • ビットコインキャッシュのニュースが発表された時

半減期はマイナス材料が大きい要素ではありますが、上手に使えばレート上昇への期待感もあります。

また、ニュースなど大きな情報が発表されているタイミングなどを有効に使っていけば、買い時を見つけやすくなるでしょう。

買いやすいタイミングを見つけて購入するように心がけましょう。

ここからは、ビットコインキャッシュの買い時を詳しく説明します。

ビットコインのレートが上昇している時

ビットコインのレートが上昇している時、ビットコインキャッシュも連れてレートが上昇しているケースが多くなっています。

ビットコインが上昇しているというのは、同じような通貨であるビットコインキャッシュも購入して見る価値があると判断され、上昇する傾向があります。

 ビットコインは他の仮想通貨に与える影響が非常に大きいこともあり、上昇している時は他の仮想通貨が上昇する傾向にあります。

レートが上昇しているタイミングは購入できるチャンスが生まれています。何も動いていない状況に比べると、ビットコイン上昇の恩恵は非常に大きくなっているのです。

ビットコインのレートはしっかり確認しておいたほうがいいでしょう。
ビットコインキャッシュを購入ならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

半減期を過ぎた後のタイミング

bitcoin ビットコイン

半減期を過ぎていると、ビットコインキャッシュのレートは一気に下がった状態になります。

 この下がったレートをどのように復活させていくのか重要になりますが、一時的に撤退していたトレーダーが購入し、ビットコインキャッシュのレートが上昇する場合があります。

嫌っていたタイミングが過ぎたことにより、また上昇傾向に戻るだろうと思われているのがビットコインキャッシュでよくある状況です。

半減期を過ぎて底が見えているタイミングは購入するチャンスでもありますが、確実に上昇するかは不透明です。

安くなったと判断して購入するトレーダーも割と多くいます。

ビットコインキャッシュのニュースが発表された時

ビットコインキャッシュに何らかのニュースが発表されているタイミングは要注意です。

特にビットコインキャッシュが実用化に向けた動きを進めている情報が発表されていると、ビットコインに次ぐ通貨になるチャンスと思われ、レートが上昇する可能性が高まります。

 レート上昇のチャンスはニュースなどの発表があると起こりやすくなります。仮想通貨のニュースはしっかり見ておきましょう。

ニュースの内容はしっかり確認したほうがいいですが、上手にニュースを使っていけば購入後にレートが上昇する可能性も秘めています。

マイナスのニュースが発表されている時は逆にレートが下がってしまう傾向にあります。

ビットコインキャッシュに投資するメリット

メリットと書かれたブロック

ビットコインキャッシュに投資するメリットは以下の通りです。

ビットコインキャッシュに投資するメリット
  • レート上昇による利益確保
  • 実用化されれば投資以外の目的で利用可能
  • 高額な仮想通貨を保有できる

ビットコインキャッシュはレート上昇が今後期待できる可能性が高くなっており、利益確保が狙いやすいメリットを持っています。

また、ビットコインとほぼ同じ性質を持っていることによって、実用化に向けた動きも狙いやすい傾向があるのは間違いありません。

似たような使い方が今後期待できる可能性もあります。

ここからは、ビットコインキャッシュに投資するメリットを詳しく説明します。

レート上昇による利益確保

ビットコインキャッシュに投資することによって、レート上昇による利益が期待できます。

ビットコインと同じように、かなりレートが上昇していく可能性を持っている仮想通貨ですので、投資していることによって多くの利益を確保できる可能性があります。

 レートが上昇しているタイミングさえ掴めば、相当な利益が1度に手に入る確率を秘めているのもビットコインキャッシュです。

元々の値段が高く設定されていることにより、レートの上昇による価値の上昇も幅が広くなる傾向にあり、大きな利益をつかみやすくなっているのもいいところです。

投資にかかる費用は必要ですが、投資した以上の金額で戻ってくる確率も比較的高くなります。

実用化されれば投資以外の目的で利用可能

computer

実用化される可能性を持っているのもビットコインキャッシュのいいところで、ビットコインのように実用化を狙える環境が整いつつあります。

実用化されることによって、投資目的で保有していたビットコインキャッシュが普通に利用できる可能性もあります。

 実用化されるとビットコインキャッシュによる支払いが可能となるため、保有している仮想通貨が色々な支払いに使えるようになります。

ビットコインが実用化されるまでにかかった時間はそこまで長くありません

ビットコインキャッシュも似たような性質を持っていることは既に示されていますので、実用化されるまでにかかる時間はそこまで長くならないと判断できるのです。

高額な仮想通貨を保有できる

高額な仮想通貨を保有していれば、いざという時は売却することによって利益を確保し、お金を手に入れることができます。

 投資することによって、ビットコインキャッシュを保有して運用益を確保しつつ、いざという時の資金源としても活用できるのです。

安い仮想通貨では大量に保有する必要があるなど、保有していることによるリスクも高くなる傾向があります。

ビットコインキャッシュのように元々の値段が高く設定されているのであれば、少量でも保有しておくことでもしもの時の資金源として期待できます。

売却して一時的な大金を得る方法としても期待できます。
ビットコインキャッシュを購入ならコインチェック
コインチェック
  • 仮想通貨の取扱通貨数17種類で豊富
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1※公式サイトより
  • 取引手数料無料!500円からの少額投資が可能!
コインチェックの基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

BCH(ビットコインキャッシュ)とビットコインの違いは?

仮想通貨

ここからは、ビットコインとビットコインキャッシュの3つの違いについて解説していきます。

ビットコインとビットコインキャッシュ
  • ブロックサイズの違い
  • 時価総額の違い
  • レートの違い

ブロックサイズの違い

ビットコインキャッシュとビットコインには、ブロックサイズの違いがあります。ブロックサイズは処理能力を指す要素でもあり、高い数字を誇っている方が処理能力が高いことを意味しています。

 ブロックサイズは導入されている仮想通貨によって違いがあります。高い数字を実現している方が処理能力が高く安定してサービスを続けられます。

ビットコインキャッシュとビットコインのブロックサイズは、以下のように設定されています。

ブロックサイズの違い
  • ビットコインキャッシュ:32MB
  • ビットコイン:1MB

ビットコインキャッシュのブロックサイズ

ビットコインキャッシュは処理能力向上のため、高い数字が付けられています。

ビットコインキャッシュは処理能力を劇的に向上させるために、32MBという数字を採用しており、かなり高速で処理できるように設定されています。今後に期待が持てる数字と言えるでしょう。

仮想通貨の中でも処理能力には期待が持てる数字です。

ビットコインのブロックサイズ

一方でビットコインというのは、仮想通貨登場初期に作られていることもあり、ブロックサイズの要素としてはあまり大きな数字が採用できなかった経緯があります。

 現在でも1MBという数字によって、処理能力が不足していると言われ続けており、今後も影響を及ぼす可能性があります。

ブロックサイズを強制的に変更する方法は用意されていませんので、提供されている数字のまま処理能力は確保されていくこととなります。

ビットコインに比べると処理という部分では相当な強みを持っているのは間違いなく、サービスの安定性に期待が持てるのです。

時価総額の違い

チャート

他にも細かい部分で違いを持っている2つの仮想通貨ですが、基本的に時価総額も異なります。

 ビットコインキャッシュはビットコインから派生したこともあり、ある程度の時価総額は確保できていますが、ビットコインが誇る時価総額には全く到達していないのが現状です。

ビットコインの時価総額は仮想通貨トップであり、上回るような通貨は存在していません。

ビットコインキャッシュはまだ上位との差が結構あります。

レートの違い

他にもレートの面で違いがあります。ビットコインキャッシュのレートは高い数字を確保できていない傾向があります。

ビットコインは常に高値で取引されている傾向があるため、違いは大きなものと言えるでしょう。

レートの違いは単純に購入しやすいかどうかの違いに影響します。

BCH(ビットコインキャッシュ)が購入できる仮想通貨(暗号資産)取引所

※2022年2月時点の情報です。取り扱い通貨や手数料などは変動する可能性があります。正確な情報は、各公式サイトをご参照ください。

コインチェック

コインチェック

おすすめポイント
  • 仮想通貨の取扱通貨数は最多の17種類
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1
  • 500円からの少額投資が可能

コインチェックはマネックスグループが運営する仮想通貨取引所です。ビットコイン+アルトコイン16種類の計17種類の仮想通貨を取り扱っています。

 不正アクセスや不正プログラムに対する検知など、サイバーセキュリティ対策に力を入れているので、安心して資金を預けられるでしょう。

また500円からの少額投資も可能でアプリも非常にわかりやすく使いやすいです。初心者でもチャートが感覚的に読めるので、始めやすい取引所といえるでしょう。

「Coincheckでんき」や「Coincheckガス」などビットコインでの支払いにも対応しています。
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

※2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)
出典:Coincheck

DMM Bitcoin

DMM ビットコイン

おすすめポイント
  • レバレッジ取引の通貨ペアが国内最多
  • BitMatch注文の採用
  • 出金手数料が無料

DMM Bitcoinは、DMMグループが運営する仮想通貨取引所で、20種類の仮想通貨を取り扱っています。

 入金手数料や出金手数料など無料なので、余計なコストをかけずに取引が可能です。

BitMatch注文と呼ばれる仲値での売買ができる独自注文方法を採用しているので、スプレッドに悩まされることもありません。

取引スタイルに合わせモードを切り替えられるアプリが特徴のひとつ。初心者から上級者まで使いやすいですよ。
取扱通貨
※レバレッジ取引
24種類
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ジパングコイン(ZPG)
  • チリーズ(CHZ)
  • アバランチ(AVAX)
  • メイカー(MKR)
  • チェーンリンク(LINK)
レバレッジ 2倍
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:DMM Bitcoin 

bitFlyer

bitFlyer

おすすめポイント
  • レバレッジ取引が可能
  • ビットコイン取引量で国内No.1の実績
  • Tポイントをビットコインに交換可能

bitFlyerは14種類の通貨を取り扱う仮想通貨取引所です。アプリが見やすく直感的に利用できるので、チャート画面に慣れていない人でもすぐに使いこなすことができるでしょう。

 セキュリティも強固なものとなっており、預けている資金はコールドウォレットで保管されています。

またTポイントをビットコインに交換できるサービスもあるので、最初から現金を投資するのは怖いという人にもおすすめです。

スマホでクイック本人確認を利用すれば、最短10分で口座開設が可能です。
取扱通貨 15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • チェーンリンク(LINK)
  • ポルカドット(DOT)
  • シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料
  • 銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)
出典:bitFlyer

よくある質問

ビットコインキャッシュが購入できる仮想通貨取引所は何ですか?
コインチェック・DMM Bitcoin・bitFlyerなどで購入可能です。コインチェックは仮想通貨の銘柄数が国内最多でアプリも使いやすいため、初心者におすすめです。
ビットコインキャッシュの特徴を教えてください
ビットコインからハードフォークして生まれた通貨です。ビットコインよりもブロックサイズが大きく、オンチェーンによるトランザクション処理を行います。
ビットコインキャッシュの最新ニュースを教えてください
PayPalが新アプリでビットコインキャッシュ決済を開始しました。またクロアチアの大手小売チェーン「Konzum」や映画館チェーン企業AMCでも決済対応しています。
ビットコインキャッシュの過去最高値は何円ですか?
過去最高値は、2017年12月20日の502円です。第1次仮想通貨ブームで他の仮想通貨と同様、値上がりが起こりました。2022年2月現在は15分の1の価格になっています。
ビットコインキャッシュの価格が高騰する要因は?
決済通貨としての利用が増えること、仮想通貨取引所で基軸通貨として扱われることでしょう。もちろん仮想通貨全体に元気がないと高騰しにくいでしょう。
ビットコインキャッシュの価格が下落する要因は?
現在、インドや中国などで仮想通貨規制の動きがあります。今以上に規制が強まると下落するでしょう。また他に魅力的なコインは生まれるとビットコインキャッシュの価値も低くなります。
仮想通貨投資を行うメリットは何ですか?
ボラティリティが大きいので稼ぎやすいこと。500円からの少額投資が可能なことです。また24時間365日取引可能なのでお仕事が忙しい人でも投資できることでしょう。

まとめ

今回は、仮想通貨ビットコインキャッシュの特徴や将来性について解説しました。2022年2月現在は仮想通貨全体で価格が下落していますが、年末や来年以降に向けて価格上昇していくと予想する専門家も多いです。

基軸通貨であるビットコインがさまざまなサービスで決済方法として導入されれば、同じルーツのビットコインキャッシュも同時に導入される可能性も高いです。価格が下がっている今が買い時ともいえるでしょう。

今年から仮想通貨投資するなら、コインチェックやDMM Bitcoinなどが銘柄が多くておすすめです。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事