ビットコインの購入手順と注意点・おすすめ取引所紹介

「ビットコインを購入したいけど、どの取引所を選べばいいかの分からない」「ビットコインってどうやって購入すればいいの?」と、悩んでいませんか?

ビットコインは数ある仮想通貨のなかでも基軸となる通貨なので、安定性や流動性が高く、今年こそはビットコインを保有したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ビットコイン購入におすすめの取引所と完全初心者向けにビットコインの購入方法を解説します。

この記事で分かること
  • ビットコイン購入におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所
  • ビットコイン購入手数料が安い取引所ランキング
  • ビットコインおすすめの買い方
  • ビットコインおすすめの投資方法
  • ビットコイン購入時の注意点
この記事を読めば、あなたに最も適した取引所が分かり、ビットコインがスムーズに購入できるようになりますよ。

ビットコイン購入におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所5選

※2022年2月時点の情報です。取り扱い通貨や手数料などは変動する可能性があります。正確な情報は、各公式サイトをご参照ください。

コインチェック

コインチェック

コインチェックの特徴
  • 仮想通貨の取扱通貨数は17種類
  • マネックスグループが運営しているためセキュリティが強固
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1

国内最大手の仮想通貨取引所コインチェック。マネックスグループが運営しており、強固なセキュリティが魅力な仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨数は17種類あり、エンジンコイン、オーエムジー、パレットトークンなど他社では取り扱いの少ない通貨も売買可能です。

 スマホアプリはシンプルに設計されており、見やすくて使いやすいUIが特徴。国内仮想通貨取引アプリ「ダウンロード数」No.1に輝いた実績もあります。

コインチェックは取引量も多く流動性が高いため、ユーザーの自由なタイミングでビットコインを売買できるでしょう。

コインチェックではレンディングサービスや、自動つみたて投資など、さまざまな投資法が利用できます。
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

※2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)
出典:Coincheck

DMM Bitcoin

DMM ビットコイン

DMM Bitcoinの特徴
  • レバレッジ取引の通貨ペアが国内最多
  • 高機能ツールが利用できる
  • ミッド(仲値)価格で取引成立可能な「BitMatch注文」

DMMグループが運営するDMM Bitcoinはレバレッジ取引の通貨ペアが国内最多の仮想通貨取引所です。

取引ツールアプリにはシンプルで最低限の機能を取り揃えたSTモードと、さまざまなテクニカル指標を搭載したETモードの2種類を用意しています。

 初心者〜上級者まで利用可能で、スマホからでもPC並のシステムを使用できるようになっています。

他社にはない特徴として、ミッド価格で取引可能な「BitMatch注文」も採用。スプレッドに悩まされずに取引ができるので、あまりコストをかけずにビットコインを保有したい人に向いているでしょう。

口座申込みは最短5分。最短1時間で取引がスタートできます。
取扱通貨
※レバレッジ取引
15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • オーエムジー(OMG)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • テゾス(XTZ)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:DMM Bitcoin 

BITPOINT

BITPOINT

BITPOINTの特徴
  • 各種手数料が無料で利用できる
  • チェーンリンクやディープコインなどの売買が可能
  • 上場記念で年率100%のキャンペーンを行うことが多い

BITPOINTは他社にあまり上場していない仮想通貨を取り扱っており、トロン、エイダ、ジャスミー、チェーンリンク、ディープコインなど全12種類の通貨が売買可能です。

取引手数料、即時入金手数料、入出金手数料など各種手数料が無料のため、ビットコインをはじめて購入する初心者におすすめです。

 貸して報酬を得る「レンディング」にも対応しており、コインの上場タイミングでは年率100%キャンペーンをよく行っています。

500円以下の少額から投資ができるので、お試しでビットコインを購入してみたいならBITPOINTが向いているでしょう。

投資初心者から上級者まで満足できる取引ツールが充実しており、初心者でも使いやすいアプリを提供しています。
取扱通貨 12種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:BITPOINT ※2022年2月現在

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerの特徴
  • 多数の大手企業と提携している
  • Lightning FXでレバレッジ取引可能
  • ビットコイン取引量で6年連続国内No.1の実績

bitFlyerは6年連続「ビットコイン取引量No.1」の実績を持つ仮想通貨取引所。現物取引もレバレッジ取引も可能なため、ビットコイン取引を考えてるなら第一候補になる取引所でしょう。

セキュリティ技術がとても高く、7年以上ハッキング0なので安心して資産を預けられます。

 bitFlyerでは多数の大手企業やメガバンクと提携しており、信頼性も高いのが特徴です。

Tポイントをビットコインに換金して投資できるので、普段からTポイントを貯めていて最初は現金を使用せずに投資したい、と考える人に向いているでしょう。

最短10分で口座開設が可能となっています。
取扱通貨 15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • チェーンリンク(LINK)
  • ポルカドット(DOT)
  • シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料
  • 銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)
出典:bitFlyer

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの特徴
  • 仮想通貨の取扱通貨数は国内最多の20種類
  • 東証一部上場企業のGMOグループの信頼性
  • オリコン顧客満足度「暗号資産取引所現物取引2021」No.1

東証一部上場企業であるGMOグループが運営するGMOコイン。セキュリティ技術には特に力を入れており、コールドウォレット、分別管理などユーザーの資金管理を徹底して行っています。

仮想通貨の取り扱い通貨数は国内最多の20種類。メイカー・ダイ・カルダノ・テゾス・コスモスなど珍しい通貨も取り扱っています。

 GMOコインは各種手数料も無料なため、余計なコストをかけずに取引が可能です。

オリコン顧客満足度の「暗号資産取引所現物取引2021」ではNo.1の実績もあり、ユーザーからの支持も厚い取引所となっています。

いつでも口座開設手続きが可能!ビットコイン購入まで最短10分で完了します。
取扱通貨 20種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • カルダノ(ADA)
  • リンク(LINK)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

おすすめの暗号資産取引所 現物取引(仮想通貨)ランキング・比較 -オリコン顧客満足度
出典:GMOコイン ※2022年2月現在

ビットコイン購入手数料が安いおすすめ取引所ランキング

※2022年2月時点の情報をもとに作成しています。最新の情報とは異なる場合があります。
※本記事で紹介した取引所のビットコイン購入までにかかる手数料(取引手数料+入金手数料)を比較し作成しています。(スプレッドは除く)

1BITPOINT

BITPOINT

BITPOINTの特徴
  • 販売所、取引所ともに手数料が無料
  • 入金手数料が無料

2DMM Bitcoin 

DMM ビットコイン

DMM Bitcoinの特徴
  • 販売所の取引手数料無料
  • 入金手数料無料

3コインチェック

コインチェック

コインチェックの特徴
  • 販売所、取引所ともに手数料が無料
  • 入金手数料は無料〜770円

買い方は?ビットコインのおすすめ購入方法を解説

ビットコインを購入するために、まずは事前準備を行いましょう。ここでは取引所『コインチェック』を例に「1.新規登録と口座解説」「2.取引所への入金」「3.ビットコインを購入」の手順で進めていきます。

1.仮想通貨取引所で口座開設をする

コインチェック口座開設の手順
  1. コインチェックのアプリをダウンロードしてログインしましょう。
  2. アプリ下の【会員登録】をタップしましょう。
  3. メールアドレスを入力して【次へ】をタップ、パスワードを入力して【登録】をタップしましょう。
  4. 本人確認を行います。各種重要事項を確認し、問題なければ【同意】をタップしましょう。
  5. 電話番号を入力し、SMSで届いた番号を入力して【次へ】をタップしましょう。
  6. 名前、住所など基本情報を入力しましょう。
  7. 本人確認書類の選択を行いましょう。
  8. 本人確認書類と顔写真の撮影を行いましょう。

本人確認書類は、「運転免許証」「パスポート」「在留カード」「個人番号カード」「住民基本台帳カード」「特別永住者証明書」「運転経歴証明書」などが利用できます。

 本人確認書類と顔写真を撮影するときは明るい場所で、ピントぼけがないように綺麗に撮影しましょう。

不鮮明で撮影してしまうと、再度提出が必要になり口座開設までの時間が長引いてしまうので注意が必要です。

2.仮想通貨取引所に入金をする

仮想通貨取引所に入金をする

次に取引所に日本円を入金しましょう。入金方法は「銀行振込」「コンビニ入金」「クイック入金」の3つから選択できます。

クイック入金はネットバンキングやATMから入金でき、金融機関の営業時間に関係なく24時間365日反映するのが特徴です。ただし7日間出金・送金・振替ができなくなるので注意しましょう。

仮想通貨取引所に入金をする
  1. コインチェックのアプリをダウンロードしてログインしましょう。
  2. アプリ下の【入出金】をタップしましょう。
  3. 入金の種類を選択しましょう。
  4. (銀行振込を選んだ場合)指定口座が表示されるので、銀行から振込ましょう。

3.ビットコインを購入する

日本円の入金が完了したら、実際にビットコインを購入してみましょう。

ビットコインを購入する
  1. コインチェックのアプリをダウンロードしてログインしましょう。
  2. アプリ下の【販売所】をタップしましょう。
  3. ビットコインを選択し【購入】をタップしましょう。
  4. 日本円で購入金額を入力し、【日本円でビットコインを購入】をタップしましょう。

購入後どうする?4種類のビットコインおすすめ投資方法

スマホで投資をする男性

ビットコインの投資方法には大きく分けて以下の4つがあります。

現物取引

現物取引とは、実際に仮想通貨を購入すること、もしくは売却をすることを指します。

仮想通貨は電子なのでイメージしにくいですが、ビットコインを現物で購入した場合は実際にビットコインを保有していることになります。

通常のネットショッピングと同じように、お金が動くので初心者はまず現物取引から始めるのがよいでしょう。

レバレッジ取引

レバレッジ取引とは、日本語で「てこ」を意味する取引です。資金を証拠金として口座に預けて、その証拠金を担保として資金以上のポジションを持つ決済方法です。

例えば、100万の資金があり、1BTC=100万円のときであれば現物取引なら最大1BTCしか購入できません。ただレバレッジを2倍かければ2BTCを持つことができます。

 ただしレバレッジ取引は差金決済と呼ばれる方法で取引をしています。現物のように通貨を保有するのではなく、買いと売りの差額で決済を行います。

そのためレバレッジ取引なら「売り」から入ることも可能です。

少ない元手で大きな利益を生み出せる取引ですが、現物取引と比較すると損失のリスクも高いので、仮想通貨取引に慣れてからチャレンジしてみるのがよいでしょう。

積立投資

積立投資

積立投資は定期的に一定額を投資する方法です。価格の上下を気にせずに一定額を投資するので、大きく稼ぐのは難しいですがリスクも少ない投資法です。

コツコツと毎月積み立てられるので、まだ実際に取引するのは怖いけれどビットコインに触れてみたいという人に非常におすすめです。

レンディング

レンディングは保有通貨を取引所に貸し出すことで、金利を得られる投資法です。決められた期間は解約できないものも多いですが、年率1〜5%の報酬を受取ることができます。

銀行に預けるよりも多くの報酬が受け取れるので、ビットコインを長期保有するつもりならレンディングもよい選択肢です。

積立投資と同じくリスクが低いので、初心者向けの投資法といえるでしょう。

口座開設の前にチェック!ビットコインを購入するときの注意点

ビットコインを購入するときには以下の2点に注意しましょう。

ビットコインを購入するときの注意点
  • ビットコイン購入は余剰資金で
  • レバレッジをかけすぎない
  • 国内の取引所を利用する

ビットコイン購入は余剰資金で

ビットコインに全財産投資したり、借金して投資するのはやめましょう。特に損をしているときはまともな思考ができなくなり、大きなロットを持ってしまいがちになります。

ビットコインは数ある仮想通貨の中でも基軸となる通貨ではありますが、価格変動は常に起こっています。売買のタイミングによっては、損をする可能性も否定できません。

生活費や将来のための必要資金を崩すのはリスクが高いです。ビットコイン購入は必ず余剰資金で行いましょう。

レバレッジをかけすぎない

レバレッジ取引のてこ

レバレッジのかけすぎに注意にしましょう。レバレッジは少額から大きく稼ぐことも可能ですが、その分リスクも大きいです。現物取引であれば、価格が下落しても塩漬け(売ると損になるので売らずにそのまま保有しておくこと)しておけます。

しかし、レバレッジ取引では、大きく下落すればロスカットされてしまいます。ロスカットされると損失が確定するだけでなく、場合によってはマイナスになってしまう可能性もあるので注意が必要です。

国内取引所ならレバレッジ最大2倍までとなっているので、証拠金に対して大きすぎる損失は出にくいですが、マイナスになるリスクがあることは把握しておきましょう。

国内の取引所を利用する

取引所には国内のものから海外のものまでありますが、まずは安全性の高く日本人の方向けに作られている国内の取引所を利用すると良いでしょう。

 中でも金融庁が認可している取引所を利用することをおすすめします。現在金融庁の認可を受けている取引所は27業者あります。

金融庁に認可されている取引所は、金融庁が定めている条件や審査に通過したものなので、安全性が担保されていると言えます。

ビットコイン取引にはコインチェックがおすすめ!
コインチェック
  • 国内仮想通貨取引アプリの「ダウンロード数」No.1!
  • 仮想通貨の取扱通貨数は17種類!
  • マネックスグループが運営しているためセキュリティが強固!
  • 取引手数料無料!

※2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)

基本情報
取扱通貨 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

よくある質問

ビットコイン購入におすすめの仮想通貨取引所はどこですか?
コインチェック、DMM Bitcoin、bitFlyer・GMOコインなどは、取扱仮想通貨銘柄数が多くおすすめです。コインチェックは17種類・GMOコインは19種類のコインを扱っています。
ビットコイン購入手数料が安い取引所はどこですか?
BITPOINTは販売所・取引所手数料が無料、入金手数料も無料なので手数料を抑えた購入が可能です。DMM Bitcoinは取引所がありませんが、その他購入にかかる手数料は無料です。
ビットコインはどのように購入すればよいのですか?
まずは仮想通貨取引所に登録をして口座開設をしましょう。取引所から口座開設の通知が届いたら口座に日本円を入金しましょう。これでBTC購入が可能です。
ビットコインにはどのような投資法がありますか?
実際に通貨を保有する「現物取引」、差金決済の「レバレッジ取引」、定期的に一定額を投資する「積立投資」、仮想通貨を貸して金利を受け取る「レンディング」などがあります。
ビットコインを購入するときの注意点は何ですか?
ビットコイン購入は余剰資金で行うことです。特に損をしているときにルールを破り、大きなロットを持ってしまいがちになります。また、レバレッジはかけすぎないようにしましょう。
ビットコインの過去最高値は何円ですか?
2021年11月10日が過去最高値で約790万円です。2022年2月現在は、約468万円となっており40%近く下落しています。しばらくは下落やレンジ相場が続くと予想されています。
ビットコインの半減期とは何ですか?
マイニング報酬が半分になる時期のことでインフレを防ぐことができます。半減期前後は価格が上昇しやすく、次の半減期は2024年に発生する可能性が高いです。

まとめ

今回は、ビットコイン購入におすすめの取引所とビットコインの購入方法について紹介しました。大手取引所ならセキュリティに力を入れており、手数料も安いので安心して取引ができるでしょう。

まずは「現物取引」にて、ビットコインの購入や売却を試してみましょう。いきなり取引するのはまだ怖い、という場合には、積立投資やレンディングなどもおすすめです。

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨!仮想通貨に触ってみたいなら、まずはビットコインの購入から始めてみましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事