ビットコインのチャート確認方法は?テクニカル分析と将来性

ビットコインは、2021年に780万円台の価格がつき1年間で3倍以上になる大きな値動きがありました。ビットコイン投資に興味があっても、ビットコインのチャートの見方が分からない、価格予想ができないと迷う人も多いでしょう。

そこで今回は、ビットコインのチャートを確認できるおすすめ取引所や、価格予想をするテクニカル分析の方法について解説します。

この記事で分かること
  • ビットコインのチャート確認できる仮想通貨(暗号資産)取引所
  • チャートの見方|テクニカル分析
  • ビットコインリアルタイムチャート
  • 過去10年のビットコインチャート分析
  • 今後のビットコイン価格予想
本記事を参考にビットコインのチャートの読み方を覚えて、取引を始めてみてくださいね。

ビットコインのチャートをリアルタイムで確認できる仮想通貨(暗号資産)取引所3選

コインチェック

コインチェックのチャート

コインチェックのおすすめポイント
  • 高機能チャートTradeviewを採用
  • ツールが豊富で、テクニカル分析に最適
  • 17銘柄の分析が可能
  • 2021上半期国内暗号資産アプリダウンロードNO.1※対象:国内の暗号資産取引アプリ、データ協力:AppTweak

コインチェックは、多くのトレーダーに使用されている高機能チャート『Tradeview』を採用しています。

1分足から1日足まで確認ができ、描画ツールも豊富です。移動平均線・トレンド系インジケーターのSMA・ボリンジャーバンド・EMAや、オシレーター系インジケーターのMACD・RSIなど利用できます。

 トレンドライン、フィボナッチリトレースメント・エリオット波動など、約50種類の描画ツールも便利です。

ビットコインだけでなくアルトコインも分析でき、チャート確認できる銘柄は17種類。スマホアプリは、2019年上半期・2020年上半期・2021年上半期と3年連続でダウンロード数が国内No.1を記録しています。

コインチェックなら最短1日で取引開始も可能です!

コインチェックの基本情報

取引ツール Trade View
取扱仮想通貨(暗号資産) 17種類

  • BTC(ビットコイン)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
注文方法 指値注文、成行注文、逆指値注文
レバレッジ 不可
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

出典:コインチェック

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのチャート

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • オリジナル取引チャートを採用
  • レイアウト変更は自由自在で自分好みにカスタマイズが可能
  • 15銘柄の分析が可能
  • スマホ版は『STモード』と『EXモード』の2種類から選択可能

DMM Bitcoinでは、PC版・スマホ版ともに高機能のオリジナル取引ツールを用意しています。分析に必要な機能はすべて搭載されており、レイアウトも自分好みにカスタマイズが可能です。

 スマホ版では、初心者向けのシンプルな『STモード』と、トレンド系やオシレーター系の指標を搭載できる高機能なEXモード』の2種類が使えます。

またDMM Bitcoinでは、発注から30秒内、仲値価格で取引ができる『BitMatch注文』を採用しています。スプレッドが約半額で取引できるので、お得にトレードが可能です。

BitMatch注文以外にも、指値注文・逆指値注文や、特殊注文もできます。

DMM Bitcoinの基本情報

取引ツール オリジナル取引チャート
取扱仮想通貨(暗号資産)
※レバレッジ取引
15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
注文方法 現物(ストリーミング注文・指値注文・逆指値注文、OCO注文・BitMatch注文)

レバレッジ(ストリーミング注文・指値注文・逆指値注文、OCO注文・BitMatch注文・IFD注文・IFO注文)

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
※BitMatch注文は取引単位あたり2円(BTC/JPY)
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:DMM Bitcoin

bitFlyer

bitFlyerのチャート

bitFlyerのおすすめポイント
  • ユーザーに合わせて3種類のチャート機能を用意
  • 豊富な注文方法が可能
  • 15銘柄の分析が可能
  • 現物取引・証拠金取引・先物取引に対応

bitFlyerの取引ツール『bitFlyer Lightning』では、『ライトチャート』『クリプトウォッチ』『オリジナル』の3種類のチャート機能を用意しており、好みに合わせてチャート画面を使い分けることが可能です。

クリプトウォッチなら、SMA・EMAなどの移動平均線、ボリンジャーバンド・一目均衡表など計33種類のインジケーターを使用でき、フィボナッチ描画も可能となっています。

 注文方法は指値や成行だけでなく、ストップ注文・ストップリミット注文・OCO注文など多彩に用意。スマホ版でも特殊注文が利用できます。

bitFlyerはビットコイン以外にも、14銘柄のアルトコインの分析が可能です。『bitFlyer Lightning』1つで、情報収集や分析、注文まで完結できます。

現物取引・証拠金取引・先物取引など3種類に対応しています。

bitFlyerの基本情報

取引ツール bitFlyer Lightning
取扱仮想通貨(暗号資産) 15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リスク(LSK)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
注文方法 指値注文・成行注文・ストップ注文・ストップリミット注文・OCO注文・IFD注文・IFDOCO注文
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料 銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)

出典:bitFlyer

チャートの見方|テクニカル分析

ビットコインの市場を把握するのに必要なのが、チャート分析です。ここでは初心者向けにチャートの見方と簡単なテクニカル分析を解説します。

ローソク足

ローソク足の解説図

『ローソク足』はチャート上で現在の市場を知るための指標となるもので、上記のような形をしています。

「分足(1分足・5分足・15分足など)」「日足(1日足)」「週足」「月足」など、さまざまな期間があり、例えば日足なら1日で1本のローソクが表示されます。

始値 ある特定の期間で最初についた価格のこと。(日足なら1日の期間で最初についた価格)
終値 ある特定の期間で最後についた価格のこと。(日足なら1日の期間で最後についた価格)
高値 ある特定の期間で一番高い価格のこと。
安値 ある特定の期間で一番安い価格のこと。
実体 始値と終値で囲まれた長方形のこと。
上ヒゲ 実体から上に突き抜けた線のこと。
下ヒゲ 実体から下に突き抜けた線のこと。

例えばこのローソク足を「日足」とした場合、1日の取引開始の価格が「始値」、1日の最終取引の価格が「終値」で、これらを結んだ長方形が「実体」です。

また1日の間には、始値よりも安い価格のときや、終値よりも高い価格のときもあります。安い価格が「安値」、高い価格が「高値」で、それぞれ「下ヒゲ」「上ヒゲ」で表します。

 始値よりも終値のほうが高かった場合は『陽線』、逆に始値よりも終値のほうがやすかった場合は『陰線』で表します。(色はツールによって異なります。)

陽線で終わっていた場合は買いの勢いが強い、陰線で終わっていた場合は売りの勢いが強くなっていると分析できるでしょう。

ローソク足を使えば、他にもさまざまなテクニカル分析が可能です。

上ヒゲが長い場合

上ヒゲが長い場合

例えば上ヒゲが長く、実体の長方形が小さい場合、上の図のような形になります。これは一時的に大きく上昇したが、途中で売り圧に抑えられて最終的に買いの勢いが続かなかったことを意味します。

これ以上の上値は重いということなので、下げに転換するかもしれない「売りのサイン」ともいわれています。

ヒゲが短い場合

ヒゲが短い場合

ヒゲが短いローソク足が示す意味は、値動きがあまり見られなかったということです。この場合は、トレンドが出ていないので「買い」か「売り」の判断はできない相場といえるでしょう。

移動平均線

ローソク足はジグザクに細かく動いていくため、一目で価格の方向性が分かりにくい欠点があります。そこで使われるのが『移動平均線』です。

チャートに移動平均線を引いて、通貨の方向性やトレンド転換のタイミングなどを見つけやすくします。

移動平均線

上の画像のローソク足の周りにある赤い線と青い線が移動平均線で、赤が7日間の短期移動平均線、青が25日の中期移動平均線です。

ローソク足と比べると滑らかなので、値動きがひと目でわかりやすいメリットがあります。

ゴールデンクロスとデッドクロス

なお、短期の移動平均線が中期の移動平均線を上から下に抜ける(上記画像の紫丸部分)のを『デッドクロス』、短期の移動平均線が中期の移動平均線を下から上へ抜ける(緑丸部分)のを『ゴールデンクロス』と呼びます。

デッドクロス 下降トレンドに入る可能性が高く売りのサイン
ゴールデンクロス 上昇トレンドに入る可能性が高く買いのサイン

移動平均線の「デッドクロス」や「ゴールデンクロス」を確認すれば、将来価格を予測するテクニカル分析が可能となります。

テクニカル分析は確実性のあるものではありません。投資家が意識している線のひとつと考えるとよいでしょう。

【2022年】現在ビットコインは何円?リアルタイムチャート

 

2022年6月14日現在、ビットコインの価格は1BTC=2,993,657となっています。1最高値は約700万円を超えていたビットコインですが、現在は下落傾向が続いています。上昇してもすぐに下落に転じる状況から変化は見えません。

下落傾向がしばらく続いており、なかなか上昇方向に動いていません。

ビットコインは現時点で下落している状況であるのは間違いありませんが、これから再び上昇する可能性が非常に高まっています。理由としては以下の要因を持っているためです。

ビットコインが上昇する要因
  • ビットコインの発行数が決められているため
  • ビットコインの需要は一定数あるため
  • 様々な情報によってビットコインが上昇するため

ビットコインは発行枚数に限界があるため、それ以上の枚数を発行してレートを下げるという方法は使えません。需要が供給を超えるような状況を作り出してしまえば、ビットコインの価値は必ず上昇するでしょう。

他にもビットコインは一定の需要を確保しているため、暴落というところまで行かない傾向があります。

将来的にはビットコインのレートが上昇する情報が出てくる可能性も捨てられないため、レートの上昇にはほぼ期待できると言っていいでしょう。

 ビットコインは悪い情報が発表されると暴落する傾向があります。また、世界経済に悪影響を与える情報にも影響されるため注意してください。

過去10年のビットコインのチャートを分析

過去10年のビットコインのチャート

ビットコインは2008年にサトシナカモトと名乗る人物が論文を発表し、2009年の10月より米ドルでの取引がはじめて行われました。このときは1BTC=0.009円程度です。

そのあと2013年頃にギリシャやキプロスでの金融危機が発生。預金が封鎖されたため、投資家の避難先としてビットコインが使われるようになり、1BTC=8,000円台まで上昇しています。

 マウンドゴックス経営破綻もあり一時は価格が下がることもありましたが、取扱業者なども増え、2017年のバブル期には200万円台まで高騰しています。

しかし2018年に入ると、1週間近くで約40%の暴落が起こりました。中国の仮想通貨規制、韓国の仮想通貨全面禁止の噂、昨年までの暴騰による利益確定、NEM流出事件など、様々な要因が重なり下火になりました。

2020年頃から2021年にかけて「DeFiiブーム」「NFTブーム」「メタバース銘柄ブーム」などの追い風がふき、過去最高額を更新し続けています。

出典:ZAi ONLINE

今後のビットコインの価格推移を予想

今後のビットコインの価格推移を予想

ビットコインは将来的に過去最高額である780万円を超え、1,000万円に到達することはほぼ間違いないでしょう。業界内では「2021年中に1,000万円に到達するのでは?」といわれていましたが、2021年12月に暴落がありました。

他の仮想通貨や米国株なども軒並み下がっている状況であり、年末は確定申告や納税分の利確をする人もいるので、年内の到達は難しいでしょう。

 ビットコインには、これからも「大型アップデート」「ビットコインNFTの承認」「2024年の半減期」など、価格変動にポジティブな要素がたくさんあります。

なお海外の仮想通貨予想では、2022年は810万円、2023年には960万円、2024年には1040万円、2026年には1900万円まで達するとされています。

今後、数年かけて再び価格上昇していく可能性が高い通貨!将来性にますます期待が集まっています。

出典:CryptoNewsZ

ビットコインと合わせてチェックしておきたいおすすめ銘柄

初心者が仮想通貨アプリを選ぶポイントを解説

ビットコインは今後期待される銘柄ではあるものの、ビットコインだけを狙っていくのは少し厳しい部分もあります。そこで他の銘柄もチェックしておきましょう。今後期待される仮想通貨は以下の5つです。

注目すべき銘柄
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • リップル
  • モナコイン

知名度の高い仮想通貨は上昇の期待値が非常に高いこと、そして情報が活発に提供されることなど、将来的に高くなる可能性に期待が持てます。

知名度のない仮想通貨でもレートの高いものは多数ありますが、将来性をしっかり見て判断するなどの対応が必要です。

今後に期待できる仮想通貨が何よりも重要です。

ここからは、ビットコイン以外にチェックしておきたい銘柄を詳しく説明します。

イーサリアム

ビットコインを追いかける立場として期待されている仮想通貨です。イーサリアムもレートが非常に高いことで期待値が高く、保有している人も多くなっています。

今後への期待はビットコイン以上とも言われており、将来的に高い価値をつける可能性があります。

取り組み次第ではとんでもない価値をつける可能性を秘めています。

最大の特徴は企業がイーサリアムの実用化に動いていることです。イーサリアムを実用化しようと考えて企業側が多数の取り組みを実施しています。

実用化されればビットコインを超える知名度と価値を得られ、仮想通貨のトップに君臨する可能性もあります。

ライトコイン

知名度の高い仮想通貨の1つで、あまり価値が高くないため購入しやすいという部分を持っています。ライトコインも様々な実用化に向けた動きが進められており、急激なレート上昇が期待できる部分もあります。

購入しやすさと実用化の両方が期待できる銘柄です。

ブロック生成にかかる時間がビットコインよりも短いことから、決済に向いている銘柄として評価されています。決済サービスの動向次第では、イーサリアムに次ぐ価値を確保できる可能性も秘めています。

ビットコインキャッシュ

ビットコインから派生している仮想通貨です。ビットコインとほぼ同じ性質を持っていますが、別の仮想通貨として販売されているため、銘柄としてチェックしておくと利益を得られる可能性があります。

ビットコインより安く手に入る点も評価されています。

 銘柄としては別物として扱われていますが、基本的な性質はほぼ同じものです。ビットコインと連動して値動きする傾向もあります。

これからビットコインを購入したいものの、ビットコインの価値があまりにも高すぎて手が出せないと考えているなら、ビットコインキャッシュを狙ってみるのもいいでしょう。扱われている取引所も増えており、気軽に手に入ります。

リップル

リップルは以前から期待されている仮想通貨の1つです。定期的に名前が挙がっており、将来的に高い価値をつけるのではないかと注目されています。実用性という部分では送金システムの構築という部分で期待されています。

 リップルはアメリカの裁判結果によって、暴落する可能性があります。また、上場廃止や取り扱い停止といった問題が発生する可能性もあります。取引する際は今後の情報に気をつけてください。

モナコイン

日本で作られている仮想通貨です。2ch(現5ch)のキャラクターとして知られているモナーから名前が取られているもので、投げ銭として使われています。

投げ銭以外の用途としてまだ利用されている部分はありませんが、システムの構築次第では大きく変わる可能性があります。

 モナコインは知名度こそあまり高くありませんが、日本の一部では利用されている通貨として評価されています。投げ銭以外の用途が得られるようなら上昇の期待値も高いでしょう。

よくある質問

ビットコインのチャート確認におすすめの取引所を教えて下さい

コインチェック・DMM Bitcoin・bitFlyerのチャートがおすすめです。さまざまなインジケーターが表示可能で、さまざまな注文方法にも対応しています。

BTCの過去最高額はいくらですか?
2021年11月10日の7,822,412.31円が過去最高額です。12月19日現在は5,316,465.32円となっており、やや下降ぎみ。2021年内の1,000万円突破は難しいでしょう。
テクニカル分析とは何ですか?
過去の値動きをチャートで表示し分析する手法です。ローソク足や参考となる線を引くことで、過去のパターンを読み取り今後の価格を予想します。
ローソク足とは何ですか?
チャート上で現在の市場を知るための指標となるものです。「分足(1分足・5分足・15分足など)」「日足」「週足」「月足」など、さまざまな期間があります。
移動平均線とは何ですか?
ローソク足は細かく動くので視覚的に分かりにくいです。チャートに線を引くことで、通貨の方向性やトレンド転換のタイミングなどを見つけやすくする方法を移動平均線と言います。
過去10年ビットコインのチャートの動きを教えてください
BTCは2009年にはじめて米ドルで取引され、最初は1BTC=0.009円程度でした。そのあと2013年に8,000円台、2017年に200万円台、2021年に780万円まで上昇しています。
今後ビットコインに将来性はありますか?
将来性はあるでしょう。海外では2022年に810万円、2023年に960万円、2024年に1040万円、2026年には1900万円まで達すると予想するメディアもあります。

まとめ

今回は、ビットコインのチャートを確認するのにおすすめの仮想通貨取引所3選と、チャートの見方やテクニカル分析の方法について解説しました。

仮想通貨は株に比べるとパターン化された動きも多いので、テクニカル分析が生きる場面も多いです。まずはローソク足と移動平均線から覚えて、実際に使ってみるとよいでしょう。

コインチェックやDMM Bitcoinなら高機能のチャートが使用できるので、有効に活用しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事