ビットコインFXの特徴や取引方法・メリット・デメリット

外国為替取引と同じように、仮想通貨(暗号資産)にもFXでの取引が可能です。しかし、ビットコインFXは大きく稼げる可能性とおなじだけ損失のリスクがあるので、不安に思う人も多いのではないでしょうか。

大切な資産を増やそうとFXを試してみて、損をするのは避けたいですよね。そこでこの記事では、ビットコインFXの特徴やメリット・デメリットについて解説します。

ビットコインFXのやり方も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ビットコインFXとは?現物取引との違い

ビットコインFXとは

FXとは『レバレッジ』をかけた『証拠金取引』と呼ばれる取引方法です。レバレッジの意味や現物取引との違いについて解説します。

レバレッジの仕組みを解説

レバレッジとは、日本語で『てこの働き』のこと。「てこの働き」とは、小さい作用で大きな力を生み出す原理のことです。

 ビットコインをはじめとする仮想通貨の「レバレッジ」も同じように、少ない資産でも『てこ』をかけることにより、資産以上の大きな取引ができます。

例えば、手持ち資産が1,000円でも、レバレッジ2倍をかけることにより、2,000円分の取引ができるようになるのです。

FXを利用すれば、資産が少額の人でも大きく稼げる可能性があるということですね。

証拠金取引とは?現物取引との違い

証拠金を口座に預ける

資産以上の大きな取引が可能な理由は、FXが『差金決済』という方法を利用しているからです。『現物取引』は取引の度に実際に代金の受け渡しを行いますが、『差金決済』は決済のタイミングで生じた差額のみを受け渡します

例えばTシャツを2,000円で売る約束をしてお金を受け取り、他の人から1,000円でそのTシャツを買った場合、元金なしで1,000円の利益が出る計算になります。

 元本の支払いがなく、利益・損益のみ決済する方法を『差金決済』と呼び、FXではこの方法が使用されています。

しかし、元手がなく取引はできません。FXでは担保として証拠金が必要になるので、『証拠金取引』と呼ばれているのです。証拠金を担保に、取引所から融資をしてもらう取引方法とも考えられます。

このとき注文をしたポジションを『建玉(たてぎょく)』と呼びます。

ビットコインFXのメリット3つ

ビットコインFXのメリット

ビットコインFXには以下の3つのメリットがあります。

ビットコインFXのメリット
  • 少額でも大きく利益を出せる可能性がある
  • 買いからも売りからも注文が可能
  • 24時間365日取引ができる

少額でも大きく利益を出せる可能性がある

ビットコインFX1つ目のメリットは、少額で大きな利益を出せる可能性があることです。仮想通貨取引を始めたばかりで大きな額を入金するのは怖い人や、お小遣い程度から始めたいという人にFXは最適でしょう。

 リターンが大きいということは、リスクも伴います。大きな額をかけすぎないよう注意してください。

海外取引所では100倍以上のレバレッジをかけられるのが一般的ですが、日本国内の取引所は2倍までに制限されています。

ついレバレッジの倍率を増やしてしまいがちですが、日本の取引所なら上限2倍までなので安心して利用できるでしょう。

買いからも売りからも注文が可能

買いも売りもできるチャート

2つ目のメリットが、買い注文だけでなく売りからも注文ができることです。現物取引の場合は。ビットコインを購入して価格が上がるのを待ち、上がったタイミングで売る方法でしか利益が出せません。

 FXは「差金決済」のため、はじめにビットコインを空売りして、価格が下がったタイミングで買い戻すことで利益をあげる方法も使えます。

FXは、「買いから入る」一方向だけでなく「買いからも売りからも入れる」取引方法です。

双方向で利益をだせるのがビットコインFXのメリットです。

24時間365日取引ができる

3つ目のメリットが24時間365日取引ができることです。為替FXの場合、土日は株式市場が休場となるため取引ができません。

しかし仮想通貨のFXならいつでも取引ができるので、忙しい社会人でも利用しやすいです。仕事の合間や休日に取引可能なので、自分の都合で取引ができるのは大きなメリットといえるでしょう。

ビットコインFXのデメリット3つ

ビットコインFXのデメリット

ビットコインFXのデメリットは大きく分けて以下の3つです。

ビットコインFXのデメリット
  • ロスカットによる強制決済の可能性
  • 追証の可能性がある
  • レバレッジ手数料がかかる

ロスカットによる強制決済の可能性

ビットコインFXでは一定以上の損失を下回ると、ポジションが強制的に決済される『ロスカット』と呼ばれる仕組みがあります。

 ロスカットになると、預けていた証拠金は強制的に決済されるので、損失が確定してしまいます。

現物取引なら価格が下がり一時損失が出たとしても、後日価格が戻ったり高騰したりすれば利益になります。しかしFXでは、後日価格が上がっても、ロスカットになればすでに決済されているので、利益になりません

ロスカットは、「これ以上大きな損失を出さないための措置」として設けられている仕組みですが、ときにロスカットのせいで大きな損をしてしまう可能性があります。

ロスカットを発動させないために、「証拠金維持率」に注意しましょう。

追証の可能性がある

タイミングによってお金が逃げていくイメージ

各取引所には、必要証拠金の割合として『証拠金維持率』と呼ばれるものが決められています。

例えば証拠金維持率が100%だった場合、証拠金口座が100%を下回った時点で、証拠金を維持するように追加で証拠金を口座に入れるよう求められます。

 追加証拠金が求められることを『追証』と呼び、証拠金を追加することでロスカットの防止が可能です。

通常はロスカットが起こる前に追証が行われ、証拠金を追加しなかった場合ロスカットになります。

ただし極稀に、急な暴落によってロスカットが間に合わなくなることもあります。この場合、追証が借金となってしまうので注意が必要です。

仮想通貨取引所 追証 ロスカット発動
DMM Bitcoin 証拠金維持率100%以下になると 証拠金維持率50%以下で発動
bitFlyer 証拠金維持率100%以下になると 証拠金維持率50%以下で発動
GMOコイン 証拠金維持率100%以下になると 証拠金維持率75%以下で発動
マネックスビットコイン 証拠金維持率100%以下で発動
BITPOINT 証拠金維持率100%以下になると 証拠金維持率50%以下で発動

※2021年12月現在

各取引所の追証とロスカットの証拠金維持率は上記のようになっています。

なお海外取引所の場合は、ロスカットが間に合わず資産以上の損失が出ても、業者が負担を行うゼロカットシステムがあります。

レバレッジ手数料がかかる

ビットコインFXでは未決済のままのポジションに対し、レバレッジ手数料が発生します。レバレッジ手数料は未決済である限り毎日発生し、大半の取引所で1日あたり建玉金額の0.04%となっています。

利益がでていない場合、保有し続けるほど損をしてしまうので注意してください。

ビットコインFXにおすすめの仮想通貨取引所

DMM Bitcoin

DMM ビットコイン

おすすめポイント
  • レバレッジ取引の通貨ペアは国内最多の21種類
  • シンプルチャートのSTモードと本格チャートのEXモードの2種類から選べる
  • 出金手数料が無料

DMM Bitcoinは15種類の仮想通貨が取引可能であり、レバレッジ取引通貨ペアは国内最多の21種類です。

 DMM Bitcoinはスマホアプリの評判が高く、初心者でも使える「STモード」と投資上級者でも使える「EXモード」の2種類から選べます。

出金手数料を含めたさまざまな手数料が無料なので、初心者でも利用しやすく、お得に取引をすることができるでしょう。

スマホで本人確認なら口座開設申し込みから最短1時間で取引可能です。
取扱通貨
※レバレッジ取引
15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • オーエムジー(OMG)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
レバレッジ手数料 0.04%/日
取引所手数料
入出金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:DMM Bitcoin 

※BitMatch取引手数料を除く

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント
  • レバレッジ取引できる通貨ペアは10種類
  • 指値・成行以外にも複合注文が可能(IFD・OCO・IFD-OCO)
  • 1タップで即時注文の「スピード注文」搭載アプリ

GMOコインは、10種類の通貨ペアでレバレッジ取引が可能な仮想通貨取引所。指値・成行はもちろんIFD・OCO・IFD-OCOなどの複合注文が可能となっています。

 アプリ『GMOコイン暗号資産ウォレット』はFX取引に長けており、すぐに注文できる「スピード注文」や「急騰急落アラート機能」を備えているので、デイトレードにもおすすめです。

注文・約定手数料、ロスカット手数料など、レバレッジ取引に関する手数料も無料なので、手数料を気にせずに取引できるのも大きなメリットでしょう。

GMOグループが運営しているため、セキュリティがとても高いのもポイントです。
取扱通貨 20種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • リンク(LINK)
レバレッジ 2倍
レバレッジ手数料 0.04%/日
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入出金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:GMOコイン ※2021年12月時点

BITPOINT

BITPOINT

BITPOINTのおすすめポイント
  • ETH・BCH・LTC/JPYの国内取引量No.1を獲得
  • 取扱通貨数は12種類
  • 各種手数料が無料
  • 少額から取引が可能
  • ADAコインやTRXコインの取引が可能

※公式サイト文言より:https://www.bitpoint.co.jp/lp/beginner01/

BITPOINTはETH・BCH・LTC/JPYの国内取引量No.1を獲得した実績があるアルトコイン取引で人気の取引所です。各種手数料が無料、クイック入金の手数料も無料なので無駄な損をせずに取引ができます。

 他の取引所では取扱いのないTRXコインやADAコインなども取引可能。

レバレッジ取引や少額からの取引も可能なので、はじめて取引所に登録する方におすすめです。

9月末までADAコインプレゼント実施中なので、登録を急ぎましょう。

BITPOINTの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)

レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:https://www.bitpoint.co.jp/service/cost/

bitFlyer

bitFlyer

おすすめポイント
  • ビットコイン取引量国内No.1※1
  • 15種類の仮想通貨が1円から購入可能
  • 口座開設で2,500円相当プレゼントキャンペーン中※2

bitFlyerはFXや先物を含む「ビットコイン取引量、2021年国内取引所No.1」※1となっており、安心の実績がある取引所です。

 現物取引は、15種類の通貨を1円単位から購入可能となっています。

また、Tポイントをビットコインに交換できるサービスもあるので、本物のお金を投資するのに抵抗がある人にもおすすめです。

2022年の1月22日までなら、口座開設で2,500円相当プレゼントキャンペーン中です。
取扱通貨 15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
レバレッジ手数料 0.04%/日
取引所手数料 0.01〜0.15%
入出金手数料
  • 銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
  • クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)

※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)
※2 2021 年 12 月 22 日(水) ~ 2022 年 1 月 22 日(土)午後 11 時 59 分まで
出典:bitFlyer ※2021年12月時点

ビットコインFXのやり方を解説

取引所『bitFlyer』を例に、ビットコインFXのやり方を解説します。取引所によって少し画面は違うものの、大きな違いはありません。ぜひ参考にしてください。

bitFlyerでのビットコインFXのやり方

ログインをしたら、画面左側にある「bitFlyer Lightning」をクリックしましょう。

bitflyerFX

 

「bitFlyer Lightning」の画面に移動します。はじめにレバレッジ設定を行うので、左側のハンバーガーメニュー(三本線)をクリックしましょう。

bitflyerFX

表示されたサイドメニューの「設定」をクリックしてください。

bitflyerFX

レバレッジ設定の項目で「2倍」の選択を行います。

bitflyerFX

これでレバレッジ設定の完了です。次に、上部にある「現物」「FX」「Futures」から「FX」を選択しましょう。

なお現物は現物取引、Futuresは先物取引のことです。

bitflyerFX

FXの中から「BTC-FX/JPY」を選択します。これは、ビットコインと日本円のペアのFX取引をするという意味です。

bitflyerFX

これでビットコインFXの取引板が表示されます。

証拠金維持率が2倍になっていることを確認したら、ポジションを持つ価格と数量を入力して、最後に「買い」をクリックしましょう。

bitflyerFX

指定価格になれば注文が発動し、ポジション保有となります。

ビットコインFXは難しい?儲かる確率を上げるコツ

ビットコインFXで確実に儲かる方法はありません。相場は誰にも予想できず、上級者でも損をしてしまうことが多々あるからです。

もし儲かる確率を少しでも上げたいなら、防御力を高めてトレードをするのが一番です。以下では、ビットコインFXで少しでも儲かる確率を上げるコツを3つ紹介いたします。

儲かる確率を上げるコツ
  1. 高騰したタイミングで決済する
  2. 長期保有しない
  3. アルトコインの場合は銘柄の知識を増やす、ニュースを仕入れておく

1.高騰したタイミングで決済する

高騰したチャート

FXの世界では、「下がったら買う、上がったら売る」という言葉や、「悲観で買って、楽観で売る」という言葉があります。

一般心理的には、相場が上がればもっと上がるかもしれないと保有しつづけ、相場が下がればもっと下がるかもと不安になって売ってしまいますが、逆の動きをするほうが簡単で利益を出しやすいです。

高騰したタイミングで売ったあとにもっと高騰するケースもありますが、堅実に儲けを出していくなら、高騰のタイミングで売るほうが簡単です。

長期保有しない

FXは、どちらかと言えば短期に向いている取引方法です。相場は上がり下がりを繰り返しながら、トレンド方向に進んでいくので、証拠金が少ないとロスカットになってしまう確率が高まるからです。

毎日レバレッジ手数料もかかるので、保有する時間が長いと損をしやすくなります。

長期で保有する場合は、証拠金維持率に気をつけて取引を行うようにしましょう。

アルトコインの場合は銘柄の知識を増やす、ニュースを仕入れておく

新聞などで最新ニュースを仕入れておく

チャートを分析してトレードするテクニカル分析も重要ですが、扱う銘柄知識を増やすのもおすすめです。何に使われる通貨なのか、将来性はあるのか、今後どのようなイベントが控えているのかを調べておきましょう。

 イベントやアップデート前後は価格変動が大きく、簡単な相場が多いのでFXで大きく稼げる可能性が高いです。

当サイトでもさまざまな銘柄の特徴や最新ニュースを解説しているので、ぜひ参考にしてください。

ビットコインFXには税金がかかる

ビットコインFXで年間20万円以上の利益(学生や主婦など、扶養されている方は33万円以上の利益)が出た場合、税金がかかります。必ず確定申告をするようにしましょう。

また、税金が発生するタイミングは日本円で利益がでた場合とは限りません。

 他の通貨に換金したときにも利益が出れば税金が発生します。

FX以外にも、マイニング・レンディング・ステーキング・ICOなどの利益も税金が発生します。年末に1年分のトレードや収支データを取引所からダウンロードしておきましょう。

仮想通貨の税金は『雑所得』に分類されます。もし税金の計算に不安があるなら、税理士に相談するのがおすすめです。

よくある質問

ビットコインFXにおすすめの仮想通貨取引所はどこですか?
DMM Bitcoin・bitFlyer・GMOコインなどがおすすめです。FX初心者からの人気も高く、さまざまな手数料が無料なので、お得に取引ができるでしょう。
仮想通貨のレバレッジとは何ですか?
手持ち資産以上の大きな金額の取引ができる仕組みを指します。日本国内ではレバレッジ2倍までしかできませんが、海外では100倍以上が可能です。
証拠金取引とは何ですか?

FXは現物を購入するのではなく「ポジション」を持ちます。決済時に生じる利益・損益のみを受け渡す「差金決済」です。取引をする際に担保として証拠金が必要なので『証拠金取引』と呼ばれています。

ビットコインFXのメリットを教えてください
レバレッジ取引ができるので少額でも大きく利益を出せる可能性があることです。また買いからも売りからも注文が可能なこと、24時間365日取引ができることです。
ビットコインFXのデメリットを教えてください
ロスカットによる強制決済の可能性があること、追証の可能性があることです。またFXでは1日に1回レバレッジ手数料が必要になります。利益がない場合、損をするので要注意です。
仮想通貨FXで儲かるコツはありますか?
高騰したタイミングで決済すること、長期保有しないことが重要です。またアルトコインの場合はどのような銘柄なのかを調べることや、最新ニュースを知っておくのもよいでしょう。
ビットコインFXには税金がかかりますか?
仮想通貨は利益が発生したタイミングで課税されます。年間20万円以上(扶養されている人は33万以上)の利益がでた場合、確定申告が必要となります。

まとめ

今回は、ビットコインFXの特徴や始め方、おすすめ取引所について解説しました。国内取引所ならレバレッジは2倍までと制限されています。ロスカットのリスクはあるものの、少額でトレードをすれば大きく損をすることはありません。

FXをうまく使いこなせば、利益を拡大させることも可能です。現物取引で仮想通貨取引に慣れたら、余剰資金でFXにチャレンジしても良いでしょう。ただし、現物取引よりも損失時のリスクも大きいので注意が必要です。

DMM BitcoinやbitFlyerなどは、アプリも使いやすくおすすめですよ。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事