カードローンの一括返済とは?メリット・デメリット、注意点を解説

コンビニや銀行のATMで利用できるカードローンは利便性が高く、老若男女に利用されているサービスです。

しかし、毎月返済する手間や返済期間に応じて利息が増えるため、知らず知らずのうちに負担がかかっている場合もあるでしょう。

そこで、一括返済をおこなえば返済する手間がなくなり、支払総額も減らせます。

この記事では、カードローンの一括返済についてや、利用する上でのメリット・デメリットをわかりやすく解説します。

この記事でわかること
  • 一括返済の意味
  • 一括返済をすることのメリット・デメリット
  • おすすめのカードローン

カードローンの一括返済とは?

基本的にカードローンの返済は、毎月決まった金額を決まった日に返済します。一方で、一括返済は借りたお金をすべて一度で返済する方法です。

一括返済をおこなうとカードローンの借入残高がなくなり、毎月の返済にかかる手間もなくなります。

一括返済は、クレジットカード払いの1回払いと異なるため、利用するには手続きが必要です。

一括返済の手続きはカードローン会社ごとに異なるため、利用を検討している方はあらかじめ確認しておきましょう。

カードローンを一括返済する3つのメリット

カードローンを1度にすべて支払うメリットは、以下の3つです。

カードローンにおける一括返済のメリット
  1. 支払総額が少なくなる
  2. 返済する手間がなくなる
  3. 完済の履歴が残る

一括返済すれば、借入枠が回復し、毎月の返済もなくなります。さらに、返済に発生する利息が減るため、支払総額を減らすことが可能です。

それでは、各メリットをみていきましょう。

メリット1.支払総額が少なくなる

カードローンを利用すると、利息が発生するため、返済期間が長いほど支払総額が増えてしまいます。返済によって借入残高と利息は減りますが、完済するまで利息はなくなりません。

後ほど、くわしく解説しますが利息の計算は、【利息額=借入金額×実質年率÷365日×借入日数】です。

なお、カードローンの多くは、毎月の借入残高に応じて利息額を算出するため、借入残高とともに利息額も減ります。

たとえば、30万円を金利18%で借り入れし、毎月1万円を返済する場合、利息だけで10万円以上になってしまいます。

 一方で、一括返済をすることで利息が減り、支払総額を少なくすることが可能です。

メリット2.返済する手間がなくなる

一般的なカードローンの返済方法は、リボ払いによる毎月の分割払いです。毎月決まった日までに、ATMや銀行口座にお金を振り込まなければならないため、手間がかかります。

 支払日までの期間が長いと、返済を忘れる場合もあるでしょう。その場合、支払日を過ぎた分だけ返済額が増えてしまいます。

一括返済にすれば、毎月の返済にかかる手間や管理が不要です。よって、振込忘れによる返済額の増加を防げます。

メリット3.完済情報が残る

カードローンだけでなく、個人でローンを利用すると信用情報機関に記録が残ります。借入先や借入金額、毎月の返済が滞っていないなどの情報が記録される仕組みです。

完済時にも残る信用情報機関の情報を、完済情報といいます。

完済情報は、住宅ローンやマイカーローン、借入枠の増額などの審査で有利になる場合があります。

 カードローンを一括返済すると、予定よりも早く返済が終わったことになるため、その後の審査に通りやすくなる可能性があるでしょう。

反対に、返済の遅延などがあると審査を不利にしてしまう可能性が高まるため、注意が必要です。

カードローンを一括返済する2つのデメリット

カードローンの一括返済をする上で、多くのメリットがある反面、デメリットもあります。

カードローンを一括返済するデメリット
  1. まとまった資金が必要
  2. 手続きに時間がかかる

それでは、各デメリットを解説します。

デメリット1.まとまった資金が必要

一括返済で借り入れがなくなるため、支払総額を減らせますが、まとまった資金が必要となります。しかし、無理して一括返済を行い、生活が苦しくなると借り入れした意味がありません。

 カードローンを一括返済する際は、ある程度の生活費を確保できる状態である必要があります。

一括返済をおこなうと借入残高がなくなるため、上限金額までの借り入れが可能です。よって、再び借り入れし、返済生活がはじまる可能性もあります。

デメリット2.手続きに時間がかかる

一括返済をおこなう際には、まずカードローン会社への問い合わせや、公式サイトなどで返済の手順や内容を確認する必要があります。

カードローンの返済方法は、一般的に月々の定額返済を行っているので、一括返済する際には別途振込や手続きが必要になります。

返済のやり方はカードローン会社によって違いがあり、返済日によって利息額が変動するため支払総額も異なります。

場合によって、手続きをする際に専用のATMや直接窓口を使用する必要があり、手間がかかる点は一括払いのデメリットといえるでしょう。

カードローンの一括返済による利息の計算方法

カードローンを利用した場合、利息は【利息額=借入金額×実質年率÷365日×借入日数】の式で算出できます。

なお、利息額は1日経つごとに変動するため、注意が必要です。

カードローンを契約すると、利用者ごとに金利(年率)が定められます。つまり、申込者ごとに発生する利息額が異なる仕組みです。

カードローンの利息額は借入残高・金利・借入日数によって変動します。

 仮に、10万円を金利18%で30日間で返済する場合の利息は、100,000×18%÷365(うるう年の場合は366)×30=1,479円です。

それでは、一括返済をおこなった場合と通常の返済をおこなった場合では、どれほど返済額が異なるのか見てみましょう。

一括返済と通常の返済による差額

上記と同じ条件の一括払いと、6回払いで返済した場合の返済額を比較すると以下のようになります。

一括返済と通常の返済による差額

【一括返済(30日)】

1回目:101,479円 合計返済額:101,479円

【分割払い(6回)】

1~5回目:18,000円 6回目:15,425円 合計返済額:105.425円

一括返済による支払総額が101,479円で、6回の分割払いによる支払総額は105.425円です。今回の条件で計算すると差額は3,946円でしたが、借入額が大きくなるほど差額も大きくなります。

カードローンの利息は借入残高に応じて計算する仕組みのため、残高を早く減らす方が返済の負担は軽減できます。

カードローンを一括返済する際の流れ

カードローンの一括返済は、以下の手順で進めていきます。

カードローンを一括返済する際の流れ
  1. 借入残高を確認する
  2. 一括返済をおこなう方法を選ぶ
  3. 入金
  4. 場合によっては完済証明書を発行してもらう

それでは、各手順を見ていきましょう。

流れ1.借入残高の確認

カードローンサービスの提供がある会社に問合せし、現在の借入残高を確認します。Webサイトやアプリでも、借入残高の確認は可能です。利息は1日ごとに加算されるため、返済日によって利息を含める一括返済額は変わります。

まとまった資金を用意できたら、まずは借入している金額を確認しましょう。

流れ2.一括返済の方法を選択

一括返済の返済方法は、特定のATMや銀行振込での返済や店舗窓口での対応など、各カードローン会社によって異なります。返済する金額は、利息を含めると多くの場合が1円単位での支払いです。

ATMを利用する際は、硬貨を扱っているか確認しましょう。

流れ3.入金

借入残高を確認し、即日入金ができたら残高はゼロとなり、完済したことになります。借入残高の確認後から入金までの期間があると、その分だけ利息も必要です。

 返済予定日を過ぎると返済額が変動するため、カードローン会社に連絡し、完済までの金額を確認しましょう。

流れ4.完済証明書の発行

住宅ローンなど大きな借り入れをする際に、完済証明書の提出を要求される場合があります。したがって、必要に応じてカードローン会社に完済証明書を発行してもらいましょう。

カードローンの一括返済を請求される場合がある

カードローンの支払状況によっては、貸金業者や裁判所から一括返済を請求される場合があります。とはいえ、返済をきちんとおこなえば一括返済を強制的に要求されることはないため安心してください。

それでは、一括返済を請求される2つのパターンを紹介します。

貸金業者から一括返済を請求される場合

カードローンを2か月以上支払わなかった場合、貸金業者から内容証明郵便で一括返済を要求する通知が届きます。

貸金業者との交渉次第では分割払いに対応してもらえますが、自力での返済が難しい場合は、任意整理などの債務整理を検討しましょう。

裁判所から一括返済を請求される場合

貸金業者から一括返済を求める通知に応じなかった場合、早ければ約3カ月後に裁判所から通知が届きます。

裁判所から届く通知は、貸金業者裁判所に申し立てることで送られる仕組みです。

カードローンを滞納すると、最終的には裁判所とやり取りする必要があります。

したがって、資金に余裕がある状態なら、早めに返済を終わらせることが賢明です。

カードローンの一括返済が向いている人・向いていない人

カードローンには、さまざまな返済方法があります。そこで、一括返済が向いている人と向いていない人の特徴を参考にして、今後の返済計画を立ててみましょう。

カードローンの一括返済が向いている人

カードローンの一括返済が向いている人の特徴は、以下のとおりです。

カードローンの一括返済が向いている人
  • 毎月の家計に余裕がある
  • 直近で多くのお金を使用する予定がない
  • 一括返済後でも生活に支障がない
上記の特徴に当てはまる方は、一括返済を検討するとよいでしょう。

現在、利用しているカードローンの金利が高くて困っている方は、カードローンの借り換えやおまとめローンの利用もおすすめします。

カードローンの一括返済が向いていない人

反対に、カードローンの一括払いが向いていない人の特徴は以下のとおりです。

カードローンの一括返済が向いていない人
  • 家計に余裕がない
  • 家計や貯金に余裕はあるが、直近で多くのお金を使用する予定がある
  • 一括返済をすると貯金が少なくなり、生活に支障がでる

上記のような特徴がある方は、カードローンを一括返済せずに、約定返済や繰り上げ返済を検討してみてください。貯金をほぼすべて使ってまで一括返済をしても、再びカードローンなどの借り入れを利用する羽目になります。

 約定返済とは借入残高のうち決まった金額を決まった日に返済する方法で、繰り上げ返済とは借入残高を適宜返済する方法です。
ただし、返済期間が長くなると支払利息が増えてしまうため、資金に余裕ができたタイミングで一括返済を検討するとよいでしょう。

カードローンを一括返済する際の注意点

カードローンを一括返済する際は、下記に注意しましょう。

カードローンの一括返済で覚えておきたい注意点
  • 無理をしない
  • 端数に対応できない場合がある
  • 解約にはならない
それでは、3つの注意点を解説します。

注意点1.無理をしない

一括返済すると、将来的に支払う利息を軽減できますが、手元の資金がない状態で無理に一括返済をすると生活を圧迫する可能性があります。

借入金の返済は必要ですが、余分な資金をしっかりと確保することも大切です。

無理な返済により、生活が困難になったり、新たに借入したりすると、一括返済をおこなう意味がありません。

 返済計画には余裕を持ち、ボーナスを得たタイミングなど、手元の資金に余裕ができた際に一括返済を検討しましょう。

注意点2.端数に対応できない場合がある

ATMで一括返済する際には、超過返済に気をつけましょう。たとえば、一括返済の総額が100,100円であった場合、コンビニのATMでは硬貨を扱っていないため、101,000円を入金します。

 払い過ぎた分の返還については、各カード会社によって異なるため、一括返済をATMでおこなう際には硬貨を取り扱っているか確認しましょう。

注意点3.解約にはならない

一括返済をしても、借入残高がゼロになるだけで、カードローンは解約になりません。つまり、再び借り入れすることが可能です。

 カードローンを一度解約すると、再び使用するには、審査に通る必要があります。

カードローンには年会費がなく、持っているだけでコストが発生するものでもありません。

カードローンの審査は必ず受けるわけではないため、特別な事情がない限りは解約しないでおくのが無難です。

ただし、カードローンの返済が終わっていない状態だど、住宅ローンなどの審査でマイナス評価を受ける可能性もあるため、大きな借り入れを検討している方は、解約も視野にいれましょう。

おすすめのカードローン

カードローンは、スマートフォンやコンビニATMで気軽に借り入れできるため、若者やお年寄りまで幅広い年齢層に人気がある金融商品です。

とはいえ、カードローンを提供している業者は金融機関と消費者禁輸をあわせて1900社以上の存在します。

したがって、お金を借りたくても、どのカードローンがよいのか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

そこで、おすすめのカードローンを3つ紹介します。どれも、大手企業が提供しているカードローンのため、はじめて借入する方でも安心できるでしょう。

三井住友カードのカードローン

三井住友カード カードローン

三井住友カードのカードローンのおすすめポイント
  • 上限金利が15.0%と比較的低い
  • 返済方法や返済日を自分の都合に合わせられる

三井住友カードのカードローンは、カードローンタイプ込専用タイプの2種類から、自分にあったプランを選択できます。

 カードタイプの金利は1.5%~15.0%ですが、振込専用タイプを選択すると1.5%~14.4%まで引き下げが可能です。

さらに、三井住友カード独自の適用利率引き下げサービスを提供しており、返済を滞りなくおこなうと、翌年度から毎年0.3%ずつ金利が下がります。

最大で1.2%まで金利が下がるため、最終的には金利0.3~13.2%で借り入れが可能です。

最短5分審査完了後、(Vpassアプリに登録することで)すぐにご利用できます。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

金利(実質年率) 1.5%~15.0%
利用限度額 10万〜900万円
審査スピード 最短5分で即時発行可能
融資スピード 最短5分でお借入れ可能
借入方法
  • ATM
  • インターネットバンキング
  • 電話
  • インターネット
  • 自動融資(バックアップ)
返済方法
  • ATM
  • インターネットバンキング
  • 口座振替
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 満20歳以上満69歳以下

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

アコム

アコムのおすすめポイント
  • 消費者金融のなかでも安心感が高い
  • 最短で即日融資が可能
  • はじめて利用する場合は30日間の無利息借り入れが適用

アコムは、大手金融グループの三菱UFJファイナンシャル・グループ(MUFG)の傘下である消費者金融のため、安心して利用できます。

 融資スピードの速さに定評があり、審査時間が最短30分、融資に至っては最短1時間での利用が可能です。

契約後は、ローンカードが自宅に届く前でもWeb上で振込依頼をすれば、すぐに借り入れできます。楽天銀行への振込手数料はアコム側に負担してもらえる点も特徴のひとつです。

さらに、はじめてアコムを利用する際にWebから申し込めば、30日間の無利息期間が適用となるため、30日間は金利ゼロで借り入れできます。

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

金利(実質年率) 3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
借入方法
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • 店頭窓口
  • 振込
返済方法
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • インターネット
  • 店頭窓口
  • 振込
  • 口座振替
WEB完結・カードレス融資 可能
申込条件 20歳〜69歳

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

バンクイック

バンクイック

バンクイックのおすすめポイント
  • 三菱UFJ銀行の口座があれば振込での借り入れが可能
  • 三菱UFJ銀行の口座がなくても申し込みできる
  • 毎月1,000円から返済できる

バンクイックは、メガバンクとして有名な三菱UFJ銀行が提供しているカードローンです。全国の三菱UFJ銀行やセブン銀行、ローソン、E-netATM手数料をかけずに利用できます。

 三菱UFJ銀行の口座がなくても利用でき、24時間365日いつでも申し込み可能です。

テレビ窓口の営業時間外でも手数料が発生しないため、いつでも気軽に借り入れできます。

金利1.8~14.6%と比較的軽い負担でカードローンを利用できる点は、バンクイックの強みといえるでしょう。

 

金利(実質年率) 1.80%〜14.60%
利用限度額 500万円
審査スピード 最短翌営業日
融資スピード 最短翌営業日
借入方法
  • 提携コンビニATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 口座振込
返済方法
  • 口座引き落とし
  • コンビニATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 口座振込
WEB完結・カードレス融資 可能※申し込みまで
申込条件 満20歳〜65歳未満

よくある質問

一括返済は利用するべき?
カードローンの一括返済は、資金に余裕があり、支払総額を減らしたい場合は利用するべきといえます。返済期間が長くなるほど、最終的に支払う金額が多くなるため、1度にまとまった資金がなくなっても生活に支障がない場合は、一括返済を検討してみてください。
一括返済する方法とは?
現在利用しているカードローンに一括返済というメニューがない場合は、臨時返済を同じ手順で返済します。カードローン会社に問い合わせて、借入残高を確認し、返済方法を選択し完済に必要なお金を入金すれば、一括返済の手続きは完了です。カードローン会社の返済方法には、約定返済や繰り上げ返済があります。
一括返済すると信用情報に影響はある?
カードローンを一括返済してから解約すると、信用情報機関に完済情報が記録されます。完済情報があると、新たにローンを申し込む際の審査で、有利になる可能性があるでしょう。ただし、カードローンを解約せずに契約し続けていると、信用情報にカードローンを利用している事実が残ります。借入残高がゼロでも、借入している状況になっているため、再び借り入れする予定がないなら解約も検討してみてください。
完済後に再びカードローンを借りられる?
カードローンを一括返済により完済した後でも、解約していなければ、同じローンカードで再び限度額まで借り入れできます。解約した場合は、使用していたローンカードでの借り入れはできません。よって、新たにお金を借りたい場合には、再び申し込み手続きをし、審査に受かる必要があります。
完済したらカードローンは解約される?
完済しても、カードローンの契約が自動的に解約となるわけではありません。とはいえ、自分の意志で解約した場合、再びお金が必要になっても、審査に受からず借り入れできない可能性もあります。カードローンには、入会費や年会費がないため、次に借り入れが必要になった場合に備えて解約しないのも選択肢のひとつです。
一括返済を求められる場合がある?
カードローンの利用状況によっては、貸金業者や裁判所から一括返済を求められる場合があります。一括返済を求められるのは、主に支払期日を過ぎても返済しなかった場合などです。カードローンの契約時に決めた返済期日を過ぎると契約違反になるため、基本的には一括返済に応じなくてはなりません。カードローンを利用する際には、支払期日を守り、無理のない返済を続けましょう。

まとめ

この記事では、カードローンの一括返済とは何か・利用するメリット・デメリット、注意点を解説しました。カードローンは、借入期間が長くなるほど支払総額が増える仕組みです。

カードローンを一括返済すれば、支払総額を減らせるだけでなく、返済にかかる手間や管理をなくせます。さらに、完済情報が記録されるため、新たな借入時の審査でプラス評価を受けやすくなるでしょう。

カードローンにはさまざまな種類があるため、利用する際には提供先の安心性や信頼性、金利などをしっかりと比較することが大切です。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事