低金利・即日対応で借り換えに最適!おすすめカードローン7選!

借り換えは、いまより金利の低いカードローンへと乗り換えることを言います。

借り換えをすることで、月々の返済額を減らせるうえに、利息・返済総額も減らせます。

そこで今回の記事では、借り換えに最適なおすすめカードローンを紹介。さらに以下の内容についても解説していきます。

本記事でわかること
  • おまとめローンとの違い
  • クレジットカードのリボ払いで借り換えは可能か
  • 借り換え専用ローンの審査は甘いのか

カードローン選びの参考に、上限金利ランキングも掲載していますよ。借り換えを迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

カードローン借り換えのメリットとは?

カードローンの借り換えですが、現在契約中のカードローン会社から、ほかのカードローン会社へと乗り換えることを言います。

借り換え手順
  1. A社のカードローン・新たに契約し借入れ
  2. そのお金で、いま契約中のB社のローンを完済

以下、カードローンを借り換えることで得られるメリットを2つ紹介します。それぞれどんな内容か確認してみてください。

1利息を減らせる

現在より金利が低いカードローンに借り換えることで、その分月々の利息を減らせます。借入残高が減るわけではありませんが、最終的に返済総額を減らすことに繋がるのです。

2月々の返済額を減らせる

借り換える理由のひとつとして、毎月の返済額を減らすことがあります。

ローン会社によって、返済方式や毎月の返済額の設定などは異なるので、同じ借入額&金利でも、返済総額や毎月の返済額に違いが生まれてきます。

ここで今借りているローン会社ではなく、別の会社へと変えることで、月々の返済額を減らすせる場合があるのです。

例えば

元金定額方式から元利定額方式へと変えると、月々の返済額が一定となるので、利息分による変動がなくなります。

毎月1万円の返済であれば、元金+利息分で返済額は1万円なので、元金定額方式で返済していた際の”1万円+利息分”よりも、結果的に月々の返済額が減るのです。

また返済方式は、同じ元利定額方式や元金定額方式のままであっても、会社により毎月の返済額が、1万円だったり2万円と設定しているところもあります。

限度額が増える

借り換えを行うことによって、より限度額が大きいカードローンを契約することになります。限度額ギリギリまで利用していた人であれば、借り換えを行うことによって限度額を増やすことができます。

限度額が増えたからといって無計画に融資を受けることはおすすめできません。借入を行う際には、返済計画を立てた上で利用するように心がけましょう。

【借り換え専用ローン】の審査は甘い?審査落ちする人は?

「借り換え専用ローン」は、”審査が甘い”と聞いたことはありませんか?実際に借り換えローンの審査難易度はどの程度なのか、気になっている方も多いはずです。

では早速、借り換え専用ローンの特徴や審査基準、注意点などをご紹介していきましょう。

借り換えローンの審査が特別甘いというわけではない!

結論から言えば、借り換えローンの審査は決して甘いわけではありません

これは借り換えローンに限った話しではなく、ローン審査全般に言えます。借り換えローンの審査基準は、通常のカードローンの審査方法と異なり、審査基準自体はかなり厳格と言われています。

借り換えローンをした際の主な審査項目は主に以下3つです。

審査項目
  1. 借入総額
  2. 収入の安定性
  3. 返済実績

貸し付けを行う側からすれば、返済能力のある人により高い融資を行うのが基本です。他社借入がなく継続的な給料が保証されていれば、審査基準も通りやすいと言われています。

 とくに重要視される項目が返済実績です。

借り換えローンの審査において、金融機関からの返済実績のみならず、通信費の支払い実績もすべてチェックされます。他の支払いにて延滞が見られた場合は、当然、新しいローン会社の審査には通りにくくなります。

借り換えローンの審査に落ちるのはこんな人

カードローンの審査内容については、金融機関側は基本的に公開しておりません。ですが、審査に落ちてしまう人に下記のような共通点がありました。

審査落ちしやすい人の特徴
  • 借り入れ金額・件数が多すぎる人
  • 信用情報に傷がある人
  • 申し込み時の情報に虚偽がある人
  • 継続的にお金が入ってこない人

1借り入れ金額&件数が多すぎる人

借り換えローンを利用する場合「他社からの借り入れ金額が多い」「金融会社からの借り入れ件数が多い」に該当すると貸し付け額も大きくなる分、審査はさらに厳しくなると言われています。

とくに重視されるは「返済能力の有無」です。返済能力がない人に融資を行ってしまうと、踏み倒される可能性があります。そのリスクを避けるために返済能力が怪しい人には融資しないようにしています。

2信用情報に傷がある

過去に債務整理または、3ヶ月以上の延滞を起こした方は、審査通過は非常に困難となります。信用情報機関のブラックリストに載ってしまった方とは、それだけ大きなリスクを伴うからです。

これに当てはまる場合は、地道に返済していくか、ブラックリストの掲載期間が過ぎるのを待つほかありません。一度ブラックリストに入ってしまうと融資を受けられるようになるまでかなりの時間がかかってしまいます。

3申し込み時に虚偽の申請をした人

申し込み時に入力した必要事項(個人情報・勤務先情報など)に誤情報が含まれていた際、すぐには審査落ちにはなりません。大体は、申し込み内容確認の電話の段階で、情報の修正ができます。

 しかし、わざと収入・勤務先・住所などを偽って記載することは、もちろんNGです。

ちょっとした間違いなら修正で済みますが、明らかな虚偽申請の場合は審査落ちになると思ってください。虚偽申告は信用性を損なうため、絶対にしないようにしてください。

4現時点で収入が不安定な人

金融機関がお金を貸すのは、返済能力があると判断された人のみになります。その返済能力の有無を判断するにあたり、「収入」は重要な要素となります。

 カードローンの審査では「収入がない=返済できない」と判断されかねません。

定期的に安定した収入が入ってこない人には、借り換えローンの審査に通過できる可能性も低くなる、ということになります。

150万円以下の少額借り換えにおすすめ!借り換えカードローン3選!

1住信SBIネット銀行 カードローン

住信SBIネット銀行 カードローンはこんな人におすすめ!
  • 信用に自信がある方
  • SBI 証券口座保有登録済の方
  • 住信SBIネット銀行に住宅ローン残高がある方

【住信SBIネット銀行 カードローン】は、住信SBIネット銀行のサービスになります。

審査の結果次第で、「プレミアムコース」「スタンダードコース」のいずれかに振り分けられますが、大抵の方が適用されるスタンダードコースでも限度額150万円以下の申し込みで、11.99%以下の金利で借りられます。

金利(実質年利) 年1.590%~14.790%
利用限度額 10万円~1200万円
申込条件 満20歳以上満65歳以下
審査スピード 申し込みから7営業日で本審査終了
融資スピード
アプリ対応 可能
WEB完結 融資まで
遅延損害金利率 年率20%

出典:https://www.netbk.co.jp/contents/

2ソニー銀行カードローン

ソニー銀行カードローンはこんな人におすすめ!
  • 住信SBIネット銀行ユーザーでない方
  • 返済日は自分で指定したい方

【ソニー銀行カードローン】は、ソニーや三井住友銀行の出資により設立されたソニー銀行のサービスになります。

特徴としては、ソニー銀行に口座がない場合でも「初回振込サービス」で、カード受け取り前に融資が受けられるので、カード到着を待つ必要がないことです。

金利(実質年利) 2.500%〜13.800%
利用限度額 10〜800万円
申込条件 満20歳~満64歳
審査スピード
融資スピード
アプリ対応 可能
WEB完結
遅延損害金利率 年率14.6%

出典:https://moneykit.net/visitor/loan/

楽天銀行 スーパーローン

楽天銀行

楽天銀行 スーパーローンはこんな人におすすめ!
  • スマホで申し込みを完結させたい方
  • コンビニATMを利用したい方
  • いつもの銀行で返済・借入したい方

楽天銀行スーパーローンは、スマホですべての申し込みが完結するカードローンです。書類の提出はすべて楽天銀行アプリから行えるため、煩わしさを感じることはありません。

楽天銀行スーパーローンは全国のコンビニATMを無料で利用できます。借入・返済も普段使っている銀行口座でOK。楽天銀行口座も不要なので、わざわざ口座を開設する必要はありません。

金利(実質年利) 年1.90%~14.50%
利用限度額 10万円~800万円
申込条件 満20歳以上満62歳以下
審査スピード
融資スピード
アプリ対応 可能
WEB完結 可能
遅延損害金利率 年率20%

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/

300万円以上の高額借り換えにおすすめ!借り換えカードローン3選!

1横浜銀行 カードローン

横浜銀行カードローンはこんな人におすすめ!
  • 利用限度額が1,000万円
  • 日本全国から借入可能

【横浜銀行カードローン】は、利用限度額は1,000万円で、他のカードローン会社と比較して高めの設定になっています。高額の借入れを検討している方には、おすすめのカードローンです。

また、横浜銀行と取引がなくても申し込み可能なので、横浜銀行の口座を持っていない場合、「審査〜融資」までの間でアプリから口座開設を申し込んでおきましょう。

金利(実質年利) 年1.5%~14.6%
利用限度額 1,000万円
申込条件 満20歳以上69歳以下
審査スピード 最短翌日
融資スピード 最短翌日
アプリ対応 可能
WEB完結 可能
遅延損害金利率 18.0%

出典:https://www.boy.co.jp/

2みずほ銀行 カードローン

みずほ銀行カードローンはこんな人におすすめ!
  • 金利は最大14.0%
  • みずほダイレクトから「借入」「返済」可能
  • 24時間受付可能で申し込みはWEB完結

【みずほ銀行カードローン】は、金利が年2.0%〜14.0%です。一般的な銀行カードローンの上限金利は平均14.50%程度ですので、上限が14.0%というのは、他のカードローンと比較しても低い金利と言えます。

みずほ銀行カードローンは「普通預金のキャッシュカード」or「カードローン専用カード」で利用可能となっています。

ちなみにみずほ銀行をメインバンクにしている方には、「うれしい特典」の最高ステージが適用されています。うれしい特典の最高ステージになると、ATM手数料や振り込み手数料が無料になります。

金利(実質年利) 年2.0〜14.0%
利用限度額 800万円
申込条件 20〜66歳
審査スピード 翌営業日以降
融資スピード
アプリ対応
WEB完結 可能
遅延損害金利率 19.9%

出典:https://www.mizuhobank.co.jp/index.html

3ろうきん カードローン

ろうきんカードローンはこんな人におすすめ!
  • ATM引出手数料がキャッシュバックされる
  • ネットから資金移動や残高確認が可能

【ろうきんカードローン】は、年3.875%〜8.475%で利用できます。他銀行や消費者金融より5%ほど安い金利で利用可能であり、ATMの引き出し手数料は、全額キャッシュバックされます。

コンビニやゆうちょ銀行などで、手数料が実質無料で利用できる点は、かなり大きなメリットと言えます。またインターネットバンキングを利用することで、普通預金への資金移動や残高確認などもいつでも利用可能です。

金利(実質年利) 年3.875%〜8.475%
利用限度額 500万円
申込条件 18〜65歳
審査スピード
融資スピード
アプリ対応
WEB完結 地域による
遅延損害金利率 年利 14.5%

出典:https://chuo.rokin.com/loan/myplan/

カードローン上限金利ランキング!借り換え検討の目安に!

それでは今回ご紹介したカードローンを上限金利が安い順番にランキング化しました!金利はカードローンを選ぶ際の1つの目安になりますので、ぜひ参考にしてみてください!

ろうきんカードローン
上限金利8.475%
ソニー銀行カードローン
上限金利13.800%
みずほ銀行カードローン
上限金利14.0%
楽天銀行スーパーローン
上限金利14.50%
横浜銀行カードローン
上限金利14.6%
住信SBIネット銀行 カードローン
上限金利14.790%
このような結果となりました。やはりろうきんカードローンが他銀行や、消費者金融よりも金利が安いですね。
他はかなり拮抗しているので、利用限度額や、審査スピードも合わせて比較した上で、選んでみると良いでしょう。

クレジットカードのリボ払いは借り換え可能?メリットとは

”クレジットカードのリボ払いを完済したい”このような場合のは解決手段には「おまとめローン」への借り換えがオススメです。

 クレジットカードのリボ払いが複数あって、返済が苦しいのであればおまとめローンに借り換えることができます。

そこでここでは、おまとめローンの仕組みとメリットについてご紹介していきましょう。

「おまとめローン」は、返済先を1つにまとめられる!

おまとめローンは、複数の金融機関からお金を借りたり、クレジットカード会社に利用残高がある際に、返済先(借入先)を1つにまとめられるローン商品となります。

銀行や消費者金融会社などでは、「おまとめローン」という名称で取り扱っている場合もありますが、「カードローン」「フリーローン」「借り換えローン」なども、おまとめを目的として利用することが可能です。

おまとめローンの3つのメリット

では、おまとめローンを利用することで、どのようなメリットがあるのでしょうか?おまとめローンの3つのメリットを、解説していきましょう。

1返済先を1つにまとめられるため、管理しやすくなる

返済先(借入先)が複数あると、返済日・返済回数・返済口座などがバラバラになり、管理しにくくなりがちです。しかしおまとめローンを利用することで、返済先を1つにできるので、管理しやすくなります。

2金利(手数料)を低く設定できる可能性がある

クレジットカードのリボ払いや、他の会社のローン商品より、金利(手数料)の低いおまとめローンに借り換えができたら、支払う利息・支払総額が減り、返済額の負担を軽減できる可能性があります。

3年収の3分の1を超えても借入できる場合がある

一般的な貸金業者(消費者金融会社など)からお金を借りる際には、年収の3分の1を超えてはいけないというルールが存在します。そのルールのことを「総量規制」といいます。

ですが貸金業者が取り扱っている「おまとめローン」は法令が規定する一定の条件を満たすことで、年収の3分の1を超えても借入できるケースがあります。

総量規制とは、貸金業者から借りられる、お金の総額の上限を規制する法律です。
その内容を簡単に説明すると「貸金業者が行う貸し付けは、申込者の年収の3分の1を超えてはならない」というもの。つまり、お金を借りる側から見れば、「年収の3分の1までは借りられる」ことになります。
他社で借入れている残高と合わせて、年収の3分の1を超えないかが、借りられる額の判断基準となります。
引用:https://www.smbc-card.com/nyukai/loan/magazine/knowledge/total_volume_control.jsp

まとめ

現在のお借り入れの負担を軽減するには、「カードローンの借り換え」をぜひ検討してみてはいかがでしょう。金利がより低いものに借り換えることで、利息負担の軽減が期待できます。

ですがメリットだけでなく、もちろん再度審査が必要になるデメリットもあるので、お申し込み前に審査基準を確認しておくことも大切です。

借入返済は、借り入れ金額が同じであっても、返済プランによって返済期間が異なるので利息も変わってきます。ご利用前に、ローン返済例などを参考にし、返済計画をしっかり立てるようにしましょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事