カードローンの利用限度額はどう決まる?増額する際の注意点も解説

生活していると、急にお金が必要になるシーンに出会うことがあります。時間に余裕があれば銀行ローンや借り入れなどを検討することもできますが、急用の場合は難しいでしょう。

そこで多くの人が利用するのがカードローンです。

しかし、カードローンには限度額があり、借りたかった金額まで借りられないことも珍しくありません。そこで本記事では、カードローンの限度額について解説します。

この記事でわかること
  • カードローンの限度額と決め方
  • カードローンの限度額の増やし方
  • カードローンの限度額を増やすときの注意点
  • おすすめのカードローン会社

これからカードローンを利用しようと思っている人や、現在の限度額から増やしたい人は、ぜひ参考にしてください。

カードローンの限度額とは?

カードローン

カードローンの限度額とは、その人が借り入れできる上限金額のことです。上限額は、カードローンの会社によって変わるだけでなく、借り入れする人の条件によっても変わってきます。

利用限度額が大きくなるにつれて金利が低くなることが一般的で、その金利差は10%以上になることも珍しくありません。

カードローンの限度額と金利の例は以下の通りです。

プロミス 500万円 4.5~17.8%
三井住友カード カードローン 900万円 1.5~15.0%
アコム 800万円 3.0~18.0%
バンクイック 500万円 1.8~14.6%
SMBCモビット 800万円 3.0~18.0%

会社によって上限額や金利が異なるため、借り入れ前に十分に検討しましょう。

各カードの特徴は、記事後半で詳しくご紹介します。

カードローンの限度額はどのように決まる?

カードローンによって、上限額に幅を設けていることがほとんどです。そのため、利用者に応じて限度額は異なります。では一体、どのような点を見て限度額は決まっているのでしょうか。

審査の基準は明らかにされていませんが、ここではチェックされていると考えられる3つのポイントを解説します。

カードローンの限度額の決め方
  • 総量規制のルール内であるか
  • 安定した仕事に就いているか
  • 他社の借入履歴や利用状況

それぞれ具体的な内容をチェックしていきましょう。

総量規制のルール内であるか

お金

総量規制とは、貸金業法によって定められており、借入金は年収の3分の1までとなっています。そのため、年収が少ない人は限度額が小さく、年収が多い人は限度額が大きくなっていきます。

なお、借入可能額の合計金額が年収の3分の1となるため、ほかで借り入れがある場合は、合算して計算しましょう。

 銀行カードのカードローンは総量規制の対象外であることから、より限度額を引き上げたい場合は銀行のカーローンを使うことも有効です。

なお、ほかにも住宅ローンやマイカーローン、高額医療費のための貸付も総量規制の対象外です。

また、配偶者がいる場合は、配偶者の年収も含めて3分の1までの貸付となるため、限度額が引き上げやすいでしょう。

銀行のカードローンは総量規制はありませんが、独自の審査があるので上限が緩いわけではないですよ。

また、総量規制の例外貸付に該当するカードローンは年収の1/3を超えて借入することができます。

例外貸付には「顧客に一方的に有利となる借換え」「借入残高を段階的に減少させるための借入れ」などがあげられます。

参照:金融庁「カシキン Q&A

安定した仕事に就いているか

勤務先

カードローンに限らず、お金を借りるときには、貸し手は回収できるかを吟味します。そのため、定職に就いていない人だと回収が難しく限度額が小さくなりがちです。

そのため、ベンチャー企業より大手企業の方が限度額が大きくなりやすかったり、勤続年数が長い人の方が審査に通りやすかったりします。

また、会社の規模に加え勤続年数も大切な指標になります。一般的に同じ会社で長年働いている方の方が審査に通りやすくなる傾向にあります、

安定した収入がないと審査に通らなかったり限度額が少額になりますよ。

他社の借入履歴や利用状況

同社からの借入がなくても、他社からの借入やカードローンがある場合は、限度額に影響します。借入金額は信用情報機構に保管されており、総量規制も踏まえた上で限度額について吟味されます。

 借入金額だけでなく返済が滞っていないか、債務不履行を起こしていないかなどの観点でもチェックされます。

他社から借入履歴がある人は、限度額が小さくなるかもしれません。

カードローンの限度額を上げるには増額がおすすめ

カードローン/おすすめ/バレないアイキャッチ画像

カードローンの限度額を増やすのであれば、新たにカードローンと契約するのではなく増額審査を受けたほうがいいでしょう。

新たにカードローンと契約する場合、審査を通過できない恐れがあり、最悪の場合は何度も審査に落とされてカードローンの利用に影響してしまいます。

 カードローンの審査に落とされてしまうと、次の審査にも多大な影響を及ぼしてしまいます。審査落ちを避けることが何よりも重要です。

増額審査を受けることによって、今まで利用していたカードローンの実績などを考慮して限度額の引き上げ審査が行われます。

正しくカードローンを利用し、返済をしている実績が確認されていれば、問題なく増額審査を通過できる可能性が高くなっているのです。

限度額を欲張ってしまうと審査落ちとなる可能性が高まってしまいます。

増額審査を受けるメリット①金利を下げられる可能性がある

カードローンの増額審査によって、限度額を引き上げた際、場合によっては金利を下げてくれるケースがあります。

 金利を下げてくれれば、返済時に必要となる利息の金額を抑えられるようになり、より返済しやすい環境を手に入れられるようになるでしょう。

金利の引き下げは利用者にとってプラスとなる行為です。できる限り増額審査を経て、少しでも低金利にしていくことが望ましいでしょう。

新規申込では低金利を実現するのは困難です。

増額審査を受けるメリット②新規申込に比べて融資を受けられるまでの時間が短い

また、既に契約しているカードローンで増額してもらう方針となりますので、新規申込と違い融資を受けられるまでにかかる時間は短くなります。

 増額の場合は限度額の変更によって融資を受けられる金額を変更していくため、新規申込に比べて融資の時間は短縮されます。

新規申込でも当日に融資してくれる即日融資の方法が用意されているものの、即日融資を受けられるカードローンは限定されており、銀行などでは対処できません。

増額審査を受けるメリット③多重債務となる心配がない

一番のメリットは多重債務を避けられるという点です。多重債務となった場合、重要なローン審査時に影響が及んでしまい、審査を通過できない場合があります。

増額審査を受けた場合は1社だけの契約となりますので、多重債務になる心配はありません。

 あらゆるメリットを考慮すると、新規申込より増額審査を優先したほうがいいでしょう。

カードローンは増額審査をいつでも受け付けているため、敷居の低さという部分でも恩恵を受けられるのです。

新しく契約するくらいなら、思い切って増額を検討してください。

カードローン増額申請の仕方

お金

限度額の増額は、電話で受け付けを行っている会社が多いです。なお、会社によってはサイトの会員ページや無人契約機から行うことができます。

自分が借り入れている会社の申請方法を確認してみてください。なお、増額申請には収入証明書が必要になる場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

借入額を増やすということは、年収が増えていることなどをチェックされますよ。

なお、限度額の増額の手順は、主に以下のような流れで行われます。

限度額の増額申請の流れ
  1. 申し込み連絡と書類提出
  2. 本人確認
  3. 審査
  4. 限度額の増額

実際に申請してから限度額の増額が受けられるまではタイムラグが生じるため、余裕を持った申請がおすすめです。

カードローン増額のメリット

Axie Infinity(アクシーインフィニティ)の稼ぎ方

カードローンの利用限度額を増額するメリットには以下の3点があります。

カードローンの利用限度額を増額するメリット
  • 金利が低くなる場合が多い
  • 他社からの借入に申し込むよりもスムーズに借りられる
  • 借入金の管理を行いやすい

金利が低くなる場合が多い

カードローンでは、利用限度額ごとに上限金利が設定されているため、利用上限額が大きくなるほど金利が低く設定されていることが多いです。

三井住友銀行では以下のようになっています。

ご契約極度額 お借入利率
100万円以下 年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下 年1.5%〜4.5%

利用限度額によって年間の金利に10.0%以上の差が出るので、利用限度額を上げることが大切であると言えます。

 利用限度額は希望者が借入できる上限金額で、実際にどれだけ借入しているかの金額ではありません。

利用限度額は、実際に借入している金額とは異なるので利用限度額を引き上げられるようにコツコツ返済しブラックリストへ載らないようしていくことが大切です。

出典:三井住友銀行

他社からの借入に申し込むよりもスムーズに借りられる

向いている人

旅行や趣味、友人の結婚など急な出費がかさなり、現在利用しているカードローンの上限ではお金が足りなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。

そうした場合、現在利用しているカードローンではなく他社からの新規借り入れを申し込むこともできます。

 手続きなどで申し込みに時間がかかり、欲しいタイミングでお金がない可能性があります。

既に使用しているカードローンでの増額申請では再度申し込み書類の提出などを行う必要がないため、手続きがスムーズに行えます。

借入金の管理を行いやすい

一般的にカードローンは毎月1度決められた金額を返済する必要があります。

カードローンそれぞれで返済日・返済金額が異なるため、複数のカードローンを利用しているといくらどこから借りたかなどの管理がきちんとできない可能性があります。

きちんと管理ができておらず返済日を忘れてしまうと、増額できなくなるだけでなく減額もしくは次回から貸してもらえない可能性もあります。

1社で借り入れをしていると金額・返済日などを確認するところが1つで済むため、借入金を管理しやすいと言えます。

カードローン増額のデメリット

PCの前でがっかりする男性

カードローン増額のデメリット
  • 限度額が下がる可能性がある
  • 返済金額が増える

限度額が下がる可能性がある

増額の申請を行ったら必ず審査が通り上限が上がるというわけではありません。

増額申請の際も審査が行われ、場合によっては収入証明書の提出が求められることもあります。

新規でカードローンを申し込んだ際の収入状況に変化があり、返済が厳しいと判断されるとこれまでの上限が引き下げられることもあります。

増額の申請を行う際は、収入が下がっていないか、支払いに遅延がなかったかなどをきちんと把握し返済に滞りがないようにしましょう。

返済金額が増える

利用限度額の増減審査に通過し限度額が引き上げられ、借り入れ金額が増えると毎月の返済金額も増えます。

 毎月の返済額が増えるため、自分でもきちんと返済し続けられるか判断して申し込むことが重要です。

利用限度額が引き上げられ、借入可能額に余裕ができたからといって必要以上に借り入れるのではなく、無理なく返済できる範囲で借り入れるようにしましょう。

カードローンの限度額を上げる際の注意点

カードローンで限度額を増額しようと思ったら、いくつかの注意点を押さえておく必要があります。

カードローンの限度額引き上げの注意点
  • 必要な額だけ増額申請する
  • 収入よ返済計画を立ててから申請する
  • 嘘の年収などを申告しない

それぞれ詳しく解説していきます。

必要な額だけ増額申請する

財布

増額の申請自体は、カード会社が設定している限度額の最大まで可能です。しかし、限度額の最大までの申請は控えた方が賢明です。

 現時点で必要となる金額まで増額申請をし、さらに必要になった場合に都度増額申請しましょう。

増額の際は、改めて審査する必要があるため、融資できる金額が大きいとその分審査も慎重になります。また、総量規制を超える可能性がある場合は、増額できないため注意が必要です。

総量規制ギリギリで増額申請するのではなく、必要な分増額しましょう。

収入と返済計画を立ててから申請する

増額する場合は、事前に返済計画やシミュレーションを行いましょう。借入金額が増えるということは、総返済額が増えるということです。

 無理な返済計画は、生活を圧迫するだけでなく、最悪の場合自己破産などの債務整理を行わなければいけません。

各カードローン会社のサイトでは、返済計画のシミュレーションが用意されていることが多いため、申し込み前に一度返済計画を立てましょう。

なお、収入が増えることを見込んで増額する場合は、想定通りの収入を維持できるのか、働く環境に変化はないのかなど、収入面の計画も必須です。

返済期間が延びると支払う利息が増えるため、期間についても検討しましょう。

嘘の年収などを申告しない

税金

増額申請する場合は、再び年収などを申告しなければいけません。その際、収入証明書などの提出が必要になることもあります。

なかには、嘘の申告をして増額を申し込む人もいるようですが、嘘がバレたときに自分の信用問題に繋がります。

 年収が下がっていた場合や転職をした場合は、増額ができないだけでなく限度額の引き下げが行われる可能性があるので注意しましょう。

年収の申告は、正直に現状を伝えるようにしましょう。

限度額・増額方法を比較!おすすめのカードローン5選

プロミス

プロミス

おすすめポイント
  • 担保や連帯保証人なしで借り入れ可能
  • 返済は提携するコンビニATMからできる
  • 24時間webから限度額増額の申し込みができる

プロミスは、来店不要でwebからの申し込みや申請が完結するカードローンです。正社員だけでなく、派遣社員やアルバイト、主婦や学生の人でも申し込みすることができます。

公式サイトでは、借入上限額のシミュレーションだけでなく返済計画を立てることもできるため、増額の検討がしやすいのが特徴です。

 増額の申請はwebから24時間行うことができるほか、最短60秒で審査の質問を終えることができます。

返済は提携するコンビニのATMからもできるので、返済を忘れにくいのもメリットです。また、利息は1日単位でかかってくるため、早めに返済できる場合には、利息の支払いを減らすことができます。

担保や保証人不要で借り入れできるため、人にバレる可能性も低いですね。

借入金利(年) 4.5~17.8%
利用限度額 1~500万円
融資スピード 最短25分
Web申込み 可能
申込み対象 18歳以上74歳以下

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
※収入が年金のみの方はお申込いただけません。

出典:プロミス

三井住友カード カードローン

三井住友カードカードローン

おすすめポイント
  • 最短5分の即時発行ができる
  • 提携ATMや口座振り込みで借り入れが可能
  • 増額の申し込みはwebから最短30分で可能

三井住友カード カードローンは、初回の利用審査が最短5分、限度額増額の申し込みは最短30分でwebからできるカードローンです。

土日や夜間も24時間借り入れ可能なので、使いたいタイミングで融資が受けられるのはメリットでしょう。

 限度額増額には、年収証明書類の提出が必要になることがあるため、事前に用意してから申し込むのがおすすめです。

なお、スピード審査では最短5分で融資が受けられますが、通常審査を希望した場合は3~7営業日かかる可能性があるので注意しましょう。

web通知書サービスへの登録や審査時間内での受付が、スピード審査利用の条件となりますよ。

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

借入金利(年) 1.5~15.0%
利用限度額 900万円まで
融資スピード 最短5分(新規契約時点の利用額は50万円まで)
Web申込み 可能
申込み対象 20歳以上69歳以下

※最短5分の会員番号発行は、新規契約時点でのご利用枠が50万円でのお申込みとなります。
※最短5分の会員番号発行 受付時間:9:00〜19:30

出典:三井住友カード カードローン
出典:≪キャッシングリボご利用枠設定・増枠申し込み≫Vpassの「スピード審査」なら「土・日・祝日」も最短30分以内で審査結果を回答します!!|三井住友カード

アコム

アコム

おすすめポイント
  • 初めての場合は契約日の翌日から30日間金利0円
  • 最短30分で融資可能
  • 借り入れできるかの診断は最短3秒

アコムは、初めての借り入れでは契約日の翌日から30日間金利0円で借りることができます。また、最短3秒で借り入れ可能かの診断ができ、最短30分で融資を受けられます。

限度額の増額は、マイページからの手続きで簡単に申請ができるほか、無人契約機に来店しての手続きも可能です。

 借り入れや返済は提携するコンビニATMから行うことができるため、手軽に利用できます。

また、申し込み方法もインターネットや店舗、電話だけでなく郵送などにも対応しているため、自分に合った方法で利用できるでしょう。

カードレスで利用することもできるので、周りに知られたくない人も使いやすいですね。

借入金利(年) 3.0~18.0%
利用限度額 1~800万円
融資スピード 最短30分
Web申込み 可能
申込み対象 18歳以上(高校生不可)

出典:アコム

バンクイック

バンクイック

おすすめポイント
  • 返済額は月1,000円から可能
  • webからの申し込みで24時間受付
  • 返済日前にメールで通知が来るので遅延を防げる

バンクイックは、三菱UFJ銀行の口座を持っている場合、口座に融資額の振り込みをしてもらえるカードローンです。利用限度額内であれば、何度でも手数料0円で融資が受けられます。

また、口座を持っていると基本情報の登録が済んでいるため、新たに記入する項目が少なくて済むほか、返済に口座引き落としを選択することもできます。

 もちろん三菱UFJカードを持っていなくても新たに作る必要もなく、提携しているコンビニATMでは手数料無料で利用可能です。

月々の返済額は1,000円から可能で、返済日前にメールで通知が来るため、返済を忘れにくいのがメリットです。

限度額の増額は、公式アプリから自身で申し込みができるほか、第二リテールアカウント支店専用ダイヤルへの連絡で申し込むこともできます。

返済を怠っていなければ、バンクイックから限度額をあげてくれることがありますよ。

借入金利(年) 1.8~14.6%
利用限度額 10~500万円
融資スピード 最短翌営業日
Web申込み 可能
申込み対象 20歳以上65歳未満

出典:バンクイック

SMBCモビット

SMBCモビット

おすすめポイント
  • 電話連絡や郵送物なしでwebのみで申し込みが完結する
  • Tカード機能付きのカードを選択するとTポイントが貯まる
  • 三井住友銀行の提携ATMから入金・出金できる

SMBCモビットは、SMBCグループの会社が融資するカードローンです。申し込みの際は、基本的に電話連絡や輸送物での確認をしていないため、webで完結するのがメリットです。

利用限度額を増やすためには、申し込み後に別途審査を受ける必要があります。スマホからは専用アプリ内、パソコンからは会員専用ページから申請できます。

 増額審査の申し込みができる人にしか「増額審査申込」が表示されないため、表示されていない人は審査の対象外になります。

また、Tカード機能付きのカードを選択すると、Tポイントを貯めることもできます。なお、返済や出金には三井住友カードのATMだけでなく、提携しているコンビニATMも利用できます。

増額申し込みが表示されている人は追加審査をしてみましょう。

借入金利(年) 3.0~18.0%
利用限度額 1~800万円
融資スピード 最短即日※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
Web申込み 可能
申込み対象 20歳以上74歳以下の方※収入が年金のみの方はお申込いただけません。

出典:SMBCモビット

よくある質問

カードローンの限度額はどのように決定されますか?
現在保有している収入等によって決められます。収入を持っている金額が多ければ多いほど、高い限度額を狙えるようになります。ただ、個人的な希望が最優先されますので、利用者側が希望している限度額に合わせて審査する傾向が強まっています。
カードローンの限度額には最低限の数字が存在するのですか?
最低限度の限度額は用意されています。消費者金融系のカードローンは10万円が最低限度額に設定されているケースが多く、銀行系カードローンでは30万円程度を最低限に設定しているケースがあります。最低限の数字を達成できない場合は審査に落とされてしまいます。
カードローンの限度額は勝手に下げられるのですか?
基本的に下げられる心配はありませんが、増額審査を受けた際に問題を抱えていると判断されて限度額を下げられるケースがあります。また、返済遅延などを繰り返していると判断された場合も同様に、これ以上貸せないと判断されて限度額を下げられてしまいます。
カードローンの限度額は収入以上の数字になるのですか?
収入を超えるケースはほぼありません。消費者金融系は総量規制のルールにより、年収の3分の1以上は融資できないルールとなります。銀行には総量規制のルールは存在しませんが、自主的に総量規制のルールを適用しているケースが多く、収入以上の借り入れはできません。
限度額を下げて審査を受けたほうが審査は通過しやすいのですか?
審査を通過できる可能性は高くなります。限度額を下げることにより、必要とされている収入や勤務年数などが下げられるようになり、より審査を通過しやすくなります。収入に自信がないと判断している場合、まずは限度額を下げて審査を受けたほうがいいでしょう。
銀行系のカードローン審査は限度額を厳しく見ているのですか?
消費者金融系に比べると厳しい限度額の設定になりやすく、収入に不安のある人は最低限度の数字に変更されてしまう場合があります。希望している限度額で通らない可能性もありますので、なるべく安定した収入を確保したほうがいいでしょう。
増額審査後に問題を起こした場合、限度額はどうなりますか?
増額審査直後に問題を起こしている場合、即座に限度額を制限され、借入額を抑えられる場合があります。ある程度時間が経過している場合は、返済の状況などを加味して最終的に限度額の設定をどのように変更するか決められます。
カードローンの金利は単利でしょうか?複利でしょうか?
現在、銀行や大手の消費者金融が提供しているカードローンは単利でお金を借りることができます。
そのため、複利によって借金が膨れあがることはありません。
単利であっても、借金を返さないと増えていくので、きちんとコツコツ返していくよう心がけましょう。

まとめ

カードローンは通常の銀行などの借り入れより金利が高く設定されていることも多いですが、最短即日融資を受けられるものも多く、利用する人が多いのも特徴です。

また、利用後に限度額の増額を申し込むこともできるため、カードローンを有効に使っていきたい人に向いているでしょう。

限度額の増額には追加で審査が必要になりますよ。

限度額を増額することで、金利を下げられる可能性もあるため、限度額いっぱいまで利用する予定がなくても申し込むことで返済額が減ることもあるでしょう。

いずれも、無理な借り入れや返済計画は自分の生活を破綻させてしまうため、事前に計画を立てて利用するのがおすすめです。

ぜひ参考に、カードローンの限度額を増額して、賢くカードローンを利用していきましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事