カードローンの申し込み方法を解説!必要書類やおすすめカードローンを紹介

急な冠婚葬祭、イベントなどでお金が必要になるときは多いはず。そんな時におすすめなのがカードローンです。短期間にまとまったお金を借り入れることができるため、金欠の時でもお金を手にできます。

しかし、カードローン会社はいくつもあり、申し込み方法も複雑で分からない…という方もいるでしょう。

そこで、この記事ではカードローンの申し込みに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • カードローンの申し込みに必要な書類
  • カードローンの申し込み方法
  • 利用のメリット・デメリット
  • おすすめのカードローン
カードローンの基本を学んで、気になるカードローンへ申し込んでみましょう。

カードローンの申し込みには何が必要?

大抵のカードローンでは、申し込む前に必要なものがいくつかあります。カードローンによって細部は異なるものの基本的に必要なものは一緒です。その種類は大きく2つに分かれます。

カードローンの申し込みに必要なもの
  • 本人確認書類
  • 収入証明書類
ここでは、上記2つの書類について詳しく解説していきます。

本人確認書類

本人確認書類は、本人の身分を証明する書類です。カードローンの申し込みでは、原則として本人確認書類の提出が必要とされます。

本人確認書類として認められるものは以下の通りです。

本人確認書類
  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • 個人番号カード
  • 健康保険証
  • 住民基本台帳カード
  • 日本国パスポート
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
本人確認書類は、カードローン会社によって1つか2つ提出が求められます。運転免許証のコピーの提出のみでよい時期もありましたが、近年は「犯収法」の改正などにより提出書類の増加が必要となりました。
 その他にも、身体障がい者手帳、療育手帳、年金手帳なども本人確認書類として提出できるカードローンもあります。
また本人確認書類の提出の際には、書類に記載されている住所が現住所と違ったり有効期限が切れたりしていないか確認しましょう。

本人確認書類はなるべく最新の情報に更新した上で、提出するようにしましょう。
※正式名称「犯罪による収益の移転防止に関する法律」。犯罪による集積の防止、被害の回復を図るために、犯罪組織への資金の供与を防ぐために2008年3月1日に施行された法律。

収入証明書類

収入証明書類は、申込者本人が収入をどれだけ確保できているのか証明するための書類です。一般的に収入証明書類は、申込者の借入額を確かめるために提出が必要とされます。

収入証明書類として認められるのは以下の通りです。

収入証明書類
  • 源泉徴収表
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • 納税通知書
  • 所得証明書

 

なぜ収入証明書類の提出が必要かというと、賃金業法により以下の場合において提出が義務付けられているからです。

 ・賃金業者から50万円を超えて借り入れる場合
・ほかの賃金業者から借り入れている分も合わせて合計100万円以上を超えて借り入れる場合

また、総量規制により借入できる金額は年収の3分の1までとなっています。法律による規制がある以上、賃金業者も申込者の年収を把握する必要があります。

なお、銀行系カードローンは総量規制の対象にはなりませんが、独自の規制を設けて借入額を制限しています。

多額のローンを借り入れる場合は、収入証明書類を提出する必要があることを頭に入れておきましょう。

カードローンの申し込み方法を解説

カードローンの申し込みに必要なものは分かりましたね。では続いてカードローンの申し込み方法について解説していきます。

とはいえ、カードローンは数多くの種類が存在しますし、申し込み方法ももちろんバラバラです。そこで、今回はプロミスのカードローンの申し込み方法について解説していきます。

大手賃金業者の申し込み方法を確認して流れを頭に入れておきましょう。
プロミスの申し込み方法は大きく分けて4つあります。
申し込み方法
  • Webからの申し込み
  • 電話からの申し込み
  • 郵送での申し込み
  • 来店での申し込み

 

それでは順に解説していきます。

Webからの申し込み

Webからの申し込み
  1. Webから申し込む
  2. 契約可能額を決定し希望の方法(電話・メール)にて連絡
  3. Webで契約(カードの有無を選択)または、来店で契約
  4. カードなしだとWeb完結で借り入れ可能!

プロミスではWebから24時間365日申し込みが可能となっています。審査結果をメールに選択した場合、インターネット上で契約可能額を確認可能です。

そして、Web申し込みならば、カードを受け取らずにWebで申し込みが可能です。

電話からの申し込み

電話からの申し込み

電話からの申し込み
  1. 電話(プロミスコール)から申し込む
  2. 契約可能額の回答
  3. 来店で契約・カード受け取り、もしくは契約書類・カードを郵送で受け取り
  4. 借り入れ可能

 

受付時間 9:00~21:00
(土日祝日も可)

電話からの申し込みでは、契約可能金額の回答が審査からおおよそ30分~1時間ほどで連絡されます。来店で契約・カード受け取りにより、素早く融資を受けることが可能となります。

郵送での申し込み

郵送での申し込み
  1. 郵送で申し込む
  2. 指定の連絡先に審査結果を連絡
  3. 契約書類・カードを郵送で受け取り
  4. 借り入れ可能

 

郵送での申し込みは、人と会わずに申し込みを完結させることができます。また、申込書はインターネット、もしくはプロミスコールからの取り寄せが可能です。

来店での申し込み

来店での申し込み
  1. 必要書類を持参の上、自動契約機、店頭窓口(お客様サービスプラザ)へ来店
  2. 審査の上、契約可能額を回答
  3. 契約・カード発行
  4. 借り入れ可能

 

来店での申し込みは、必要書類を持参して自動契約機での申し込みも可能です。詳しい申し込み方法が分からない方でも流れに任せて申し込めます。

おすすめカードローンを紹介!

1プロミス

プロミス

プロミスは、はじめての利用ならば30日間利息が0円になります。Web契約ならば即日融資も可能であり、銀行・コンビニの提携ATMで利用可能です。

また最短15秒で借入可能額が分かります。さらに、申し込みから融資までの時間は最短30分。急ぎの方でも便利にローンを組むことができます。

 スマホローンならばカードなしで原則24時間セブン銀行・ローソン銀行での利用が可能です。

初めての方でも安心して利用ができるカードローンと言えるでしょう。
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
借入限度額 500万円
審査スピード 事前審査最短15秒、本審査最短30分
融資スピード 最短30分
申し込み資格 年齢20歳~69歳の本人で安定した収入のある方
Web完結 あり
学生の利用 可能
口座開設 不要

2アイフル

アイフルは最短25分融資が可能なカードローン。申し込み&審査では、原則24時間365日いつでも申し込みが可能でありネット上から契約可能です。

融資が一刻も早くほしい方は、申し込み後フリーダイヤルへ電話することで審査を早めることもできます。

アイフル
フリーダイヤル
0120-337-137
受付時間:9:00~21:00

早く融資が必要な方にとってはおすすめのカードローンであると言えるでしょう。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
審査スピード 最短25分
融資スピード 最短25分
申し込み資格 満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方
※取引中に70歳以上になった時点で融資中止
Web完結 あり
学生の利用 可能
口座開設 不要

3SMBCモビット

SMBCモビットでは、利用分のうちの利息分200円につきTポイントが1ポイント貯まります。また貯まったTポイントは1ポイント=1円相当として返済可能です。

会員専用サービスの「Myモビ」では、スマホ上から借入・返済ができます。

三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行の口座をお持ちの方は、Web完結で申し込みができるため非常に手軽です。

Tポイントを利用している方ならば、ポイントを貯めながら借り入れることができますよ。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
審査スピード 簡易審査10秒、本審査最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
融資スピード 最短即日可能
申し込み資格 年齢満20歳~69歳の安定した定期収入のある方
(アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能)
Web完結 あり
学生の利用 可能
口座開設 不要

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

4アコム

アコムでは金利が3.0%~18.0%とカードローンの中では比較的低金利なカードローンとして知られています。さらにアコムでの契約が初めての方は契約日の翌日から30日間金利がかかりません。

また、アコムではネットやATMから24時間借入・返済が可能です。自分の好きなタイミングで取引できます。

利用可能な媒体
  • パソコン・スマートフォン
  • コンビニエンスストア(セブン銀行、ローソン銀行、イーネット)
  • アコム店頭窓口
  • アコムATM
  • お振込み・自動引き落とし

アコムはネット完結が可能なカードローン。パート・アルバイトの方も申し込み可能なため、お金に困ったときは是非申し込みをしてみてはいかがでしょうか?
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
借入限度額 800万円
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日可能
申し込み資格 20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
Web完結 可能(在籍確認が必要な可能性もあります)
学生の利用 可能
口座開設 不要

5レイク ALSA

レイクは初めての方限定で利息が60日間0円となります。さらに5万円までの借入ならば180日間まで利息が0円になります。

申し込みから借入までの時間が60分と利用までの時間が短く、気軽にお金を借りれられます。スマホから申し込めば、借り入れまでWebですべて完結させることができます。

スマホ申し込み
  1. 申し込み・審査
  2. 本人確認・契約
    「スマート本人確認」…運転免許証で本人確認が可能。
    「口座登録で本人確認」…本人名義の金融機関口座登録で本人確認が可能。
  3. 口座への振り込み

レイクALSAは利息無料のプランが2つから選択可能。自分に合うプランを見つけお得にローンを組みましょう。
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
借入限度額 500万円
審査スピード 最短15秒
融資スピード Webで最短60分、最短即日融資も可能
申し込み資格 満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
Web完結 あり
学生の利用 可能
※アルバイトなどをしており一定の収入がある方
口座開設 不要

カードローンは申し込みだけでもOK?メリット・デメリットを解説

天カードから切り替えるメリットはある?

もしもの時に備えてお金を蓄えておくことは必須。そのため、カードローンを発行して好きなときにお金を引き出せるようにする方もいらっしゃるでしょう。

ですが、カードローンは申し込みをするだけで問題はないのでしょうか。そこで、カードローンを申し込むだけのメリット・デメリットについてまとめていきます。

カードローンを申し込んでもいいか、メリット・デメリットを踏まえたうえで総合的に判断しましょう。

カードローンを申し込むだけのメリット

メリット

メリット
  • 好きなときに借り入れが可能
  • 費用を抑えられる
カードローンでは、通常のローンとは違い返済まで好きなときに借り入れをすることができます。コンビニのATMでも利用できるカードローンが増えてきているため、非常に手軽です。
 近年ではスマホから直接取引できるカードローンもあるため、自分のタイミングで取引が可能です。
また、カードローンではクレジットカードとは違い年会費がかかりません利息も発生しないので、余計な出費はかからず万が一に備えお金を貯めておくことができます。

手元にすぐに使えるお金があることは意外と頼りになるものなのですよ。

カードローンを申し込むだけのデメリット

デメリット

デメリット
  • 他のローンの審査が厳しくなる
  • 無利息になる期間が終わってしまう
ローンを複数借り入れていると、取引履歴が信用情報に記録されてしまいます
 金融業者は申込者の審査を行う際、必ず過去の金融取引が記録されている信用情報をチェックします。仮にカードローンを利用しなくても限度額分が借入とみなされ、返済利率を超えることも珍しくはありません。
また、プロミスやアコムなどのカードローンでは、初めての方に限り一定の期間利息が無料になる期間があります。しかし、借入期間が長すぎると無利息期間が適用されなくなってしまうこともあります。

使わないだけでもデメリットは発生するため、利用の際には注意しましょう。

まとめ

ここまでカードローンの申し込みについてまとめてきました。

カードローンの申し込みについて少しは理解していただけたでしょうか?
カードローンの申し込みはそこまで難しくはありません。申し込みに必要な書類や大まかな流れさえ頭に入れておけば失敗することはありません。
是非カードローンを活用して快適なマネーライフを送りましょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事