パソコンと電卓

各カードローン会社では、提携ATMをはじめ、いくつもの返済方法を用意しています。これはとても利便性に長けていますが、その一方で「どの返済方法が一番便利なの?」「自分には合っているの?」といった疑問も出るでしょう。

そこで今回は、以下のカードローン会社を例に、返済方法をそれぞれ詳しくまとめました。

カードローンの返済が減らない時に賢い返済方法やコツも紹介しているため、ぜひ最後までご覧ください。

本記事で紹介するカードローン会社一覧
  • アイフル
  • アコム
  • レイクALSA
  • SMBCモビット
  • プロミス
  • 三菱UFJ銀行「バンクイック」
  • 楽天銀行「楽天スーパーローン」
  • 三井住友銀行カードローン
  • オリックス銀行カードローン

上記カードローンに興味がある方はぜひ参考にしてください。

消費者金融カードローンの返済方法|提携ATM以外の方法も

スマートフォン

はじめに、消費者金融カードローン(アイフル、アコム、レイクALSA、SMBCモビット、プロミス)の返済方法をご紹介します。

アイフルのカードローン返済方法

返済方法一覧
  • スマホアプリ
  • 提携ATM
  • コンビニ
  • 口座振替
  • 振込

アイフルでは、こちら5通りのカードローン返済方法が用意されています。それぞれの詳しい返済方法・流れについては以下をご確認ください。

①スマホアプリでの返済方法・流れ

スマートフォン

スマホアプリでの返済方法
  1. スマホアプリにログイン
  2. アプリ画面にて「返済」を選択
  3. セブン銀行orローソン銀行のATM画面にて、スマートフォンでの取引を選択してQRコードを表示させる
  4. QRコードをアプリから読み込む
  5. ATM画面にて企業番号と暗証番号を入力
  6. ATM画面にて返済金額を入力、確認で返済完了

返済にスマホアプリを使用する場合、ATMが設置されているセブンイレブン、もしくはローソンで行います。スマホアプリを使用するとローンカードが不要なため、キャッシングの利用が周囲に知られにくいメリットがありますす。

土日や深夜でも返済が可能なため、忙しい方でも利用しやすいでしょう。

②提携ATMでの返済方法・流れ

ATM

提携ATMでの返済方法
  1. アイフルATMのほか、提携先ATM(コンビニや銀行)にてローンカードを挿入
  2. ATM画面にて「ご返済」を選択
  3. 現金をATMに挿入し、返済完了

最寄りの提携ATMは公式サイトにて検索できるため、そちらにてご確認ください。

アイフルローンカードを使用するとスマホアプリよりも入力項目が少なく、簡単に返済を行えるのがメリットでしょう。

アイフルATMも提携先ATMも土日返済が可能です。ただし深夜の返済に関しては、ATM設置店舗の営業時間によって異なりますのでご注意ください。

アイフルATMは返済手数料が無料ですが、提携先ATMは有料です。

③コンビニでの返済方法・流れ

コンビニ

コンビニでの返済方法
  1. ファミリーマートのFamiポートを利用
  2. 画面にて「金融サービス/国際送金など」を選択
  3. 「借入金のご返済」を選択
  4. 「アイフル」を選択し、返済金額を入力
  5. 出力されたFamiポート申し込み券をレジまで持っていく
  6. レジにて現金で代金を支払い、返済完了

ファミリーマートでは、Famiポートからの返済が可能です。

Famiポートから返済を行う場合、端数の入金が可能なのは大きなメリットでしょう。スマホアプリやATM返済では、千円単位での返済となるため、百円以下の端数は返済ができません。

Famiポートからの返済も、土日や深夜の返済が可能です。

ただし返済手数料はかかるため、ご注意ください。

④口座振替での返済方法・流れ

郵便

口座振替での返済方法
  1. アイフル会員ページ、もしくは郵送にて口座振替の手続きを行う
  2. アイフルが手続きを受領
  3. 以後は返済日になると自動的に口座振替によって返済完了

口座振替での返済には、事前に手続きが必要です。手続きはWebまたは郵送で行えますが、Webに比べて郵送では大幅に時間がかかるのが難点でしょう。少しでも早く手続きをしたい場合は、Webの利用をおすすめします。

引き落とし名義は「アイフル」ではないため、キャッシングの利用を隠したい方でも安心して利用できますよ。

⑤振込での返済方法・流れ

お金

振込での返済方法
  1. アイフル会員ページ、もしくは会員専用ダイヤルにて振込先口座を確認
  2. お好みの金融機関や提携ATMにて振込手続きを行い、返済完了

アイフルの振込返済は、全国どこの金融機関でも対応しています。Webからの振込手続きに対応している金融機関であれば、いつでもどこでも気軽に返済できるのはメリットでしょう。

振込手数料は必要ですが、端数の返済も可能です。

アコムのカードローン返済方法

返済方法一覧
  1. Web
  2. 提携ATM
  3. 店頭窓口
  4. 口座振替
  5. 振込

アコムでは、こちら4通りのカードローン返済方法が用意されています。それぞれの詳しい返済方法・流れについては以下をご確認ください。

①Webでの返済方法・流れ

パソコン

Webでの返済方法
  1. アコム会員ページにログインする
  2. 「インターネットでのご返済」を選択
  3. 返済口座を選択し、返済金額を入力
  4. 「金融機関でお手続きを進める」を選択
  5. 返済口座に選択した金融機関の会員ページにログインする
  6. 支払いを実行し、返済完了

Webからカードローン返済を行う場合には、金融機関がWebからの手続きに対応していなくてはいけません。利用する金融機関が対応しているかどうかは、アコムの公式サイトにて確認できます。

Web返済なら振込手数料が無料であるほか、24時間365日いつでも返済が可能(※アコムや金融機関のメンテナンス日を除く)です。

返済日をギリギリまで忘れていた時や、忙しい時にも重宝するでしょう。

②提携ATMでの返済方法・流れ

ATM

提携ATMでの返済方法
  1. アコムATMのほか、提携先ATM(コンビニや銀行)にてローンカードを挿入
  2. ATM画面にて「ご返済」を選択
  3. 現金をATMに挿入し、返済完了

最寄りの提携ATMは公式サイトにて検索できます。

アコムATMも提携先ATMも24時間365日いつでも返済が可能です。ただし、深夜の返済に関しては、ATM設置店舗の営業時間によって異なるためご注意ください。

返済手数料は、アコムATMも提携先ATMもどちらも有料です。

③店頭窓口での返済方法・流れ

窓口

店頭窓口での返済方法
  1. アコム店頭窓口に出向く
  2. 店頭スタッフに相談のうえ、返済を行う

アコムでは店頭窓口での返済も可能です。最寄りの店舗は公式サイトで検索できます。店頭窓口での返済では、スタッフに相談の上で返済を行えるのがメリットです。

「思ったよりも毎月の返済額が大きい、少ない」「もっと短期間で返済を終わらせたい」など、返済に関して悩むことがあれば、ぜひ店頭窓口を利用してみてください。

店頭窓口での返済には、手数料がかかりませんよ。

④口座振替での返済方法・流れ

お金

口座振替での返済方法
  1. アコム店頭窓口、もしくは郵送にて口座振替の手続きを行う(郵送の場合はアコムカードローン総合デスクに問い合わせ、書類の送付を依頼)
  2. アコムが手続きを受領
  3. 以後は返済日になると自動的に口座振替によって返済完了

口座振替での返済には、事前に手続きが必要です。手続きはアコムの店頭窓口または郵送で行えますが、口座振替の開始までには2~3か月ほどの時間がかかる場合があるため、ご注意ください。

手続きが済めば、その後は返済日がくると自動的に返済が行われます。返済の手間がかからないのはメリットでしょう。

引き落とし名義は「アコム」でないため、キャッシングの利用を隠したい方でも安心して利用可能です。

ただし振替手数料はかかるため、ご注意くださいね。

⑤振込での返済方法・流れ

お金

振込での返済方法
  1. アコム会員ページにて振込先口座を確認
  2. お好みの金融機関や提携ATMにて振込手続きを行い、返済完了

アコムの振込返済は、全国どこの金融機関でも対応しています。Webからの振込手続きに対応している金融機関であれば、いつでもどこでも気軽に返済できるのはメリットでしょう。

ただし振込手数料が必要です。

レイクALSAのカードローン返済方法

返済方法一覧
  1. 提携ATM
  2. 口座振替
  3. 振込

レイクALSAでは、3通りのカードローン返済方法が用意されています。それぞれの詳しい返済方法・流れについては以下をご確認ください。

①提携ATMでの返済方法・流れ

ATM

提携ATMでの返済方法
  1. 新生銀行カードローンATMのほか、提携先ATM(コンビニや銀行)にてローンカードを挿入
  2. ATM画面にて「ご返済」を選択
  3. 現金をATMに挿入し、返済完了

最寄りの提携ATMは公式サイトにて検索できます。新生銀行カードローンATMは、返済手数料が無料ですが、深夜返済には対応していません。

一方、提携ATMでは、返済手数料はかかりますが、ATM設置店舗の営業時間によっては深夜でも返済可能です。

ローンカードがなくても「電話番号」「生年月日」「カード暗証番号」の3つが分かれば、返済が行えます。

②口座振替での返済方法・流れ

郵便

口座振替での返済方法
  1. レイクALSA会員ページ、もしくは郵送にて口座振替の手続きを行う
  2. レイクALSAが手続きを受領
  3. 以後は返済日になると自動的に口座振替によって返済完了

口座振替での返済には、事前に手続きが必要です。手続きはWebまたは郵送で行えます。手続きが済めば、その後は自動的に返済が行われます。返済の手間がかからないのは大きなメリットでしょう。

振替手数料もかかりませんよ。

③振込での返済方法・流れ

紙幣

振込での返済方法
  1. レイクALSA会員ページにて振込先口座を確認
  2. お好みの金融機関や提携ATMにて振込手続きを行い、返済完了

レイクALSAの振込返済は、全国どこの金融機関でも対応しています。Webからの振込手続きに対応している金融機関であれば、いつでもどこでも気軽に返済できるメリットがあります。ただし、振込手数料が必要です。

SMBCモビットのカードローン返済方法

返済方法一覧
  1. Web・アプリ
  2. 提携ATM
  3. 口座振替
  4. 振込

SMBCモビットでは、こちら4通りのカードローン返済方法が用意されています。それぞれの詳しい返済方法・流れについては以下をご確認ください。

①Web・アプリでの返済方法・流れ

ウェブサイト

Web・アプリでの返済方法
  1. WebもしくはアプリからSMBCモビット会員ページにログインする
  2. 「インターネット返済」を選択
  3. 返済金額を入力し、画面の指示に従って操作を進める
  4. 金融機関を選択し、金融機関の会員ページにログインする
  5. 「払込実行」を選択し、返済完了

Web、もしくはアプリからカードローン返済を行う場合には、金融機関がWebからの手続きに対応していなくてはいけません。利用する金融機関がインターネットバンキングに対応しているかご確認の上、手続きを進めてください。

Web返済では、振込手数料が毎月10回まで無料であるほか、24時間365日いつでも返済が可能です(※SMBCモビットや金融機関のメンテナンス日を除く)。

返済日をギリギリまで忘れていた時や、忙しい時に重宝するでしょう。

②提携ATMでの返済方法・流れ

ATM

提携ATMでの返済方法
  1. 提携先ATM(コンビニや銀行)にてローンカードを挿入
  2. ATM画面にて「ご返済」を選択
  3. 現金をATMに挿入し、返済完了

最寄りの提携ATMは公式サイトにて検索可能です。

なお、SMBCモビットの自社ATMは存在しません。したがって、返済可能時間はATM設置店舗の営業時間によって異なります。

返済手数料がかかるため、ご注意ください。

③口座振替での返済方法・流れ

スマートフォン

口座振替での返済方法
  1. WebもしくはアプリからSMBCモビット会員ページにログインする
  2. Webでは「返済方法変更」、アプリでは「手数料のかからない返済方法(口座振替型)のご案内」を選択
  3. それぞれ画面の案内に従って、口座振替手続きを済ませる
  4. 以後は返済日になると自動的に口座振替によって返済完了

SMBCモビットでは、「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「みずほ銀行」「ゆうちょ銀行」の口座でのみ、振替返済が可能です。利用できる口座は少ないですが、その代わりに手続き後はすぐに口座振替へと切り替えることができます。

引き落とし名義は「SMBCモビット」でないため、キャッシングの利用を隠したい方でも安心して利用可能です。

振替手数料もかかりません。

④振込での返済方法・流れ

ATM

振込での返済方法
  1. SMBCモビット会員ページの「利用状況照会」から振込先口座を確認
  2. お好みの金融機関や提携ATMにて振込手続きを行い、返済完了

SMBCモビットの振込返済は、全国どこの金融機関でも対応しています。Webからの振込手続きに対応している金融機関であれば、いつでもどこでも気軽に返済でき可能です。ただし振込手数料が必要です。

プロミスのカードローン返済方法

返済方法一覧
  1. Web
  2. 提携ATM
  3. コンビニ
  4. 店頭窓口
  5. 口座振替

アイフルでは、こちら5通りのカードローン返済方法が用意されています。それぞれの詳しい返済方法・流れについては以下をご確認ください。

①Webでの返済方法・流れ

ウェブサイト

Webでの返済方法
  1. プロミス会員ページにログインする
  2. 「インターネット返済のお手続き」を選択
  3. 返済金額を入力する
  4. 金融機関を選択し、金融機関の会員ページにログインする
  5. 振込を実行し、返済完了

Webからカードローン返済を行う場合には、金融機関がWebからの手続きに対応していなくてはいけません。利用する金融機関が対応しているかどうかは、プロミスの公式サイトにて確認できるため、事前に調べておきましょう。

Web返済では返済手数料が無料であるほか、24時間365日いつでも返済が可能です(※プロミスや金融機関のメンテナンス日を除く)。

返済日をギリギリまで忘れていた時や、忙しい時にはありがたいですね。

②提携ATMでの返済方法・流れ

ATM

提携ATMでの返済方法
  1. プロミスATMや三井住友銀行ATMのほか、提携先ATM(コンビニや銀行)にてローンカードを挿入
  2. ATM画面にて「ご返済」を選択
  3. 現金をATMに挿入し、返済完了

最寄りの提携ATMは公式サイトにて検索できます。プロミスATMと三井住友銀行ATMでの返済は手数料が無料です。また土日返済も可能なため、平日が忙しい場合でも安心でしょう。

提携先ATMに関しては、返済手数料が必要です。

ATM設置店舗の営業時間によって返済可能時間が異なるためご注意ください。

③コンビニでの返済方法・流れ

コンビニ

コンビニでの返済方法
  1. ファミリーマートのFamiポートを利用
  2. 画面にて「金融サービス/国際送金など」を選択
  3. 「借入金のご返済」を選択
  4. 「プロミス」を選択し、返済金額を入力
  5. 出力されたFamiポート申し込み券をレジまで持っていく
  6. レジにて現金で代金を支払い、返済完了

ファミリーマートでは、Famiポートからの返済が可能です。Famiポートから返済を行う場合、端数の入金が可能なのは大きなメリットでしょう。

Famiポートからの返済も、土日や深夜の返済が可能です。

ただし返済手数料はかかるため、ご注意ください。

④店頭窓口での返済方法・流れ

受付

店頭窓口での返済方法
  1. プロミス店頭窓口に出向く
  2. 店頭スタッフに相談のうえ、返済を行う

プロミスでは店頭窓口での返済も可能です。最寄りの店舗は公式サイトで検索できます。店頭窓口では、スタッフに相談の上で返済を行えるのがメリットです。

「もっと短期間で返済を終わらせたい」など、返済に関して悩むことがあれば、店頭窓口を利用してみてください。

なお店頭窓口での返済には、手数料がかかりません。

⑤口座振替での返済方法・流れ

封筒

口座振替での返済方法
  1. プロミス会員ページ、もしくは郵送にて口座振替の手続きを行う
  2. プロミスが手続きを受領
  3. 以後は返済日になると自動的に口座振替によって返済完了

口座振替での返済には、事前に手続きが必要です。手続きはWebもしくは郵送で行えます。手続きが済めば、その後は自動的に返済が行われますので、返済の手間もかかりません。

引き落とし名義は「プロミス」のほか「パルセンター」を選ぶことができます。

キャッシングの利用を隠したい方でも安心して利用できますね。

銀行カードローンの返済方法|提携ATMが定番?

つづいて銀行カードローン(三菱UFJ銀行「バンクイック」、楽天銀行「楽天スーパーローン」、三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローン)の返済方法をご紹介します。

三菱UFJ銀行「バンクイック」の返済方法

返済方法一覧
  1. 提携ATM
  2. 口座振替
  3. 振込

三菱UFJ銀行の「バンクイック」では、こちら3通りのカードローン返済方法が用意されています。それぞれの詳しい返済方法・流れについては以下をご確認ください。

①提携ATMでの返済方法・流れ

ATM

提携ATMでの返済方法
  1. 三菱UFJ銀行ATMのほか、コンビニATM(セブンイレブン、ローソン、E-net)にてローンカードを挿入
  2. ATM画面にて「お預入れ」もしくは「ご返済」を選択
  3. 現金をATMに挿入し、返済完了

三菱UFJ銀行「バンクイック」の返済に利用できるのは、三菱UFJ銀行ATMのほか、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMのみです。しかし、これらのATMのどれを利用しても返済手数料が無料であるのはメリットでしょう。

最寄りのATMは公式サイトにて検索できますよ。

②口座振替での返済方法・流れ

封筒

口座振替での返済方法
  1. 三菱UFJ銀行の口座を開設する
  2. カード発行時に付属される「自動支払依頼書」を記入し、郵送する
  3. 着後、約1週間で登録完了
  4. 以後は返済日になると自動的に口座振替によって返済完了

三菱UFJ銀行「バンクイック」の口座振替返済は、三菱UFJ銀行の普通預金口座のみから行えます。口座を持っていない場合には、口座の開設から行いましょう。

口座の開設までには少々時間がかかるため、口座振替を希望している場合には、なるべく早めの開設手続きをおすすめします。

なお、返済手数料はかかりません。

③振込での返済方法・流れ

ATM

振込での返済方法
  1. 三菱UFJ銀行「バンクイック」の会員ページにて振込先口座を確認
  2. 三菱UFJ銀行の口座や提携ATMにて振込手続きを行い、返済完了

三菱UFJ銀行「バンクイック」の振込返済は、三菱UFJ銀行が運営するインターネットバンキング「三菱UFJダイレクト」、もしくはATMから行えます。

ただし振込手数料が無料なのは、三菱UFJダイレクトのみです。

口座からの振込返済を希望する場合には、あらかじめ三菱UFJダイレクトの口座を開設しておきましょう。

楽天銀行「楽天スーパーローン」の返済方法

返済方法一覧
  1. 口座振替
  2. Web
  3. 提携ATM
  4. 振込

楽天銀行の「楽天スーパーローン」では、こちら4通りのカードローン返済方法が用意されています。

ただし毎月の返済に関しては、口座振替のみ対応。ATMと振込による返済は、毎月の返済額に上乗せする「繰り上げ返済」や「一括返済」時に対応しています。

それぞれの詳しい返済方法・流れについては以下をご確認ください。

①(通常)口座振替での返済方法・流れ

銀行カード

楽天銀行「楽天スーパーローン」は、口座振替での返済が基本のため、カードローン契約締結時に口座の登録を行います。

そのためカードローンを利用し始めた時点で口座振替による返済が自動的に始まるため、手続きの手間がかかりません。返済手数料も無料です。

なお、登録する口座によって指定できる返済日が異なります。詳細は公式サイトにてご確認ください。

楽天銀行口座なら、毎月1日、12日、20日、27日と返済日の選択肢が多いですよ。

給料日など個人の都合に合わせやすいのが嬉しいですね。

②Webでの返済方法・流れ

ウェブサイト

Webでの返済方法
  1. 楽天銀行「スーパーローン」の会員ページにログインする
  2. 返済手続きページに進み、返済口座、返済金額を入力
  3. 返済口座に選択した金融機関の会員ページにログインする
  4. 支払いを実行し、返済完了

Webから随時返済を行う場合には、金融機関がWebからの手続きに対応していなくてはいけません。利用する金融機関がインターネットバンキングに対応しているかご確認のうえで手続きを進めてください。

Web返済ですと、振込手数料が無料であるほか、24時間いつでも返済が可能です。(※楽天銀行や金融機関のメンテナンス日ほか、正月やGWを除く)

返済日をギリギリまで忘れていた時や、忙しい時は助かりますね。

③提携ATMでの返済方法・流れ

ATM

提携ATMでの返済方法
  1. 提携先ATM(コンビニや銀行)にてローンカードを挿入
  2. ATM画面にて「ご返済」を選択
  3. 現金をATMに挿入し、返済完了

最寄りの提携ATMは公式サイトにて検索可能です。なお、楽天銀行の自社ATMはありません。

返済可能時間は、ATM設置店舗の営業時間によって異なります。

返済手数料がかかるため、ご注意ください。

④振込での返済方法・流れ

紙幣

振込での返済方法
  1. 楽天銀行 カードセンターにて振込先口座を確認
  2. お好みの金融機関やATMにて振込手続きを行い、返済完了

楽天銀行「楽天スーパーローン」の振込返済は、全国どこの金融機関でも対応しています。Webからの振込手続きに対応している金融機関であれば、いつでもどこでも気軽に返済できるのはメリットでしょう。

ただし、振込手数料が必要です。

三井住友銀行のカードローン返済方法

返済方法一覧
  1. 提携ATM
  2. 口座振替
  3. 振込

三井住友銀行カードローンでは、こちら3通りのカードローン返済方法が用意されています。それぞれの詳しい返済方法・流れについては以下をご確認ください。

①提携ATMでの返済方法・流れ

ATM

提携ATMでの返済方法
  1. 三井住友銀行ATMのほか、ゆうちょATM、コンビニATM(セブンイレブン、ローソン、ファミマ)にてローンカードを挿入
  2. ATM画面にて「ご返済」を選択
  3. 現金をATMに挿入し、返済完了

三井住友銀行カードローンの返済に利用できるのは、三菱UFJ銀行ATMのほか、ゆうちょATM、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMのみです。

しかし、これらのATMのどれを利用しても、返済手数料が無料であるのは嬉しいメリットでしょう。

最寄りのA提携TMは公式サイトにて検索できますよ。

②口座振替での返済方法・流れ

封筒

口座振替での返済方法
  1. 三井住友銀行の口座を開設する
  2. ローン契約機ACM、もしくは郵送で口座振替手続きを行う(郵送の場合は、三井住友銀行カードローンプラザに連絡)
  3. 返済方法の変更が受理された後は、返済日になると自動的に口座振替によって返済完了

三井住友銀行カードローンの口座振替返済は、三井住友銀行の普通預金口座のみから行えます。口座を持っていない場合には、口座の開設から行いましょう。

口座の開設までには少々時間がかかりますので、口座振替を希望している場合には、なるべく早めの開設手続きをおすすめします。

なお、振替手数料は無料です。

③振込での返済方法・流れ

ウェブサイト

振込での返済方法
  1. 三井住友銀行の「SMBCダイレクト」の会員ページにログインする
  2. 返済手続きページに進み、返済金額を入力
  3. 支払いを実行し、返済完了

三井住友銀行カードローンの振込返済は、三井住友銀行が運営するインターネットバンキング「SMBCダイレクト」からのみ行えます。振込返済を希望する場合には、あらかじめSMBCダイレクト口座を開設しておきましょう。

振込手数料が必要となるため、ご注意ください。

オリックス銀行のカードローン返済方法

返済方法一覧
  1. 提携ATM
  2. 口座振替
  3. 振込

オリックス銀行カードローンでは、こちら3通りのカードローン返済方法が用意されています。それぞれの詳しい返済方法・流れについては以下をご確認ください。

①提携ATMでの返済方法・流れ

ATM

提携ATMでの返済方法
  1. 提携ATM(コンビニや銀行)にてローンカードを挿入
  2. ATM画面にて「ご返済」を選択
  3. 現金をATMに挿入し、返済完了

最寄りの提携ATMは公式サイトにて検索できます。なお、オリックス銀行の自社ATMは存在しませんが、どのATMを利用しても返済手数料は無料です。

返済可能時間は、提携ATM設置店舗の営業時間によって異なります。

②口座振替での返済方法・流れ

ウェブサイト

口座振替での返済方法
  1. オリックス銀行カードローンの会員ページ、もしくは郵送にて口座振替手続きを行う
  2. 返済方法の変更が受理された後は、返済日になると自動的に口座振替によって返済完了

オリックス銀行カードローンの口座振替返済には、事前にWebまたは郵送での手続きが必要です。オリックス銀行カードローンは、一般的な銀行カードローンと比べて口座振替に利用できる口座が多いことが特徴です。

③振込での返済方法・流れ

デバイス

振替での返済方法
  1. オリックス銀行カードローンの会員ページにて振込先口座を確認
  2. お好みの金融機関や提携ATMにて振込手続きを行い、返済完了

オリックス銀行カードローンの振込返済は、全国どこの金融機関でも対応しています。Webからの振込手続きに対応している金融機関であれば、いつでもどこでも気軽に返済できるのはメリットでしょう。

ただし振込手数料が必要です。

カードローンの賢い返済方法|減らない時は一括返済や繰り上げ返済がコツ

最後にカードローンを早く返済する方法とコツをご紹介します。これから新規、もしくは追加でお金を借りる方や、思っていたよりも完済までに時間がかかると悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

お金を借りる前に返済計画を立てよう

計画

カードローンを利用し始める前には、必ず返済計画を立てましょう。返済計画を立てないと、自分の給料や生活費などに適した月々の返済額が明確にならなりません。

返済計画の立て方は、カードローン公式サイトの返済シミュレーションを利用するのがおすすめです。

返済シミュレーションに借入額や月々の返済額を入力すれば、完済までにかかる期間や利息がひと目で分かります。

完済までを見通した上でお金を借りれば、適切なスピードで返済を行えますよ。

なかなか減らないと悩んでいるなら、一括返済や繰り上げ返済を利用しよう

Q&A

すでにお金を借りていて、なおかつなかなか借金が減らないと悩んでいるのであれば、一括返済繰り上げ返済を積極的に利用しましょう。

繰り上げ返済の金額は、返済シミュレーションを利用して考えてみてください。現在の借入元金を借入希望額にいれ、完済までにかかる期間が希望通りになる月々の返済額を導き出しましょう。

ただし、給料や生活費などに無理のない金額を繰り上げるようにしてください。返済負担が大きすぎると生活苦に陥り、かえって借金が増えてしまう可能性もあります。

一括返済や繰り上げ返済の方法は、各カードローン会社によって異なるため、公式サイトにてご確認ください

まとめ

全9社の返済方法をまとめましたが、カードローンによって利用できる返済方法は異なります。

カードローンは一定期間にわたって返済を続ける商品のため、返済に手間がかからないかは重要ポイントです。これからカードローンを利用しようという方は、返済方法が自分に合った商品を選ぶようにしてみてください。

返済額がなかなか減らない場合には、一括返済繰り上げ返済を検討することも大切です。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい

 

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事