大学生でも利用できるおすすめカードローン7選!収入なしでもOK?

大学生になると、親の元を離れ開放的になり、ついつい遊び過ごしてしまう人も多いのではないでしょうか。大学の授業やサークル活動とアルバイトの両立はなかなか難しく、生活費が足りなくなる人も少なくありません。

生活費が足りなくなってしまった時に便利なのが、カードローンです。収入が少ない学生でも、条件さえクリアしていればお金を借りられます。

そこで今回は、大学生におすすめのカードローンを7つ厳選して紹介します。

この記事でわかること
  • お金を借りる3つの方法
  • カードローンの審査基準
  • カードローンの選び方
  • カードローンを利用する際の注意点

カードローンを検討している学生の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

大学生におすすめカードローン7選

プロミス

オリコン最新

【プロミス】のおすすめポイント
  • オリコン顧客満足度調査「ノンバンクカードローン部門」1位!(2020・2021年)※1
  • 口座開設不要
  • 自動引き落とし設定で返済忘れ防止

※1 https://life.oricon.co.jp/rank-card-loan/nonbank/

プロミスは2020年・2021年にオリコン顧客満足度「ノンバンクカードローン部門」1位の実績がある大学生におすすめしたいカードローンです。

 プロミスは申し込み段階から、契約内容確認、返済に至るまでの全てをアプリで済ませられる手軽さが特徴です。

スマートフォンから申し込めば、最短30分で融資可能かがわかるので、急いでいる時に非常におすすめです。自動引き落とし設定も可能で、返済も計画的にできます。

カードを発行せずに申し込みできるので、財布の中身もすっきりさせられるカードローンでしょう。
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
審査時間 最短30分
融資スピード 即日
借入限度額 1万円~500万円
WEB完結
申し込み条件 満20歳~69歳までで、本人に安定した収入がある人(パート・アルバイトも可)

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

アコム

アコム

【アコム】のおすすめポイント
  • 初心者なら金利最大30日間無料
  • セブン銀行ATMが使える(カードは不要)
  • 最大800万円の融資額
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループに属し、消費者金融の中でも大きな規模を誇るカード会社です。はじめて利用する場合には、契約完了日翌日から30日間「利息0円期間」のサービスを利用できます。

 電話対応は24時間受け付けているため、不安なこともすぐに解決できます。

審査後には、全国約900か所以上あるアコムの店舗や自動契約機(むじんくん)から、カードをすぐに発行できます。自宅への送付物もなくスムーズに借入できるのも特徴です。

アコムは、スマホやパソコンなどからいつでもどこでもWeb完結申し込みできるので、スマホ経由の借入がなんと9割を占めています!
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
借入限度額 1万円~800万円
WEB完結
申し込み条件 満20歳以上で安定した収入を有する方

出典:https://www.acom.co.jp/

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

SMBCモビット

SMBCモビット

【SMBCモビット】のおすすめポイント
  • 最短即日融資可能
  • WEB完結なら電話連絡がないので家族にバレない
  • 返済でTポイントがたまる

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットは、返済でTポイントがたまるだけでなく、Tポイントを返済にも使えるお得なカードローンです。手続きはネットで完結し、電話連絡や郵送物もないので周囲に知られたくない場合にも利用できます。

 申し込みをした後にコールセンターに電話連絡をすれば最短で即日融資も可能なので、急いでいる人にもおすすめです。

提携ATMは14万台(2019年9月現在)あり、全国の銀行やコンビニで利用できるため、手軽に借り入れができるだけでなく返済もしやすいでしょう。

LINEと連携すると100ポイント付与されるだけでなく、お役立ち情報なども確認できるので、SMBCモビットを利用するならLINE連携がおすすめです。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
審査時間 最短30分(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります)
融資スピード 即日
借入限度額 1万円~800万円
WEB完結
申し込み条件 ・年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある人(非正規雇用の人も可)
SMBCモビットの基準を満たす人

出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

アイフル

アイフル

【アイフル】のおすすめポイント
  • 土日祝日の借入も可能
  • WEB完結にて即日融資可能
  • 郵送物がないので家族にバレない

アイフルは、最短25分で審査完了し即日の融資が可能なカードローンです。土日祝日でも借入可能なので、急にお金が必要になった場合に便利でしょう。

 スマホアプリでの借入ならWEB完結し、郵送物もありません。

またアイフルでは「おまとめローン」にも対応しています。複数の消費者金融にお金を借りている場合には、ローンを一本化することにより管理しやすくなります。

事業資金の借入も可能で、年収1/3を超える融資も検討できます。
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
審査時間 最短25分
融資スピード 即日
借入限度額 1万円~800万円
WEB完結
申し込み条件 ・満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する人

・アイフルの基準を満たす人

出典:https://www.aiful.co.jp/

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行カードローン

【楽天銀行】スーパーローン
  • 金利は年1.9%〜14.5%
  • スマホで申し込み可能
  • 楽天銀行なら24時間365日即時※3での振込が可能

楽天銀行のスーパーローンは、金利が年1.9%〜14.5%と比較的低い※2にもかかわらず、楽天銀行の口座を登録すれば24時間365日即時※3での振込が可能なカードローンです。

 スマホで申し込みが簡単にでき、楽天会員のランクに応じて審査が優遇されるのが特徴です。

月々の返済は2,000円から可能で、ボーナス月には返済額を増やせるので、無理のない返済ができるでしょう。

コンビニでのATM利用手数料0円で、ほとんどのコンビニATMが利用できます。

※2 本記事内で紹介しているカードローンとの比較です。
※3 楽天銀行のメンテナンス時間帯及び23:50~0:10の間はお振込できません。

金利(実質年率) 1.9%~14.5%
審査時間 記載なし
融資スピード 最短翌日
借入限度額 最大800万円
WEB完結
申し込み条件 ・満年齢20歳以上62歳以下の方で、日本国内に居住している人
・毎月安定した定期収入のある人、または専業主婦
・楽天カード株式会社またはSMBCファイナンスサービス株式会社の保証を受けることができる人

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/

オリックス・クレジット オリックスVIPローンカード

オリックスVIPカードローン

【オリックスVIP】のおすすめポイント
  • WEBで完結できる
  • 即時振込、即時返済が可能
  • 提携ATMが多い

オリックスVIPローンカードは、提携ATMが17万台以上と非常に多く、使い勝手の良さが特徴のカードローンです。WEBのみですべて完結できるので、親や知人などに知られる心配もありません。

 便利なWEB契約を利用して平日14時30分までに手続きを終えれば、最短即日で融資が可能です。

原則24時間365日利用でき、登録口座へ即時振込されます。また、インターネット返済が可能な金融機関であれば即時に返済も可能です。

収支のバランスについて相談できるカウンセリングデスクがあるので、返済に困った際には便利に活用できるでしょう。
金利(実質年率) 1.7%~17.8%
審査時間 最短60分
融資スピード 記載なし
借入限度額 30万円~800万円
WEB完結
申し込み条件 満20歳~満69歳で安定した定期収入がある人

出典:https://credit.orix.co.jp/loan/vip/

レイクALSA

レイクALSA

【レイクALSA】のおすすめポイント
  • 21時までの申し込みが完了すれば60分で融資可能
  • 新規利用者はWEB申し込み限定で60日間無利息
  • レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」を使えばセブン銀行のATMで借入可能

レイクALSAは、WEB申し込みすれば最短15秒で審査が終わり、21時までに申し込みが完了すれば最短60分で融資してもらえるカードローンです。

 新規利用者なら、30日間or60日間無利息で利用できるだけでなく、借入額の5万円までを180日間無利息にする特典もも選べます。

※60日間無利息はweb申し込み限定。

併用はできませんが、無利息期間を選べるのは大きなメリットと言えるでしょう。また、レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」を使えばカードレスでセブン銀行のATMにて借入可能です。

アプリを使えば返済日なども確認ができるので、借入時だけでなく返済中も便利に活用できます。
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
審査時間 最短60分
融資スピード 即日
借入限度額 1万円~500万円
WEB完結
申し込み条件 ・満20歳~70歳で国内在住の人で、安定した収入がある人(パート・アルバイト可)
・ご自分のメールアドレスをお持ちの人
・安定した収入のある人(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。

出典:http://lakealsa.com/

【大学生必見!】お金を借りる3つの方法

【大学生必見!】お金を借りる3つの方法

大学生がお金を借りる方法は主に以下3つあります。ここでは、それぞれの方法について、メリット・デメリットを交えながらより詳しく解説していきます。

大学生がお金を借りる方法
  1. 学生ローン
  2. 銀行カードローン
  3. 消費者金融カードローン

1学生ローン

大学生や専門学生などが集まる街で多く見かけるのが、学生ローンの文字を見かけたことがある人も多いのではないでしょうか。学生をターゲットにしているので審査通過しやすいと言われています。

 個人の事情に合わせて柔軟に対応してもらえる場合も多いので、お金に困ったら一度相談してみると良いでしょう。

しかし、ネット上での申し込みができない場合が多く、来店しなければいけない手間があります。

アルバイト収入が少なくても、申し込みOKなのは非常に助かりますね。

2銀行カードローン

【大学生必見!】お金を借りる3つの方法

銀行カードローンのメリットは、他のローンと比較して金利が非常に安い点が挙げられます。しかしその分、比較的審査が厳しい傾向にあります。

「20歳以上で安定した収入のある方(学生は除く)」と、申し込み条件に書いている場合は利用できません。

3消費者金融カードローン

大学生だけに限らず、お金を借りるといえば消費者金融カードローンを思いつく人も多いのではないでしょうか。

消費者金融カードローンでは、大学生やアルバイト収入でも継続した収入があれば申し込み可能としているところが多いです。

 収入が多い学生なら、学生ローンよりも多額のローンを組める可能性もあります。

また多くの消費者金融カードローンはスマホ申し込みに対応しており、ローンの契約書類を自宅に届かないように設定可能です。

周囲に借金していることがバレたら困るという人でも安心でしょう。

学生で利便性を重視するなら消費者金融カードローンがおすすめ!

学生には消費者金融のカードローンがおすすめ!3つの理由を紹介

学生で利便性を重視する方であれば、消費者金融カードローンが向いています。ここではその理由を3つ詳しく紹介します。

学生に消費者金融カードローンがおすすめの理由
  1. 収入が少ない大学生でも申し込みできる
  2. 銀行カードローンよりも審査が通過しやすい傾向
  3. 申し込みがスマホで完結できる

1収入が少ない大学生でも申し込みできる

大学生は社会人ほど収入がないので、消費者金融のカードローンにの審査には通らないのでは?と思う人も少なくありません。

しかし最近では、「20歳以上」「収入ある方」と条件を記載している消費者金融がほとんどなので、アルバイトなどでの収入があれば大学生でも申込み可能です。

借入額が少額であれば収入証明が不要な場合もあります。

2銀行カードローンよりも審査が通過しやすい傾向

学生に消費者金融カードローンがおすすめな3つの理由

銀行カードローンは、学生(未成年含む)の申込みが出来ないことが多く、審査も厳しいと言われています。

しかし、どこの消費者金融も新規申込者の獲得に力を注いでいるため、銀行系カードローンよりも審査に通りやすい傾向にあります。

お金がない不安を取り除いてくれる消費者金融は、学生たちにとっては非常に助かる存在でしょう。

3申し込みがスマホで完結できる

多くの消費者金融ではスマホやWEBで契約が完了できるサービスを展開しています。そのため、消費者金融のカードローンを利用するところを誰にも見られたくなかったり、来店が面倒という場合でも利用できます。

返済も自動引き落としに対応している消費者金融も多いので、わざわざATMにお金を振り込む手間も省けます。

収入なしの学生でもカードローンで借りられる?

収入なしの学生でもカードローンで借りられる?

結論から言うと、基本的に収入なしの場合にはカードローンを利用することはできません。

カードローンでお金を借りるには必ず審査があります。審査がないカードローンは悪徳業者の可能性があるので注意しましょう。

カードローン審査の目的は?

カードローンを利用する場合には、必ず審査に通る必要があります。審査では「継続的に得ている収入はいくらあるのか」によって融資ができるか、融資できる金額はいくらかを判断しています。

カードローン側も、借りる人がいないと事業が成り立たないので「総量規制」のルールを守れば融資は受けられる可能性は高いです。

総量規制とは?

カードローンなどを取り扱う金融機関は、年収の3分の1を超える貸付をしてならない決まりのこと。

カードローンの審査を解説

カードローンは審査を受けなければ利用できません。全てのカードローンで審査が実施され、本当に発行しても大丈夫なのか判断されます。この審査については、以下の項目を重点的に確認されています。

カードローン審査で確認する内容
  • 年収
  • 希望限度額
  • 勤務年数
  • 他社借入
  • 信用情報
  • 虚偽記載

主に確認されている項目は、利用者が本当に信頼できるか判断する内容となります。

1つでも問題とされる情報が確認されていれば、基本的にカードローン審査に落とされます。また、他社借入が確認される場合、希望限度額から引き下げて審査を通す可能性があります。

 希望限度額が高すぎると審査落ちになります。希望する限度額はできる限り抑えましょう

申込内容に問題がないと判断された場合、カードローン審査は次のステップに進みます。一方で申込内容に問題があれば審査落ちをメールや電話で通告されます。この時点で審査落ちとなるため、この後の審査は実施されません

本人確認の電話連絡

審査が完了した後、本人に電話して確認作業を行います。ここで行う確認作業は、基本的に申込内容の復唱という形で情報をチェックします。

申込内容と電話の内容が間違っていた場合、申込内容に虚偽記載があると判断して審査に落とされる場合があります。

申込内容と同じ回答をしなければ誤った印象を与えてしまいます。

電話連絡は数分程度で完了し、必要な項目の確認が終われば電話を切ります。この時点で審査通過後に利用できる限度額が提示される場合もありますが、まだ審査は終わっていないため通知されても審査落ちの可能性は残っています。

 電話に一定期間出なかった場合、利用の意思がないと判断されて審査落ちとなります。悪質な場合はブラックリストに掲載され今後の利用は認められません。

在籍確認の連絡

本人が仕事をしているか、在籍確認によって確認されます。これは本人電話に出る必要はありません。会社に電話をかけ、本人が在籍していると確認されれば問題なく審査は終わります。

カードローン業者も本人に変わる前に電話を切るケースが多くなっています。

 勤め先によっては在籍確認の電話に出る場面もあります。この場合はすぐに電話を切ってくれるので安心してください。

在籍確認が終わればほぼ審査は完了したことにより、最終的な審査結果が通知されます。限度額などの情報も最終的なものとして確定され、カードローンの契約発行手続きに進みます。

会社によっては即日でのカード発行や振込による借入も可能です。

 在籍確認も1週間程度の時間制限があります。明らかに会社が出ないと判断されれば虚偽記載や確認不可能を理由に審査落ちとなります。

警察のデータベース確認作業

これは銀行カードローンに限定して行われるものです。銀行は反社会的勢力に融資してはいけないというルールを守るため、数年前から警察のデータベース確認が必須となりました。この作業には1~2日程度かかります。

 データベースを確認した後、犯罪履歴が確認されれば審査に落とされます。また、反社会的勢力と判断される事例があれば審査落ちの対象となります。

大学生がカードローンで即日融資してもらうコツ

ATMとお金

大学生がカードローンで即日融資を狙う場合は、以下のポイントを押さえておきましょう。

大学生が即日融資を利用するコツ
  • 消費者金融を利用する
  • 審査基準が厳しくない業者を利用する
  • 速やかに手続きを完了させる

カードローンで即日融資に対応しているのは消費者金融だけで、銀行のカードローンは対応していません。まずは消費者金融を利用する前提で申し込みを済ませてください。

それ以外の手続きは業者側の対応なども踏まえて進めていく必要があります。

消費者金融のカードローンで素早く手続きを完了させましょう。

ここからは、大学生がカードローンで即日融資を受けるコツを詳しく説明します。

消費者金融を利用する

銀行カードローンでは即日融資を受けられません。低金利という理由だけで銀行カードローンを希望するのは避けて、即日融資のため消費者金融を利用してください。

消費者金融は審査項目が簡略化されており、短時間で審査を完了できる方法があります。

 銀行カードローンは警察のデータベース照会など、手続きに多くの時間がかかってしまいます。即日融資は不可能なので注意してください。

消費者金融は審査をすぐに完了させる方法が用意されているなど、短時間で審査を終え、融資を実施できる状態を作り出してくれます。

審査をすぐに完了させてくれる点でかなり安心できるポイントと言えますので、まずは消費者金融を利用するようにしましょう。

審査基準が厳しくない業者を利用する

審査基準は消費者金融ごとに異なります。審査基準が厳しいとされているところでは、かなり厳しい対応を取られる可能性があります。

即日融資どころか審査落ちという可能性も十分ありますので、審査を通過したいと考えているなら基準を理解しておくことが重要になります。

 審査基準が厳しいとされているところを利用すると、短時間での審査完了が見込めない他、審査に落とされて融資を受けられない恐れがあります。

審査基準が甘めに設定されている業者の場合、収入が少ない状態でも審査を通過できるなど、色々なメリットが得られます。

また、審査もスピード感が非常に早くなっており、30分程度で完了する傾向が強くなっています。

速やかに手続きを完了させる

業者側の対応は非常に早い傾向にある消費者金融カードローンですが、利用者側で対応しなければならない部分は速やかに完了させなければなりません。

手続きが速やかに完了しなければ、即日融資に対応できる時間を超えてしまう可能性があります。

個人の対応が何よりも重要です。素早く手続きを終えましょう。

書類の提出電話連絡の対応など、個人でしっかり出来る対応を速やかに実施しておきましょう。短時間で済ませてしまえば即日融資も受けやすくなります。

少しでも融資を早くするためにも、業者が求めている対応をすぐに実施するなどの対応が重要です。

親にバレずにカードローンで融資してもらう方法はある?

財布とお金

カードローンは基本的に通知を出していませんので、親にバレずに融資を受ける方法として使えます。ただ、融資を受ける方法や業者によって、利用明細を紙で送付してくる可能性があります。

まずは利用明細を紙ではなくWEBで利用できるものを検討してください。

 近年は大手消費者金融がWEBによる対応に切り替えたこともあり、殆どの業者で親にバレずにカードローンを利用できるようになりました。

過去には利用明細が紙で送付されたことにより、カードローンを利用するとすぐにバレてしまう問題が起きていました。

しかし、現在はWEBによる明細に切り替わったことで、カードローンを利用した情報は本人以外に分かりづらくなっており、気づかれる心配はなくなりました

現在は本人以外が明細を確認する方法は難しくなっています。

ただ、親に見られているところで融資の手続きをするのはよくありません。手続きをしているところを目撃される、または明細を見ているところを見られてしまうと、融資を受けていることがバレてしまいます。

親が見ていないところで手続きをするのが望ましいでしょう。

 融資を受ける際はATMを利用するなどの対応を検討し、誰にも気づかれないようにしましょう。見られないような場所で融資を受けていればまず気づかれません。

後はカードローンに関連している情報を絶対に話さないことです。カードローンの情報を口に出してしまうと、融資を受けているかもしれないと気づかれやすくなります。

相手に気づかれないためにも、口に出すことを避けるようにすれば問題ありません。

基本的に普通に融資を受ければ問題なし

現代は利用明細も見られませんし、融資を受けるための電話を自宅に設定していなければ、家に電話がかかってくる可能性も低くなります。

携帯電話に確認の連絡を入れてもらうように調整した上で対応し、後は普通の手続きを進めていくだけで親に気づかれる心配はないでしょう。

携帯電話なら確認の連絡も気づかれずに進められます。

電話を自宅に入れてしまうと、親に気づかれるリスクが非常に高くなってしまうため、自宅ではなく携帯電話に入れるように整えておきましょう。

後は特に変わった手続きをしなければならないわけではないため、スムーズに審査を終えれば問題なく融資を受けられます。

 親に気づかれないように電話対応を終わらせる必要があるため、親がいないところで電話に出るなどの対応も検討しましょう。

【学生向け】カードローンのおすすめの選び方

学生向けにカードローンを選ぶ際は、以下の項目を中心に検討するといいでしょう。

カードローンの選び方
  • 返済しやすい環境
  • 学生が狙える限度額
  • 金利

学生はカードローンを利用できると言っても、多くの制限を受けて融資される形になります。限度額の上限はしっかり確認するよう心がけ、他社との違いを明確にしておきましょう。

当然ですが学生が利用できるカードローンであると確認してから申し込んでください。

利用できることを前提にその他の項目をチェックしておきましょう。

ここからは、学生向けカードローンの選び方について詳しく説明します。

返済しやすい環境

学生は忙しいことも多いため、できる限り返済しやすい環境を整えていく必要があります。返済しやすい方法として、以下のサービスを取り入れている業者は利用しやすいでしょう。

有効な返済方法
  • ATM返済
  • ネットバンキング返済
  • 都度返済

外出先での返済に対応している他、近年多くなっているネットバンキングを活用した返済方法も使いやすいサービスです。また、希望したタイミングで返済できる都度返済を採用している場合定期的な返済で利息軽減のチャンスもあります。

 様々な返済方法に対応している業者を選ぶと便利です。

学生が狙える限度額

学生はカードローン限度額制限されます。限度額の制限は業者によって異なりますが、制限されている限度額がどれくらいなのか、事前に確認したほうがいいでしょう。限度額が多ければ多いほど、大きな借入が可能です。

 銀行カードローンは利用不可能となっているケースが多くなっています。学生利用不可のカードへ申込むと審査に落とされます。

学生は10万円程度の限度額で利用可能なケースも多くなっていますが、一部の業者で30万円まで認めている場合があります。少しでも多くの借入を希望する場合は限度額を増やしておきましょう。

金利

金利は返済する際の利息を減らすために重要です。金利が低ければ返済時に負担する利息が減らせます。特に銀行カードローンは金利が低く設定されているため、審査を通過できれば低金利での借入に期待が持てます。

 消費者金融は金利が高く、銀行カードローンよりも利息を支払うことになります。ただ、消費者金融は学生でも審査通過の可能性は高くなります。

学生がカードローンを利用する際の注意点

学生がカードローンを利用する際の注意点

学生がカードローンを利用する場合には、以下の2つのリスクに注意する必要があります。

学生がカードローンを利用するリスク
  1. 滞納すると信用情報に傷がつく
  2. 就職活動に影響する可能性もある

返済日にきちんと返済できずに滞納してしまうと、信用情報に滞納した履歴が残ってしまいます。いわゆる、信用情報に傷がつく、ブラックリストに載るという状態です。

信用情報に傷がついてしまうと、クレジットカードが作成できなかったり、新たなローンを組めなくなってしまうので注意が必要です。

 信用情報に傷がついてしまうと、就職活動にも悪い影響を及ぼす可能性があります。

しかし、滞納せずにきちんと返済日までに返済をしていれば、信用情報の印象が良くなるメリットもあります。きちんと期日までに返済できるだけのお金を借りましょう。

滞納してしまうと、遅延損害金が発生するデメリットもあります。

よくある質問

大学生におすすめのカードローンはどこ?

消費者金融カードローンではアコム・プロミス・SMBCモビット・アイフル、銀行系カードローンでは楽天銀行スーパーローンがおすすめです。学生でも申し込み条件をクリアしていれば比較的審査に通りやすいと考えられています。

大学生がお金を借りる方法は?
学生ローン、消費者金融カードローン、銀行系カードローンの3つの方法があります。
学生ローンを利用するメリットとデメリットは?

学生ローンは学生専用のローンなので、審査に通りやすく、個別の相談にも対応してくれるメリットがあります。一方で、店舗に行って手続きする必要があるので、お金を借りていることが周囲にバレてしまうリスクがあります。

学生が銀行系カードローンを利用するメリットとデメリットは?
金利が低いので、返済がしやすい点がメリットとして挙げられます。しかし、審査が厳しい傾向にあるため、学生ではなかなか借りにくい可能性があります。
学生に消費者金融カードローンがおすすめの理由は?

銀行系カードローンよりも審査に通りやすく、収入が少なくても継続して収入があれば学生でも借りられます。また、スマホやWEBで契約を完結できるので、周囲にお金を借りていることが知られるリスクも低いです。

収入なしの学生でもカードローンで借りられる?

カードローンを利用するには必ず審査があるため、収入なしの学生では借りられない可能性が高いです。しかし、パートやアルバイトなどで少しでも継続した収入があるなら借りられる可能性があります。

学生がカードローンを利用する際の注意点は?
返済が間に合わないと、信用情報に傷がついてしまう可能性があります。信用情報に傷がつくと、場合によっては就職活動が困難になる可能性もあるので、滞納はしないように注意しましょう。

まとめ

今回は、学生におすすめのカードローンについて紹介しました。消費者金融カードローンは大学生でも契約しやすく、必要な時にお金をすぐに借りられるので、強い味方になってくれます。

しかし返済が間に合わないと、信用情報を傷つけてしまい、場合によっては就職活動に悪影響が出てしまう可能性があります。滞納せずにきちんと返済できるよう計画的に利用することが非常に重要です。

カードローンを賢く利用して、大学生活をエンジョイしましょう!

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事