低金利カードローン6選!金利を比較し安いカードローンを紹介

カードローンは、突然の金欠時や給料日までのつなぎなどに使える便利なサービスです。初めて利用する方は、きちんと返せるか不安に感じているかもしれません。

しかし、現在カードローンには低金利で借りられるものも多く存在します。

今回は、低金利のカードローンについて、おすすめを紹介しますカードローンをご検討中の方は、ぜひチェックしてください。

カードローンの審査はなぜ必要?法律を絡めて解説!

カードローン審査の審査はなぜ必要なのか、気になる方もいるでしょう。カードローン会社が審査を行う理由を紹介します。

なぜ審査が必要なのか

カードローン会社が審査を行うのは、2つの理由が考えられます。

審査が必要な理由
  • 返済能力の確認
  • 総量規制の確認

ひとつは、返済能力があるかどうかを確認する必要があるためです。

利用者が返済不能になると、カードローン会社は貸倒になってしまいます。そうした事態を防ぐためにも、毎月きちんと返済できる能力があるかどうかを判断する必要があるのです。

もうひとつは、総量規制に違反していないかを確認する必要があるためです。総量規制については、次の項で法律を交えながら解説します。

賃金業法

賃金業法とは、カードローンサービスを行っている消費者金融などの業者を取り締まる法律です。

賃金業法が改正前は、ヤミ金による過剰な貸し付けや、違法に高い金利で貸し付けを行い、利用者が返済苦に陥ることが横行していました。

 そこで、2010年に賃金業法が改正され、金利や融資額の適正化や、ヤミ金の取り締まりが強化されたのです。

この改正により、現在違法なヤミ金業者はそのほとんどが撲滅され、利用者は安全に借り入れができるようになりました。賃金業法の内、カードローン審査に関係している主なポイントとしては、総量規制が挙げられます。

総量規制

総量規制とは、カードローン会社が過剰な貸し付けをすることを防ぐための規制です。

カードローン会社が、利用者の返済能力を超える貸し付けを行っていないか、判断する基準のひとつとして取り入れられています。

 具体的には、賃金業者から借り入れが可能な額は、年収の3分の1までです。

1社からの借入額が総量規制に達していない場合でも、複数の借り入れを合計すると超える場合は、総量規制の対象です。そのため、カードローン審査では、他社からの借り入れ額を確認し、融資額を決定します。

すでに他社の借り入れがある利用者が、総量規制を超える金額の借り入れを希望していても、満額融資されることは絶対にありません。

また、総量規制上限まですでに他社で借り入れをしている場合、審査に通ることはまずありません。

銀行法

カードローンサービスを行っているのは、消費者金融だけではありません。最近では、銀行もカードローンの貸し付けを行うところが増えました。

 知らない方も多いかもしれませんが、銀行のカードローンサービスは賃金業法の規制の対象となっていません。

消費者金融と違い、銀行は銀行法という法律によって定められています。そのため、銀行から借り入れを行う際は総量規制を気にする必要がありません。

しかし、利用者の保護のため、最近では総量規制のような自主規制をする銀行も増えています。

カードローンの金利はどうやって計算するの?

カードローンを利用する際は、どのくらい利息が発生するのか気になるものです。実は、利息は、カードローン金利が分かれば、簡単に計算することができます。カードローンの金利の計算方法は以下の通りです。

カードローンの金利の計算方法

借入金額×実質年率×借入日数÷365日

借り入れ残高や金利を上記の計算式に当てはめれば、おおよそ発生する利息を把握することができます。しかし、上記の計算はあくまで目安であり、実際の利息は借入残高によって変動するため、注意が必要です。

返済シュミレーション機能を利用する

大手消費者金融の公式サイトやアプリには、返済シュミレーションができるソフトが設置されているがことも多いです。数字を入力するだけで簡単に計算ができますので、利息が気になる方は活用してみましょう。

借り入れを行った際に大切なのは、返済計画です。

 無理な返済額を設定して返済できず滞納してしまうと、信用情報に傷がついてしまいます。

また、カードローン会社からの信用も下がってしまい、今後の増額審査の際などに不利になってしまいます。きちんと完済できるよう、アプリや返済シュミレーションなどの機能を活用しましょう。

低金利カードローンの基準とは?

カードローンで借り入れを利用する際、金利はできるだけ低い方が返済の負担は減ります。

しかし、カードローンを低金利で利用するためには、厳しい条件を満たす必要があります。また、初回の借り入れ時には、上限金利が適用されることも珍しくありません。

金利を抑えるポイントとしては、上限金利が低く設定されているカードローン会社を選ぶことがおすすめです。

低金利なカードローンの種類について

カードローンは「消費者金融」「銀行」に大きく分けられます。2つのうち、銀行のカードローンの方が低金利に設定されていることが多いです。それぞれの金利を表で比較してみましょう。

カードローン会社 金利
消費者金融 プロミス
アコム
アイフル
4.5%~17.8%
3.0%~18.0%
3.0%~18.0%
銀行 みずほ銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
2.0%~14.0%
4.0%~14.5%
ネット銀行 auじぶん銀行 じぶんローン
楽天銀行スーパーローン
2.20%~17.50%
1.9%~14.5%

上記のように、消費者金融と銀行では最大4.0%ほど差があります。

金利だけを比べると、圧倒的に銀行カードローンの方がお得です。しかし、銀行カードローンは、契約する銀行の口座を開く必要があることや、審査に時間がかかるなどのデメリットもあります。

消費者金融系カードローンのように即日融資を行っているものはほとんどなく、通常は融資まで1週間程度時間がかかります。そのため、いで借り入れをしたい方は、消費者金融系カードローンがおすすめです。

無利息期間をうまく活用しよう

低金利でカードローンを利用するには、カードローン会社の信用を得るなど、いくつかの条件を満たす必要があります。

 そのため、利息の負担を減らすなら、無利息期間サービスを利用することがおすすめです。

無利息期間とは、定められた期間内は限度額内でどれだけ借り入れを繰り返しても、利息が0円で利用できるサービスです。

主にアコムやプロミスなどの大手消費者金融が行っています。うまく活用すれば、銀行カードローンよりもお得に借り入れすることも可能です。

無利息期間の注意点

無利息期間を利用する際の注意点としては、適用開始日を確認しておくことです。

 カードローン会社によっては、初回契約日の翌日から期間が始まるものや、初回利用時の翌日から適用となるものがあります。

契約後、すぐに借り入れをしない場合は、前者のカードローン会社で契約をすると損してしまいます。いつの間にか利息が発生していた、ということのないように、契約前に確認しておきましょう。

また、無利息期間の日数はカードローン会社によって異なります。30日や60日、180日のものもあるため、利用状況に応じてぴったりのものを選びましょう。

また、無利息期間が適用されるには、カードローン会社が設定したいくつかの条件を満たす必要があります。自分が条件にあてはまるかどうか、公式HPなどで確認しておきましょう。

低金利でおすすめ!消費者金融カードローン

1プロミス

プロミス

プロミスのココがお得!
  • 金利は大手消費者金融の中で最低である年17.8%
  • 初回利用時から30日間無利息サービス
  • Web契約なら、郵送物なし

大手消費者金融の上限金利はほとんどが年18.0%である中、プロミスは唯一年17.8%に設定されています。初回利用時は上限金利が適用されることが多いため、借り入れ額が大きい方や、金利を抑えて借りたい方にぴったりです。

また、Web契約を選択すれば、郵送物は一切送られてくることはありません。そのため、周りに借り入れがばれたくない方も安心です。

金利(実質年利) 年4.50%~17.80%
利用限度額 500万円
申込条件 満20歳以上69歳以下
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短30分
アプリ対応
WEB完結
遅延損害金利率 20.0%(実質年率)

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

2アコム

アコムのココがお得!
  • 初回契約時から30日間は金利が0円
  • 利用限度額は最大800万円
  • 最短30分で審査回答、即日融資も可能

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループのカードローンです。利用限度額は最大800万円と、他社と比較しても多い特徴があります。

また、アコムは自動契約機の設置台数の多さにも定評があります。全国900カ所以上に設置されているため、利用の際に不便を感じることはないでしょう。

初めての利用時には、契約の翌日から30日間は、限度額内で何度借り入れをしても金利0円で利用できます。

金利(実質年利) 年3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
申込条件 満20歳以上69歳以下
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
アプリ対応
WEB完結
遅延損害金利率 20.0%(実質年率)

出典:https://www.acom.co.jp/

3SMBCモビット

SMBCモビットのココがお得!
  • 電話連絡と郵送物なしでWEB完結申し込みが可能
  • 返済時にTポイントが貯まる
  • 来店不要で最短即日融資

SMBCモビットは、電話連絡と郵送物なしのWEB完結申し込みが魅力です。通常、申し込み時に必須とされている、勤務先への電話を使った在籍確認を避けることができます。

会社に借り入れを知られたくない方にとっては、嬉しいサービスです。

 ただし、WEB完結申し込みを行う際は、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている必要があります。

持っていない方は、口座を作ってから申し込むようにしましょう。

金利(実質年利) 年3.00%〜18.00%
利用限度額 800万円
申込条件 満20歳以上69歳以下
審査スピード 最短30分
融資スピード 最短即日
アプリ対応
WEB完結
遅延損害金利率 20.0%(実質年率)

出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

借り換えのおすすめ!低金利かつ限度額が多いカードローン

1楽天銀行 スーパーローン

楽天銀行

楽天銀行スーパーローンのココがお得!
  • 入会だけでもれなく1,000ポイントプレゼント
  • 利用すれば最大30,000ポイントプレゼント
  • 楽天銀行の口座開設は不要!いつもの口座で借り入れが可能

楽天銀行スーパーローンは、スマホやPCから全ての申し込みを完結することができます。また、入会時には、もれなく楽天ポイントが1,000ポイントもらえます。

利用時には、楽天銀行の口座を開く必要はありません。いつもの口座で借り入れができる点もメリットです。さらに、キャンペーンを活用すれば金利が半額で借り入れができます。

金利(実質年利) 年1.9%~14.5%
利用限度額 800万円
申込条件 満20歳以上62歳以下
審査スピード 最短翌日
融資スピード 最短翌日
アプリ対応
WEB完結
遅延損害金利率 20.0%(実質年率)

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/

2オリックス クレジットの「VIP ローンカード」

オリックス クレジットの「VIP ローンカード」のココがお得!
  • 最短60分審査で即日融資も可能
  • 提携CD・ATMは業界トップクラスの173,000台
  • 申込書記入や郵送物なしでWEB完結申し込みが可能

オリックス・クレジットのカードローン「VIPローン」は、審査時間は最短60分です。さらに、平日14:30までに手続きが完了すれば、即日融資が可能です。

また、ジャパンネット銀行の口座をお持ちなら、24時間いつでも即時融資を受けることができます。

その他、オリックス・クレジットのカードローンを利用すれば、オリックス会員限定の優待サービスを受けることができます。

金利(実質年利) 年1.70%~17.80%
利用限度額 800万円
申込条件 満20歳以上69歳以下
審査スピード 最短60分
融資スピード 最短即日
アプリ対応
WEB完結
遅延損害金利率 19.9%(実質年率)

出典:https://credit.orix.co.jp/loan/vip/

3auじぶん銀行 じぶんローン

auじぶん銀行 じぶんローンのココがお得!
  • 返済額は月々1,000円から可能
  • auユーザーなら最大0.5%の金利優遇サービス
  • 提携ATMの手数料が無料

じぶんローンは、auじぶん銀行のカードローンサービスです。金利優遇サービスやポイントプレゼントキャンペーンなど、auユーザーにお得なサービスが多数用意されています。

また、月々の返済額は1,000円からと、少額返済が可能です。そのため、借り換えで毎月の返済負担を減らすこともできます。

金利(実質年利) 年2.20%~17.50%
利用限度額 800万円
申込条件 満20歳以上70歳以下
審査スピード 最短即日
融資スピード 最短即日
アプリ対応
WEB完結
遅延損害金利率 20.0%(実質年率)

出典:https://www.jibunbank.co.jp/products/loan/

カードローンとフリーローンは違う?

カードローンとフリーローンは、どちらも借入金の使い道が自由である点が共通しています。しかし、両者には大きく分けて3つの違いがあります。

カードローンとフリーローン の違い
  1. 借入回数
  2. 金利
  3. 二回目以降の借入

借り入れ回数

カードローンは決められた限度額内で何度も借り入れ・返済ができるのに対し、フリーローンは1度の借り入れに限られています。

 追加で借り入れを行う場合、もう一度銀行の審査を受けなければなりません。

そのため、借り入れの際の利便性はカードローンの方が上であると言えます。

金利

一般的に、カードローンよりもフリーローンの方が金利は低くめに設定されていることが多いです。そのため、長期間借り入れをする際には、フリーローンの方が負担がすくなくなるメリットがあります。

2回目以降の借り入れ

カードローンの場合、初回申し込みの際に審査を通過すれば、2回目以降のは審査なしでスムーズに借り入れができます。

一方、フリーローンは通常1回のみの借り入れとなるため、追加融資を希望する場合は再度審査を受けなければなりません。

まとめ

低金利のカードローンを紹介しました。金利をできるだけ抑えて利用したい場合は、下限金利よりも、上限金利が低いものを選ぶことが大切です。

初回利用時の金利は、上限金額で設定されることがほとんどであると言えるしょう。一般的に、ネットバンクのカードローンの方が金利は低いものが多いです。

しかし、短期間の借り入れなら、初回無利息キャンペーンをおこなっている消費者金融のカードローンの方が結果的にお得になることもあります。

事前に借り入れの金額・返済期間の計画を立て、ぴったりのカードローンを選びましょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事