カードローンとは

最近ではクレジットカードの利用が増え、現金離れの傾向にあります。しかし、生活のなかで何かと現金を用意しなければいけないシーンはゼロではありません。

手持ちの現金がない場合は、カードローンの利用をおすすめします。とはいえカードローンの仕組みやメリットが分からず、利用するのは怖いと感じる方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、カードローンについてわかりやすく解説します。急な入用にも対応できるよう、特徴などを把握しておいてください。

おすすめのカードローンを厳選して紹介するため、ぜひチェックしておきましょう。

カードローンとは?わかりやすく解説

カードローンとは何かわかりやすく解説

カードローンとは、銀行や消費者金融などが個人を対象に融資をするサービスです。コンビニや金融機関など、身近にある提携ATMにて簡単に現金を引き出せます。

よく耳にするカードローン
  • プロミス
  • SMBCモビット
  • アコム
  • バンクイック
  • 楽天銀行カードローン

カードローンは、契約時に審査で決められた融資限度額内であれば何度でも借り入れが可能です。なお、金利についても審査によって決まります。

カードローンのメリット

カードローンのメリットを解説します。

担保・保証人なしで借り入れできる

多くのカードローンでは担保・保証人不要となるため、比較的利用しやすい融資サービスです。

お金を借りるとなれば保証人が必要なイメージから利用を億劫に感じる人は少なくありません。その点、カードローンは気軽に契約できる使い勝手の良いサービスといえます。

一部のカードローンでは、保証会社が保証人という位置づけになります。

 

資金使途は原則自由

サイフとお金

カードローンで借りたお金の用途については原則自由です。そのため、買い物や生活費、あるいは旅行費など、さまざまな使い道があります。

ただし、事業資金としての利用は不可となっている場合が多いため、事前に把握しておきましょう。

身近な場所で借り入れ・返済が可能

コンビニや金融機関など、身近にある提携ATMで手軽に借り入れ・返済ができます。ほとんどのカードローンの提携ATMは街中に多くあることから、急な入用でも対応しやすいです。

急な出費でも安心

消費者金融カードローンでは、申し込みをしたその日の内に借り入れできる「最短即日融資」に対応しています。

審査の混雑状況等にもよりますが、申し込みから最短1時間程度で借り入れできる場合もあり大変便利です。なお、銀行のカードローンに関しては最短即日融資に対応していないため注意しましょう。

カードローンのデメリット

お金を持つ

審査に通過しなければ利用できない

カードローンは審査に通過しなければ利用できません。なお、審査基準については一般的に公表されていないため、どのようにすれば通過できるかはわからないのです。

 基本的には、安定した収入が継続してあり、返済能力を有していることが審査では重要視されます。

貸した側からすると、きちんと期日までに返してくれる人でなければ貸し倒れのリスクがあるため、審査で見極めるのです。

利息がかかる

カードローンの利用には、金利による利息がかかります。各社で上限・下限金利は異なるうえ、審査により適用金利が決定されるため利用者によって異なります。

金利による利息計算方法

元金(借入金額)×金利(年利)÷365日×借入日数(返済日数)=利息※うるう年の場合は365日を366日に置き換え

利息分は返済額に加算されるため、借りた金額だけをカードローン会社へ返済するのではないことを理解しておきましょう。

消費者金融カードローンに多い「無利息期間」を活用すると、利息を軽減できる可能性があります。

借り過ぎで借金苦に陥るリスクがある

カードローンは提携ATMで手軽に借りれるが故、つい自分のお金のように借り過ぎてしまい、結果として借金苦に陥るリスクがあります。

金利による利息がかかり、いつしか返済額が膨らみ期日に返済できず、滞納や債務整理などの金融事故に繋がりかねないのです。

利用の際は、きちんと計画性を持ちシミュレーションしたうえで申し込みをしましょう。

カードローンとクレジットカードのキャッシングとの違い

クレジットカードのキャッシングとの違い

お金を借りるサービスには、カードローンと別にクレジットカードのキャッシングがあります。それぞれの特徴を以下表にまとめているため、違いを知るため比較してみましょう。

カードローン
  • キャッシングに比べて金利が低め
  • 融資可能額が最高1,000万円など高い
  • 審査が必須
キャッシング
  • カードローンに比べて金利が高め
  • 融資可能額が100万円前後など少ない
  • キャッシング機能を付帯するカードを持っている場合は審査不要

どちらも身近にある提携ATMで手軽に融資を受けられるサービスですが、金利と借入可能額に大きな違いがあります。

 例えば、アコムは実質年率3.0%~18.0%で最高800万円まで借り入れできるのに対し、三井住友カードのキャッシングは実質年率15.0%~18.0%で最高300万円まで利用可能です。

なおカードローンの利用は審査が必須ですが、キャッシング機能を有するクレジットカードを持っている場合は、審査不要ですぐに借り入れできます。

多額の借り入れがしたい・金利はなるべく低くしたい場合は、カードローンの方が向いています。

カードローンの申し込み方法と流れ

カードローンの申し込み方法と流れをご紹介します。

1.申し込み

WEBや店舗、あるいは電話などでの申し込みが可能です。今ではWEB完結により手続き可能なサービスが多いため、手軽に申し込みをしやすくなっています。

WEB申し込みは24時間対応の場合があり、日頃忙しく時間の確保が難しい人でも都合に合わせて手続きしやすいです。

2.必要書類の提出

カードローンの申し込みをする

申し込みをしたら、必要書類を準備して提出します。基本的には、各社とも以下の書類が必要です。

主な必要書類
  • 本人確認書類
  • 50万円を超える借り入れの場合は収入証明書類

本人確認書類は、運転免許証・個人番号カード・パスポートなどが有効となります。なお、収入証明書類については給与明細書や確定申告書、源泉徴収票などが必要です。

各社で書類が指定されている可能性もあるため、事前にチェックしておきましょう。

3.審査・在籍確認

カードローンの書類

申し込み情報をもとに、審査へと進みます。審査では収入状況や過去の利用履歴などを調査し、契約しても良い信用できる人物かを判断されます。

 審査にかかる日数は、消費者金融カードローンの場合は最短即日、銀行のカードローンは翌営業日以降です。

なお、審査の段階で申し込み情報にある勤務先に対して、本当に働いているかを把握するために在籍確認という電話連絡が入ります。

在籍確認では本人が電話に出なくとも、勤務先の誰かが在籍していることを証明してくれれば問題ありません。

4.融資開始

審査・在籍確認ともに問題がなければ契約手続きに進み、完了すれば融資が開始される流れです。

ローンカードで提携ATMにて借り入れ、あるいはネットで申し込み口座へ振り込みなど、都合の良い方法を選択しましょう。

カードローンの返済方法

カードローンを返済するお金

ATMで返済

各サービスの提携ATMにて手軽に返済ができます。多くのカードローンでは、大手コンビニ3社のローソン・セブンイレブン・ファミリマートに提携ATMが設置されているため返済しやすいです。

なお、提携金融機関のATMであれば手数料無料で利用できる場合があるため、無駄な出費を軽減するためにもチェックしておきましょう。

システムメンテナンスの時間帯以外、都合の良いタイミングでいつでも返済できる場合があります。

銀行自動引き落としで返済

返済用として指定した銀行口座から、毎月返済日に自動で引き落としされます。わざわざ自分で入金しに行く必要がないため、忙しい人にはおすすめの方法です。

返済用として指定する金融機関によって返済日が異なる場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

おすすめのカードローン5選

カードローンは金融機関によって特徴が異なります。ここではおすすめのカードローン5選をご紹介するので、参考にしてみてください。

プロミス

プロミス

おすすめポイント
  • はじめてなら30日間利息0円
  • Web契約で最短即日融資可能
  • おまとめローンも提供

はじめてプロミスを契約する人のうち、メールアドレスを登録したうえでWeb明細を利用すると、初回出金の翌日から30日間は利息0円で借り入れ可能です。

 申し込みはインターネットで24時間受け付けており、契約手続きまでWeb完結に対応し最短即日融資を可能にしています。

複数あるローンを一つにまとめられる「おまとめローン」も提供しているため、借入先が複数あり返済に困っている人は注目しておきましょう。

オペレーターが全員女性のレディースキャッシングも提供しており、主婦の利用でも相談しやすい環境を整えています。
金利 実質年率4.5%~17.8%
利用限度額 1万円~500万円まで
遅延利率 実質年率20.0%
審査スピード 最短10秒事前審査

※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。

※新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。

融資スピード 最短当日
担保・保証人 不要
申し込み対象 18歳~69歳

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

出典:プロミス

SMBCモビット

SMBCモビット

おすすめポイント
  • WEB完結での申し込みが可能!
  • ネット申込後にコールセンターへ連絡で最短即日融資が可能!
  • T-POINTが貯まる

SMBCモビットはWEB完結での申し込みに対応しているため、自宅やカフェなど好きな場所から手続きできます。審査で確認が必要と判断された場合を除き、電話連絡・郵送物なしです。

 インターネットで申し込みをしてからモビットコールセンターへ電話をすると、すぐに審査を開始し最短即日融資を可能にします。

T-POINTサービスを実施しており、返済額のうち利息分200円につきT-POINTが1ポイント貯まります。貯めたポイントは1ポイント1円相当として活用可能です。

提携ATMは全国に約130,000台あり、コンビニなど身近な場所でも気軽に利用できます。
※2021年3月現在
金利 実質年率3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
遅延利率 実質年率20.0%
審査スピード 10秒簡易審査
融資スピード 最短即日

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

担保・保証人 不要
申し込み対象 満年齢20歳~69歳

出典:SMBCモビット

アコム

アコム

おすすめポイント
  • はじめてなら30日間金利0円
  • 審査は最短30分
  • 24時間365日借入可能

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

はじめてアコムを契約する人に限り、契約日の翌日から30日間は金利がかかりません。そのため、短期間で完済できる目処が立っている場合は利息を軽減しつつ利用できます。

 申し込みをしてから審査完了まで最短30分となるため、急ぎで現金を手配したいときでも大いに活用できるでしょう。

カードローンの借り入れは来店不要で、振り込みによる融資の場合はインターネットもしくは電話から24時間365日利用可能です。

アプリをダウンロードすると、セブン銀行ATMにてカードレスで利用できるため大変便利です。
金利 実質年率3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
遅延利率 実質年率20.0%
審査スピード 最短即日
融資スピード 最短即日
担保・保証人 不要
申し込み対象 20歳以上69歳以下の、安定した収入と返済能力を有する

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

出典:アコム

バンクイック

バンクイック

おすすめポイント
  • 銀行のカードローンならではの金利設定
  • 三菱UFJ銀行の口座がなくても申し込み可能
  • 返済サポートがあり安心

三菱UFJ銀行バンクイックは、金利が実質年率1.8%~14.6%と銀行のカードローンならではと言える設定になります。

 三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても利用でき、申し込みはWEB完結が可能で24時間受け付けているため都合に合わせて手続きがしやすいです。

返済についてはEメールアドレスを登録することで、返済期日の3営業日前になるとお知らせしてくれます。利用に役立つ案内も送ってくれるため、はじめて契約する人でも安心です。

うっかり忘れていた場合でも、返済期日の翌営業日にもメールでお知らせしてくれます。
金利 実質年率1.8%~14.6%
利用限度額 10万円~500万円
遅延利率 契約時の金利と同じ
審査スピード 最短翌営業日以降
融資スピード 最短翌営業日以降
担保・保証人 不要
申し込み対象 満20歳以上65歳未満

出典:バンクイック

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

おすすめポイント
  • 金利は実質年率1.9%~14.5%
  • 楽天会員ランクにより審査優遇
  • 楽天銀行口座であれば24時間365日即時振込が可能

金利は実質年率1.9%~14.5%となっており、消費者金融に比べて低めの設定です。最大800万円までの借り入れが可能なため、まとまった現金が必要なときも活用できるでしょう。

 楽天会員ランクに応じて審査で優遇を受けられる場合もあるため、普段から楽天のサービスを利用する人や審査に不安がある人は要チェックです。

楽天銀行の口座を持っている場合は、メンテナンス時間を除き24時間365日即時での振り込みに対応しています。

ほとんどのコンビニにある提携ATMで利用できるため、使い勝手が良いです。
金利 実質年率1.9%~14.5%
利用限度額 800万円
遅延利率 実質年率19.9%
審査スピード 最短翌日
融資スピード 最短翌日
担保・保証人 不要
申し込み対象 満年齢20歳以上62歳以下

出典:楽天銀行カードローン

よくある質問

おすすめの消費者金融カードローンは?
プロミス・SMBCモビット・アコムなどが挙げられます。消費者金融カードローンは最短即日融資に対応しているなど、急ぎの場合に利用しやすいです。
おすすめの銀行のカードローンは?
バンクイック・楽天銀行カードローンが挙げられます。銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が低めの設定であるため、利息を抑えて利用できる可能性があります。
カードローンとは何?
銀行や消費者金融などが、個人を対象に融資をするサービスです。身近にあるコンビニの提携ATMなどで気軽に借り入れできるため、急な入用でも対応できます。
カードローンのメリット・デメリットは?
メリットは、担保・保証人なしで借り入れできるうえ資金使途が自由など、使い勝手の良さが挙げられます。
カードローンとキャッシングの違いは?
どちらもお金を借りれるサービスという点では同じですが、金利と融資可能額に違いがあります。
カードローンの申し込み方法や流れは?
申し込みはWEB・店舗・電話などで手続き可能です。申し込みをしたら、本人確認書類などの必要書類を提出し審査に進みます。
カードローンの借り入れ・返済方法は?
借り入れは、提携ATMや口座振込などで手軽に利用できます。なお、返済についても提携ATMからの入金や口座引き落としなどで対応可能です。

まとめ

この記事では、カードローンとは何かわかりやすく説明したうえで、メリットや申し込み・返済方法について解説しました。

カードローンは銀行や消費者金融などが個人を対象に融資をするサービスで、提携ATMや口座振込など、手軽に利用できるメリットがあります。

申し込みもWEBや電話、あるいは店舗など方法が複数あるため、都合に合ったものを選択可能です。

現金の準備に困っている方は、ぜひ利用を検討してみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事