キャッシング 金利

キャッシングを利用すれば、急遽現金が必要となった際にも対応できるため大変便利です。そして、お金を借りている間は金利から算出された利息を支払い続けることになります。

この記事でわかること
  • キャッシング・金利の計算方法
  • 安い金利で利用する方法
  • キャッシングにおすすめのカード
  • おすすめのカードローン

しかし、金利・利息の計算方法を知らなければ、思いもよらない額を請求されてしまうことにつながってしまう可能性もあるでしょう。

そこで今回は、キャッシングの金利について徹底解説。気になる計算方法安い金利でお金を借りる方法についても詳しく紹介しています。

また、おすすめのキャッシング各社の金利を比較し一覧表で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

キャッシングには2種類ある

キャッシングには、クレジットカードとカードローンの2種類があります。

クレジットカードの場合

クレジットカードにはキャッシング機能が付帯しているものがあり、これはあらかじめ付いているものではなくオプションになっていることがほとんどです。

申し込み時にキャッシング枠をいくらにするか記入する事になるので、希望する場合は限度額内で金額を記入してください。

ただし審査によっては希望額に達しないこともあります。

カードローンの場合

カードローンはクレジットカードに付帯しているものとは違い、最初から現金を借りることが前提となっている金融商品です。

したがって申し込み時に希望する融資額を記入するのが必須となっており、その後審査に移ります。

こちらも当然審査がありますので、通らなければ借りる事はできません。

キャッシングの金利・利息の計算方法

キャッシングの金利の計算方法

金利に基づき支払い義務が発生する利息。その計算方法は下記のとおりです。

 元金(借り入れ金額)×金利(年利)÷365×借り入れ日数(返済日数)=利息

なお、うるう年の場合は366日で計算してください。上記計算方法からもわかる通り、金利がいかに多いか少ないかで利息は大きく変わってきます。

そのため、少しでも金利の安いキャッシングを選ぶことが、無理な借り入れをしないために重要です。

キャッシングを安い金利で利用する3つの方法

キャッシングを安い金利で利用するには、下記の方法があります。

安い金利で利用する方法
  1. 無利息サービスを活用する
  2. 各サービスの金利上限を比較する
  3. 一括返済をする

無利息サービスを使って借り入れする

キャッシングサービスの中には、はじめて利用する方に限り金利ゼロでお金を借りられる期間を設けているものもあります。

うまく活用すると無利息でお金を用意でき、例え無利息期間が終了しても通常よりは安い金利で利用可能です。

各社の金利の上限を比較する

キャッシングを安い金利で利用する3つの方法

借り入れする際の上限金利は各社で異なります。そして、上限を比較した上でどこの会社で借り入れするか検討することで、利息を軽減できる可能性があるのです。

審査において安い金利は適用されにくいという認識のもとサービス選びをすることが、少しでも金利を抑えるポイントです。

一括返済をする

金利による利息は返済期間が長いほど加算され続けます。そのため、元金を一括返済することで金利は抑えられるのです。

もちろん一括返済は負担が大きいため無理をする必要はありませんが、お金に余裕があるときは追加返済をするなど、1日でも完済までの期間を短くするよう意識してください。

キャッシングにおすすめクレジットカード5選

エポスカード

エポスカード

デザインが一新され、スタイリッシュな見た目となっています。年会費無料なためランニングコストがかからず、かつ最短即日発行に対応しているため急ぎでカードを手元に欲しい人は要チェックです。

貸付利率 実質年率18.0%
利用可能枠 1万円~50万円
返済日 毎月4日または27日
返済方法 一回払い・リボ払い

出典:エポスカード

特徴①借り方について

借り方として、下記の方法があります。

借り方
  • コンビニ・銀行ATM
  • 銀行口座への振り込み
  • 海外ATMでの借り入れ
(1)コンビニ・銀行ATM

主に、下記ATMにて借り入れ可能です。

主な利用可能ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • みずほ銀行ATM

その他、地方銀行や駅構内に設置されているATMなども提携しているため、身近な場所で気軽に利用できます。

(2)銀行口座への振り込み

スマートフォン・パソコンから申し込みをすると、原則24時間365日即時振込が可能です。1,000円単位で借り入れできるため、さまざまなシーンでの入用に対応できる点は利用者にとってメリットといえるでしょう。

 振り込み日を予約できるため、前もって計画立てての利用もできます。
(3)海外ATMでの借り入れ

空港や駅などにあるATMにて、現地通貨をその場で必要なだけ借り入れ可能です。

わざわざ両替をする必要がなく、大金を持ち歩くこともないため面倒な手間の削減やリスク回避にも繋がります。

公式ホームページには人気旅行先のATM所在地マップが案内されているため、お出かけ前にチェックしておいてください。

楽天カード

楽天カード

お得な新規入会キャンペーンや年会費永年無料、ザクザク貯まるポイントシステムなどが魅力の一枚です。国内だけでなく海外でもキャッシング利用が可能なため、世界各国で必要なときに現金を用意できます。

貸付利率 実質年率18.0%
利用可能枠 1万円~90万円
返済日 毎月末日締めの翌月27日払い
返済方法 一回払い・リボ払い

出典:楽天カード

特徴①ネットキャッシングは24時間申し込み可能

パソコンもしくはスマートフォンにて、24時間いつでも借り入れの申し込みができます。また、振り込み手数料は無料なので無駄な出費がありません。

なお、ネットキャッシングは「今すぐ振込」「指定日振込予約」の2種類があります。

「今すぐ振込」は、最短数分でカード利用代金の引き落とし口座に希望金額が振り込まれるため、急ぎの場合でも対応可能です。

なお、申し込みのタイミングによる振り込み日は下記になります。

申し込み時間 カード利用代金引き落とし口座
楽天銀行以外 楽天銀行
平日 0:00~8:59 当日9:00以降 最短数分で振り込み
9:00~14:49 最短数分で振り込み
14:50~23:59 翌営業日9:00以降
金融機関休業日 0:00~23:59 翌営業日9:00以降

「指定日振込予約」に関しては、当月を含む最大3ヶ月先までを予約日として指定可能です。

特徴②返済シミュレーション機能を活用できる

クレジットカードのキャッシングおすすめ7選

下記情報を入力すると、返済計画に役立つシミュレーションができます。

必要な情報
  • 希望借入金額
  • 貸付利率(実質年率)
  • 支払い方法(リボ払い・1回払い)
  • リボ払いの場合は月々の返済金額(元金)

瞬時に計算をしてくれるため、ぜひ無理のない利用のために活用してみてください。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト

WAONやイオン銀行キャッシュカード、クレジット機能が集約されている一枚です。年間利用金額が一定条件を満たすと年会費無料のゴールドカードが申し込めるため、日々の生活で積極的に活用していきましょう。

貸付利率 実質年率7.8%~18.0%
利用可能枠 1,000円~300万円
返済日 毎月10日締め翌月2日払い
返済方法 一回払い・リボ払い

出典:イオンカード

特徴①全国にある多くのATMが利用可能

クレジットカードのキャッシングおすすめ7選

イオン銀行ATMをはじめ、下記提携ATMが利用できます。

提携ATM
  • ゆうちょ銀行ATM
  • みずほ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • りそな銀行ATM
  • 埼玉りそな銀行ATM
  • コンビニATMイーネット
  • ローソン銀行ATM

その他、多くの金融機関と提携先となるため身近な場所で気軽に利用可能です。利用できるATMはイオンのマークが目印となるため、ぜひチェックしてみてください。

特徴②ネットキャッシングは最短数十秒で振り込み

ネットから借り入れの申し込みをすると、最短数十秒で振り込みが可能です。なお、利用手順は下記になります。

利用手順
  1. 暮らしのマネーサイトへログイン
  2. ホーム画面支払いサポート内にある「ネットキャッシング」を選択
  3. 利用金額・支払い方法を入力
  4. 申込内容・振込口座を確認
  5. カード設定口座へ振り込み

急ぎで現金を用意したいときは、ぜひネットキャッシングをご活用ください。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

10万円から100万円という利用可能枠内にて、1万円単位で何度でも利用できます。クレジットカード自体は年会費無料で所持でき、基本還元率1.0%となるため日々の生活で利用するとポイントが貯めやすいです。

貸付利率 実質年率15.0%~18.0%
利用可能枠 10万円~100万円
返済日 毎月27日
返済方法 1回払い・リボ払い

出典:Orico Card THE POINT

特徴①急ぎの場合はインターネットもしくは電話で手続き

クレジットカードのキャッシングおすすめ7選

インターネットもしくは電話からのキャッシングで、平日13:30までに受付をすると最短30分以内で振り込みがされます。

また、24時間いつでも申し込みが可能なため、急な入用にも対応しやすいです。

受け付けが13:30以降、あるいは土日祝日の場合は翌営業日に振り込みとなります。

特徴②提携ATMについて

主な提携先として、下記ATMが利用可能です。

タイトル
  • ゆうちょ銀行ATM
  • みずほ銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • りそな銀行ATM
  • 埼玉りそな銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イオン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット

その他、全国の地方銀行や信用金庫なども利用できます。全国に約174,000もの提携先があるため非常に使いやすいです。

 

UCカード

UCカード

有効期限がない永久不滅ポイントを貯められます。貯めたポイントを自分の好きなタイミングで活用できるため、大変使い勝手が良いです。

キャッシングについては、金利が実質年率15.0%~18.0%となり、300万円というまとまった金額を用意できます。

貸付利率 実質年率15.0%~18.0%
利用可能枠 1万円~300万円
返済日 毎月10日締め翌月5日払い
返済方法 1回払い・リボ払い

出典:UCカード

特徴①キャッシュインサービスは24時間いつでも利用可能

クレジットカードのキャッシングおすすめ7選

インターネットもしくは電話で、24時間いつでもキャッシングの申し込みができます。また、最短数十秒でカード利用代金口座へ振り込みがされるため、急ぎの場合でも安心です。

なお、申し込み時間に対しての振込時間を下記にまとめています。

申し込み時間 振込時間
平日 0:00~9:00 当日9:00以降
9:00~14:30 最短数10秒
14:30~24:00 翌営業日9:00以降
土日祝日 0:00~24:00 翌営業日9:00以降

融資の申し込みが金融機関休業日にあたる場合は、すべて翌営業日の振り込みとなります。

特徴②利用可能なATMについて

下記ATMにて、借り入れや返済が可能です。

利用可能ATM
  • みずほ銀行ATM
  • りそな銀行ATM
  • 埼玉りそな銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM

なお、返済に関してはATMにより一回払いのみ対応、リボ払いのみ対応など取り扱いが異なるため、事前に公式ホームページでチェックしておきましょう。

おすすめクレジットカードキャッシング金利比較表

おすすめクレジットカードキャッシングの金利比較表

おすすめキャッシングの金利について、比較できるよう下記表にまとめています。

エポスカード 実質年率18.0%
楽天カード 実質年率18.0%
イオンカードセレクト 実質年率7.8%~18.0%
三井住友カード 実質年率15.0%~18.0%
Orico Card THE POINT 実質年率15.0%~18.0%
UCカード 実質年率15.0%~18.0%
三菱UFJ VISA 実質年率14.95%~17.95%

上限金利を比較すると、最も安いものは三菱UFJ VISAです。ただし、審査により適用金利は異なることを理解しておきましょう。

キャッシングにおすすめのカードローン5選

アイフル

アイフル

アイフルは業界最大手の消費者金融で、最短25分で融資可能とスピーディな対応が魅力です。

利用可能額も最大800万円までと高く、50万円までの借り入れで他社との借入総額が100万円以下なら原則収入証明不要で利用できます。

貸付利率 実質年率3.0%~18.0%
利用可能枠 800万円まで
返済日 前回支払日の翌日から35日以内
返済方法 1回払い・リボ払い

出典:アイフル

特徴①来店不要で最短25分のスピード融資が可能

アイフルの最大の特徴は融資までのスピードで、最短25分で融資が可能です。わざわざ店舗や自動契約機へ出向く必要がなく、ホームページから申し込みすればWEB完結ができます。

 また、50万円までの借り入れ・他社との借入総額100万円以下なら、原則収入証明不要なのも嬉しいポイントと言えるでしょう。

大手ながら審査も独自のシステムを導入しており、返済スケジュールの相談なども柔軟に対応してくれます。

特徴②全国の提携ATMで利用可能

アイフルは全国の銀行・コンビニに提携ATMを持っており、いつでもどこでも利用することができます。

 重要文しかもアイフルATMとセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMであれば、1,000円~借り入れ可能なのでちょっとお金が足りない…なんて時にも使いやすいです。

それ以外の提携ATMを利用する場合は10,000円~の借り入れになりますので、注意してください。また、銀行振り込みによる借り入れも24時間対応しています。

借り入れ・返済が可能なATM
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • イオン銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 西日本シティ銀行
  • コンビニATMイーネット
  • 十八親和銀行

プロミス

プロミス

プロミスは「安心・便利・早い」のキャッチフレーズ通り、サービスの良さがメリットの消費者金融です。初回最大30日間無利息・最短30分融資も可能と、利用しやすくなっています。

貸付利率 実質年率4.5%~17.80%
利用可能額 500万円
返済日 毎月5日、15日、25日、末日
返済方法 1回・リボ払い

出典:プロミス

特徴①初回利用は最大30日間無利息

プロミスの最大の売りと言えるのが、初回利用に限り最大30日間無利息で利用できる点です。

 利用開始翌日から30日間までに完済すれば、金利0で借り入れすることができます。

今月少しだけピンチ…なんてときにこのシステムは、とても嬉しいサービスです。

特徴②WEB完結可能・カードレスでお金を借りれる

プロミスはWEB完結が可能なので、店舗や無人契約機へ行く必要がありません。ホームページからの申し込みは24時間365日OKで、最短30分での融資も可能です。

また24時間振り込み可能な金融機関の口座を持っていれば、「瞬フリ」サービスを利用でき、最短10秒で振り込みによる融資を受けられます。

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットは安心の消費者金融会社で、限度額も最大800万円までと高いです。また金利も実質年率3.0%~と低く設定されていますし、毎月の返済日も4回あるので返済計画が立てやすくなっています。

貸付利率 実質年率3.0%~18.0%
利用可能額 800万円
返済日 毎月5日、15日、25日、末日
返済方法 残高スライド元利定額返済方式

出典:SMBCモビット

特徴①申し込みから融資までWEB完結でOK

三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行の口座を持っている場合、申し込みから融資までWEB完結が可能です。

もちろん郵送物や電話連絡もないので、誰にも知られずに安心して利用できます。

特徴②提携ATMが全国におよそ130,000台※1

SMBCモビットは提携ATMが全国におよそ130,000台※1も用意されているため、どこにいても借り入れ・返済が可能です。

また利用明細・領収書発行が可能な提携ATMも多いので、毎回自分がどれだけ借りているのか、返済は残り何回なのかもチェックできます。

※1 2021年3月現在

利用明細・領収書が発行される提携ATM
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • ローソン銀行
  • プロミスATM
  • セゾンカードATM
  • 十八親和銀行
  • 福岡銀行
  • 熊本銀行
  • 三十三銀行

アコム

アコム

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムは、テレビCMなどでもおなじみの大手消費者金融です。

様々なサービスを展開しており、審査時間最短30分・初回借り入れから最大30日間無利息など、初めての人でも使いやすくなっています。

貸付利率 実質年率3.0%~18.0%
利用可能額 800万円
返済日 「35日ごと」「毎月払い」
返済方法 1回・リボ払い

出典:アコム

特徴①審査時間最短30分

あらかじめホームページや電話から申し込み手続きをしておけば、最短30分の審査で利用スタートすることが可能です。

カードの発行もすぐにできますから、急いでいる人でも安心でしょう。

振り込みでの借り入れは24時間365日可能で、ホームページからでも電話からでもできるのが便利です。

特徴②契約日の翌日から最大30日間無利息

アコムは契約日の翌日から最大30日間は無利息となっているため、それまでに返済してしまえば金利がかかりません。

たとえば10日後が給料日だけど、ちょっとお金がピンチ…なんてときには大いに役立つでしょう。また実質年率3.0%~なので、消費者金融の中では比較的低めになっています。

金利は借り入れ金額によって変動しますので、あらかじめ確認しておきましょう。
※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAはWEB申し込みするとお得になるサービスを展開しており、最大で180日間無利息になることもあります。

審査時間もスピーディで、最短15秒で結果が分かるので時間がない方にもおすすめです。

貸付利率 実質年率4.5%~18.0%
利用可能額 500万円
返済日 毎月指定日
返済方法 1回・リボ払い

出典:レイクALSA

特徴①WEB申し込みで最大180日間無利息

初めてレイクALSAを利用する場合、借入額が1~200万円なら最大60日間無利息・5万円まで最大180日間無利息を選ぶことができます。

無利息キャンペーンの併用はできませんので、どちらかお得な方を利用することになります

特徴②申し込みから融資まで3ステップでOK

レイクALSAはスピーディな対応が魅力で、申し込みから融資まで3ステップでOKです。

申し込みの流れ
  1. まずはパソコンやスマートフォンからホームページにアクセスし、申し込みをします。
  2. その後最短15秒で審査結果が出てきますので、その後本人確認となります。(15秒審査は8時10分〜21時50分まで※毎月第3日曜日は、8時10分〜19時まで)
  3. 本人確認はスマートフォンから運転免許証の写真を撮って送るだけで、契約の際に郵送物などもありません。
  4. 21時に契約が完了すれば、最短60分での融資も可能です。(日曜日は18時まで)

おすすめカードローンキャッシング金利比較表

おすすめしたカードローンキャッシングの金利を比較表にして、以下にまとめています。

アイフル 実質年率3.0%~18.0%
プロミス 実質年率4.5%~17.80%
SMBCモビット 実質年率3.0%~18.0%
アコム 実質年率3.0%~18.0%
レイクALSA 実質年率4.5%~18.0%

比べてみると、もっとも金利が安いのはアイフル・SMBCモビット・アコムの3.0%、最大でも18.0%です。金利は借り入れ金額や返済時期によって変わりますので、確認しておきましょう。

よくある質問

おすすめのクレジットカードキャッシングは?
この記事で紹介したサービスの上限金利を比較すると、「三菱UFJ VISA」が最も安い金利で利用できるためおすすめです。しかし、利用可能枠は他社より少ない設定なので、用意したい金額によっても選び方は変わってきます。
そもそもキャッシングとは?
お金を借りるためのサービスを総称する言葉です。ここでは主にクレジットカードによる借り入れを紹介しましたが、カードローンによる借り入れもキャッシングと言われます。
キャッシングの金利って何?
金利とは、元金に対する利息の割合です。各社で設定金利は異なるため、事前に必ずリサーチしておきましょう。少しの金利の差で返済額は大きく変わってきます。
キャッシングの金利による利息の計算方法は?
元金(借り入れ金額)×金利(年利)÷365×借り入れ日数(返済日数)で求めます。なお、うるう年の場合は366日で計算してください。
キャッシングを安い金利で利用するには?
無利息期間を提供しているサービスを利用する、一括返済をして借り入れ日数を短くするなどが挙げられます。一括返済が難しい場合でも、追加で返済をしていき少しでも完済までの日数をかけないよう心掛けましょう。
キャッシングの利用はどんな方法がある?
各社では、主にインターネットもしくは電話での借り入れ、またはATMにて受け付けています。インターネットを利用すると、最短即時振込に対応しているなどスピーディーです。
クレジットカードのキャッシングは誰でも利用できる?
キャッシング機能を有しているカードを所持していなければ利用できません。カード申し込み時に設定するか、後からでもカード会社に問い合わせることでキャッシング枠を設けることができます。

まとめ

この記事では、キャッシングの金利について解説しました。各クレジットカードにより数値は異なるため、事前に比較することは安い金利で利用するうえで欠かせません。

また、無理のない返済計画を立てるためにも、金利による利息の計算方法を把握しておきましょう。

負担を軽減して融資を受けるため、ぜひ安い金利で利用できる方法やサービスをチェックしておいてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事