おすすめキャッシングを徹底比較!人気各社をランキング化!

キャッシングとは、カードローンやクレジットカードなどで現金を借り入れできるサービスです。

急な入用に対応できるため大変重宝しますが、多くのサービスがあるためどこがいいか迷ってしまっている方も多いでしょう。

そこで今回は、カードローンとクレジットカードそれぞれのおすすめキャッシングサービスを紹介。また、利息の安いキャッシングを厳選して紹介しています。

さらには、基本金利を比較しランキング形式で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【カードローン】おすすめキャッシング5選

プロミス

プロミス

おすすめポイント
  • 初めて利用する方は30日間利息ゼロ!
  • アプリローンなら申込みから借り入れまでオンラインで完結!
  • 24時間借り入れ・返済できる!

実質年率4.5%から17.8%で借り入れできる、大手消費者金融です。申し込みをしてから最短でその日の内に融資を受けられるため、急ぎでお金を手配したいときにも適しています。

女性専用のレディースキャッシングも提供しています。
申込条件 年齢20歳~69歳のご本人に安定した収入のある人
利用限度額 500万円
金利(実質年率) 4.5%~17.8%
資金使途 生計費(生活費、レジャー資金、教育資金など)に限る
最短即日融資 可能
担保・保証人 不要

出典:https://cyber.promise.co.jp/Pcmain

特徴①はじめての場合は利息ゼロ

【カードローン編】おすすめキャッシング5選

下記に該当する場合、30日間利息ゼロで借り入れができます。

利息ゼロの条件
  • プロミスをはじめて利用すること
  • メールアドレスを登録のうえWeb明細を利用すること

無利息期間は初回出金日の翌日から30日間です。なお、無利息期間中に返済が遅れた場合はサービスの提供を停止することがあるためご注意ください。

特徴②アプリローンが便利

アプリローンは、スマートフォンで申し込みから借り入れまでを完結できるサービスです。また、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMではカードレスで原則24時間利用できます。

 アプリ限定のお得なクーポンも満載なので、ぜひご利用ください。

三井住友カード カードローン

三井住友カードカードローン

三井住友カード カードローンのココがお得!
  • 返済実績に応じて年々金利が引き下がる
  • 返済日を10日または26日から選べる
  • 初回最短当日融資可能※1

三井住友カード カードローンは、入会時に初回振込みサービスを指定すれば、入会申し込み後最短当日の借り入れが可能※1です。入会後(カード受け取り後)は、最短即時で利用代金の支払い口座に振込んでくれます。

また、カードあり・カードレスで金利が異なりますので、使い勝手の良い方を選びましょう。

金利
  • カードありの金利:1.5〜15.0%
  • 振り込み専用カードレスの金利:1.5〜14.4%

※1 審査状況により、初回振込みまで時間がかかることがあります。
※2 WEBから平日8:50~14:49(12/31~1/3を除く)に申し込みした場合。

ATM・口座振込両用と口座振込専用の借り入れ方法を選べます。返済実績に応じて翌年度の利用残高分より毎年0.3%ずつ、最大1.2%金利を引き下げてくれるサービスがあるので、利用が長期になればなるほどお得。

毎月の返済日は10日または26日から選べ、余裕のある月は臨時の返済※3も可能です。

返済日を給料日の後に合わせたりなど、自分のペースで返せますね。

※3 担保/保証人:不要 返済方法:元金定額返済 返済期間・回数:最長15年1ヵ月・181回(新規契約利用枠900万円、実質年率1.5%、毎月返済額5万円、900万円を利用の場合)   

※当商品は新販・クレジットカード系カードローンです。  

金利(実質年利) 1.5%~15.0%
1.5%~14.4%(振込専用の場合)
利用限度額 900万円
申込条件 満20歳以上69歳以下
審査スピード 最短当日※4
融資スピード 最短当日※4
アプリ対応
WEB完結
遅延損害金利率 20.0%(実質年率)

※4 審査状況により、初回振込みまで時間がかかることがあります。
出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/loan/index.jsp

・社名:三井住友カード株式会社
・登録番号:近畿財務局長(13)第00209号
・お問い合わせ先:入会案内デスク 電話番号:0120-956-000 受付時間:10:00~17:00 年中無休(12/30~1/3除く)

SMBCモビット

SMBCモビットWEB完結

おすすめポイント
  • 条件を満たしていればWEB完結で申し込みから借り入れまでできる!
  • 最短即日融資可能!※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
  • 返済額に応じてTポイントが貯まる!

「速く、そしてスマートに」がキャッチフレーズです。提携ATMが全国に約140,000台※2019年9月現在あり、身近な場所で簡単に利用できます。

カードローン機能付きのクレジットカード「Tカードプラス」を提供しており大変使い勝手が良いです。
申込条件 年齢満20歳から満69歳で安定した定期収入のある方
利用限度額 800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
資金使途 原則自由
最短即日融資※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。 可能
担保・保証人 不要

出典:https://www.mobit.ne.jp/index.html

特徴①WEB完結による申し込みが可能

【カードローン編】おすすめキャッシング5選

電話連絡や郵送物がなく、借り入れまでをWEBで完結できます。ただし、WEB完結を利用するには次の条件を満たしていなければなりません。

WEB完結利用の条件
  • 三井住友・三菱UFJ・みずほ・ゆうちょ銀行いずれかの口座を持っていること
  • 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、もしくは組合保険証を持っていること

上記を満たしていない場合は、通常の「カード申込」から手続きを進めてください。

特徴②急ぎの場合も対応できるスピーディーさが魅力

SMBCモビットは、最短で申し込みをしたその日の内に借り入れが可能です。急ぎの場合は、次の手順で進めてください。

最速での融資の流れ
  1. ネットで申し込みをする
  2. 申し込み後にコールセンターに連絡
  3. 審査完了後にそのまま入会手続き
  4. 会員登録のうえ振り込みもしくはモビットカードで借り入れ

なお、コールセンターの連絡先と受付時間は次のとおりです。

電話番号 0120-03-5000
営業時間 9:00~21:00

また、モビットカードで借り入れをする場合は、近くのローン契約機にて発行してください。振り込みの場合は、会員専用サービスMyモビから手続きをしましょう。

アコム

アコム

おすすめポイント
  • 最短30分で審査が終了!借り入れまでは最短60分!
  • 3秒診断機能で借り入れ可能かどうかがすぐに分かる!
  • 30日間金利0円サービス実施中

はじめて利用する場合は、契約日の翌日から30日間は金利がかかりません。また、24時間365日借り入れが可能なため、いざというときの急な出費も安心です。

申込条件 20歳〜69歳の安定した収入と返済能力を有しており当社基準を満たす方
利用限度額 800万円
金利(実質年率) 3.0%~18.0%
資金使途 原則自由
最短即日融資 可能
担保・保証人 不要

出典:https://www.acom.co.jp/

特徴①最短30分で審査が完了

【カードローン編】おすすめキャッシング5選

申し込みから最短30分で審査が完了するため、急ぎでお金を手配したいときでも活用できます。

借り入れまで最短60分というスピーディーな対応は大変魅力的です。
なお、インターネットもしくは電話で申し込みをしてから自動契約機や店舗に来店することで、手続き時間が短縮可能です。

特徴②公式スマホアプリ”myac”でより使い勝手が良くなる

アコムの公式スマホアプリ”myac”は、主に次の特徴があります。

myacの主な特徴
  • 生体認証でらくらくログイン
  • 利用状況を一目で確認可能
  • プッシュ通知で支払い日を3日前と当日にお知らせ
  • セブン銀行ATMがカードレスで利用可能
  • 本人確認はアプリで完了
  • 24時間最短1分で振り込み
  • 申し込み手続きはアプリで可能

公式ホームページにて、アプリ紹介動画がアップされているためチェックしてみてください。

特徴③30日間金利0円サービスを実施中!

はじめてアコムを利用するという方なら、30日間金利が0円になるサービスを実施中です。

借り入れた額を契約日の翌日から30日以内に返済すれば、金利が0円になります!

楽天銀行カードローン

楽天銀行

おすすめポイント
  • 楽天銀行の口座を持っていなくても、スマホから申し込みが可能!
  • 金利が年1.9%〜14.5%!金利の見直しにうってつけのカードローン!
  • 入会で楽天ポイント1,000ポイントもらえる!

最大限度額が800万円となるため、まとまったお金を用意したいときでも活用できます。

コンビニATMは利用手数料0円、パソコンや携帯電話から24時間利用可能など使い勝手の良さも魅力的です。
申込条件 満年齢20歳以上62歳以下で日本国内に居住している方
利用限度額 800万円
金利(実質年率) 1.9%~14.5%
資金使途 原則自由(事業性資金は除く)
最短即日融資 最短翌日
担保・保証人 原則不要

出典:https://www.rakuten-bank.co.jp/loan/cardloan/

特徴①スマートフォンで申し込みを完了できる

申し込みはスマートフォンにて可能なため、煩わしい申込書への記入がありません。また、必要書類は楽天銀行アプリから提出でき、手続きはスマホ完結となります。

楽天銀行の口座を持っていなくてもカードローンに申し込むことができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

楽天銀行アプリは、iPhone・Androidともに無料でダウンロード可能です。

特徴②楽天会員ランクに応じて審査が優遇

楽天会員のランクにより、審査で優遇を受けられる可能性があります。普段から楽天のサービスを利用しておりランクが高い人は、ぜひ利用を検討してみても良いのではないでしょうか。

バンクイック

バンクイック

三菱UFJ銀行が提供するカードローンです。実質年率1.8%から14.6%で借り入れでき、最高500万円というまとまった金額を用意できます。

三菱UFJ銀行の口座を持っていない人でも申し込み可能です。
申込条件 年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さま
利用限度額 10万円~500万円
金利(実質年率) 1.8%~14.6%
資金使途 事業性資金を除くさまざまな用途
最短即日融資 最短翌営業日以降
担保・保証人 不要

出典:https://www.bk.mufg.jp/kariru/card/banquic/index.html

特徴①WEB完結で申し込み可能

【カードローン編】おすすめキャッシング5選

申し込みはWEBで完結するうえ、24時間いつでも手続きができます。書類提出もWEB上で可能なため、日頃忙しくなかなか店舗などへ出向く時間がない人には最適です。

ネット環境さえあれば、自分の隙間時間を活用して申し込みができます。

特徴②多くのATMにて借り入れや返済ができる

バンクイックでは、下記ATMにて借り入れや返済ができます。

利用可能ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット

コンビニなど身近にあるATMが提携先となるため、ふとしたとき手軽に利用できます。

【クレジットカード】おすすめキャッシング5選

楽天カード

楽天カード

ポイントがザクザク貯められる魅力的な一枚です。実質年率18.0%で借り入れができ、90万円というある程度まとまった金額を手配できます。

年会費も永年無料なため、所持するだけであればランニングコストがかかりません。
貸付利率 実質年率18.0%
利用可能枠 1万円~90万円
返済日 毎月末日締めの翌月27日払い
返済方法 一回払い・リボ払い

出典:https://www.rakuten-card.co.jp/

特徴①ネット・ATMで借り入れできる

【クレジットカード】おすすめキャッシング5選

パソコンやスマートフォンにて、24時間いつでも借り入れの申し込みができます。

最短数分で振り込まれるため、急ぎで現金を用意したいときでも大いに活用できるでしょう。

また、主に次のATMが利用できます。

主な利用可能ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • みずほ銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット
  • ローソン銀行ATM

上に挙げたもの以外にも多くの提携先があるため、身近な場所で利用可能です。

特徴②公式ホームページで返済シミュレーションができる

下記を入力することで、利息や支払い合計金額などをシミュレーションできます。

シミュレーション入力項目
  • 希望借入金額
  • 貸付利率(実質年率)
  • 支払い方法(リボ払い・1回払い)
  • リボ払いの場合は月々の返済金額(元金)

計画的な利用のために、ぜひ事前にシミュレーションをしておきましょう。

Orico Card THE POINT

入会から6ヶ月間は還元率が2.0%となるため、支払いに使うことでポイントを効率良く獲得できます。

実質年率15.0%~18.0%となり、最高100万円の借り入れが可能です。
貸付利率 実質年率15.0%~18.0%
利用可能枠 10万円~100万円
返済日 毎月27日
返済方法 1回払い・リボ払い

出典:https://www.orico.co.jp/creditcard/list/thepoint/

特徴①借り入れ方法が豊富でライフスタイルに合わせやすい

借り入れをする際は、次の方法から選択できます。

借り入れ方法
  • 提携ATM・CD
  • インターネット
  • 電話

全国各地に提携ATMがあるため、街中でも利用しやすいです。また、インターネットや電話は即時振込に対応していることから、急ぎで現金を用意したいときでも活用できます。

 平日の13:30までに申し込みをすると当日の借り入れが可能です。

特徴②海外でもキャッシング可能

【クレジットカード】おすすめキャッシング5選

空港や銀行、あるいはスーパーマーケットなどにある提携ATMで借り入れができます。

機種により異なる場合はありますが、海外ATMの操作方法は基本的に次のようになるため把握しておきましょう。

海外ATM操作手順
  1. カードを挿入
  2. 暗証番号を入力する
  3. 取引内容を選択する
  4. キャッシングの方法は”CREDIT”を指定
  5. 金額を選択
  6. 現金を受け取る
  7. 再取引しないを選択
  8. カードと利用控えを受け取り完了

エポスカード

【年会費・発行手数料無料】おすすめETCカード還元率ランキング

タッチ決済が可能なクレジットカードです。

デザインが一新され、スタイリッシュな雰囲気があります。

実質年率18.0%で借り入れでき、利用できる場所も多いため使い勝手はかなり良好です。

貸付利率 実質年率18.0%
利用可能枠 1万円~50万円
返済日 毎月4日または27日
返済方法 一回払い・リボ払い

出典:https://www.eposcard.co.jp/index.html

特徴①多くの提携ATMがある

【クレジットカード】おすすめキャッシング5選

主に、次のATMにて借り入れ・返済ともに利用可能です。

提携ATM一例
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • コンビニATMイーネット
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM

なお、借り入れのみ利用可能な提携先もあるため、事前に公式ホームページで確認しておきましょう。

特徴②スマホ・PCでは原則24時間即時振込

スマホ・PCから申し込みをすると、最短数十秒で口座へ振り込まれます。原則24時間利用できるため、急ぎで現金を手配したいときに適しています。

1,000円単位で利用できるうえ振込手数料はかからないため、気軽に使える点も魅力といえるでしょう。

三井住友カード

三井住友カード

実質年率15.0%~18.0%で借り入れでき、可能枠は300万円となるためさまざまな入用で活用できます。

支払い日は2パターンあるため、ライフスタイルに合わせやすい点も利用者にとっては有難いです。
貸付利率 実質年率15.0%~18.0%
利用可能枠 5万円~300万円
返済日 ・毎月15日締め翌月10日払い

・毎月月末締め翌月26日払い

返済方法 一回払い・リボ払い

出典:https://www.smbc-card.com/index.jsp

特徴①身近なコンビニATMが利用できる

【クレジットカード】おすすめキャッシング5選

次のコンビニATMが利用できます。

利用可能ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イーネットATM
  • バンクタイムATM
  • ゼロバンクATM

上記以外にも対応するコンビニに設置されたATMはあるため、事前に公式ホームページで調べておきましょう。

借り入れはできても返済不可といった場合もあるため、各ATMの取り扱い情報についても把握しておいてください。

特徴②インターネット・電話にて即時振込が可能

インターネットもしくは電話からの申し込みで、最短即時振込が可能です。なお、カード利用代金の支払い口座へ振り込まれます。

インターネットの場合はVpassにログインをして手続きをしてください。電話の場合は「0120-863724」まで連絡をしましょう。

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

年会費無料で所持でき、永久不滅ポイントを貯めることができるのが特徴です。実質年率12.0%~18.0%で借り入れできます。

毎月末日までの利用分は翌々月4日に支払いとなるため比較的猶予があります。
貸付利率 実質年率12.0%~18.0%
利用可能枠 1万円~300万円
返済日 毎月末日までの利用を翌々月4日に支払い
返済方法 1回払い・リボ払い

出典:https://www.saisoncard.co.jp/lineup/cp/

特徴①全国ほとんどのATMで利用可能

全国各地にある、次のATMで利用できます。

利用可能ATM
  • みずほ銀行ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • 三菱UFJ銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • イオン銀行ATM

身近な場所にあるATMが提携先となるため、大変使い勝手が良いです。

特徴②ONLINEキャッシングにて最短数十秒で振り込み

【クレジットカード】おすすめキャッシング5選

インターネットもしくは電話で申し込むと、最短数十秒で口座に振り込まれます。

 平日9:00から14:30までに申し込みをすると、最短即日キャッシングが可能です。

また、振り込みにかかる手数料は株式会社クレディセゾンが負担してくれるため無料となります。

【カードローン】おすすめキャッシング金利比較ランキング

※記事内で紹介したカードローンの中から、基本金利の上限が低いものを上位にしています。

1楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

ココがお得!
  • 実質年率1.9%~14.5%
  • 楽天会員は審査優遇を受けられる場合がある
  • 提携コンビニATMの利用手数料が無料

2バンクイック

バンクイック

ココがお得!
  • 実質年率1.8%~14.6%
  • 三菱UFJ銀行の口座を持っていない人でも申し込み可能
  • 申し込みはWEBで完結

3プロミス

プロミス

ココがお得!
  • 実質年率4.5%~17.8%
  • 30日間は利息ゼロで利用可能
  • 女性専用のキャッシングを提供している

【クレジットカード】おすすめキャッシング金利比較ランキング

※記事内で紹介したクレジットカードのキャッシングから、基本金利の上限が高いものを上位にしています。
※金利上限が同じ場合は下限を比較し、それでも同じ場合は利用可能枠の大きいものを上位としています。

1セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナル

ココがお得!
  • 実質年率12.0%~18.0%
  • 全国各地に多くの提携ATMがある
  • ONLINEキャッシングで即時振込も可能

2三井住友カード

三井住友カード

ココがお得!
  • 実質年率15.0%~18.0%
  • 支払い日は2パターンから選択可能
  • 最短即日融資に対応している

3Orico Card THE POINT

ココがお得!
  • 実質年率15.0%~18.0%
  • ライフスタイルに合わせた借入方法を用意
  • 海外でもキャッシング利用が可能

キャッシングとカードローンの違いは?それぞれに向いている人を解説

生命保険に加入するメリット

キャッシングカードローンには以下の違いがあります。

キャッシングとカードローンの違い
  • 金利
  • 審査の難易度
  • 審査スピード
  • 融資している業者の種類
  • 適用される法律

2つのサービスは限度額が同じ程度の数字となりますので、限度額はあまり気にしなくてもいいでしょう。ただ、適用される法律の違いなどにより、利便性や返済時の負担などが大きく変わっていきます。しっかり情報を確認しておきましょう。

違いを理解しておけば融資を受けるサービスを考えやすくなるでしょう。

ここからは、キャッシングとカードローンの違いを詳しく説明します。

金利

金利はキャッシングとカードローンで大きく違うポイントです。

キャッシングは高い金利が適用されており、返済する利息は多くなってしまいます。一方でカードローンは金利を下げて提供しているため、返済時に負担する利息も抑えられます。

金利面ではカードローンが圧倒的に有利です。

キャッシングが高金利を適用する背景には、経営の安定性を高める狙いがあります。

 キャッシング業者は貸金が事業の主体となっていますので、利息収入がしっかり確保されなければ経営できません。この影響でどうしても利息が多く必要となるのです。

審査の難易度

審査の難易度はキャッシングのほうが楽で、カードローンは厳しい傾向にあります。キャッシングは多くのユーザーに融資したいと考えてるため、ある程度の収入さえ確保されていれば柔軟に限度額を調整し、融資してくれます。

 キャッシングでも金利がやや低く設定されているサービスは審査が厳しくなる場合もあります。

カードローンは銀行が厳しい審査を行っており、審査通過の難易度が高くなっています。キャッシングで審査を通過できていたものの、カードローンでは審査に落とされるという事例が多くあるため、審査通過への対策は重要です。

審査スピード

キャッシングは即日審査完了が可能となっており、審査完了後に契約できれば即日融資も可能です。審査にかかる時間は平均して30分程度で、非常に速いスピードで審査を完了できるのです。

キャッシングのスピードは非常に早く、急ぎの借入に役立ちます。

一方でカードローンは審査にかかる時間が長くなります。キャッシングと違い、警察のデータベース照会が必要となることに加え、銀行側が丁寧な対応を重視して審査を行います。どれだけ早くても翌営業日まで審査は完了しません。

融資している業者の種類

キャッシングを提供しているのは貸金業者です。貸金業者は貸金を中心としている業者が届け出を出して提供しているもので、一般的に消費者金融が該当します。貸金業者が提供するサービスは金利が高くなります

キャッシングは貸金業者のサービスと覚えておきましょう。

カードローンを提供しているのは主に銀行です。銀行が提供しているカードローンというのは、低金利限度額も比較的多くなる傾向があります。

 銀行は金融機関として届け出を出しているため、キャッシングとは異なる業者として扱われます。

適用される法律

キャッシングを提供する貸金業者は、総量規制によって融資額の制限を受けます。融資額が年収の3分の1を超えないように設定し、他社の借入等も含めてしっかり規制を守るように求められます。

 銀行が提供するカードローンは総量規制の対象外となりますので、年収による限度額の規制はありません。ただ、業者側の自主規制はあります。

キャッシングが向いている人

キャッシングが向いているのは以下の条件に当てはまる人です。

キャッシングが向いている人
  • すぐに融資を受けたい人
  • 収入が少ない人
  • 銀行カードローンの審査を通過できない人

キャッシングというのは収入の少ない人に融資を受けられるように調整されたサービスです。収入の少ない人は、銀行カードローンを選ぶより消費者金融のキャッシングを選択したほうが圧倒的に借りやすいでしょう。

収入不足で悩んでいるときは消費者金融がベストな選択です。

また、即日融資を希望している人はキャッシングを利用してください。カードローンは即日融資に対応していないものの、キャッシングは可能にしてくれます。融資スピードを重視するならキャッシングがおすすめです。

カードローンが向いている人

一方でカードローンが向いているのは以下の条件に当てはまる人です。

カードローンが向いている人
  • 低金利で融資を受けたい人
  • 高い限度額を狙いたい人
  • 信頼性の高い業者を利用したい人

カードローンは低金利が魅力的な商品です。融資された後の利息を減らしたいと考えているなら、基本的にキャッシングよりカードローンを選んだほうがいいでしょう。銀行系は消費者金融より3%以上金利を下げてくれる場合があります。

 銀行でもネットバンキングを中心に金利が高い業者はあるので注意してください。

他にも銀行は信頼性が非常に高いことが評価されており、安定したサービスが期待できます。

消費者金融は信頼性不足が指摘されていますが、銀行系が安定した運営を行っている商品であれば、信頼して融資を受けやすいと感じられるでしょう。

キャッシングの審査は厳しい?審査を解説

書類

キャッシングの審査は希望している借入額によって変わります。また、現時点で持っている収入などを踏まえて判断されていますので、収入の少ない人にとっては相当厳しい状況になるでしょう。

キャッシングの審査は以下の項目を中心に確認しています。

審査項目
  • 収入
  • 勤務先の情報
  • 他社の借入
  • 信用情報
  • 限度額
  • 虚偽記載の有無
  • 手続きに応じるか

すべての項目が重要なポイントとして扱われます。

他の金融商品では1つだけの問題であれば審査を通過できるケースがあるものの、キャッシングの場合は1つでも問題があれば審査に落とされる場合があります。

 特に虚偽記載は発覚した時点で審査落ちとなるため、嘘の情報を申告しないようにしましょう。

収入をしっかり持っていないと審査に落とされやすくなります。キャッシングの場合は限度額も審査項目に大きく関与してきます。

審査では希望している限度額に収入のバランスを考慮した上で最終判断を下しています。

また、他社の借入を複数持っている人信用情報に問題とされている情報が多々記載されているなど、明らかに融資できない状況に置かれている人は審査落ちとなります。

融資できない状況で審査を受けないように気をつけてください。

他社借入を持っていると審査は厳しくなる

他社借入を持っていた場合、借金をしていない人に比べて審査基準は大幅に厳しくなります。借金を持っているだけで、返済能力という部分に疑問が生じています。

 何も借入をしていない人に比べて、厳しい内容で審査を受けることを覚悟しなければなりません。

また、保有している借金額だけ、借入額を減らす必要があります。キャッシングの場合は総量規制が関与していますので、収入の3分の1以上となる借入は認められません。

現時点で借りている金額は、限度額を大きく減らす要因となってしまうのです。

他の会社で借りていると、審査に影響が及ぶものと判断してください。また、審査基準のレベルも上昇してしまうため、審査通過を狙っているなら他社の借入は返済しておきましょう。

返済しておくことで信頼性アップの期待も高まります。

キャッシングの審査に通過するコツをご紹介

キャッシング審査を通過するコツとして、以下の項目を重要視してください。

審査通過のコツ
  • 希望する限度額を控えめに
  • 他社の借入を返済して信用アップ
  • 収入をできる限り増やす
  • 中小の消費者金融を狙う

審査を通過するためには、自分の情報信頼性が確保されなければなりません。信頼性が得られないような情報を残さないように気をつけましょう。

また、業者の情報も審査に影響していますので、審査を通過するのであれば業者選びも重要となります。

ここからは、キャッシングの審査に通過するコツを詳しく説明します。

希望する限度額を控えめに

まずは希望する限度額控えめにしましょう。場合によっては最低限である10万円で審査を受け、確実に審査を通過する方向で考えてもいいでしょう。

 限度額はキャッシング利用などを通じて増額依頼を出すことが可能です。最初の段階で増やす必要はありません。

総量規制の影響により、持っている収入の3分の1までに限度額は制限されます。限度額の制限などを考慮して、あまりにも欲張った限度額を希望しないように調整してください。

とにかく抑えた限度額で審査通過を狙いましょう。

他社の借入を返済して信用アップ

他社借入を持っていた場合は、まず返済して信頼性をアップしてください。借入を持っていると審査基準が厳しくなりますし、希望できる限度額の幅も狭くなってしまいます。

返済することで信用情報の内容や借入の無い状態をアピールするのです。

借入を持っていないだけで、審査には大きなプラスとなります。

後少しで返済できるようなら早々に返済を完了させ、それからキャッシング審査を受けたほうが希望している限度額での借入も狙いやすくなります。

収入をできる限り増やす

収入は審査に大きな影響を及ぼしているポイントですので、なるべく増やすようにしてください。

収入が多ければ希望している限度額の幅も増えますし、返済能力が高いと判断されて審査通過できる可能性が高まります。

 収入の虚偽記載だけは絶対しないでください。収入証明書の提出等で嘘はバレてしまいます。

嘘をついて収入を増やすのではなく、自分が働いている収入をどこかで増やせないか検討し、少しでも多くの収入を持っているとアピールするのが一番いい方法です。

無理な場合は現時点での収入で限度額を調整してください。

中小の消費者金融を狙う

大手の消費者金融銀行の系列ですので、審査基準が少し厳しい傾向にあります。

一方で独立してサービスを提供している中小の消費者金融は審査基準を下げていますので、審査通過の可能性が高まります。信頼できるようなら中小の消費者金融も有効に使ってください。

 中小の消費者金融を利用する場合、事前に業者の情報を調べておきましょう。

【よくある質問】金利が低いおすすめのキャッシングは?

金利が低いおすすめのキャッシングは?
カードローンは『プロミス』や『楽天銀行カードローン』『バンクイック』が挙げられます。クレジットカードのキャッシングは、最低金利の低さから『セゾンカードインターナショナル』が利用しやすいでしょう。
そもそもキャッシングって何?
お金を借り入れできるサービスの総称です。キャッシュレス化が進んでいるとはいえ、まだまだ現金が必要なシーンは想定されるため万が一の事態にも備えられます。
カードローンによるキャッシングとは?
消費者金融と銀行が提供しており、どちらかといえば銀行の方が低金利の傾向にあります。ただし、消費者金融であれば多くの場合、最短で申し込みをした日に借り入れが可能となります。
クレジットカードによるキャッシングとは?
お持ちのクレジットカードで借り入れができます。ショッピング枠とキャッシング枠を使い分けることができるため便利です。
申し込みをしてその日の内に借り入れはできる?
会社や申し込み方法によっては最短即日融資が可能です。多くのサービスでは、インターネットや電話で借り入れの手続きをすることで、最短即日での口座振込を実施しています。
カードローンとクレジットカードのキャッシングはどちらが良い?
金利を抑えたい場合は、カードローンがおすすめです。一方で、クレジットカードの場合は、お持ちのカードを使い借り入れができる手軽さが魅力となります。
キャッシングはATMでも利用可能?
コンビニや金融機関など、多くの提携先があるため身近な場所で借り入れや返済ができます。サービスによってはアプリを使い、カードレスでの利用も可能です。

まとめ

この記事では、おすすめキャッシングの金利を比較しました。カードローンとクレジットカードのキャッシングがあり、金利を抑えたい場合はカードローンが良いでしょう。

ただし、クレジットカードの場合はショッピング枠と使い分けができる点はメリットです。自身のライフスタイルと照らし合わせて、自分に合ったものを選んでください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事