安い生命保険で手厚い保障は受けられる?

「保険料が安く、保障も手厚い生命保険に加入したい!」と考えていませんか?保険料の負担は意外と大きく、少しでも安く抑えたいと思う人も多いでしょう。

しかし、生命保険の商品数は非常に多く、どれが良いのかよくわからないですよね。そこで今回は、保険料の安いおすすめの生命保険を5つピックアップして紹介します。

後半では保険料を抑えるポイントについても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの安い生命保険5選|定期型死亡保険

おすすめの定期型死亡保険を5つ厳選して紹介します。どの生命保険も月々の支払額を低く抑えられるので、安さで選びたい人はぜひ参考にしてください。

ライフネット生命 「かぞくへの保険」

ライフネット生命 「かぞくへの保険」

ライフネット生命 「かぞくへの保険」の特徴
  • ネット保険なので保険料が安い
  • 特約がない
  • 保険金額・保険期間を設定するだけのシンプルな内容

「かぞくへの保険」は、インターネットでのみ手続きが可能なネット型の死亡保険です。

 店舗型の保険商品と比べると、保険料はかなり抑えられています。

保障内容は特約がなく、保険金額と保険期間を選ぶだけなので、初めて死亡保険に加入する人にもおすすめです。

選択できる保険金額は幅広く、さまざまなニーズに応えられる商品だといえます。
保険期間  10年・20年・30年・65歳まで・80歳まで・90歳まで
契約年齢 20歳~70歳
保険金額  500万円(300万円)~1億円(100万円単位)
保険料目安(30歳男性 保険期間10年 保険金500万円)  659円

出典:ライフネット生命 「かぞくへの保険」

アクサダイレクト 「アクサの定期保険2」

アクサダイレクトの定期保険2

アクサダイレクト「アクサの定期保険2」の特徴
  • 災害死亡時にさらに2,000万円の保障をプラスできる
  • 保障期間・保険金額を選択できる
  • 高額割引制度あり

「アクサの定期保険2」は、主契約に加えて災害死亡保障を特約で付加できる商品です。

 安い保険料で、死亡保障を充実させたい人に特におすすめします。

保険期間や保険金額も幅広い選択肢のなかから選べるので、ライフステージや家族構成に応じた細かなカスタマイズが可能です。

高額割引制度の利用により、保険料を抑えられるのも加入するメリットのひとつですね。
保険期間 10年・55歳・60歳・65歳・70歳
契約年齢 満20歳~満69歳(保険期間10年の場合)
保険金額 500万円~1億円(100万円単位で設定可能)
保険料目安(30歳男性 保険期間10年 保険金500万円) 650円

出典:アクサダイレクト 「アクサの定期保険2」

メディケア生命 「メディフィット定期」

メディケア生命 「メディフィット定期」

「メディフィット定期」の特徴
  • 保険期間を4種類から選択できる
  • 設定できる保険金額は年齢によって異なる
  • 災害時による死亡でも同額の保険金額を支払い

「メディフィット定期」は、保険期間を10年、60歳・65歳・80歳満了の4タイプから選択できる商品です。

 他の商品に比べてシンプルで分かりやすいので、初めて死亡保険に加入する人にもおすすめします。

また、特約を付加せずに病気、事故、災害での死亡に対して同額の保障を受けられるのも特徴です。

不慮の事故で所定の障害状態になった場合には、以後の保険料はかかりません。
保険期間 10年・60歳・65歳・80歳
契約年齢 20~70歳
保険金額 500万円または300万円~3,000万円(100万円単位)
保険料目安(30歳男性 保険期間10年 保険金500万円) 613円

出典:メディケア生命 「メディフィット定期」

メットライフ生命 「スーパー割引定期保険」

メットライフ生命 「スーパー割引定期保険」

メットライフ生命「スーパー割引定期保険」の特徴
  • 健康な人は割引がきく
  • 保険金額・保険期間を細かく設定できる
  • 保険料率は最長80歳まで適用

メットライフ生命の「スーパー割引定期保険」は、健康な人ほど保険料を安く抑えられる商品です。喫煙の有無や血圧、体格などによって健康状態を4段階で分け、最大で54%割引されます。

保険期間は4タイプから、保険金額は保険金額は500万円から最大3,000万円まで、100万円単位で設定可能です。

保険期間も4種類から選択可能!更新タイプであれば最長80歳まで更新できるので、必要な時期に合わせて保障を用意できますね。
保険期間 10年・20年・60歳・65歳
契約年齢 20~65歳
保険金額 500万円~3,000万円(100万円単位)
保険料目安(30歳男性 保険期間10年 保険金500万円) 1,030円(健康割引なしの場合)

出典:メットライフ生命 「スーパー割引定期保険」

チューリッヒ生命 「定期保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命 「定期保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」の特徴
  • 病気・不慮の事故・災害での死亡保障が同額
  • 健康な人は割引される
  • 保険期間は6種類から選択できる

チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」は、血圧の値や喫煙の有無によって保険料が割引になるので、日頃から健康に気をつけている人におすすめの保険です。

 最大1億円まで保障金額を設定できるので、出来るだけ手厚く備えておきたい人にも向いています。

また年払いを選択すると、さらに保険料を抑えることが可能です。

災害死亡時にも同じ保障を受けられる点は、嬉しいポイントだといえます。
保険期間 10年・55歳・60歳・65歳・70歳・90歳
契約年齢 20歳~69歳(保険期間10年の場合)
保険金額 200万円または500万円~1億円(100万円単位)
保険料目安(30歳男性 保険期間10年 保険金500万円) 935円(健康割引なしの場合)

出典:チューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」

生命保険の安い生命保険ランキング

ここでは本記事で紹介した商品から、以下の条件で比較した際の「保険料安さランキング」をご紹介します。ただし、割引が適用になる場合などで保険料が変わるため、目安として参考にしてください。

掛け捨て生命保険の保険料シミュレーション条件
  • 30歳男性
  • 保険金額:500万円
  • 健康体割引・追加払込の特約なし
  • 毎月支払い(年払いなし)

第1位:メディケア生命 「メディフィット定期」 613円/月

メディケア生命 「メディフィット定期」

メディケア生命 「メディフィット定期」の特徴
  • 保険期間を4種類から選択できる
  • 設定できる保険金額は年齢によって異なる
  • 災害時による死亡でも同額の保険金額を支払い

第2位:アクサダイレクト 「アクサの定期保険2」 650円/月

アクサダイレクトの定期保険2

アクサダイレクト「アクサの定期保険2」の特徴
  • 特約で、災害死亡時にさらに2,000万円の保障をプラスできる
  • 高額割引制度あり
  • 保障期間・保険金額を選択できる

第3位:ライフネット生命 「かぞくへの保険」 659円/月

ライフネット生命 「かぞくへの保険」

ライフネット生命「かぞくへの保険」の特徴
  • ネット保険なので保険料が安い
  • 特約がない
  • 保険金額・保険期間を設定するだけのシンプルな内容

生命保険の料金の相場を解説

Binance(バイナンス)利用のメリット

保険料の相場を把握しておくことは、保険を選ぶ際の目安にもなります。

保険に加入するにあたって、「年間どのくらい保険料を支払うのか」料金の相場が気になる人も多いでしょう。

ここでは、生命保険の保険料について解説します。生命保険の世帯年間払込保険料と分布状況について解説するので、相場を把握する参考にしてください。

生命保険の世帯年間払込保険料

令和3年度に行った「生命保険に関する全国実態調査」によると、生命保険の世帯年間保険料の平均額は「371,200円」です。月額で計算すると、約30,900円となります。

平成30年度の生命保険の世帯年間保険料の平均額は「381,700円」のため、この数年間で少し減少しているものの、大きな変動はないことがわかります。

公益財団法人 生命保険文化センター「平成30年度 生命保険に関する全国実態調査」より

生命保険の世帯年間払込保険料の分布状況

検証

保険料の払込料の傾向は、平均値だけでなく、分布度も参考にできます。ここでは、生命保険の世帯年間払込保険料の分布状況について紹介します。

下記の数値は、令和3年度に行った「生命保険に関する全国実態調査」をもとに算出しています。

 12万円未満、12~24万円未満と金額が低い順に比率が高いと示されています。

一方で60~84万円以上が全体の1割を占めているため、世帯によっては幅が大きいことがわかります。
※当該データの算出にあたっては、個人年金保険を含んでいる(平均値単位:千円)

12万円未満 19.3
12~24万円未満 17.6
24~36万円未満 16.0
36~48万円未満 9.3
48~60万円未満 6.4
60~72万円未満 4.7
72~84万円未満 2.5
84万円以上 5.4
不明 18.8
平均値 371.2

公益財団法人 生命保険文化センター「令和3年度 生命保険に関する全国実態調査」より

保険料が安くても手厚い保障は受けられる?

レントゲンで病状を確認する女性

生命保険は、同じ保障内容でも保険料を安くして契約できる場合があります。保険料が安くても保障が手厚い生命保険の特徴は、大きく3つ挙げられます。

保障は同じでも保険料が安い商品の特徴
  1. 掛け捨て型
  2. ネット保険
  3. 保障内容の設定が可能

1.掛け捨て型の生命保険

生命保険には、解約や満期時に保険料の一部が戻ってくる「積立型」と、保険料がほとんど返ってこない「掛け捨て型」の2種類があります。

 掛け捨て型は貯蓄性がない分、保険料が安く抑えられている点がメリットです。

たとえば30歳男性の場合、定期死亡保険と終身死亡保険の保険料は同じ保障でも以下のように異なります。(※)

定期保険 611円(保険期間10年の場合)
終身保険 6,405円(終身払いの場合)

生命保険での貯蓄を考えていない場合は、掛け捨て型の保険に加入すると保険料負担の低減が可能です。

※オリックス生命の「定期保険ブリッジ」と「終身保険ライズ」で比較。保険金額:500万円 参考シミュレーションサイト

2.ネット保険

スマホで保険料の安い生命保険を調べる

同じ保障内容でも、ネット保険は保険料が比較的安く設定されています。

生命保険料は純保険料と付加保険料に分類されており、付加保険料がかからないことがネット保険の安さの要因です。

純保険料 保障や貯蓄の準備に使われる
付加保険料 保険会社の経費にあてられる

ネット保険は加入者が自分で申し込みの手続きを行うため、人件費や営業の交通費、オフィスの維持費用などにかかるコストの大幅な削減が可能です。

 保障内容を手厚くしたまま保険料の安い商品を選びたいという場合は、付加保険料が抑えられたネット保険への加入をおすすめします。

保障内容を自分で決められる

生命保険には、保障内容を一定の範囲内から自分でカスタマイズして加入できる商品もあります。保障内容を最小限にできる商品ほど、最低保険料は安く設定されています。

また、生命保険には特約が付加できる商品も多く、自動で付帯される場合と自分で選択できる場合があります。

特約を付加すると保険料は上がってしまうため、自動で付帯される商品ほど保険料は高いと考えられます。

生命保険はどれがいい?おすすめの選び方

安い生命保険を相談する

生命保険を選ぶとき保険料を重視しがちですが、大切なポイントは他にもいくつかあります。ここでは生命保険の正しい選び方について3つ解説します。

生命保険の正しい選び方
  1. 生命保険に加入する目的を決める
  2. 保険料の目安を決める
  3. 必要な保障額を把握しておく

1.生命保険に加入する目的を決める

生命保険は、備えるリスクによってさまざまな商品があります。

死亡保険 死亡や高度障害に備えたい
医療保険 病気やケガに備えたい
がん保険 がんの治療や手術、入院に特化して備えたい

年齢や健康状態によって、必要な保障は異なります。

まずは「どんな時に保険を必要とするか」という視点で、自分が加入すべき生命保険をピックアップしましょう。

2.保険料の目安を決める

安い生命保険に加入して貯金する

次に家庭の収入や支出から、どのくらいの保険料を負担できるのか計算しましょう。生命保険文化センターのデータによると、各ライフステージにおける毎月の平均保険料は以下のとおりです。

月々の払込総額
夫婦のみ(40歳未満) 2万200円
夫婦のみ(40~59歳) 3万1,100円
末子乳児がいる家庭 2万8,700円
末子保育園児・幼稚園児 3万4,400円
末子小・中学生 3万3,600円
末子高校・短大・大学生 3万8,500円
末子就学終了 3万8,200円
高齢夫婦有職(60歳以上) 2万6,700円
高齢夫婦無職(60歳以上) 2万1,300円
その他 3万1,275円

平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」
こちらの数値はあくまで平均値なので、参考程度に把握しておきましょう。

 家庭の事情に合わせて保険料の予算を設定しておくと、保障内容を決めるときの参考になります。

保険料の負担が大きすぎて途中で解約すると損をしてしまうケースもあるので、加入自体が無駄な出費にならないよう慎重に検討しましょう。

3.必要な保障額を把握しておく

生命保険の安さを計算してメモする

備えるべきリスク・保険料の予算が決定したら、そこから加入したい商品を選びます。

保障内容をカスタマイズできる場合は、ライフステージや家族構成に合わせて無駄なく設定しましょう。

 保障が手厚いほど保険料は高くなるので、設定した予算と相談しながら保障内容を決めていきます。

必要な保障は年齢やライスステージと共に変化するので、随時見直しが必要です。

特に就職や結婚、出産、マイホームの購入など収入と支出が大きく変化するタイミングは、保険相談窓口を利用してプロに相談すると安心です。

少しでも安くしたい方必見!保険料を抑える5つの方法

安い生命保険する際に必要なお金を数える

生命保険は、ポイントを抑えれば手厚い保障のまま保険料を安くできる可能性があります。ここでは生命保険料を抑える5つの方法について、くわしく解説します。

保険料を抑える方法5選
  1. 定期保険を選ぶ
  2. なるべく早く終身保険へ切り替える
  3. 特約をなるべく外す
  4. 払込期間を長くする
  5. 保障内容を頻繁に見直す

1.20代・30代は定期保険を選ぶ

掛け捨て型の定期保険に加入することは、保険料を安くできる最も簡単な方法です。

特に若いうちは収入が少ないので、貯蓄目的の生命保険に加入すると保険料の負担が大き過ぎる場合があります。

20代や30代は今後のライフステージが大きく変わる可能性があるので、見直しやすい定期保険へ加入することをおすすめします。

2.早い段階で終身保険へ切り替える

安い生命保険への加入を相談する

年齢によっては、早めに終身保険へ切り替えたほうが良い場合もあります。

 定期保険は、年齢が上がるにつれ保険料が高くなるからです。

ライフステージが変わる予定のない人や保険料を払い続けられそうな場合は、保険料が一生涯変わらない終身保険への切り替えがおすすめです。

3.特約は外す

特約を付加すると保険料が高くなってしまうので、なるべく特約は外して加入するようにしましょう。

特約の保障内容が必要な場合にも別の生命保険で備えることで、それぞれ見直しやすくなります。

4.払込期間をできるだけ長くする

生命保険が安くなるようにスマホで計算する

終身保険の場合、保険料の払込期間は商品によって異なります。

払込期間の種類
  • 10年、20年など期間が決まっているタイプ
  • 60、65歳までなど歳満了タイプ
  • 終身払いタイプ

    払込期間が短いと保険料は高くなります。月々の負担を減らしたい人は、終身タイプなどを選択して払込期間を延ばすのも保険料の負担を軽減する良い手段です。

    ただし65歳以降は収入が減少する可能性が高いので、生活に余裕ができたタイミングで払込を完了させると良いでしょう。

    5.保障内容を数年に1度見直す

    備えるべき保障はライフステージに応じて変わります。

    例えば、子どもが小さい家庭では手厚い死亡保障が必要でも、子どもが手を離れたという場合には、子どもの生活費や教育費を考える必要がありません。

     保険料を抑えるためには「不要な保障をなくす」という点も非常に大切なので、随時見直すようにしましょう。

    自分では見直す必要がないと思っていても、2~3年に1度は保険相談窓口を利用してプロの相談員に見てもらうと安心です

    安い生命保険を紹介してもらえる?保険相談窓口を利用するメリット

    ここでは、保険相談窓口を利用する4つのメリットについて紹介します。保険相談窓口を利用するメリットは。以下の通りです。

    タイトル
    • 無料で相談できる
    • 保険のプロ(FP)から専門的なアドバイスをもらえる
    • 自宅やオンラインなど希望の場所で相談できる
    • 複数の保険商品を一度で比較できる

    無料で相談できる

    シルエットの男性

    保険相談窓口の利用は、基本的には無料で受けられます。相談できる回数の制限もないため、何度でも無料で相談できます

     また、保険相談窓口はショッピングモールや駅前のファッションビルなど、全国に多数の店舗があるので、買い物のついでや仕事帰りに立ち寄ることも可能です。

    保険相談窓口はじっくり保険を検討できるため、初めての保険加入で何を基準に選べばいいかわからない人にも最適です。

    相談したら契約しなければいけない決まりはないので、納得いくまで相談しましょう。

    相談したいタイミングに合わせて気軽に活用しましょう。

    保険のプロ(FP)から専門的なアドバイスをもらえる

    保険相談窓口の相談員は、保険やお金に関するプロ(FP)のため、専門的なアドバイスを受けることが可能です。

    保険に関する詳しい知識がないと、多くの保険商品の中から自分に必要な保障を探すのが難しいです。

    保険相談窓口を利用すれば、保険のプロから最適な商品を提案してもらえます。

    自宅やオンラインなど希望の場所で相談できる

    DMM Bitcoinアプリを使用する女性

    保険相談窓口は、店舗以外にも自宅やオンラインなどの希望の場所で相談することが可能です。

     相談員が自宅まで訪問してくれたり、オンライン相談を承っていたり、さまざまな方法があります。

    そのため、子育てや介護で自宅を離れられない人にとっても最適なサービスです。

    時間の調整もしやすいため、仕事が忙しくて来店できない人も活用しやすいでしょう。

    複数の保険商品を一度で比較できる

    多くの保険相談窓口では、複数の保険商品を取り扱っています。そのため、一つの窓口でさまざまな商品の比較検討ができるので、加入手続きまでワンステップで行えます。

    自分一人で保険を選ぶとなると情報収集や比較に時間がかかりますが、保険相談窓口なら時間や手間が省けます。

    保障や保険料を比較して、希望に沿った最適な商品やプランを探すことが可能です。

    おすすめ保険相談窓口4選|安い生命保険選びに

    ほけんのぜんぶ

    ほけんのぜんぶ
    おすすめポイント
    • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
    • 相談実績は15万件以上!
    • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
    • 今なら無料相談をするともれなく豪華なプレゼントゲット!
    ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。
     忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
    今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は30社以上になります。
    資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!

    今なら無料相談をするともれなくプレゼントゲット!

    現在ほけんのぜんぶでは、無料相談の面接をした方全員に食品やグッズをプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
    プレゼントの種類
    A:北海道産 ゆめぴりか 2kg
    B:ウェルチ100% 果汁ギフト(9本セット)
    C:い・ろ・は・す 天然水
    C:有機 エキストラヴァージン オリーブオイル
    D:アンパンマン 砂場セット
    E:ごっつん防止 リュック
    取り扱い保険商品 30社以上
    受付時間 24時間365日
    店舗数 無し(訪問型)
    キッズルーム 無し
    オンライン面談 可能
    出典:公式サイトより

    マネードクター

    マネードクター
    おすすめポイント
    • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
    • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
    • 相談は何回しても無料!
    • 今なら無料相談予約で食品や日用品をプレゼント!
    マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。
    相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
    マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。

    無料相談を予約いただいた方はもれなくプレゼントゲット!

    マネードクターでは、無料保険相談を予約した方に限定で食品や日用品をプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
    プレゼントの種類
    A:野菜生活100
    B:丸の内タニタ食堂減塩みそ
    C:ノーズトリマー
    D:バスタオル
    E:arau. 泡ボディソープ
    取り扱い保険商品 29社
    受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
    店舗数 100拠点以上
    キッズルーム あり
    オンライン面談 可能
    出典:公式サイトより

    保険無料相談.com

    保険無料相談.com
    おすすめポイント
    • お客様満足度97.6%!
    • 担当者の希望を出せる!
    • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
    • 今なら面談&アンケート回答で豪華なプレゼントゲット!
    保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。
     オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
    保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。
    まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。

    今なら面談&アンケートでプレゼントキャンペーン実施中!

    保険無料相談.comでは現在、6月30日までの限定で、面談とアンケートに回答した方を対象にプレゼントを送っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
    プレゼントの種類
    • 丸大ハム 煌彩セット
    • 新潟県産コシヒカリ 2kg
    • アサヒスーパードライ ギフト 8本
    • 利久の牛タン 真空パック 110g 〈塩味〉
    • 仙台銘菓 萩の月6個入り
    • ダロワイヨ マカロンラスク詰め合わせ12枚
    • セレブコレクションバームクーヘン
    • ムーミンレンジ容器6点セット
    • 手作り鮭とばソフト170g
    • 日本赤十字社への寄付(1,000円)
    取り扱い保険商品 34社
    受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
    店舗数 無し(訪問型)
    キッズルーム 無し
    オンライン面談 可能(一部地域)

    保険市場

    保険市場
    おすすめポイント
    • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
    • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
    • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
    • 今ならギフトカードなどがもらえる期間限定のキャンペーン実施中!
    保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。 全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
     オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
    取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。

    保険市場の期間限定キャンペーン

    保険市場では、現在4つのキャンペーンが実施されています。それぞれ締切日が異なるので注意してください。
    保険の種類 キャンペーン内容 締切日
    がん保険 「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用総合保険)」に新規契約した方全員「選べるギフトカード1,000円相当(1枚)」をプレゼント。 2022年9月30日
    自動車保険 「SBI損保の自動車保険(個人総合自動車保険)」に新規契約した方に「10種類から選べる 1,500円相当のギフトクーポン」をプレゼント。(※年間保険料が10,000円以上のご契約が対象です。 )さらに抽選で豪華賞品をプレゼント。 2022年6月30日
    生命保険 SBI生命の対象保険商品を契約の方にもれなく、ローソンで交換する「【お持ち帰り限定】ウチカフェ プレミアムロールケーキ 無料引換券」を1つプレゼント。 2022年6月30日
    自動車保険 バイク保険 アクサダイレクトの対象保険商品を新規ご成約の方全員に「デジタルクーポン(無料引換券)」を1つプレゼント。さらに新規ご成約の方から抽選で「ドライブレコーダー」をプレゼント。 2022年7月31日
    取り扱い保険商品 91社
    受付時間 9時~21時(年末年始以外)
    店舗数 714店舗
    キッズルーム 有り
    オンライン面談 可能
    出典:公式サイトより

    よくある質問

    保障が手厚く保険料の安い、おすすめの生命保険はありますか?
    今回紹介した定期死亡保険のなかで保険料が最も安いのは、メディケア生命の「メディフィット定期」です。病気・事故・災害による死亡に対して、同額の保障を受けられます。
    保険料が安い生命保険にはどんな特徴がありますか?
    掛け捨て型の定期保険は貯蓄性がないので、保険料は割安です。またネット保険のような付加保険料が抑えられた商品を選ぶと、保険料が安くても手厚い保障を受けられます。
    生命保険の正しい選び方のポイントはありますか?
    年齢やライフステージによって、備えておくべきリスクは違います。どの保障がどのくらい必要か計算し、支払える保険料の範囲内で契約内容を決めましょう。
    生命保険を選ぶ際の注意点はありますか?
    保険料が安ければ良いというわけではありません。ライフステージに応じて必要な保障があるかを慎重に確認しましょう。
    生命保険料をなるべく安くするには、どんな方法がありますか?
    保険料を抑えるには、掛け捨て型の定期保険への加入をおすすめします。ただし年齢が上がるにつれて、更新のたびに保険料も高くなる点には注意しましょう。特約を外したり、払込期間を長くしたりする方法も有効です。
    生命保険はどんな時に見直すべきですか?
    結婚や出産、子供の大学入学時などライフステージが大きく変わるタイミングで見直すのがおすすめです。また、数年に1度は保障内容を確認しておくと安心でしょう。
    生命保険の見直したい場合は、どうしたらよいでしょうか?
    保険相談窓口の利用を検討してみてください。収入や家族構成などによって必要な生命保険や保障内容を提案してくれます。無理に保険を契約させられることもないので、活用しましょう。

    まとめ

    今回は、保険料はが安いのに保障は手厚いおすすめの生命保険をご紹介しました。保険料の安さだけで加入を決めるのは危険ですが、月々の負担を減らす工夫は多くあります。

    また、ライフステージや年齢、家族構成によって必要な保障は異なります。ライフステージが切り替わったタイミングなどで随時保険の見直しをしましょう。

    今加入している生命保険で十分備えられているのか、保険相談窓口などを活用してチェックするのもおすすめですよ。

    関連記事

    こちらの記事も合わせて読みたい
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事