大手・中小消費者金融一覧と選び方

「急にお金が必要になったので消費者金融を利用したい」「怖くない消費者金融はある?」と、消費者金融選びに迷っていませんか?消費者金融はたくさんあり、どこを選ぶべきか悩む人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの消費者金融一覧を紹介します。融資までのスピード、金利、返済方法、利息無料期間などで比較しながら、自分にとってベストな消費者金融を見つけてみてください。

カードローンの選び方や銀行との違いについても解説していますよ。

おすすめ大手消費者金融一覧

大手消費者金融一覧 実質年率
プロミス 4.5%から17.8%
アコム 3.0%から18.0%
アイフル 3.0%から18.0%
レイクALSA 4.5%から18.0%
SMBCモビット 3.0%から18.0%

プロミス

プロミス

プロミスの特徴
  • レディースキャッシングがある
  • 最短10秒で登録口座に振込可能
  • 「アプリdeクーポン!」で優待サービスが受けられる

プロミスにはレディースキャッシングがあり、女性専用ダイヤルにて女性オペレーターが優しく対応してくれるのが特徴のカードローンです。

24時間365日最短10秒で登録口座に振込可能な「瞬フリ」も利用でき、口座の残高不足をすぐに解消したい場合にも活用できます。

 Web完結の申し込みなら、カードレスでカード紛失の心配もありません。

アプリローンも利用でき、いつでも・どこでも・必要な時に、面倒な手続きは一切なくスマホのみで借入可能です。

アプリローン には「アプリdeクーポン!」や、会員様向けの優待サービスも利用できますよ。
実質年率 4.5%から17.8%
融資限度額 500万円
最短融資スピード 即日融資可能
無利息期間サービス あり 最大30日間0円
返済方法※1
  • 口座振替
  • インターネット
  • 店頭
  • ATM
  • コンビニ端末

※1 ご返済-プロミス
※プロミス公式サイト 

アコム

アコム

アコムの特徴
  • カードローンランキング3部門No.1※1
  • 振込による借入が最短1分※2
  • 「うっかり忘れ」もメールでサポート

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

アコムは、カードローンランキング「はじめての人にオススメ」「即日ほしい人向け」「手続きがわかりやすい」の3部門でNo.1になった実績がある安心のカードローンです。

 振込による借入なら、インターネットや電話から24時間申込みが可能で、最短1分で口座にお金が振り込まれます。

アコムには店頭窓口もあるため、スタッフに質問や相談をしながら借りたい人にも向いています。

返済日の「うっかり忘れ」もメールでサポート!返済期日の3日前と当日に、登録のメールアドレスにお知らせメールが届くので安心ですね。
実質年率 3.0%から18.0%
融資限度額 800万円
最短融資スピード 最短30分
無利息期間サービス あり 最大30日間0円
返済方法※3
  • インターネット
  • アコムATM
  • 提携ATM
  • コンビニ
  • 口座振替
  • 口座振り込み
  • 店頭

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

※1 <調査概要>調査方法:インターネット調査 調査期間:2021年1月8日~12日 調査概要:カードローン7社を対象にした比較イメージ調査 調査対象:2,658名、男女、20~69歳、全国 調査実施:株式会社ショッパーズアイ 比較対象企業:「カードローン」Google検索上位7社(2020年11月12日13時00分時点)※記事・広告・まとめサイト・銀行・信用金庫を除く
※2 振込実施時間はご利用されている金融機関によって異なります。
※3インターネット返済について-アコム お振込・口座振替(自動引き落とし)-アコム

※アコム公式サイト 

アイフル

アイフル

アイフルの特徴
  • 最短25分で融資可能
  • 返済シミュレーションで返済計画を事前に立てられる
  • 1,000円単位での借入れができる

アイフルのWEB完結なら、最短25分という短時間で融資可能なので、急いでいる人におすすめできるカードローンです。郵送物もカードもないので、知人や家族に知られるリスクも減らせます。

 アイフルATM・スマホアプリ・振込なら、1,000円単位での借入れが可能です。

少額だけ借りたい場合に非常に便利でしょう。提携ATMは全国に約70,000台あるため、全国どこでも返済が可能です。

「きちんと返済できるか不安」という人は、公式ページの「返済シミュレーション」でしっかり返済計画を立てることもできるので、活用してみましょう。

申し込み時には、勤務先への連絡は原則行っていないので、周囲にバレにくいのもメリットでしょう。
実質年率 3.0%から18.0%
融資限度額 800万円
最短融資スピード 最短25分
無利息期間サービス あり 最大30日間0円
返済方法※1
  • スマホアプリ
  • アイフルATM
  • 提携ATM
  • コンビニ
  • 口座振替
  • 振り込み

※1 ご返済方法-アイフル お借入れ方法-アイフル
※アイフル公式サイト

レイクALSA

レイクALSA

レイクALSAの特徴
  • 最大60日間利息0円
  • レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」が使いやすい
  • 15秒で審査結果がわかる

レイクALSAは、はじめての利用でインターネット申し込みであれば、最大60日間利息無料と他社よりも期間が長いのが特徴のカードローンです。借入金額のうち5万まで180日間利息0円なので、少額の借入時に便利でしょう。

 審査結果は最短15秒で表示されるため、スムーズに申込み手続きが可能です。

レイクALSA公式アプリ「e-アルサ」を利用すれば、セブン銀行「スマホ ATM取引」を利用してスムーズに借入できるだけでなく、返済予定や契約内容なども確認できます。

インターネットバンキングを利用しているなら、WEB返済も可能!土日や深夜でも手軽に手続きできるので、返済もしやすいでしょう。
実質年率 4.5%から18.0%
融資限度額 500万円
最短融資スピード 最短60分
無利息期間サービス あり 最大60日間0円
返済方法※1
  • 自動引き落とし
  • 提携ATM
  • 銀行振り込み
  • 新生銀行カードローンATM
SMBCモビット
  • Tポイントが貯まる、使える
  • 10秒で簡易審査結果がわかる
  • WEB申込なら電話連絡や書類郵送がない

SMBCモビットは、Tポイント利用ができるカードローンです。貯めたTポイントは返済にも使えるので、日頃からTポイントを貯めている人に特におすすめです。Tポイントは、利息200円につき1ポイント貯まります。

 スマホやパソコンからのWEB申込であれば、電話連絡や書類郵送がありません。

振込なら最短3分で登録口座に振り込まれるので、非常に使いやすいでしょう。また融資までの時間を早めたい場合は、ネット申し込み後にコールセンターに連絡を入れると、審査が早くなる可能性があります。

コールセンターの営業時間は9時から21時です。急ぎの場合には営業時間に間に合うように気をつけましょう。
実質年率 3.0%から18.0%
融資限度額 800万円
最短融資スピード 即日融資可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
無利息期間サービス 確認できず
返済方法※1
  • 提携ATM
  • 口座振替
  • インターネット
  • 銀行振り込み

※1 返済方法-SMBCモビット
※SMBCモビット公式サイト

おすすめ中小消費者金融一覧

中小消費者金融一覧 実質年率
セントラル 4.8%から18.0%
ダイレクトワン 4.9%から18.0%
ベルーナノーティス 4.5%から18.0%

セントラル

セントラル

セントラルの特徴
  • 最大30日間金利0円
  • 全国のセブン銀行ATMでも返済・借入可能
  • 昭和48年創業で実績があ

セントラルは、昭和48年創業で実績がある消費者金融です。当日融資も一部できるため、急いでいる方は平日14時までに受付してもらえるよう、時間に余裕をもって申し込みましょう。

 融資は、1万円から1,000円単位で可能です。

少額融資を希望する人に向いているといえるでしょう。カードローン「マイレディス」では、女性スタッフが受付してくれるので、男性スタッフの対応は不安と感じる女性にもおすすめです。

セントラルATMの設置地域は限られていますが、全国のセブン銀行ATMでも返済・借入ができますよ。
実質年率 4.8%から18.0%
融資限度額 300万円
最短融資スピード 即日融資可能
無利息期間サービス あり 最大30日間0円
返済方法※1
  • セントラルATM
  • 銀行振り込み
  • セブン銀行ATM

※1 ご返済について-セントラル
※セントラル公式サイト

ダイレクトワン

ダイレクトワン

ダイレクトワンの特徴
  • 最大55日間利息0円
  • 1万円から借入れ可能
  • 最短30分でカード発行

ダイレクトワンは、インターネット・電話・店頭での申し込みが可能な消費者金融です。インターネット経由なら必要書類もネットにアップロードするだけなので、郵送の手間が省けます。

 ダイレクトワンはスルガ銀行グループのため、スルガ銀行ダイレクトワン支店の口座を利用すれば、返済がインターネットでスムーズに行えます。

最低1万円から借り入れが可能です。必要な分だけを借りられるので、必要以上に借り過ぎてしまい、返済が大変になる心配もありません。

コンビニの提携ATMで借入れ・返済ができるため、全国どこでも利用できるのもメリットです。
実質年率 4.9%から18.0%
融資限度額 300万円
最短融資スピード 最短当日中
無利息期間サービス あり 最大55日間利息0円
返済方法※1
  • 提携ATM
  • 銀行振り込み
  • 店頭窓口

※1 お借入れ/ご返済方法-ダイレクトワン
※ダイレクトワン公式サイト 

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスの特徴
  • レディースローンがある
  • 80歳までのカードローンがある
  • 14日間無利息(初回・完済後何度でも)

ベルーナノーティスは、「レディースローン」や「80歳までのカードローン」が利用できる、通販サイト「ベルーナ」のグループの消費者金融です。

 レディースローンは働く女性や専業主婦向けのカードローンで、女性オペレーターに対応してもらえます。

また、70歳以上でも借り入れができる「80歳までのカードローン」もあり、月々の返済額は2,000円からと非常に利用しやすいです。

なお、借入額が50万円以下であれば、初めての借入でも収入証明が原則不要です。書類を用意する必要がないので、スムーズに融資を受けられるでしょう。

初回と完済後には14日間の利息無料期間があり!完済後であれば何度でも無利息期間があるのはうれしいですね。
実質年率 4.5%から18.0%
融資限度額 300万円
最短融資スピード 最短24時間以内に融資可能
無利息期間サービス あり 最大14日間利息0円
返済方法※1
  • 銀行引き落とし
  • 郵便引き落とし
  • 銀行振り込み

※1 カードローン・キャッシングのご返済方法-ベルーナノーティス
※ベルーナノーティス公式サイト

どこがいい?消費者金融の選び方4つ

大切なお金のことだから、消費者金融を選ぶ際にはしっかりとポイントを把握して利用する必要があります。ここでは消費者金融の選び方を4つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

消費者金融の選び方
  1. 融資までのスピードで選ぶ
  2. 利息で選ぶ
  3. 家族や周囲にバレないかで選ぶ
  4. 返済のしやすさで選ぶ

1.融資までのスピードで選ぶ

融資が早い消費者金融に申し込む様子

消費者金融は、融資までのスピードで選ぶのもよいでしょう。病気やケガなどのトラブルや冠婚葬祭などで、お金は急に必要になる場合があります。消費者金融によっては、その日のうちに融資も可能です。

家賃やクレジットカードの引き落としにギリギリ間に合わないという場合でも、即日口座への振込に対応していれば残高不足になるリスクを防げます。営業時間内に申し込むと、早く融資してもらえる場合も多いです。

ひとこと電話を入れることで、審査を早めてもらえる可能性もあります。急ぎの場合はネット申込後に電話をしてみましょう。

2.利息で選ぶ

お金を借りる際、しっかりチェックしておくべきなのが「利息」です。10万円を借りたら、10万円だけ返せばいいわけではありません。10万円に利息を付けて返済するのが一般的です。

 利息は、消費者金融によってパーセンテージが異なります。

利息が高ければ、その分返済する金額も高くなるため、利息はなるべく低い消費者金融を選びましょう。また、消費者金融によっては、利息無料期間が設定されているところがあります。

利息無料期間とは、利息が0円になる期間のことです。利息無料期間の返済であれば、10万円借りても利息は支払わずに10万円のみを返せばよいのです。

利息無料期間はお得なので、ぜひ利用しましょう。

3.家族や周囲にバレないかで選ぶ

周囲にバレずにお金を借りたい人

家族や周囲へのバレにくさも、消費者金融を選ぶ上で重要なポイントです。お金のことは非常にプライベートでデリケートなことなので、他の人に知られたくない人も多いでしょう。

消費者金融によっては、郵送物に社名を入れなかったり在籍確認時に社名を言わなかったりなど、プライバシーに配慮してくれる場合があります。

申し込み前に、家族や周囲の人に知られるリスクがあるかチェックしておきましょう。

5.返済のしやすさで選ぶ

消費者金融は、返済のしやすさも大切なポイントです。返済しにくいと、期日に返済できず遅延損害金がかかる可能性があります。返済金額に遅延損害金が上乗せされるので、遅延するほど借金が増えます。

 返済金額が増えるだけでなく、一括返済を求められる場合も珍しくありません。

遅延損害金は支払い期日の翌日から発生し、通常の利息よりも高い金利になることが一般的です。

ATM返済、銀行振り込みなど、手軽に返済できる方法がある消費者金融のほうが良いでしょう。

消費者金融利用のメリット

ネット証券の開設方法

消費者金融を利用するメリットは以下の通りです。

消費者金融のメリット
  • すぐにお金を借りられる
  • 収入がなくてもお金を借りられる
  • 返済方法が多様化している

消費者金融は利便性に特化しているサービスです。使いやすさを様々な場所で追求していることもあり、お金がなくて困っている人が使いやすいようにしています。同時に返済しやすい環境整備も行っています。

消費者金融は使いやすさを武器にしています。

ここからは、消費者金融を利用するメリットを詳しく説明します。

すぐにお金を借りられる

消費者金融は融資するまでのタイミングが非常に早く、すぐにお金を借りられます。場合によっては即日融資が可能となり、申し込みをした当日中に融資を受けられるようになります。すぐにお金が必要な時は利用するといいでしょう。

 消費者金融は警察のデータベース照会などの手続きが必要ないため、即日融資で罰せされる心配はありません。

即日融資はお金がその日のうちに必要となっている時にすごく便利なサービスです。申込から審査完了までに30分、それから融資を受けるまでに数十分程度待てば振込等の方法で借り入れが可能です。

非常に使いやすいサービスと言えるでしょう。

収入がなくてもお金を借りられる

お金

銀行系のカードローンは一定以上の収入を求められることが多くなっていますが、消費者金融は収入があまりない人でも融資を受けられます。消費者金融の方針として、限度額が設定できる収入であれば問題無しと判断しているのです。

収入が少ない人も審査を通過できます。

収入がなかなか増えず、消費者金融で借りられるかどうか不安に感じている人は、サービスとして借入診断が可能です。この診断を利用することにより、審査を通過して融資を受けられるか判断しやすくなります。

 審査落ちの場合は収入不足か申込内容の不備が考えられます。

返済方法が多様化している

消費者金融の返済方法は非常に多くなっています。具体的には以下の方法で返済できます。

消費者金融の返済方法
  • ATM返済
  • 振込による返済
  • 引き落としで返済

大きく分けると3つの方法に分けられますが、ATM返済が可能となっているところは大きなメリットです。ATMによる返済は、即日での返済を可能にしており、他の方法に比べると不便には感じないためです。

 消費者金融によって対応しているATMが異なるため気をつけておきましょう。

基本的には引き落としを利用しつつ、ATMによる返済やネットバンキングを利用した振込返済も利用しながら、最終的に最適な返済方法をしっかり検討していくのが望ましいでしょう。

消費者金融と銀行との違い

消費者金融も銀行も、金銭の貸付を行っています。役割が似てい流ように感じますが、消費者金融は主に個人向けの小口融資をしているのが特徴です。

銀行と比べて消費者金融は、融資までのスピードが比較的早いといわれています。なお、消費者金融は銀行の金利と比べると、やや高めに設定されている傾向です。

すぐにお金が必要なときは「消費者金融」、金利を押さえたい場合には「銀行」の利用が良いでしょう。

消費者金融は怖いって本当?

消費者金融が怖いのか疑問

「消費者金融は怖い」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、最近ではWEB申し込みやアプリでのやり取りが増えているため、怖さを感じることは少ないと考えられます。

ただし、返済が滞ると督促状が届いたり催促の連絡が来たりする可能性はあります。督促状の送付は、消費者金融に限らず銀行でも行われるので、消費者金融が特別に怖いとはいえないでしょう。

 「午後9時~午前8時に電話・FAX・訪問」「恐喝・強要」などの取り立ては違法です。弁護士や警察、日本貸金業協会に相談しましょう。

参考:債務ナビ-この借金取り立ては違法!9つの行為と思い当たる場合の4つの相談先-

消費者金融を利用する流れ

お金がないときにカードローンを利用するメリットとは?

消費者金融を利用するためには、以下の流れに沿って申込から審査、融資を受けなければなりません。

消費者金融を利用するための手順
  1. 消費者金融を選ぶ
  2. 選択した業者に申込
  3. 必要書類の提出
  4. 審査を受けて結果を通知
  5. 契約とカード発行手続き
  6. カードを受け取って融資を受ける

基本的な流れはこのように進められていきます。

申込みから審査を受ける流れは一般的なものと変わりませんが、契約後のカード発行手続きからはいろいろな選択肢があります。どの選択肢を採用するかによって融資の方法も変わっていくでしょう。

融資の方法で契約後の手順は変わります。

ここからは、消費者金融を利用する流れを説明します。

1消費者金融を選ぶ

どの消費者金融から融資を受けるか決めてください。融資を受ける業者によって、使いやすさが大きく変わっていきます。審査難易度なども考慮しつつ、できる限り信頼性の高い大手の消費者金融を利用していくのが一番いい方法です。

2選択した業者に申込

選択した業者に対して申込手続きを行います。申込方法は以下の手法が採用されています。

消費者金融への申込方法
  • ホームページから申込
  • 電話で申込
  • 自動契約機で申込

どの方法を利用しても、必要な情報を伝えなければなりません。電話の場合は申込完了までに時間がかかってしまうため、手間を省きたい時はホームページや自動契約機を検討してください。

3必要書類の提出

必要書類の提出が必要です。必要とされる書類は以下の2つです。

消費者金融の必要書類
  • 本人確認書類
  • 収入証明書

本人確認書類は絶対必要ですので、事前に用意してください。運転免許証パスポートマイナンバーカードで対応してくれることが多くなっています。

収入証明書は必要であれば事前に収入を認められる書類を準備してください。

 収入証明書は50万円以下の限度額であれば基本的に提出不要となります。

4審査を受けて結果を通知

消費者金融側が審査を行い、本当に融資をさせて大丈夫か判断します。審査の結果、融資を行っても大丈夫と判断されれば審査通過の電話連絡を入れます。

その後、本人確認と在籍確認を行い、最終的な審査結果がメールで通知されます。

 審査落ちの場合はメールで審査に落ちたと通知されます。

5契約とカード発行手続き

無事に審査を通過した後は、契約とカード発行手続きを行います。即日融資を希望している人は、契約が完了した時点で振込融資が行われます。

それ以外の人はカード発行手続きを行い、郵送によってカードを送付します。

 カードは自動契約機で発行可能です。希望する場合は通知した後自動契約機で手続きしてください。

6カードを受け取って融資を受ける

郵送されたカード、または自動契約機で発行したカードを受け取り、ATMに挿入して融資を受けます。振込融資を受ける方法もありますが、カードを利用してATMから借りたほうが手間はかかりません。

よくある質問

おすすめの大手消費者金融はありますか?
プロミスがおすすめです。女性専用コールがあるので、金銭の相談を男性にするのは抵抗があるという女性でも安心して利用できるでしょう。
消費者金融なら絶対にお金が借りられますか?
絶対にお金が借りられる消費者金融はありません。審査内容によってはお金を借りられないこともあります。
消費者金融と銀行はどう違いますか?
基本的にはどちらもお金を貸すことをしていますが、消費者金融は個人向けの少額の貸金をしています。
銀行と比べて消費者金融のほうが融資までが早いですが、金利は銀行よりも高く設定されている傾向にあります。
消費者金融は怖いですか?

消費者金融に限らず、銀行でも滞納すれば督促状が届いたり支払い状況を確認する電話が来る場合があります。そのため、消費者金融だから怖いというわけではありません。

ただし、恐喝や強要、深夜・早朝の連絡などは違法行為になるので、警察や弁護士に相談しましょう。

消費者金融はどこも同じですか?
融資までのスピードや金利・返済方法など、消費者金融によって大きく異なります。複数の消費者金融を比較しながら、自分にあったところを選びましょう。
会社や家族にバレずに消費者金融を利用することはできますか?
無理ではありません。郵送物に社名を入れない消費者金融もあり、同居家族であってもバレにくい工夫をしてくれます。
さらに在籍確認の電話では、カードローンの社名を言わないなど、プライバシーに配慮されていることがほとんどです。周囲にバレることなくお金を借りることは無理ではありません。
どうしたら早くお金を借りることができますか?
まず即日や当日中に融資が可能な消費者金融に申し込むとよいでしょう。
さらにコールセンターがあれば、営業時間内に電話をして急いでいる旨を伝えると、審査スピードが早まる可能性があります。

まとめ

今回は、おすすめの大手・中小消費者金融を一覧表にして紹介しました。どの消費者金融から借りるかは、融資スピード、返済方法、利息、周囲へのバレにくさなどで選ぶと、失敗しにくいです。

消費者金融は怖いというイメージがある人も多いですが、銀行の融資でも返済が滞った場合には督促状が届いたり支払い状況の確認連絡が来たりします。特別に消費者金融が怖いとはいえないので、安心して申し込みをしましょう。

ただし、深夜・早朝の督促連絡や恐喝・強要などは違法行為です。警察や弁護士へ相談しましょう。

自分にとって返済しやすく利息が低い消費者金融を選んで、急な出費を乗り越えましょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事