生活費が足りない場合の対処法5つと支援制度・おすすめカードローンを紹介

「妊娠・出産で借金ができた」「単身赴任で必要な生活費が増えた」など、毎月の生活費に困るケースは珍しくありません。「具体的にどのような対策をしたらいい?」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

生活費が足りないとストレスが溜まり、どうしたら良いかの判断力も鈍ってしまいがちです。そこで今回は、生活費が足りないときに有効な5つの対処法をくわしく解説します。

失業保険などの支援制度や注意点も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

生活が足りないときの5つの対策

生活が足りないときの5つの対策

生活費が足りないときの対策を5つ紹介します。

生活費が足りないときの対策
  1. 毎月の固定費を見直す
  2. 出費を減らす
  3. アルバイトをする
  4. 副業をする
  5. ローンを活用する

1.毎月の固定費を見直す

生活費が足りないと感じたら、まず毎月の固定費を見直しましょう。

 月々の固定費を把握すれば、本当に必要なものとそうではないものを洗い出せます。

家賃や水道・光熱費、インターネットなどの通信費など、生活支出の大きな部分を占めている固定費を見直すと効果的です。不用なものを削減したり、安く抑えたりするポイントがはっきりします。

例えば、スマホを格安SIMに乗り換えて月々のスマホ代を安くする、利用頻度の低いサブスクを解約するなどの方法が挙げられます。

毎月の固定費を見直すために調査や比較をして、実行できる最善の方法を見つけましょう。

2.出費を減らす

無駄な出費が積み重なっているイメージ

いくら収入が多くても収入以上にお金を使っていては、生活できるお金を残す余裕がなくなります。少しでも余計な出費を減らしてお金を残す方法を検討しましょう。

 余計な出費を減らすためには、外食を控えたり、衝動買いを減らすなどの方法が有効です。

お金の使い道をしっかり考えて「何にお金を使うことが最適か」という点を洗い出せば、余計な出費を抑えられるでしょう。

雑費にお金を多く使ってしまう場合には、家計簿をつけて管理すると無駄な出費が明確になりますよ。

3.アルバイトをする

収入が全くない場合や、会社だけの給料ではお金に余裕がない人は、アルバイトがおすすめです。

 アルバイトは専門知識や経験のいる職種も少ないため、一時的にも利用しやすいという点がメリットです。

しかし、アルバイトは即金性が低いため、すぐにまとまったお金が必要な場合には適していないといえます。

アルバイトは生活費が足りなくなる事態に「前もって備えるための手段」と考えておくといいでしょう。

会社員や専業主婦(夫)におすすめのアルバイトは、以下の3つです。仕事が終わった後や仕事に行く前、家事の合間にできるので、生活費が足りないと困っているなら検討してみてください。

会社員や主婦におすすめのアルバイト
  1. スーパー
  2. 飲食店
  3. 新聞配達

スーパー

スーパーの売り場

日中の時間に余裕のある主婦(夫)におすすめのアルバイトはスーパーです。

 主にレジや品出し、惣菜の調理などの業務を担当します。

スーパーは早番・昼番・遅番とシフト制になっているお店が多く、アルバイトであれば「1日3時間〜OK」や「週2〜OK」などと融通が効きやすいです。自分の都合に合わせて働きやすく、募集も多い傾向にあります。

複雑な業務も少なく、未経験でも採用してもらいやすいでしょう。

飲食店

飲食店は、ランチやディナーの時間帯にあわせてアルバイトとして働くことが可能です。主にホールやキッチンなどの業務を担当します。

スーパーと同様に、ライフスタイルに応じてシフトを調整しやすいのもアルバイトとして人気がある理由です。ファミリーレストランやカフェ、小料理屋、居酒屋など、種類が多く需要も十分にあります。

接客や調理の経験がある人に特におすすめといえるでしょう。

新聞配達

新聞配達で届く新聞

朝の時間を有意義に使いたい人におすすめのアルバイトが、新聞配達です。出勤前や、家族がまだ寝ている時間帯から働けます。

 早朝の3時〜4時から働く必要がありますが、早ければ2時間程度で終わります。

必要な経験はなく、車やバイク、自転車を運転できれば誰でも始められるアルバイトです。早起きが苦ではなく、時間を有効活用したい人におすすめできます。

人間関係などのリスクもないため、自分のペースでできる点も魅力です。

4.副業をする

時間に左右されず、自分の力で生活費の足しを確保したい人には、副業がおすすめです。現在の仕事や、これまでの経験を活かしてお金を稼ぐことも可能です。

ただし、副業を始める場合は、本業とトラブルになる可能性もあるため、あらかじめ就業規則をチェックし、副業ができるのか確認してから始めましょう。

場合によっては、会社の給与よりも大きな収入になる可能性もありますよ。
おすすめの副業は以下の2つです。スキマ時間や趣味を販売することもできるので、無駄が少ない点も魅力でしょう。
おすすめの副業
  1. ネットショップの運営
  2. クラウドソーシング

ネットショップの運営

ネットショップはPCで簡単に開設できる

ネットショップの運営は、個人でインターネット上にお店を持つことでお金を稼ぐ副業です。無料でネットショップを開設できるサービスも多く、手軽に趣味や特技を販売できます。

 開業するためのコストが不要か非常に低く、売り方や商品・ニーズによっては会社の給与を超える稼ぎを叩き出せる可能性も否定できません。

営業時間の概念もなく空いた時間で対応できるため、社会人や忙しい主婦(夫)にもおすすめです。

販売プラットフォームや自分のサイトを構築して販売できるのが魅力ですね。

クラウドソーシング

クライドソーシングは、インターネットやPCを使った内職のひとつです。業務を発注したい会社や個人がインターネット上で不特定多数の人に向けて仕事を募集するサービスです。

案件は、データ入力やライティング、デザインなど豊富にあります。登録後すぐに案件を受けられる可能性もあるため、比較的即金性が高い副業といえるでしょう。

専門のスキルがあったり実績を積んだりすれば、より高単価の案件も獲得できますよ。

5.ローンを活用する

ローンのイメージ

一時的に出費が多くなり、急にお金が必要になった場合におすすめなのが「ローン」です。クレジット会社や銀行、消費者金融などが取り扱っており、お金を貸してくれるサービスです。

過去にお金の借入に関するトラブルがなく、必ず返済できる見通しがあれば、審査も通りやすいです。ローン会社によって異なるものの、現在では即日融資が受けられることも少なくありません。

必要なタイミングでお金を用意でき、使い道の自由度が高いこともメリットといえるでしょう。

以下、おすすめのローンを2つ紹介します。

おすすめのローン
  1. キャッシング
  2. カードローン

キャッシング

キャッシングで利用するクレジットカード

キャッシングはクレジットカードの機能の一部で、現金の借入に特化したサービスです。多くのクレジットカードに付帯しているサービスですが、クレジットカードの入会審査時にキャッシング枠を設定しておく必要があります。

 数万円から数十万円までと、利用額が小さく金利が高いことが特徴です。

返済は、リボ払いや分割払い、一括払いが選べることがほとんどです。しかし、返済期間が長くなればその分だけ利息も高くなるため、利用には注意が必要になります。

特にリボ払いを選ぶと、金額によっては借り入れした元金がなかなか減らない、というリスクもあるので注意しましょう。

ATMからすぐ現金を手にできるため、困った際にすぐ利用できるのが大きなメリットですね。

カードローン

カードローンは、キャッシングと同様に現金の借入を目的としたサービスです。カードローンの審査に通れば、最短で即日融資してくれる可能性があります。

 一般的に、キャッシングよりも借入の利用額が大きく、金利が安いことが特徴です。

担保・保証人を用意する必要がないため、家族や会社などの周囲に気づかれることなく借り入れできます。申し込みもWEBやアプリで手軽にできるケースも多いです。

ある程度まとまった金額が必要な場合や、頻繁に利用する場合におすすめですよ。

【原因を知ろう】生活費が足りなくなる人の特徴

即金でお金を手に入れる方法8選|バイトやアプリも

生活費が足りなくなる人は、以下の特徴があります。

生活費が足りない人の特徴
  • 浪費癖がある
  • 帳簿をつけていない
  • クレジットカードの使いすぎ

何でも欲しいものは購入するという人は生活費不足に陥りやすくなります。もちろん情報をしっかり把握しているなら問題ないのですが、何も知らないまま買い物を続けていたことで、いつの間にか生活費が足りない状況も発生します。

放置して知らないと考えている時点で生活費は足りなくなっていきます。

ここからは、生活費が足りなくなる人の特徴を詳しく説明します。

浪費癖がある

浪費癖があるとどうしても生活費を使ってしまう癖も多くなり、生活費が足りなくなる恐れもあります。具体的に以下の状況に当てはまる場合、生活費が足りない可能性も高くなるでしょう。

浪費癖の特徴
  • ギャンブルに手を出す
  • 高額な買い物を続けている
  • 欲しい物を何でも買ってしまう

ギャンブルは1度手を出すとなかなか抜けるのが難しい傾向もあります。

買い物も適切にしていればいいのですが、高額な買い物ばかりを続けて失敗している人、欲しいものはどのような手段を使っても手に入れている人などは生活費が足りなくなってしまいます。

帳簿をつけていない

家計簿などで情報を手に入れている場合は問題ないのですが、帳簿をつけずに費用管理を行っていた場合、どれだけお金を使っているのかわかりません。面倒ではありますが、使ったお金の管理をしている方が生活費に余裕をもたせやすいのです。

家計簿は生活費確認のために重要な情報源です。

帳簿をつけないで放置している人は、何らかの原因で生活費の支払いが増えてしまい、支出のほうが圧倒的に多くなってしまいます。

この影響で生活費がどれだけ収入を持っていたとしても足りない状態になり、何らかの方法で調達する必要が出てしまいます。

クレジットカードの使いすぎ

クレジットカードを使いすぎている人も要注意です。

便利な支払い方法であるクレジットカードですが、知らないまま利用している支払額が増えてしまい、生活費を圧迫してしまいます。利用明細などを確認し、問題なく切り抜けられることを確認したほうがいいでしょう。

 カード払いは便利な方法ですが、カードで支払っていることは大きなリスクもあります。しっかり確認しながら買い物に使いましょう。

カードの支払が増えてしまうと、それだけ生活費は足りなくなっていきます。毎月の支払いだけで10万円を超えているようだと厳しい状況が起こりやすいでしょう。

カードの使いすぎは気をつけたほうがいい部分です。

新型コロナウィルスの影響で生活費が足りない場合の対処法

イオンカードのデメリットを調べる人

現在も厳しい状況が続いている新型コロナウィルスは、生活費に多大な影響を及ぼしています。この状況を解消するための対処法として、以下の方法を採用するといいでしょう。

生活費調達の方法
  • 政府が提供している融資を利用する
  • 消費者金融等でお金を借りる
  • 売れるものを売ってお金に変える

厳しい現状を抱えている人のために、様々な制度が用意されていることをしっかり理解した方がいいでしょう。

また、消費者金融等でお金を一時的に借り、その上で返済できる状況が来るまで待つという方法も有効です。ただ、返済のリスクが生じるため注意が必要です。

利用できる方法を有効に使って乗り切りましょう。

ここからは、生活費が足りない場合の対処法を詳しく説明します。

政府が提供している融資を利用する

今回の状況を踏まえ、政府も様々な融資を提供しています。あまりにも生活費が足りない状況であれば、融資を受けるのもいい方法です。以下の制度は個人でも利用できる場合があります。

個人でも利用できる方法
  • 緊急小口資金
  • 総合支援資金
  • 生活困窮者自立支援金

この他に給付金の対象になっている場合は給付を受けておくといいでしょう。また、これらの制度を利用しても金銭的に辛い時は生活保護という方法も検討してください。

 生活保護は申請して認められない限り受けられない点に注意が必要です。

消費者金融等でお金を借りる

政府が提供している方法を利用する必要がない、少しリスクがあっても融資を受けたいと考えているなら、消費者金融等でお金を借りる方法が一番いいでしょう。

すぐに融資を受けられる他、生活費不足に必要な数万円程度の融資に対応してくれます。

 消費者金融等は利息が高いリスクもあります。返済額が増える点に留意して利用してください。

消費者金融の利点はすぐに借りられる点ですが、金利の高さが気になるポイントでしょう。

金利を下げたいと考えているなら、融資スピードは落ちますが銀行カードローンを利用するなどの方法を利用すると、低金利で融資を受けられます。

売れるものを売ってお金に変える

保有しているもので売れるものはどんどん売却し、売却した資金を生活費に充てる方法があります。持っていても使っていないもの、昔持っていたものなどは売却できる可能性があり、高値で売れると生活費を助けてくれます。

意外なプレミア品が家に存在するかもしれません。

売れるものを売って生活する方法は、スペースを確保するという部分でもメリットがあります。大量に物を持っているのであれば、まずはスペースを作るために売却する方法を検討してもいいでしょう。

 その上で生活費を自分の力で調達していくのです。

生活費が足りないときにおすすめのカードローン会社5選

プロミス

プロミス

プロミスのおすすめポイント
  • 24時間、借入・返済に対応している
  • 担保・保証人なしでも借入できる
  • 借入・返済期間を想定した便利なシミュレーション機能

プロミスは、女性専用コールセンターがあり女性へのサービスが手厚いことが特徴のカードローンです。男性スタッフには話しにくい内容での相談も可能です。

 初回の利用であれば、借入から30日間無利息になります。

即日融資には「瞬フリ」「アプリローン」「自動契約機」と3つの借入方法があり、利用目的に合わせて選択することができるでしょう。

最短30分で審査完了!即日融資を希望する人にもおすすめです。
金利(実質年利) 4.50%〜17.80%
借入限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
借入方法 ・店頭窓口

・プロミスATM

・提携ATM

WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 18歳〜69歳

※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。

※出典:公式サイト

アコム

アコム

アコムのおすすめポイント
  • 借入可能かどうかを3秒で診断できる
  • 初めてのご利用で最大30日間金利が0円
  • インターネットやATMから24時間、借入・返済可能

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

アコムは、初めてでも目的を問わず利用しやすい点が特徴のカードローンです。申し込みには24時間対応しており、WEBで完結できるので、土日や深夜でも手続きできます。

 3秒診断では、年収や年収、他社の借入状況の3つの項目を入力するだけで借入可能かが分かるのも、大きなメリットのひとつです。

土日を含む24時間、全国の提携ATMから返済ができるため、使い勝手も良いでしょう。

最大30日間は金利がかからないことは、初心者がカードローンを利用するうえで大きなメリットといえます。
金利(実質年利) 3.00%〜18.00%
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日
借入方法

 

・店頭窓口

・アコムATM

・提携ATM

WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 20歳〜69歳

※18,19歳の方は契約に至りづらい可能性があります。また、収入証明書のご提出が必要になりますので、ご準備をお願い致します。

※出典:公式サイト

SMBCモビット

SMBCモビット

SMBCモビットのおすすめポイント
  • 担保・保証人の必要がない
  • 提携ATMが豊富にある
  • 2021年度「HDI格付け調査」で最高ランクを獲得

SMBCモビットは、WEB完結が可能で電話連絡や郵送物などの必要なしに簡単に申請できることが特徴のカードローンです。

 SMBCモビットのローンカードは、クレジット機能が付いているため、買い物などさまざまなシーンで役に立ちます。

また、返済時にTポイントサービスを利用すると、利息200円で1ポイント貯めることも可能で、貯まったTポイントは返済にも活用できます

Tポイントを日頃から貯めている人にもおすすめですね。
金利(実質年利) 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
融資スピード 最短即日※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
借入方法 ・提携ATM

・振込キャッシング

・SMBCモビット公式スマホアプリ

WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 20歳〜69歳

※出典:公式サイト

アイフル

アイフル

アイフルのおすすめポイント
  • 提携ATMの台数が全国に約70,000台と豊富
  • チャットにより24時間サポートしてくれる
  • スマホアプリで申し込みから借入まで可能

アイフルは、スマホアプリで申し込みから借入までスムーズに行えることが特徴のカードローンです。来店や郵送物の必要もありません。

 不明点などはチャットロボットが24時間対応しており、即座に聞くことができます。
提携ATMは全国に約70,000万台あり、コンビニから気軽に借入・返済も可能です。

ATMやスマホアプリからなど、多様な借入・返済方法があるため、ライフスタイルに合わせて活用できるでしょう。
金利(実質年利) 3.00%〜18.00%
借入限度額 800万円
審査時間 最短25分
融資スピード 最短即日
借入方法 ・振込

・アイフルATM

・提携ATM

・スマホアプリ

WEB完結 融資まで
取引手数料 不要
申し込み年齢 20歳〜69歳
※出典:公式サイト

バンクイック

バンクイック

バンクイックのおすすめポイント
  • 最低返済額が1,000円から可能
  • インターネットから24時間365日、借入・返済できる
  • ATMの手数料が無料

バンクイックは、三菱UFJ銀行が提供するカードローンです。銀行口座があれば、キャッシュカードから簡単にWEB申し込みができます。

 ローソンやセブン銀行、イーネットのコンビニATMは手数料無料で利用できます。
また、不動産などを担保として提供する必要や契約時の保証人の必要がなく、手軽に申し込みできる点が特徴です。

金利が14.6%が上限となっているため、「返済の負担を少しでも抑えたい」という人にもおすすめです。
金利(実質年利) 1.8%〜14.6%
借入限度額 500万円
審査時間 約2,3営業日
融資スピード 最短翌営業日
借入方法 ・三菱UFJ銀行ATM

・提携ATM

WEB完結 可能※お申し込みまで
取引手数料 不要
申し込み年齢 20歳〜65歳未満

※出典:公式サイト

生活費が足りないときに受けられる3つの支援制度

生活費が足りないときに受けられる支援制度を検索している人

生活費が足りないときでも受けられる支援制度を3つ紹介します。

生活費が足りないときに受けられる支援制度
  1. 失業給付金
  2. 生活保護制度
  3. 生活福祉資金貸付金

1.失業給付金

失業保険は、離職・退職によって仕事がなくなった場合、次の就職先が決まるまでの間の生活をサポートする目的で支払われる給付金です。

 受給中はアルバイトもできますが、労働時間や収入によっては「給付金の減額」や「貰えない」といった場合もあります。

給付に当たる条件は、「失業状態である」「退職前の2年間に被保険者期間が12カ月以上ある」「ハローワークに申し込みをしており就職の意思がある」などがあります。

失業期間中にケガや病気になった場合でも、失業認定日を延長するなどできるため、万が一でも安心でしょう。

2.生活保護制度

ひとり親と子ども

生活保護制度は、最低生活の保障と自立の助長を図ることを目的とし、困窮具合に応じて必要な保護を受けられる制度です。

 自治体の福祉事務所(生活相談等の窓口)で相談・手続きができます。

申請後には審査があり、申請から原則14日以内に生活保護制度が受けられるか判断されます。生活費のほか、家賃についても一定の基準額の範囲内で支給されるのもメリットです。

家計相談の支援、子どもの学習・生活支援、就労支援などの支援が受けられる場合もあるので、まずは自治体の窓口で相談してみましょう。

3.生活福祉資金貸付金

生活福祉資金貸付金は、高齢者や所得の少ない世帯に対してお金を貸付する制度です。具体的には、「低所得者」「障害者」「高齢者」の世帯が対象となります。

主に「緊急小口資金」「教育支援資金」があり、連帯保証人を立てない場合は年1.5%の利子、立てる場合は無利子で利用可能です。

申し込みの際は、市町村社会福祉協議会から可能。住民票や所得・課税などの証明書が必要になります。

生活費がないときの注意点

借金のない生活空間

お金がなくて精神的にも不安定だと、冷静な判断ができない場合があります。一般的ではない方法ですぐにお金を確保できても、長期的に考えると自分の首を絞めることにもつながるでしょう。

ここでは、そんな生活費がないときの注意点を2つ紹介します。

生活費がないときの注意点
  1. 闇金に頼らない
  2. ギャンブルで増やそうとしない

1.闇金に頼らない

闇金は、法律で定められている利息(年20%の上限)を遥かに上回る金額でお金を貸付する業者です。

 お金を貸付した後は、利息が膨れ上がっていき返済することが困難な状態を作ります。

闇金は審査が緩く基本的にすぐお金が手に入る一方、住所や電話番号などの個人情報を提出する必要があり、さまざまなリスクを背負うことにもなります。

返済が遅れると家族や会社にも迷惑行為をする恐れがあるため、利用しないことが賢明と言えるでしょう。

2.ギャンブルで増やそうとしない

ギャンブルで借金は解決できない

生活費が足りなくお金に困っていても、ギャンブルで資金を増やそうとするのは非常に危険です。必ず勝てるわけではなく、逆に負けた時の損失が大きすぎます。

 元からあるお金や時間を、ムダにする可能性が高いです。

1度勝ってお金が増えた場合でも、心理的に「次はもっと勝てるのではないか」とどんどんお金を注ぎ込んでしまうリスクもあります。

のめり込んで歯止めが効かなくなるため、生活費が足りないときはギャンブルしないことが大切です。

まとめ

この記事では、生活費が足りないときの対処法や注意点などを解説しました。妊娠・出産・単身赴任など、生活費はさまざまな要因で足りなくなります。自分に合っている対策をみつけ、できることから始めましょう。

また、お金の問題は心理的負担からストレスになり、ひとりで抱え込みがちです。専門機関からアドバイスをもらい、現状をどう抜け出せばいいかを冷静に判断するのも大切です。

今回の記事を参考に、生活費が足りない問題を解決してくださいね。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事