20代におすすめのクレジットカード4選|保有するメリットと選び方も解説

「小銭がかさばるのが面倒」「もっとスピーディーに決済をしたい」そんなとき役に立つのがクレジットカードです。店舗はもちろん、インターネットでも手軽に買い物ができますし、ポイントも貯まるのでとてもメリットは多いです。

ただ種類が多すぎて、どのクレジットカードに入会すればいいか分からないという方も多いと思います。そこでこの記事では、20代におすすめのクレジットカード4選を紹介。

また20代でクレジットカードを保有するメリットや、クレジットカードを選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読めば、ポイント還元が高いお得なクレジットカードや決済機能に優れているクレジットカードなどが分かりますよ。

20代におすすめのクレジットカード4選

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wのおすすめポイント
  • 18歳〜39歳入会限定のクレジットカード
  • いつでもポイントが2倍
  • Amazon・セブンイレブンではポイント2.0%還元

『JCB CARD W』は、価格.comクレジットカード人気ランキング2021下半期の「ポイント高還元率カード部門」で第1位のクレジットカード。

国内・海外どこで使用しても常にポイントが2倍になり、スターバックスやセブンイレブン、Amazonなどパートナー店で使用すれば更にポイントアップするので、ポイントを貯めやすいのが特徴です。

 18歳〜39歳までしか入会できない希少性の高いカードで、入会が39歳までであれば40歳以降も継続して利用できるので、20代の間の入会がおすすめです。

年会費は永年無料で、モバイル即時入会サービスで入会すれば最短5分でカード番号が発行されるので、すぐにネット通販や店舗で使用できます。

リアルタイムに利用状況の確認をしたり設定した金額で使いすぎ防止アラートを発動したりできます。

年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイント Oki Dokiポイント
基本還元率 1.00%〜
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 海外ショッピング保険:最高100万円
申し込み条件
  • 18歳以上39歳以下(高校生を除く)
  • 本人または配偶者に安定継続収入のある方

出典:JCB カード W
※1 価格.com クレジットカードカテゴリ人気ランキング 2021下半期ポイント高還元率カード部門 第1位 集計期間:2021年7月1日~2021年12月31日

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカード VIASOカードのおすすめポイント
  • 貯まったポイントが自動で還元
  • 携帯やインターネットの利用料金、ETCの支払いでポイント2倍
  • 新規入会で最大10,000円のキャッシュバック

『三菱UFJカード VIASOカード』は、年会費永年無料のクレジットカードで、貯まったポイントを自動でキャッシュバックする「オートキャッシュバック機能」が搭載されているのが特徴です。

面倒な手続きなしで自動でキャッシュバックを行うので、ポイントを失効させることなく使い切れます

 新規入会して3ヶ月後の末日までに「会員IDの登録」「15万円以上のショッピング利用」「楽Payの登録」をすれば1万円のキャッシュバックを受けられます。

一部の携帯電話やインターネットプロバイダーの料金支払いに利用すればポイントが2倍になるので、いつの間にかポイントをいっぱい貯められるでしょう。

ETCでの利用でもポイント2倍になるので、車での移動が多い方にもおすすめです。

年会費 無料
国際ブランド MasterCard
ポイント VIASOポイント
基本還元率 0.50%〜
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高2,000万円
  • 海外ショッピング保険:最高100万円
申し込み条件
  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 本人または配偶者に安定した収入のある方

出典:三菱UFJカード VIASOカード

ライフカード

ライフカード

ライフカードのおすすめポイント
  • 初年度はポイント1.5倍、誕生月はポイント3倍
  • ポイントが貯まりやすいステージ制を導入
  • 新規入会+利用で最大10,000円相当プレゼント

『ライフカード』は、年会費無料のクレジットカード。通常還元率は0.5%ですが、初年度はポイント1.5倍誕生月はポイント3倍になるお得なカードです。

利用額に応じて「レギュラーステージ」「スペシャルステージ」と階級が上がるステージ制を導入しており、最大ポイント2倍で利用できるので、ポイントを貯めやすいのが特徴です。

 また会員限定のショッピングモールサイトである『L-Mall』で利用すれば、ポイント最大25倍となるので、よりお得にポイントが貯められるでしょう。

新規入会としてカードを発行するだけで1,000円相当がプレゼントされ、利用に応じて最大9,000円相当が付与、合計10,000円相当がもらえます。

国際ブランドはVISA・JCB・MasterCardの3つに対応しています。

年会費 無料
国際ブランド JCB・MasterCard・VISA
ポイント LIFEサンクスポイント
基本還元率 0.50%〜
付帯保険
  • なし
申し込み条件
  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 日本国内在住で電話連絡が可能な方

出典:ライフカード

エポスカード

エポスカード

エポスカードのおすすめポイント
  • タッチ決済機能でスピーディーに支払いが可能
  • 全国の飲食店・美容院・カラオケ・スパなどで割引
  • カード番号と名前は裏面印字でセキュリティが高い

『エポスカード』は、丸井グループより発行されてるクレジットカード。縦型のシンプルなデザインで、大切な情報はすべて裏面に印字されているので、安心安全に利用ができます。

提携している全国の飲食店、遊園地、カラオケ、美容院やネイルサロン、スパ・温泉などで利用すると割引が受けられるので、遊びやお出かけの多い20代の方におすすめです。

 マルイで年4回開催されている「マルコとマルオの7日間セール」でエポスカードを使用すれば10%の割引が受けられます。

タッチ決済機能がついているので、支払い時のサインや暗証番号入力などは不要。スピーディーに支払いが可能です。

ネット申し込み後にマルイ店頭で受け取れば、最短即日発行も可能ですよ。

年会費 無料
国際ブランド VISA
ポイント エポスポイント
基本還元率 0.50%〜
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高500万円
申し込み条件
  • 18歳以上(高校生を除く)
  • 日本国内在住

出典:エポスカード

20代でクレジットカードを保有するメリット

クレジットカード

20代でクレジットカードを保有するメリットは以下の3つです。

20代でクレジットカードを保有するメリット
  • 若者限定のクレジットカードが保有できる
  • 信用情報に利用履歴が積み重ねられる
  • 遊びや買い物でポイントが貯めやすい

若者限定のクレジットカードが保有できる

1つ目のメリットは「若者限定のクレジットカードが保有できる」ことでしょう。前述したようにJCBが発行している『JCB CARD W』は18歳〜39歳までしか入会できません

『JCB CARD W』は、いつでもポイントが2倍なので、通常ポイント還元率が1.0%と高還元率。またパートナー店で使用すれば更に還元率は上がります。

 普段の買い物でとにかくポイントをザクザク貯めていきたいという方は、ぜひ保有しておきたいカードと言えるでしょう。

20代のうちに入会しておけば39歳以降も継続して利用できるので早めの入会がおすすめです。

信用情報に利用履歴が積み重ねられる

信用情報を見る男性

20代のうちからクレジットカードを使用しておくことで、「利用履歴」を積み重ねていくことができます。クレジットカードやローンなどを申し込みする際には、信用情報の確認が行われます。

信用情報には、申込者のこれまでの「クレジットカードの契約・申し込み情報、ローンの返済」などが記載されていますが、今まで一度も利用したことがない方には、信用情報が一切ないことになります。

 信用情報が一切ない場合、『スーパーホワイト』として扱われ、クレジットカードの審査に通らない可能性もあるのです。

特に30代以上で今まで一度も利用履歴がないと、信用度が判断できないスーパーホワイトとして扱われる可能性があるでしょう。

20代のうちにクレジットカードを保有することで利用履歴を積み重ねておくことができますよ。

遊びや買い物でポイントが貯めやすい

20代の学生や、未婚のビジネスパーソンは、まだまだ遊び盛り。遊び・ショッピング・外食などの店舗にお金を使うのも多い時期でしょう。

20代向けのクレジットカードなら、これらの店舗とパートナー契約している場合があるので、ポイント還元率が高くなったり、割引特典が受けられます

 普段の遊び先でポイントがたくさん貯められるので、20代でクレジットカード保有するメリットはかなり大きいでしょう。

お友達との割り勘の場合でもクレジットカードで支払ってポイント還元を受け取るなど、ちょっぴりお得な方法も利用できます。

20代のクレジットカードの選び方

クレジットカード

20代がクレジットカードを選ぶときは以下の3つに着目するとよいでしょう。

20代のクレジットカードの選び方
  • 利用する店舗で選ぶ
  • サービスの充実度や付帯保険で選ぶ
  • 決済機能の高さで選ぶ

利用する店舗で選ぶ

まずは普段よく利用する店舗からクレジットカードを選びましょう。先に述べたように、各クレジットカードには還元率がアップするパートナー店が設定されています。

 たとえば『JCB CARD W』ならスターバックスやセブンイレブン、Amazonなどで使用すればポイント還元率がアップ、三菱住友カードなら、コンビニ3社やマクドナルドで還元率がアップします。

よく使用する店舗で還元率がアップすれば、効率的にポイントを貯めることができるでしょう。

サービスの充実度や付帯保険で選ぶ

飛行機

2つ目が、サービスの充実度や機能で選ぶ方法です。

「リアルタイムで利用通知してくれる機能」や「使いすぎを知らせてくれるアラーム機能」貯まったポイントを自動で還元してくれる「オートキャッシュバック機能」など、各社様々なサービス・機能があります

 また「海外旅行傷害保険」や「ショッピング保険」などが付帯しているクレジットカードなら、旅行や買い物時にもしものことがあっても安心でしょう。

年会費無料のクレジットカードでも保険が付帯しているものは多いので、ぜひ比較して検討してみてください。

アラーム機能があれば、つい使いすぎてしまうのを防げるので安心ですね。

決済機能の高さで選ぶ

3つ目が、決済機能の高さで選ぶことです。タッチ決済対応のクレジットカードなら、端末にカードをかざすだけで決済が可能。カードを挿す必要がないので衛生的ですし、暗証番号入力の手間もないので、スピーディーに支払いができます。

 『三井住友カード(NL)』のように、コンビニ3社やマクドナルドでVisaのタッチ決済、もしくはMastercardコンタクトレスでポイント還元率がアップするクレジットカードもあります。

アプリと連携させてスマホで決済できるクレジットカードも多いので、決済機能の高さで選ぶのもおすすめです。

20代がクレジットカードを利用する際の注意点

注意の標識

20代の方がクレジットカードを利用する際は、以下に注意しましょう。

20代がクレジットカードを利用する注意点
  • 利用限度額を確認しておく
  • 支払い期限を破らない
  • リボ払いを利用しない

利用限度額を確認しておく

クレジットカードには利用限度額が設定されており、限度額の上限を超えると利用できなくなるので注意しましょう。

クレジットカードで支払いを行う『ショッピング枠』と、クレジットカードで現金を借入できる『キャッシング枠』の大きく2種類があり、どちらにも上限が設けられています。

 ショッピング枠では信用情報をもとにクレジットカード会社が上限額の決定を行います。

利用限度額は、会員ページやアプリ、明細などから確認できるので、把握しておきましょう。

支払い期限を破らない

スケジュール帳とペン

次に支払期限は必ず守るようにしましょう。「20代でクレジットカードを保有するメリット」で、「スーパーホワイト」について触れましたが、クレジットカードの支払が遅延した場合は信用情報に傷がつく恐れがあります。

 信用情報に傷がつくと、新しくクレジットカードを作るときに審査落ちしてしまったり、ローンが組めなくなることもあります。

また場合によっては、クレジットカードの利用停止、遅延損害金の発生、利用金額の一括請求なども考えられるでしょう。

期日通りに返済できるよう、クレジットカードは計画的な利用を心がけてください。

リボ払いを利用しない

リボ払いは利用しないようにしましょう。リボ払いとは『リボルビング払い』の略で、毎月の支払額を一定金額にして、金利とともに返済する方法です。

 分割払いのように回数ではなく支払い額を一定にするので、毎月の返済金額を抑えることができますが、支払い期間が長期化して、金利による総額が高くなる傾向にあります。

いつまで経っても返せず、残高を払い続けなければならないなんてことも起こりうるので、利用しない方が無難でしょう。

まとめ

今回の記事は、20代におすすめのクレジットカード4選と、20代がクレジットカードを保有するメリット・注意点について解説しました。

ほとんどの店舗でクレジットカードは使用できますし、クレジットカードで支払いをすれば、スピーディーに決済ができストレスもなくなります。またポイントも貯められるのでメリットばかりです。

20代、30代しか入会できない高還元率クレジットカードもあるので、ぜひ利用を検討してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事