クレジットカードは何枚持ちがベスト?メイン・サブを使い分けるコツ!

キャッシュレス決済に便利なクレジットカードは、さまざまな種類があり複数枚持っている人も増えてきました。

しかし一方で「何枚も持つことで得られるメリットがわからない」「クレジットカードは何枚持ちが正解?」という疑問を持っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめしたいクレジットカードの保有枚数からや複数枚を上手く使い分ける方法まで解説します。

クレジットカードカードを追加で発行すべきかどうか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードは何枚持ちが最適?おすすめは3枚!

クレジットカードは何枚持ちがいい?おすすめは3枚!

今回おすすめしたいクレジットカードの保有枚数は3枚です。

3枚持ちがおすすめな理由
  • 持ち運びやすく、便利なちょうど良い枚数
  • 選ぶカードによってはランニングコストがかからない

メインとして使うクレジットカード1枚に加えて、サブとして利用するために新たに2枚を用意すると良いでしょう。

日本でのクレジットカードの保有数は、一人あたり平均2.8枚というデータもあります。※1

※1 https://www.j-credit.or.jp/information/statistics/download/toukei_inumber_a.pdf

複数枚クレジットカードを持つメリット

何枚かのクレジットカードを持つメリットを紹介していきます。複数枚のクレジットカードを使う主なメリットは、以下の3つです。

クレジットカードを使い分けるメリット
  1. より幅広い店舗で利用できる
  2. カードごとの特典を受けることができる
  3. 予期せぬ事態にも対応できる

    1より幅広い店舗で利用できる

    何枚かのクレジットカードを持つメリット

    1つ目のメリットは、より幅広い店舗で利用できることです。クレジットカードは、どの店舗でも使えるという訳ではありません。国際ブランドによって利用できる店舗が異なります。

    そのため、国際ブランドが異なるカードを持っていれば、利用できる店舗の選択肢も広くなります。なお、よく利用されている主な国際ブランドは以下の4つです。

    定番の国際ブランド
    • VISA
    • JCB
    • Mastercard
    • American Express

    1つのカードには、基本的に1つの国際ブランドしか登録できません。例えば、VISAで登録したカードにJCBを登録することはできないので、1枚のカードだけでは不十分な可能性があります。

    違う種類のブランドを登録しておけば、2種類以上の国際ブランドを利用できる状態になります。

    異なる国際ブランドを使い分けることができれば、より幅広い店舗でショッピングを楽しめますよ。

    各国際ブランドの主な特徴(強み)

    • VISA:日本国内・海外問わず、加盟店が多い
    • JCB:日本国内に加盟店が多い
    • Mastercard:海外、特にヨーロッパでの加盟店が多い
    • American Express:高いステータス性を備えたカードでブランド性が高い

    2カードごとの特典を受けられる

    複数枚クレジットカードを持つメリット

    2つ目のメリットは、カードごとの特典・サービスを受けられることです。クレジットカードを利用すると、多くの特典を受けられます。適用される主な特典は、以下の通りです。

    クレジットカードに適用される主な特典
    • 買い物料の割引
    • 海外旅行のサポート
    • 各種優待
    • 宅配サービス

    会社やカードごとに受けられる特典は異なります。クレジットカードを1枚だけ利用するよりも多くのサービスや割引を利用できるのが大きなメリットです。

    持っている数が多ければ、その分さまざまな特典を受けられますね。

    3予期せぬ事態にも対応できる

    何枚かのクレジットカードを持つメリット

    3つ目のメリットは予期せぬ事態にも対応できる点です。複数のカードを持っておけば、急にどれか1枚が利用できなくなったとしても他のカードが使えるので、不測の事態にも対応しやすいでしょう。

    クレジットカードが使えなくなる主なケース
    • 有効期限切れ
    • 利用限度額超え
    • 規約違反
    • 紛失や盗難
    • 磁気不良
    クレジットカードを1枚だけしか持っていないと、万が一トラブルに巻き込まれた時にクレジットカードでの支払いが不可能になってしまいます。

    リスクに備えて、2枚以上のクレカを持っておくことをおすすめします。

    複数枚クレジットカードを持つデメリット

    クレジットカードを数枚持っているとさまざまなメリットがありますが、同時にデメリットも存在します。主なデメリットは以下の通りです。

    クレジットカードを使い分けるデメリット
    • 管理がしにくい
    • 支払い総額の把握がしづらい
    クレジットカードそのものの欠点ではなく、枚数が増えることにより発生するデメリットになります。

    1管理がしにくい

    何枚ものクレジットカードを持つデメリット

    1つ目のデメリットは管理がしにくい点です。カード枚数が増えるため、クレジットカードを管理する手間が増えてしまいます。

    1枚だけに絞って利用するのに比べると、紛失するリスクも高まるので注意が必要です。

    管理しなければいけない主なカード情報
    • カードの有効期限
    • ポイントの有効期限
    • 暗証番号
    数枚分の情報管理は意外と大です。暗証番号やポイントの有効期限を忘れないように控えたり、アプリで管理したりなど、それぞれの対策が必要になります。

    ポイントの管理に関しては、ポイントを合算できるカードもありますよ。

    2支払い総額の把握がしづらい

    何枚ものクレジットカードを持つデメリット

    2つ目のデメリットは支払い総額の把握がしにくい点です。各カードの利用履歴は、各カードごとに記録されます。そのため、総額を確認せずに利用して支払いが高額になってしまうことも多いです。

    このような事態を防ぐためにも、月初めなど決まった日に利用金額を確認する習慣をつけるようにしましょう。

    何枚ものクレジットカードを上手く使い分けるコツ

    何枚ものクレジットカードの使い分けにはメリット・デメリットが存在します。ここでは、クレジットカードを上手く使い分けるためのコツを紹介していきましょう。

    メインカードとサブカードを用意する

    何枚ものクレジットカードを上手く使い分けるには?

    何枚ものクレジットカードを上手く使い分けるコツは、メインとして使うカードとサブのカードを用意することです。

    基本的はメインとなるカード1枚を使い、足りない部分を補うようにサブカードを作るのがおすすめです。メインカードとサブカードを分けるメリットは、主に以下の2つがあります。

    メインとサブを分けることで得られるメリット
    • 管理がしやすい
    • お互いの足りない部分を補い合って、お得に使える

    複数のクレジットカードを利用していると支払い総額が分からなくなってしまいがちです。しかしメインカードを設定すれば、大体の支払い総額を把握しやすくなるでしょう。

    メインカードの弱点を補うようにサブカードを使えば、ポイントも貯まりやすいですね。

    メインカードは還元率の高いものを選ぶ

    何枚ものクレジットカードを上手く使い分けるには?

    メインとしての利用を考えているクレジットカードカードは、ポイント還元率が高いものを選びましょう。

     日常的によく利用するカードとなるので、還元の割合が高いものを選ぶことでポイントがたまりやすくなります。

    また、自分が利用する店舗に対応している国際ブランドを選ぶことも大事なポイントです。よく使うショップやサービスが対応しているブランドを選択しましょう。

    メインカードの選び方まとめ
    • ポイント還元率の高いものを選ぶ
    • 利用できる店舗が多いものを選ぶ

    サブカードはよく使うサービスや店舗を重視

    何枚ものクレジットカードを上手く使い分けるには?

    サブとして運用するカードはよく使うサービスや店舗を重視して選びましょう。サブカードに求める特典として、具体的には以下のようなものが考えられます。

    特典の例
    • 特定の店舗でポイント率アップ
    • 旅行保険

    メインとなるカードとは別の国際ブランドを選択することも大事です。使える国際ブランドの種類が増えれば、それだけ使える範囲も広がります。

    サブカードは、よく行くお店のポイント率が高いものを選ぶと良いでしょう。

    旅行が好きなら、旅行保険などが充実したカードを持っておくと安心ですね。

    メインカードにおすすめのクレジットカード3選

    メインとして使えるおすすめのカードを3つご紹介します。メインカード選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

    メインカードにおすすめのクレジットカード
    • JCB カード W
    • 楽天カード
    • 三井住友カード ナンバーレス

    JCB カード W

    JCB CARD W

    おすすめできるのはこんな方!
    • メインカード選びを悩んでいる方
    • 海外での旅行を考えている方
    • 高還元率のカードを求めている方

    JCB CARD Wは年会費が無料でありながら、還元率が1%のクレジットカードです。申し込み条件が18歳〜39歳となっているため、若年層向けのカードと言えます。

     ポイント還元率はAmazonなら2%、スターバックスなら最大5.5%のため、よく利用する人はよりお得に活用できるでしょう。

    また、女性向けのJCB CARD W plus Lもあります。女性疾病保険に格安で加入できるなどの嬉しい特典が利用できます。

    海外旅行保険などのサポートも充実しており、使いやすいクレジットカードでしょう。
    年会費 無料
    国際ブランド JCB
    ショッピング還元率 1.00%
    申込条件 18歳〜39歳

    ※出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

    楽天カード

    楽天カード

    おすすめできるのはこんな方!
    • 楽天市場でよく買い物をする方
    • 様々な国際ブランドを選びたい方
    • 12年連続顧客満足度第1位※1の安心感を重視する方

    楽天カードは、、楽天サービスをよく使う人に特におすすめのクレジットカードです。楽天カードは通常のポイント還元率も1.0%と高水準ですが、楽天市場で利用すると3倍になります。

     VISA、MasterCard、JCB、American Expressの4種類の国際ブランドから選べるため、すでに他の国際ブランドを持っている場合でも違うものを選びやすいでしょう。

    他の楽天サービスを利用すると、楽天市場などでのポイントがより多く還元されるSPUという仕組みがあるのも特徴の一つです。複数の楽天サービスを利用しているなら、非常に使い勝手が良いと言えます。

    12年連続顧客満足度第1位の実績があり、持っていて満足感を得やすいカードでしょう。

    ※1 2020年度JCSI(日本版顧客満足度指数)調査より

    年会費 無料
    国際ブランド VISA/JCB/Mastercard/AMEX
    ショッピング還元率 1.00%
    申込条件 18歳以上

    ※出典:https://www.rakuten-card.co.jp/

    三井住友カード ナンバーレス

    三井住友カード ナンバーレス

    おすすめできるのはこんな方!
    • すぐにクレジットカードを利用したい方
    • よくコンビニを利用する方
    • 即時発行を希望している方

    三井住友カード ナンバーレスは即時発行にも対応※2しており、カード発行審査に通過すれば早い段階でカードを使えるようになります。

     券面にカード番号が印字されていないので、覗き見られて悪用される心配がありません。

    また、セブンイレブン・ファミリーマート・ローソンで利用すると、還元率が最大5%まで上昇します。そのため、コンビニをよく利用する方にもおすすめです。

    最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付帯しているので、海外旅行によく行く人ならより便利に活用できるでしょう。

    ※2 最短5分発行受付時間は9:00~19:30です。受付時間終了間際の申込は、即時審査が完了しない可能性があります。

    年会費 無料
    国際ブランド VISA/Mastercard
    ショッピング還元率 0.50%
    申込条件 満18歳以上(高校生は除く)

    ※出典:https://www.smbc-card.com/nyukai/card/numberless.jsp

    サブカードにおすすめのクレジットカード3選

    サブカードとしての利用に便利なクレジットカードをご紹介します。2枚目以降のクレジットカード選びに悩んでいる方は参考にしみてください。

    サブカードにおすすめのクレジットカード
    • エポスカード
    • イオンカード
    • ビックカメラSuica

    エポスカード

    エポスカード 

    おすすめできるのはこんな方!
    • サブカード選びに悩んでいる方
    • 海外旅行保険が欲しい方
    • 様々な店舗で優待サービスを受けたい方

    エポスカードは、持っているだけでさまざまな優待を受けられる、サブカードにぴったりのクレジットカードです。

     全国に10,000店舗以上あるエポスカード優待店で利用すると、さまざまな割引きや特典を受けられます。

    また、年会費は無料なのにも関わらず、海外旅行保険が自動付与しています。海外旅行に行く前の手続きなどは必要ないので、手間がかかりません。

    カードはWEBで申し込み店頭受け取りにすれば即日で発行できます。すぐにカードを作りたい場合にもおすすめです。

    ※公式サイトより

    年会費 無料
    国際ブランド VISA
    ショッピング還元率 0.5%
    申込条件 満18歳以上(高校生を除く)

    ※出典:https://www.eposcard.co.jp/index.html

    イオンカードセレクト

    イオンカード

    おすすめできるのはこんな方!
    • イオンでよく買い物をする方
    • ポイントをもっとためたい方
    • キャッシュカードや電子マネーの機能も欲しい方

    イオンで買い物をよくするという場合には、イオンカードセレクトがおすすめです。クレジットカード機能だけでなく、キャッシュカードやWAONカードの機能も備えています。

     イオンの「お客様感謝デー」には買い物料金が5%オフになり、毎月10日にはポイントが5倍たまるなど嬉しい特典も付いています。

    ショッピングセーフティ保険やクレジットカード盗難保障も付帯しているので、万が一不正使用された場合でも安心です。

    なお、オンラインで申し込んで店頭受け取りにすれば、審査は30分で終わります。

    その日のお買い物から使用できるので、スムーズにカードを発行したい場合にもおすすめです。
    年会費 無料
    国際ブランド VISA/JCB/Mastercard
    ショッピング還元率 0.5%
    申込条件 18歳歳以上で電話可能な方(高校生を除く)

    ※出典:https://www.aeon.co.jp/card/lineup/select/

    ビックカメラSuica

    ビックカメラSuica

    おすすめできるのはこんな方!
    • Suicaよく利用する方
    • 残高を気にせずスムーズにチャージしたい方
    • ビックカメラでよく買い物をする方

    ビックカメラSuicaは、Suicaを頻繁に利用する方におすすめです。定期券の購入やSuicaへチャージする際に1.5%分のポイントが還元されます。

     オートチャージ機能が搭載されているため、残高不足でSuicaが使用できないという心配がありません。

    還元されたビックカメラのポイントはSuicaにもチャージできるので、ビックカメラでの買い物をすると2重にポイントをためられる仕組みになっています。

    ビックカメラなどで買い物をすると、最大11.5%の還元を受けられるため、よくビックカメラを利用する場合には非常にお得です。
    年会費 初年度無料(2年目以降は税込524円ですが、年1回の利用で無料になります)
    国際ブランド VISA/JCB
    ショッピング還元率 1.0%
    申込条件 電話連絡のできる満18歳以上の方(高校生を除く)

    ※出典:https://www.jreast.co.jp/card/first/bic/

    よくある質問

    メインカードにおすすめのクレジットカードは?
    JCB CARD W、楽天カード、三井住友カードナンバーレスの3つのカードがおすすめです。ポイント還元率が1.0%と高水準で、使用するシーンによってはよりポイントが多くたまるので、メインカードとして利用するのに適しているでしょう。
    サブカードにおすすめのクレジットカードは?
    エポスカード、イオンカードセレクト、ビックカメラSuicaの3枚がおすすめです。特にエポスカードは優待店舗が多いため、さまざまなサービスを受けられます。
    クレジットカードは何枚持つのがおすすめ?
    メインカード1枚、サブカード2枚の合計3枚がおすすめです。メインカードだけでは十分なサービスが受けられない可能性があります。そのため、メインカードで足りない部分を補うサブカードを2枚ほど持っておくと、より有効にクレジットカードを活用できるでしょう。
    クレジットカードを複数枚持つメリットは?
    複数の国際ブランドのクレジットカードを持てることです。店舗によっては使えない国際ブランドがあるため、複数の国際ブランドのクレジットカードを持っていればより多くのサービスで利用できます。
    クレジットカードを複数枚持つデメリットは?
    管理が大変になったり、ポイントが分散してしまうなどのデメリットがあります。また、支払いの総額を把握しにくくなるので、つい使い過ぎてしまう可能性があります。
    クレジットカードを何枚か持つときの注意点は?
    管理がしやすいように作成するクレジットカードは3枚までにしておくと良いでしょう。また、国際ブランドはカードごとに別のものにしたほうが、多くのサービスで利用できます。
    クレジットカードを使い分けるコツは?
    メインカードを決め、基本的にはメインカードで支払うことを徹底しておくと支払い管理が楽になります。サブカードはメインカードでは不足しているサービスや特典があるものを選べば、管理しにくくなるというデメリットが少なくなるでしょう。

    まとめ

    本記事では、おすすめしたいクレジットカードの所有枚数や上手く使い分けるコツをご紹介しました。

    本記事のまとめ
    • 枚数は3枚がおすすめ
    • メインとサブで使い分けると良い
    • 違う国際ブランドにすれば利用できる店舗が増える
    • 管理がしづらくなる点は注意
    メインカード・サブカードを使い分けてクレジットカード上手く使いこなせると、毎日のお買い物をよりお得に楽しめます。

    新しくカードを作ろうと考えているなら、ぜひ本記事を参考にメインカードやサブカードを作成してみてください。

    関連記事

    こちらの記事も合わせて読みたい
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事