ステータスが高くかっこいいおすすめクレジットカードと選び方

「良い年齢になったので、そろそろ高いステータスのクレジットカードが欲しい」「クレジットカードを作るなら、持っていてかっこいいカードがいい」と、次に作るカードはステータスにこだわりたい、と考える人も多いでしょう。

カードのステータスは社会的信用度を表しているものでもあるので、年会費がかかっても持っていて損はありません。そこで今回は、ステータスで選んだおすすめのカードを6枚厳選し、年会費の安さで比較したランキングも紹介します。

優待サービスが豪華で券面デザインも洗練されてかっこいいものばかりなので、ぜひ参考にしてください。

ステータスで選ぶおすすめのかっこいいクレジットカード5選

三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールドの魅力
  • 初年度の年会費が無料※1 条件によって翌年以降も割引適用
  • 家族を登録で対象コンビニとマクドナルドで最大+5%還元
  • ラウンジサービス・ホテルや旅館の優待が充実

三井住友カード ゴールドは、年間300万円までのお買物安心保険であるショッピング補償が魅力のクレジットカードです。カードを利用した購入商品の破損・盗難による損害を、購入日・ご購入日の翌日から200日間補償してくれます。

 年会費は次年度より11,000円ですが、Web明細の利用で最大1,100円(税込)、リボ払いの申し込みと年1回以上のリボ払い手数料支払いで無料もしくは半額になります。

補償や特典も充実しており、なかでも「ドクターコール24」は医師への相談が24時間・年中無休で受けられるので、万が一の体調不良時にも相談が可能です。

ボーナスポイントゴールド会員の場合は毎月の支払額が5万円(税込)以上の場合、100ポイントが付与されます。

毎月の支払い額5万円(税込)ごとにボーナスポイント付与!使えば使うほどポイントが貯まっていくので、メインカードとしてもおすすめですよ。
年会費(税込) 11,000円
※オンライン入会のみ初年度無料
※翌年度以降も条件付きで割引特典あり
国際ブランド VISA/MasterCard
ポイントの種類 Vポイント
ショッピング還元率 0.50%~2.50%
付帯保険 ショッピング保険:年間300万円まで
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay、iD、PiTaPa、WAON
申込条件 30歳以上

出典:三井住友カード ゴールド
※1 条件によって翌年以降も割引適用・Web明細利用で翌年度年会費が最大1,100円(税込)割引 マイ・ペイすリボをお申し込み+前年1回以上のリボ払い手数料の支払いで年会費が無料・半額 前年度のカードご利用金額に応じて翌年度年会費が半額

JCB ゴールド

JCBゴールド

JCBゴールドの魅力
  • 初年度の年会費11,000円が無料(オンラインによる入会の場合)
  • カード番号や有効期限などの情報は全て裏面に記載
  • JCBタッチ決済にも対応

JCB ゴールドは、オンラインによる入会手続きをすれば初年度の年会費が無料になるクレジットカードです。

 カード情報は全て裏面に印字されているので、個人情報などが見えにくく、シンプルでスタイリッシュなデザインとなっています。

タッチ決済も可能なので、暗証番号やサインの必要なく支払いができます。最高1億円の海外旅行傷害保険、空港ラウンジサービス(国内・海外)、グルメ優待など、サービスや保障も充実しているのも魅力です。

ゴールド会員専用のオペレーターデスクも用意されているので、カードに関する問い合わせもすぐにできますよ。
年会費(税込) 11,000円(※オンライン入会の場合初年度無料)
国際ブランド JCB
ポイントの種類 OkiDokiポイント 
ショッピング還元率 0.50%~5.0%
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯 ※一部利用付帯)
  • 国内旅行傷害保険:最高5,000万円
  • ショッピングガード保険:年間500万円まで
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay
申込条件 20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方学生の方は申込不可

出典:JCBゴールド

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardの魅力
  • ポイント還元率1%、「事前入金サービス」で最大9,999万円までカード決済が可能
  • 表面はステンレス、裏面はカーボン素材を使ったデザイン
  • 会員限定の優待サービスが豊富

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardは、縦型のデザインで表面はステンレス、裏面にはカーボン素材を使っている高級感あふれるクレジットカードです。

 会員限定の優待サービスが非常に充実しており、空港ラウンジや高級ホテルをはじめ、世界中で利用できるサービスが豊富です。

ポイント還元率は1%と高還元率水準。貯まったポイントはキャッシュバックも可能で、月々の支払いへ充当するか登録口座に振込みかを選べます。いつの間にかポイントが失効していたという心配もありません。

「事前入金サービス」を利用すれば、最大9,999万円までカード決済が可能!車や宝石などの高額商品の支払いに活用すれば、ポイントも還元されるのでお得ですよ。
年会費(税込) 55,000円(税込)​
国際ブランド MasterCard
ポイントの種類 ラグジュアリー・リワードポイント
ショッピング還元率 1.0%
付帯保険
  • 海外
    傷害死亡・後遺障害保険⾦:最⾼1億2千万円
    傷害治療費⽤保険⾦:200万円限度
  • 国内
    傷害死亡・後遺障害保険⾦:最⾼1億円
    入院保険金:日額5,000円
    通院保険金:日額3,000円
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay、楽天ペイ
申込条件 20歳以上(学生不可)

出典:ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカードの魅力
  • 利用額枠に一律の制限がない
  • 最高1億円の旅行傷害保険
  • 獲得したポイントに有効期限がない

ダイナースクラブカードは、利用額の一律の制限を設けていないのが特徴のクレジットカードです。利用状況や支払い実績から個別に限度額が設定できます。

 国内外ともに最高1億円の旅行傷害保険が付帯しており、よく旅行に行く機会がある人も安心です。

保険コンサルティングサービスも無料で利用でき、必要な保険や老後のセカンドライフの相談、個人事業主なら決算対策も相談できるので、便利に活用できるでしょう。

「ダイナースクラブ リワードポイント」には有効期限なし!好きなタイミングで様々な賞品に交換可能ですよ。
年会費(税込) 24,200円
国際ブランド Diners Club
(コンパニオンカードにてMastercardも利用可能)
ポイントの種類 ダイナースクラブ リワードポイント
ショッピング還元率 1.0%
付帯保険
  • 海外
    死亡後遺障害:最高1億円
    傷害治療費用・疾病治療費用 :300万円(自動付帯)
    賠償責任:1億円(自動付帯)
  • 国内
    死亡後遺障害:最高1億円
    入院:日額5,000円
    入院中の手術:5万円
    入院中以外の手術:2.5万円
    通院:日額3,000円
  • ショッピングリカバリー:年間500万円(購入日より90日間)
モバイル決済 Apple Pay、モバイルSuica、楽天Edy
申込条件 27歳以上の方(目安)

出典:ダイナースクラブカード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの魅力
  • メタル製のプラチナカードとセカンドカードを使い分けできる
  • メンバーシップ・リワード・プラスの登録が無料
  • 家族カードは4枚まで無料で発行可能

アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードは、アメリカン・エキスプレスの心強いサービスが魅力のクレジットカードです。

 プラチナカードはメタル素材を使ったデザインですが、プラスチック製のセカンドカードが無料で発行できるので、使い分けも可能です。

また、ポイントの有効期限が無期限になったり還元率が100円ごとに3ポイント付与されたりする「メンバーシップ・リワード・プラス」は年間3,300円の料金が必要ですが、プラチナ会員であれば無料で登録できます。

家族カードは4枚まで無料発行!年会費は高額ですが、それ以上に充実したサービスが受けられるでしょう。
年会費(税込) 143,000円
国際ブランド アメリカンエキスプレス
ポイントの種類 メンバーシップ・リワード
ショッピング還元率 1.0%
付帯保険
  • 国内/海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 個人賠償責任保険:1回の事故につき最高1億円
  • スマートフォンプロテクション
  • ホームウェアプロテクション
モバイル決済 Apple Pay、モバイルSuica、SMART ICOCA、楽天Edy
申込条件

出典:アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード

【年会費が安い】ハイステータスなクレジットカードランキング

※2022年2月時点での年会費で比較
※年会費が同じ場合には還元率で順位を決定

1三井住友カード ゴールド

三井住友カード ゴールドの魅力
  • 初年度の年会費が無料・翌年から11,000円(税込)
  • ポイント還元率0.50%~2.50%
  • 家族カードが1人目まで年会費無料

2JCB ゴールド

JCBゴールド

JCBゴールドの魅力
  • 初年度の年会費が無料・翌年から11,000円(税込)
  • ポイント還元率0.50%~1.50%
  • 2年連続年間100万円以上の利用で「JCBゴールド・ザ・プレミア」への招待チャンス

そもそもステータスとは?クレジットカードのランクを解説

クレジットカード 現金

そもそもステータスというのは、クレジットカードごとに用意されているランクです。

一般的にランクは以下のカードごとに分けられ、保有しているユーザーは持っているカードごとにステータスがつけられています。

 保有しているカードの種類によって信頼性が変わっていく他、収入面の判断材料として利用される場合もあります。

保有しているカードが良ければ、更に信頼性が高いものと判断されるのです。

無理をして高いステータスのカードを狙うのはよくありません。審査に落とされてより悪いカードしか使えないことがあります。

クレジットカードのランク
  • 一般カード
  • ゴールドカード
  • プラチナカード
  • ブラックカード

カードのランクは自分のイメージ、そして信頼性に多大な影響を及ぼしているものです。

普段は見せるものではありませんが、持っていると優れていると判断されることは多々あります。自信があればより高いステータスのカードを狙ってみるのもいい方法でしょう。

一般カード

一般カードはステータスがほぼ用意されていないカードとなり、誰でも発行して保有できるカードとして使われています。

ステータスの中でも最弱ですので、利用できる施設が増加している、または優待特典が用意されているといったサービスは基本的にありません。

一般カードはステータスが低い代わりに発行しやすいように作られており、収入が不足している人も手に入れやすくなります。

ゴールドカード

カードローンを利用する

ステータスが存在していると言われるのはゴールドカード以上のカードとなります。ゴールドカードからは特別な施設が利用可能になっている他、優待特典が必ず用意されています。

他にもカードのポイント還元率上昇などのサービスが追加されている場合もあります。

ゴールドカード以上は年会費を請求されるケースが多いため、年会費の維持を踏まえてカードを発行していく必要があります。

プラチナカード

プラチナカード以上のステータスを誇っている人は、基本的に信頼性が非常に高く、保有しているだけで信頼されます。

優待特典もかなり増えるようになり、利用できる施設なども増加しています。

ブラックカード

一般的にプラチナカードが頂点とされていますが、実はそれ以上のブラックカードも存在します。

ブラックカードは最高のカードですが、招待以外で手に入れる方法がありません。

ステータスが高いクレジットカードの選び方

ステータスの高いクレジットカードの優待サービスのイメージ

年会費

ステータス性の高いカードは、一般カードと比較して年会費が高額であることが多いです。

 2,000円台に設定されているものから10万円を超えるものまで範囲が広いので、年会費が自分にとって負担にならないかをしっかり検討しておくとよいでしょう。

単に年会費だけで比較するのではなく、ポイント還元率や特典・補償の充実度などから、年会費が自分にとって妥当であるかをしっかり把握してから入会すれば、大きな失敗はありません。

年会費が高くても、日頃自分が利用するサービスの優待を受けられるなら、結果的にお得になるケースも多いですよ。

ポイント付与率

ポイント付与率のイメージ

ポイント還元率も重要なチェックポイントです。ステータスが高くてもポイント還元率も高いとは限りません。年間利用予定金額と、ポイント還元率で還元されるポイント付与数を計算した結果が年会費を上回れば、実質年会費無料となります。

付与率と同様に、ポイントの有効期限や付与されるポイントの利用方法も同時に確認しておくと、ポイントを無駄にするリスクを減らせるでしょう。

ポイントの有効期限が無期限のものも!無期限なら自分の好きなタイミングで交換できますね。

優待特典・サービス

一般カードとステータスの高いカードの最大の違いは、優待特典や付帯サービスの豊富さにあるでしょう。年会費が無料の一般カードでは利用できない特典も多く、ワンランク上のサービスを利用したい人に向いています。

優待特典・サービスの一例
  • 空港ラウンジサービス
  • コンシェルジュサービス
  • プライオリティ・パス など

カードによって付帯されている優待サービスは異なるので、自分のライフスタイルにあったカードを選ぶ必要があります。

よく利用するサービスで満足のいく優待サービスが受けられれば、年会費以上に価値あるカードになるでしょう。

付帯保険

旅行に行く女性

海外旅行・国内旅行によく行く人にとって重要な比較ポイントになるのが、付帯保険です。ステータスの高いカードの多くは付帯保険が充実しています。以下にハイステータスカードの付帯保険の一例を紹介します。

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card
  • 国内/海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 個人賠償責任保険:1回の事故につき最高1億円
ダイナースクラブカード
  • 海外
    死亡後遺障害:最高1億円
    傷害治療費用・疾病治療費用 :300万円(自動付帯)
    賠償責任:1億円(自動付帯)
  • 国内
    死亡後遺障害:最高1億円
    入院:日額5,000円
    入院中の手術:5万円
    入院中以外の手術:2.5万円
    通院:日額3,000円
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード
  • 国内/海外旅行傷害保険:最高1億円
  • 個人賠償責任保険:1回の事故につき最高1億円

年会費が高額なカードは、その分補償も手厚い傾向です。

補償額も大切ですが、補償が受けられる条件が持っているだけで受けられる「自動付帯」なのか、料金の支払いに使った場合にしか受けられない「利用付帯」なのかも確認しましょう。

年会費の比較をする際にも役立つポイントですよ。

ハイステータスなクレジットカードを持つメリット

クレジットカードとお金

ハイステータスなクレジットカードを持つメリットは以下の通りです。

ハイステータスなクレジットカードを持つメリット
  • 様々な優待特典が受けられる
  • 弱いステータスのカードでは使えない施設が利用できる
  • 自身の信頼性を向上させられる

ハイステータスというのは、それだけ優れているサービスを提供しているカードとなります。カードに用意されている様々な特典が使えるようになるのは大きなメリットと言えるでしょう。

また、普通のカードでは使えないとされている場所まで使えるようにしている良さがあります。

一般カードでは使えない場所が使えるのはいいところです。

ここからは、ハイステータスなクレジットカードを持つメリットを詳しく説明します。

様々な優待特典が受けられる

ステータスの高いクレジットカードの場合、優待特典が用意されています。

用意されている特典を利用することにより、本来では利用できないような価格でサービスを利用できる、または無料でサービスを利用できるなどのメリットが得られます。

 優待特典はカードによって変化しています。どのサービスが対象になっているのか、しっかり確認してからカードを発行したほうがいいでしょう。

優待特典を使えるカードと使えないカードでは、カード自体の満足度が変わってきます。

サービスを安く利用できるカードを持っていれば、これまで高くて利用できないと判断されていた施設などが簡単に利用できるようになり、自身を満足させられるようになるでしょう。

弱いステータスのカードでは使えない施設が利用できる

三菱UFJカード VIASOカードの口コミを調べる

ハイステータスのカードには、ほぼラウンジが利用できる機能が設けられています。

ラウンジというのは空港や一部施設に用意されている休憩施設のようなもので、一定以上のカードを持っている人に限り利用できる快適に過ごせる場所として用いられています。

 ラウンジはステータスによって利用できる施設と利用できない施設があります。カードごとに利用できる施設名も確認しておきましょう。

ラウンジが利用できるのは非常にいいことで、退屈な時間をゆっくり過ごせるようになります。

また、保有しているカードによって、なかなか利用できないとされているラウンジも利用可能になるなど、ほぼ見ることが出来ないようなラウンジも使えるメリットが得られます。

自身の信頼性を向上させられる

ステータスが高くなっていることは、自身のステータスアップにもつながっています。同時にステータスが向上していることで、信頼性が高い人だと判断されます。

信頼性が高くなっていることによって、一部の審査等に影響を及ぼす可能性があります。

 クレジットカード審査に影響している場合もありますが、カードの利用状況などがそれ以上に審査に影響していることを理解しておきましょう。

ステータス上昇によって、他の人からより高いランクのカードを持っていることの信頼性が生まれ、金銭面での安定性が確保されます。

金銭面の安定性が得られるようになれば、金融関連のサービスやお金関連の問題に直面した時に助けてもらえる可能性があります。

よくある質問

ステータスが高いおすすめのクレジットカードは?

本記事では6つのクレジットカードを紹介しました。手厚い補償やサービスなら「JCB ゴールド」もよいでしょう。さらにステータスの高いカードが欲しいなら、「アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード」は満足感を得られるでしょう。

クレジットカードの「ステータス」って何?

クレジットカードでいうステータスとは、カードのランクのことを指します。一般的にはゴールド・プラチナ・ブラック(プラチナ)の順番でステータスが高くなります。

ステータスが高いほうが特典や優待サービスが充実している代わりに年会費が高い傾向です。

ハイステータスカードを申し込む際の注意点は?

年会費が高額なケースが多い点と、一般カードと比較して審査が厳しい傾向にある点が挙げられます。なお審査基準は各カード会社によって様々であることと一般的には公開されていません。

年会費の負担と特典・補償とのバランスを考慮して選びましょう。

ステータスの高いクレジットカードのメリットは?

ハイステータス会員ならではの優待特典や、高額な付帯保険が付いていることが多いです。さらにホテルやレストランでの会計時に、自分のステータスをアピールすることにも役立ちます。

海外では社会的な身分の証明にも使われることがあるので、クレジットカードのステータスは重要です。

どんな人にステータスの高いカードが向いてる?
飛行機に乗る際にラウンジを使う人やレストラン・ホテルでの優待を利用したい人には、高いステータスのカードがおすすめです。
ハイステータスカードが向いていない人は?

ホテルやレストランで優待を利用する予定がない人・海外や国外旅行に頻繁にいかない人にはあまり必要ないかもしれません。

一般カードと比較して年会費が高額なことが多いので、自分の普段の使い方に必要かを見極めましょう。

プラチナやブラックカードは申し込めない?

カード会社によっても異なりますが、ゴールド以上のハイステータスカードの場合はインビテーション(招待制)となっていることがあります。

カード会社側から会員にランクアップの招待を行うシステムなので、自分からは申し込めません。

まとめ

今回は、ステータスの高いかっこいいクレジットカードを6つ厳選し、年会費の安さで比較したランキングも紹介しました。いずれのカードも、充実した優待サービスが用意されています。

ステータスの高いカードは、持っているだけでも社会的信用度を示せる魅力がありますが、優待サービスを有効活用できれば年会費以上の価値あるカードになる可能性も高いです。

カードによって年会費やポイント還元率、サービス内容も異なります。自分のライフスタイルにあった価値ある1枚で、毎日をより充実したものにしましょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事