仮想通貨のエアドロップについて最新情報や参加方法をわかりやすく開設

「仮想通貨のエアドロップに興味があるけど仕組みがわからない」「エアドロップのデメリットを知っておきたい」と、仮想通貨のエアドロップに参加したくても、受け取り方やリスクが分からず手を出せないと悩んでいる人も多いでしょう。

エアドロップは、無料で仮想通貨が受け取れるためメリットが多い反面、詐欺もあるので参加方法には注意が必要です。そこで今回は、エアドロップの仕組みや、メリット・デメリット、受け取り方について解説します。

2022年開催のエアドロップイベントや参加方法についても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

仮想通貨のエアドロップとは?

仮想通貨が降ってくる

エアドロップとは簡単に言うと、「企業や取引所などが資金調達のためにトークンを無料で配るイベント」のことを指します。

スナップショットといわれる期間内に対象通貨を保有しておくことで、通貨の保有量に対して新しいトークンが無料で配布されるエアドロップが大半です。

 エアドロップを行うことで、企業や取引所は資金調達ができたり、新しいサービス立ち上げ時の知名度向上に繋げられるメリットがあります。

対象通貨を保有しておくだけなので、投資家はほぼリスクなしに無料でトークンがもらえます。またこのトークンが数ヶ月〜数年後にいろんな取引所に上場する可能性があるのです。

取引所に上場すれば、無料だった仮想通貨に価値が生まれます。結果的に価格高騰することが多いので、売却すれば利益となるでしょう。

エアドロップが「お金が降ってくる」「給付金」といわれるのは、お金が配布されるのと同じになる可能性があるからです。

エアドロップの2つのメリット

エアドロップのメリットは以下の2つがあります。

エアドロップのメリット
  • ほぼノーリスクで仮想通貨が受け取れる
  • 将来値上がりして大きな利益になる可能性がある

ほぼノーリスクで仮想通貨が受け取れる

FREEと書かれた木の文字

エアドロップ1つ目のメリットは、無料で仮想通貨がもらえる点です。特定の通貨を保有しておくだけで仮想通貨がもらえるので、リスクがほぼありません。

 対象通貨を保有している期間内に価格が暴落して、損をしてしまう可能性も否定できません。

通常は、ほとんどの人が無料で仮想通貨をもらいたいので、期間中は価格が高騰していく傾向にあります。しかし保有期間が終わると同時に価格が暴落する可能性も高いです。

保有期間が終わったらすぐに売り抜けをする、あらかじめ現物と先物で両建てをしておく(ただし乖離が起こる場合もあります)などの対策を打っておくのも良いでしょう。

対策を打てばほぼノーリスクで仮想通貨がもらえるのがおおきなメリットでしょう。

将来値上がりして大きな利益になる可能性がある

エアドロップでもらった通貨は、保有しておけば将来価格が上昇する可能性もあります。

例えば、2021年3月XEM保有者にXYMが配布された際には、同年5月に約90円まで上昇しました。仮に1,000XYM配布されていたとしたら、無料で9万円の利益が生まれたことになります。

 トークンがいろんな大手取引所に上場することで、価格が高騰する可能性は高いでしょう。

元々は無価値だった仮想通貨が、大きな利益を生んでくれる可能性があるのもエアドロップのメリットです。

エアドロップの4つのデメリット

エアドロップのデメリット

エアドロップのデメリットは大きく以下の4つがあります。

メリットよりも多いので危険に思うかもしれませんが、大半は回避できるものや仮想通貨を扱う上で当然のものばかりなので、それほど心配する必要はないでしょう。

エアドロップのデメリット
  1. プロジェクト自体が詐欺の可能性がある
  2. トークンが価格上昇せずコストがかかってしまう可能性がある
  3. 後に税金がかかる可能性がある
  4. 個人情報流出の可能性がある

1.プロジェクト自体が詐欺の可能性がある

1つ目はエアドロップを行っているプロジェクトが詐欺の可能性があることです。

個人情報を収集するためにメールアドレス入力を求めたり、お金を奪うためにウォレットの情報を投資家から聞き出したり、保有している通貨をロックして出金できないようにしたりなど、詐欺の手口は様々です。

 日本国内の取引所で開催されているエアドロップなら、しっかり精査を行っているので、詐欺の可能性は低いです。しかし、海外のマイナープロジェクトでは詐欺が多発しています。

エアドロップを行っている企業は、本当に信頼できる企業・団体なのかをあらかじめ確認しておく必要があります。

ブログやSNSでもエアドロップ情報は多く出回っているので、しっかり情報収集をして判断しましょう。

2.トークンが価格上昇せず損失が出てしまう可能性がある

ビットコインの暴落

エアドロップでもらったトークンが価格上昇しないパターンには注意が必要です。信頼できる企業や発行しているトークンでも、需要がなければ価値は生まれず価格も上昇しません。

 ただの電子ゴミとなってしまう可能性も否定できないでしょう。

エアドロップのために該当の仮想通貨を購入した時より価格が下がってしまうと、売却時に損失となり事実上のコストとなります。

保有期間中は両建てをしたり、売るタイミングを見誤らないないようにしましょう。

3.後に税金がかかる可能性がある

価値が上がり利益が出れば、その仮想通貨の所持に対して税金が発生します。他の仮想通貨と同様で、20万円以上の利益(扶養されている方は33万円以上の利益)が発生すると所得税がかかります。

 仮想通貨は所得税のうち『雑所得』に分類され、総合課税です。ほかの所得と合算し、利益が多いほど税率もアップします。

いつの間にか価格が上昇しており税金を納める必要があったというケースもあるので、税金のルールはしっかり把握しておきましょう。

なお仮想通貨の税金がかかるタイミングは、利益が確定したタイミングとなります

一般的に売却時や他の通貨へ交換した時に利益が出ていていれば、課税対象となるので注意しましょう。

4.個人情報流出の可能性がある

個人情報が盗まれてコインが流出するイメージ

4つ目が個人情報流出の可能性があることです。「メールアドレス」や「名前などの個人情報」を入力させ、情報収集が目的のエアドロップもあるので注意しましょう。

対策としては、エアドロップに参加する際に必要になるメールアドレスは、エアドロップ用の捨アカウントにする、受け取りに利用するイーサリアムアドレスも専用のものにするなどが有効です。

多くのエアドロップは「イーサリアムアドレス」を利用することが多いので、安全性が高く日本語対応の「MyEtherWallet」の作成がおすめですよ。

2022年開催されるエアドロップと過去のエアドロップ

ここからは2022年に開催される最新のエアドロップ情報を紹介します。この記事を参考にぜひ参加してみてください。

開催中のエアドロップ

2022年開催中のエアドロップル
  • TRON
  • クリエイターによるNFTエアドロップ

TRON

暗号資産プロジェクトAPENFTが、仮想通貨TRXの保有者にAPENFTのエアドロップを行います。スナップショットは2023年6月10日までの毎月10日(日本時間21:00)で、100TRX以上の保有者が対象となります。

国内ではBITPOINTがAPENFTのエアドロップへの対応を発表しています。
トロン(TRX)のエアドロップに参加するならBITPOINT
bitpoint
  • 各種手数料無料なのでランニングコストを抑えられる!
  • 初心者でも扱いやすい取引ツール
  • ビットコインや将来性の高いアルトコイン合わせて13種類を取扱中
BITPOINTの詳細はこちら
取扱通貨 13種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC
  • ビットコインキャッシュ(BCH
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
  • アイオーエスティー(IOST)
レバレッジ なし
取引所手数料
無料
入金手数料
  • 法定通貨(JPY)即時入金サービス:無料
  • 法定通貨(JPY)入金:振込手数料のみ
出金手数料 法定通貨(JPY)出金:振込手数料のみ

クリエイターによるNFTエアドロップ

NFTのエアドロップ

NFTが無料でもらえるエアドロップも多数あるので、参加してみるのもよいでしょう。企業・イラストレーター・俳優・アーティスト・クラブチームなど、様々なクリエイターがエアドロップを行っています。

これらクリエイターによるエアドロップの条件は通貨を保有ではなく、SNSでの投稿が一般的です。

 「Twitterアカウントをフォロー、対象投稿をリツイート、NFTを送付してもらうウォレットアドレスを送付する」など、比較的敷居の低いものばかりです。

仮想通貨トークンのエアドロップとは違い、価値がつくかどうかは分かりませんが、保有しておけば将来的に利益になる可能性もあるでしょう。

クリエイターのエアドロップの場合、先行◯◯名のNFTも多いので、条件達成までの速さが求められます。

過去に開催されたエアドロップ

ここでは過去に開催されていたエアドロップについて紹介します。

過去に開催されたエアドロップ
  • 2021年12月 XRP保有でSOLOの配布
  • 2021年11月 OMG保有でBOBAトークンの配布
  • 2021年9月 IOST保有でDONトークンの配布
  • 2021年3月 XEM保有でSymbol(XYM)の配布
  • 2023年6月(予定) 20年12月にXRP保有でSpark(FLR)トークンの配布

上記は国内取引所で取り扱いがあったエアドロップの一例ですが、海外取引所では2021年だけでもこの数十倍以上のエアドロップが開催されました。

エアドロップはトレード知識やテクニックなどはあまり必要なく、情報収集が占める割合が大きいので、普段からアンテナを張っておくようにしましょう。

トレードはせずにエアドロップを上手く利用するだけでも、利益を積み重ねていくことができますよ。

エアドロップの参加方法と受け取り方

エアドロップに参加する人々

エアドロップにはどうやって参加すれば良いのでしょうか?ここでは参加方法と受け取り方について解説します。

エアドロップに参加するのに、登録や本人確認情報の入力などは必要ありません。参加方法は仮想通貨によって少し異なりますが、大きくは以下の3つです。

エアドロップの参加方法
  • 対象通貨を保有する(スナップショット時に対象通貨を保有)
  • SNSで決められた投稿を行う
  • マーケットプレイス・分散型取引所(DEX)・ウォレットで一定以上の取引を行う

対象通貨を保有する(スナップショット時に対象通貨を保有)

最もオーソドックスなのが、対象通貨を保有しておくことでもらえるエアドロップです。特別な登録は必要なく、『スナップショット』と呼ばれるタイミングに、対象通貨を保有しておくだけでエアドロップの対象者となります。

スナップショットとは?
ある時点における対象を丸ごと写しとることを指します。保有している証明として、スナップ写真を撮るイメージです。

スナップショットの日時は、エアドロップを行うプロジェクト側が設定しています。例えば1月10日の朝10時スナップショットと書かれていれば、同時刻に対象通貨を保有しておけば自動的にスナップショットが撮影されます。

極端な例だと、1月10日の朝9時59分に対象通貨を保有して朝10時1分に売却しても対象です。ただし10秒〜30秒程度の誤差が起こる場合もあります。

後日、対象者にはトークンがウォレットに配布されます。受け取りに関しても特別な手続きは必要ありません。
エアドロップに参加するならBITPOINT
bitpoint
  • 現在開催中のトロンのエアドロップに対応!
  • 各種手数料無料なのでランニングコストを抑えられる!
  • 初心者でも扱いやすい取引ツール
  • ビットコインや将来性の高いアルトコイン合わせて13種類を取扱中
BITPOINTの詳細はこちら
取扱通貨 13種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC
  • ビットコインキャッシュ(BCH
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
  • アイオーエスティー(IOST)
レバレッジ なし
取引所手数料
無料
入金手数料
  • 法定通貨(JPY)即時入金サービス:無料
  • 法定通貨(JPY)入金:振込手数料のみ
出金手数料 法定通貨(JPY)出金:振込手数料のみ

SNSで決められた投稿を行う

SNSに投稿する

2つ目がSNSで決められた投稿を行うことです。

エアドロップは、企業がプロジェクトを知ってもらうためのマーケティングの一環として行われることも多いです。いろんな人にSNSで投稿してもらい、そのお礼としてトークンが無料配布されます。

 投稿ルールはエアドロップを行うプロジェクトが公開しています。よく読んで、間違いのないよう実行しましょう。

よくあるパターンとしては、「公式アカウントをフォロー」「特定の投稿をリツイート」「投稿のスクリーンショットと、ウォレットアドレスをサイトに入力」などです。

マーケットプレイス・分散型取引所(DEX)・ウォレットで一定以上の取引を行う

国内ではメジャーではありませんが、海外で多いのが「マーケットプレイス・分散型取引所(DEX)・ウォレット」などで一定以上の取引を行うものです。

このパターンは事前発表がないものも多く、過去に一度でも取引(または一定以上の取引)をしていた人に対して、エアドロップが行われるものとなります。

 「参加する」というよりは、「たまたま参加していた」ケースが多いです。

最近ではエアドロップが行われるかもしれない取引所を予想し、前もって1度だけ取引を行っておく人も多いです。ただし、詐欺やトラブルが起こりやすいパターンでもあります。

本人確認書類を求められたり、個人情報を求められるものは詐欺の可能性があるので、できるだけ参加しないようにしてください。

ウォレットのパスワードや秘密鍵を要求されることもありますが、絶対に教えないようにしましょう。
エアドロップに参加するならBITPOINT
bitpoint
  • 現在開催中のトロンのエアドロップに対応!
  • 各種手数料無料なのでランニングコストを抑えられる!
  • 初心者でも扱いやすい取引ツール
  • ビットコインや将来性の高いアルトコイン合わせて13種類を取扱中
BITPOINTの詳細はこちら
取扱通貨 13種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC
  • ビットコインキャッシュ(BCH
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
  • アイオーエスティー(IOST)
レバレッジ なし
取引所手数料
無料
入金手数料
  • 法定通貨(JPY)即時入金サービス:無料
  • 法定通貨(JPY)入金:振込手数料のみ
出金手数料 法定通貨(JPY)出金:振込手数料のみ

エアドロップの情報はどこで仕入れる?

エアドロップの情報を仕入れている人々

エアドロップの情報は以下で仕入れましょう。

エアドロップの情報を仕入れられる場所
  • 国内取引所の公式サイト
  • 企業運営の仮想通貨サイト
  • 個人運営の仮想通貨ブログ
  • SNS(Twitter、Instagramなど)
  • YouTube
  • Telegram
  • discord

一番安全な情報を発信しているのは、国内取引所や企業が運営している仮想通貨サイトです。情報の取捨選択をしているので、おかしなプロジェクトを紹介していることは少ないでしょう。

 海外のエアドロップ情報なども狙っていくなら、個人ブログ・SNS・Telegram・discordなども積極的に利用していきましょう。

これらは情報密度が高く新鮮なものも多いです。ただし詐欺情報が混ざっている場合もあるので、くれぐれも注意してください。

さまざまな媒体を確認しておけば、目ぼしいエアドロップ情報のほとんどを手に入れることができるでしょう。
エアドロップに参加するならBITPOINT
bitpoint
  • 現在開催中のトロンのエアドロップに対応!
  • 各種手数料無料なのでランニングコストを抑えられる!
  • 初心者でも扱いやすい取引ツール
  • ビットコインや将来性の高いアルトコイン合わせて13種類を取扱中
BITPOINTの詳細はこちら
取扱通貨 13種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC
  • ビットコインキャッシュ(BCH
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
  • アイオーエスティー(IOST)
レバレッジ なし
取引所手数料
無料
入金手数料
  • 法定通貨(JPY)即時入金サービス:無料
  • 法定通貨(JPY)入金:振込手数料のみ
出金手数料 法定通貨(JPY)出金:振込手数料のみ

エアドロップにおすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所「BITPOINT」

BITPOINT

BITPOINTの特徴
  • 「TRX」のエアドロップを受け取れる
  • レンディングにも対応
  • 各種手数料が無料

BITPOINTは2022年2月現在、国内の仮想通貨取引所のなかで数少ないエアドロップが受け取れる取引所です。取扱通貨は12種類で、2022年2月現在に参加できるエアドロップである「TRX」を保有できます。

 BITPOINTには取引しやすいアプリがあり、初心者から上級者まで満足できるシステムになっています。

エアドロップは受け取れませんがレンディングにも対応しており「いきなり仮想通貨の取引をするのは抵抗がある」という人でも始めやすいです。

各種手数料も無料なので、なるべくコストをかけずに取引したい人にもおすすめですよ。
取扱通貨 13種類

  • ビットコイン(BTC)
  • ライトコイン(LTC
  • ビットコインキャッシュ(BCH
  • リップル(XRP)
  • イーサリアム(ETH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
  • アイオーエスティー(IOST)
レバレッジ なし
取引所手数料
無料
入金手数料
  • 法定通貨(JPY)即時入金サービス:無料
  • 法定通貨(JPY)入金:振込手数料のみ
出金手数料 法定通貨(JPY)出金:振込手数料のみ

※出典:BITPOINT

よくある質問

エアドロップとは何ですか?
企業や取引所などが資金調達のために、トークンを無料配布するイベントのことです。企業や取引所は資金調達ができ、新しいサービス立ち上げの知名度向上に繋げられます。
エアドロップのメリットを教えてください
無料で仮想通貨がもらえること、無料でもらった仮想通貨が将来値上がりして、大きな利益になる可能性があることです。ほぼノーリスクなのがメリットでしょう。
エアドロップのデメリットを教えてください
プロジェクトが詐欺の可能性があること、トークンが価格上昇せず売却時に損失が発生する可能性があることでしょう。また利益がでた場合には、税金がかかります。
2022年最新のエアドロップは何がありますか?
暗号資産プロジェクトAPENFTが、仮想通貨TRXの保有者にAPENFTのエアドロップを行うイベントを実施中です。スナップショットは2023年6月10日までの毎月10日となっています。
過去に開催されたエアドロップは何がありますか?
Spark(FLR)トークン、SOLO、BOBAトークン、DONトークン、Symbol(XYM)などがありました。国内で取り扱っているエアドロップも多いです。
エアドロップ参加に特別な手続きは必要ですか?
条件達成のエアドロップがほとんどです。最も多いのはスナップショット時に対象通貨を保有で、後日トークンが配布されるもの。ウォレットに自動配布されます。
エアドロップの情報はどこで仕入れられますか?
国内取引所の公式サイトや仮想通貨情報サイトです。他に仮想通貨の個人ブログ、SNS(Twitter・Instagram)、YouTube、Telegram、discordなどが多いです。

まとめ

今回は、エアドロップの特徴やメリット・デメリット、2022年最新のイベントについて解説しました。エアドロップは売りタイミングを間違えず、両建てのような対策を取れば、ほぼノーリスクで仮想通貨が貰えます。

まずは現在開催中の「TRX保有でもらえるAPENFTエアドロップ」に参加してみてはいかがでしょうか。TRXは日本国内ではBITPOINTのみ取り扱っていますので、まずはBITPOINTに口座を開設してみましょう。

エアドロップは無料で仮想通貨を入手できるお得な機会!ぜひ参加してみてくださいね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事