仮想通貨は稼げる?儲け方のコツとおすすめ取引所

「仮想通貨に興味はあるけど、リスクが高そう……」「今から仮想通貨に投資しても儲かる?」など、仮想通貨はもう稼げないと思っていませんか?

しかし、仮想通貨はビットコインをはじめとして数千種類以上あるといわれており、将来性のある価値あるコインが埋もれている可能性も否定できません。

そこで今回は、仮想通貨で稼ぐ方法と初心者でも儲けを出すコツを解説します。低リスクで利益を出せる方法も紹介しているので、自分にぴったりな方法が見つかるでしょう。

セキュリティ性の高いおすすめ仮想通貨取引所も紹介!即日で取引可能なので、今すぐに始めたい人はぜひ参考にしてくださいね。

仮想通貨(暗号資産)で稼ぐ方法7つ

ビットコインにはさまざまな稼ぎ方がある

仮想通貨には、さまざまな稼ぎ方があります。ここでは初心者から中級者に向けた儲けの出し方を7つ紹介します。

初心者〜中級者向けの稼ぎ方
  1. 現物取引
  2. レバレッジ取引
  3. 積み立て投資
  4. 貸仮想通貨(レンディング)
  5. ポイントサイト
  6. NFT取引
  7. アービトラージ

1.現物取引

現物取引は、株や不動産と同じように仮想通貨の売買によって利益を出す方法です。所持している仮想通貨が、購入したときよりも値上がりしたときに売ると、購入時と売却時の差額が利益になります。

単純に仮想通貨が値上がりすれば利益になるため、初心者でもわかりやすい方法です。仮想通貨は値段の変動が激しいため、大きく落ちた後に大きく上がることもあり、短期間でも利益を出せる可能性があります。

 所持している仮想通貨が、必ずしも値上がりするというわけではないので要注意です。

仮想通貨は短期保有で利益を出せるケースもありますが、下落が続くときには売っても利益にならないので、あえて長期保有して値上がりを待つことも重要です。

チャートを読んだり、細かな分析をしたり必要がないので、初心者向けな投資方法です。

2.レバレッジ取引

レバレッジ取引のてこ

レバレッジ取引は、少額で大きな利益を出せる可能性がある反面、価値が下落した場合に大きく損失するリスクもある、ハイリスク・ハイリターンな取引方法です。取引所に証拠金を預け、その証拠金を担保に取引をします。

現物取引とは違い売り注文(空売り)から取引できるので、下落時でも利益が出せるメリットがあります。

 レバレッジは「てこの原理」を意味する英単語ですが、基本的にレバレッジ取引とは小さな元手(証拠金)で大きな金額を動かす投資方法です。

例えば、現物取引で100万円を使って5万円の利益が出る取引の場合、レバレッジ2倍で取引すれば証拠金100万円でも200万円分の取引が行えるため、利益も2倍の10万円が得られます。

一方で、現物取引で100万円分の取引をして5万円の損失が出た場合、レバレッジ2倍で取引をしていたら損失も2倍の10万円です。

リスクも大きいので取引に不慣れな初心者にはおすすめできませんが、大きな利益を出せるレバレッジ取引は魅力的な取引といえます。

 

3.積み立て投資

積み立て投資は、毎月自動的に決まった金額分だけ仮想通貨を購入していく投資方法です。

タイミングによって購入できる仮想通貨量には差が出ますが、長い目でみれば平均的な額で仮想通貨を購入し続けることになるため、コツコツと資産を増やせます。

 仮想通貨は常に値段が上がり続けるものではありませんが、経済は成長し続ける理論上、一時期下落したとしても上昇し続けている可能性が高い投資対象です。

時間がかかる方法ではありますが、比較的リスクが低い投資方法といえます。ただし、すべての仮想通貨取引所で行われているサービスではありませんので、注意が必要です。

積み立て投資を行っている取引所は、Coincheck・GMOコイン・bitFlyerなどがありますよ。

4.貸仮想通貨(レンディング)

貸仮想通貨で稼ぐ

貸仮想通貨、仮想通貨を取引所に貸し出すことで年利分を稼げる方法です。レンディングとも呼ばれ、現物取引の長期保有と非常に相性がよい稼ぎ方になります。

 銀行にお金を預けても年率は0.001%ほどですが、貸仮想通貨なら年率1%〜5%とメリットが大きいです。

一定期間、取引所に貸したいコインを預けるだけなので、リスクが低く、難しい知識も必要ありません。「仮想通貨を始めてみたいけど、取引はまだ怖い」という人に非常におすすめです。

貸仮想通貨のサービスを行っている取引所は少ないため、事前に行っている取引所を調べた上で口座を開設しましょう。

5.ポイントサイト

TSUTAYA系列やファミリーマートなどでお馴染みのTポイントカードのサービスの一つに、Tポイントをビットコインに交換できるという仕組みがあります。

 bitFlyer限定ではありますが、普段からTポイントを貯めていて使い道に困っているなら、ほぼノーリスクで仮想通貨を購入可能です。

その他、モッピーやちょびリッチといった有名なポイントサイトでも、ポイントをビットコインに交換できるサービスを提供している場合があります。

ポイントサイト経由で口座を開設すればポイントが付与され、そのポイントをビットコインに交換すれば、実質無料でビットコインをゲットできますよ

6.NFT取引

NFTはNon-Fungible Tokenの略で、非代替性トークンといわれるものです。NFTは実体こそありませんが、唯一性や所有者が明確なデータとして残るため、その限定性から価値が高まる傾向にあります。

メタバース(仮想空間)の中での取引には仮想通貨が使われていることがほとんどで、所持している仮想通貨を使ってNFTの取引に参加するという方法もあります。

メタバースに融資を行っている大企業は多く注目が集まっている分野なので、NFTに対する投資も盛んになってきてきます。

7.アービトラージ

アービトラージで稼ぐ

アービトラージは、仮想通貨取引所間の価格差を利用して利益を得る方法です。取引所によって仮想通貨の流通量には違いが生じるため、取引所によって同じコインでも価格に違いがあります。

つまりアービトラージは、A取引所では販売価格が100万円でも、B取引所では105万円で売却できる可能性があることを利用した稼ぎ方です。送金手数料などを考慮する必要がありますが、ほぼリスクなく利益を出せる方法といえるでしょう。

現在の法律では規制されていませんが、海外では規制されている国もあるので今後はできなくなる可能性がある稼ぎ方です。

仮想通貨の取引の流れ

仮想通貨が降ってくる

仮想通貨は以下の流れに沿って取引します。

仮想通貨取引の手順
  1. 仮想通貨取引所の口座開設
  2. 取引所へ入金
  3. 購入する仮想通貨の検索
  4. 仮想通貨の購入方法を決定
  5. 仮想通貨を購入
  6. 仮想通貨を売却

基本的な流れを覚えておけば、全ての仮想通貨に対応できるようになります。仮想通貨をどのように購入していくかが注目されるところですが、購入と売却のタイミングも含めてしっかり考える必要があります。

取引する際の流れを覚えておけばすぐ慣れていくでしょう。

ここからは、仮想通貨取引の流れを詳しく説明します。

1.仮想通貨取引所の口座開設

ATMとお金

仮想通貨取引所の口座開設を行います。仮想通貨を保有する場所を作って置かなければ仮想通貨は購入できません。保有できる場所として取引所のウォレットを作成します。

どの業者を利用するかで変わってくるため、しっかり考えて選びましょう。

 手数料やシステムの使い勝手など、色々と異なる点があるため比較が必要です。

2.取引所へ入金

取引所へ入金します。入金額は希望している仮想通貨に合わせて調整しておくといいでしょう。少し多めに入金したほうが購入できる仮想通貨を増やせるようになります。

安い仮想通貨を選ぶ場合は少額でも構いません。

3.購入する仮想通貨の検索

ビットコインとチャート画面

購入する仮想通貨が本当に売られているか、仮想通貨を検索して売買状況を確認しておきます。

取引所を利用して売買する場合は、現時点で売りに出されているレートなどもしっかり見ておく必要があります。

 レートの高いものを購入すると損失に繋がりやすくなります。

4.仮想通貨の購入方法を決定

仮想通貨は取引所で売買する方法が2つ用意されています。

仮想通貨の購入方法
  • 売却を希望しているユーザーから購入する
  • 仮想通貨取引所から購入する

ユーザーを利用して売買したほうがレートは安くなる傾向があるものの、売買できる数量が限られているケースが多くなっています。

仮想通貨取引所で購入すると数量の制限はかなり緩いものの、レートは仮想通貨取引所側が有利になるよう調整されて高くなっています。

5.仮想通貨を購入

円とドル

どの方法を利用しても構いませんので、必要な仮想通貨を購入します。仮想通貨を購入後はレートの変動などをしっかり確認し、売却するタイミングを狙いましょう。

タイミングが良ければ多くの利益を獲得できるようになります。

実用化という観点で利用する場合は売却は考えなくて構いません。

6.仮想通貨を売却

仮想通貨を売却して現金に変えます。レートが高くなっているタイミングで売却すれば利益を出すことが可能で、逆に低くなっているタイミングで売却すると損失を出します。

 売るタイミングは重要ですが、場合によっては損切り等も検討しながら売却するタイミングを探る必要があります。

仮想通貨で短期間で稼ぐことは可能?

仮想通貨と手

仮想通貨を利用して短期間で稼げる可能性はあります。

本来仮想通貨というのは、保有してからある程度の期間が経過してから売却していく方法が望ましいものの、短期間にレートが急変動するなどの理由で大きな利益を出せる場合があります。

 仮想通貨はレートが変動しやすい傾向を持っており、レートの変動が激しいタイミングを狙えば一気に稼げる可能性もあります。

短期間で稼ぐという場合、FXで使われているスキャルピングに近い方法を採用して購入と売却を繰り返す手法が望ましいでしょう。

購入したいと考えているタイミングをしっかり選び、レートが変化してプラスに変わったところで売却して早々に利益に変えてしまうのです。

何度も取引を繰り返して利益を出していくのがスキャルピングです。

短期間で稼ぐためには、売買を繰り返すのが一番いい方法です。そして、短期間で少しでも利益を出すため、プラスが少しでも出ているようなら早々に仮想通貨を手放して利益に変えてしまうのです。

こうして利益を多く確保していく状況を作れば短期間でも稼げるようになります。

 損失が出ているタイミングでは非常に厳しい状況に追い込まれる可能性もあります。損切りも含めてしっかりと対策しておきましょう。

売買するタイミングを見計らう必要あり

株式の値動きが読みづらい

仮想通貨はレートの変動が激しいものの、売買するタイミングが重要になります。

レートが急激に変わっているタイミングは利益を出すために重要なポイントとなりますが、一方でレートの変動が激しすぎて損失に変わってしまう可能性もあります。

売買するタイミングをしっかり図り、失敗を避けましょう。

売買するタイミングを十分見計らい、プラスになりやすいタイミングで売却していくように心がけていくことが望ましいでしょう。

仮想通貨の中にはレートの変動が急激に発生しており、場合によってはプラスがマイナスに変化する場面もあります。

 少しでも利益を出したい時は取引画面に張り付き、レートの変化などを踏まえて売買していくことが望ましいでしょう。ただ、この方法は負担が大きくなってしまいます。

タイミングを間違えると短期間での利益はほぼ得られなくなってしまいます。プラスを増やしておきたい、利益を多く確保しておきたいと思っているのであれば、まずは売買するタイミングをしっかり見ておきましょう。

自分が希望している利益に合わせて売るタイミングを見つけていくと安心です。

初心者が仮想通貨(暗号資産)で儲けるためのコツ4つ

初心者でも仮想通貨取引で利益を出せる方法はあります。以下の4つのコツに着目して、取引をしてみてください。

初心者が仮想通貨取引で儲けるコツ
  1. 複数の仮想通貨取引所で始める
  2. 少額から余剰資金で始める
  3. 慣れるまでは現物取引に限定する
  4. 長期的な保有で始める

1.複数の仮想通貨取引所で始める

複数の仮想通貨取引所で取引しているイメージ

仮想通貨取引所は国内でも年々増えており、それぞれで仮想通貨の流通量やサービスの内容が異なります

 複数の取引所に資産を分散しておいたほうが、取引所に万が一のトラブルがあった場合に損害を最小限に食い止められます。

仮想通貨自体は非常にセキュリティ性の高いものです。しかし、取引所はハッキングやウイルス感染のリスクがあるので「絶対に安全」とはいえません。

銘柄や取引所を分散しておけば、もし取引所がハッキングされて資産を盗まれたとしても、被害は資産の一部で済みます。

2.少額から余剰資金で始める

低リスクで仮想通貨を育てるイメージ

仮想通貨の取引に限らず投資全体に言えることではありますが、必ず生活に支障が出ることのない余剰金を使って取引を始めましょう。

 仮想通貨は価格変動が激しく、大きく上がることがあれば反対に大きく下がることもあります。

大きな損益を出すと投資の継続が難しくなったり、場合によっては生活が立ち行かなくなる危険性もあります。生活費や将来のための貯金を切り崩して、仮想通貨を購入するのは避けましょう。

無理せず欲張らずに、コツコツと利益を積み重ねるイメージが大切ですよ。

3.慣れるまでは現物取引に限定する

慣れるまでは現物取引がおすすめなイメージ

仮想通貨取引に慣れるまでは、レバレッジ取引ではなく現物取引に限定して売買を行いましょう。レバレッジ取引はハイリスクハイリターンな投資方法です。

初心者が仮想通貨投資を始める場合、元手が少なく利益を出せるのでレバレッジ取引が魅力的に思えます。

 たしかにレバレッジ 取引は少ない証拠金で2倍の利益を生める可能性がありますが、同時に2倍の損失になるリスクもあるものです。

仮想通貨についての知識や情報、チャートの読み方に慣れていないと、想定外の損失が出てしまいロスカット(大きな損失が出る前に取引所が取引を確定させるルール)になる危険性もあります。

ロスカットになれば損失は確定です。レバレッジ取引では価値が大きく下落した場合、ロスカットルールがあるので、現物取引のように価値が上昇するまで保有し待ち続けることができません。

まずは現物取引で慣れつつ、仮想通貨全体の情報やチャートの読み方などの知識を蓄えてから、レバレッジ取引にチャレンジしましょう。

4.長期的な保有で始める

仮想通貨は短期間で大きく値動きすることも珍しくないため、長期保有よりも短期保有のほうが利益を出しやすいと考えがちです。仮想通貨の価値は一時期下落したとしても、経済が成長し続ける限り今後も上昇傾向であると考えられます。

短期間の取引で一喜一憂するよりも、まずは長期保有を念頭に購入し、チャートや仮想通貨に関する情報の収集に時間を割くのがおすすめです。

貸仮想通貨や積立投資などもよいでしょう。

仮想通貨を始める方法

仮想通貨を始めるためには、まずは口座を解説する必要があります。

 口座を開設するためには、取引所に登録をします。

取引所の登録は、スマホやPC完結しますし、必要なものは「インターネット環境」「メールアドレス」「本人確認書類」「銀行口座」だけです。

本人確認書類は「免許証」「マイナンバーカード」「住基カード」などが使用できます。

取引所へ登録すること自体は難しくありませんね。

仮想通貨(暗号資産)で取引をするメリット

仮想通貨

仮想通貨で取引するメリットは以下の通りです。

仮想通貨で取引するメリット
  • 急変動が狙いやすい
  • ハイリターンの利益を狙える
  • 仮想通貨を利用して支払いを行える場合がある

FXでも取引によって利益を得られるようになっていますが、仮想通貨ほど変動するような状況が起こっていないことで、どうしてもFXでは利益を得られにくい状況が作られています。

利益をより追求するのであれば、仮想通貨を検討していくのがいいでしょう。

利益を出したいなら仮想通貨を検討していくのがいい方法です。

ここからは、仮想通貨で取引するメリットを詳しく説明します。

急変動が狙いやすい

仮想通貨は変動する傾向が非常に目立つ商品で、FXの通貨ペアなどに比べると明らかに変動する状況が発生しています。

投機目的で利用している人も多くなっているため、行動に起こしていく大手のユーザーが多くなっていて、急激な変動が起こりやすいのです。

 急激な変動はメリットでもありますが、デメリットとして失敗した時の損失を増やす恐れがあります。

急激な変動が発生し、一気にレートが変わってくれれば、思っていた以上の利益を叩き出す可能性があります。

また、変動が激しいことで、短期間の売買でも利益を出せるようになります。

短い時間で多くの利益を獲得できるのは仮想通貨のいいところでしょう。

ハイリターンの利益を狙える

ビットコイン

仮想通貨はハイリスクハイリターンに近い商品となっています。

リスクはそれなりに高くなっていますが、保有していることで利益を得られる場合はリターンが大きくなっています。

 莫大な利益を狙っている時は、仮想通貨取引を検討したほうがいいでしょう。

仮想通貨は保有しているだけで利益を出せる商品ですが、売り注文で利益を出す方法が基本的に用意されていません。

とにかくレートが上昇していくことに期待するしかありません。利益を出すためには、購入するタイミングも重要になってきます。

多くの利益を期待できるのは仮想通貨のメリットです。

仮想通貨を利用して支払いを行える場合がある

保有している仮想通貨は、現物として利用できる場合があります。いざという時は仮想通貨を利用して支払いができるメリットがあります。

FXの場合は購入した通貨ペアを保有しているわけではありませんが、仮想通貨は通貨を保有しているため支払いが可能になります。

 仮想通貨を支払いに使えるよう調整している企業や団体は多くあります。利用できるようであれば検討してみるのもいいでしょう。

仮想通貨を利用して支払うことで、現金の消耗を抑えられるメリットがあります。

また、仮想通貨による支払いが可能になっていることで、一部を支払いに充てて残りは取引で利益を出すために持っておくといった柔軟性の高い取引も期待できるようになります。

【稼げる?儲かる?】おすすめの仮想通貨(暗号資産)銘柄を解説

お金を稼ぐ方法③:投資

仮想通貨には取引で利益を出しやすくなっている銘柄があります。取引時におすすめできる銘柄は以下の通りです。

取引におすすめの銘柄
  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • リップル

基本的に知られている銘柄を利用したほうがいいでしょう。知られていない銘柄を利用していくのは、利益を出せない恐れが高まるため注意が必要です。

少しでも利益を出したいのであれば、情報などをしっかり見ながら最終的な取引量などを検討してください。

安定した取引を実現するために情報は必要不可欠です。

ここからは、おすすめの仮想通貨を詳しく説明します。

ビットコイン

ビットコインは仮想通貨の王道を行く銘柄となっており、基本的にどの取引所でも利用できます。

ビットコインは商品価値が高いことに加えて、利益を出すための取引がし易いという利点を持っており、タイミング次第で簡単に利益を出せるようにしています。

 ビットコインは変動しやすい商品となっており、タイミングさえ狙えば短時間で利益を生み出します。

商品の特性上、かなり変動しやすい通貨でもあります。

仮想通貨としても利便性がしっかり確保されている通貨でもありますので、どうしても欲しいと思っている人は多くいます。

実用化なども含めて、将来性の高い仮想通貨であるのは間違いありません。

イーサリアム

チャート

ビットコインに次いで安定性の高い仮想通貨とされており、大手企業が開発に乗り出すなど、知名度も高くなっています。

ビットコインよりも投資に必要な金額が抑えられている点もいいところですが、変動がそれなりに激しく、利益を得られる可能性も十分秘めています。

 イーサリアムは実用化に向けた情報が非常に多くなっている点もあり、ニュースを見るだけで変動していく傾向があります。

実用化に向けて動いている時は利益を得られる可能性も十分あります。ニュースを見ながら取引していくことが推奨されている商品と言えるでしょう。

開発されている傾向が強いのはイーサリアムの特徴です。

リップル

リップルは仮想通貨の中でも値段が高くない銘柄となっていますが、比較的変動しやすいことで知られており、利益を出せる可能性が十分あります。

また、リップルは実用化に向けた動きもしっかり作り出しているため、将来的に実用化されれば大きな利益に変わる可能性があります。

 リップルはアメリカで取引上の問題が指摘されており、場合によっては海外で取引できなくなる恐れがあります。

将来的な利益という観点に加えて、実用化に向けた動きもしっかり取られていることもあり、リップルは少額で利益を得たいと考えているトレーダーに向いている商品です。

安定しているわけではないものの、しっかり利益を実現できる点は魅力的です。

初心者におすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所3選

Coincheck

コインチェック

coincheckのおすすめポイント
  • ダウンロード数No.1 ※1
  • 取り扱い通貨数国内最大級の17種※2
  • 取引所の取引手数料が無料
  • スマホで最短1日で取引が始められる

Coincheck(コインチェック)は、「マネックス証券」などで有名なマネックスグループの仮想通貨取引所です。セキュリティ性も高く、万が一ハッキングされたとしてもユーザーの資産が守られる仕組みを構築しています。

 取り扱っている仮想通貨の銘柄数が17種類と豊富なので、ビットコイン以外で投資したコインが見つかる可能性も高いです。

口座開設は最短で即日可能なので、今すぐ取引を始めたいと思う人も申し込みしたその日に取引開始できる可能性があります。

取引を行うためのアプリのUIも優秀で、初心者でも感覚的にわかりやすく利便性が高いのも魅力ですね。

Coincheckの基本情報

取扱仮想通貨 【17種類】

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
取引手数料 取引所:無料
販売所:無料 ※別途スプレッドあり
入金手数料 銀行振込:無料 ※振込手数料は本人負担
コンビニ入金:770円~(税込)
クイック入金:770円~(税込)
出金手数料 407円(税込)

出典:公式サイト
※1 2020年1月 – 12月(データ協力:App Annie)
※2 2020年12月金融庁暗号資産交換業者登録対象、Coincheck調べ

DMM Bitcoin

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 販売所形式での取引のため基本操作が簡単
  • 手数料無料の項目が多い
  • スマホでもPCでも専用アプリ(ツール)で快適に取引可能
  • レバレッジ取引を行える銘柄数が多い

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)は、DMMグループが運営する仮想通貨取引所です。レバレッジ取引に力を入れており、15種類ものコインでレバレッジ取引ができるのは国内No.1となっています。

 スマホアプリは初心者向けの「STモード」と上級者向けの「EXモード」を使い分けられるので、仮想通貨取引に慣れてきてからも物足りなさを感じません。

「スマホでスピード本人確認」を利用して口座開設手続きをすれば、最短1時間で取引可能になります。DMMグループでつちかわれた高い技術力で、資産を守ってくれるのも安心です。

土日祝も含めた365日サポート体制が整っており、問い合わせフォームだけでなくLINEでも問い合わせが可能なのは、初心者には嬉しいポイントですね。
取扱仮想通貨
※レバレッジ取引
【15種類】

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • シンボル(XYM)
取引手数料 無料
※別途スプレッドあり
BitMatch取引手数料 銘柄によって取引単位ごと発生
入金手数料 無料
※振込手数料は本人負担
出金手数料 無料

※ 2022年4月現在、国内暗号資産交換業者のWEBサイト調べ
出典:公式サイト

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • ビットコイン取引量6年連続1位
  • 7年以上ハッキング0のセキュリティ
  • 取引以外のサービスも充実
  • 最短10分で口座開設

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内の暗号資産交換業者中でビットコイン取引量が6年連続で1位※1という実績のある取引所です。業界最長 7 年以上ハッキング0の実績があり、次世代セキュリティで安全性を確保しています。

 Tポイントをビットコインに交換できるサービスを利用できるので、Tポイントを貯めている人ならコストをかけずにビットコイン取引が可能です。

仮想通貨売買以外にも「かんたん積立」やビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」などのサービスも充実しており、1円から14種類のコインを購入できるので初心者でも始めやすいでしょう。

口座開設は申し込みから最短10分!今すぐにでも取引を開始できますよ。
ビットフライヤーでは3月から新たに「シンボル(XYM)」の取り扱いを開始しました。それに伴い、現在シンボル預入・購入で総額 100 万円相当山分けキャンペーン※2を行っています。
取扱仮想通貨 【15種類】

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リスク(LSK)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
取引手数料 販売所:無料 ※別途スプレッドあり
取引所:0.01~0.15%
入金手数料 銀行振込:無料 ※振込手数料は本人負担
クイック入金:330円(税込)
住信SBIネット銀行から入金の場合は無料
出金手数料 220~770円(税込)

出典:公式サイト
※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)

※2 2022年3月24日(木) ~ 4月21日(木)午後 11時59分まで

よくある質問

おすすめの仮想通貨取引所は?
本記事では「Coincheck」「DMM Bitcoin」「bitFlyer」を紹介しました。初心者でも使いやすいアプリや、取扱銘柄数の多さ、申し込みから口座開設までがスムーズなど、メリットの多さが魅力です。
仮想通貨で儲けるためにはどうしたらいい?

必ず余剰金などで無理をせず運用すること、レバレッジ 取引は最初は手を出さないほうがよいでしょう。

最初から大きく稼ごうと思わず、コツコツと利益を積み上げていくような貸仮想通貨や積立投資などで長期保有しつつ、仮想通貨の知識を蓄えることに時間を割きましょう。

おすすめの取引方法は?
不慣れなうちは現物取引が良いでしょう。慣れてきたら生活に支障が出ない余剰金を使ってレバレッジ取引にも挑戦してみると、利益を伸ばせる可能性があります。
仮想通貨で稼ぐ方法は売買だけ?

仮想通貨にはさまざまな稼ぎ方があります。テクニカルな知識が必要な稼ぎ方も多いですが、初心者ならリスクを低く抑えられる「貸仮想通貨」や「積立投資」などがおすすめです。

時間があるなら「アービトラージ」にチャレンジしてみるのもよいでしょう。

仮想通貨の価値は今後どうなる?今から投資しても間に合う?

仮想通貨の価値は日々刻々と変化しています。一夜にして10%も価値が乱高下することも珍しくありません。

しかし、経済は成長し続けなければならないという理論があり、仮想通貨も一時的には下落したとしても時間をおけば上昇する可能性が高いです。

とはいえ、将来性がないと判断されたコインは下落し、そのコインに関する明るいニュースがない限り上昇しません。

今から投資して遅いということはありませんが、投資するコインについてはしっかりリサーチして将来性が期待できるかどうかをしっかり判断しましょう。

仮想通貨は危険じゃない?

全くリスクのない投資は存在しません。仮想通貨の価値は長期的にみて上昇し続けると考えられます。

しかし、全く新しい理論が支持されたり、世界情勢が変化したりするなどの理由で、仮想通貨が文字通り「仮想」のものとなる可能性も否定できません。ハッキングやウイルスなどの危険性もあるでしょう。

これは仮想通貨に限らず、全ての投資や法定通貨にもいえることです。仮想通貨が特別に危険ということはありませんが、リスクが存在することはしっかり把握しておきましょう。

おすすめの仮想通貨銘柄はどれ?

ビットコインは仮想通貨の基軸通貨といわれており、価値が安定しているコインといえます。

また、アルトコインの代表格であるイーサリアムも時価総額2位の実力があり、さまざまなサービスで活用されているのでおすすめのコインといえます。

まとめ

今回は仮想通貨で儲けるコツや、稼げる方法などを具体的に解説しました。

投資対象として注目が集まっている仮想通貨ですが、これから仮想通貨の世界に参入するなら、まずはリスクの低い現物取引や貸仮想通貨などの方法でコツコツ利益を出すのがおすすめです。

本記事の内容を参考に、リスクも把握しながら着実に儲けを出すように心がけましょう。

取引には仮想通貨取引所に口座を作る必要があります。セキュリティ性の高い国内大手取引所がおすすめですよ。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事