LINE発行の仮想通貨LINKとはどんな通貨?今後や将来性を紹介

コミュニケーションアプリのLINEが発行している暗号資産(仮想通貨)であるLINK(リンク)。具体的にどのような通貨で、他のアルトコインとどのような違いがあるのか、知りたい人も多いでしょう。

LINK(リンク)は「LINE」が開発した暗号資産(仮想通貨)で、2021年に急騰したことが話題になり、LINK(リンク)の今後について気になっている方も少なくないでしょう。

今後のためにLINK(リンク)を保有しておいたほうがよいのか、将来性も気になりますよね。そこでこの記事では、LINK(リンク)の特徴や将来性・LINKを購入できる取引所について解説します。

この記事でわかること
  • LINK(リンク)の特徴
  • 2022年最新|LINK(リンク)のニュース
  • LINK(リンク)の現在の価格
  • LINK(リンク)の将来性
  • LINK(リンク)のおすすめの買い時
  • LINK(リンク)に投資するメリット・デメリット
  • LINK(リンク)を購入できる取引所

LINK(リンク)を保有している方も、今後LINK(リンク)で取引をしたいと検討している方も、LINK(リンク)の今後を一度確認してみましょう。

この記事を読めば、LINK(リンク)の今後の可能性が分かるようになりますよ。
LINK(リンク)を購入するならLINE BITMAX
LINE BITMAX
  • 国内で唯一!LINKが売買可能
  • LINE上から口座開設や取引ができて便利
  • 1円から取引が可能
LINE BITMAXの基本情報
取扱通貨 6種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リンク(LN)
レバレッジ なし
販売所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE PAY:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)

仮想通貨(暗号資産)LINK(リンク)とは?特徴

リンク/LINK

LINK(リンク)には、主に以下の特徴があります。

LINK(リンク)の特徴
  • コミュニケーションアプリ「LINE」が発行している
  • 『LINE Token Economy』での流通を目指している
  • 対象店舗でLINKリワードとしてLINKが還元される
  • LINE BITMAX WalletからNFTマーケットがリリースされている
通貨名 リンク
通貨単位 LINK
時価総額※2022年3月22日現在 ¥93,799,051,479
時価総額ランキング※2022年3月22日現在 23位
発行上限枚数 10億枚
現在の値段※2022年3月22日現在 ¥1,873.80
国内で扱える取引所 LINE BITMAX

出典:仮想通貨価格、チャート、時価総額 -CoinMarketCap 

LINK(リンク)を購入するならLINE BITMAX
LINE BITMAX
  • 国内で唯一!LINKが売買可能
  • LINE上から口座開設や取引ができて便利
  • 1円から取引が可能
LINE BITMAXの基本情報
取扱通貨 6種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リンク(LN)
レバレッジ なし
販売所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE PAY:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)

コミュニケーションアプリ「LINE」が発行している

メッセンジャーアプリLINE

LINK(LINK)は、コミュニケーションアプリ『LINE』を運営するグループが発行している通貨です。LVC株式会社開発のブロックチェーン『LINEブロックチェーン』の基軸通貨となっています。

 同じリンクに「Chainlink/LINK(チェーンリンク)」がありますが、別物です。LINE発行のLINKは通貨名を「LINK」と表記、Chainlinkは「LINK」と表記します。

LINK(LINK)は、LINE圏内のサービス成長に貢献したユーザーに対しての還元目的として2018年8月に誕生。同年10月から海外取引所「BITBOX」で取り扱いされていましたが、日本では購入できませんでした。

2020年8月に暗号資産取引サービス『LINE BITMAX』に上場したことで、今では日本でも購入が可能です。

『LINE Token Economy』での流通を目指している

運営会社のLINEはLINEブロックチェーンで、LINEの経済圏『LINE Token Economy(ライントークンエコノミー)』を構想をしています。

トークンエコノミーとは代替貨幣のことで、事業者が代替貨幣を発行し、その貨幣をユーザーが決済で使用することで新しい経済的価値が生まれることを目指しています。

 仮想通貨ではありませんが、楽天経済圏をイメージすると分かりやすいでしょう。楽天の中には様々なサービスが展開され代替貨幣として楽天ポイントが利用できます。

この『LINE Token Economy』の中では、ショッピングやコンテンツ、ゲームなど色んなサービスが展開され、企業とユーザーの間で利益を還元できるような仕組みになる予定です。

例えば、商品のレビューをユーザーが投稿するとお礼としてトークンが還元される、コンテンツを提供するクリエイターに対してトークンで還元するなどが考えられます。

LINE Token Economyでの構想
  • SNS上のユーザーの投稿による還元
  • 「いいね」や「シェア」で投稿に評価や共有してくれた行為に対する還元
  • ゲーム内でのLINKの獲得
  • 還元されたLINKによるゲームアイテム購入
  • LINE内でのコンテンツやサービスの購入や決済
  • LINKをLINE BITMAXで日本円に換金し、LINE Payにチャージして普段のお買い物

他にも、決済通貨としてLINK(リンク)流通を計画しています。またユーザー同士でLINK(リンク)を送信し合うことも可能です。

全て実現されれば、LINEの利便性は更に高まりユーザー数は増加、LINK(リンク)そのものの価値も上昇するでしょう。

出典:LINEが目指すLINEトークンエコノミー -LINE BITMAX

対象店舗でLINKリワードとしてLINK(リンク)が還元される

POINTと書かれた付箋

『LINK Rewards Program』に参加している会社のサービスを利用すれば、貢献のお礼としてLINKリワードを受け取ることができるのも特徴のひとつです。

簡単にいうと、加盟店のサービスで指定の決済をすればLINK(リンク)が還元されるというもの。前述した楽天ポイントのようなイメージです。

 以前は期間限定でウーバーイーツ、かっぱ寿司、JINS、エアトリでLINE Pay決済をするとLINKリワードが付与されていました。

2022年3月16日〜12月26日の期間では、LINE Payオンライン加盟店でLINK支払いをすれば、10%のLINKリワード還元特典が実施されます。

LINKリワードは、LINE BITMAX Walletで受取申請を行うので、口座開設が必要です。ウォレット上でLINKリワードからLINKに交換可能になります。

LINE BITMAX WalletからNFTマーケットがリリースされている

2021年6月から、LINE BITMAX Walletにて個人間でNFTを取引できるサービス『NFTマーケットβ』がリリースされています。

NFTとは代替不可能なトークンと呼ばれるもので、今まで量産可能だったデジタルデータ個別に「所有権」のような価値を組み込めるもの。2021年からNFTブームが起こり、様々な業界でリリースされています。

 LINE BITMAX Walletでも、NFT作品を簡単に出品でき、自由に値段設定ができます。

購入する側は決済時にはLINKを使用します。なおヤフー!もLINEブロックチェーンで発行されたNFTアイテムをヤフオクで取引できるようにすることを発表しています。

仮想通貨LINK(リンク)の最新ニュース

LINK(リンク)の最新ニュース

LINK(リンク)の最新ニュースは以下の4つです。

仮想通貨LINKの最新ニュース
  • LINE Payオンライン加盟店でLINK支払い可能に
  • 『ふるさとチョイス』のNFTアートにLINEブロックチェーン採用
  • LINKが韓国大手取引所『Bithumb』に上場
  • シータネットワークが日本でも利用可能に

LINE Payオンライン加盟店でLINK支払い可能に

2020年2月、LINE Payのオンライン加盟店での支払いにLINK(リンク)が利用できるようになることが発表されました。

2022年3月16日〜12月26日までの期間で、試験的に行われる予定です。また「LINK支払い」に対して10%の「LINKリワード」還元特典も開始すると発表しています。

今後リンク利用可能なオンライン加盟店を増やすことも公表しており、ますます将来性が期待できるといえるでしょう。

出典:LINE Payのオンライン加盟店でLINK支払い可能に -あたらしい経済

『ふるさとチョイス』のNFTアートにLINEブロックチェーン採用

ふるさと納税の総合サイト『ふるさとチョイス』でNFTアートを配布するキャンペーンを実施することが2021年11月24日に発表されました。

このプロジェクトは寄付者がふるさと納税を行い、売上の一部が支援金として事業者や生産者へ届けられるもの。寄付者はプロジェクト参加のお礼に「NFTアート」が入手できます。

このNFT配布では「LINE Blockchain」を基盤技術に採用しています。

出典:「ふるさとチョイス」のNFTアートに「LINEブロックチェーン」採用 -あたらしい経済

LINKが韓国大手取引所『Bithumb』に上場

韓国大手取引所『Bithumb』

2021年の8月13日に韓国の仮想通貨取引所『Bithumb』へLINKが上場しました。LINK(リンク)がLINE運営以外の取引所で扱われるのは、これが初となります。

Bithumbは、日本居住者向けのサービスは提供していませんが、流動性が高くなると期待できるニュースでしょう。

出典:LINEの独自仮想通貨LINK(LINK)、傘下以外初となる韓国大手取引所Bithumb上場へ -COINPOST

シータネットワークが日本でも利用可能に

2021年3月9日、動画配信プラットフォームの『Theta Network』が、LINEブロックチェーン上で日本ユーザー向けにコンテンツサービスの提供を開始しました。

MGM、LionsgateやNASAなどのコンテンツが視聴できる「THETA.tv」が、LINEブロックチェーン上のdAppsとして日本ユーザーからもダウンロード可能となりました。

THETA.tvはこれまで国内では配信できませんでしたが、LINKと交換可能なトークンを受け取る仕組みで提供開始できるようになったので、よりLINKの需要が高まると期待できますね。

出典:LINEの仮想通貨LINK(LINK)、Theta NetworkのdApps活用でトークン取得可能に -COINPOST

LINK(リンク)を購入するならLINE BITMAX
LINE BITMAX
  • 国内で唯一!LINKが売買可能
  • LINE上から口座開設や取引ができて便利
  • 1円から取引が可能
LINE BITMAXの基本情報
取扱通貨 6種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リンク(LN)
レバレッジ なし
販売所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE PAY:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)

仮想通貨LINK(リンク)の現在の価格と過去の高騰事例


2021年11月までは35,000円前後まで上昇していたLINKですが、25日頃から下落し始め、2022現在は半分となっています。

ただしこれはLINKの価値が下がったわけでも、ネガティブなニュースがあったわけでもありません。今の仮想通貨全体が下降トレンドに入っており、LINK(リンク)も引っ張られている影響が強いと考えられます。

2023年や2025年にはビットコインは過去最高値を更新するという見識が多く、LINKも将来的に過去最高値を超える可能性は高いでしょう。

仮想通貨LINK(リンク)の過去チャートと高騰事例

LINK(リンク)の過去チャートと高騰事例

LINKは2018年に海外取引所に上場し、500円〜1,500円前後を推移していました。2020年8月に日本に上場すると価格は3,200円まで上昇、2倍以上に高騰。

その後再び下落し1,000円台をキープしていましたが、2021年1月頃から再び価格は上昇し、さらに同年4月には過去最高値である36,000円まで上昇しています。

 日本上場から1年足らずで約10倍まで高騰しており、LINKの期待値の高さがうかがえます。

5月頃から一旦下落を始め7月には8,000円前後まで落ちていますが、2022年に入ってからもこの価格を下回っていません。

今は仮想通貨全体が下降トレンドに入っておりLINK(リンク)も苦しい局面を迎えていますが、再び上昇する可能性は高いでしょう。
LINK(リンク)を購入するならLINE BITMAX
LINE BITMAX
  • 国内で唯一!LINKが売買可能
  • LINE上から口座開設や取引ができて便利
  • 1円から取引が可能
LINE BITMAXの基本情報
取扱通貨 6種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リンク(LN)
レバレッジ なし
販売所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE PAY:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)

今後どうなる?LINK(リンク)の将来性を予想

LINKの今後を左右する要因には以下の2つがあります。

LINK(リンク)が高騰する要因
  • 他の取引所に上場できるか
  • 決済手段としてシェアを広げられるか

他の取引所に上場できるか

LNの今後を示す指先

リンクが今後価格上昇するかの大きな要因の1つは、他の取引所の上場できるかでしょう。

現在LINKは日本国内では『LINE BITMAX』、海外では『BIT FRONT』『Bithumb』でしか取り扱っていません。LINE BITMAXとBIT FRONTはLINEグループ運営の取引所のため、傘下以外は1つのみです。

 今後国内のコインチェックやGMOコイン、海外のBinanceやFTXなどに上場すれば、価値が高まり価格上昇する可能性は高いでしょう。

LINEユーザーは国内で約8,400万人、世界で1億8,800万人と言われており※1、ユーザー数は非常に多いです。

LINKやLINE Token Economyの魅力が伝われば、需要が上がるのは間違いありません。

※1 2021年12月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ -Social Media Lab

決済手段としてシェアを広げられるか

LINK(リンク)は今後決済手段として、オンラインだけでなく実店舗でも広く使われていく予定ですが、現時点では見通しがたっていません。

LINE Payのように対応店舗や使用者が増えれば、LINK(リンク)の価格も上昇するでしょう。

LINK(リンク)のおすすめの買い時をご紹介

お金を貸すイメージ

LINK(リンク)の買い時はこのタイミングがおすすめです。

LINK(リンク)の買い時
  • LINK(リンク)が暴落している時
  • LINK(リンク)の最新情報が入った時
  • 仮想通貨全体が上昇基調に入った時

LINK(リンク)が安くなっているタイミングは狙い目ですが、それ以外にも上昇するきっかけを作っている時はどんどん購入を検討していきましょう。他にも仮想通貨全体を見ておけば、購入するタイミングがしっかり見えてきます。

全体的に仮想通貨をチェックしておくことは重要です。

ここからは、LINK(リンク)の買い時について詳しく説明します。

LINK(リンク)が暴落している時

LINK(リンク)が暴落しているタイミングは、通常より安く手に入る可能性があります。少しでも安く仮想通貨を手に入れたいと考えているなら、暴落しているタイミングを狙って購入するといいでしょう。

 暴落したタイミングは安く仮想通貨を手に入れて、上昇への期待を得られます。

上昇するタイミングがしっかり重なれば、安く購入して高く売れる可能性が高まります。

少しでも安く手に入れたいと考えている人、今後のレート上昇に期待したいと考えている人は、LINK(リンク)が暴落しているタイミングを狙いましょう。

LINK(リンク)の最新情報が入った時

LINK(リンク)は定期的に最新情報が入り、現時点でどのような使い方を検討しているのかわかってきます。

実用化に向けた動きが進んでいくようなら、LINK(リンク)が上昇する可能性は非常に高くなりますので、レートが上昇するタイミングに入ります。

 実用化などの最新情報はレートを変化させる一番の要因です。高いレートで購入しないように早めの取引が重要です。

レートが上昇していくタイミングに上手に入れば、後はLINK(リンク)をいいタイミングで売却して一気に利益を出せるようになります。

利益をしっかり出すためにも、最新情報を細かくチェックして、最終的にどれくらいのレートになるか予想していきましょう。

仮想通貨全体が上昇基調に入った時

仮想通貨全体が上昇しているタイミングでは、LINK(リンク)も上昇するタイミングに入りやすくなります。

もちろんLINK(リンク)だけが下降基調に入ってしまう可能性もありますが、全体的に上昇しているタイミングは逆行しない傾向があります。

1つだけ逆に下がっているというのは考えづらいことです。

特に大手の仮想通貨が上昇しているタイミングは狙いやすくなります。ビットコインやイーサリアムが上昇しているタイミングでは、LINK(リンク)も一緒に上昇している可能性が高くなりますので、購入するタイミングとしては適切でしょう。

LINK(リンク)を購入するメリット

ライフカード利用のメリット

LINK(リンク)を購入するメリットは以下の通りです。

LINK(リンク)を購入するメリット
  • 投資による利益を得られる
  • NFTの購入に充てられる
  • 将来的な開発に投資できる

LINK(リンク)は利益を得るために投資している人が多くなっていますが、投資以外の目的でも利用できる方法を準備しており、ただ購入して利益を得るだけではありません。

別の目的で投資を進めることによって、利益以上の何かを得ることが可能になっているのです。

LINK(リンク)は色々な方向で使われる可能性があります。

ここからは、LINK(リンク)を購入するメリットを詳しく説明します。

投資による利益を得られる

LINK(リンク)を購入することによって、投資による利益が得られるようになります。投資による利益は非常に大きなものとなっており、レートの上昇が続けば一気に利益が生まれるようになります。

LINK(リンク)は高い値段で取引されていない傾向があるため、安く投資に参加できる点も魅力的です。

 投資による利益を得る方法は仮想通貨では一番メジャーな方法として利用されています。

投資による利益を得るためには、タイミングがとても重要になってきます。

レートの上昇がどのタイミングで発生していくのかしっかり理解しておくことで、一番理想的なタイミングで購入、そしてレートの上昇につなげて利益を得られるようにしていくのです。

NFTの購入に充てられる

チャート

LINK(リンク)は投資以外に使えるようにしている方法も準備しています。LINK(リンク)を活用したNFT購入が可能となっており、必要とされているNFT購入の費用として使えるようになります。

LINK(リンク)を上手に使いたいと考えているなら、NFT購入の費用として活用していく方法も有効です。

 NFTはLINK(リンク)のみで支払える場所が用意されており、活用することによってLINK(リンク)を使ったNFTが手に入ります。

投資による利益を回収できるわけではありませんが、NFTというのは数多く提供されているわけではありません

中には世界に1つだけの商品も用意されていますので、なかなか手にできない素材を確保できる可能性が十分に用意されているのです。

将来的な開発に投資できる

LINK(リンク)の開発はしっかり進められている傾向があるものの、現時点で最終的な目的が達成できるとは言えません。

より開発を進めるためには、投資による資金確保が絶対必要となります。LINK(リンク)を購入することによって、投資に必要な資金を提供できる観点があります。

 投資によって開発が進むことができれば、よりLINK(リンク)は様々な方向で使われるようになります。

投資しなければ現時点での状態を維持したままサービスを提供するだけになってしまい、思っていたような使い方ができないまま終わってしまいます。

より開発を進めさせ、違う方向で使わせるためには、投資による資金提供が何よりも重要なポイントです。
LINK(リンク)を購入するならLINE BITMAX
LINE BITMAX
  • 国内で唯一!LINKが売買可能
  • LINE上から口座開設や取引ができて便利
  • 1円から取引が可能
LINE BITMAXの基本情報
取扱通貨 6種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リンク(LN)
レバレッジ なし
販売所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE PAY:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)

LINK(リンク)を購入するデメリット

仮想通貨(暗号資産)投資のデメリット

LINK(リンク)のメリットは多数ありますが、デメリットもあります。

LINK(リンク)を購入するデメリット
  • 投資した金額を回収できないリスクがある
  • 購入しても欲しいNFTがなければあまり意味がない
  • 将来的に使えなくなるリスクを持つ

一番の問題は将来的なリスクとなります。投資によるリスクを抱えている点もありますし、仮想通貨自体が利用できないような状況に追い込まれてしまう可能性もあります。

安心してLINK(リンク)を利用できる環境が整備されるかどうかが注目されるところです。

今後のためにどのような状況が起こるかチェックしておきましょう。

ここからは、LINK(リンク)を購入するデメリットを詳しく説明します。

投資した金額を回収できないリスクがある

一番起こりやすい問題として、投資した金額を回収できないリスクが発生する可能性を持っています。

現時点でのレートよりも安くなってしまうと、LINK(リンク)に投資した金額は回収できないまま終わってしまいます。金を失うデメリットが存在しているのは問題でしょう。

 仮想通貨関連の商品は投資商品として提供されているものも多いため、投資によるリスクは考える必要があります。

レートの変動が行われているLINK(リンク)は、レートが下がり続けてしまうと大きな損失を出してしまう恐れもあります。

レートの変動が起こらないのはあり得ないことですので、常にレートの状況に気をつけ、危ないときは売却するなどの対応が求められます。

購入しても欲しいNFTがなければあまり意味がない

trade

LINK(リンク)はNFT購入に利用できるメリットを持っていますが、現時点で提供されているNFTの数が多いわけではありません。

また、欲しいNFTが見つからないようでは購入できないままLINK(リンク)を保有することになってしまい、目的にしていたNFT購入ができない場合もあります。

 NFTを購入できないようでは、LINK(リンク)を投資目的で保有していることと同じ状態になってしまいます。

目的としているNFTは検索して見つける必要がありますし、LINKが提供している専用のプラットフォームで提供されているものを見つけなければなりません。

場合によっては多くの商品を見つけられるのはいいものの、何も購入したいものが見つからない問題もあります。

将来的に使えなくなるリスクを持つ

一番の問題として発生しているのが、将来的にLINK(リンク)が使えなくなってしまうリスクです。将来的には使い物にならない状態となり、購入したことに失敗している可能性もあります。

より安心して使えるようにするためには、LINK(リンク)の開発が進められることに期待するしかありません。

 プロジェクトを進めてくれれば、LINK(リンク)を利用できる状態が生まれやすくなるため、将来的に使えないリスクが高まる恐れはありません。

一方で開発が進められない状態となってしまう場合は、将来的に使えないことも覚悟しなければならないでしょう。

何も進められないまま放置される可能性は捨てられません。

LINK(リンク)の購入が向いている人

初心者が仮想通貨アプリを選ぶポイントを解説

LINK(リンク)の購入は以下の要因を持つ人に向いています。

LINK(リンク)が向いている人
  • 仮想通貨で利益を出したい人
  • 株式感覚で購入したい人
  • 急激な上昇で利益を出したい人

LINK(リンク)は仮想通貨で利益を出すために購入するのが一番いいのですが、結構高いレートを抱えている銘柄でもあります。大手企業の株式を購入するような感覚で購入し、利益を出していくことを狙っていく人にもおすすめでしょう。

株式感覚で見られる仮想通貨でもあります。

ここからは、LINK(リンク)の購入が向いている人を詳しく説明します。

仮想通貨で利益を出したい人

LINK(リンク)は仮想通貨で利益を出したい人におすすめです。レートの上昇下降がしっかり出てくるため、FXよりも利益を追求しやすい傾向があります。結構多くの費用はかかりますが、レートの変動値が高い仮想通貨は狙い目となります。

利益を出しやすいレートの変動が狙えます。

購入した後に急上昇していくようなら、LINK(リンク)を購入したことで多くの利益を得られるようになります。一方でマイナス方向に動く可能性もありますが、仮想通貨で利益を狙うことを考えている人にはおすすめの銘柄です。

株式感覚で購入したい人

LINK(リンク)のレートは株式の高いものと同じくらいの金額で、購入する際に必要な費用もだいたい似たような金額となります。

株式感覚で購入してみたいと考えている人には向いている銘柄で、なかなか動かない株よりこちらを購入したほうがいい場合もあります。

 株は値動きが鈍いとされていますが、仮想通貨は全体的に値動きが早いとされており、急激なレート上昇も期待できます。

株式よりも勝利できる可能性があるため、利益をすぐに出したいと考えているトレーダーにも向いているでしょう。少しでも多くの利益を出し、より新しい仮想通貨取引を狙っていくなどの対応も可能になっています。

急激な上昇で利益を出したい人

LINK(リンク)はタイミングによって急上昇する可能性があります。上昇しているタイミングで上手に購入すれば、多くの利益を出せるようになります。

場合によっては数百万円程度の利益を狙えるほど、利益を生むタイミングは多数用意されているのです。

 一方でマイナスの方向に動いてしまう可能性もあります。現在の状況をしっかりと把握して購入していく必要があります。

急上昇している仮想通貨を保有していれば、一気に価値が上昇し利益も出てきます。

利益をたくさん出してくれるようになった仮想通貨を上手に売却しておけば、これまでにない利益をしっかり保有できるようになるのは間違いないでしょう。

LINK(リンク)が購入できる取引所

「LINKを購入したいけどどこで購入できる?」と疑問を抱えてる方も多いでしょう。

結論から述べると、国内でLINKを購入できる取引所はLINE BITMAXのみです。

LINE BITMAXがどんな取引所なのか詳しく紹介していきます。

LINE BITMAX

LINE BITMAX

LINE BITMAXの特徴
  • 国内で唯一!LINKが売買可能
  • LINE上から口座開設や取引ができるの便利
  • 1円から取引が可能
  • 暗号資産を貸し出すだけで年率8%
  • 予約購入で狙った価格でスムーズに購入できる
  • 暗号資産の価格情報をLINEメッセージで見れる

LINEグループが運営するLINE BITMAXは、国内で唯一LINK(リンク)を取り扱っている取引所です。

LINE BITMAXはLINEアプリから利用できるので、すでにLINEユーザーならアプリをダウンロードする必要がありません。LINEにログインすれば、すぐに取引を始められます。

 LINE Payと連携させることもでき、LINE Payの残高からLINE BITMAXに入金も可能です。

レバレッジ取引や取引所形式の取引はありませんが、利便性に特化しておりUIも直感的に操作できるので、初心者におすすめの取引所です。

暗号資産を貸し出すだけで最大年率8%となる「暗号資産貸し出しサービス」や、設定した価格になったら自動的に購入できる「予約注文」など嬉しい機能がたくさんです。

LINEアプリから口座開設もできるので、最短で申込み当日から取引が開始できます。
取扱通貨 6種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リンク(LINK)
レバレッジ なし
販売所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 LINE PAY:110円(税込)
銀行口座:400円(税込)

出典:LINE BITMAX ※2022年2月現在

よくある質問

LINKが購入できる仮想通貨取引所は何ですか?
2022年2月現在、国内でLINK(リンク)を取り扱っているのは『LINE BITMAX』のみです。LINE BITMAXではビットコインやイーサリアムなど6種の暗号資産(仮想通貨)を取り扱っています。
LINE BITMAXの特徴を教えてください
LINEグループ運営の取引所です。LINE上から口座開設や取引ができるので、LINEユーザーは新たにアプリをインストールする必要はありません。また1円から取引が可能です。
LINKの特徴を教えてください
LINEグループがLINE圏内のサービス成長に貢献したユーザーに対しての還元目的で発行した通貨です。『LINE Token Economy』での流通を目指している通貨です。
『LINE Token Economy』とは何ですか?
事業者が代替貨幣を発行し、その貨幣をユーザーが決済で使用することで新しい経済的価値が生まれることを目指したものです。ブロックチェーン上にあるLINE経済圏です。
LINKの過去最高値は何円ですか?
2021年4月の36,175円です。2022年2月12日現在は15,712円となっており、半分以下になっています。ただしこの下落は、仮想通貨全体で落ち込んでいる影響が大きいでしょう。
LINKの価格が高騰する要因は何ですか?
『LINE BITMAX』『BIT FRONT』『Bithumb』以外の取引所に上場できるか、LINK(リンク)が決済手段としてシェアを広げられるかが鍵を握っているでしょう。
LINKの最新ニュースを教えてください
2022年3月16日〜12月26日までの期間で、試験的にLINE Payオンライン加盟店でLINK(リンク)支払い可能になります。LINK(リンク)支払いで決済すると10%の「LINKリワード」還元を受けられます。

まとめ

今回は、LINEグループが発行している仮想通貨「LINK(リンク)」の特徴や将来性について解説しました。LINEグループはLINE Token Economyの構想を着実に進めています。

今は下降トレンドに入っている仮想通貨ですが、いずれ高騰するタイミングがやってくると予想されます。今の内に先行投資しておくのもおすすめです。

LINKの今後を予想するにあたって重視したいポイントを最後におさらいしましょう。

LINK(リンク)高騰するタイミング
  • 他の取引所に上場できたとき
  • 決済手段としてシェアを広げられたとき

LINK(リンク)で取引したいという方は、上記のタイミングを見て今後高騰する可能性を待ってみるのもおすすめです。

LINK購入なら、国内で唯一取り扱っているをLINE BITMAXを利用しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事