仮想通貨(暗号資産)の時価総額とは?リアルタイムでの確認方法と最新ランキング

仮想通貨の話題でたびたび登場する「時価総額」。時価総額はコインの将来をはかる指針になるものです。しかし、「時価総額の意味がわからない」「どうやって調べていいか分からない」とお悩みの方も多いと思います。

そこでこの記事では、時価総額の調べ方や見方、最新の時価総額ランキングを紹介します。

この記事を参考に、仮想通貨の投資対象を選んでみてください。

仮想通貨(暗号資産)の時価総額とは?

仮想通貨の時価総額とは?

時価総額を基準に仮想通貨を選ぶ投資家の方は多いです。それは通貨そのものの価値や規模を相対的に評価できる基準となるからです。

時価総額とは?
現在の市場価格と発行数量を合わせて算出したもの。通貨の価値を公平に判断できる指標となります。

通貨の上限枚数が少ないと1枚に対する価値は上がるため、通貨の価格が高い・安いだけでは純粋な価値は見えてきません。しかし、発行量が多いといって価値があるとも言えません。

 現在の市場価格は価値に含めるべきですし、そもそも発行枚数は開発者が独自で決められるものなので、需要とは比例していません。

そこで同条件で公平に比較をするためにあるのが時価総額です。

時価と発行数量を合わせて算出すれば、全ての通貨を同一条件で相対的に判断できます。

仮想通貨の時価総額の計算方法

時価総額の計算方法は、以下の計算式で算出でき、非常に簡単です。

 仮想通貨の時価総額=通貨の市場価格(時価)× 発行数量

注意してほしいのは通貨の市場価格は常に変動していること、また発行数量も増減している点です。正確な時価総額を比較するには、その都度計算が必要です。

ただし自身でわざわざ計算しなくても、時価総額をリアルタイムでランキング順に並べている海外サイトが多数あります。

『CoinMarketCap』などが有名ですので、参考にしましょう。

時価総額が低いとどうなる?高いとどうなる?

単純に時価総額だけで判断することはできませんが、一般的に時価総額が高ければ高いほど信用度が高いコインと言えるでしょう。

時価総額が高いと需要が大きいので安定した取引が可能です。その通貨を所持している人がどれだけ多いかという、指針にもなります。

時価総額が低いメリットとデメリット

時価総額が低いとどうなる?高いとどうなる?

時価総額が低い通貨は今後急成長する可能性もあるので、今から投資しておくことで大きく稼げる可能性があります。

 しかし流動性が低いので、買いたい時に買えない、売りたい時に売れないデメリットがあります。

ボラティリティが高いのでうまく乗れば稼げますが、安定性には欠けてしまいます

資産という意味でのポートフォリオとしても不向きです。

【2021最新】仮想通貨(暗号資産)時価総額ランキング

ここでは2021年9月29日時点の仮想通貨時価総額ランキングを6位まで順に紹介します。日本の取引所に上場しているコインのみの紹介とさせていただきます。

1BTC

BTC

ビットコインの特徴
  • 時価総額1位
  • ブロックチェーン技術を使用
  • 世界で初めての仮想通貨
  • 決済・個人間送金として誕生

世界で初めて誕生した仮想通貨が、ビットコインです。時価総額は堂々の1位をキープし続けています。

 ビットコインは発行元も管理者もなく、ブロックチェーン技術を使用して決済・取引が可能な通貨です。

ビットコインはブロックチェーン技術を利用して、決済や送金の取引情報の記録をみんな分散できるようにしました。ブロックチェーンによりセキュリティも大幅にアップしています。

2021年11月には4年ぶりの大型アップデートが控えており、ビットコインの問題とされていたスケーラビリティ問題も改善に向かうと期待されている通貨です。

2021年9月には、エルサルバドルの法定通貨にもなりました。
通貨名 ビットコイン
通貨単位 BTC
時価総額 ¥87,396,398,652,612
時価総額ランキング 1位
発行上限枚数 2,100万枚
現在の値段 ¥4,626,511.05
国内で扱える取引所 DMMビットコイン・コインチェック・GMOコイン・ビットフライヤーなど

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年9月時点

2ETH

ETH

イーサリアムの特徴
  • 時価総額2位
  • スマートコントラクト使用
  • 分散型アプリケーションを構築できる
  • 発行上限と半減期がない

時価総額2位、アルトコインの中でトップがイーサ(ETH)です。イーサリアムとはプラットフォームのことを指し、その中で使用されるコインがイーサです。

イーサリアムの特徴はビットコインのように決済・送金手段に加えて、ブロックチェーン上にプログラムを組み込み実行できることです。

 スマートコントラクトと呼ばれるアプリケーションにより、自動売買や自動契約のトリガーをプログラムに組み込めるようになりました。

スマートコントラクトを利用すれば、今まで必要だった事務作業がひとつのトリガーだけで全て自動化できるようになります。あらゆる業界でコストを削減できるのです。

最近話題のDeFiやNFTなども、イーサリアムベースのものが多く、将来性がとても期待されているプラットフォームです。
通貨名 イーサ
通貨単位 ETH
時価総額 ¥37,381,927,987,659
時価総額ランキング 2位
発行上限枚数 なし
現在の値段 ¥316,558.17
国内で扱える取引所 DMMビットコイン・コインチェック・GMOコイン・ビットフライヤーなど

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年9月時点

3XRP

XRP

リップルの特徴
  • リップル社が管理する中央集権な通貨
  • ブロックチェーン未使用、リップル社「XRP Ledger」を使用
  • 手数料が安く数秒で送金可能。国際送金向き
  • 上限枚数発行済みで、枚数を減らしている

時価総額6位XRPの特徴は、他の仮想通貨とは違い中央集権通貨であることです。リップル社が発行して管理しています。

通常のブロックチェーンのように分散して管理しておらず、リップル社のサーバーで管理(独自技術「XRP Ledger」を使用)しているので、送金速度がとても早いのが特徴です。

 海外送金でさえ5分以内に届けられ、XRP送金なら手数料も抑えられます。

XRPは既に上限枚数を全て発行しており、送金手数料にかかるXRPはバーン(消滅)するように作られています。

月日と共に需要が高まり価格が上昇すると言われている通貨です。
通貨名 リップル
通貨単位 XRP
時価総額 ¥4,712,041,873,781
時価総額ランキング 6位
発行上限枚数 1,000億枚
現在の値段 ¥100.63
国内で扱える取引所 DMMビットコイン・コインチェック・GMOコイン・ビットフライヤーなど

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年9月時点

4DOT

DOT

ポルカドットの特徴
  • WEB3.0を目指すプロジェクト
  • セキュリティが強固
  • 異なるブロックチェーンをつなぎ合わせる
  • トランザクションの処理が高速

時価総額9位のポルカドットは、半年で約20倍以上上昇している2021年注目の仮想通貨です。ポルカドットはWEB3.0を目指すプロジェクトとして名乗りをあげました。

WEB3.0とは?
非中央集権型で分散型で管理をする新たな世界のことを指します。

ポルカドットは今まで中央で管理していた企業に頼らず、分散して管理する「WEB3.0」を掲げています。これにより、個人と個人がつながれるのでセキュリティは強固となり、仲介者がいなくなるので手数料も抑えられます。

 ポルカドットは異なるブロックチェーンをつなぎあわせて、同期させることが可能です。

今まではイーサリアム上で作られたアプリは、ビットコインのブロックチェーン上では使用できませんでした。互換性がないので変換する必要がありましたが、ポルカドットは異なるものでもつなぎ合わせて実行が可能なのです。

ブロックチェーンは並列型を使用しているのでトランザクション処理能力も大幅にアップしています。
通貨名 ポルカドット
通貨単位 DOT
時価総額 ¥3,044,007,413,767
時価総額ランキング 9位
発行上限枚数 10億7,000万枚
現在の値段 ¥3,082.29
国内で扱える取引所 GMOコイン・ビットフライヤー

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年9月時点

5LINK

LINK

リンクの特徴
  • 異なるブロックチェーンをつなぎ合わせる
  • 現物の資産やデータともつなぎ合わせることが可能
  • GoogleやSWIFTと提携

時価総額15位のリンクは、「スマートコントラクト」と「現物の資産やデータ」をつなぎあわせることが可能です。

 例えば「現物の資産である銀行口座・電子決済のデータ」と「ブロックチェーン上にあるスマートコントラクト」を結ぶことができ、両方の管理ができるようになります。

生活と密接に関わるほど画期的な技術なので、現在では様々な企業や機関とも提携を進めています。最近はGoogleやSWIFTとも提携しました。

時価総額が高いのはLINK(Chainlink)と表記される通貨です。
通貨名 リンク
通貨単位 LINK(Chainlink)
時価総額 ¥1,188,234,335,730
時価総額ランキング 15位
発行上限枚数 10億枚
現在の値段 ¥2,605.96
国内で扱える取引所 SBI VCトレード

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年9月時点

6LTC

LTC

ライトコインの特徴
  • ビットコインをモチーフに欠点を補うコイン
  • トランザクションを素早く処理できる
  • セキュリティが高い
  • PayPalの決済手段

 

時価総額17位のライトコインは、ビットコインと同じように個人間での決済や送金などを目的として作られています。基本的な技術はビットコインと変わりません。

 ライトコインは、ビットコインの欠点(トランザクション処理の遅さや手数料の高さ)を補うように作られたコインです。

ビットコインの約4倍のスピードで処理を行い承認時間は2分半、手数料も抑えることが可能です。

ビットコインよりも複雑な暗号方式となっており、セキュリティ面も向上しているので、決済通貨としての価値が今後高まるでしょう。
通貨名 ライトコイン
通貨単位 LTC
時価総額 ¥1,081,115,028,555
時価総額ランキング 17位
発行上限枚数 8,400万枚
現在の値段 ¥16,158.88
国内で扱える取引所 DMMビットコイン・コインチェック・GMOコイン・ビットフライヤーなど

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年9月時点

おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所5選

仮想通貨(暗号資産)の購入には取引所で、口座開設をする必要があります。おすすめの取引所を5つご紹介します。

コインチェック

コインチェック
コインチェックのおすすめポイント
  • ネット証券運営マネックスグループの傘下
  • セキュリティのレベルが高い
  • 取扱通貨数が17種類
  • 取引所手数料が無料
  • 2021上半期国内暗号資産アプリダウンロードNO.1
※https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000021553.html コインチェックは「マネックス証券」や「マネックスFX」を運営する「マネックスグループ」の傘下。ネット証券で長年培ってきたノウハウがあるからこそ、セキュリティーレベルがとても高いのが特徴です。
 コインチェックは取扱通貨数が本記事内最多の17種類。取引所手数料は無料となっています。
スマホアプリの使いやすさに定評があり、2019年上半期・2020年上半期・2021年上半期と3年連続でダウンロード数が国内No.1を記録しています。2021年5月にリニューアルを行い、ますます使いやすくなりました。
ENJやOMGなど国内では取扱の少ない有望銘柄にも投資できます。

コインチェックの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 17種類
  • BTC(ビットコイン)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり) コンビニ:770円(税込・3万円未満時) クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)
出典:https://coincheck.com/ja/info/fee

DMMビットコイン

DMM ビットコイン
DMMビットコインのおすすめポイント
  • DMMグループ運営の安心感
  • 取扱通貨数が12種類
  • 出金手数料が無料
  • レバレッジ取引ができる
  • スマホのUIが見やすく操作しやすい
DMMビットコインのおすすめポイントは「DMMグループ運営」の安心感と、取扱できる通貨数が非常に多いことです。選択肢が多く安心して取引できるので、今から仮想通貨投資を始める初心者にこそおすすめです。
 DMMビットコインは出金手数料が無料なのもポイント。たくさんの国内取引所が台頭している中で、出金手数料無料は非常に珍しいです。
レバレッジ取引ができるのも魅力で、証拠金で運用したり、「ショート=売り」からポジションを取ったりと、脱初心者向けの機能も充実しています。資産が少ない人にも使いやすい取引所でしょう。
すべての硬貨でレバレッジ取引ができるようになっています。

DMMビットコインの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料※BitMatch注文は取引単位あたり2円(BTC/JPY)
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
出典:https://bitcoin.dmm.com/transaction_product/fee

ビットフライヤー

bitFlyer
ビットフライヤーのおすすめポイント
  • 2020年のビットコイン取引量国内No.1
  • 取扱通貨数が13種類
  • レバレッジ取引ができる
  • Tポイントを利用できる
  • みずほキャピタル・三菱UFJキャピタル・三井住友海上キャピタルが出資
ビットフライヤーはビットコイン取引量「国内No.1」の仮想通貨取引所。ビットコイン売買をメインに行うなら必ず登録しておきたい取引所です。
 アルトコインの数も12種類と豊富で、DOTやXTZなどの売買が可能です。
Tポイントをビットコインに交換して取引できるサービスも展開しているので、0円からTポイント投資を始めることもできます。
みずほキャピタル・三菱UFJキャピタル・三井住友海上キャピタルなどのベンチャーキャピタルが株主なのも心強いです。

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2020年1月-12月の月間出来高(差金決済/先物取引を含む)

ビットフライヤーの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 13種類
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リスク(LSK)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料 銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料 クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)
出典:https://bitflyer.com/ja-jp/commission

GMOコイン

GMOコイン
GMOコインのおすすめポイント
  • 東証一部上場企業であるGMOインターネットグループが運営
  • 取扱通貨数が14種類
  • 大半の手数料が無料
  • レバレッジ取引ができる
  • 最低取引単価が低く少額から始められる
GMOコインは各種手数料が無料なので、取引がしやすいのが特徴です。スプレッドも狭いので取引量が多い方にとってもおすすめの取引所となっています。
 他の取引所に比べて最低取引単価が低く、0.00005BTCから取引可能です。2021年9月現在1BTC460万円なので、約230円程度からポジションを持つことができます。
GMOグループは「GMOあおぞらネット銀行」や「GMOクリック証券」を運営しているので、セキュリティ技術にも信頼がおけるでしょう。
GMOコインはステーキングができるので、預けておくだけで報酬を受け取ることも可能です。

GMOコインの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 14種類
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01% Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料
出典:https://coin.z.com/jp/corp/guide/fees/

BITPOINT

BITPOINT
BITPOINTのおすすめポイント
  • ETH・BCH・LTC/JPYの国内取引量No.1を獲得
  • 取扱通貨数は8種類
  • 各種手数料が無料
  • 少額から取引が可能
  • ADAコインやTRXコインの取引が可能
※公式サイト文言より:https://www.bitpoint.co.jp/lp/beginner01/
BITPOINTはETH・BCH・LTC/JPYの国内取引量No.1を獲得した実績があるアルトコイン取引で人気の取引所です。各種手数料が無料、クイック入金の手数料も無料なので無駄な損をせずに取引ができます。
 他の取引所では取扱いのないTRXコインやADAコインなども取引可能。
レバレッジ取引や少額からの取引も可能なので、はじめて取引所に登録する方におすすめです。
9月末までADAコインプレゼント実施中なので、登録を急ぎましょう。

BITPOINTの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 8種類
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料
出典:https://www.bitpoint.co.jp/service/cost/

仮想通貨(暗号資産)の時価総額の確認方法|リアルタイムで確認可能

仮想通貨(暗号資産)の時価総額の確認方法|リアルタイムで確認可能

仮想通貨の時価総額をリアルタイムで更新しているサイトはたくさんあります。最も有名なのが『CoinMarketCap※1でしょう。

 CoinMarketCapでは時価総額だけでなく、現在の通貨の価格、24時間の出来高、変動値、過去から現在までのチャートを全て確認できます。

特に24時間の価格上昇率は、しっかりチェックしておきましょう。間近で盛り上がっている仮想通貨を見つけられ、投資家たちが注目しているコインも読み取れます。

また、全仮想通貨の時価総額を確認したい時は『Trading View※2を使用がおすすめです。Trading Viewはあらゆる通貨のチャートが表示でき、テクニカル分析に使用できるツールも豊富です。

BTCドミナンスを見れば仮想通貨全体のシェア率が把握でき、現在のトレンドも分かるので、本気で投資をするなら定期的に確認しましょう。

※1https://coinmarketcap.com/ja/
※2https://jp.tradingview.com/markets/cryptocurrencies/global-charts/

よくある質問

仮想通貨の時価総額とは何ですか?
現在の市場価格と発行数量を合わせて算出したものです。通貨の価値を公平に相対的に判断するための指標として使用されることが多いです。
時価総額はどのように計算しますか?
「仮想通貨時価総額=通貨の市場価格(時価)×発行数量」が計算式です。時価も数量も変動していくのでリアルタイムで計算する必要があります。
現在、仮想通貨の時価総額が高い銘柄は何ですか?
国内の取引所に上場しているコインであれば、BTC・ETH・XRP・DOT・LINK・LTCの順に時価総額が高いです。
時価総額の高い銘柄のメリットとデメリットを教えてください
時価総額が高いのは銘柄に対する信用度とも言い換えることができます。そのため時価総額が高い通貨の方が、安定した取引が可能です。反面、急激に伸びることは多くありません。
時価総額の低い銘柄のメリットとデメリットを教えてください
流動性が低いので、買いたい時に買えない、売りたい時に売れないデメリットがあります。安定性は欠けますが急激な成長により大きく稼げる可能性があります。
時価総額はどこで確認できますか?
『CoinMarketCap』でリアルタイム時価総額、現在の価格、24時間の出来高、変動値などを確認できます。『Trading View』ならBTCドミナンスの確認もできます。
時価総額が高い仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所はどこですか?
DMM Bitcoin・Coincheck・GMOコイン・bitFlyer・BITPOINTなどがおすすめです。時価総額No.1のBTCはすべての国内仮想通貨取引所で取扱可能です。

まとめ

今回は、仮想通貨の時価総額についてくわしく紹介しました。時価総額を見れば「通貨の今の期待値」「将来性」「価格の予測」を立てることができます。

時価総額が高い通貨は安定しているので資産となりますが、短期で大きく稼ぐには不向きです。時価総額が低い通貨は花火のように一瞬打ち上がりますが、すぐに消えてしまう可能性は大きいです。

仮想通貨の時価総額を参考に、メリット・デメリットを把握した上で投資するようにしましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事