Decentraland(ディセントラランド)とは?始め方や遊び方を徹底解説

Decentraland(ディセントラランド)は、コカ・コーラやサザビーズ、サムスンといった大手企業とも提携しているメタバース空間です。

最近では、コインチェックによる2035年の近未来都市をテーマにした仮想空間Oasis KYOTO(2022年に一般公開予定)の建設にも注目が集まっています。

日本の地名が使用され、より身近に感じられるようになったDecentraland(ディセントラランド)ですが「何から始めたらよいのか」「遊び方や稼ぎ方が分からない」と思う方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、Decentraland(ディセントラランド)の特徴や始め方、稼ぎ方について解説しています。

おすすめの仮想通貨取引所もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Decentraland(ディセントラランド)とは

Decentraland

Decentraland(ディセントラランド)は、イーサリアムブロックチェーンをベースにしたメタバース構想のブロックチェーンゲームです。

2015年からプロジェクトが開始され、2017年にIOCを実施。

IOCとは
資金調達のためにプレセールをすること。

開始から1分もかからないうちに、日本円にして約26億円のもの資金を調達することに成功し、その後一般の人向けに2020年にリリースされました。

ゲーム内では土地区画「LAND」を購入してオリジナルのコンテンツを制作したり、他のユーザーが制作したコンテンツを楽しんだりすることができます。

注目度の高さがうかがえる出来事として、Decentraland(ディセントラランド)上の土地が61.8万MANA(約3億2,900万円)※1で落札されたケースもあります。

※1:coindesk

Decentraland(ディセントラランド)の特徴

Decentraland(ディセントラランド)の特徴として挙げられるのは、以下の通りです。

特徴
  • イーサリアムブロックチェーンを利用したVRプラットフォーム
  • プラットフォーム上の土地やアイテムを売買できる
  • 自由にコンテンツが作成できる
  • ユーザー主体の運営体制

イーサリアムブロックチェーンを利用したVRプラットフォーム

Decentraland(ディセントラランド)は、イーサリアムブロックチェーンの技術を活用しています。

ブロックチェーンとは
参加者の不正を防ぐために、改ざんが難しく、停止することのない同一のデータを参加者に分散保持させる仕組みのこと。
ブロックチェーン技術を使用することで、VRプラットフォーム上でNFTの売買はもちろんイベントやフェスに参加することも可能です。

プラットフォーム上の土地やアイテムを売買できる

ノートパソコンを操作する人

Decentraland(ディセントラランド)では、ラットフォーム上の土地やアイテムを売買できます。公共の施設やブラザなどは売買できませんが、自分が所有している土地は売買可能です。

また、土地を構築したいクリエイター向けに「The Builder」と「The SDK」の2つのツールがあります。

The Builderとは
ドラッグやドロップなど簡単な作業でコンテンツを作成することができるツールのこと。
The SDKとは
プログラミングによってよりハイクオリティーなコンテンツを作ることができるツールのこと。

土地の特徴として人が多く集まる施設や土地は価格が高く、人が少ない土地は価格が安い傾向にあります。

Decentraland(ディセントラランド)で手にいれたアイテムなどが、他のゲームでも使用できるのも特徴的です。

自由にコンテンツが作成できる

Decentraland(ディセントラランド)では、参加者が自由にコンテンツを作成できます。

 用意されているコンテンツだけでなく、新しくコンテンツを生み出せることもDecentraland(ディセントラランド)の魅力といえるでしょう。

また、自身の購入した土地で作成した作品の展示やゲームをプレイできるようにして、他のプレイヤーに楽しんでもらうことも可能です。

ユーザー主体の運営体制

Decentraland(ディセントラランド)では、DAO(自律分散型組織)による運営を行なっています。

DAOは代表者や管理者がおらずユーザーが直接的に組織運営を行っていく仕組みとなっていて、これによりユーザーの意思に基づいた組織運営を実現しているのです

DAOに参加するためには、マナ(MANA)の保有やLAUD(土地)を所有していることが条件です。

Decentraland(ディセントラランド)の仮想通貨マナ(MANA)とは

仮想通貨

Decentraland(ディセントラランド)の仮想通貨マナ(MANA)は、アイテムの購入やイベントの参加時に使用されるデジタルトークンです。

Decentraland(ディセントラランド)上で必要となるLAND(ランド)を購入する際に、マナ(MANA)が必要になります。

 マナ(MANA)の価格が高騰したのが、2021年3月※1です。高騰の理由として、エンジンコイン(ENJ)などの仮想通貨が国内取引所に上場したことが挙げられます。

また、ゲーム開発老舗「Arati(アタリ)」がDecentraland(ディセントラランド)と提携し、「Atari Casino」を立ち上げることを2021年3月8日に発表したことも価格が高騰した原因として挙げられるでしょう。

現在マナ(MANA)の取り扱いがある国内仮想通貨取引所はありませんが、国内取引所でビットコイン等の仮想通貨を購入し、MetaMaskへ送金することで購入が可能です。

名称 Decentraland
現在の価格 98.97※2
時価総額 ¥183,649,790,462※2
時価総額ランキング 41位※2
発行上限枚数 約28億枚

※1:ÇoinMarketÇap
※2:2022年9月26日現在

Decentraland(ディセントラランド)の始め方を4STEPで解説

積み木

ここでは、Decentraland(ディセントラランド)の始め方を4STEPで解説します。

始め方
  1. 国内仮想通貨取引所で口座開設
  2. MetaMaskのインストール・作成
  3. MetaMaskに接続
  4. アカウントとアバターを設定

1.国内仮想取引所で口座開設

Decentraland(ディセントラランド)上で必要となるのは、仮想通貨であるマナ(MANA)です。

しかし、マナ(MANA)は国内仮想通貨取引所では取り扱いがないため、国内取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入したうえでMetaMaskに送金し購入しなければなりません。

そのため、まずは国内仮想通貨取引所で口座開設をし、仮想通貨を購入する必要があります。

2.MetaMaskのインストール・作成

口座開設が完了したら、仮想通貨やNFTを保管しておくことができるMetaMaskをインストールします。

 MetaMaskは、Decentraland(ディセントラランド)とウォレットを連携する際に必要です。

ウォレットにアクセスするために必要となる「シークレットフレーズ」を紛失してしまうとログインできなくなるため、管理には注意しましょう。

3.MetaMaskに接続

METAMASK

MetaMaskのインストールが完了したら、MetaMaskに接続します。

「Play using your wallet」をクリック後、MetaMaskを選択すれば接続は完了です。

 MetaMaskに接続することで、NFTを購入できるようになります。

4.アカウントとアバターを設定

接続が完了したら、アカウントとアバターの設定をします。

 アバターの設定では、性別はもちろん髪型や顔のあらゆるパーツ、服や靴などを自分好みに設定することが可能です。

アバターの設定が完了したら、画面に従ってユーザー名の登録や利用規約への同意をし登録完了です。

Decentraland(ディセントラランド)の遊び方

Decentraland(ディセントラランド)の遊び方は、前述したような仮想空間の探索やコンテンツ作成だけではありません。

ここではDecentraland(ディセントラランド)での遊び方をそれぞれ詳しくご紹介していきます。

遊び方
  • 自由に仮想空間を探索する
  • チャットで交流する
  • イベントに参加する
  • ショッピングする

自由に仮想空間を探索する

Decentraland(ディセントラランド)では、自由に仮想空間を探索できます。

約90,000区間のLANDで構成されており、歩き回ったり、他のユーザーのLAUDを探索したりすることができるのです。

最近では大手企業であるサムスンと提携し、仮想空間内にサムスンのプラットフォームが期間限定でオープンしています。

WASDキーで動かすことができ、一般的なパソコンゲームと操作方法は変わりません。

チャットで交流する

パソコンのキーボードを操作する人

Decentraland(ディセントラランド)では、他のプレイヤーとチャットで交流することも可能です。

アバター同士がコミュニケーションを取り合うので、実際に会って話しているような感覚でプレイすることができます。

 また、ギャラリーではアートの取引だけでなく、制作者と購入者がボイスチャット機能を利用して会話することも可能です。

ただし、チャット機能は現状英語対応のみで日本語には対応していないため注意しましょう。

イベントに参加できる

Decentraland(ディセントラランド)では、さまざまなイベントが開催されています。

音楽やファッション、化粧品やゲームなどさまざまなイベントに参加できるのです。

2021年10月22日には、仮想空間上で初となるデジタル音楽祭「Metaverse Festival」が開催されました。80以上のアーティストが披露する大規模イベントです。

ファッションイベントでは、ドルチェ&ガッバーナやトミーヒルフィガーなどの有名ブランドも参加しています。

ショッピングする

パソコンのキーボード

Decentraland(ディセントラランド)ではショッピングを楽しむことも可能です。

 ゲーム上での土地の購入はもちろん、芸術作品やアバターが身につける服やアクセサリーも購入できます。

大手企業が期間限定で商品を発売することもあるため、珍しい商品にも出会える可能性も。

購入場所は、ショッピングモールのプラットフォームやショッピングストア内です。

Decentraland(ディセントラランド)の稼ぎ方

Decentraland(ディセントラランド)の稼ぎ方としては、主に以下4つの方法が挙げられます。

稼ぎ方
  • NFTアイテムの取引を行う
  • 土地の売買
  • サービスやイベント運営を行う
  • カジノで稼ぐ

NFTアイテムの取引を行う

Decentraland(ディセントラランド)では、NFTアイテムの取引を行えます。

ゲーム内を探索しているとNFTアイテムであるアートが展示されており、マーケットプレイスで購入可能です。

また、もちろんNFT作品を自分で作成して販売することもできます。

ギャラリーや展示会で販売して稼ぐこともできるため、興味がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

土地の売買

Decentraland(ディセントラランド)では、土地の売買もできます。

土地の区間のことをパーセルと呼び、1パーセルは16m×16mです。隣接したパーセルを組み合わせて大きくすること(エステート)もできます。

 しかし、パーセルの数はマナ(MANA)の発行上限数と同じ数と設定されており、無限に作成はできません。

近年では、中央部分の一画であるオプションやキャンバスがある土地が1億1550万円で落札されるなど、過去2番目の高額な価格で売買されました。

サービスやイベント運営を行う

ライブ会場

Decentraland(ディセントラランド)では、サービスやイベント運営も行えます。

自分が所有する土地でイベントを開催して、入場料やアイテムを販売することで利益を出すことも可能です。

土地を所有していない場合は、他のプレイヤーからレンタルすることもできます。

カジノで稼ぐ

Decentraland(ディセントラランド)では、ゲーム内のカジノで稼ぐことも可能です。

日本では現状カジノはありませんが、ゲーム上のバーチャルなカジノであれば国内にいながら遊ぶことができます。

また、実際のカジノのように時間に制限はなく、いつでもゲームをプレイすることが可能です。

カジノに興味のある人は、一攫千金を狙って参加するのもよいでしょう。

Decentraland(ディセントラランド)始めるなら!おすすめ仮想通貨取引所5選

コインチェック

おすすめポイント
  • ダウンロード数No.1の実績
  • サービスのセキュリティ・安全性が高い
  • 少額から仮想通貨(暗号資産)が買える

コインチェックは、ダウンロード数No.1を獲得した安心の実績を誇る仮想通貨取引所です。

 「マネックス証券」や「マネックスFX」を運営する「マネックスグループ」の傘下であり、セキュリティーレベルがとても高いのが特徴です。

また、通信にはSSL暗号化通信を利用しているため、第三者から盗み見られる心配もありません。

さらにコインチェックでは、少額から仮想通貨(暗号資産)を購入することが可能であり、約500円からビットコインを買うことができます。

初めて仮想通貨取引を行う際は、コインチェックがおすすめです!

取扱仮想通貨(暗号資産) 17種類

  • BTC(ビットコイン)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり) コンビニ:770円(税込・3万円未満時) クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

ビットフライヤー

ビットフライヤー

おすすめポイント
  • 業界最長 7 年以上ハッキング 0
  • Tポイントをビットコインに変換できる
  • 最短10分で口座開設が完了

ビットフライヤーは、業界最長の7年以上ハッキング件数が0件の安心の実績を誇る仮想通貨(暗号資産)取引所です。

 不正アクセスの常時監視、負荷分散を行っており、外部からの脅威にも対策を測っています。

また、保有しているTポイントをビットコインに変換することが可能であり、多様な取引を行うことができるでしょう。

口座開設は最短10分で完了するため、忙しい方にもおすすめです。

安心・安全な取引を行いたい方におすすめです!

取扱仮想通貨(暗号資産) 17種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • リスク(LSK)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料 銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料 クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)

BITPOINT

BITPOINT

おすすめポイント
  • ツール機能が豊富で、簡単に取引ができる
  • 暗号資産現物取引は、24時間365日の取引が可能
  • 各種手数料が無料

BITPointは、各種取引手数料が無料で売買できる仮想通貨(暗号資産)取引所です。

 取引手数料の他に、即時入金手数料、入出金手数料、口座管理料が無料なため、初心者の方でも気軽に始めることができます。

また、取引ツール機能も豊富であるため、TradingViewを利用した様々なチャート表示・分析が可能でしょう。

BITPoint アプリをダウンロードすれば、スマホからいつでもどこでも取引することができます。

暗号資産現物取引は、24時間365日の取引が可能ですよ!

取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • エイダ(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

DMMビットコイン

DMMビットコイン

おすすめポイント
  • レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1
  • スピード本人確認なら最短1時間で取引が可能
  • 安心・安全のセキュリティ

DMMビットコインは、レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類国内No.1を獲得した仮想通貨(暗号資産)取引所です。

 「ビットコイン」を含め、22種類もの仮想通貨(暗号資産)取引が可能です。

また、これらの通貨はコールドウォレット運用で保有されているため、安全なセキュリティ対策が施されています。

さらに、DMMビットコインでは土曜、日曜を含め365日問い合わせを受けているので、緊急の際でも対応してくれるでしょう。

取り扱い仮想通貨数で選ぶならDMMビットコインがおすすめです!

取扱仮想通貨(暗号資産) 22種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
  • トロン(TRX)
  • カルダノ(ADA)
  • ポルカドット(DOT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • ジパングコイン(ZPG)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料※BitMatch注文は取引単位あたり2円(BTC/JPY)
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

GMOコイン

GMOコイン

おすすめポイント
  • オリコン満足度2年連続No.1
  • 取引手数料が無料
  • 安全性の高いセキュリティ

GMOコインは、オリコン満足度2年連続No.1を獲得した仮想通貨(暗号資産)取引所です。

 取り扱い仮想通貨数は23種類と豊富で、マイナーな通貨も売買することができます。

また、トレードや相場状況に合わせて、レバレッジ取引などさまざまなサービスを利用することが可能です。

そのため、積極的に収益を狙いたい方にもおすすめです。

各種取引手数料は無料で、気軽に売買を始めることができますよ!
取扱仮想通貨(暗号資産) 23種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • カルダノ(ADA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • リンク(LINK)
  • FCRコイン(FCR)
  • ドージコイン(DOGE)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01% Taker:0.05%(BTC,ETH,XRP)

Maker:-0.03% Taker:0.09%(その他)

入金手数料 無料
出金手数料 無料

まとめ

ここでは、Decentraland(ディセントラランド)の特徴や始め方、稼ぎ方について解説しました。Decentraland(ディセントラランド)は、歴史があるメタバースブロックチェーンです。

プラットフォーム上で作成された土地やアイテムが高額で売買されるなど、さまざまな大手企業が参入した時期は価格も上昇します。

大手企業が参入する可能性も十分にあるため、今後の動向に注目しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事