DOGE(ドージコイン)

柴犬をモチーフにしたユニークな仮想通貨『DOGE(ドージコイン)』。もともとは冗談で作られたコインが、2021年の年明け頃から100倍以上の高騰をして大きな話題となりました。

注目が集まっているコインのひとつなので、「DOGEってどんなコインなの?」「今から投資しても、もう遅い?」「どこで買えるの?」と、DOGEの将来性や購入場所など、多くの疑問を持つ人も多いでしょう。

そこで今回は、DOGEの基本情報から将来性や今後の展望、買い方までくわしく解説します。

この記事で分かること
  • DOGE(ドージコイン)の特徴
  • DOGE(ドージコイン)の最新ニュース
  • DOGE(ドージコイン)の現在・過去チャート
  • DOGE(ドージコイン)の将来性
  • DOGE(ドージコイン)の買い方

DOGEの過去のチャートや最新ニュースおすすめの仮想通貨取引所も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

「柴犬」コイン、100倍高の狂騒 -日本経済新聞

仮想通貨(暗号資産)DOGE/ドージコインとは?特徴を解説

DOGEコイン

DOGEの特徴
  • 発行上限がない
  • ビットコインのパロディとして生まれたジョーク通貨

DOGE(ドージコイン)は、2013年に開発された比較的古い仮想通貨です。オーストラリアの起業家Jackson PalmerとソフトウェアエンジニアのBilly Markusによりビットコインのパロディとして開発されました。

柴犬をモチーフにしたユニークな仮想通貨で、希少性のあるビットコインとは逆に、発行枚数に上限がなく流通量が多いのが特徴です。

通貨名 ドージ
通貨単位 DOGE
時価総額 ¥1,881,978,588,738.49
時価総額ランキング 13位
発行上限枚数 なし
現在の値段 ¥14.19
扱える取引所 Binance、FTX、Bittrexなど

出典:仮想通貨価格、チャート、時価総額 -CoinMarketCap ※2022年3月時点

発行上限がない

他の多くの仮想通貨とは異なり、DOGEには発行上限がありません。仮想通貨は法定通貨と異なり、マイニングで自動的に新規コインが発行されていくので、放っておけば無限にコインが増えます。

枚数が多くなりすぎると1枚の価値が下がるため、ビットコインをはじめとする大半の仮想通貨ではあらかじめ上限枚数を決めておき、インフレを起こりにくいように対策がされています。

 DOGEは、発行上限枚数が設定されておらず、2022年3月現在で1,326億DOGE以上が流通しています。

ビットコインの発行上限が2,100万BTCと考えると、非常に流通量が多いとわかるでしょう。

DOGEには、インフレを危惧し価格が上がりにくいデメリットがあります。

ビットコインのパロディとして生まれたジョーク通貨

DOGEコイン

DOGEはもともとはビットコインのパロディとして生まれたジョーク通貨でした。

2013年頃に流行したインターネット・ミーム(テンプレネタのようなもの)では、柴犬の写真が配置されたのが定番になっており、これになぞってビットコインのミームとしてDOGEが2013年12月に作られました。

 DOGEの機能性は、ほとんどビットコインと同じですが、発行枚数に上限がない点が異なります。

承認方式はビットコイン同様の「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」を採用していますが、DOGEは発行上限枚数がないため、マイニングにかかるコストには違いがあります。

またビットコインや他の仮想通貨と比較して、決済にかかるスピードが高速である点もDOGEの特徴でしょう。ビットコインの決済スピードは約10分程度かかると言われていますが、DOGEの決済は1分で可能です。

DOGEは、アメリカの人気掲示板サイト『Reddit』内に設置されたEコマースサイト『DogeMarket』にて、商品の購入やビットコインとの交換ができます。

仮想通貨(暗号資産)DOGE/ドージコインの最新ニュース

NEWSと書かれた紙

2022年3月現在のDOGEの最新ニュースは以下です。

DOGEコインの最新ニュース
  • 米テスラ、DOGECOIN決済を開始

米テスラ、DOGECOIN決済を開始

2022年1月15日、アメリカの電気自動車テスラでDOGEによる決済を開始しました。テスラのCEOであるイーロン・マスク氏は、自身のことを「ドージファーザー」と名乗っており、DOGEを応援するSNS投稿を過去に何度も繰り返しています。

 テスラは仮想通貨の中でDOGEのみ受け付けると発表。以前はビットコイン決済に対応を表明していましたが、「環境への悪影響」を理由に決済停止を発表しています。

ただし、DOGEでの決済はテスラ車ではなく、一部グッズなどに限定して利用可能となりました。

DOGEはすでに時価総額15位以内に入っており、米大手映画館チェーン企業『AMCエンターテインメント』でも、「DOGE決済を取り入れるか」投票を実施した過去があります。

需要が高まってきているため、今後決済できる場所が増える可能性もあるでしょう。

出典:米テスラ、DOGECOIN決済を開始 -COINPOST

チャートで確認!仮想通貨(暗号資産)DOGE/ドージコインの現在の価格と過去の高騰事例

DOGEの現在価格と過去チャート

2022年3月19日現在、DOGEの価格は14.19円となっています。2020年12月31までは0.5円前後を推移していたDOGEですが、イーロン・マスク氏がDOGEを推奨したことやアメリカの掲示板『Reddit』ユーザーの注目を集めた結果、大きく価格が上昇しました。

 イーロンマスク氏が、2020年5月8日にアメリカの人気番組「サタデーナイトライブ」に「ドージの父として出演する」と発言し、更に価格が上昇しました。

番組出演直前の5月7日には74円となり、2022年現在もこの価格は更新していません。昨年末からわずか5ヶ月で約150倍まで上昇しています。番組が始まる直前から下落が始まり、2日後には48円まで下がっています

2021年下半期は、上下を繰り返しながらも下降トレンドとなっていき、12月には20円を割ってしまいました。

2022年3月現在も、大きなトレンド転換は起こっていません。

DOGE/ドージコインは終わった?将来性・今後を予想

もともとはジョークとして生まれたDOGEですが、時価総額は15位以内に入っており、すでに一定の地位を築いています。発行枚数に上限がないので高騰するとは考えにくいですが、今後も徐々に価値を高めていく可能性はあるでしょう。

特に2022年3月下旬には、イーロン・マスク氏がCEOを務める『スペースX』が参画する月面探査機「DOGE-1」が打ち上げ予定です。

 テスラ社イーロン・マスク氏もロケット打ち上げに関するSNS投稿が増えてきており、打ち上げ前後で価格に影響する可能性は大きいでしょう。

ただし、DOGEコインはインフルエンサーやイーロン・マスク氏の発言の影響で値動きする部分が大きく、安定投資には向いていません

短期〜中期にかけて上昇する可能性はありますが、ビットコインやイーサリアムのように長期投資には、一歩足りない印象です。

ドージコイン(DOGE)の買い時を解説

お金

ドージコインの買い時は以下のタイミングを検討するといいでしょう。

ドージコインの買い時
  • ドージコインの情報が発表された時
  • ビットコインのレートが上昇している時
  • ドージコインが暴落してかなり安くなっている時

基本的に良い情報を手に入れている時は買い時と言えるでしょう。

また、他の仮想通貨に引っ張られる傾向もありますので、色々な情報を仕入れておくことにより値上がりのタイミングを知ることが出来ます。

情報をしっかり集めておくことでより多くのチャンスが獲得できるでしょう。

ここからは、ドージコインの買い時を詳しく説明します。

ドージコインの情報が発表された時

ドージコインに関連する情報が発表されているタイミングは、ドージコインを購入したいと考えるユーザーが多くなってきます。

ユーザーが集まっているということは、ドージコインのレートが上昇する可能性が高くなっていますので、値上がりの期待が非常に高まります。

 特にプラスとなる情報が発表されている時は値上がりの傾向が強まります。プラスの情報を得た時は速やかに購入してみるといいでしょう。

情報が発表されているというのは、基本的にドージコインに関して開発が進んでいること、そしてプラスとなる情報が多数提供されています。

プラスの情報を得られている時は、仮想通貨を購入したいという動きが強まるため、最終的には値上がりのチャンスが多くなるのです。

ビットコインのレートが上昇している時

FX

ビットコインは単独でレートがかなり動いている銘柄ではありますが、実は他の銘柄に影響をおよぼす場合があります。

 レートが急激に上昇している時は、ビットコイン以外のレートも含めて上昇傾向が強まり、値上がりする可能性があります。ビットコインの値上がりはチャンスなのです。

値上がりしているビットコインの後追いで、ドージコインも値上がりする可能性があります。

すべてのケースで値上がりするわけではありませんが、かなり高い値段になるパターンもあるなど、仮想通貨を引っ張ってくれる効果が期待できるのは事実です。

ビットコインが値上がりしているタイミングはチャンスです。

ドージコインが暴落してかなり安くなっている時

ドージコインは悪い情報が発表されている時、または悪い情報は発表されていないものの、何も情報が得られていない時は値下がりする傾向があります。

値下がりが続いてしまったことで、本来の価値を得られていない状態であれば、ドージコインを購入するチャンスでもあります。

 底値まで落ちてしまった場合、これ以上下がらないという判断から上昇していくケースがあります。反発するタイミングを有効に狙って購入しましょう。

値下がりを続けているドージコインが反発し、本来の値動きに戻ってくれるようであればかなり有効であるのは間違いありません。

このタイミングを有効に狙っていけば、値上がりのタイミングで多くの利益を得られ、満足できる収益を獲得できます。

まずは日本の取引所から!DOGE/ドージコインの買い方を解説

仮想通貨と青空

2022年3月現在、DOGEは日本の取引所に上場していないので、購入するなら海外取引所かDEX(分散型取引所)を利用する必要があります。

DOGEの買い方の手順
  1. 日本の取引所で仮想通貨を購入し海外の取引所へ送金する
  2. 海外取引所でDOGEへ換金する

まずは、日本の取引所で仮想通貨(ビットコインなど)を購入し、海外の取引所へ送金します。その後、海外取引所でDOGEへ換金する流れになります。DOGEが購入できる主な海外取引所は以下です。

DOGEの取引ができる主な海外仮想通貨取引所
  • Binance
  • FTX
  • Bittrex
  • Bybit
  • FXGT

ただし海外取引所は、日本の金融庁から認可を受けていないため利用には十分注意が必要です。日本円に対応しておらず、日本語に対応していない取引所も多いので、初心者にはハードルが高いでしょう。

またFTXは2021年9月より利用制限対象国に日本を追加しており、新規登録はできないようになっています。※1

他の海外取引所も、いつ利用できなくなるか分かりません。仮想通貨取引がしたいなら、安心・安全な国内取引所を使いましょう。

※1 暗号資産取引所「FTX」、利用制限の対象国に日本を追加 -あたらしい経済

まずは、日本の取引所で仮想通貨を購入することが必要です。次におすすめの仮想通貨取引所を紹介しているので是非参考にしてみて下さいね。

おすすめの仮想通貨(暗号資産)取引所5選

日本円では海外の取引所に入金できないので、日本の取引所で購入した仮想通貨を海外の取引所へ送金する必要があります。

ここでは、おすすめの国内仮想通貨取引所を紹介します。

コインチェック

コインチェック

コインチェックのおすすめポイント
  • 取り扱い銘柄は国内2番目の17種類
  • 国内仮想通貨取引所のアプリではダウンロード数がNo.1
  • トレード以外のサービスが充実している

コインチェックは、2022年3月現在、取り扱い銘柄数が国内で2番目の17種類の売買ができる仮想通貨取引所です。

ビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)の王道から、アイオーエスティー(IOST)・ファクトム(FCT)・パレットトークン(PLT)など時価総額が高くないコインも扱っているので、コインチェックだけでも十分満足できるでしょう。

 コインチェックはオンライン証券会社のマネックスグループが運営しているため、セキュリティ技術に信頼が置けるのも特徴です。

Coincheckガス・Coincheckでんきなど普段の生活に活かせるサービスや、貸暗号資産などトレード以外の稼ぎ方も充実しています。

国内仮想通貨取引所のアプリでは、2019年から3年連続でダウンロード数No.1に輝いています。

コインチェックの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 17種類

・BTC(ビットコイン)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ネム(XEM)
・リップル(XRP)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

レバレッジ 不可
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)

※2019年1月 – 2021年12月(データ協力:AppTweak)
出典:コインチェック

DMM Bitcoin

DMMbitcoin

DMM Bitcoinのおすすめポイント
  • 取り扱い銘柄は15種類
  • 365日対応のLINEサポートがある
  • スマホアプリがPC並の高機能を搭載している

DMM Bitcoinは、『DMMグループ』が運営する仮想通貨取引所です。15銘柄が上場しており、エンジンコイン(ENJ)・ベーシックアテンショントークン(BAT)など、WEB3.0銘柄の取り扱いが可能です。

 サポートが充実しており、LINEでの問い合わせも可能。7:00〜22:00まで365日対応しています。

スマホアプリはシンプルな「STモード」と、PC並の高機能を搭載した「EXモード」を用意。多彩な注文方法やたくさんのテクニカル分析ができるので、初心者〜上級者まで満足できるでしょう。

BitMatch取引手数料を除く手数料は、すべて無料となっています。

DMM Bitcoinの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リップル(XRP)
  • オーエムジー(OMG)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • モナコイン(MONA)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • テゾス(XTZ)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料※BitMatch注文は取引単位あたり2円(BTC/JPY)
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

※出典:DMM Bitcoin

bitFlyer

bitFlyer

bitFlyerのおすすめポイント
  • 取り扱い銘柄は15種類
  • ビットコインの取引量は6年連続No.1※1
  • 仮想通貨を1円から売買可能

bitFlyerはビットコインの取引量が6年連続で国内No.1の仮想通貨取引所。取り扱い銘柄は15種類で、国内では扱いが少ないものの時価総額は30位以内に位置するポルカドット(DOT)、チェーンリンク(LINK)などのアルトコインが取引できます。

 セキュリティ技術も高く、7年以上ハッキング0の実績※2があります。

1円から売買が可能で、Tポイントをビットコインに交換できるサービスもあるので、できるだけ現金の損失を抑えたい人に向いた取引所です。

「クイック本人確認」を利用すれば最短10分で口座開設!今すぐ投資したい人にもおすすめです。

bitFlyerの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 15種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ネム(XEM)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LINK)
  • シンボル(XYM)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01〜0.15%
入金手数料 銀行振込 : 無料※銀行手数料の負担あり
クイック入金 (住信SBIネット銀行から入金): 無料
クイック入金 (住信SBIネット銀行以外から入金): 330円(税込)
出金手数料 220円~770円(税込)

※1 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2016 年 〜 2021 年の年間出来高(差金決済 /先物取引を含む)
※2 公式サイト文言より
出典:bitFlyer

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインのおすすめポイント
  • 2021オリコン顧客満足度No.1
  • 取り扱い銘柄は国内最多の20種類
  • シンプル「ノーマルモード」と高機能の「トレーダーモード」を用意

GMOコインは、GMOグループが運営しており2021年のオリコン顧客満足度国内No.1に輝いている取引所です。2022年3月現在、20銘柄の通貨が上場しており、国内最多となっています。

 メイカー(MKR)・ダイ(DAI)・カルダノ(ADA)・チェーンリンク(LINK)など他取引所で上場が少ない通貨を扱っているので、アルトコイン投資がメインの人におすすめです。

中級者〜上級者向けの「トレーダーモード」では、現在値ライン・注文ライン・建玉サマリーラインが追加でき、現在の状況が一目で分かるようになりました。より取引がしやすいよう日々進化しています

最短10分で取引開始可能!つみたて暗号資産や貸暗号資産、ステーキングにも対応していますよ。

GMOコインの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 20種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • オーエムジー(OMG)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • テゾス(XTZ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)
  • モナコイン(MONA)
  • メイカー(MKR)
  • ダイ(DAI)
  • カルダノ(ADA)
  • チェーンリンク(LINK)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker:-0.01%
Taker:0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

おすすめの暗号資産取引所 現物取引(仮想通貨)ランキング・比較
※出典:GMOコイン

マネックスビットコイン

マネックスビットコイン

マネックスビットコインのおすすめポイント
  • 取引手数料や入出金手数料が無料
  • 注文方法が豊富にある
  • 差金決済取引サービスなので売りからエントリー可能

マネックスビットコインは、マネックス証券運営の『差金決済取引サービス』が可能です。差金決済取引のためレバレッジをかけられ、少額投資でも大きく利益を上げられるのがメリットでしょう。

現物とは違い売りからエントリーもできるので、利益を出せるチャンスは2倍あります。

 入出金手数料と取引手数料は0円、コストを気にせず取引できるので初心者におすすめです。

マネックスビットコインでは注文方法を豊富に用意しており、「ストリーミング注文」「指値・逆指値注文」「OCO注文」「IFD注文」「IFO注文」などに対応しています。

マネックス証券運営のため、セキュリティ技術に信頼をおけるのもポイントのひとつでしょう。

マネックスビットコインの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 4種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:マネックスビットコイン

よくある質問

ドージコインは将来的にかなり量が増えると予想されていますが、大丈夫ですか?
発行枚数の上限がないというのは、レートが発行制限によって上昇していかないことを示しています。レートを高くしたいと考えているユーザーにとってはマイナスの情報かもしれませんが、将来的に使い勝手を重視しているという点では問題のない状態です。
ドージコインの機能は優れているのですか?
ドージコインはビットコインとほぼ同じ性質を誇っており、基本的にビットコインの流れを受け継いでいます。ビットコインが優れている仮想通貨であるのは間違いありませんので、ドージコインも仮想通貨としては優れている機能を持っている銘柄であると言えます。
ドージコインは実用化に向けた動きが進んでいるのでしょうか?
ドージコインは決済サービスに組み込めるか、検討が進められているところです。最終的に実用化できれば、ビットコインと並んで利用できる通貨として使えるようになるでしょう。ただ、先はかなり長いと予想されており、ビットコインに並ぶまでには時間がかかります。
日本でもドージコインを利用できる方法はありませんか?
日本ではドージコインを購入できるサービスは用意されていますが、ドージコインを購入しても利用できる方法が用意されていません。実用化に向けた動きはこれから進んでくるのは間違いありませんので、今のうちは保有しておくだけという状態でもいいでしょう。
ドージコインが将来的に無価値になってしまう恐れはありますか?
ドージコインは発行枚数が無制限に設定されていること、そして仮想通貨としてしっかりサービスを提供している点を考えると、無価値になってしまう可能性は極端に低いといえます。ただ、仮想通貨全体に規制が入ってしまい、利用不可能になると厳しい状況に置かれます。
ドージコインを手に入れるためにはどうすればいいですか?
日本の仮想通貨取引所で購入するといいでしょう。対応している仮想通貨取引所は多数ありますので、自分が気に入っているところ、または現時点で利用しているところを利用していくのがおすすめです。購入後は基本的に保管しておくだけという状態になります。

 まとめ

今回は、DOGEの特徴や将来性、最新ニュースなどをくわしく解説しました。DOGEは発行枚数に上限がなく、非常に多く流通している仮想通貨です。価格高騰は期待できませんが、無価値になるリスクもないでしょう。

なお、2022年3月現在では国内取引所には上場していないため、海外取引所やDEX(分散型取引所)などを利用しなければなりません。海外取引所は日本の金融庁に許可されておらず、日本在住者は登録不可の動きもあります。

もしDOGEを取引する場合は、国内取引所で仮想通貨を購入して海外送金しましょう。送金手数料が安いXRPなどがおすすめですよ。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事