夫婦にも家族全員にもおすすめ家族カード比較ランキング!

クレジットカードには、本会員が持てる「本カード」の他に、家族会員が持てる「家族カード」もあります。キャッシュレス化が進んでいるため、家族での所持を検討している人も多いのではないでしょうか。

しかし、家族カードにはクレジットカード会社によってメリットやデメリットが違うため、どれを選んだら良いのか迷う人も少なくありません。

そこで今回は、おすすめの家族カードに関する以下の項目を徹底解説します。

この記事でわかること
  • おすすめ家族カード6選
  • 基本還元率ランキング
  • 家族カードを作るメリット・デメリット
  • 家族カードを作る際の注意点

家族カードの利用を検討している方は是非参考にしてみてくださいね!

夫婦にも家族にもおすすめの家族カード6選

多くのクレジットカードの中からおすすめの家族カードを6枚紹介します。どのカードも本会員・家族カードの年会費は無料で、ポイントもたまりやすいです。

JCB CARD W

JCB CARD W

JCB CARD Wは、WEB申し込み・申し込み年齢が18歳〜39歳限定のクレジットカードです。家族カードは、本会員と生計をともにする配偶者と親、高校生を除く18歳以上の子どもが発行対象になります。

 海外旅行傷害保険やショッピングガード保険などの付帯サービスも手厚く、家族会員も本会員と同様にサービスを受けられます。

また、家族会員の利用分は本会員と合算されるため、JCB STAR MEMBERSへの近道となることもメリットです。

JCB STAR MEMBERSとは年間で一定額以上利用した方だけに特別に提供されるサービスで、メンバーになればポイント獲得率が上がるなどのメリットがあります。
申し込み条件 18歳以上39歳以下で本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方
年会費
  • 本会員:無料
  • 家族会員:無料
ポイント Oki Dokiポイント
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド JCB
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • 海外ショッピングガード保険
締め日・引き落とし日 毎月15日締め翌月10日払い
キャッシング 可能

出典:https://www.jcb.co.jp/ordercard/kojin_card/os_card_w.html

楽天カード

楽天カード

楽天カードはポイントのためやすさ、使いやすさが魅力の一枚です。年会費は本会員・家族会員ともに無料のため、コストをかけずにクレジットカードを持ちたい場合にも適しています。

 楽天市場の利用では還元率が3倍、他の楽天サービスを利用することによりさらに倍率を上げられる仕組みがあるので、ポイントをためやすいです。

本カードと家族カード間でポイントの移動もでき、利用明細もまとめられるので家計管理にも役立つでしょう。

4種類の主要な国際ブランドから選べるのも、メリットと言えます。
申し込み条件 年齢18歳以上の方(高校生は除く)
年会費
  • 本会員:永年無料
  • 家族会員:永年無料
ポイント 楽天ポイント
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA・Mastercard・JCB・American Express
付帯保険 海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日 毎月月末・翌月27日支払い
キャッシング 可能

出典:https://www.rakuten-card.co.jp/

三井住友カード ナンバーレス

三井住友NL

三井住友カード(NL)はナンバーレスな券面であるため、カード番号を知られる心配がありません。家族カードを使いためたポイントは、本会員にまとめて付与されます。

 夫婦それぞれで買い物をしても、効率良くポイントをためられるでしょう。

家族カードの申し込みはオンラインで簡単に手続きできます。1回の申し込みで1枚の発行手続きになるので、複数枚の家族カードを申し込む場合には、都度手続きする必要があります。

支払いもまとめて本会員宛に送られるので、家計管理もしやすいです。
申し込み条件 満18歳以上(高校生は除く)
年会費
  • 本会員:永年無料
  • 家族会員:永年無料
ポイント Vポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa・Mastercard
付帯保険 海外旅行傷害保険
締め日・引き落とし日
  • 毎月15日締め翌月26日払い
  • 毎月末日締め翌月26日払い
キャッシング 可能

出典:https://www.smbc-card.com/index.jsp

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJカードVIASOカード

VIASOカードは、三菱東京UFJニコスが発行しているクレジットカードです。券面にカード番号が印字されていないので、セキュリティ性も高いカードと言えます。

 たまったポイントは、自動で引き落とし口座に自動でキャッシュバックされるので、面倒な手続きも必要なく、ポイントの失効も防げます。

家族カードも無料で発行でき、海外旅行傷害保険やショッピング保険などの付帯サービスも手厚いので、安心してカードを所持できるのもメリットです。

ポイント還元率は0.5%と平均的ですが、携帯電話やETCなどの利用料金は2倍、POINT名人.comを経由すれば最大25倍と、お得に活用する方法があります。
申し込み条件 18歳以上(高校生は除く)
年会費
  • 本会員:無料
  • 家族会員:無料
ポイント VIASOポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa・JCB
付帯保険
  • 海外旅行傷害保険
  • ショッピング保険
締め日・引き落とし日 毎月15日締め、翌月10日払い
キャッシング 可能

※出典:https://www.cr.mufg.jp/apply/card/m_viaso/index.html

Orico Card THE POINT

オリコカードザポイント

Orico Card THE POINTは、年会費が無料なだけでなく、入会をしてからの6ヶ月間は還元率2.0%にアップします。コスパに優れた一枚で、家族で所持すると生活が豊かになるでしょう。

 家族カードの配偶者については別姓や同性パートナーも対象で、最大3名まで発行できます。

家族利用分のポイントは本会員にまとめられるので、家族みんなで利用したほうが効率よくためられます。

有効期限は獲得月を含めて12ヶ月後の月末までとなるため、協力して貯めて各種ポイントやギフト券などに交換しましょう。
申し込み条件 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)
年会費
  • 本会員:無料
  • 家族会員:無料
ポイント オリコポイント
ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Mastercard・JCB
付帯保険 紛失・盗難保障
締め日・引き落とし日 毎月末日締め翌月27日払い
キャッシング 可能

出典:https://www.orico.co.jp/creditcard/list/thepoint/

セブンカード・プラス

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスはnanacoポイントがためられるクレジットカードです。電子マネー「nanaco」が一体となっているため、nanacoカードを発行する必要がありません。

 クレジットチャージを利用すれば、nanacoにチャージしてもポイントがつくので、大変お得です。

クレジットチャージでたまったポイントもnanacoポイントとして利用できます。普段からセブン-イレブンを利用するなら、ポイントがためやすいので持っておくと便利な一枚でしょう。

毎月8のつく日は、イトーヨーカドーにてほとんど全品5%オフで買い物ができます。
申し込み条件 18歳以上(高校生は除く)
年会費
  • 本会員:無料
  • 家族会員:無料
ポイント nanacoポイント
ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Visa・JCB
付帯保険 海外ショッピングガード保険
締め日・引き落とし日 毎月15日締め翌月10日払い
キャッシング 可能

出典:https://www.7card.co.jp/

おすすめ家族カード基本還元率ランキング

本記事内で紹介した家族カードの中から、基本還元率の高いものを上位にランキングで紹介します。どのカードにしようか迷ったら、還元率の高さで選ぶのもおすすめです。
※ポイント還元率が同率の場合は最大還元率を比較しています。

1Orico Card THE POINT:1.0%(オリコモール利用で最大16.5%)

オリコカードザポイント

ココがお得!
  • 入会後6ヶ月間は還元率2.0%
  • 家族カードは年会費無料で3枚まで発行できる
  • 保険は本会員と同様の保障内容

2JCB CARD W:1.0%(Oki Dokiランド利用で最大10.0%)

JCB CARD W

ココがお得!
  • 基本還元率がJCB一般カードの2倍
  • 家族カード専用のキャンペーンが用意されている
  • 保険内容は本会員と同じ

3楽天カード:1.0%(楽天市場利用で3倍)

楽天カード

ココがお得!
  • ポイントが貯めやすく使いやすい
  • 家族カードは5枚まで発行できる
  • 楽天関連のサービス利用で還元率アップ

夫婦や子供が家族カードを作るメリットは?

「家族カードでなくても、別々のクレジットカードを作成すれば良いのでは?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。しかし、夫婦や子供が家族カードを作るメリットは大きいです。

家族カードを作成するメリットは、主に以下の4点が挙げられます。

家族カードのメリット
  1. 家計管理がしやすい
  2. ポイントを効率よくためられる
  3. 家族カードの審査は主に本契約者が対象
  4. 本会員と同じ特典サービスを受けられる

1家計管理がしやすい

家族カードを利用すると、請求は本契約者にされます。別々のカードを夫婦や家族で利用していると、引き落とし日や口座がバラバラのため、全体を把握しにくいです。

しかし、家族カードなら引き落とし日も口座も本契約者と同じものなので、毎月の利用金額が明確になります。明細が家計簿のような役割を果たしてくれるため、家計管理も楽になるでしょう。

2ポイントを効率よくためられる

夫婦や子供が家族カードを作るメリットは?

家族カードを利用すると、ポイントがたまります。家族カードを利用してたまったポイントは本会員のものと合算されるケースがほとんどのため、ひとりでためるよりも効率よくポイントをためられます。

たまったポイントは、キャッシュバックできたり商品と交換できたりするので、家計の助けになるでしょう。

3家族カードの審査は主に本契約者が対象

家族カードの申し込みの際にも審査がありますが、審査対象は主に本契約者になります。本契約者は一度クレジットカードの審査に通っているので、家族カードもスムーズに発行される場合がほとんどです。

 審査に通りにくいと言われている専業主婦(夫)や学生でも、家族カードなら所有できる可能性があります。

家族カードは通常のクレジットカードとほぼ同じことができるので、クレジットカードの審査に落ちてしまう家族のために家族カードを発行するのも良いでしょう。

本契約者が滞納を繰り返していたり、家族カードを契約したい家族の信用情報に傷がついている場合には、審査に通らない可能性もあるので注意が必要です。

4本会員と同じ特典サービスを受けられる

夫婦や子供が家族カードを作るメリットは?

家族カード会員も、本会員と同様の特典サービスを受けられます。そのため、年会費が有料でも特典が手厚いクレジットカードを選べば、結果的に非常にお得に活用できる可能性があります。

 多くのクレジットカードでは、家族会員の年会費は無料か格安です。

年会費の有無だけで判断せず、付帯サービスが充実しているかどうかもクレジットカードを作成する際に着目しておくと良いでしょう。

夫婦や子供に家族カードを作成するデメリットは?

メリットが大きい家族カードですが、デメリットもあります。ここでは主に以下2つのデメリットを紹介します。

家族カードのデメリット
  1. 家族カードの利用者は秘密の買い物ができない
  2. 利用限度額は本会員と共有

1家族カードの利用者は秘密の買い物ができない

夫婦や子供に家族カードを作成するデメリットは?

家族カードで利用した分の請求は、本契約者にされます。そのため、請求書を見れば家族カードでどのような買い物をしているかがはっきりとわかってしまいます。

例えばサプライズプレゼントを家族カードで支払った場合、明細でどのようなもので価格がどれほどのものかも分かってしまうので、注意が必要です。

夫婦間でもプライバシーを守りたいと考えている場合には、別のクレジットカードを契約するのが良いでしょう。

2利用限度額は本会員と共有

家族カードを発行しても、家族カードに対して利用限度額は付与されません。利用限度額は本会員と共有されるので、家族カードで利用しすぎてしまうと、本カードで決済するはずだった大切な支払いができなくなる可能性があります。

家族カードには利用限度額が付与されないことを考慮して、計画的に利用しましょう。

家族カードを作る際に気をつけたい注意点

ほけんの窓口のデメリット

家族カードを作る際は、以下の注意点を確認してから実施しましょう。

家族カードの注意点
  • 年会費
  • 未成年には渡せない
  • カード利用状況の確認

こうした注意点をしっかり確認してください。

基本的に本会員の負担が大きくなる家族カードは、発行しても大丈夫なのか判断した上で作成してもらうこととなります。安心して利用できる状況なのか十分に検討してください。

ここからは、家族カードを作る際の注意点を詳しく説明します。

年会費

年会費は家族カードによっては負担するように求められる場合があります。

年会費が永年無料のカードであれば無料とされていますが、年会費が発生するカードは1枚につき数百円程度の負担を求められてしまいます。

ゴールドカード以上の場合、基本的に家族カードの年会費はほぼ発生します

ただ、1枚だけ家族カードは無料としている場合もあるため、1人のためにカードを発行するのであれば負担が発生しない場合もあると判断し、何枚カードを発行するべきか判断しておきましょう。

 なお、年会費は本会員のクレジットカードへ請求されます。年会費負担のある家族カードに気をつけましょう。

未成年には渡せない

家族カードという名目で提供されているものの、未成年にクレジットカードを渡してはいけません

未成年はクレカが利用できないルールとなっていますので、勝手に渡して買い物をさせてはいけないのです。

間違っても未成年へのカード付与は避けましょう。

年齢を偽るなどしてカードを提供していた場合、本会員が処分されてしまいます。

処分はカードの利用停止解約といったものが中心であり、解約されてしまうと利用金額を即時で支払うように求められるなど、厳しい状況に置かれてしまいます。

 本会員の処分は非常に厳しくなります。絶対に避けましょう。

カード利用状況の確認

大量に買い物する女性

カードの利用状況については、定期的に利用明細等を確認して把握してください。

利用明細を見ていなかった場合、家族カードで大きな買い物をされてしまい、自分が持っている限度額が不足している可能性もあります。

いつの間にかカードが使えなくなる恐れもあります。

先程も説明したとおり、家族カードの限度額は本会員と共有する形で提供されています。

 利用明細等をしっかり把握しておかないと、自分が買い物をしたい時に限度額が不足し、決済できないといった問題が発生します。

限度額支払いの負担なども考慮し、家族カードの利用明細はしっかり確認したほうがいいでしょう。家族に対してもできる限り利用した情報を伝えるように求めるなどの対応が必要です。

よくある質問

夫婦におすすめの家族カードは?
Orico Card THE POINTやJCB CARD W、楽天カードなどがおすすめです。どのカードも家族カードの年会費は無料です。還元率の高さはもちろん、特典が本会員同様であることなどもメリットとして挙げられます。
家族カードとは?
本会員に対して追加できるカードのことです。本会員と同じように利用できます。無料か格安で作成できることが多く、本会員と同様のサービスを受けられるのでお得に活用できるカードです。
家族カードのメリットは?
ためたポイントを家族でシェアできることが挙げられます。家族カード利用分の請求は本会員にされるので、家計管理にも役立ちます。また、家族カードの審査対象は本会員なので、審査に通りにくい主婦(夫)でも作成しやすいです。
家族カードのデメリットは?
利用限度額が本会員と共有されること、明細が一本化されるので秘密の買い物ができないことが挙げられます。特に利用限度額については家族カードで利用しすぎてしまうと本カードでの大切な決済ができなくなる可能性があるので、利用には注意が必要です。
家族カードのデメリットは?家族カードは何枚まで発行可能?
各社で異なりますが、3枚から5枚などが一般的です。なかには無制限で何枚でも発行可能なクレジットカードもあります。
家族カードの審査は厳しい?
家族カードの審査は本会員の方が対象となります。審査基準は公表されていないためはっきりしたことは言えませんが、本会員は一度クレジットカードの審査に通っているので、家族カードの審査にも通りやすいと考えられます。しかし、本会員が滞納を繰り返しているなど利用履歴がよくない場合には、審査に通らない可能性もあります。
家族カードの支払いはどうなる?
本会員の登録口座から引き落としとなります。家族カードの利用分と本カードの利用分がまとめて請求されるので、家計の管理がしやすくなります。

まとめ

この記事では、夫婦におすすめの家族カードについて解説しました。支払いは本会員の口座にまとめられるため、家計を管理しやすくなり、ポイントもひとりでためるよりもたまりやすいというメリットがあります。

また、家族カードの審査対象は本会員のため、審査に通りにくい主婦(夫)でも家族カードなら所持できる可能性があります。

ポイント還元率の高いおすすめのクレジットカードも紹介しました。どのカードにしようか迷ったら、ぜひ参考にしてください。

キャッシュレス決済が進んでいる今だからこそ、家族カードを賢く活用しましょう。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事