【2023年最新】フリーローンおすすめ5選!上限金利比較ランキングも紹介

結婚式や旅行など、まとまった資金が必要なときの借り入れに便利なのがフリーローンです。お金の使い道が自由なので、いざというときに活用したいという人も多いでしょう。

しかし、初めてフリーローンを利用する場合は、どの銀行の商品を選んだら良いのか、またどんな基準で選んだら良いのかがわからないもの。

そこで今回は、フリーローンのおすすめ5社を比較しました。あわせてフリーローンのメリットとデメリット、失敗しない選び方のポイントも解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

フリーローンとカードローンとの違いもチェックしておきましょう。
本記事で紹介している商品は全て各都道府県知事財務局の許可を得て、貸金業法という法律にのっとり運営されている貸金業者が提供するものです。当サイトに掲載されている商品・サービスの一部は、提携先企業からの広告報酬を受けています。 当サイトでは、広告報酬を受けている商品の掲載を優先する場合がありますが、広告報酬が商品・サービスの評価に一切の影響しないことをお約束し、中立的な立場から商品を紹介します。本記事株式会社デジタルプラスが制作・管理を行ない、経済性・利便性・安全性等の観点で評価が高いと判断したFX会社を紹介しております。詳しくは、コンテンツ制作・運営ポリシー広告掲載ポリシーをご覧ください。

フリーローンとは?

通帳と電卓、紙幣と貨幣

「フリーローン」とは、お金の使い道が自由な個人向けローンのことです。旅行やブライダル、生活費の補填など、目的別ローンに合致しない場合に利用できます。

 住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなど、使用目的が定められているものが「目的別ローン」と呼ばれています。
金利は目的別ローンより高めに設定されている場合が多いですが、カードローンより低く返済残高を管理しやすいのが特徴です。

まとまった金額を一括で借りたいという人におすすめです。

カードローンとの違い

「カードローン」は、銀行や消費者金融が取り扱っているローンで、フリーローンと同じく使用目的は自由です。

カードローンがおすすめな人
  • 急ぎで融資を受けたい人
  • 追加の借り入れをする可能性がある人

フリーローンは一括借り入れなのに対し、カードローンは限度額の範囲内で何回でも借り入れができるのが大きな違いです。

また、カードローンは最短即日融資があり気軽に借りられる一方で、金利は高めに設定されています。

フリーローンおすすめ5選を比較!

東京スター銀行|スターフリーローン

東京スター銀行|スターフリーローン

おすすめのポイント
  • 年率1.5%~14.6%毎月定額
  • 最大1,000万円最長10年間の借り入れ可能
  • WEB申し込みで完結

東京スター銀行の「スターフリーローン」は、金利の年率が1.5%〜14.6%と低めの設定が魅力のフリーローンです。インターネットからの申し込みで完結できるのも便利。もちろんスマートフォーンからの申し込みもOKです。

 最大1,000万円の借り入れができるので、高額な必要資金をまとめて借りられるのが魅力です。

複数の資金使途にも対応できるので、さまざまなシーンで活用できるでしょう。

パートやアルバイトの人でも、条件を満たせば利用できますよ。

金利(実質年率) 固定金利(1.5%~14.6%)
利用条件
  • 定期的な収入がある人
  • 年収150万円以上の人
  • 日本国籍または外国籍で永住権のある国内居住者
  • 保証会社(アイフル株式会社)の保証が受けられる人
申し込み可能年齢 満20歳以上満69歳以下の人で、完済時の年齢が満75歳以下の人
利用限度額 10万円以上1,000万円以下(1万円単位)
WEB完結
担保・保証人 不要
他社からの借り換え

横浜銀行|横浜銀行フリーローン

横浜銀行|横浜銀行フリーローン

おすすめポイント
  • 年率1.9%~14.6%毎月定額
  • 最大1,000万円最長10年間の借り入れ可能
  • PCやスマホで24時間申し込み可能

横浜銀行の「フリーローン」は、年率1.9%~14.6%の低めの金利設定で最大1,000万円まで借り入れできるのが特徴です。家具・家電の購入や入院・出産、個人旅行などさまざまな費用に利用することができます。

 神奈川県内全域や東京都内全域、群馬県の指定のエリアに居住または勤めている方であれば、横浜銀行と取引がなくても申し込み可能です。
オンライン申し込みなら、最短2営業日でローンの借り入れができるのも魅力。公式サイトでは月々の返済額を簡単にシミュレーションできるため、申し込み前にぜひ利用してみてください。

返済期間は最長10年なので、無理なく返済できますね。
金利(実質年率) 固定金利(1.9%~14.6%)
利用条件
  • 安定した収入のある人、およびその配偶者
  • 神奈川県内全地域、東京都内全地域、群馬県前橋市、高崎市、桐生市に居住または勤務している人
  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる人
  • 横浜銀行ならびにSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の個人情報の取り扱いに同意される人
申し込み可能年齢 満20歳以上69歳以下の人
利用限度額 10万円以上1,000万円以内(10万円単位)
WEB完結
担保・保証人 不要
他社からの借り換え

出典:横浜銀行

三井住友銀行|フリーローン

三井住友銀行|フリーローン

おすすめポイント
  • 他ローンとのセットで金利優遇(最大年3.0%)
  • 変動型金利(5.975%)
  • 返済回数・返済額の試算シミュレーションも可能

三井住友銀行の「フリーローン」は、多目的で使えるローンで、無担保で10万円〜300万円まで借り入れが可能です。利用目的は自由なので、ブライダル資金、引越し、家具・インテリア購入資金など、さまざまなシーンに合わせて使用できます。

 「SMBC Green プロジェクト」関連の資金に利用する場合または、三井住友銀行「住宅ローン」とセットで利用する場合は、金利が優遇になるのが大きな特徴です。

公式サイトでは、返済回数や返済額の試算シミュレーションができるので、しっかりと返済のイメージをしてから申し込みできます。

申し込みはオンラインでもできますが、契約機には来店する必要があります。
金利(実質年率) 変動型金利(2022年9月時点で5.975%)
利用条件
  • 前年度税込年収が200万円以上(個人事業主の人は所得金額)で、現在安定した収入のある人
  • 保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる人
  • ローン契約機に来店できる人
  • 日本国内在住の人
申し込み可能年齢 満20歳以上満65歳以下の人
利用限度額 10万円以上1,000万円以内(10万円単位)
WEB完結 不可
担保・保証人 不要
他社からの借り換え 不可

出典:三井住友銀行

イオン銀行|フリーローン

イオン銀行|フリーローン

おすすめポイント
  • 使い道が原則自由
  • 繰上げ返済の手数料が無料
  • インターネットバンキングで一部繰上げ返済可能

イオン銀行「フリーローン」は、イオングループの銀行なので気軽に利用できるのが魅力。インターネットと契約書類の郵送で申し込み可能なので、融資まで来店不要でスピーディーに手続きできるのが特徴です。

 原則的に使い道は自由で、10万円単位で最高700万円まで借り入れ可能です。

インターネットバンキングまたはイオン銀行店舗で一部繰上げ返済や全額繰り上げ返済ができるので、最寄りにイオンがある人にとっては大変便利でしょう。

繰上げ返済の手数料が無料なのも嬉しいですね!
金利(実質年率) 固定金利(3.8%~13.5%)
利用条件
  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている人
  • イオン銀行の普通預金口座を持っている人
  • 原則前年度税込年収が200万円以上で、安定かつ継続した収入の見込める人
  • 保証会社であるオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる人
申し込み可能年齢 満20歳以上満60歳未満の人
利用限度額 10万円以上700万円以内(10万円単位)
WEB完結
担保・保証人 不要
他社からの借り換え

出典:イオン銀行

住信SBIネット銀行|フリーローン

住信SBIネット銀行|フリーローン

おすすめポイント
  • 条件を満たせば金利が最大年1.0%引下げ
  • 変動型金利3.775%〜12.0%
  • 1円から手数料無料で繰上げ返済可能

住信SBIネット銀行「フリーローン」は、変動型金利のフリーローンで、さらに件を満たすことで金利の引き下げがあるのが大きな魅力です。

申し込み時点でSBI証券口座を登録しているか、申し込み前日時点でカードローンを契約済みの場合は、基準金利より年0.5%引き下げになります。

 申し込み前日時点で住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある場合には、年1.0%引き下げになります。

オンライン申し込みが可能でWEBのみで手続きが完了するうえ、50万円までは年収証明が不要なので手続きが簡単なのもメリットです。

繰上げ返済は1円からできて、手数料は何度でも無料なのも魅力です。
金利(実質年率) 変動型金利(2022年9月時点で3.775%〜12.0%)
利用条件
  • 日本国内居住の人、または外国籍の永住者
  • 毎月安定した定期収入がある人
  • 保証会社の保証を受けられる人
  • 住信SBIネット銀行の代表口座を保有している人
申し込み可能年齢 満20歳以上完済時満70歳未満の人
利用限度額 10万円以上1,000 万円以下(1万円単位)
WEB完結
担保・保証人 不要
他社からの借り換え

出典:住信SBIネット銀行

おすすめフリーローン上限金利比較ランキング

当記事でおすすめしたフリーローンのなかから、上限金利が低いものから順にランキング形式でご紹介します。

※2022年9月28日時点の上限金利(変動型金利は2022年9月時点のもの)を比較しています。最新情報とは異なる可能性があります。

①三井住友銀行|フリーローン:5.975%

三井住友銀行|フリーローン

おすすめポイント
  • 他ローンとのセットで金利優遇(最大年3.0%)
  • 変動型金利(5.975%)
  • 幅広い用途で使用可能

②住信SBIネット銀行|フリーローン:12.0%

住信SBIネット銀行|フリーローン

おすすめポイント
  • 条件を満たせば金利が最大年1.0%引下げ
  • 変動型金利3.775%〜12.0%
  • 1円から手数料無料で繰上げ返済可能

③イオン銀行|フリーローン:13.5%

イオン銀行|フリーローン

おすすめポイント
  • WEB申し込みで完結
  • 繰上げ返済の手数料が無料
  • インターネットバンキングで一部繰上げ返済可能

フリーローンのメリット5つ

使い道が自由に選べる

結婚式をする二人フリーローンは名前のとおり、借りたお金の使い道を自由に選べるのが大きなメリットです。住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどは目的別ローンと言われていて、それぞれ使用目的が定められています。

ブライダル関係や、旅行、引越し、家具・家電購入費用など、ライフステージの中でまとまった資金が必要になることも多いでしょう。

 目的別ローンには当てはまらないさまざまなシチュエーションで利用できるのが、フリーローンです。

事業目的や投資目的での使用はできませんが、個人の生活にかかる資金であれば自由に使えます。

まとまった金額を一括で借りられる

フリーローンはカードローンとは異なり、まとまった金額を一括で借り入れできるのが特徴です。

金額は審査結果によりますが、一度申請すれば一括で融資されるので、最大1,000万円などまとまった資金が必要な場合に重宝するでしょう。

使途確認資料で金利が割引になる

書類を確認する人「使途確認資料」を用意して使用目的を申告することで金利が割引になる場合があります。

 「使途確認資料」とは見積書や契約書の写しなど、使用目的がわかる資料のことです。

また、同じ銀行の住宅ローンなど他のサービスとの併用で金利を引き下げてくれることもあります。

借りすぎる心配がない

必要な資金が一括で融資されるフリーローンは、契約後の追加の融資は受けられません。

 そのため、繰り返し借り入れできるカードローンのように、気づかぬうちに借り過ぎてしまう心配はありません。

あらかじめ融資金額が決まっているので、返済も計画的にできるでしょう。

返済計画が立てやすい

オレンジの背景でメモを取る人フリーローンは一括融資であらかじめ金額が決まっているため、返済計画が立てやすいのがメリットです。

 各銀行の公式ページでは、返済シミュレーションができるところも多いので活用してみましょう。
カードローンのように、追加融資を繰り返しているうちに借入残高が増えてしまう心配はいりません。

返済期間がどんどん伸びてしまうということもないので、安心して利用できますね。

フリーローンのデメリット3つ

審査が厳しく時間がかかる

置き時計と貨幣フリーローンはカードローンと比べても低金利なので、一般的には審査が厳しいと言われています。

 まとまった資金を一括で、しかも低金利で貸し出してくれるわけですから、銀行からの信用を得られなければ融資が得られないのは当然のことです。

申し込み条件にあてはまっている場合でも審査落ちしてしまうことは、あらかじめ理解しておきましょう。

金利が高めのフリーローンや地方銀行の場合は、比較的審査に通りやすいと言われているので、もし審査に落ちてしまったら他社を当たってみましょう。

また、フリーローンは融資までにやや時間がかかる傾向があります。即日お金が必要だという人には向いていません。

必要書類が多い

書類に書く人

フリーローンの申し込みには「本人確認書類」と「印鑑」が必須です。ただし、一定額以上の借り入れを希望する場合は、「年収証明書」も必要になります。

 さらに、「見積書」や「契約書」など、どんな使い道で利用するのかを確認できる書類を用意しなければならないケース場合もあります。

有担保型のフリーローンはそれに加え「不動産登記簿謄本」や「住民票謄本」など、必要な書類が多くなる傾向があります。

申し込みするにあたって、必要書類をすべて用意するのは意外と手間がかかるでしょう。

目的別ローンより金利が高い

カードローンよりも低金利なフリーローンですが、目的別ローンと比べると金利は高くなる傾向があります。

住宅ローンやマイカーローンなど、使用目的が決まっている場合は目的別ローンの方が向いているでしょう。

必ずしも最低金利が適用されるわけではないことも、理解しておきましょう。

フリーローンの失敗しない選び方5つのポイント

お金

金利の低さ

フリーローンを選ぶにあたって、金利が低いかどうかは必ず注目すべきポイントです。

 フリーローンの金利は、大きく固定金利と変動金利に分かれていますが、住宅ローンと比べ借入金額や返済期間も短いため、そこまで重視しなくても良いでしょう。

固定金利は、返済額が一定で金利が変動しないため、返済計画を立てやすいのが魅力です。急な金利変動に慌てることもありません。

一方変動金利は、途中で金利が変動するリスクはありますが、固定金利よりも金利が低い場合が多いのが魅力です。

基本的には金利の低い変動金利タイプがおすすめですが、借入金額や返済期間を考えて、自分に合う方法を選びましょう。

融資までのスピード

カレンダー

即日融資可能な場合があるカードローンと比べて、フリーローンは融資までに数日かかる場合がほとんどです。

ただし、「横浜銀行フリーローン」のように最短2営業日で融資ができることを売りにしている商品もあります。

急いでいる場合は、融資までのスピードにも注目して選んでみましょう。

利用条件に当てはまるか

フリーローンには審査基準があります。各商品には利用条件が定められていて、それに合致しない場合は融資を断られてしまいます。

 あらかじめ自分が利用条件に当てはまっているかどうかは必ず確認しておきましょう。

フリーローンごとに少しずつ利用条件は異なるので、自分にマッチする商品を見つけることが第一条件です。

融資限度額はいくらか

お金

フリーローンを選ぶにあたって必要なことは、何の目的で使用するのかを明確にしておくことです。目的をはっきりさせておかないと借入金額を決めることができません。

 借入金額の上限は商品によってさまざまなので、必要な金額を借りられるかどうかは必ず確認しておきましょう。

場合によっては、目的別ローンに合致する場合もあるため、フリーローンを選ぶ理由も含めて再確認してみましょう。

Web完結できるかどうか

フリーローンは、申し込みから契約までをすべてオンライン完結できる商品がたくさんあります。そのような場合は必要書類は郵送で送る場合がほとんどです。

 24時間365日いつでも申し込み可能な場合が多く、隙間時間に申し込みができるので、忙しい人でも便利に使えるのが魅力です。

ただし、申し込みはWebでできても契約時は来店が必要なケースも多いので、あらかじめ確認しておきましょう。

フリーローンを利用する際の注意点

フリーローンを利用する際の注意点は以下の通りです。

フリーローンを利用する際の注意点
  • 金利面での比較をする
  • ローンの利用限度額を把握する
  • フリーローンの利用は1回だけ

フリーローンは契約の関係上、何度も融資を受けられるように設定しているローンではありません。

利用できる回数に制限が設けられていることに加えて、限度額についても決められた額までしか得られない点に気をつけてください。

フリーローンは単発で利用するローンと判断しておきましょう。

ここからは、フリーローンを利用する際の注意点を詳しく説明します。

金利面での比較をする

金利面を比較しないまま契約すると、金利の低いローンと契約できない可能性があります。

低金利で融資を受けたいと思っている人が、金利の高いローンと契約する可能性もあるため、比較は行ったほうがいいでしょう。

 フリーローンの比較をしていくだけでも、融資を受けやすい環境が手に入ります。

金利を知っておくことによって、融資を受ける際に適用される金利の目安も理解できるようになります。

場合によっては一番高い金利を比較材料とするなど、しっかり比較して数字の低いローンを利用するように心がけましょう。

低金利を狙う場合は金利の数字が低く設定されているローンを利用していくのがおすすめです。

ローンの利用限度額を把握する

土地「LAND」・暗合資産「SAND」を提供

ローンは利用限度額以上の融資を受けられないようにしています。

融資を受ける際には、適用される限度額がどれくらいに設定されるのか、しっかり見ておくことが必要となります。

 限度額は利用者の状況によって大きく変わってしまうため、場合によっては全く融資を受けられないような状況も起こります。

限度額を少しでも増やしたいと考えているなら、融資を受けられるように収入を増やしておく必要があります。

収入を増やすことによって、限度額を増やしても問題ないと判断され、より多くの借入が期待できるようになります。

フリーローンは一括で融資される方針となりますので、しっかりと限度額を確保しておくことが望ましいでしょう。

フリーローンの利用は1回だけ

フリーローンの利用は1度だけに制限されています。

融資を受けられる回数に制限が加えられていることによって、融資を受ける際には何度も分割してお金を借りるという方法が使えなくなってしまいます。

 フリーローンは1回ですべての融資を終えてしまうため、使い方などをしっかり考える必要があります。

誤った使い方をしているようでは、フリーローンで大きな借金を背負ってしまうだけになってしまいます。

融資を受けるためには計画をしっかり立てるようにするなど、安心して融資を受けられるような環境を整えておく必要があります。

フリーローンは1回の融資と複数回の返済によって成り立っているローンと判断してください。

よくある質問

おすすめのフリーローンはどれですか?
今回の記事内でおすすめのフリーローンは「東京スター銀行のスターフリーローン」です。金利の年率が1.5%〜14.6%と低めの設定が魅力のフリーローンです。インターネットからの申し込みで完結できるのも便利。もちろんスマートフォーンからの申し込みもOKです。
フリーローンという名称が使われていないローンでもフリーローンと同じ扱いをされることはありますか?
一部のローンは多目的ローンとして記載されている場合があります。多目的ローンはフリーローンと同じ扱いをされていますので、融資を受けられる方法なども同じ設定となります。フリーローンがない場合でも多目的ローンを検索しておくといいでしょう。
フリーローンの金利は他のローンに比べてどのような設定ですか?
フリーローンは金利が低くなるように設定されているような状況が多くなっています。場合によってはカードローンよりも3%以上低く設定されていることもあるなど、低金利での借入に期待できます。ただ、審査基準も厳しくなってしまうため注意が必要です。
フリーローンの審査には時間がかかってしまうのですか?
カードローンの審査に比べると時間がかかってしまいます。カードローンはすぐに審査を完了しているところもありますが、フリーローンの場合は時間をかけて融資ができるか調べていく方針を示しているため、思っていた以上に時間がかかってしまいます。
フリーローンで利用してはいけない方法はありますか?
フリーローンでは事業用の融資として利用することは禁止されていますので、事業をしている人がフリーローンで融資を受け、利用していく方法は使えなくなります。他にも融資の方法に違反と判断されるルールが存在している場合には、ルールに従う必要があります。
フリーローンの業者によって融資される金額は変わっていくのですか?
審査の方針が変わっていくことにより、フリーローンの融資額は変わりやすい傾向があります。融資を多く行ってくれる業者もありますが、中には厳しい制限を行っている業者もあるなど、対応する方針には違いがあります。比較して調べておくことも必要になります。
フリーローンを解約する方法はありますか?
フリーローンは完済することによって解約していることと同じ状態になりますので、返済さえ終わらせれば問題なく解約できるようにしています。解約したいと考えている場合には、まず融資を受けた金額を返すようにして、返済を終えて契約を終了させることです。
フリーローンの返済を行わなかった場合はどうなりますか?
フリーローンの返済をしっかり行っていないことがわかってしまった場合には、当然ですが遅延損害金が適用されてしまいます。また、返済の督促も行われるようになり、すぐに返済するように求められるケースが多くなります。絶対に返済はしっかり終えるようにしましょう。

まとめ

カードローンよりも金利が低いフリーローンは、返済計画が立てやすいローンの一つです。

フリーローンを利用する際は、あらかじめ使用目的をはっきりさせておくことが大切です。

フリーローンは生活費や家賃など継続的にかかる費用ではなく、一時的な高額支出のための融資におすすめです。メリットだけでなくデメリットもきちんと把握しながら、フリーローンを上手に活用してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事