FXはいくらから始められる?初心者向けの資金目安や注意点も解説

「FX投資に興味があるけど、いくらから始められるんだろう?」「少額からでも大きな利益を得られるんだろうか?」「FXにかかる初期費用を知りたい!」とお考えの方は多いのではないでしょうか。

はじめに結論を述べると、FXは数百円からでも始めることができますし、高く見積もっても数万円あれば十分に取引できます。

そこでこの記事では、「はじめにFXにかかる費用」や「FXはいくらから始めるべきか」について、わかりやすく解説。また完全初心者向けにFXの仕組みや特徴、始めるときの注意点についても紹介します。

FXで利益が出たときの確定申告についても解説しています。この記事を読めば今すぐFXが始められますよ。

FXはいくらから始められる?FXにかかる初期費用

財布を持つ女性

FXがいくらから始められるかは、FXの業者によって異なりますが、安いところなら数百円から、高いところでも数千円〜数万円程度から始められます。

初期費用の幅が数百円〜数万円と広いのは、業者によって最小取引単位が設定されており、その単位によってかかる費用が異なるからです。

 必要な最低金額は、「通貨ペア」と「はじめるタイミングの為替レート」によっても異なります。たとえば2022年7月現在、米ドル/円は約136円ですが、トルコリラ/円は約7.5円なので、同じ数量でも米ドル/円の方が最低金額は高くなります。

FXのほとんどの会社は、口座開設料金は無料になっており、取引手数料も無料にしている会社が多いので、取引にかかかる費用数百円〜数万円と、スプレッド手数料のみで始められます。

【会社別に比較】FXの最小取引単位、ロットとは?

チャートと積み上がるコイン

前述したようにFXの各業者には「最小取引単位」と呼ばれるものが設定されています。最小取引単位は大きく分けて「1通貨単位」「100通貨単位」「1,000通貨単位」「10,000通貨単位」の4種類があります。

最小取引単位は1口あたりの通貨の量を指しており、最小取引単位が1通貨単位なら「1口=1通貨」、最小取引単位が1,000通貨単位なら「1口=1,000通貨」を意味します。

 これら1口の通貨量の単位をFXではロット(Lot)と呼びます。製造業の現場でロットという言葉が使われますが、それがFXでも使用されるようになりました。

1通貨単位に設定しているFX業者ならかかる費用は最も安く、10,000通貨単位に設定しているFX業者なら、かかる費用は高くなります。

【比較】FX会社別!最小取引単位

では、各FX会社の最小取引単位はどのように設定されているのでしょうか?大手3社は以下のようになっています。

FX会社 最小取引単位
GMOクリック証券 1,000通貨※南アフリカランド/円、メキシコペソ/円では100,000通貨単位。
DMM FX 10,000通貨
LINE FX 1,000通貨

DMM FXは最小取引単位が10,000通貨に設定されていますが、GMOクリック証券LINE FXは1,000通貨に設定されています。

たとえば米ドル/円を135円とした場合、1,000通貨に必要な費用は135,000円です。国内の最大レバレッジである25倍をかけるなら5,400円程度から取引が可能です。

レバレッジをかければ、少ない資金でも大きな金額の取引ができますね。

FX初心者はいくらから始めるべき?

コインと新芽

FXの『外為どっとコム』では、米ドル/円を取引する場合、5,000円程度から始めるのを推奨※1しています。取引する通貨ペアのレートが低い場合は、さらに安く始めることもできるでしょう。

たとえばトルコリラ/円は2022年7月時点で約7.5円なので、1,000通貨に必要な費用は7,500円です。レバレッジ25倍なら300円から取引が可能です。

 ただしレバレッジを高く設定するとリスクも大きくなるので、初心者のうちは低く設定するのがおすすめです。

最小取引単位を1,000通貨とした場合、レートが安い通貨ペアは5,000円程度、レートが高い通貨ペアは1万〜5万円程度の余剰資金で始めましょう。

最小取引単位が1通貨単位のFX会社もあるので、そのような会社を選べばより安く始められますよ。

※1 FX初心者はいくらから始めるべき?やり方や失敗しない対策などを解説 -外為どっとコム

FXはいくらから確定申告が必要?

書類

給与所得や退職所得などを除き、FXを含む副収入が年間合計20万円以上を超えた場合に確定申告が必要になります。(学生や主婦など扶養家族に入っている場合は、年間38万円。)

たとえば、給与所得や退職所得以外の副収入がない方なら「FXで年間20万を超える利益が出た」場合、他の副収入がある方は「FXの利益と他の雑所得金額を合わせて年間20万を超える利益が出た」場合には確定申告をしましょう。

 キャピタルゲインとインカムゲインどちらも課税の対象になります。ただし未決済のポジションに関しては課税対象になりません。

FXの収益は「雑所得」に分類され、「申告分離課税」に該当するので、得られた利益に対して、一律20.315%が課税されます。

FXで赤字が出た場合も申告しておくことで、損失の繰越控除が3年間可能です。翌年に利益が出た場合に税金を抑えられるので赤字も申告しておくとよいでしょう。

FXに必要なパソコン購入代や書籍代などは経費として計上できる可能性が高いです。

初心者向け!FXの特徴

FXの文字

ここからは今からFXをはじめる初心者の方に向けて、FXの特徴や仕組みについて解説します。

FXの取引の仕組み

FXは日本語で『外国為替証拠金取引』と呼ばれており、日本円や外貨など2つの通貨を交換(売買)したときの、買値と売値の価格差で利益を得ることを目的とした金融商品。

海外に行って買い物をするためには、日本円をその国の通貨に交換する必要があります。「外国為替」は、この交換のようなもので、そのときの通貨の価値をあらわすものが「為替レート」と呼ばれるものです。

 つまりこの為替レートを利用して、通貨を交換したときに得られる利益がFXです。

たとえば「米ドル/円」の2つの通貨で取引をした場合、1ドル100円のときに買って、1ドル110円のときに売れば、1ドルにつき10円分の利益を得ることができます。

この「米ドル/円(USD/JPY)」のように2ヶ国の通貨をペアにしたものを『通貨ペア』と言います。ユーロと円で売買したい場合、通貨ペアは「ユーロ/円(EUR/JPY)」となります。

キャピタルゲインとインカムゲイン

チャートとPC

FXで利益を得る方法は1種類だけではありません。大きく『キャピタルゲイン』と『インカムゲイン』があります。キャピタルゲインとは、先に述べたように通貨ペアを交換して価格差が出たら、もう一度交換して得られる利益のこと。

たとえば通貨を買ったときの為替レートと、売ったときの為替レートで生まれる差益を狙う方法です。

 一方インカムゲインは、株式でいう配当に相当するもので、保有しておくことで得られる配当利益を指します。

FXの場合は、「トルコリラ」のような高金利の通貨を買って「日本円」のような低金利の通貨を売ることで、『スワップポイント』と呼ばれる利益が得られますが、これがインカムゲインに該当します。

キャピタルゲイン インカムゲイン
特徴 通貨ペアの売買差益で利益を得る方法。 高金利通貨を買って得られるスワップポイントで利益を得る方法。
メリット 大きく利益が出る場合がある

短期間で稼げる可能性がある

リスクが少ない

継続的に安定して稼ぎやすい

デメリット 大きな損失が出る場合がある 利益が少ない

ある程度の投資資金が必要

稼ぐのに時間がかかる

一般的にキャピタルゲインは、「短期で利益を出したい人」「少額からでも大きな利益を出したい人」におすすめです。インカムゲインは「安定して継続的に利益を出したい人」や、「まとまった資金がある人」におすすめです。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分の投資スタイルに合わせて使い分けましょう。

レバレッジ取引とは

てこ

またFXの大きな特徴として挙げられるのが『レバレッジ取引』ができることです。レバレッジとは、日本語で「てこ」を意味しており、小さい力で大きな力を与えること。FXの場合、少額の資金で大きな額を動かすことができます。

資金が少額なのに、大きな金額を動かせる理由が、FXが「証拠金取引」という方法で売買を行うからです。

 証拠金とは担保のようなもの。FXでは証拠金を預け入れることで、レバレッジを効かせて数倍、数十倍の額でポジションを持つことができるのです。

国内のFX業者ではレバレッジ最大25倍までかけることができます。たとえば、1万円のポジションを持ちたい場合、レバレッジ25倍なら手数料などを除けば400円の証拠金の預け入れで売買できます。

「最小取引単位とロット」の項目で、135,000円の取引をするなら5,400円程度で取引可能と記載したのは、このレバレッジ取引が利用できるためです。

なお海外のFX業者では、レバレッジ100倍や1,000倍などかけられる業者もあります。

FXを始める4つのメリット

MERITと書かれたブロック

FXには、大きく以下の4つのメリットがあります。

FXのメリット
  • 少額から始められる
  • 買いからも売りからも入れる
  • 平日はほぼ24時間取引ができる
  • スワップポイントで利益が得られる

少額から始められる

FXの一番のメリットは、なんといっても少額から始められることでしょう。先に述べたようにFXではレバレッジが利用できるので、原資以上の取引が可能です。

少額でも大きな額を動かせるので、うまくいけばほとんど初期費用をかけずに利益を増やしていくことができます。

 また高額取引と比較して、損失額が少ないのでリスクが小さいのもメリットでしょう。

できるだけ少額から始めるためにも、最低取引単位が小さいFX業者を選びましょう。

最小取引単位が1,000通貨や100通貨なら、レバレッジをあまりかけずに取引できますよ。

買いからも売りからも入れる

UPとDOWNを書かれた文字

FX2つ目のメリットは、買いから売りからも入れる点です。FXは証拠金を預けて、買値と売値の価格差で利益を得る金融商品です。

現物取引のように、金融商品を買って価格が上がったら売るだけでなく、先に「空売り」をして、価格が下がったら「買う」といった売りからも入れます。

 FXでは、相場が上がることを予想して買いポジションを持つことを「ロング」、相場が下落することを予想して売りポジションを持つことを「ショート」と言います。

このように、上昇相場でも下降相場でも利益を狙えるのがFXのメリットです。

平日はほぼ24時間取引ができる

株式の場合、PTS取引を除けば証券取引所が開いている時間にしか売買ができません

たとえば東京証券取引所(東証)の取引時間は平日の9時〜11時半と12時半〜15時まで、名古屋証券取引所(名証)は平日の9時〜11時半と12時半〜15時半までです。

 しかしFXなら、メンテナンス時間を除き、平日・祝日24時間いつでも取引が可能です。

月曜〜土曜の早朝頃までいつでも取引できるので、日中忙しい方でも家に帰ってからじっくりチャートを見て注文を出すことができます。

スワップポイントで利益が得られる

報酬が付与

「キャピタルゲインとインカムゲイン」の項目でも挙げたように、FXではスワップポイントで利益を得ることができます。

売買をせずポジションを保有しているだけで毎日スワップポイントが付与されるので、リスクを抑えながらコツコツ利益を積み重ねていくことが可能です。

 特にFXに投入できる資金が多い人はスワップポイントとの相性もよいのでおすすめです。

もちろん高金利の通貨は価値がどんどん下がっている通貨という場合が多いので、今よりもさらに下がりスワップポイントで得た報酬を超えるほど損失が膨らむ場合もあるので注意が必要です。

金利の高い通貨を売って、金利の低い通貨を買うと、マイナススワップポイントとなり、支払いが生じるので注意しましょう。

初心者にもおすすめのFX口座3選

GMOクリック証券

GMOクリック証券LP_佐々木希

GMOクリック証券のおすすめポイント
  • 「安さ」および「使いやすさ」を意識したサービス
  • 初心者と経験者それぞれに適したツールを提供
  • 平日夜22時までサポート受付

GMOクリック証券は初心者にもわかりやすい操作方法と値段を抑えた取引コストでより多くの人にとって便利なサービスになることを目指しています。

 これはシステムの開発から運用までをグループ内で行っているため、外部に業務の一部をお願いする場合にかかるコストを無くているがゆえに実現できていることです。
ツールも初心者と経験者が自分に適したものを選べるように豊富な種類を提供し、平日夜22時までサポートを受け付けている、安心のサービスです。

ランキングで1位を獲得していることも信頼性が上がりますね。
※サポート窓口営業時間:月曜7:00〜金曜22:00
通過ペア数 20
基準スプレッド※1 米ドル/円:0.2銭
ユーロ/米ドル:0.4pips
ポンド/米ドル:1.0pips
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 6種類
デモ取引 可能
電話サポート時間 月曜日7:00~金曜日22:00
スマホで本人確認 可能
取引開始までにかかる日数 最短翌営業日

出典:公式サイト

※1 原則固定

DMM FX

DMM FX

DMM FXのおすすめポイント
  • 取引するだけポイントが貯まり、お得に使える
  • 最短1時間で取引をスタートできる!
  • 取引手数料が無料

DMM FXは取引でポイントが貯まる仕組みとなっており、現金に交換することも可能なため、お得に利用することができます。

 「スマホでスピード本人確認」というサービスを活用することで取引開始まで日にちを要することなく、申し込んだ当日から始めることが可能です。

さらに、DMM FXは各種手数料が無料であることも魅力です。出金手数料や口座開設手数料が全て0円で利用できるため、取引時にのみお金がかかります。

少額での取引ができないことは注意が必要です。
通過ペア数 21
基準スプレッド※1 ドル/円:0.2銭 ユーロ/ドル:0.4pips ポンド/ドル:1.0pips
最小取引単位 10,000
チャート・取引ツール種類 6種類
デモ取引 可能
電話サポート時間
  • (冬)月曜日7:00~土曜日6:00
  • (夏)月曜日7:00~土曜日5:50
スマホで本人確認 可能
取引開始までにかかる日数 最短1時間

出典:公式サイト

LINE FX

line fx

LINE FXのおすすめポイント
  • アカウント連携で口座開設が簡単
  • スプレッドがとにかく狭い
  • 急変動などの通知を受け取れる
LINE FXはLINE証券口座を持っている場合、アカウントと連携することで最短1分で口座開設が完了し、取引を始めることができます。
 大きな特徴として、スプレッドがとにかく狭いことがあげられます。スプレッドが狭いだけコストを抑えた取引ができるため、とても魅力的です。
さらに、急な変動などをLINEで通知してくれるため、タイミングを逃さずに取引を行い、その場で対応することが可能です。

残念ながら、取引通貨ペアは他社と比べて少ないようです。
通過ペア数 23
基準スプレッド※1 ドル/円:0.1銭 ユーロ/ドル:0.3pips ポンド/ドル:0.6pips
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 1種類
デモ取引 不可
電話サポート時間
スマホで本人確認 可能
取引開始までにかかる日数 最短当日

出典:公式サイト

FXを始めるときの注意点

FXを始めるときは以下の3つに注意しましょう。

FXを始めるときの注意点
  • 余剰資金で行う
  • レバレッジをかけすぎない
  • ポジポジ病に陥らない

余剰資金で行う

通帳と貯金箱

「投資をするときは、必ず余剰資金で行うようにしましょう」とよく言われますが、FXも同様です。生活費を切り詰めてまでFXに投入すべきではありませんし、貯金を切り崩してまでやるものでもありません。

余剰資金とは、極端に言ってしまえばなくなっても困らない程度のお金。今の生活や将来の生活を脅かさない程度のお金です。

 FXで生活費を稼ごうと考えたり、将来に必要なお金を稼ごうと考えるのも、もちろんNGです。

はじめは余剰資金で行っていても、「もっと稼ぎたい」と欲がでたり、「損失を取り返したい」と必要資金を投入してしまう方は多いので、気をつけてください。

レバレッジをかけすぎない

またレバレッジのかけすぎにも注意しましょう。レバレッジをかけすぎると『ロスカット』が発動する確率が高まります。

ロスカットとは?
保有しているポジションの損失が一定レベルに到達したとき、更なら損失を防ぐために強制決済を行うシステム。預けている保証金を守るためのものです。

ロスカットがあるおかげで損失の拡大を防げるので、ありがたいシステムですが、強制的に取引が終了してしまうため、今までの損失は確定してしまいます。

 仮にロスカットが発動した数分後に相場が反転しても、利益にはなりません。

レバレッジをかけすぎると、少しの相場の動きにも耐えきれずロスカットが発動し、資産を失ってしまうので注意してください。

初心者のうちはレバレッジ2〜3倍程度に留めておくのが無難でしょう。

ポジポジ病に陥らない

マウスをクリック

初心者の方が特に気をつけなければならないのが『ポジポジ病』です。ポジポジ病とは、常にポジションを持っておかないと落ち着かない心理状態のことを指します。

このような心理状態になるのは、「せっかくのチャンスを逃すかもしれない」と錯覚するからで、そもそもチャンスでもないのに、チャンスを全部とりにいきたいと考えてしまうからです。

 この状態になってしまうと冷静な判断ができなくなり、自分で決めたルールをすぐに破ってポジションを持とうとしてしまいます。

誰にでも陥りやすい心理状態なので、自分は大丈夫と思っている人こそ注意しましょう。

チャートを見すぎている場合が多いので、一度離れてみるのもよいでしょう。

まとめ

今回の記事は、FXはいくらから始められるのか、FXにかかる初期費用とFXをする際の注意点について解説しました。FXは数百円〜数万円程度あれば始めることができます

ただしレバレッジをかけすぎるとロスカットが発動し損失のリスクが大きくなるので「レバレッジをかけすぎないこと」を守ってください。また余剰資金で行うようにしましょう。

資金管理をしっかりすればFXは危険なものではありません。まずはFX業者を選んで口座開設してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事