DMM FX実践編

FXでは「レバレッジ」という上手くいけば元金を何倍も増やせる仕組みがあります。レバレッジを活かせば、少額の取引でも多額の利益を手にすることも夢ではありません。

レバレッジの仕組みを理解すればFXをより深く楽しむことができます!

そこで、この記事ではFXのレバレッジに関する以下の項目をご紹介します。

この記事でわかること
  • FXのレバレッジとは?
  • レバレッジなしでも取引できる?
  • レバレッジの計算方法
  • レバレッジの最大
  • レバレッジが高いおすすめFX口座
FXをやってみたいけど、レバレッジがよくわからない…という方は必見の内容です。是非参考にしてみてくださいね!

FXのレバレッジとはどういう意味?

投資でお金を増やす方法|証券会社・FX会社6選

レバレッジとは、簡単に言えば預けたお金の何倍もの金額で取引ができる仕組みを指します。通常の取引と比べて多額の利益を得られます。

「てこの原理」のように少ない元手から大きな金額を取引することができるのがレバレッジの特徴です。
ではレバレッジの詳しい仕組みについて見ていきましょう。ここでは、レバレッジの用語取引の流れについて詳しく解説していきます。

証拠金とは何か?

証拠金は「レバレッジの元手となる資金」を指します。レバレッジはこの証拠金を基に取引されるのです。一般的にレバレッジは証拠金に対して「○倍」という値で表示されます。

たとえば、通常の外国為替だと100万円分の外貨は100万円用意しなくてはいけませんよね。しかし、10倍のレバレッジをかけた場合、100万円の証拠金×10倍=1,000万円の外貨と交換ができるのです。

証拠金はレバレッジで取引するために必要不可欠な資金であるということを理解しましょう。

ポジションとは何か?

ポジションとは「現在保有している未決済の通貨」を指します。まだ決済し終わっていない通貨を指すため、今後の自分の取引によって結果が変わります。

 ちなみに日本語では「建玉」とも呼ばれます。通貨取引では頻出する言葉なので覚えておくと良いでしょう。

さらにポジションには「買いポジション」「売りポジション」と2種類のポジションがあります。

ポジションの違い
  • 買いポジション…買った通貨をそのまま所持している状態のこと。別名「ロングポジション」
  • 売りポジション…通貨を売っており買い戻す前の状態のこと。別名「ショートポジション」
では証拠金、ポジションを踏まえたうえでレバレッジの流れについて見ていきましょう。

レバレッジの流れ

ここでは1ドル=100円、レバレッジ10倍、証拠金100万円の場合を考えてみましょう。1ドル=101円の円安になった場合、買いポジションで保有している資金を売れば10万円の利益となります。
反対に1ドル99円の円高になった場合、売りポジションを維持している通貨を買えば差額分の10万円をお得に買い戻すことができます。
 ただし、為替相場は常に変動するため価格は常に上下します。利益だけではなく損失も生む可能性もあるのです。
レバレッジに失敗した場合、損失も10倍になるため取引の際は相場を常にチェックすることが大切です。

FXはレバレッジなしでも取引できるのか?

投資でお金を増やす方法|証券会社・FX会社6選

FXはレバレッジなしでも取引可能です。むしろ、FX初心者の方はレバレッジをかけない方がリスクを少なくして取引ができるでしょう。

「損失の際のリスクが怖い…」と思う方でも比較的に安全に利益を狙える取引ができます。
またロストカットを防止しやすいという点でもレバレッジなしの取引は優れています。
 ロストカットとは、一定額以上の損失が発生した場合、これ以上の損失を生まないように強制的に取引が終了される制度です。
ロストカットが発生してしまうと取引を続けて損失分の額を取り戻すことが不可能になるため大損につながってしまいます。
ロストカットは「証拠金維持率」を基に実行されるためレバレッジの額が多いとロストカットの危険性は高まります。そのため、レバレッジなしの取引だとそのようなリスクもないため安全に取引しやすいのです。
※証拠金維持率とは、レバレッジをかけた証拠金に対する純資産の割合のことを指します。「(純資産額-注文証拠金)÷必要証拠金×100=証拠金維持率(%)」となります。また、証拠金維持率の基準はFX会社によって異なります。

FXのレバレッジの計算方法

スワップポイントが高いおすすめFX口座4選

レバレッジは、取引金額に対して証拠金を割ることで算出されます。具体的な計算方法は以下の通りです。

レバレッジの計算方法
  • 取引金額(通貨価格×取引数量)÷証拠金=レバレッジ(倍)

 

たとえば、証拠金100万円で1ドル=100円のときに1万ドル買った場合、レバレッジは「(100×1万)÷100万=1倍」となります。この式を応用して証拠金や取引金額も導き出すことができます。

たとえば、1ドル=100円、10倍のレバレッジのときに10万ドル買う場合は「(100×10万)÷10=100万円」と100万円の証拠金が必要となることが分かります。

 レバレッジは大きくなればなるほど利益は上がりますが、同時に損失のリスクも高まります。

自分の所持金と照らし合わせながら、利益をものにできるようレバレッジの計算は必ず行いましょう。

FXのレバレッジの最大とは?

DMM FXに関わる数値の総まとめ!他社と徹底比較!

国内でのFXのレバレッジの最大は25倍までと決められています。仮に100万円の証拠金を用意した場合、取引できる額は2,500万円までとなります。

レバレッジ最大値は法律で規制されています。2009年に「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府令(以下、改正布令)」が公布されました。

同改正布令は個人投資家の資産を守るために施行され、2011年8月から日本のFX会社のレバレッジ最大値が25倍までに定められました。

 海外FX口座ならば25倍以上のレバレッジをかけることもできますが、言語、システムのトラブルがあるためおすすめできません。

FXのレバレッジのかけ方とは?

DMM FXのメリット・デメリット

ここでは、レバレッジを設定する方法について見ていきます。FXでのレバレッジのかけ方は主に2つあります。

レバレッジのかけ方
  • 口座の上限を設定する
  • 実行レバレッジを設定する
ではそれぞれのかけ方について見ていきましょう。

口座の上限を設定する

FX口座では自分でレバレッジの上限を設定できる口座がほとんどです。取引画面を確認すると「レバレッジ設定」という画面があるため、そちらから上限を設定できます。

メーカーによって様々ですが上限レバレッジの間ならば、自分の好きな倍率を選択可能なため、気軽にFXの取引を楽しめます。

とはいえ、FX初心者の方は大きい倍率で勝負せずに1倍~3倍ほどの小さいレバレッジからスタートしましょう。

実効レバレッジを設定する

基本的にレバレッジは自分で設定可能ですが、中には自分で設定できないタイプも存在します。このタイプの場合、実効レバレッジという通貨量を設定するだけでレバレッジが決まるタイプで取引することになります。

 実行レバレッジとは、FX口座にある資金と取引の数量を基に算出されるレバレッジとなります。

たとえば、100万円を証拠金に100万円分の取引を行っている場合、実効レバレッジは1倍となります。自分で設定できないレバレッジのため、FX口座を選ぶ際には十分に注意しましょう。

レバレッジが高い!おすすめFX口座5選

DMM FX

DMMFX

おすすめポイント
  • 最短1時間から取引スタート
    ※申し込みで「スマホでスピード本人確認」を使用した場合
  • スマホに特化した最新ツールを搭載
  • 業界最狭水準のスプレッドを実現
  • 時事通信社のニュースが無料提供

 

DMM FXは、「スマホでスピード本人確認」を使用することで最短1時間で取引を開始できます。とりあえず取引を始めて練習してみたい…という方におすすめの口座です。

スマホアプリでは、相場動向やテクニカル指標をスピーディに確認可能かつ、新規決済注文が可能であり質の高い取引をサポートしてくれます。

 そして、FX業界では初となる時事通信社のニュースを無料提供しており、経済ニュースをいち早く掴むことができます。

最低取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
最低入金金額 制限なし
スプレッド ・0.2銭(米ドル/円)
・0.5銭(ユーロ/円)
・1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 21通貨

外為どっとコム

おすすめポイント
  • 最低取引単位が1,000通貨
  • 中長期投資におすすめ!高めなスワップポイント
  • 外為どっとコムセミナー&マーケット・投資情報が豊富

外為どっとコムは、最低取引単位が1,000通貨のため取引のハードルが低いFX口座です。初心者の方でも少ない金額から始められるため安心です。

米ドル/円ならば10,000円からの取引が可能です!

外為どっとコムでは、中長期投資を目指している投資家に向けて高水準のスワップポイントを実現させています。

高水準のスワップポイント
  • メキシコペソ/円 300円
  • 南アフリカ共和国アランド/円 300円
  • ロシアルーブル/円 75円

また外為どっとコムではFX初心者向けに外為どっとこむが主催するセミナーにも参加可能です。そして、中・上級者も利用する豊富なマーケット&投資情報にアクセスも可能です。

最低取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
最低入金金額 1,000円~
スプレッド ・0.1銭(米ドル/円)
・0.3銭(ユーロ/円)
・0.6銭(ポンド/円)
原則固定※例外あり
通貨ペア 30通貨

GMOクリック証券

おすすめポイント
  • FX取引高が世界No.1
  • 各種手数料が0円
  • 高性能取引ツールがすべて無料
  • スワップポイントが高水準
  • 最短当日から取引可能
  • 24時間サポート体制

GMOクリック証券は、FX取引高が世界No.1のFX口座です。取引コストが安く、スワップポイントも高水準のため安心して質の高い取引を行うことができます。

またGMOクリック証券では、PC・スマホから以下の取引ツールが無料で利用できます。

選べる取引ツール
  • PLATINUM CHART
  • はっちゅう君FX+
  • GMOクリックFX

初心者の方でも扱いやすいツールとなっており、簡単にFXを楽しむことができます。

 さらに今なら新規口座開設特典で最大30,000円がキャッシュバックされます。

GMOクリック証券は、取引しやすい環境とユーザー目線を意識したFX口座であると言えますね。

最低取引単位 10,000通貨
取引手数料 無料
最低入金金額 下限なし
スプレッド ・0.2銭(米ドル/円)
・0.5銭(ユーロ/円)
・1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 20通貨ペア

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2020年1月~2020年12月)

LINE FX

おすすめポイント
  • 専用アプリからの取引が可能
  • 充実のサポート体制&資産の分別管理

LINE FXは、PC・スマホ両方で専用アプリがリリースされており、スムーズな取引が可能です。経済指標急変動などのお知らせ、簡単な口座開設が行えるなど取引する上で嬉しい機能が満載です。

LINEでのAIチャットは24時間対応可能。取引で困った時でもすぐに相談できます。
また資産は分別管理(信託保全)されるため、万が一LINE証券が破綻しても利用者の資産は守られます。
最低取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
最低入金金額 制限なし
スプレッド ・0.2 銭(米ドル/円):通常スプレッド0.2 ~ 3.6銭(米ドル/円)
・0.5銭(ユーロ/円):通常スプレッド0.5 ~ 5.4銭(ユーロ/円)
・1.0銭(ポンド/円):通常スプレッド1.0 ~ 8.9銭(ポンド/円)
原則固定※例外あり通貨ペア・スプレッド一覧https://line-fx.com/market/spread/ex/summaryList
通貨ペア 23通貨ペア

外貨ex byGMO

外貨ex byGMO

おすすめポイント
  • FX取引をするたびに毎月最大80万円相当プレゼント
  • 取引はスマホから可能!
外貨ex byGMOでは、毎月のFX取引でPayPayボーナスか現金がもらえます。その額は月最大80万円相当。頻繁に取引を行う方にとっては決して少なくはない額ですね。

毎月の取引で特典付与額が貯まり、PayPayボーナスポイントか現金どちらかを選択して引き換えられます。
また、取引はスマホから可能。「外貨ex」というアプリを利用すれば、取引状況が約1分で表示されるため、スピーディな取引が可能となります。
最低取引単位 1,000通貨
取引手数料 無料
最低入金金額 制限なし
スプレッド ・0.2銭(米ドル/円)
・0.5銭(ユーロ/円)
・1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア 24通貨ペア

まとめ

FXのレバレッジは儲けが大きい分、読みが外れた際の損失も大きくなってしまいます。そのため、初心者の方はレバレッジが低い状態で取引を始めて徐々に倍率を上げていく方が良いでしょう。

少しずつ取引を練習していき相場動向がある程度予想できるようになればレバレッジを上げてもいいタイミングです。
レバレッジをうまく活用して実りあるFXの取引を実現していきましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事