FXブロードネットのメリット・デメリットや評判について徹底解説

「FXブロードネットで口座開設を始めようと思っているけど、自動売買はおすすめ?」

上記のような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。FXブロードネットは業界の中でも最狭水準のスプレッドを提供しながら、自動売買などのサービスを利用できるFX口座として評判を集めています。

今回は、FXブロードネットのメリットデメリットや評判について徹底的に解説していきます。

FXブロードネットの概要・基本情報

FXブロードネットの基本情報・概要

まずは、FXブロードネットの概要について確認していきましょう。

通貨ペア数 24
基準スプレッド ドル/円:0.2銭
ユーロ/ドル:0.3pips
ポンド/ドル:2.9pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:8円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 6種類
配信ニュース提携社数 2
デモ取引 可能
電話サポート時間 午前9:00〜午後5:00
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短翌営業日
FXブロードネットは、2007年10月からサービスを提供しているFX口座です。
 低スプレッドでの取引に関しては、業界内でもいち早く最高水準での提供を実現するなど、最先端を走っているFX会社となります。
また、FXブロードネットでは、自動売買が利用できます。そのため時間のない方や自分で運用するのに自信がないという方にもおすすめです。

FXブロードネットのスプレッド

次に、FXブロードネットのスプレッドについて確認していきましょう。

取扱通貨 スプレッド
USD/JPY (米ドル/円) 0.2銭
EUR/JPY (ユーロ/円) 0.5銭
GBP/JPY (英ポンド/円) 1.0銭
AUD/JPY (豪ドル/円) 0.6銭
NZD/JPY (NZドル/円) 1.3銭
CAD/JPY (カナダドル/円) 4.8銭
CHF/JPY (スイスフラン/円) 3.8銭
ZAR/JPY (南アフリカランド/円)※10万通貨あたり 16.4銭
EUR/USD (ユーロ/米ドル) 0.3pips
GBP/USD (英ポンド/米ドル) 2.9pips
AUD/USD (豪ドル/米ドル) 1.9pips
NZD/USD (NZドル/米ドル) 2.7pips
USD/CAD (米ドル/カナダドル) 3.9pips
USD/CHF (米ドル/スイスフラン) 2.8pips
EUR/GBP (ユーロ/英ポンド) 2.9pips
EUR/AUD (ユーロ/豪ドル) 6.8pips
EUR/NZD (ユーロ/NZドル) 8.2pips
EUR/CAD (ユーロ/カナダドル) 4.9pips
EUR/CHF (ユーロ/スイスフラン) 2.8pips
GBP/AUD (英ポンド/豪ドル) 7.6pips
GBP/NZD (英ポンド/NZドル) 12.1pips
GBP/CHF (英ポンド/スイスフラン) 6.3pips
AUD/NZD (豪ドル/NZドル) 7.1pips
AUD/CHF (豪ドル/スイスフラン) 3.7pips

※2021年8月30日時点のスプレッド

FXブロードネットのスプレッドは、業界最狭水準となっています。そのため、トレードごとにかかるコストを抑えながら運用ができるのが魅力となっています。

 また、FXブロードネットの原則固定スプレッドの適用時間は、各営業日午前8時~翌午前4時までとなるため注意が必要です。

FXブロードネットのスワップポイント

次に、FXブロードネットのスワップポイントについて確認していきましょう。

通貨ペア 買いSW 売りSW
USD/JPY(米ドル/円) 3 -36
EUR/JPY(ユーロ/円) -31 2
GBP/JPY(英ポンド/円) 1 -41
 AUD/JPY(豪ドル/円) 2 -33
NZD/JPY(NZドル/円) 2 -31
CAD/JPY(カナダドル/円) 1 -25
CHF/JPY(スイスフラン/円) -30 1
ZAR/JPY(南アフリカランド/円)※10万通貨あたり 80 -330
EUR/USD(ユーロ/米ドル) -48 0
GBP/USD(英ポンド/米ドル) 2 -22
AUD/USD(豪ドル/米ドル) 0 -27
NZD/USD(NZドル/米ドル) 0 -32
USD/CAD(米ドル/カナダドル) 0 -21
USD/CHF(米ドル/スイスフラン) 20 -52
EUR/GBP(ユーロ/英ポンド) -66 21
EUR/AUD(ユーロ/豪ドル) -20 5
EUR/NZD(ユーロ/NZドル) -33 0
EUR/CAD(ユーロ/カナダドル) -46 3
EUR/CHF(ユーロ/スイスフラン) 5 -47
GBP/AUD(英ポンド/豪ドル) -24 1
GBP/NZD(英ポンド/NZドル) -30 0
GBP/CHF(英ポンド/スイスフラン) 24 -72
AUD/NZD(豪ドル/NZドル) -15 0
AUD/CHF(豪ドル/スイスフラン) 13 -55

※2021年8月30日時点でのスワップポイント、単位はベース通貨
※スワップポイントは各国の金利情勢、その他の影響により変動します。

FXブロードネットのスワップポイントは、やや平均的といえます。そのためスワップの高さを売りにしているFX口座と比較すると見劣りする部分があります

FXブロードネットのメリット

FXブロードネットのメリット

FXブロードネットには、次のようなメリットが挙げられます。

FXブロードネット
  • 業界トップレベルの低スプレッド
  • トラッキングトレード(自動売買)が利用できる
  • 取引スタイルに合わせてコースを自由に選択できる

それぞれのメリットについて、詳しく確認していきましょう。

①業界トップレベルの低スプレッド

ブロードネットFXでは、主要な通貨ペアのスプレッドが、業界トップレベルに狭いです。

 スプレッドが狭いということは、取引にかかるコストを抑えられるということでもありますので、利益を出しやすくなります。

また、ブロードネットFXで利用できる自動売買では、1日に複数回トレードを行うこともあります。そのためスプレッドが低いということは、取引全体のコストを抑えることに直結します。

また、ゼネラルリサーチ社が実施した調査で「FXサービス取引コスト満足度 第1位」を獲得しています。

スプレッドが狭いFX口座はスキャルピングなどの短期取引を行う方におすすめです。

②トラッキングトレード(自動売買)が利用できる

FXブロードネットではトラッキングトレード(自動売買)が利用できますトラッキングトレードで行う自動売買は、リピート型自動売買手法という戦略に基づいて利益を狙います。

 リピート型自動売買手法とは、あらかじめ買う値段と売る値段を設定しておき、買い注文の指定価格になったら買い、売り注文の指定価格になったら売るという売買注文方法です。

一般的な為替相場では、為替の上昇や下落を1日に何度も繰り返すことが多いです(レンジ相場)。そのため低価格の相場で買い注文をして、価格が上昇したら売るという手法は、理にかなっています。

スキャルピングなどの取引手法でもリピート型注文はよく用いられています。

③取引スタイルに合わせてコースを自由に選択できる

FXブロードネットでは、自分の取引スタイルに合わせてコースを自由に選択することが可能です。取引通貨単位に応じて、「ブロードコース」と「ブロードライトコース」の2種類のコースを選択できます。

ブロードコース 1取引=10,000通貨から
(南アフリカランド/円は1取引=100,000通貨から)1取引あたりの最大取引数量=100ロット
ブロードライトコース 1取引=1,000通貨から
(南アフリカランド/円は1取引=10,000通貨から)1取引あたりの最大取引数量=300ロット

また、レバレッジも1倍から25倍まで自分の取引スタイルに合わせて設定することができます。

ブロード1コース 1倍(必要証拠金:100%)
ブロード20(ブロード20ライト)コース 20倍(必要証拠金:5%)
ブロード25(ブロード25ライト)コース 25倍(必要証拠金:4%)
ブロード25MC(ブロード25ライトMC)コース 25倍(必要証拠金:4%)
ブロード25S(ブロード25ライトS)コース 25倍(必要証拠金:4%)

上記のように、最低通貨単位やレバレッジのコース柔軟に設定できるため、初心者から上級者まで幅広い方が利用しやすいです。

FXブロードネットのデメリット

FXブロードネットのデメリット

FXブロードネットには、次のようなデメリットが挙げられます。

FXブロードネットのデメリット
  • トラッキングトレードに取引手数料が発生する
  • トラッキングトレードのカスタマイズ性がない

それぞれのデメリットについて、詳しく確認していきましょう。

①トラッキングトレードに取引手数料がかかる

FXブロードネットには、トラッキングトレードを行った際に取引手数料がかかるというデメリットが挙げられます。

 トラッキングトレードで新規約定した取引には、1ロットあたり新規手数料200円(ライトコースは20円)と決済手数料200円(ライトコースは20円)の取引手数料が発生します。

つまり、往復の手数料で400円(ライトコースは40円)の取引手数料が発生してしまうため、得られる利益幅が狭くなります。

手数料負担を嫌ってトラッキングトレードを利用しないという人も多いです。

②トラッキングトレードのカスタマイズ性がない

FXブロードネットが提供している自動売買である「トラッキングトレード」はカスタマイズ性がありません

 トラッキングトレードではリピート型自動売買手法という戦略に基づいて投資を行うため、買いのラインと売りのラインを決めることしかできません。

為替相場はレンジ相場だけではないため、トラッキングトレードで用いているリピート型売買手法がうまく作用しない場合もあります。また、自分が設定した価格帯に乗らない場合には、自動売買を行ってくれません。

したがって、トラッキングトレードを上手く使いこなすには、一定以上の投資経験やチャート分析能力が必要になってしまいます。

FXブロードネットの口コミ・評判

FXブロードネットの口コミ・評判

FXブロードネットの口座開設を検討している人で、実際の使用感や利用者の声が気になるという方も多いのではないでしょうか。

ここからは、FXブロードネットの口コミや評判について、紹介していきます。

良い口コミ・評判

まずは、FXブロードネットの良い口コミ・評判について確認していきましょう。

トラッキングトレードに対応している

ブロードネットFXでは、自動で取引出来るトラッキングトレードにも対応しているおり、ほったらかしで自動でトレードを行ってくれるので初心者の方や時間のない方におすすめです。また、低スプレッドで、スキャルピングなどの短時間の取引にも対応可能です。
パソコンの取引ツールが見やすく使いやすいですが、スマホのアプリ版になると表示できる指標が限られます。ただ、大きな問題にはならないと思います。スマホ、モバイルでの取引もできて、1,000通貨から取引出来るので、数千円の証拠金から取引可能なのが嬉しいところです。

スプレッドが低い

FXブロードネットで口座開設をしたきっかけは、FXサービス取引コスト満足度第1位という広告を見て、スプレッドが抑えられるのは嬉しいなと思ったことです。

実際に取引してみると、米ドル/円が0.2銭や、豪ドル/円が0.6銭とスプレッドが狭いため、取引を行いやすいです。自動売買ができるFX会社は総じてスプレッドが広いというイメージがあったのですが、FXブロードネットでは、他の会社と劣らないスプレッドを提供してくれているので、自動売買などのトレードが多くなる手法でもおすすめだと思います。

初心者におすすめ

FXブロードネットは初心者におすすめのFXだと思います。その理由としては、自動売買で知識がない人でも取引しやすいということと、レバレッジのコースを選択できるということです。一般的な証券会社だと自動でレバレッジを25倍までかけられるようになってしまうので、ポジションを保有しすぎてレバレッジが高くなってしまったり、ロスカットラインが近くなったりしてしまいます。

しかし、FXブロードネットなら、レバレッジを低く設定することもできるので、ロスカットのリスクも低く、初心者でも損失が広がらないのはメリットだと思いました。

FXブロードネットの良い口コミ・評判をまとめると次のようになります。
FXブロードネットの良い口コミ・評判
  • トラッキングトレード(自動売買)で初心者や忙しい人にもおすすめ
  • スプレッドが低い
  • レバレッジを自分で設定できる
FXブロードネットでは、自動売買システムであるトラッキングトレードを評価する声が多くありました。
 トラッキングトレードでは、ショートポジションとロングポジションの価格を設定するだけで、そのレンジに到達すると自動で売買を行ってくれるという非常にシンプルな仕組みです。
そのため、自動売買の仕組みを理解できないという初心者の方でも取引しやすいのが特徴となっています。また、スプレッドが低いため、自動売買に向いています。
さらに、レバレッジのコースを自分で設定できるので、ポジションを保有しすぎてロスカットしてしまうというようなデメリットを防ぐことができます。

悪い口コミ・評判

一方、FXブロードネットの悪い口コミには、以下のようなものがありました。

自動売買の手数料が重たい

FXブロードネットでは、自動売買を行うことで、忙しい人でもコツコツと利益を積み上げられるというメリットがあります。しかし、自動売買には、売買手数料が発生するので、得られる利益が少なくなってしまうのがネックだなと思いました。

自動売買を行ったからといって必ず利益が出るというわけではないので、手数料がかかるのは少し重たいなという印象です。

トラッキングトレードの自由度は低い

FXブロードネットで提供している自動売買の「トラッキングトレード」については私は微妙でした。おそらく、初心者などの簡単に設定を行いたい人にとっては自動売買までの操作が簡単でおすすめなのですが、いろいろな運用パターンを用いて自動売買を行いたい人にとってはとても不便です。

トラッキングトレードは買いと売りのポイントの設定しかできないので、レンジ相場前提での運用となります。確かにレンジ相場のパターンは多いですが、これだと上昇トレンドや下落トレンドに対応できないのでもう少し自由度が欲しいです。

FXブロードネットの悪い評判・口コミをまとめると次の通りです。
FXブロードネットの悪い評判・口コミ
  • トラッキングトレードに手数料がかかる
  • トラッキングトレードの自由度が低い
トラッキングトレードは、自動売買の中でも「シンプル」な操作性が売りのシステムです。
そのため、初心者や経験の浅い人にとってはわかりやすく、使い勝手が良く感じる反面、カスタマイズしたい人にとっては物足りなく感じてしまうことがあるようです

また、トラッキングトレードには手数料がかかりますので設定するレンジや取引単位を工夫する必要があるでしょう。

FXブロードネットと合わせて利用したいおすすめのFX口座3選

FX口座は、会社ごとに特徴が異なるため、複数社の口座を持つことで、より利用しやすくなります。ここからは、FXブロードネットとあわせて利用したいおすすめのFX口座について、3つ紹介していきます。

外為どっとコム

外為どっとコムの概要・基本情報

外為どっとコムの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • 様々な投資情報・ニュースを見ることができる
外為どっとコムはFXブロードネットと同様にスプレッドが業界最狭水準であり、取引コストを抑えながらトレードを行うことが可能です。
また、外為どっとコムは配信されるニュースや投資コラムなどの情報量が豊富で、次の5つのメディア・媒体を利用できます。
ニュース速報 相場動向に関するニュースを24時間ノンストップで配信している
FISCOライブメント 一流のアナリストが幅広い情報網から得た相場情報を分析し、速報形式で提供している
トムソン・ロイター通信 為替相場についてのニュースや相場動向を把握していく上で欠かせないニュースを24時間配信する
マネ育CH
FX・投資を学べるコンテンツやプロのノウハウを
生かすFXレポートなどを発信している。
ぴたんこテクニカル 過去の為替相場の値動きなどを基に、将来の値動きを自動的・統計的に予測

上記の情報目的で口座を利用している人も多く、最新の情報を取り入れたい方やFXの勉強をしたい方におすすめです。

 さらに、外為どっとコムでは「積立FX」が利用できます。積立FXは、自分の設定したタイミングで通貨ペアの積立購入を行うことができる仕組みです。
積立FXでは、1通貨単位からの購入ができますので投資の資金が少ない人でも気軽に運用を始めることができます。
通貨ペア数 30
基準スプレッド ドル/円:0.2銭※例外あり
ユーロ/ドル:0.3pips※例外あり
ポンド/ドル:0.6pips※例外あり
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:6円
ペソ/円:5円
リラ/円:16円
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 6種類
配信ニュース提携社数 4
デモ取引 外貨ネクストネオで可能
電話サポート時間 24時間(土日を除く)
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短翌営業日(スマホで本人確認を利用した場合)

松井証券FX

1万円以下でスタート!少額投資におすすめのFX口座

松井証券FXの特徴
  • 業界最狭水準のスプレッド
  • レバレッジの割合を自分で選択できる
  • 最低取引単位は1通貨から
松井証券FXではFXブロードネットと同様に、取引コースを自由に選択できます。
 レバレッジの割合を1倍、5倍、10倍、25倍と自分で設定できるため、、初心者の方でもレバレッジをかけすぎて大きな損失が発生しないように設定できるので安心です。
スプレッドも業界最狭水準となっているため、取引コストを抑えながらトレードができます。
さらに、松井証券FXでは、1通貨単位からの通貨ペア購入が可能です。したがって、100円程度の資金があれば、FXの取引を始めることができ、初心者トレーダーや少額から運用した方などの練習に適しています。
通貨ペア数 20
基準スプレッド 0.2銭(米ドル/円)0.5銭(ユーロ/円)
1.1銭(ポンド/円)
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:24円
ペソ/円:15円
リラ/円:144円※8/25日時点での情報です。
最小取引単位 1
チャート・取引ツール種類 3種類
配信ニュース提携社数 3社
デモ取引 可能
電話サポート時間 午前8:30〜午後5:00
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短1週間程度

自社ホームページ調べ

トライオートFX

トライオートFX

トライオートFXの特徴
  • 自動売買が利用できる
  • スワップポイントが高い
  • 自動売買専門のサポートセンターがある
トライオートFXは、JASDAQに上場しているインヴァスト株式会社が提供するFXサービスです。

FXブロードネットと同様に自動売買が利用できる数少ないFX会社です。
トライオートFXの自動売買はカスタマイズが自由自在というメリットが挙げられます。
 初心者向けには3STEPで自動売買が設定できるようにしていながら、上級者向けにはオリジナルのプログラムを作れるようにしています。
また、トライオートFXでは「トライオートコンシェルジュ」という、自動売買のサポート専門のコンシェルジュが利用できます。「トライオートコンシェルジュ」を利用できる人は次のような人です。
トライオートコンシェルジュを利用できる人
  1. トライオートFX・トライオートETFの初回入金月から3ヶ月以上経過した方
  2. 証拠金預託額100万円以上の方
  3. 自動売買を利用している方

自動売買をしていて、運用方法に悩んだ場合にはぜひトライオートコンシェルジュを利用しましょう。
また、トライオートFXは、スワップポイントも高水準であるため、自動売買を行わず、長期的にポジションを保有するような方にもおすすめです。
通貨ペア数 17
基準スプレッド ドル/円:0.3銭
ユーロ/ドル:0.3pips
ポンド/ドル:1.4pips
高スワップ通貨ペア
※10,000通貨あたり
ランド/円:5円
リラ/円:47円※5月24日の情報です
最小取引単位 1,000
チャート・取引ツール種類 2種類
配信ニュース提携社数 1社
デモ取引 不可
電話サポート時間 午前9時~午後5時
スマホで本人確認 可能
取引開始日数 最短即日

まとめ

今回は、FXブロードネットの評判やメリットデメリットについて解説しました。

FXブロードネットでは、シンプルな設定方法が魅力の自動売買である「トラッキングトレード」がおすすめです。自動売買が利用できるFX口座の中でもスプレッドが最狭水準であるため、コストを抑えながらトレードできるため、非常におすすめです。

今回の記事を参考に、FXブロードネットの口座開設をしてみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事