電卓とペン

「カードローン返済の負担が大きいかもしれない」、または「少なすぎる気がする」と悩んでいるのなら、返済シミュレーションを行いましょう。

返済シミュレーションを行えば、あなたにとってベストな月々の返済額がわかります。すると完済までにかかる期間を最短にできますし、支払う利息も最小限で済むなど、メリットは盛りだくさん!

しかも今回は、借入前借入後(繰り上げする場合)借入後(借り換えする場合)の3パターンで、それぞれ返済シミュレーション方法を紹介します。

これからカードローンを利用するという方にも、すでに利用している方にもわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読めば、「思った以上に利息がかかる!毎月の返済額をもう少し増やしてみよう」など、自分にぴったりな返済額が見つかるでしょう。

カードローンの返済シミュレーション【借入前ver.】

電卓

これからカードローンを利用する方は、こちらの返済シミュレーションをお試しください。

まず返済シミュレーションを行ううえで必要な情報は、こちらです。

返済シミュレーションに使う情報
  • 借り入れたい金額
  • 金利(年利率)
  • 完済までにかける予定期間(日)

これら3つを明らかにしましょう。金利に関しては、借入を考えているカードローン会社の最高金利を使ってみてください。

完済までにかける予定期間は、月数ではなく日数を使います。たとえば10万円を借り、毎月1万円ずつ返す予定なのであれば、約300日としましょう。

このようにして必要な情報を明らかにしたなら、以下の計算式に当てはめてみてください。

 借り入れたい金額×金利÷365×完済までにかける予定期間=総利息額

この計算式を解くと、完済までに支払わなくてはいけないおおよその利息がわかります。わかりやすいように、例を見てみましょう。

返済シミュレーション例
  • 借り入れたい金額:10万円
  • 金利(年利率):18.0%
  • 完済までにかける予定期間(日):300日
 100,000×0.18÷365×300=約14,795円

この計算式で算出されるのは、総利息額です。10か月で返済を済ませる場合には、元金の返済と合わせて、毎月11,480円の返済を行うことになります。

つづいてこの金額が妥当であるかを考えてみましょう。総額で14,975円の利息は果たして適切でしょうか。

高いと感じる、なおかつ毎月の返済額に余裕があるのであれば、借り入れたい金額、もしくは完済までにかける予定期間を減らします。

そのうえでもう一度、返済シミュレーションを行ってみてください。

総利息額と毎月の返済額の両方が妥当と感じられるラインこそ、あなたにとってぴったりな返済計画です。

各消費者金融のシミュレーターを使うのもおすすめ

アイフルの返済シミュレーション

プロミス、SMBCモビット、アコム、アイフル、レイクALSAなど、大手消費者金融の公式サイトには、必ずシミュレーターが用意されています。

シミュレーターを利用すれば、必要な情報を入力するだけで、自動的に総利息額が計算されますのでとても便利です。

用意されているシミュレーターは消費者金融によって違い、総利息額を計算できるものから、返済期間や利用可能額を計算できるものまでさまざま。

返済計画を立てるために、ぜひ自分にあったシミュレーターを利用してみてください。

借入前にシミュレーションするメリット

笑顔の女性

借入前に返済シミュレーションを行う一番のメリットは、借りすぎ防止につながることでしょう。

カードローンを利用する際に一番怖いのは、毎月の返済負担を減らそうとするあまりに完済までの期間が延び、総利息額が大きく膨らむことです。

返済シミュレーションを行えば、総利息額が高すぎた場合に気づけます。そして妥当な総利息額に近づけるためには、借り入れたい金額を減らすか、毎月の返済額を増やすしかありません。

結果として、自分の収入に見合わない金額を借り入れることはなくなるでしょう。

カードローンの返済シミュレーション【借入後・繰り上げ返済ver.】

時計とコイン

現在カードローンの返済途中で、毎月の最低返済額では返済の負担が少ないと感じている場合には、こちらの返済シミュレーションをお試しください。

まず返済シミュレーションを行ううえで必要な情報は、こちらです。

返済シミュレーションに使う情報
  • はじめに借り入れた金額
  • 完済までにかける予定だった期間
  • これまでに支払った利息額
  • 現在の借入残高
  • 金利(年利率)
  • 繰り上げ後の毎月返済額

これら6つを明らかにしたうえで、以下の計算式に当てはめてみてください。

 

①はじめに借り入れた金額×金利÷365×完済までにかける予定だった期間=元の総利息額

②元金残高÷繰り上げ後の毎月返済額×30=完済までにかかる予定期間

➂元金残高×金利÷365×完済までにかかる予定期間+これまでに支払った利息額=繰り上げ後の総利息額

④2と3を比較

①から④の順で計算をすると、繰り上げ返済によって実際にどれだけ総利息額を減らせるかがわかります。

わかりやすいように、例を見てみましょう。

繰り上げ返済シミュレーション例
  • はじめに借り入れた金額:30万円
  • 完済までにかける予定だった期間:600日
  • これまでに支払った利息額:48,822円
  • 現在の借入残高:15万円
  • 金利(年利率):18.0%
  • 繰り上げ後の毎月返済額:3万円
 

①300,000円×0.18÷365×600=約88,768円

②150,000÷30,000×30=150日

③150,000×0.18÷365×150+48,822=約59,918円

④88,768-59,918=28,850円

こちらの計算式では、毎月15,000円の返済を10か月間行ったのちに、毎月3万円の繰り上げ返済に移行した場合を想定しています。

ご覧のとおり、繰り上げ後は総利息額が大幅に減額され、上記の例だと28,850円の利息を抑えられます。

借入後に繰り上げ返済シミュレーションするメリット

笑顔の男性

借入後に繰り上げ返済シミュレーションを行う一番のメリットは、総利息額を減額できることです。

カードローンを何も考えずに利用している場合、返済負担の少ない最低返済額で毎月の返済を進めてしまいがちです。

しかし最低返済額の返済では、毎月の返済負担こそ少なくとも、総利息額の負担が非常に大きくなります。

現在の毎月返済額に余裕があると感じるのであれば、繰り上げ返済シミュレーションを試してみてください。

実際に総利息額がどれくらい減額できるかわかれば、繰り上げ返済を行う意欲にもつながるでしょう。

少しでも損を減らしたいのであれば、繰り上げ返済は積極的に行いましょう。

カードローンの返済シミュレーション【借入後・借り換えver.】

葉とコイン

現在カードローンの返済途中で、借り換えやおまとめを考えている場合には、こちらの返済シミュレーションをお試しください。

まず返済シミュレーションを行ううえで必要な情報は、こちらです。

返済シミュレーションに使う情報
  • はじめに借り入れた金額
  • これまでに支払った利息額
  • 現在の借入残高
  • 借り換え前後の完済までにかける予定期間(日)
  • 借り換え前後の金利(年利率)

これら6つを明らかにしたうえで、以下の計算式に当てはめてみてください。

 

①はじめに借り入れた金額×借り換え前の金利÷365×借り換え前の完済予定期間=元の総利息額

②現在の借入残高×借り換え後の金利÷365×借り換え後の完済予定期間+これまでに支払った利息額=借り換え後の総利息額

➂1と2を比較

①から③の順で計算をすると、借り換えによって実際にどれだけ総利息額を減らせるかがわかります。

わかりやすいように、例を見てみましょう。

繰り上げ返済シミュレーション例
  • はじめに借り入れた金額:80万円
  • これまでに支払った利息額:約177,535円
  • 現在の借入残高:50万円
  • 借り換え前の完済予定期間:1,200日
  • 借り換え後の完済予定期間:750日
  • 借り換え前の金利(年利率):18.0%
  • 借り換え後の金利(年利率):14.5%
 

①800,000×0.18÷365×1200=約473,425円

③500,000×0.145÷365×750+473,425=約266,507円

④473,425-266,507=206,918円

こちらの計算式では、毎月20,000円の返済を15か月間行ったのちに、借り換えした場合を想定しています。

ご覧のとおり、借り換え後は総利息額が大幅に減額され、上記の例だと206,918円の利息が抑えられます。

借入後に借り換えシミュレーションするメリット

相談に乗る女性

借入後に借り換え返済シミュレーションを行う一番のメリットは、借り換えによって本当に総利息額が下がるのか確かめられることでしょう。

例として挙げたケースのように借り換え前後の金利に差があればあるほど、借り換えによる利息額の減額は大きいです。

一方で借り換え前後の金利に差がなければ、あまり借り換えのうまみを感じられないでしょう。

借り換えシミュレーションを行うことは、意味のない借り換えを避けることにつながります。

とはいえ、借り換えは複数のローンを一本化することで返済の手間がグンと減るのもメリットのひとつです。

返済日の把握が大変、手間がかかるなど、悩みを抱えているのならぜひ利用してみてください。

契約ローンが多い、もしくは借入金額が大きいほど、借り換えの恩恵を受けられます。まずはシミュレーションでお試しを。

返済を不安なくスムーズに進めるコツ・5つ

笑顔で電話をかける女性

返済シミュレーションと合わせて知っておきたい、返済をスムーズに進めるコツはこちら5つです。

返済をスムーズに進めるコツ一覧
  1. 「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いを知っておこう
  2. 現状の毎月返済額に不安を覚えたら、すぐにシミュレーションを行おう
  3. 返済以外にかかる月々の諸費用を把握しよう
  4. 無計画な追加借入を行わないようにしよう
  5. 自分で解決できないときにはカードローン会社の窓口に相談してみよう

これらを押さえておけば、完済することは決して難しくありません。詳細を確認していきましょう。

①「元利均等返済」と「元金均等返済」の違いを知っておこう

天秤

カードローン会社の返済方式は、「元利均等返済」「元金均等返済」の2つに分かれます。

元利均等返済では、完済まで返済額が変わりません。そのため返済負担は少なく感じられます。

一方、元金均等返済では、完済へ近づくにつれ、どんどんと返済額が減っていきます。そのため返済を開始した当初は返済負担が大きく感じられるでしょう。

また元利均等返済は元金均等返済に比べて、総利息額が高くつきます。

なぜこのような違いが出るかというと、毎月の返済額は「元金+利息」で構成されているためです。わかりやすく表でまとめてみました。

元利均等返済 元金均等返済
1か月目の返済額内訳 10,843円

元金:9,343
利息:1,500円

11,500円

元金:10,000
利息:1,500

2か月目 10,843円

元金:9,484
利息1,359円

11,350

元金:10,000
利息:1,350

3か月目 10,843円

元金:9,626
利息1,217

11,200

元金:10,000
利息:1,200

4か月目 10,843円

元金:9,770
利息:1,073

11,050

元金:10,000
利息:1,050

5か月目 10,843円

元金:9,917円
利息:926

10,900

元金:10,000
利息:900

完済時の総利息額 8,430円 8,250円

10万円を10か月で完済するケースを元にしました。

このように元利均等返済では、返済額が完済まで変わりません。代わりに返済当初は利息額が多いため、元金がなかなか減らないのが難点。

利息額は元金に応じて決まるため、「元金がなかなか減らない=利息額が高くなる」ことにつながります。

それに対して、元金均等返済では、元金の返済額が完済まで変わりません。そのため元金が減りやすく、利息額が安く済みます。

「借入期間や金額が多ければ多いほど、元利均等返済と元金均等返済では利息額に大きな差が出ます。」

「大きな金額を借り入れるときほど、元金均等返済を採用しているカードローン会社がおすすめです。」

②現状の毎月返済額に不安を覚えたら、すぐにシミュレーションを行おう

悩む男性

毎月の返済額が多いと感じる場合はもちろん、少ないと感じた場合でも、すぐに返済シミュレーションを行うクセをつけましょう。

シミュレーションを行えば、適切な返済額が明確にわかります。すると適切な利息額に抑えられるだけでなく、精神的な安心も得られるでしょう。

③返済以外にかかる月々の諸費用を把握しよう

手帳に書き込む女性

返済をスムーズに進めようと思うのであれば、返済額だけでなく、毎月かかる金額すべてを把握しておきましょう。

家賃や光熱費、交際費など、毎月平均して自分がどのくらいのお金を使っているのか。簡易的な家計簿で構いませんので、一度つけてみてください。

すると返済に回せる最高金額の目安がわかるでしょう。

家計簿をつけていると、無駄遣いに気づくかもしれません。無駄遣いに気づくことは、財布のヒモを締めることにつながり、返済に回せる金額も増やせるでしょう。

④無計画な追加借入を行わないようにしよう

大量の買い物をする女性

欲しいものがあるたびにキャッシングするなど、カードローンをまるで自分の貯金かのごとく、安易に使ってはいませんか。

返済をスムーズに進めたいのであれば、追加で借り入れる場合にも、必ず返済シミュレーションを行いましょう。

返済シミュレーションを行い、今回の借り入れによってどのくらい総利息や借入期間が増えるのかを明確化するのです。

そうすれば追加借入によって増える返済負担が、どの程度のものか手に取るようにわかります。

結果として、収入に見合わない過度の借り入れをしづらくなるでしょう。

⑤自分で解決できないときにはカードローン会社の窓口に相談してみよう

電話する女性

「返済シミュレーションをしてみても、完済までスムーズにいく気がしない」のであれば、カードローン会社を頼りましょう。

カードローン会社の窓口では、返済に関する相談も受け付けています。カードローン会社なら、契約状況を明確に把握していますので、プロの目線で的確なアドバイスをもらえるでしょう。

ときには返済計画を見直してくれ、毎月の返済額を適切に変更してくれる場合もあります。

まとめ

カレンダーを見せる女性

返済シミュレーションを行えば、あなたにとってぴったりの返済計画を立てられるようになります。

カードローンの返済をスムーズに進めるためにも、最低でも1回は返済シミュレーションを行いましょう。

またできることであれば、定期的に返済シミュレーションを見直し、今のまま返済を進めて問題ないか、確認してみてください。

そうすることで、無駄に利息を多く支払うことなく、お得にカードローンを利用できるでしょう。

返済シミュレーションを行うことが、賢くお得にカードローンを利用する近道です。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事