ヒルトンアメックスカードの審査基準・特徴・メリット・特典

「ヒルトンアメックスカードは、ヒルトンホテルユーザーでないと使えない?」「アメックスだし、やっぱり審査は厳しいのかな?」と、申し込むのをためらっていませんか?

ヒルトンアメックスカードは誕生したばかりのカードなので、使い勝手やメリットなどを知りたいと思う人も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ヒルトンアメックスカードの特徴や特典内容、審査の厳しさなどを解説します。

この記事を読めば、ヒルトンアメックスカードのメリット・デメリットが把握できるようになりますよ。

ヒルトンアメックスカードの特徴・ポイント還元率

ヒルトンアメックスカード

ヒルトンアメックスカードは、『アメリカンエキスプレス』とホテルの『ヒルトン」が提携して作られたクレジットカードで、2021年の3月に誕生しました。

『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード(通常カード)』と『ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード(プレミアムカード)』の2種類があります。

『ヒルトンオナーズ アメリカンエキスプレスカード』の特徴と基本情報

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード

 

申し込み条件 20歳以上で安定した収入のある人
年会費 16,500円(税込)
ポイント ヒルトンオナーズボーナスポイント
ポイント還元率 1.0〜1.5%
※1ポイント=0.5円換算
国際ブランド American Express
付帯保険
  • 旅行傷害保険
締め日・引き落とし日 口座振替金融機関で個別に設定

  • 締め日20日前後の場合、翌月10日
  • 締め日1日前後の場合、同月21日
  • 締め日5日前後の場合、同月26日
キャッシング利用 不可

出典:American Express

ヒルトンオナーズボーナスポイントの還元率

ポイントと書かれたブロック

ヒルトンオナーズ アメリカンエキスプレスカードでは、通常の買い物で100円につき2ヒルトンオナーズボーナスポイントが貯まります。

また、ヒルトンポートフォリオのホテルやリゾートなどでカードを使用すれば、100円につき3ポイントを貯められるので非常にお得です。

 ヒルトンオナーズボーナスポイントは、ヒルトングループの宿泊料金にクレジットカードと清算ができます。

また、以下のように様々なサービスやアイテムとの交換も可能です。ポイントは月1回ヒルトンオナーズのアカウントに加算され、会員サイトで確認できます。

ホテル&リゾート ポイント利用して無料で宿泊が可能
体験 コンサートやツアーなどの特典に交換
旅行&交通手段 エアライン・鉄道マイル、レンタカー、Lyftクレジット
ショッピング&ダイニング
  • Amazonでショッピング
  • インターナショナル・ヒルトン・オナーズ・ショッピングモール
  • ギフト券
ポイントのプールと譲渡 友達や家族とヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントの共有
ポイントを寄付する ポイントを慈善団体や非営利団体に寄付

出典:ポイントの獲得と利用 -Hilton HONORS
出典:ヒルトン・オナーズアメリカン・エキスプレス・カード

『ヒルトンオナーズ アメリカンエキスプレスプレミアムカード』の特徴と基本情報

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

 

申し込み条件 20歳以上で安定した収入のある人
年会費 66,000円(税込)
ポイント ヒルトンオナーズボーナスポイント
ポイント還元率 1.5〜3.0%
※1ポイント=0.5円換算
国際ブランド American Express
付帯保険
  • 旅行傷害保険
  • 航空便遅延費用補償
締め日・引き落とし日 口座振替金融機関で個別に設定

  • 締め日20日前後の場合、翌月10日
  • 締め日1日前後の場合、同月21日
  • 締め日5日前後の場合、同月26日
キャッシング利用 不可

出典:American Express

ヒルトンオナーズ アメリカンエキスプレスプレミアムカードの還元率

ヒルトン・オーナーズカードの使用でポイントが貯まるイメージ

プレミアムカードが通常カードと大きく違うのは、還元率の差です。通常カードは買い物で100円につき2ヒルトンオナーズボーナスポイント、ヒルトン系列のホテル使用で3ポイントです。

しかしプレミアムカードでは買い物で3ポイント、ヒルトンポートフォリオ内のホテルやリゾートで7ポイントが貯まります。

プレミアムカードはヒルトンの利用が多い人に特におすすめです。

ヒルトンアメックスカードの審査は厳しい?基準と難易度

ヒルトンアメックスカードを作る際には、審査が必要です。アメリカン・エキスプレス+ヒルトンのカードなので、ステータスとしてはかなり高いカードといえます。

詳しい審査の内容は非公開ですが、審査基準はあまり高くないと予想されます。

 「20歳以上」「安定した収入の有無」「これまでのクレジットカードの利用履歴」の3つがポイントとなるでしょう。

安定した収入さえあれば、正社員・派遣社員・契約社員・個人事業主など、どのような立場でも問題なく作成できると考えられます。年収では通常カードは300万円程度、プレミアムカードなら400万円程度で作成できたという声が集まっています。

ただし、パートやアルバイトの項目がないため、ヒルトンアメックスカードは作成できないでしょう。専業主婦・主夫は項目があるので、夫や親の世帯収入が条件を達成していれば、審査に通る可能性はあります。

過去に消費者金融の利用経験があっても、返済が済んでいれば審査は通過できる可能性もありますよ。

ヒルトンアメックスカードの特典

ヒルトンカードのお得な特典のイメージ

ヒルトンアメックスカードでは2022年12月現在、以下の特典が付与されます。

『ヒルトンアメックス』の特典
  1. 入会後3ヶ月以内にカードを利用すればポイントを獲得
  2. カード利用と継続で無料宿泊特典を毎年プレゼント
  3. 旅行保険を付帯
  4. 「ヒルトンオナーズゴールドステータス」上級会員資格の特典が得られる

その他、ホテルや宿泊施設・レストランなどで優待が受けられたり、ヒルトンプレミアムクラブジャパンの年会費優待(プレミアムは初年度無料)なども受けられます。

なお、プレミアムカードの『ヒルトンオナーズ アメリカンエキスプレスプレミアムカード』は、通常カードの『ヒルトンオナーズ アメリカンエキスプレスカード』に比べると特典が豪華です。

特典①入会後3ヶ月以内にカードを利用すればポイントを獲得

ヒルトン・オナーズボーナスポイントを獲得

通常のヒルトンアメックスカードに入会をして、3ヶ月以内に100万円以上をカード決済すれば合計で70,000ポイントが獲得できます。

内訳は以下のようになっています。

通常のヒルトンアメックスカードのポイント獲得特典

入会後1ヶ月以内に30万円のカード利用 10,000ポイント
入会後3ヶ月以内に75万円のカード利用 20,000ポイント
入会後3ヶ月以内に100万円のカード利用 20,000ポイント
(通常利用のポイント)100万円以上のカード利用 20,000ポイント

ヒルトンオナーズ アメリカンエキスプレスプレミアムカードのポイント獲得特典

プレミアムカードの場合は、合計で140,000ポイントが獲得可能です。内訳は以下のようになっています。

入会後3ヶ月以内に30万円のカード利用 30,000ポイント
入会後3ヶ月以内に150万円のカード利用 20,000ポイント
入会後3ヶ月以内に200万円のカード利用 30,000ポイント
(通常利用のポイント)合計150万円のカード利用 60,000ポイント

出典:公式サイト

特典②カード利用と継続で無料宿泊特典を毎年プレゼント

無料宿泊特典

カード利用と継続で無料宿泊1泊プレゼントされる特典があります。

入会日・切替日からの1年間で、通常のヒルトンアメックスカードを合計150万円以上利用し、カードを継続するとウィークエンド無料宿泊特典1泊分が毎年プレゼントされます。

 ウィークエンドとは金〜日の週末のことで、ヒルトンポートフォリオ内のホテルやリゾートへ無料宿泊が可能です。

なおプレミアムカードの場合は、カードを継続するだけで無料宿泊特典1泊分がプレゼントになるので、利用金額の条件がありません。

入会日・切替日からの1年間で合計300万円以上利用なら、さらにもう1泊がプレゼントされますよ。

特典③旅行保険を付帯

旅行障害保険も付帯されています。旅行障害保険とは旅行中の事故や怪我、荷物の盗難、破損などを補償してくれるものです。

国内旅行の宿泊や公共交通機関の支払いでカードを利用すれば国内障害保険が付帯、海外の国際線航空券やパッケージ・ツアーの代金をカードで支払えば、海外旅行傷害保険が付帯されます。

プレミアムのほうが2倍近く補償額は高く、海外旅行では最高1億円まで付帯しているので、もしもの時も安心ですね。
通常カード プレミアムカード
国内旅行傷害保険 基本カードおよび家族カード会員に最高2,000万円 基本カードおよび家族カード会員に最高5,000万円
海外旅行傷害保険 基本カードおよび家族カード会員に傷害死亡・後遺障害保険金最高3,000万円
  • 基本カード会員には傷害死亡・後遺障害保険金最高1億円
  • 家族カード会員には傷害死亡・後遺障害保険金最高5,000万円

特典④「ヒルトンオナーズゴールドステータス」上級会員資格の特典が得られる

上級会員資格の特典

カードに入会すると、ヒルトンオナーズゴールドステータスが提供されます。

ヒルトングループでは「メンバー」「シルバー」「ゴールド」「ダイヤモンド」の4つの階級に分かれており、ゴールドステータスは上から2番めの上級会員となります。

 カード会員でない場合には、ゴールドステータスを獲得するには、通常1年間に20回の滞在、または40泊が必要です。

カード会員になるだけでゴールドステータスを獲得できるので、ヒルトンホテルをお得に活用したい人に非常におすすめな特典です。

通常カードもプレミアムカードも同じく、カード発行後、4〜6週間程度でゴールドステータスの登録・付与が行われます。

プレミアムカードなら1月〜12月の1年間で合計200万円以上利用すれば、達成年の翌年末まで『ダイヤモンドステータス』が提供されますよ。
ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス
  • 80%のエリートステータスボーナス
  • 部屋のアップグレード
  • すべてのホテルでの朝食無料サービス
  • マイルストーンボーナス

など

ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータス
  • 100%のエリートステータスボーナス
  • エグゼクティブラウンジの利用
  • プレミアムWi-Fi無料
  • エリート会員資格の贈呈
  • 48時間客室保証

など

出典:ヒルトン・オナーズ-ヒルトン・オナーズの詳細-

ヒルトンアメックスカードのメリット

アプリをダウンロードする女性

ヒルトンアメックスカードのメリット
  • 普段の買い物でもヒルトンオナーズボーナスポイントを貯められる
  • 家族カード1枚目が無料(プレミアムは3枚まで無料)
  • 宿泊回数関係なく無条件で上級会員資格を取得できる

普段の買い物でもヒルトンオナーズボーナスポイントを貯められる

ヒルトンアメックスのメリットは、普段の買い物でもヒルトンオナーズボーナスポイントポイントが貯められることです。

ヒルトン・オナーズポイントは、ホテルやリゾートの宿泊コンサートやスポーツイベントの体験など幅広く利用できます。

 1泊の滞在に必要なポイント数は最低5,000ポイントです。

全額ポイントを利用してヒルトングループのホテルに宿泊することもでき、1泊だけでなく連泊も全額ポイントで可能です。

必要なポイントは、ホテルや客室、滞在日によって変動します。
ご利用金額100円あたり ヒルトン・オナーズ アメリカンエキスプレスカード ヒルトン・オナーズ アメリカンエキスプレス・プレミアム・カード
ヒルトンでの利用 3ヒルトン・オナーズ ボーナスポイント 7ヒルトン・オナーズ ボーナスポイント
日常の買い物 2ヒルトン・オナーズ ボーナスポイント 3ヒルトン・オナーズ ボーナスポイント

家族カードが一枚無料で発行できる

ヒルトンアメックスカードなら、家族カードが1枚無料で作成可能です。家族カードの利用も基本カード会員のポイントとして加算されるので、効率よくポイントが貯められます。

 また家族カードにも旅行保険が付帯されるので、旅行の際も安心です。

なおプレミアムカードなら、家族カードが3枚目まで無料で作成、4枚目以降の年会費13,200円となります。また、特典が豊富なことも見逃せないメリットです。

「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」以上の会員資格や、宿泊施設・レストランの優待、無料宿泊など様々な特典が受けられます。

宿泊回数関係なく無条件で上級会員資格を取得できる

支払い

ヒルトンオナーズアメックスでは、無条件でヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを取得することができます。

ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスを取得していると、ホテルのレイトチェックアウト無料朝食無制限のマイルストーンボーナスなどの特典がもらえます。

 ゴールドステータスは、年間20回の滞在もしくは、40泊を達成しなければ取得することができません。

しかし、ヒルトンアメックスを保有している方は無条件で取得することができます。

年会費が上がりますが、アメックスプラチナカードでも同様のゴールドステータスを取得できます。

ヒルトンアメックスカードのデメリット

③LINE証券との振替に対応していない

ヒルトンアメックスカードのデメリット
  • ヒルトン以外のポイントだと最大限活用できない可能性がある
  • 他のクレジットカードに比べ年会費が高額

ヒルトン以外のポイントだと最大限活用できない可能性がある

ヒルトンアメックスカードで貯めたポイントはマイルに交換もできますが、マイル還元率は0.2%〜0.3%と低めです。

ANAやJALカードなど航空会社のクレジットカードは1.5%以上のものも多いので、マイル還元を重視している方は他のクレジットカードがよいでしょう。

 ポイントはヒルトン系列で利用するポイントと割り切るのがおすすめです。

他のクレジットカードに比べ年会費が高額

通常カードでも年間16,500円、プレミアムカードなら年間66,000円と年会費が高額な点も見過ごせません。

また、一般的に年会費が高めのクレジットカードにはプライオリティパスが付帯することが多いですが、ヒルトンアメックスにはプライオリティパスがつきません。

そのため、ヒルトン系のサービスをあまり利用しない方は別のクレジットカードを選ぶほうがよいでしょう。

 

さらに、アメックスは他の国際ブランドと比べると加盟店が少ないので、使う人によってはデメリットになります。

アメックスはJCBと提携をしたため、日本国内ならJCB加盟店でアメックスを使用できる店舗が増えてきていますよ。

ヒルトンアメックスがおすすめな人の特徴

AMERICAN EXPRESS EXPERIENCES

ここまで、ヒルトンアメックスの還元率や年会費といった基本情報からメリットやデメリットを紹介してきました。

上記のことから、ヒルトンアメックスがおすすめな方の特徴を紹介します。

ヒルトンアメックスがおすすめな方の特徴
  • ヒルトンホテルをよく利用する方
  • 旅行によく行く方

ヒルトンホテルをよく利用する方

先述の通り、ヒルトンアメックスではホテルのレイトチェックアウト、朝食の無料などのヒルトンホテルに関するサービスが多いです。

また、ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスには2人目の宿泊が無料になるサービスもあります。

ポイントもヒルトン・オナーズ・ボーナスステータスが貯まるため、ヒルトンユーザであれば、ポイントの変換に手間がかからないといった特徴もあります。

旅行によく行く方

ヒルトンアメックスでは期間中に、150万円以上の利用があると継続ボーナスとして無料宿泊特典がもらえます。

 無料宿泊特典では、ヒルトンポートフォリオ内にあるホテルやリゾートに金曜日〜日曜日のいずれかの夜に宿泊できます。

スタンダードルームに空き室があれば、1室2名まで対象になり、有効期限が1年あるため好きな時期に友人や恋人といった方と特別な週末を過ごすことができます。

また、空港でのサービスもあり空港パーキング、空港ラウンジ、手荷物無料宅配サービスなどもあります。

ホテルだけでなく、移動中も特別なサービスを受けられます。

よくある質問

ヒルトンアメックスカードの還元率を教えてください
ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードは1.0〜1.5%です。ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードが1.5〜3.0%です。
ヒルトンアメックスカードとはどのようなカードですか?
『アメリカン・エキスプレス』とホテルの『ヒルトン』が提携して作られたクレジットカードで、2021年の3月に誕生しました。通常カードとプレミアムカードの2種類があります。
ヒルトンアメックスカードのポイントの種類を教えてください
ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが貯まります。通常カードの場合、普段の買い物で100円につき2ポイント、ヒルトンサービスでの利用なら100円につき3ポイントが貯まります。
ヒルトンアメックスカードの特典は何ですか?
カード利用と継続でウィークエンド無料宿泊特典を毎年プレゼント、国内海外の旅行保険を付帯、6ヶ月以内にカード利用でポイントを獲得、上級会員資格の特典が得られるなど様々です。
ヒルトンアメックスカードのメリットは何ですか?
普段の買い物でもヒルトン・オナーズボーナスポイントが貯められること、家族カードが無料発行できること、特典が豊富なことでしょう。プレミアムなら特典も豪華になります。
ヒルトンアメックスカードのデメリットは何ですか?
ヒルトン以外のポイント利用は損をすること、年会費が高額なこと、キャッシングが利用できないこと、VISA・Mastercard・JCBよりも使える店舗が少ないことです。
ヒルトンアメックスカードの審査は厳しいですか?
審査基準は非公開なので分かりません。ただし安定した収入さえあれば、正社員・派遣社員・契約社員・個人事業主・主婦(夫)でも発行できるので、そこまで厳しくないと推測できます。

まとめ

この記事では、ヒルトンアメックスカードの特徴やメリット・デメリットなどを解説しました。他社に比べると年会費は高いものの、ステータスの高さや特典の豪華さがアメックスカードの魅力です。

国内・海外の旅行障害保険も自動付帯しており、よく旅行にいく人にもおすすめできます。さらにヒルトン系列のサービスをよく利用しているなら、ヒルトンアメックスはメリットが大きいカードでしょう。

家族カードも無料発行できポイントを貯めやすくなるので、ぜひ発行を検討してみてください。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事