専業主婦 カードローン

「専業主婦(夫)でもカードローンって利用できる?」「夫(妻)に内緒で借入できる?」と、カードローンを利用したくても無収入の専業主婦(夫)では借入できないと諦めていませんか?

しかし実際には、収入がない専業主婦(夫)でも、場合によっては借り入れができる可能性があります。そこで今回は、専業主婦(夫)におすすめのカードローン4選と審査に通るコツ、借入の注意点について解説します。

パートナーにバレずに借りる方法も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

収入のない専業主婦(夫)でもカードローンで借入できる?

ローンと書かれたブロック

そもそも専業主婦(夫)でもカードローンで借入はできるのでしょうか?カードローンには大きく分けて以下の2種類があり、専業主婦(夫)の借入可否が異なります。

カードローンの種類
  • 消費者金融系カードローン
  • 銀行系カードローン

ここではそれぞれの特徴について、紹介します。

消費者金融カードローンは収入がないと難しい

消費者金融系のカードローンは、基本的に安定した収入がなければお金を借りられません。

 パートやアルバイトで働いており、安定した収入がある主婦(夫)なら審査に通る可能性はありますが、無収入の専業主婦(夫)は難しいでしょう。

これは消費者金融では賃金業法の「総量規制が適用されるからです。総量規制では、「申込み者の年収の3分の1を超える金額の貸し付けはできない」ように定められているため、無収入の専業主婦(夫)には貸し付けできません。

ただし、「配偶者貸付制度」を活用すれば無収入の専業主婦(夫)でも借入できる場合があります。

配偶者貸付制度を利用すれば専業主婦(夫)でも借入できる場合も

貯金箱とにらめっこする専業主婦

消費者金融のカードローンでも「配偶者貸付」なら、無収入の専業主婦(夫)でも借入可能です。

配偶者貸付とは?
本人と配偶者の合算年収の3分の1までは借入できる契約のこと。

「配偶者貸付」なら申込者である本人が収入0円でも、たとえば配偶者に300万円の年収があれば、「(0円+300万円)÷3」となり100万円まで借り入れが可能です。

配偶者貸付なら借入限度額を上げられる可能性もあるので、専業主婦(夫)だけでなく、短時間パートタイムで働いている収入がわずかの主婦(夫)にとってもありがたい制度といえるでしょう。

ただし、配偶者に内緒で借り入れることはできません。借入には配偶者の同意書や収入証明書が必須となります。 

銀行系なら専業主婦(夫)でも借りられるカードローンがある

専業主婦(夫)がカードローンで借り入れたい場合、「銀行系カードローン」を活用するのもおすすめの手段です。銀行系カードローンなら、安定した収入がない専業主婦(夫)でも借入できる可能性があります。

消費者金融系の場合には「総量規制」による法規制が適用されますが、銀行や信販会社は賃金業法の対象外だからです。

 返済能力は必要なので、本人が無収入であれば配偶者に安定した収入が必要になります。

ただし、無収入の専業主婦(夫)が銀行系カードローンで借入する場合には、以下の点に注意する必要があるでしょう。

無収入の専業主婦(夫)が借り入れる際の注意点
  • 銀行によっては審査に落ちる
  • 借入限度額が50万円など低めになることが多い
  • 銀行カードローンは即日融資に対応していない
  • 配偶者に内緒で借りられる可能性が高いが、バレる可能性はゼロではない

銀行カードローンでも、銀行によっては無収入の専業主婦(夫)とは契約できないとしている場合もあります。また、借入できたとしても、10〜50万円の限度額に制限されることが多いです。多額の借入はできないと考えておきましょう。

また、銀行カードローンは即日融資には対応していません。早くても翌営業日になるので注意が必要です。

在籍確認がないので配偶者にバレる可能性は非常に低いです。ただし支払いが滞った場合に届く督促状などでバレることもあるので、絶対バレないとは言い切れません

専業主婦(夫)でも借りられるカードローンおすすめ4選

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンのおすすめポイント
  • 申込みがアプリで完結する
  • セブンイレブンのATMで24時間借り入れ可能
  • アプリだけで借り入れできるのでカードを持つ必要がない
  • 金利設定が簡潔で分かりやすい

『セブン銀行カードローン』はアプリで申込みから契約まで完結できるローンサービスです。全国のセブンイレブンのATMで24時間借り入れができます。

限度額が低く設定されているので、借りすぎてしまう恐れが少ないのもメリットのひとつでしょう。

 借入の利率は利用限度額によって異なりますが、無収入の専業主婦は10万円・30万円・50万円の少額になる可能性が高いので「年15%」となります。

アプリだけで完結できることから、ローンカードが届く前からすぐに取引可能な点も魅力的。最短2日で借り入れられるので、すぐお金が必要な人でも安心です。

セブン銀行カードローンを利用するにはセブン銀行の預金口座が必要になります。カードローンと同時申請もできるので、まずは口座開設をしましょう。
借入金利(年)
  • 利用限度額10万円・30万円・50万円 の場合:実質年率15%
  • 利用限度額70万円・100万円 の場合:実質年率14%
  • 利用限度額150万円・200万円 の場合:実質年率13%
  • 利用限度額250万円・300万円 の場合:実質年率12%
利用限度額 10万円〜300万円
融資スピード 最短2日
WEB申込み 可能
申込み対象 以下すべての条件に当てはまる必要があります。

  • セブン銀行口座がある
  • 契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満
  • 一定の審査基準を満たし、当社指定の保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる
  • 外国籍の方は永住者であること

出典:セブン銀行カードローン ※2022年3月時点

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンのおすすめポイント
  • 年会費、入会金、ATM手数料など0円
  • 毎月の約定返済額は1,000円から可能
  • ATM返済・口座引き落とし・イオン銀行引き落としの3種類から返済可能
  • 申込み〜契約までWEBで完結

『イオン銀行カードローン』は、口座が不要のカードローンサービスです。年会費・入会金などは一切かからず、借り入れ手数料もイオン銀行やローソンATMなどの提携ATMを利用すれば無料で利用できます。

 借入限度額は10万円から10万円単位で設定でき、専業主婦(夫)は50万円を限度として借入可能です。

また返済額は、前月末の借入残高が3万円以下なら1,000円からに設定可能。返済額が低いため、専業主婦(夫)でも無理なく返済できるでしょう。

借入額は限度額の範囲内で、1,000円以上・1,000円単位で設定可能!生活費がちょっと足りない、という場合にも借りすぎずに済みますね。
借入金利(年) 実質年率3.8%~13.8%
利用限度額 10万円~800万円
融資スピード 最短5営業日
WEB申込み 可能
申込み対象 以下のすべての条件を満たす必要があります。

  • 日本国内に居住している方、外国籍の方については永住許可を受けている方。
  • 契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満ご本人に安定かつ継続した収入の見込める方。
    ※ パート、アルバイト、自営業者、専業主婦(夫)も申し込み可能。学生不可。
  • 保証会社であるイオンクレジットサービス(株)、またはオリックス・クレジット(株)の保証を受けられる方。

よくある質問「【イオン銀行カードローン】ATMではいくらから何円単位で借入できますか?」より
出典:イオン銀行カードローン ※2022年3月時点

PayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローンのおすすめポイント
  • 初回借入日から30日間は利息が0円
  • 毎月の約定返済額は1,000円から可能
  • スマホアプリから口座に即入金可能
  • 申込みがスマホから24時間可能

『PayPay銀行カードローン』は、最低金利は1.59%と低く設定されており、年会費や手数料も無料で提供している使い勝手のよいカードローンです。

返済額は、約定返済日前日の最終借入残高が3万円以下なら1,000円から、10万円以下でも2,000円から返済できます。専業主婦(夫)でも無理なく返済できるでしょう。

 PayPay銀行のカードローンでは初回借入の場合、借入日から30日間は利息が0円となっています。

PayPay銀行カードローンを初めて使う人でこの期間内に返済できるなら、最もお得なカードローンといえます。

残高不足サポート機能を使えば、口座に残高がなくても不足額を自動で借り入れ、取引ができるので、公共料金の滞納を防げますよ。
借入金利(年) 実質年率1.59%~18.0%
利用限度額 最高1,000万円
融資スピード 最短翌営業日以降
WEB申込み 可能
申込み対象
  • 申込時年齢が20歳以上70歳未満
  • お仕事をされていて、安定した収入がある
    ※配偶者に安定した収入があれば申し込み可能
  • PayPay銀行に普通預金口座をお持ちの個人の方※お持ちでない方は普通預金口座の開設とカードローンを同時にお申し込みいただけます。
    ただし、営業性の普通預金口座(BUSINESS ACCOUNT)にカードローンをセットすることはできません。
  • 一定の審査基準を満たし、当社の指定する保証会社SMBCコンシューマーファイナンス(株)の保証を受けられる方

残高不足サポート機能
出典:PayPay銀行カードローン ※2022年3月時点

ベルーナノーティス

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスのおすすめポイント
  • 配偶者貸付に対応している消費者金融系カードローン
  • 借入手数料は0円
  • はじめての借り入れ+完済後再度の借り入れは14日間利息0円
  • ネット申込みなら最短24時間で借り入れ可能

『ベルーナノーティス』はベルーナグループが運営する消費者金融のカードローンサービスです。ベルーナグループは、通販事業を行う東証一部上場企業です。

配偶者貸付」に対応している消費者金融系カードローンのため、無収入の専業主婦でも夫の同意書があれば借り入れが可能となります。

 セブン銀行やローソン銀行、三菱UFJ銀行など全国5万台以上の提携ATMで手数料0円で借り入れられるので、非常に便利です。

また、はじめて『ベルーナノーティス』で借り入れする人や、完済後に再度の借り入れする場合14日間利息0円で利用できるのも魅力でしょう。

ネットから申込みをすれば最短で24時間で借り入れができるので、今すぐお金が必要な人には最適でしょう。
借入金利(年) 実質年率4.5%~18.0%
利用限度額 最高300万円
融資スピード 最短24時間以内
WEB申込み 可能
申込み対象 20~80歳までの安定した収入のある方で、当社基準を満たす方

※ 前回の無利息適用の借入日から3ヶ月経過している場合
出典:ベルーナノーティス ※2022年3月時点

必ず借り入れたい方向け!審査が甘いカードローンはある?専業主婦(夫)が審査に通るポイント

カードローンの審査をパスして喜ぶ女性

無収入の専業主婦(夫)が審査に通るためには、以下のポイントを抑えておきましょう。

専業主婦(夫)が審査に通るポイント
  1. 利用限度額を最小限に抑える
  1. 書類は不備がないよう提出する
  2. 他社に借り入れがないようにする
  3. 信用情報に傷があると難しい

1.利用限度額を最小限に抑える

専業主婦(夫)が審査に通るポイントひとつに、申込み時の利用限度額を最低限で申し込むことが挙げられます。通常、カードローンを申し込む時には、利用限度額の希望が出せることがほとんどです。

しかし消費者金融系のカードローンには「総量規制」が適用されるため、借入額の基準は年収の3分の1までとされています。

 銀行系カードローンは「総量規制」に従う必要はありませんが、「自主規制」をしており同様に年収の3分の1が目安となっているのです。

明らかに返済できない額を記入しても審査には通らないので、他社から借り入れている場合には限度額の申請を最小限に抑えるようにしましょう。

2.書類は不備がないよう提出する

カードローンに申し込んでいる専業主婦

書類に不備がないよう提出するのもポイントです。カードローンの申請には、「運転免許証」や「マイナンバーカード」の提出、場合によっては本人の顔写真の撮影などを求められます。

画像が不鮮明であったり、きっちり枠に収まっていないなど不備があると審査に通らない可能性があります。画像はボケていないか、光が飛んでいないかなども確認してから提出しましょう。

入力・記入する際にも正確な情報を書くようにし、申し込み書類の提出前には誤入力がないかしっかり確認することも大切です。

3.他社に借り入れがないようにする

他社に借り入れがないかも重要な審査ポイントとなります。カードローンの審査では、他社の借り入れに関して調査されている可能性が高く、それによって返済能力の有無を判断しています。

 同時に複数のカードローンに申請するのもNGです。いろんな所でお金を借りようとしていることが発覚すると、相当お金に困っており返済能力がないと判断されるからです。

他社ですでに借り入れがある場合は完済すること、新規で申し込むときは1社ずつ申し込むようにしましょう。

4.信用情報に傷があると難しい

信用情報が書かれたファイル

以前に支払いや返済に関してトラブルを起こしている場合は、信用情報に傷がついている可能性があります。信用情報に傷がついていると審査に通るのは難しいでしょう。

信用情報に傷がつく要因は、以下のものがあります。

信用情報に傷がつく要因
  • 借り入れしたお金を期限内に返さず延滞を繰り返していた
  • 自己破産をしている
  • 代位弁済をしている
  • 携帯電話料金の滞納が続いた

他社で支払いを延滞している場合や、自己破産などの債務整理をした経験がある場合も信用情報に傷がつきます。また、携帯電話の支払いの延滞を繰り返している場合も、傷がついている可能性があるので注意が必要です。

どこの会社にも審査が通らない場合は、信用情報に傷がないかを疑ってみましょう。信用情報は、信用情報機関に問い合わせて手続きを行えば、開示してもらえます。

信用情報の傷が回復するまでには、完済から5~10年かかるといわれていますよ。

専業主婦(夫)はパートナーに内緒で借りられる?

専業主婦がカードローンに申請

専業主婦(夫)はパートナーに内緒でカードローンでお金を借りられるのでしょうか?配偶者にバレないためには、以下の3つがポイントとなります。

配偶者に内緒で借りるための3ポイント
  1. 郵送物、在籍確認の電話に注意する
  2. 返済が滞るとバレる可能性が高まる
  3. 「配偶者貸付制度」の利用には夫の同意が必須となる

1.郵送物に注意する

配偶者にバレないためには、郵送物の管理に注意が必要です。銀行系カードローンは本人申込みのため、パートナーの勤務先に在籍確認が行われてバレるようなことは基本的にありません。

配偶者の勤務先は記入せずに申し込みでき、契約者が専業主婦(夫)の場合には在籍確認の連絡がない場合がほとんどです。

 借り入れするために使用するローンカードは郵送で届きますが、「本人限定郵便」や「簡易書留」など、本人以外は受け取れない方法が多いのでバレるリスクは低いでしょう。

また、本人受取以外の郵送方法で届いた場合も、銀行名が記載されているだけの封書で届きます。家族に見られても怪しまれる可能性は低いでしょう。

ただし、その郵送物をパートナーが開封してしまうとバレます。普段から自分宛の郵送物を開封されている場合には注意が必要です。

2.返済が滞るとバレる可能性が高まる

返済に悩む女性

カードローンの返済では「約定返済」という方法が用いられ、毎月決まった額を返済していきます。指定銀行口座からの引き落とし、コンビニATMからの入金など返済方法は様々ですが、返済が滞るとパートナーにバレる可能性があります。

 カードローンの利用停止はメール・ショートメールなどで確認が行われますが、放置しすると自宅へ電話がかかってきたり郵便物で督促状が届いたりするので注意が必要です。

督促の電話にパートナーが出たり督促状の郵送物が届けば、パートナーにバレる可能性は非常に高くなります。

また、パートナーが住宅ローンや教育ローンを組もうとした場合に、返済が滞っているとローンが組めずにバレるということも起こりえます。

パートナーに内緒で借入をしているなら、絶対に返済を延滞しないように注意しましょう。 

3.「配偶者貸付制度」の利用には配偶者の同意が必須となる

消費者金融系のカードローンは、無収入の専業主婦(夫)では借り入れができませんが、「配偶者貸付制度」を活用すれば借入可能です。

ただし「配偶者貸付制度」を利用するには配偶者の年収の確認が必要であるため、配偶者の同意書・収入証明書類が必須です。消費者金融系カードローンはパートナーに内緒で利用するのは無理と考えておきましょう。

バレたくないからと同意書を偽造すると犯罪になるので絶対止めましょう。

限度額が低い?専業主婦(夫)がカードローンを利用する注意点

専業主婦(夫)がカードローンを利用する場合は、以下の2点に注意しましょう。

専業主婦カードローン利用時の注意点
  • 限度額が低くなる可能性がある
  • 銀行カードローンは即日融資が難しい

限度額が低くなる可能性がある

限度額が低いイメージ

専業主婦(夫)は収入がないので、限度額は低くなる可能性があります。最高1,000万円まで借り入れできるようなカードローンでも、専業主婦(夫)が借り入れできる限度額は50万円程度、場合によっては10万円程まで下がる場合もあります。

無収入の専業主婦(夫)で限度額を上げたい場合は、パート・アルバイトなどで安定した収入を作る必要があります。

見方を変えれば、大きな金額を借り入れられないので、返済不能に陥るリスクを減らせるとも考えられますよ。

銀行カードローンは即日融資が難しい

最近の銀行系カードローンは、ローンカードを使用しないアプリやWEBで借り入れ申請ができるため、以前よりもかなりスピーディーになりました。

しかし、銀行カードローンでは2018年1月以降から即日融資が停止されています。これは、借り手の情報を警察庁に照会して、反社会的勢力(暴力団員)との取引排除を徹底するためです。

そのため、初めて申込みをする場合は審査の時間が必要になり、即日融資は不可能になっています。

審査結果が判明するのは最短でも翌営業日になるので、余裕を持って申込みをするようにしましょう。

専業主婦がカードローン以外でお金を借りるおすすめの方法

dカードの審査に落ちやすい人

専業主婦がカードローン以外でお金を借りる方法として、以下の手法があります。

専業主婦が借りる方法
  • 街金を利用する
  • 質屋を利用する
  • 友人から借りる

専業主婦というのは収入を持っていませんので、銀行のローン等は審査に落とされてしまうケースが多くなります。

個人でも対応している業者を選択する場合、カードローンと同レベルかそれよりも審査の甘い業者を利用するなどの対応が必要です。

審査の甘いところ、または審査をしないところで借りるといいでしょう。

ここからは、専業主婦がカードローン以外でお金を借りる方法を詳しく説明します。

街金を利用する

街金は店頭で審査を受けて融資を受けるという方法を採用している、昔ながらの貸金業者です。

カードローン以外では融資を受けられない専業主婦ですが、街金の場合は審査がかなり緩くなっており、なぜか融資を受けられる可能性があります。

 必ず融資を受けられるわけではありません。街金の中には厳しい審査を行っている場合もあり、専業主婦への対応を断るケースもあります。

現代はネットを利用した融資の方法も多様化していることがあり、なかなか街金を利用している人は増えていきません。

街金業者としては融資を受けやすい環境を作りたいと考えていることから、専業主婦であっても少額での融資に対応する場合があります。

質屋を利用する

質屋は物を受け取り、その対価としてお金を出してくれる業者です。物を取り戻したい時はお金を返せばいいだけで、無理な場合はそのまま売却するという方法が使えます。

つまり返済する義務はありませんが、大切なものを失ってしまう可能性もあります。

 質屋は返済期限が用意されており、その期限までに対応できなかった場合は強制的に物を没収するという方針を採用しています。

このサービスは専業主婦でも利用できるもので、自分が持っている高価なものを出しておけば簡単に売却できます。

また、将来的に取り戻す場合でも、質屋の返済期限内に対応すれば必ず渡した状態で提供してくれる安心感を持っています。

友人から借りる

友人に相談してお金を借りる方法があります。専業主婦は業者を利用して融資を受けられないケースが多いため、どうしても友人など知り合いに相談する回数が増えてしまいます。

友人に少しだけでいいから融資を依頼する方法をお願いするといいでしょう。

 友人関係を悪化させるおそれがあるため、本当に信頼できる友人でも高額な借入は避けましょう。

友人の中には、少額であれば融資してくれる場合もあります。また、友人から借りる方法は利息がほぼ発生しないメリットがあるため、元本だけ返済すればいいという良さもあります。

他の方法が使えないようなら利用を検討してもいいでしょう。

よくある質問

消費者金融系はなぜ専業主婦を拒否してくるのですか?
総量規制が影響しています。総量規制により、収入を持っていない人は審査を通過できないようにしています。専業主婦は収入を持っていない人が多いため、消費者金融のルールによって審査に落とされてしまうのです。
銀行系は専業主婦に融資できる理由はなぜですか?
配偶者が収入を持っており、その収入を使えば返済できると判断しているためです。全てのカードローンがその対応をしているわけではないものの、配偶者が収入で返済できると判断できる状況であれば少額で融資してくれる場合があります。
専業主婦はあまり多くの金額を借りられないのですか?
全てのローンに制限が設けられてしまい、融資される金額は大幅に制限されてしまいます。特にカードローンの場合、10万円程度に制限されてしまう可能性が高まります。高額な融資に期待している人はその期待を持たないほうがいいでしょう。
専業主婦は在籍確認を行っているのですか?
在籍確認は行われません。個人への確認が行われた後、すぐに審査結果を通知する方法が主体となっています。ただ、銀行側の審査過程で他の確認作業が入るため、審査結果を通知されるまでに多くの時間が必要なケースもあります。
他社借入を持っている専業主婦は融資されないのですか?
信頼性が非常に厳しいと判断されて審査に落とされる可能性が高まります。専業主婦は返済能力がそもそもないと判断されていますし、その上で他社借入を持っているのであれば返済されないリスクが高まるため、金融機関が断ってしまいます。
即日融資が利用できる方法はありませんか?
専業主婦は即日融資に対応している消費者金融系が使えませんので、借りるというよりお金を出して貰う方法を利用するしかありません。質屋を利用するか、余程審査対応が甘めな街金を利用して即日融資を受ける方法が望ましいでしょう。
専業主婦が返済遅延を起こした場合はどうなりますか?
基本的に本人に連絡が入り、返済するように求められるケースがあります。それでも対応が遅れているようであれば、配偶者に対して連絡が入る場合もあります。返済遅延は融資を受けていることを知られる恐れがあるため、黙って利用するなら気をつけて対応してください。

まとめ

今回は、専業主婦(夫)におすすめのカードローン4選と、借り入れ時の審査ポイントや注意点を解説しました。

専業主婦(夫)がカードローンを利用する場合、消費者金融系カードローンは「総量規制」の対象となり、「配偶者貸付制度」を利用しない限り、借り入れができません。

パートナーに内緒で借り入れたい場合には、「総量規制」の対象外である銀行系カードローンの活用がおすすめです。ただし、借入限度額が低くなる、即日融資は不可能というデメリットがあるので、注意しましょう。

カードローンを利用する場合には、しっかり返済計画を立てて、無理な借入はしないようにしてくださいね。

関連記事

こちらの記事も合わせて読みたい
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事