【年齢別】生命保険の保険料をシミュレーション!保障内容も比較

「生命保険を選ぶ際は、保険料を比較して決めたい」と考える人は多いでしょう。同じ種類の保険でも、保障内容や特約などは商品によってさまざまです。

そこで今回は、年齢別に複数の保険商品の料金をシミュレーションしました。シミュレーションには、各保険の公式ページの見積もりを利用しています。

それぞれの保険の保障内容をできるだけ揃えて比較しているので、参考にしてみてください。

【死亡保険】年齢別保険料シミュレーション

メディケア生命 「メディフィット定期」

メディケア生命 「メディフィット定期」

メディケア生命 「メディフィット定期」は、業界最安水準の保険料が特徴の死亡保険です。

 保険金は、300万円〜3,000万円の間で100万円単位の設定が可能です。

自分や家族にとって必要な金額を、無理のない保険料の支払いで契約できます。保険期間は10年と60歳・65歳・80歳の歳満了が選べ、10年の場合には80歳まで延長可能です。

ライフステージごとに保険料の見直しをしたい場合には、保険期間10年がおすすめです。

保険料シミュレーション

シミュレーション条件
  • 保険金額:1,000万円
  • 特約なし
  • 保険期間10年
20歳 30歳 40歳 50歳
男性 839円 977円 1,847円 4,012円
女性 510円 772円 1,378円 2,595円

参考:https://www.medicarelife.com/products/medifit_t/

アクサダイレクト 「アクサの定期保険2」

アクサダイレクト 定期保険2

「アクサの定期保険2」は、保障期間を10年、55~70歳満了(5年ごと)の5タイプから選択できる商品です。

 保険金額は500万円から最大1億円まで選べるため、さまざまなニーズに合わせて加入しやすいといえます。

災害死亡保障が特約で付けるタイプであることや、高額割引制度の利用により保険料を割安に設定できる点も嬉しいポイントです。

健康状態の告知なしで、最長80歳まで保障を継続できます。

保険料シミュレーション

シミュレーション条件
  • 保険金額:1,000万円
  • 特約リビングニーズのみ(無料)
  • 災害割増特約なし
  • 保険期間10年
20歳 30歳 40歳 50歳
男性 900円 1,050円 1,910円 4,160円
女性 540円 830円 1,450円 2,680円

参考:https://www.axa-direct-life.co.jp/products/term/index.html

オリックス生命保険 「終身保険RISE [ライズ]」

終身死亡保険「RISE(ライズ)」

終身保険RISEは、保険金額を200万円から5,000万円まで100万円単位で設定できる保険です。

 負担できる保険料や希望する保険金額は家庭によって異なるので、ニーズに合わせて保険金額を設定できます。

また終身払いと10・15・20年、50~80歳(5年ごと)の11タイプから支払い方法から選択可能です。

低解約返戻金型を採用しているため一定期間を超えると返戻率がはかなり高くなり、110%以上の返戻金を受け取りが可能です。

保険料シミュレーション

シミュレーション条件
  • 月払い
  • 終身払い
  • 保険金額:1,000万円
20歳 30歳 40歳 50歳
男性 10,180円 12,710円 16,530円 22,570円
女性 9,010円 11,110円 14,120円 18,670円

参考:https://www.orixlife.co.jp/life/rise/

【医療保険】年齢別保険料シミュレーション

チューリッヒ生命 「終身医療保険プレミアムDX」

チューリッヒ生命 「終身医療保険プレミアムDX」

終身医療プレミアムDXは、短期化する入院・長期入院が心配な病気の両方に対応できる終身保険です。

 基本保障に特約を自由に付加できるので、幅広い保障内容を設定可能です。

日帰り入院でも10万円の一時金が給付されたり、退院後の通院も日額5,000円が給付されたりと安心して治療に専念できます。

入院日数の型は「30日型」「60日型」「120日型」から選べますが、7大疾病による入院はどの型を選んでも日数無制限で保障される点も嬉しいポイントです。

保険料シミュレーション

シミュレーション条件
  • 終身払い
  • 60日型
  • 入院日額給付:5,000円
  • 手術:入院中・放射線・外来 5万円
  • その他特約なし
20歳 30歳 40歳 50歳
男性 795円 980円 1,340円 1,980 円
女性 900円 1,080円 1,360円 1,950 円

参考:https://www.zurichlife.co.jp/product/category_iryo/shushiniryodx

ネオファースト生命 「ネオdeいりょう」

ネオファースト生命 「ネオdeいりょう」

ネオdeいりょうは、三大疾病や女性疾病に幅広く備えられる保険です。

 主契約は入院給付金のみとなっており、それ以外はオプションでカスタマイズできます。

特約や特則の種類が多く、自分にとって必要な保障を必要なだけ追加できる点が特徴です。

「所定の病気に対して入院歴がない」「喫煙者ではない」などの条件をクリアすると、保険料を安くできますよ。

保険料シミュレーション

シミュレーション条件
  • 終身払い
  • 健康保険料率適用
  • 60日型
  • 入院日額給付:5,000円
  • 手術:Ⅰ型(入院・外来2.5万円)
  • その他特約なし
20歳 30歳 40歳 50歳
男性 736円 973円 1,349円 1,929円
女性 937円 1,132円 1,356円 1,849円

参考:https://download.neofirst.co.jp/product2/iryo/iryoindex.html

メディケア生命 「新メディフィットA」

メディケア生命 「新メディフィットA」

新メディフィットAは、11種類の豊富な特約から保障内容をカスタマイズできる保険です。

 主契約は、ニーズに合わせて手厚くしたり、最低限にして保険料を抑えたりもできます。

特約を付加すれば、死亡時や所定の高度障害状態になったときに50万円を受け取れるので、保険料が無駄になりにくいのも特徴です。

女性に多い傾向のある上皮内がんも同じ内容の保障が受けられ、特約でさらに女性疾病に対する保障も手厚くできるので、女性も安心して加入できるでしょう。

保険料シミュレーション

シミュレーション条件
  • 終身払い
  • 1日5,000円
  • 60日型
  • 特約なし
  • 手術給付金:Ⅰ型(入院:5万円 外来:2.5万円)
  • 法さ線治療・骨髄移植術・骨髄幹細胞の採取手術:5万円
20歳 30歳 40歳 50歳
男性 795円 1,035円 1,430円 2,025円
女性 925円 1,100円 1,160円 1,545円

参考:https://www.medicarelife.com/products/medifit_na/

【がん保険】年齢別保険料シミュレーション

チューリッヒ生命「終身がん治療保険プレミアムZ」

チューリッヒ生命「終身がん治療保険プレミアムZ」

プレミアムZ終身がん治療保険は、自由に保障(特約)を組み合わせられる保険です。主契約の保障は、抗がん剤治療に関する給付金のみとなっています。

 主契約のみであれば非常に安く加入でき、自分に必要な特約だけを追加できるので多くのニーズに対応しているといえます。

また抗がん剤を投与すべきとされている月は通院しなくても給付金が受取れて、治療費だけでなく生活費にも充てられます。

月額で支払われるので、がんの闘病で生活が苦しくなる時に大きな助けとなるでしょう。

保険料シミュレーション

シミュレーション条件
  • 終身払い
  • 抗がん剤治療給付金 :10万円
  • 自由診療抗がん剤治療給付金 :Ⅰ型月額20万円
  • その他特約なし
  • 月払い
20歳 30歳 40歳 50歳
男性 460円 620円 860円 1,240円
女性 590円 770円 990円 1,230円

参考:https://www.zurichlife.co.jp/product/category_gan

ライフネット生命 「がん保険 ダブルエール」

ライフネット生命 「がん保険 ダブルエール」

ライフネット生命の「ダブルエール」は、シンプル・ベーシック・プレミアムの3タイプから、自分にとって必要な保障を選べるがん保険です。

 ベーシック・プレミアムには、がんと診断された後の保険料の払い込みが免除になる保障がついています。

プレミアムタイプであれば、がん治療による収入ダウンを最大5回の給付金でサポートしてくれるので、より手厚い保障を受けられます。

仕事とがん治療の両立に役立つサービスをライフネット生命が紹介してくれる「がん生活サポートサービス」もお得に利用できますよ。

保険料シミュレーション

シミュレーション条件
  • 終身払い
  • シンプルタイプ
  • がん診断一時金:100万円
  • 上皮内新生物診断一時金;がん診断一時金の半額
  • 特約なし
20歳 30歳 40歳 50歳
男性 895円 1,209 1,735円 2,661 円
女性 1,104円 1,437円 1,798円 2,110円

参考:https://www.lifenet-seimei.co.jp/product/cancer/

アクサダイレクト生命 「アクサダイレクトのがん終身」

アクサダイレクト生命 「アクサダイレクトのがん終身」

アクサダイレクトのがん終身は、主契約が診断給付金と入院給付金のみなので、できるだけ保険料を安く抑えたい方におすすめの保険です。

 医師・看護師に24時間365日電話で健康相談できるサービスが無料付帯しており、育児相談も可能です。

また、がん診断給付金は上皮内新生物も対象です。上皮内新生物になる可能性が比較的高いといわれている女性も、安心して加入できます。

セカンドオピニオンも無料付帯なので、病気になった時に自分にあった治療法を探したい人にもおすすめです。

保険料シミュレーション

シミュレーション条件
  • 終身払いのみ
  • がんの入院給付金:5,000円
  • がん診断給付金:50万円
20歳 30歳 40歳 50歳
男性 595 円 855円 1,275円 1,930円
女性 530 円 720円 955円 1,225円

参考:https://www.axa-direct-life.co.jp/products/cancer_life/index.html

生命保険の選び方

生命保険の選び方

必要な生命保険は、家族構成や収入、ライフステージなどによってさまざまです。ここでは、生命保険の選び方を4つのポイントで解説します。

生命保険の選び方
  1. 備えるべきリスクを把握
  2. 保険料予算の設定
  3. 保険期間の設定
  4. 保障内容の設定

1.備えるべきリスクを把握

ライフステージに合わせて、備えるべきリスクを把握しましょう。

 病気やケガで働けなくなった場合の生活費は、約6ヶ月分準備しておくべきだと言われています。

医療費の自己負担分や子どもの教育費などを考慮しても、自己資産内で対応できる場合は生命保険に加入する必要はありません。

2.保険料予算の設定

生命保険の選び方備えるべきリスクを把握できたら、次に毎月支払える保険料の予算を決定しましょう。

保険に加入する前に収入と支出のバランスを把握して、負担できる保険料を概算しておくべきです。

保険相談窓口を利用する場合にも「このくらいの保険料で考えています」と先に伝えておければ、スムーズな提案を受けられます。

3.保険期間の設定

生命保険の選び方

保険料の予算を決めたら、「保障を受けられる期間」を設定しましょう。生命保険は、保険期間によって「定期保険」と「終身保険」に分類されます。それぞれの特徴は以下のとおりです。

定期保険
  • 掛け捨てなので保険料は安い
  • 更新によって保険料は高くなっていく
終身保険
  • 保険料は一生涯変わらない
  • 解約返戻金を受け取れるので保険料は高い

ライフステージに合う保険期間を設定しましょう。たとえば20代などの若いうちは定期保険のほうが安いですが、更新するごとに保険料は上がります。

終身保険に加入しておけば保険料は上がりませんが、最初のうちは負担額は大きいです。

「保険料予算」で設定した金額と相談して決定するとよいでしょう。将来の負担を考えると、なるべく早い段階で終身保険に加入しておくべきだと言えます。

 医療保険やがん保険は、同じ商品で定期・終身を選択できるケースもあります。しかし終身払いにしても解約返戻金は少なく、貯蓄性はほとんどありません。

4.保障内容の設定

生命保険の選び方

保険期間が設定できたら、保障内容も細かく検討しましょう。

 保障内容とは、「死亡したらいくらもらえるのか」「ガンで入院したらいくらもらえるのか」など契約内容のことです。

同じ医療保険であっても、1日の入院で5,000円の給付を受けられるものもあれば、10,000円の給付を受けられるものもあります。

保障が手厚いほど保険料は高くなるので、設定した予算と相談しながら保障内容を決めるとよいでしょう。

必要な保障はライフステージによって異なるので、随時シミュレーションをして見直しが必要です。

生命保険に加入するメリット

生命保険に加入するメリット

生命保険に加入するメリットは、2つあります。

生命保険に加入するメリット
  • 思わぬリスクに備えられる
  • 節税対策になる

人は生きている間にさまざまなリスクに遭遇し、働けなくなったり大きな出費が必要になったりします。

 生命保険に加入すると、このような思わぬリスクに備えておけるので安心です。

また生命保険に加入すると、税金の控除を受けられます保険料控除には一般生命保険料控除、介護医療保険料控除、個人年金保険料控除の3つがあり、所得税や住民税を減らすことが可能です。

会社員なら年末調整、フリーランスや自営業なら確定申告すると控除を受けられますよ。

おすすめの無料保険相談窓口3選|生命保険に迷ったら

保険市場

保険市場

おすすめポイント
  • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
  • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
  • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。

全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
 オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。
取り扱い保険商品 91社
受付時間 9時~21時(年末年始以外)
店舗数 714店舗
キッズルーム 有り
オンライン面談 可能
出典:https://www.hokende.com/

ほけんのぜんぶ

ほけんのぜんぶ

おすすめポイント
  • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
  • 相談実績は15万件以上!
  • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。

 忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は30社以上になります。

資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!
取り扱い保険商品 30社以上
受付時間 24時間365日
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能
出典:https://hoken-all.net/cont/soudan_ad3/#section-office-site

マネードクター

マネードクター

おすすめポイント
  • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
  • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
  • 相談は何回しても無料!
マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。

相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。
取り扱い保険商品 29社
受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
店舗数 100拠点以上
キッズルーム あり
オンライン面談 可能
出典:https://fp-moneydoctor.com/

保険無料相談.com

保険無料相談.com

おすすめポイント
  • お客様満足度97.6%!
  • 担当者の希望を出せる!
  • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。


 オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。


まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。
取り扱い保険商品 34社
受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
店舗数 無し(訪問型)
キッズルーム 無し
オンライン面談 可能(一部地域)

よくある質問

保険料の安い死亡保険を教えてください。
今回紹介した掛け捨て保険の中におけるシミュレーションでは、掛け捨て保険であるメディケア生命の 「メディフィット定期」の保険料が最も安い結果となりました。
保険料の安い医療保険保険を教えてください。
20歳男性・終身払いでシミュレーションをして比較すると、ネオファースト生命 「ネオdeいりょう」の保険料が最も安い結果となりました。
保険料の安いがん保険死亡保険を教えてください。
20歳男性・終身払いでシミュレーションをして比較すると、チューリッヒ生命「終身がん治療保険プレミアムZ」の保険料が最も安い結果となりました。
生命保険料のシミュレーションで気を付けるべき点は?
それぞれの商品において保障内容や払込期間、特約などが異なり、シミュレーション時に自分で設定できる場合がほとんどです。複数の商品を比較する場合にはなるべく保障内容を揃えた条件でシミュレーションを実施するようにしましょう。
生命保険を選ぶ際のポイントは?
ライフステージによって備えるリスクは異なります。まずは必要な保障内容をピックアップしましょう。また保険料も毎月負担できる金額内に抑えておくべきです。
保険に加入する際に注意点はある?
必要ない保障内容がついている保険に加入していないか、ライフステージが変わるたびに見直しをしましょう。特に子どもが生まれた場合は、慎重に保険商品を検討すべきです。
どの生命保険に加入すればよいかわからない場合は?
無料の保険相談窓口を利用してみてください。ライフプランニングに合わせて、必要な保険を提案してくれます。

まとめ

今回は20歳~50歳までの年齢ごとに、死亡保険・医療保険・がん保険の保険料をシミュレーションで比較しました。健康状態が良い場合は、保険料がさらに安くなる場合もあるので、加入前にチェックしてみてください。

保険料は加入時の検討するポイントとして重要ですが、保障内容も確認しておくと安心です。

どの保険が自分に合っているか迷ったら、保険相談窓口を利用しましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事