おすすめの掛け捨て生命保険6選|安さ比較ランキングと選び方

「保険料が安い生命保険に入りたい!」なら、掛け捨てのタイプの生命保険がおすすめです。支払った保険料は戻って来ませんが、もしもの時に備えられ、保険料が安いメリットがあります。

そこで今回は、おすすめの掛け捨て生命保険と、保険の選び方を解説します。

保険料の安さを比較したランキングもご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

おすすめの掛け捨て生命保険6選

今回は掛け捨て生命保険の中から、保険料が安く保障が充実しているおすすめの死亡保険をご紹介します。

ライフネット生命 「家族への保険」

かぞくへの保険

ライフネット生命 「家族への保険」の特徴
  • ネット保険なので保険料が安い
  • 保険料・保険期間を選ぶだけのシンプルな設計
  • 特約はない

「かぞくへの保険」は、インターネットのみの申し込みとなるネット型保険です。他の掛け捨て生命保険と比較しても、保険料はかなり安く設定されています。

 保険金額を最大1億円まで選べる点も、大きな魅力のひとつです。

特約がなく、設定するのは保険金額と保険期間のみとシンプルでわかりやすく、必要最低限の保障で十分という人に適しています。

健康診断書の提出も必要ないので、健康状態に不安がある人でも契約できます。
保険期間 10年・20年・30年・65歳まで・80歳まで・90歳まで
契約年齢 20歳~70歳
保険金額 500万円または300万円~1億円(100万円単位で設定可能)
保険料目安(30歳男性 保険期間10年 保険金500万円 659円

https://www.lifenet-seimei.co.jp/product/life/

アクサダイレクト 「アクサの定期保険2」

アクサダイレクト 定期保険2

アクサダイレクト「アクサの定期保険2」の特徴
  • 特約で、災害死亡時にさらに2,000万円の保障をプラスできる
  • 高額割引制度あり
  • 保障期間・保険金額を選択できる

    「アクサの定期保険2」は、保障期間を10年、55~70歳満了(5年ごと)の5タイプから選択できる商品です。

     保険金額は500万円から最大1億円まで選べるため、さまざまなニーズに合わせて加入しやすいといえます。

    また健康状態の告知なしで、最長80歳まで保障を継続可能です。災害死亡保障が特約で付けられるタイプなので、保障を手厚くすることもできます。

    高額割引制度の利用により保険料を割安に設定できる点も嬉しいポイントでしょう。
    保険期間 10年・55歳・60歳・65歳・70歳
    契約年齢 満20歳~満69歳(保険期間10年の場合)
    保険金額 500万円~1億円(100万円単位で設定可能)
    保険料目安(30歳男性 保険期間10年 保険金500万円 650円

    https://www.axa-direct-life.co.jp/products/term/index.html

    オリックス生命 「Fine Save(ファインセーブ)」

    オリックス生命 「Fine Save(ファインセーブ)」

    オリックス生命 「Fine Save(ファインセーブ)」の特徴
    • 最長90歳まで更新可能
    • 保険期間の選択肢が多い
    • 災害時の死亡でも同額保障

    オリックス生命のFine Save(ファインセーブ)は、保険金額を200万円から5,000万円まで100万円単位で設定できる商品です。(49歳以降は300万円から)

     特約なしで災害時に同額保障を受けられる点も、大きなメリットです。

    また保険期間は10~35年までと60歳~90歳までの5年刻みと選択肢が多く、さまざまなニーズに合わせて利用できます。

    最長90歳まで更新できるので、ほぼ一生涯保障を受けられる保険商品です。
    保険期間 10年満了から35年満了まで、60歳満了から90歳満了まで5年刻み
    契約年齢 15歳~75歳
    保険金額 200万円または300万円〜5,000万円(100万円単位で設定可能)
    保険料目安(30歳男性 保険期間10年 保険金500万円 990

    https://www.orixlife.co.jp/life/finesave/

    メディケア生命 「メディフィット定期」

    メディケア生命 「メディフィット定期」

    「メディフィット定期」の特徴
    • 保障期間を4タイプから選択できる
    • 設定できる保険金額は年齢によって異なる
    • 災害時による死亡でも同額の保険金額を支払い

    「メディフィット定期」は、保険期間を10年、60歳・65歳・80歳満了の4タイプから選択できる商品です。保険金額は、加入年齢によって選べる範囲が異なります。

     不慮の事故で所定の障害状態になった場合には、以後の保険料は掛からなくなるので安心です。

    病気や事故だけでなく、災害によって死亡した場合にも同等の保険金額が支払われるので、自然災害にも備えられます。

    特約がないシンプルな保険で、保険料をかなり抑えられる点も魅力的ですね。
    保険期間 10年・60歳・65歳・80歳
    契約年齢 20~70歳
    保険金額 500万円または300万円~3,000万円(100万円単位)
    保険料目安(30歳男性 保険期間10年 保険金500万円 613円

    https://www.medicarelife.com/products/medifit_t/

    メットライフ生命 「スーパー割引定期保険」

    メットライフ生命 「スーパー割引定期保険」

    メットライフ生命「スーパー割引定期保険」の特徴
    • 健康な人は割引がきく
    • 保険金額・保険期間を設定できる
    • 保険料率は最長80歳まで適用

      メットライフ生命の「スーパー割引定期保険」は、保険期間を10年・20年、60歳・65歳満了の4タイプから選択できる商品です。保険金額は500万円から最大3,000万円まで、100万円単位で設定できます。

       喫煙の有無や血圧、体格などによって健康状態を4段階で分け、健康だと判断された人ほど割引が大きくなる保険料率を採用しています。

      最大で54%も保険料が安くなるので、健康に自信がある人に特におすすめです。

      保険料率は、健康状態にかかわらず更新により最長80歳まで適用されます。
      保険期間 10年・20年60歳・65歳
      契約年齢 20~65歳
      保険金額 500万円~3,000万円(100万円単位)
      保険料目安(30歳男性 保険期間10年 保険金500万円 580円(非喫煙者・正常BMIの場合)

      https://www.metlife.co.jp/products/life/sslt/

      チューリッヒ生命 「定期保険プレミアムDX」

      チューリッヒ生命 「定期保険プレミアムDX」

      チューリッヒ生命「定期保険プレミアムDX」の特徴
      • 健康だと保険料が安くなる
      • 保険期間は6タイプから選択可能
      • 災害時にも同等の保険金額

        チューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDXは」、保険期間を10年、55歳・60歳・65歳・70歳・90歳満了の6タイプから選択可能です。保険金額は、加入年齢によって選べる範囲が異なります。

        最大1億円まで設定できるので、どんな目的でも加入しやすい保険だといえます。

         喫煙の有無や血圧の値によって保険料が割引になるので、血圧に気を遣っている非喫煙者におすすめです。

        年払いを利用すると保険料を安くできたり、払込の追加なしで災害時の死亡にも同等保障を受けられたりするのも嬉しいポイントでしょう。

        2020年9月時点で契約件数120万件を突破し、人気上昇中の商品です。
        保険期間 10年・55歳60歳・65歳・70歳・90歳
        契約年齢 20歳~69歳(保険期間10年の場合)
        保険金額 200万円または500万円~1億円(100万円単位)
        保険料目安(30歳男性 保険期間10年 保険金500万円 780円(非喫煙者の場合)

        https://www.zurichlife.co.jp/product/category_shibou/teikihoken

        掛け捨て生命保険の安さ比較ランキングTOP3

        ここでは上記で紹介した掛け捨て生命保険の中から、以下の条件で比較した際の「保険料安さランキング」をご紹介します。

        掛け捨て生命保険保険の比較条件
        • 30歳/男性
        • 保険金額:1,000万円
        • 健康体割引・追加払込の特約なし
        • 毎月支払い(年払いなし)

        健康体割引が適用になる場合、保険料ランキングは変わります。

        第1位:メディケア生命 「メディフィット定期」977円/月

        メディケア生命 「メディフィット定期」

        「メディフィット定期」の特徴
        • 保障期間を4タイプから選択できる
        • 設定できる保険金額は年齢によって異なる
        • 災害時による死亡でも同額の保険金額を支払い

        第2位:アクサダイレクト 「アクサの定期保険2」 1,050円/月

        アクサダイレクト 「アクサの定期保険2」

        アクサダイレクト「アクサの定期保険2」の特徴
        • 特約で、災害死亡時にさらに2,000万円の保障をプラスできる
        • 高額割引制度あり
        • 保障期間・保険金額を選択できる

        第3位:ライフネット生命 「家族への保険」 1,068円/月

        かぞくへの保険

        ライフネット生命 「家族への保険」の特徴
        • ネット保険なので保険料が安い
        • 保険料・保険期間を選ぶだけのシンプルな設計
        • 特約はない

        掛け捨て生命保険とは?|保険料が安い

        掛け捨て生命保険とは?|保険料が安い

        生命保険は死亡や病気など万が一のリスクに備えておくものですが、同じリスクに対しても保険商品によって保障内容や支払い方法などはさまざまです。

        そのなかでも「掛け捨て」と「貯蓄型」は、保障内容や保険料などの特徴が大きく異なります。

        ここでは掛け捨て生命保険の特徴や、貯蓄型の生命保険との違いについて解説します。

        掛け捨て生命保険の特徴

        掛け捨て生命保険の特徴

        掛け捨て生命保険とは、契約した期間にリスクが何も起きなかった場合に、支払った保険料が一切返ってこない商品です。保険期間が限られていることから「定期保険」ともいいます。

        掛け捨て型の特徴
        • 保険料が安い
        • 更新して保険期間を延長できる
        • 資産形成には向かない

            満期保険金がないため保険料は安く設定されていますが、更新後は年齢に応じて保険料が上がります

            貯蓄型の生命保険との違い

            掛け捨て生命保険とは?|保険料が安い

            掛け捨て生命保険とは別に、「貯蓄型」の生命保険があります。積立型とも呼ばれており、掛け捨てと同じ保障部分のほかに貯蓄機能がついた保険です。貯蓄型の生命保険は、以下の3つのタイプに分類されます。

            貯蓄型の生命保険
            • 解約返戻金を受け取れる
            • 満期保険金を受け取れる
            • 年金形式で給付金を受け取れる

            保障が一生涯続く終身保険以外にも、養老保険や学資保険、個人年金保険などがこの類に属します。

            終身保険の特徴

            保険期間 一生涯
            途中解約 解約返戻金が受け取れる
            保険料 掛け捨て型より高い
            保険料の更新 更新はなく、保険料は加入時から一定

            養老保険・学資保険・個人年金保険の特徴

            養老保険や学資保険は、貯蓄をメインの目的とした商品です。保障期間が決まっている場合と、一生涯続く場合があります。

            保険期間終了 満期保険金を受け取れる
            途中解約 解約返戻金が受け取れる

            また積立型の保険の場合、保険料払込期間を短く設定すれば解約返戻金が払込合計額よりも増えていきます。

            年金タイプの給付金が受け取れる個人年金保険には、運用結果によって受取額が変動するタイプの外貨建てや変額保険も含まれています。

            掛け捨て生命保険の選び方

            掛け捨て生命保険の選び方

            掛け捨て生命保険を選ぶ際は、以下の3つのポイントを重視するとよいでしょう。

            掛け捨て生命保険の選び方
            1. 保険料
            2. 目的
            3. 保険期間

              1.保険料

              掛け捨て生命保険の最大の魅力は、保険料が安い点です。貯蓄性のない掛け捨て保険の保障内容は、保険会社でそこまで差がありません。以下に当てはまるなら、保険料が少しでも安い商品を選ぶとよいでしょう。

              掛け捨て生命保険をおすすめしたい人
              • 健康状態がよく、病気になるリスクが低い
              • 生活費の負担が大きく、保険にそこまでお金をかけられない

                保険料で商品を比較する際は、「付加保険料」と「健康体割引の有無」の2つのポイントを重視してみてください。

                 付加保険料とは、保険料は保証にかかる部分以外に保険会社の運営費として使われている費用のことです。

                人件費や営業などにかかるお金(経費)のことです。ネット保険は付加保険料が安い傾向にあります。また喫煙歴がない人やBMIが標準に近い人に適用される割引にも注目しましょう。

                  健康な人は死亡リスクが低いため、あらかじめ保険料を安く設定している保険商品もあります。

                  2.目的

                  掛け捨て生命保険の選び方

                  掛け捨て生命保険とひとくくりでいっても、備えるリスクによって加入する商品は異なります

                  死亡保険 死亡や高度障害に備えたい
                  医療保険 病気やケガに備えたい 
                  がん保険 ガンに特化して備えたい 

                  それぞれ年齢や健康状態に合わせて、必要な保障は最低限組んでおくべきでしょう。

                  3.保険期間

                  保険期間は、商品によって決まっている場合と自分で設定できる場合があります。

                   保険期間によって保険料も変わるので、ライフステージに合わせて決めましょう。

                  たとえば、現在12歳の子供がいる場合、大学卒業までおよそ10年間あります。この10年間はお金がかかる時期だと考えて、できるだけ安い保険料の商品で、保険期間を10年に設定するとよいでしょう。

                  10年経ち子供が社会人になるタイミングで、終身保険などの他の保険へ切り替えるか、そのまま更新するのか検討してみてください。

                  掛け捨て生命保険に加入するタイミング

                  掛け捨て生命保険に加入するタイミング

                  人生にはさまざまなライブイベントがあり、それに応じて加入する保険を見直していく必要があります。ここでは掛け捨て死亡保険に加入するべき人やそのタイミングについて解説します。

                  死亡保険への加入は家庭を持つ人だけでよい

                  死亡保険とは、被保険者が亡くなった・もしくは高度障害状態になった際に、生活を共にする家族を支える目的で加入するものです。したがって、ひとり暮らしの場合には、死亡保険へ加入するメリットはありません

                  病気やケガに備えて、医療保険やがん保険を手厚くしておくとよいでしょう。

                  子育て中は掛け捨て生命保険を

                  掛け捨て生命保険に加入するタイミング家庭を持つ方は、万が一に備えて死亡保険へ加入しておきましょう。

                   子育て世代の家庭は、掛け捨て型をおすすめします。

                  教育費や生活費の負担が大きく、保険にそこまでお金をかけられる時期ではないからです。

                  子育て中の家庭には、保険料を抑えつつ万が一に備えて手厚く準備しておける掛け捨て保険はぴったりです。

                  終身保険で教育費を貯蓄する方法もありますが、払込途中で解約すると損をする恐れがありおすすめできません。子供が自立するまで、死亡保険と貯蓄は切り分けて考えたほうが無難でしょう。

                  子供がいない・子育てが終わっていれば必要ない

                  掛け捨て生命保険に加入するタイミング

                  子供のいない家庭や子育てが終わって老後に備えるタイミングでは、掛け捨て生命保険はあまり必要ありません。

                   自分たちの老後に向けて、貯金を貯めたり、積立型の保険に加入したりしておくほうがメリットが大きいです。

                  生活費もそこまで高くないので、保険料を少し上げても負担に感じることは少ないはずです。

                  迷ったら保険相談窓口へ|おすすめの保険相談窓口

                  保険市場

                  保険市場

                  おすすめポイント
                  • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
                  • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
                  • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
                  保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。

                  全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
                   オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
                  取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。
                  取り扱い保険商品 91社
                  受付時間 9時~21時(年末年始以外)
                  店舗数 714店舗
                  キッズルーム 有り
                  オンライン面談 可能
                  出典:https://www.hokende.com/

                  ほけんのぜんぶ

                  ほけんのぜんぶ

                  おすすめポイント
                  • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
                  • 相談実績は15万件以上!
                  • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
                  ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。

                   忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
                  今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は30社以上になります。

                  資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!
                  取り扱い保険商品 30社以上
                  受付時間 24時間365日
                  店舗数 無し(訪問型)
                  キッズルーム 無し
                  オンライン面談 可能
                  出典:https://hoken-all.net/cont/soudan_ad3/#section-office-site

                  マネードクター

                  マネードクター

                  おすすめポイント
                  • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
                  • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
                  • 相談は何回しても無料!
                  マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。

                  相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
                  マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。
                  取り扱い保険商品 29社
                  受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
                  店舗数 100拠点以上
                  キッズルーム あり
                  オンライン面談 可能
                  出典:https://fp-moneydoctor.com/

                  保険無料相談.com

                  保険無料相談.com

                  おすすめポイント
                  • お客様満足度97.6%!
                  • 担当者の希望を出せる!
                  • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
                  保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。


                   オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
                  保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。


                  まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。
                  取り扱い保険商品 34社
                  受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
                  店舗数 無し(訪問型)
                  キッズルーム 無し
                  オンライン面談 可能(一部地域)

                  よくある質問

                  おすすめの掛け捨て生命保険を教えてください
                  健康状態に自信がある方はメットライフ生命の「スーパー割引定期保険」をおすすめします。また保険金額を高めに設定したい方は、ライフネット生命の「かぞくへの保険」やチューリッヒ生命の「定期保険プレミアムDX」も良いでしょう。
                  保険料が安い掛け捨て生命保険を教えてください
                  今回紹介したなかで、最も保険料が安い掛け捨て生命保険はメディケア生命 の「メディフィット定期」です。保険料は1,000万円の保険金で30歳男性の場合、月々977円です。
                  掛け捨て生命保険とはどのような保険ですか?
                  掛け捨て生命保険とは、契約した期間にリスクが何も起きなかった場合、支払った保険料が一切返ってこないタイプの商品です。
                  掛け捨て型と積立型の違いは?

                  積立型の保険は、掛け捨てと同じ保障部分の別に貯蓄機能がついています。解約返戻金や満期保険金を受け取れるタイプのものや、年金方式で少しずつ給付金を受け取れるタイプまでさまざまです。

                  掛け捨て生命保険の選び方は?
                  掛け捨て生命保険の最大の魅力は保険料の安さにあるので、まずは保険料を比較してみるとよいでしょう。また目的によっては、保険商品を組み合わせて加入する必要があります。
                  掛け捨て生命保険に加入すべきタイミングはいつ?
                  掛け捨ての死亡保険が必要なのは、子育て世代の両親です。普段の生活で負担になりすぎない保険料で、万が一の際の生活費や教育費を準備しておけるからです。
                  掛け捨て生命保険に加入するメリットは?
                  掛け捨て生命保険に加入するメリットは、安い保険料で充実した保障を受けられる点です。貯蓄性がない分、「保障部分」だけにフォーカスしたい方におすすめします。

                  まとめ

                  今回はおすすめの掛け捨て生命保険と、選び方について解説しました。掛け捨て生命保険は貯蓄性がない分、保険料が安く設定されています。

                  また子育て中など、両親の万が一に備えておきたい場合にも、普段の生活で負担にならない保険料の掛け捨て生命保険がおすすめです。今回紹介した保険料の比較ランキングなどを参考にして、早めに備えておきましょう。

                  「貯蓄は自分でできるので、最低限の保障だけつけておきたい」なら、掛け捨て生命保険の加入を検討してみてください。
                  ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
                  ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
                  ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
                  ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
                  ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
                  おすすめの記事