ネット保険にデメリットはある?特徴やメリットも紹介

「ネット保険は保険料が安くておすすめと聞いたけど、デメリットはないの?」と疑問に思っていませんか?ネット上で契約するのはなんとなく不安で、保障内容もよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ネット保険のデメリットや加入をおすすめできる人の特徴などについて解説します。

ネット保険へ加入する際に確認すべきことを幅広くまとめたので、ぜひ参考にしてください。

ネット保険とは|保険料が安い理由

ネット保険のデメリットをスマホで調べる

ネット保険とは、インターネット上で手続きが完結する保険のことをいいます。保険の公式サイトから申し込みができるようになっており、その際に保障内容や保険金額を確認も可能です。

 ネット保険は保険料が安い点が強みで、その理由は「付加保険料」にあります。

そもそも保険料は、純保険料と付加保険料の2種類で構成されています。

純保険料 保障や貯蓄の準備に使われる
付加保険料 保険会社の経費にあてられる

ネット保険は店舗の運営費や人件費、事務費があまり必要ないため、対面販売の商品に比べて保険料が安くなっているという仕組みです。

対面販売との違い

対面販売では、担当者と直接会って話しながら保障内容を決めて手続きをします。

付加保険料が高いので、その分ネット保険よりも支払う保険料は高額です。

販売員にしっかり相談してから決めたい、保険に対する知識が全くないという人は対面販売が向いているでしょう。

自動車・バイク保険にもネット保険はある?

自動車保険にもネット保険がある

自動車保険やバイク保険にも、インターネットで手続きができる商品があります。また多くの自動車保険が、インターネットからの契約で保険料が割引される商品を取り扱っています。

 ネット自動車保険への加入を検討している場合には、一括見積サイトの利用もおすすめです。

自動車保険は車の種類や事故歴などによって保険料が異なるので、料金のシミュレーションをする際に多くの情報を入力しなければなりません一括見積サイトを利用すれば、一回の情報入力で複数の自動車保険を比較できます。

補償内容も同時に比べられるので、保険を決めるまでにかかる時間は圧倒的に短くなるでしょう。

出典:アクサダイレクト「アクサダイレクトの自動車保険」

ネット保険に加入する3つのメリット

パソコンでネット保険を検索する

ネット保険に加入するメリットは、3つあります。

ネット保険に加入するメリット
  1. 保険料がとにかく安い
  2. 店舗に足を運ぶ必要がない
  3. 担当者の意見に流されない

1.保険料がとにかく安い

ネット保険は、とにかく保険料が安い点が特徴的です。たとえばオリックス生命にはネット型と対面販売型2つの定期死亡保険があり、それぞれ保険料は以下のように異なります。

定期保険ファインセーブ(対面販売型) 1,690円/月
定期保険ブリッジ(ネット型) 974円/月

※保険期間10年、保険金額1,000万円の場合

同じ保険会社で同じ保障内容なのに、ネットで申し込みをするだけで月々700円以上も安くすることが可能です。

出典:オリックス生命の定期保険

2.店舗に足を運ぶ必要がない

自宅からネット保険のデメリットを調べる

ネット保険の場合スマホやパソコンで手続きが完了するので、店舗に足を運ぶ必要がありません

仕事や育児で時間が取りにくい場合や販売会社が近くにない場合は、自宅にいながら手軽に契約できるネット保険は便利でしょう。

3.販売員の意見に流されない

ネット保険は、契約内容をひとりで決められる点が魅力的です。対面販売の場合、契約内容を決めていったとしても販売員から別の商品や保障内容を提案されるケースが考えられます。

 必要な保障を提案してくれても、「思ったより保険料が高くなってしまった」と後悔することもあります。

ネット保険なら、販売員の意見に流されることなくゆっくり検討できます。

ネット保険に加入する4つのデメリット

ネット保険のデメリットを考える男性

メリットが大きく感じるネット保険ですが、デメリットもあります。以下の4つのデメリットを把握して、自分にあっているか検討する必要があるでしょう。

ネット保険に加入するデメリット
  1. 契約内容を自分で決める必要がある
  2. 契約できる商品数が少ない
  3. 審査はやや厳しい傾向にある
  4. 手続きを全て自分でしなければならない

1.契約内容を自分で決める必要がある

保険相談員などを通さずに契約するネット保険は、ホームページを自分で確認して、保障内容を全て把握する必要があります。そのため、保険の仕組みや保障内容などについて、きちんと理解しておかなければなりません。

 生命保険はライフステージや収入によって、必要性は大きく異なります。

契約内容が自分にとって本当に必要なのか、正しく備えられているのかをひとりで判断しなければならないのです。

いくら安いネット保険でも、保障内容によっては保険料を無駄にしていることになります。

2.契約できる商品数が少ない

ネット保険のデメリットを相談する

ネットで手続きできる商品の種類は、限られています養老保険や個人年金保険など貯蓄型の保険や、変額保険など運用によって受取額が変動する商品は、対面販売でしか取り扱っていない場合がほとんどです。

 商品によっては加入時の注意点が多く、直接説明をしなければ販売できない決まりがあるため、ネット保険では扱っていない商品も多く存在します。

またネット保険は対面販売に比べて、付加できる特約も少なめな傾向です。

細かく保障を設定して契約したいと考えているなら、ネット保険は向いていません。

3.審査はやや厳しい傾向にある

ネット保険は、審査基準がやや厳しい傾向にあります。生命保険に加入する際は、健康状態や既往歴のような情報を正しく告知しなければならない義務があります。

 手続き時に嘘をつくと「告知義務違反」として、契約解除を強いられる可能性が高いです。

ネット保険は加入希望者が直接手続きをするため、記載内容をよく理解できず間違って申告してしまう場合が考えられます。

販売員を介さないからこそ、審査時に厳しくチェックされているのです。

4.手続きを全て自分でしなければならない

ネット保険の手続きに困惑する女性

ネット保険は店舗に足を運ばずに申し込みを完了させられますが、その分手続きは全て自分でしなければなりません

 加入後も、結婚や引っ越しによって個人情報が変わった際には、自分で手続きする必要があります。

「手続きの仕方が分からない」という際には、コールセンターや問い合わせページを利用できます。

初めてでもサポート体制は整っていますが、不安な人は対面での契約がおすすめです。

ネット保険はこんな人に向いている

ネット保険は、以下のような人が向いているといえます。

ネット保険が向いている人
  1. 保険料をなるべく安く抑えたい人
  2. シンプルな保障内容で備えたい人
  3. 保障内容を自分で決められる人
  4. 店舗に行く時間がない人
  5. 健康状態に自信がある人

1.保険料をなるべく安く抑えたい人

ネット保険の保険料を計算する

ネット保険最大の魅力は、保険料が安い点にあります。「保障はなるべく手厚くしたまま、保険料を抑えたい」という人には、ネット保険がおすすめです。

 生命保険のホームページは誰でも手続きできるように、わかりやすく設計されています。

どうしてもわからない場合には、コールセンターやお問い合わせ窓口などのサポートを受けられることがほとんどです。

インターネットの操作に自信がなくても、申し込みフォームの案内に沿って入力していけばそこまで難しくないですよ。

2.シンプルな保障内容で備えたい人

ネット保険の保障内容は、シンプルに設計されている場合がほとんどです。

「特約は不要で、最低限の保障があれば良い」という人は、ネット保険をおすすめします。

3.保障内容を自分で決められる人

相談せずにネット保険を決める

ネット保険は商品の検討から手続きまで、全て自分で行う必要があります。一方で、対面型のように販売員の意見に流されて、不本意な保障内容で契約してしまうリスクがありません。

「どんな保障に備えたいのか」が明確になっている人ほど、ネット保険は向いています。

4.店舗に行く時間がない人

ネット保険はスキマ時間を利用して、スマホやパソコンから手軽に手続きが可能です。時間がない人や近くに保険会社がない場合に活用できます

 どこでも手続きできるからと、カフェやレストランのように人の行き来が多い場所での手続きは控えましょう。

保険契約時の契約内容は個人情報の入力は必要になるため、知らない人にみられてしまうと個人情報が漏れてしまうリスクがあります。

申込内容を間違えると審査にも影響するので、自宅などのなるべく落ち着ける環境での手続きをおすすめします。

5.健康状態に自信がある人

ネット保険は元気な人におすすめ

健康状態に問題ない人は、ネット保険の審査に通過しやすい傾向があります。

 生命保険には既往歴や持病がある人でも加入できる商品がありますが、ネット保険の場合はかなり限られてきます。

もし少しでも健康に不安がある場合には、直接販売員へ相談したほうが安心です。

ネット保険に加入する際の注意点

ネット保険に加入する際は、以下の点に注意が必要です。

ネット保険加入時の注意点
  1. 入力ミスに気をつける
  2. 提出書類に不備がないか注意する
  3. 保障内容はしっかり把握する

入力内容や提出書類に不備があれば、保険に加入できなくなったり強制解約になったりする可能性があります。申し込み手続きはミスのないように慎重に行いましょう

また、安いだけで契約すると必要な保障を受けられないことにも繋がるので、保障内容はしっかり把握しておく必要があります。

もしも手続き中に疑問点が出てきた場合には、カスタマーコールやお問い合わせページを利用してみてください。

申し込みしたい商品について正しく理解し、シミュレーションページも使って必要な保障を十分検討してから申し込むべきです。

 

ネット保険の申し込み〜契約までの流れ

ネット保険料を計算する

ネット保険への加入を検討している場合は、以下の手順に沿って申し込み・契約をしましょう。

ネット保険の申し込みから契約までの流れ
  1. 備えるべき保険を把握する
  2. 保険料の予算を決める
  3. 料金シミュレーションで保険料・保障内容を検討する
  4. 申込情報を記載する
  5. 審査が実施される
  6. お申込みが完了し、保険証券が送付される

    1.備えるべき保険を把握する

    ますは自分が備える必要のある保険を把握しましょう。死亡や高度障害に備えたい場合は死亡保険、病気やケガに備えたい場合は医療保険など、リスクによって加入する生命保険の種類は異なります。

    まずは「どんな時に保険を必要とするか」という視点で、自分が加入すべき生命保険をピックアップしましょう。

    2.保険料の予算を決める

    ネット保険にかける予算を決める

    次に保険料の予算を決定します。生命保険文化センターのデータによると、各ライフステージにおける毎月の平均保険料は以下のとおりです。

    月々の払込総額
    夫婦のみ(40歳未満) 2万200円
    夫婦のみ(40~59歳) 3万1,100円
    末子乳児がいる家庭 2万8,700円
    末子保育園児・幼稚園児 3万4,400円
    末子小・中学生 3万3,600円
    末子高校・短大・大学生 3万8,500円
    末子就学終了 3万8,200円
    高齢夫婦有職(60歳以上) 2万6,700円
    高齢夫婦無職(60歳以上) 2万1,300円
    その他 3万1,275円

    平成30年度「生命保険に関する全国実態調査」

    データを参考に、収入や家族構成に合わせて保険料の予算を決めておくと、保障内容を決めやすくなります。

    3.料金シミュレーションで保険料・保障内容を検討する

    ネット保険で病気に対する備えを決める

    ネット保険の公式サイトにある料金シミュレーションページを利用して、保障内容を決定しましょう。

    前の手順で決定した保険料の予算と、シミュレーション結果を照らし合わせて検討すると、無駄なくスムーズに決められます。

     

    4.申込情報を記載する

    シミュレーションページで保険料と保障内容を確認できたら、申し込み手続きに入ります。入力情報を間違ってしまうと加入できない可能性があるので、入力ミスのないように慎重に手続きを進めましょう

     支払い方法を設定する必要があるので、クレジットカードや口座情報が分かる書類を準備しておくとスムーズです。

    夜間だとメンテナンスなどで申込できないこともあります。急いで加入したいなら、日にちに余裕を持って手続きを進めましょう。

    5.審査が実施される

    生命保険のデメリットをノートに書く

    申し込みが完了すると、審査が実施されます。審査は、以下の3つが基準となります。

    審査基準
    • 健康状態
    • 職業
    • 保険会社とのトラブル歴

    治療中であったり重篤な既往歴があったりすると保険金が必要となるリスクが高くなるので、審査に落ちる可能性は高いといえます。

     危険性の高い職業に付いている場合も、審査基準は厳しくなるでしょう。

    たとえば、ケガをしやすいボクサーやラグビー選手、サーカス団、スタントマンなどはリスクが高いので審査に通りにくいと言われています。

    また、健康状態や職業内容が審査基準をクリアしたとしても、過去の状況によっては新規加入が難しいです。

    過去に生命保険を不正利用したり、保険料の支払いを滞納していたりなどのトラブルがあった場合には審査が通りにくいと考えておきましょう。

    6.お申込みが完了し、保険証券が送付される

    書類が送られてくる

    審査に通ると申し込みが完了し、後日保険証券が送付されます保険証券の内容を十分確認し、不備や間違いがないか必ず確認しましょう。

     契約した保障が開始される「責任開始日」は、手続きが完了した日にちではないので要注意です。

    一般的に保険の責任開始日は、以下のように定められています。

    責任開始日

    「申込み」「告知・診査」「第一回保険料の払込み」の3つすべてが完了したとき

    したがって、1回目の保険料払込日は把握しておき、支払いが正しくできているかチェックしておくと安心です。

    商品によっては「責任開始日に関する特約」といって、1回目の保険料を支払わなくても申し込みや告知が完了した時点で責任開始となる場合もあります。

    がん保険の保障は責任開始日から90日後に開始されるので、こちらも把握しておきましょう。

    ネット保険の加入前に必ずすること

    終身保険の加入前に必ずすること

    ネット保険の加入前にはまず、保険相談窓口に相談しましょう。保険相談窓口では、ネット医療保険を検討する際に、お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが無料で保険の相談乗ってくれます。

    ネット保険はインターネットから手軽に申し込みができ、他の保険と比較しても保険料を安く済ませることができます。しかし、分からないことも多く、登録するのが不安な方もいらっしゃるでしょう。

    加入する際に失敗しないためにも、一度保険相談窓口で相談しておくことをおすすめします。

    保険相談窓口を利用するメリット

    保険窓口を利用するメリットは主に以下の6つがあります。

    保険窓口を利用するメリット
    • プロから専門的なアドバイスがもらえる
    • 各会社の保険を比較してもらえる
    • 申し込み手続きから契約後のサポートまで充実
    • 何回でも無料で相談可能
    • 全国に750以上の店舗数
    • オンライン相談も可能
    保険会社は多数存在しており、会社によってネット保険の特徴も異なるので、プロと相談することで自分に合った保険を見つけることが出来るでしょう。

    専門家の力を借りることで自分の作業負担も減るので、保険の加入を検討中の方は是非利用しましょう。

    保険相談窓口の選び方

    保険相談窓口を選ぶ際は以下のポイントをチェックしておくと良いでしょう。

    保険相談窓口の選び方
    • 専門性の高い相談員であるか
    • 取り扱い保険会社数が多いか
    • 自分のエリアに対応しているか
    • アフターフォローが充実しているか
    • オンライン相談が可能か
    次の項目でおすすめの保険相談窓口を紹介しているので、参考にしてみて下さいね。

    おすすめ保険相談窓口4選|迷ったらプロに相談

    ほけんのぜんぶ

    ほけんのぜんぶ
    おすすめポイント
    • お金のプロであるファイナンシャル・プランナーが200人以上在籍!
    • 相談実績は15万件以上!
    • 相談は24時間365日受け付けているので、忙しくてもOK!
    • 今なら無料相談をするともれなく豪華なプレゼントゲット!
    ほけんのぜんぶはお金のプロフェッショナルに気軽に相談ができる相談窓口です。保険の見直しだけでなく、住宅ローンなど、お金の悩み全般を相談できるので、心強いですね。
     忙しくて時間が取れない方でも、相談は24時間365日受け付けていますし、近くのカフェや自宅まで訪問してくれる出張相談も対応していますので、利用しやすいでしょう。
    今までの相談実績は累計15万件以上。取り扱っている保険会社は30社以上になります。
    資産に不安がある高齢者や、子育て資金への悩みが多い子育て世代からも支持を得ています!

    今なら無料相談をするともれなくプレゼントゲット!

    現在ほけんのぜんぶでは、無料相談の面接をした方全員に食品やグッズをプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
    プレゼントの種類
    A:北海道産 ゆめぴりか 2kg
    B:ウェルチ100% 果汁ギフト(9本セット)
    C:い・ろ・は・す 天然水
    C:有機 エキストラヴァージン オリーブオイル
    D:アンパンマン 砂場セット
    E:ごっつん防止 リュック
    取り扱い保険商品 30社以上
    受付時間 24時間365日
    店舗数 無し(訪問型)
    キッズルーム 無し
    オンライン面談 可能
    出典:公式サイトより

    マネードクター

    マネードクター
    おすすめポイント
    • 1,200人以上のFP(お金のプロフェッショナル)が在籍!
    • 利用者の状況へのヒアリングを丁寧に行うので、アドバイスが的確!
    • 相談は何回しても無料!
    • 今なら無料相談予約で食品や日用品をプレゼント!
    マネードクターは保険・家計の見直し・資産運用の相談ができる窓口です。FPが1,200人以上在籍しているので、利用者一人ひとりに丁寧に向き合ってくれます。
    相談は何回しても無料なので、納得がいくまでじっくり相談することができます。
    マネードクターの保険の見直しでは、利用者の生活状況・家計バランス・将来設計を丁寧にヒアリングを行います。そのため、的確なアドバイス自分にぴったりの保険商品を紹介してもらえます。

    無料相談を予約いただいた方はもれなくプレゼントゲット!

    マネードクターでは、無料保険相談を予約した方に限定で食品や日用品をプレゼントするキャンペーンを行っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
    プレゼントの種類
    A:野菜生活100
    B:丸の内タニタ食堂減塩みそ
    C:ノーズトリマー
    D:バスタオル
    E:arau. 泡ボディソープ
    取り扱い保険商品 29社
    受付時間 [平日]9:00~20:00 [土日祝]9:00~18:00
    店舗数 100拠点以上
    キッズルーム あり
    オンライン面談 可能
    出典:公式サイトより

    保険無料相談.com

    保険無料相談.com
    おすすめポイント
    • お客様満足度97.6%!
    • 担当者の希望を出せる!
    • 紹介した商品への加入の強要は一切なし!
    • 今なら面談&アンケート回答で豪華なプレゼントゲット!
    保険無料相談.comはオンラインでの相談も可能な相談窓口です。「デリケートなお金の話だからできれば同性の人に相談したい...」といった担当者の希望を出すことができますよ。
     オンライン面談は一部地域に対応していない場合があります。利用の前に対応地域をご確認ください。
    保険無料相談.comを利用した方の口コミの中には、保険の相談をして、いくつか商品を紹介されたが、あくまでも紹介で、加入を強要されるようなことはなかった、という評価がされています。
    まずは話を聞きたい!という方におすすめの窓口です。お客様満足度の高さも魅力の一つですね。

    今なら面談&アンケートでプレゼントキャンペーン実施中!

    保険無料相談.comでは現在、6月30日までの限定で、面談とアンケートに回答した方を対象にプレゼントを送っています。プレゼントは自分で自由に一つ選択できます。
    プレゼントの種類
    • 丸大ハム 煌彩セット
    • 新潟県産コシヒカリ 2kg
    • アサヒスーパードライ ギフト 8本
    • 利久の牛タン 真空パック 110g 〈塩味〉
    • 仙台銘菓 萩の月6個入り
    • ダロワイヨ マカロンラスク詰め合わせ12枚
    • セレブコレクションバームクーヘン
    • ムーミンレンジ容器6点セット
    • 手作り鮭とばソフト170g
    • 日本赤十字社への寄付(1,000円)
    取り扱い保険商品 34社
    受付時間 10時~20時(GW・夏季休業・年末年始以外)
    店舗数 無し(訪問型)
    キッズルーム 無し
    オンライン面談 可能(一部地域)

    保険市場

    保険市場
    おすすめポイント
    • 全国に714店舗あるので、全国どこからでも相談可能!
    • 訪問相談もできるので、自宅や近くのカフェ・ファミレスに来てもらえる!
    • 取り扱っている保険会社は91社!ニーズに合わせてご紹介
    • 今ならギフトカードなどがもらえる期間限定のキャンペーン実施中!
    保険市場は株式会社アドバンスクリエイトが運営する保険のコンサルティングサービスです。 全国に714店舗展開しており、近くの店舗に相談へ行くこともできますし、訪問相談を利用し、自宅や近所のカフェに来てもらうこともできます。
     オンラインでの相談も可能ですので、コロナ禍で外出を控えたいという方にもおすすめです。
    取り扱っている保険会社は業界最大級の91社です。選択肢が多いので、自分にぴったりの保険が見つかるでしょう。

    保険市場の期間限定キャンペーン

    保険市場では、現在4つのキャンペーンが実施されています。それぞれ締切日が異なるので注意してください。
    保険の種類 キャンペーン内容 締切日
    がん保険 「SBI損保のがん保険(自由診療タイプ)(がん治療費用総合保険)」に新規契約した方全員「選べるギフトカード1,000円相当(1枚)」をプレゼント。 2022年9月30日
    自動車保険 「SBI損保の自動車保険(個人総合自動車保険)」に新規契約した方に「10種類から選べる 1,500円相当のギフトクーポン」をプレゼント。(※年間保険料が10,000円以上のご契約が対象です。 )さらに抽選で豪華賞品をプレゼント。 2022年6月30日
    生命保険 SBI生命の対象保険商品を契約の方にもれなく、ローソンで交換する「【お持ち帰り限定】ウチカフェ プレミアムロールケーキ 無料引換券」を1つプレゼント。 2022年6月30日
    自動車保険 バイク保険 アクサダイレクトの対象保険商品を新規ご成約の方全員に「デジタルクーポン(無料引換券)」を1つプレゼント。さらに新規ご成約の方から抽選で「ドライブレコーダー」をプレゼント。 2022年7月31日
    取り扱い保険商品 91社
    受付時間 9時~21時(年末年始以外)
    店舗数 714店舗
    キッズルーム 有り
    オンライン面談 可能
    出典:公式サイトより

    よくある質問

    ネット保険とは、どのような商品ですか?
    ネット保険とはインターネット上で手続きができる保険商品のことで、公式サイトから申込が可能です。
    ネット保険と対面販売型の保険の違いはありますか?
    対面販売の商品は、販売員と契約内容を相談しその場で一緒に手続きを進めていきます。
    ネット保険に加入するメリットはありますか?
    ネット保険は保険料が安い点が大きなメリットです。人件費や店舗の運営費があまり必要ないため、保険会社の運用コストに使われている「付加保険料」が安く設定されています。
    ネット保険に加入するデメリットはありますか?
    ネット保険の種類は、そこまで多くありません。販売員の説明とその内容に対して申込者の同意が必要な商品の場合、インターネット上で手続きできないからです。
    ネット保険への加入が向いている人の特徴はありますか?
    ネット保険は、「自分で手続きをするから保険料を安くしてほしい」という人におすすめです。また店舗に行く時間が取れないような、忙しい人や小さな子どもがいる主婦(夫)にも向いているでしょう。
    ネット保険へ加入する際の注意点はありますか?
    ネット保険はすべての手続きを自分でしなければならないので、間違いがないか慎重に確認しながら進めていきましょう。もし内容に間違いがあると、告知義務違反として契約解除になる恐れがあります。
    ネット保険の手続きの流れを教えてください。
    ネット保険が公式サイトの申し込みフォームから手続きができます。申込が完了後の審査に通過すると、契約が完了し保険証券が送られてきます。責任開始日は1回目の払込完了後である商品が多いので必ず確認しておきましょう。

    まとめ

    今回は、ネット保険に加入するデメリットや契約までの流れなどについて解説しました。ネット保険は対面販売の保険に比べて保険料が安いので、少しでも負担を減らしたい人におすすめです。

    ただし保障内容を自分で決めなければならない点や、記載内容が間違ったまま申し込みしてしまうリスクもあります。

    手続きは入力ミスがないように、慎重に書類などを確認しながら行いましょう。

    関連記事

    こちらの記事も合わせて読みたい
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    ・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
    ・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
    ・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    おすすめの記事