IOST(アイオーエスティー)の今後を徹底予想|価格上昇する要因5選

現在、IOSTが持つプラットフォームの価値に期待されているのをご存知ですか?「IOSTの今後が気になる」「IOSTはこのあと価格上昇するのだろうか?」とお悩みの方も多いと思います。

そこで今回は、IOSTの今後・価格上昇する要因について解説します。基本情報から紹介するので、IOSTを詳しく知らない人も参考になるでしょう。また、IOSTが購入できるコインチェックについても紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読んで、IOSTの可能性を判断する材料にしてください。

IOSTの基本情報と特徴

IOSTの基本情報と特徴

IOSTには、主に以下3つの特徴があります。

IOSTの特徴
  • ブロックチェーンの基盤としての役割
  • コンセンサスアルゴリズム『PoB』を使用
  • 開発言語が『JavaScript』で参入が容易
通貨名 アイオーエスティー
通貨単位 IOST
時価総額 ¥111,832,156,051
時価総額ランキング 88位
発行上限枚数 900億枚
現在の値段 ¥6.19
国内で扱える取引所 コインチェック

出典:https://coinmarketcap.com/ja/ ※2021年9月時点

特徴①ブロックチェーンの基盤としての役割

IOSTの基本情報と特徴

IOSTは2021年9月29日現在、時価総額88位の通貨です。順位は高くありませんが、他の仮想通貨とは一線を画するコインと言われており、投資家から注目を集めています。

それはIOSTがdAppsを構築するためのプラットフォームだからです。

dAppsとは?
分散型アプリケーション。中央管理者がおらず、ブロックチェーンを使って分散管理されているアプリを指します。現在ではゲーム・取引所(DEX)など様々なサービスが誕生しています。

dAppsを開発するためには専門のプラットフォームが必要であり、そのプラットフォームがIOSTなのです。簡略化した説明をすれば、ソフトがdAppsでそれを動かすためのハードがIOSTと考えると理解しやすいかもしれません。

つまりブロックチェーンの基盤としての役割を持つプラットフォームで、それが他の仮想通貨と違うと言われている理由です。

同じような役目をするプラットフォームにイーサリアムがあります。イーサリアムをベースに作られているサービスやコインはとても多いです。

特徴②コンセンサスアルゴリズム『PoB』使用

IOSTの基本情報と特徴

IOSTの2つ目の特徴が、独自方式コンセンサスアルゴリズム『PoB』を使用している点です。

コンセンサスアルゴリズムとは?
「取引承認方法」のこと。仮想通貨を送金する時は、自分と相手だけでなく他の方の承認作業が必要で、分散して行われます。そうすることで初めて相手に通貨が届くようになっています。

このコンセンサスアルゴリズムが非中央集権のブロックチェーンの特徴で、ビットコインやイーサリアムも同じ仕組みです。この仕組みによりセキュリティの強化や中央集権に依存せず、取引が可能となりました。

しかし分散して承認作業をするため、今度はスケーラビリティの遅延問題が発生するようになりました。つまり、全体の取引量が増えたことにより、処理が追いついていないのです。料金所で渋滞している状態と言えるでしょう。

 混雑しているので、通るのに時間がかかりますがスムーズにするために窓口を増やすと、経費がかかるので料金(手数料)を上げざるをえなくなります。

ビットコイン・イーサリアムなどのプラットフォームはスケーラビリティに現在悩まされています。その要因は電力とサーバーを消費するコンセンサスアルゴリズム『PoW』という方式を採用しているからです。

IOSTはこれらを改善するために、コンセンサスアルゴリズム『PoB』方式を採用しました。『PoB』採用によりスケーラビリティーの問題は改善、手数料は安く送金も早くすることに成功しているのです。

ちなみにビットコインもイーサリアムも電力とサーバーに依存しない『PoS』への移行が検討されています。

特徴③開発言語が『JavaScript』で参入が容易

IOSTの基本情報と特徴

IOST3つ目の特徴が、開発言語が『JavaScript』で作れる点です。JavaScriptはプログラムの中でも比較的簡単な開発言語として、知名度が高いです。

 そのため参入障壁が低く、IOSTのプラットフォーム上で誰もが簡単にスマートコントラクトを作ることが可能です。

「IOSTで簡単なスマートコントラクトの書き方」を紹介しているサイトもあり、多くのプログラマーやシステム開発者が導入しています。

JavaScriptを扱える方であれば、気軽に分散型アプリケーションを開発できるのがISOTの最大の魅力です。

IOST(アイオーエスティー)の現在の価格と過去のチャート

IOST(アイオーエスティー)の現在の価格と過去のチャート

「IOST/JPY」の2021年9月29日時点でのチャートは上記のようになっています。6月下旬からしばらく2円台にいましたが、7月末から上昇し、9月9日には9.2円となっています。1ヶ月で約3倍まで価格が上昇した計算です。

 現在は少し価格が下がり6.19となっており、下降トレンドです。

今の下降トレンドを抜けれれば、年末に向かって価格上昇する可能性は高く10円超えが現実的なものとなります。しかし下降トレンドを抜けられずにいると、4〜5円まで下がってしまう可能性もあるでしょう。

SNSで囁かれている100円台は現時点では難しいかもしれません。

IOSTの過去のチャートと高騰事例

IOST(アイオーエスティー)の現在の価格と過去のチャート

IOSTの大きな高騰は過去3回あります。初めの高騰が2018年の1月です。こちらはIOSTが公開された直後に上がったもので、価格は13.96円まで上昇しました。

 13.96円が過去最高額となっており、現在もまだ超えられていません。

2回めの高騰が2021年の2月頃〜4月にかけてです。2月17日にエアドロップの発表があり、その勢いで2円台から6円台まで大きく上昇したと予想されています。

エアドロップとは?
特定のコイン保有者に対して新たに発行した仮想通貨・トークンを無償で配るイベントを指します。2021年2月のエアドロップでは、IOST保有者に『DON』トークンが配布されました。

また4月15日には8.71円まで上昇しました。この時期は仮想通貨全体が過熱していたので、その影響が大きいでしょう。またアメリカ大手仮想通貨取引所『コインベース』に「上場するかも?」と噂が流れた影響も考えられます。

その後再び下落し、一時期は1円台まで下がりましたが、9月9日に9.2円まで上昇しています。こちらが3回目の高騰です。

イベントやニュース、BTC・他のアルトコインの価格に引きずられて上昇することが多いです。

今後の価格は上がる?IOSTが価格上昇する要因5選

今後の価格は上がる?IOSTが価格上昇する要因5選

今後IOSTの価格が上昇する要因は、大きく分けて以下の5つがあります。

IOSTが上昇する要因5選
  1. IOSTプラットフォーム認知度の向上
  2. DeFi市場の成長
  3. IOSTを活用したサービスの誕生
  4. IOSTのエアドロップ
  5. 大手取引所への新規上場

1.IOSTプラットフォーム認知度の向上

IOSTはPoB方式を利用しており、ビットコインやイーサリアムのスケーラビリティ問題を改善しています。またセキュリティも高く処理能力に長けており、金融庁登録のホワイトリストにも入っている通貨です。

 ポテンシャルとしては非常に高いと言えるでしょう。ただし時価総額の高い他のコインに比べて、その実力はまだまだ浸透していません。

今後、IOSTの実力が認められれば、価格も上昇するでしょう。

2.DeFi市場の成長

今後の価格は上がる?IOSTが価格上昇する要因5選

2020年の仮想通貨バブルは『DeFi(分散型金融)』バブルとも言えるでしょう。

DeFiとは?
ブロックチェーン上に構築できる分散型の金融アプリケーションのことを指します。

2020年にその画期的な技術から一大ブームとなり、関連銘柄の価格は軒並み上昇していきました。IOSTもDeFiに積極的に取り組んでおり、関連銘柄として名を連ねています。

今後DeFiが更に成長し、拡大していくことでIOSTの価値も上昇する可能性は高いです。またIOST基盤のDeFIは処理速度が速く手数料が抑えられるのもメリットでしょう。

 現在DeFiで注目されているサービス『Compound(コンパウンド)』や『Uniswap(ユニスワップ)』などは、イーサリアム基盤のものが多いですが、GAS代と呼ばれる手数料をETHで支払う必要があります。

現在は、DeFiブームで手数料が押し上げられている状態で、GAS代が高額になることも多いです。また、PoWを採用しているので処理速度が遅いのも原因です。

IOSTはPoBを採用しており開発当初からトランザクションの問題を解決しているので、イーサリアムに比べてコストを抑えられるメリットがあります。

3.IOSTを活用したサービスの誕生

今後の価格は上がる?IOSTが価格上昇する要因5選

現在IOSTのプラットフォームを基盤とした様々なサービスが立ち上がっています。ブロックチェーンゲーム『CryptoNinja』は、元々イーサリアム版をリリースしていましたが、GAS代の負担を見直し、IOST版をリリースしています。※1

 医療にも使用されており、エバーシステム株式会社は医療データ共有プロジェクトでIOSTブロックチェーンの技術を検証しました。※2

改ざんのない状態で医療や健康記録の保存ができたり、個人を特定せずに研究目的としてデータを使用したりとブロックチェーン技術を使用することで様々なメリットがあります。

これからもIOSTを活用したサービスがたくさん誕生すれば、価格上昇の要因となるでしょう。

※1:https://kyodonewsprwire.jp/release/201904185563

※2:https://japan.cnet.com/release/30532065/

4.IOSTのエアドロップ

IOSTはエアドロップのタイミングの前に、価格が上昇しています。

2018年7月 ユーザー1人に100IOST配布
2019年5月 総計で500,000IOST配布
2021年2月 IOST保有者に総通貨量の5%にあたるDONトークン配布
2021年9月30日 2回目のDONトークン配布

過去には上記のようなエアドロップがありましたが、発表の少し前に一時的に価格が上昇しました。特に2021年2月のDONトークン配布時は、約3倍上昇しています。今後もエアドロップの前には価格が上昇するでしょう。

なおコインチェックではDONのエアドロは行わないと発表しています。国内取引所では『OKCoinJapan』が対応予定です
※https://news.yahoo.co.jp/articles/ed20e0b15b726533e850983f48c431051d9da8cd

5.大手取引所への新規上場

今後の価格は上がる?IOSTが価格上昇する要因5選

大手取引所への新規上場、もしくは上場の噂が流れると価格上昇する傾向があります。2021年の4月15日に8.71円まで上昇しましたが大手仮想通貨取引所『コインベース』にIOST上場の噂があり上昇しました。

今後も大手取引所や国内取引所に上場するタイミングの前後は価格上昇する可能性が高いです。

IOST(アイオーエスティー)を買うならコインチェックに登録

仮想通貨の購入には、取引所で口座開設をする必要があります。IOSTが2021年10月現在取引できる取引所はコインチェックのみとなっています。

IOSTを購入するなら、まずはコインチェックで口座開設をしましょう!コインチェックの特徴について、紹介します。

コインチェック

コインチェック

コインチェックのおすすめポイント
  • ネット証券運営マネックスグループの傘下
  • セキュリティのレベルが高い
  • 取扱通貨数が17種類
  • 取引所手数料が無料
  • 2021上半期国内暗号資産アプリダウンロードNO.1
※https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000061.000021553.html コインチェックは「マネックス証券」や「マネックスFX」を運営する「マネックスグループ」の傘下。ネット証券で長年培ってきたノウハウがあるからこそ、セキュリティーレベルがとても高いのが特徴です。
 コインチェックは取扱通貨数が本記事内最多の17種類。取引所手数料は無料となっています。
スマホアプリの使いやすさに定評があり、2019年上半期・2020年上半期・2021年上半期と3年連続でダウンロード数が国内No.1を記録しています。2021年5月にリニューアルを行い、ますます使いやすくなりました。
ENJやOMGなど国内では取扱の少ない有望銘柄にも投資できます。

コインチェックの基本情報

取扱仮想通貨(暗号資産) 17種類
  • BTC(ビットコイン)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ネム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)
レバレッジ 不可
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料
  • 銀行振込:無料(振込手数料の負担あり)
  • コンビニ:770円(税込・3万円未満時)
  • クイック入金:770円(税込・3万円未満時)
出金手数料 407円(税込)
出典:https://coincheck.com/ja/info/fee

IOSTの良い口コミ・評判

IOSTの良い口コミ・評判

IOSTの良い口コミ・評判
  • BTCと連動しているから安心
  • いつか間違いなく100円まで上昇する。2021年内は30円まで伸びる
  • PoBがよくできている。トランザクションはXRPも速いので過小評価されている
  • DeFi・NFT・ステーブルの基盤にもなるので優秀

SNSや掲示板などでIOSTの良い口コミを見ると、「今のIOSTの価格は過小評価」であるという意見が多く見られました。

ビットコインやイーサリアムのように送金手数料や送金時間がかからず、XRPよりも速いので送金通貨として優秀です。またDeFiやNFTなどサービスを展開する基盤にもなれるので、今後もっと評価され価格が上昇すると予想されています。

 年末にかけて価格は30円まで上昇。来年は100円を目指す!という意見も多く見られました。

IOSTのポテンシャルと、現在の価格が見合っていないという意見が多いようです。

BTCと連動することが多いので、資産として安定しているという意見も見られました。

 

IOSTのイマイチな口コミ・評判

IOSTのイマイチな口コミ・評判

IOSTのイマイチな口コミ・評判
  • XRPの下位互換通貨
  • 送金が早くても送金需要がない
  • 国内でほとんど上場していないので購入できない

IOSTのいまいちな口コミとしてはXRPの下位互換通貨という意見を目にしました。スケーラビリティはXRPよりも向上しています。

しかし送金としての価値は、XRPがすでに確固たる地位を築いており、プラットフォームの基盤としてはイーサリアムの方が優秀です。結局、何に使用していいのか分からないコインという意見もありました。

 価格上昇を待って長期保有していたが、いつまで経っても大した上昇をせずに手放したという意見も多かったです。

もともとは期待値が高かったが、レンジ相場が続いたことで上昇のタイミングを逃したという意見が多いようです。

国内ではコインチェックとOKCoinJapanでしか購入できないのも敷居を高くしている原因でしょう。

よくある質問

IOSTは今後価格上昇しますか?
DeFi市場の成長やIOSTを活用したサービスが今よりも増え、IOSTの実力が浸透すれば価格上昇する可能性は高いでしょう。現在は伸び悩んいる状態です。
IOSTの特徴は何ですか?
「分散型アプリケーションの開発プラットフォーム」である点、「独自コンセンサスアルゴリズムPoBを採用」している点、「開発言語がJavaScriptで参入しやすい」点が挙げられます。
IOSTの過去最高額は何円ですか?
2018年1月のIOST公開直後の13.96円が最高額です。そのあと2021年に2回高騰し8〜9円台まで上昇していますが、いまだにATHしていません。
IOSTが価格上昇する要因は何ですか?
間近では大手取引所への上場、エアドロップ前後などは上昇する可能性が高いでしょう。IOSTはポテンシャルが高いので、魅力が伝われば価格は上昇すると予想されます。
IOSTの評判は良いですか?
「BTCと連動しているので安定していて安心」「プラットフォームとして優秀」という意見が多いです。年内は30円台まで上昇し、数年後には100円に到達するという方もいます。
IOSTの悪い評判はありますか?
XRPの下位互換通貨であること、送金需要がない、何に利用していいか分からないという方がいます。国内であまり上場していないので、取扱しにくいという意見も見られます。
IOSTを購入するのにおすすめの仮想通貨取引所は?
コインチェック・OKCoinJapanで購入可能です。2021年9月時点では、国内では2社しか購入できませんが、いずれDMMビットコインやGMOコインなどに上場する可能性はあるでしょう。

まとめ

今回は、価値が数ヶ月で約3倍に跳ね上がったIOSTについて、今後の予想や評判を解説しました。IOSTは他の仮想通貨と違い、様々なサービスを展開できる優秀なプラットフォームです。今以上に魅力が伝われば、価格も上昇していくでしょう。

本記事を参考に、IOSTに投資するかどうかぜひ検討してみてください。

IOSTはコインチェックで購入できますよ。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事