JMY/ジャスミー

仮想通貨ジャスミー(JMY)は日本製の通貨で、発行しているのはソニーで社長を務めていた経歴のある人が運営する会社です。日本製の通貨なので投資したいと考えていても「怪しい」という評判を見かけると、購入して大丈夫なのかと悩む人も多いでしょう。

そこで今回は、仮想通貨JASMY(ジャスミー)コインの基本情報を紹介し、過去の値動きや最新ニュースから将来性・今後の展望を解説します。

この記事で分かること
  • 仮想通貨ジャスミーコインの特徴
  • 仮想通貨ジャスミーコインの最新ニュース
  • 仮想通貨ジャスミーコインの現在・過去価格
  • 仮想通貨ジャスミーコインの将来性
  • 仮想通貨ジャスミーコインの買い時
  • 仮想通貨ジャスミーコイン購入におすすめの仮想通貨取引所

なぜ「危険性がある」「詐欺」といわれているのかも説明するので、ぜひ参考にしてください。

JMYを扱っている国内仮想通貨取引所も紹介していますよ!
JMY/ジャスミーの購入にはBITPOINT
bitpoint
  • 2022年4月現在、国内で唯一ジャスミーを取引できる取引所!
  • 注目度の高い11種類のアルトコインを取引できる!
  • 現物取引の際にかかる手数料は無料!その他の各手数料も0円
BITPOINTの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)
レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

仮想通貨(暗号資産)JMY/ジャスミーとは?特徴

ジャスミー(JMY)

ジャスミーの特徴
  • 日本製の通貨
  • 「個人情報の民主化」を掲げている
  • 個人データを提供すれば『リワード(報酬)』がもらえる
  • ロードマップが公表されている
  • IoT×ブロックチェーン技術
  • 『SKC』『SG』の2種類のサービスが利用可能

仮想通貨ジャスミーは、「データの民主化」を実現させるという理念で作成されたプロジェクトです。近年の情報化社会により、本来守られるべき個人情報が流出したり、サービス提供者によって利用されたりしています。

そんな現在の状況を変えるべく、ジャスミーはユーザーの個人情報を安全に分散管理することで「ユーザー本位の情報新時代」の実現を目指しているプロジェクトになります。現在のジャスミーの時価総額やランキングは以下の通りです。

通貨名 ジャスミー
通貨単位 JASMY
時価総額 ¥11,665,178,845.37
時価総額ランキング 362位
発行上限枚数 500億枚
現在の値段 ¥2.45
国内で扱える取引所 BITPOINT
JMY/ジャスミーの購入にはBITPOINT
bitpoint
  • 2022年4月現在、国内で唯一ジャスミーを取引できる取引所!
  • 注目度の高い11種類のアルトコインを取引できる!
  • 現物取引の際にかかる手数料は無料!その他の各手数料も0円
BITPOINTの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)
レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:仮想通貨価格、チャート、時価総額 -CoinMarketCap ※2022年3月時点

JMY/ジャスミーは日本製の通貨

日本地図を明るい光が照らしている画像

ジャスミー株式会社は、「元ソニー社長兼CEOの安藤国威氏」「元ソニークリエイティブセンター長の佐藤氏」「ソニーエリクソンモバイルコミュニケーション日本事業部門責任者の吉田雅信氏」の3人が設立した会社です。

IoT向けのプラットフォーム・ソリューション提供の会社として、2016年に設立されました。

 JasmyCoinはジャスミー株式会社から発行され、今後Jasmy IoT Platformで利用できるトークンとなります。

日本発祥のためホワイトペーパーは日本語で公開されており、ロードマップも日本語です。日本人にとっては分かりやすく他の仮想通貨と比較しても情報収集がしやすいでしょう。

公式サイトも日本語のため、日本人なら誰もが簡単に一次情報にアクセスできるようになっています。

JMY/ジャスミーは「個人情報の民主化」を掲げている

ジャスミーの基本理念は、「個人情報の民主化」です。現在消費者の個人データは、いろんな媒体で中央集権である企業に収集され利用されています。

例えば、Googleに登録したりSNSに登録したりするには、個人情報の入力が必要になります。

 他にもアクセス履歴は企業に見られマーケティングに利用されていますし、サイトから離れたあともリターゲティング広告で追跡されています。データはすべて筒抜けです。

また、データがハッキングされ、個人情報が流出する事件も珍しくありません。ジャスミーはこれらに警笛を鳴らしています。

ジャスミーは、個人情報を民主化し消費者それぞれで管理できれば、情報流出のリスクは下がるという考えで立ち上げられたプロジェクトです。

今までのような中央集権による独占を否定し、新しい時代の個人情報の扱いを掲げているのです。

JMY/ジャスミーは個人データを提供すれば『リワード(報酬)』がもらえる

宝箱に入った報酬

「個人情報の民主化」を掲げるジャスミーですが、個人情報には「経済的価値がある」とも考えています。

今までは、企業が個人情報を管理しそれをサービス向上に役立て、最終的にユーザーや社会に還元していました。しかしこれは言い換えれば、「個人情報に経済的な価値がある」ということです。

 個人情報を持ち主に戻し、それらを経済圏で利用できるようにしようと考えられたのが、Jasmy IoT Platformです。Jasmy IoT Platformは新しいデータ経済圏です。

通常は経済圏に参加するとき、技術や商品、あるいは労働を提供して報酬を受取る必要があります。しかしJasmy IoT Platformでは個人データに価値があると考え、個人データを提出することでリワード(報酬)が受けられる仕組みになっています。

私達の行動の個人データにはすべて価値があり、生活しているだけで価値が生産されるというのがジャスミーの考え方です。

JMY/ジャスミーはロードマップが公表されている

「個人情報の民主化」を実現するためにロードマップが公開されており、今後、第1期〜第4期へと進んでいく予定です。ロードマップは公式サイトのホワイトペーパーで読めるので、JMY投資を考えているなら、一度目を通してみてください。

第Ⅰ期 『SKC』『SG』を活用しながらエンドユーザー獲得の時期。
第Ⅱ期 参加する企業の拡大。個人ユーザーは買い物の履歴・保険契約の情報など個人データの上昇の可能性に気づく時期。
第Ⅲ期 個人が企業へデータ提供を行えばリワードがもらえる。交換が可能になる時期。
第Ⅳ期 個人と企業のデータ取引や企業同士で価値あるデータを共有しあう。リワード実現の環境『ジャスミーデータマーケットプレイス』が誕生。

出典:ホワイトペーパー – Jasmy

JMY/ジャスミーの特徴!IoT×ブロックチェーン技術

ブロックチェーンのイメージ

ジャスミーはIoT×ブロックチェーン技術をかけ合わせたプラットフォームです。

IoTとは?
「Internet of Things」の略で、モノをインターネットに接続する技術を指します。モノ同士が通信を行ったり、自動化できるようになる仕組み。

アレクサを利用して、テレビや照明などと連動させるのもIoT機能の一種で、人々の生活をより便利にするものです。ジャスミーには『Jasmy IoT Platform」があり、多くの個人データを安全に管理できる仕組みになっています。

今後IoT分野が発展することで、ジャスミーに注目が集まり価値が高まる可能性は高いでしょう。

JMY/ジャスミーは『SKC』『SG』の2種類のサービスが利用可能

「Jasmy IoT Platform」では2種類のコアサービス、『SKC』と『SG』を提供しています。

SKC
  • ユーザー本人認証や登録の機能
  • 自らのデータをスマートフォンやブロックチェーン上に分散管理して蓄積する機能
  • ユーザーが自分の意思で自身のデータの授受を許諾、トレースできる機能
SG
  • IoT機器を簡単に独自ブロックチェーン網に登録できる機能

これらのコアサービスを利用すれば、ユーザーは個人情報提供の有無をコントロールできる環境となります。

また企業側にとっても、大事な個人データを自社で保有する必要がなく、適宜ユーザーから提供してもらうことができるので、メリットになるでしょう。

出典:ジャスミーが目指す情報新時代|ジャスミーplatformとは? -Jasmy

今後どうなる?仮想通貨JMY/ジャスミーの最新ニュース

NEWSと書かれた文字

2022年3月現在、ジャスミーに関する最新ニュースは以下の3つです。

最新ニュース
  • JMYが国内初上場
  • BITPOINTアンバサダーに新庄剛志氏が就任、契約金の一部をジャスミーで
  • 北米・アジア地域への海外拠点設立を目指すことを発表

JMY/ジャスミーが国内初上場

2021年10月、BITPOINTにJMYが上場しました。国内へのJMYの上場は初となっており、2022年3月現在も1社のみとなっています。

 現時点ではBITPOINTでも販売所のみでの取り扱いで、取引所形式では扱われていません。

JMYは10月7日海外の大手取引所『コインベース』に上場、そのあと11月にはバイナンスにも上場しており、取引できる場所が増えてきています。

出典:ビットポイント、Polkadot(DOT)と国内初上場Jasmy(JMY)取り扱い開始 -COINPOST

BITPOINTアンバサダーに新庄剛志氏が就任、契約金の一部をJYM/ジャスミーで

野球選手の契約金が仮想通貨で支払われる

仮想通貨取引所の『BITPOINT』のアンバサダーに、北海道日本ハムファイターズの新庄剛志監督が就任しました。1月1日よりBITPOINTのCMも放映されており、公式サイトでも大々的に新庄監督が起用されています。

そして、この契約金の一部はジャスミーコインで支払われることが公表されました。2022年日本ハムファイターズが活躍すればBITPOINTも盛り上がり、ジャスミーにも注目が集まる可能性はあるでしょう。

契約金の一部を仮想通貨で支払うという方法も、今後スタンダードになるかもしれませんね。

JYM/ジャスミーが北米・アジア地域への海外拠点設立を目指すことを発表

2022年1月、株式会社ジャスミーは2022年内に北米やアジア地域複数に海外拠点を設立することを発表しました。

北米地域では、ブロックチェーンやAIなどの技術を持つ企業と提携し共同開発を進め、アジア地域ではIoTのチップやモジュールなどの開発など推進させる狙いです。パフォーマンス自動管理ソフト「Secure PC」をインストールした、PCの発売なども予定しています。

海外拠点を増やすことで、ジャスミーがグローバルで活用されるようになるでしょう。
JMY/ジャスミーの購入にはBITPOINT
bitpoint
  • 2022年4月現在、国内で唯一ジャスミーを取引できる取引所!
  • 注目度の高い11種類のアルトコインを取引できる!
  • 現物取引の際にかかる手数料は無料!その他の各手数料も0円
BITPOINTの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)
レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

仮想通貨JMY/ジャスミーは「怪しい」「詐欺」って本当?

詐欺行為を働く男性のシルエット

「仮想通貨JMY」に、詐欺の危険性はないといって良いでしょう。

しかし「仮想通貨JMY」を検索すると、「怪しい」「詐欺」という言葉が検索候補に出てきます。「なぜこのような言葉が表示されるの?」「JMYは詐欺の通貨なの?」と疑問を持つ人も多いでしょう。

 これは2022年3月にアメリカの掲示板『Reddit』にて、「ジャスミーは詐欺である」と書き込みがあり、SNSで話題になったことがあることが理由です。

Redditでは「ジャスミーは保有するJMYを売り浴びせしているのではないか?」「JMYの流通している通貨数は虚偽ではではないか?」と書き込まれており、疑惑を持ったきっかけの記録を提示しています。

簡単に言うと、JMY流通枚数はCoinMarketCapで「47億枚」と記載されています。しかし海外取引所の上位ウォレットの1つで40億枚保有されていることが分かっているため、47億枚以上は超えているはずだという見解です。

ただしこの件は、ジャスミーのCFO原田氏がTwitterで否定。「私たち経営陣は、相場操縦を構成するようなことは何もしていません」と英語でツイートしています。
JMY/ジャスミーの購入にはBITPOINT
bitpoint
  • 2022年4月現在、国内で唯一ジャスミーを取引できる取引所!
  • 注目度の高い11種類のアルトコインを取引できる!
  • 現物取引の際にかかる手数料は無料!その他の各手数料も0円
BITPOINTの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)
レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:@HARA_JasmyCFO

チャートから見る仮想通貨(暗号資産)JMY/ジャスミーの現在価格・過去価格

ジャスミーの現在価格・過去価格

2022年3月上旬のJMYの現在価格は、約2.45円です。JMYは2021年の9月頃まで1.5円前後を推移していましたが、10月〜11月頃にかけて大きく価格が上昇、31円まで高騰しています。

これは10〜11月にかけて海外取引所コインベースへの上場、国内取引所BITPOINTへの上場、海外取引所バイナンスへの上場と立て続けにポジティブなニュースがあったため、期待値が高まったからでしょう。

 この頃はビットコインやイーサリアムなど他の通貨もATHしており、仮想通貨全体が盛り上がっていた時期でもあります。

しかし11月中旬頃から徐々に仮想通貨全体の相場に元気がなくなり下落トレンドになりました。2022年に入っても下落は止まらず、1/10以下まで下がっています。

2022年3月上旬までは下落傾向でした。しかし、2022年3月19日時点では約5.44円と急上昇しています。これから上昇し続ける可能性も十分にあるでしょう。

ジャスミーは日本製コインなので、他の国内大手取引所への上場も期待されていますよ。

JMY/ジャスミーは終わった?将来性から今後を予想

ジャスミーの将来性に期待する女性

「IoT×ブロックチェーン」という独自性のある仮想通貨

JMYは昨年末から下落を続けており、2022年3月になってもなお上昇する気配はありません。大手に上場したあとに勢いをなくしたこと、ネガティブなニュースが流れてしまったことが影響していると考えられます。

また開発スピードが比較的遅いため、投資者がしびれを切らした可能性もあるでしょう。ただしジャスミーは「IoT×ブロックチェーン」として他の仮想通貨にはない独自性を持っています。

 「個人情報を消費者に返す」というテーマも、これからのネット社会にマッチしているため需要はとても高く、再び価格上昇する可能性は十分あるでしょう。

今は仮想通貨全体で元気がないため、その影響を受けて下がり続けていますが、ビットコインが上昇するタイミングで高騰する可能性は高いです。そのときのために、先行投資しておいてもよいでしょう。今後のロードマップもしっかり公開しているので、期待も持てます。

ロードマップを着実に実行し、バイナンスやコインベース以外の大手取引所への上場など追い風となるポジティブなニュースがあれば将来的に価値は高まるでしょう。

1枚400円になった過去がある

JMYは2021年2月に価格が400円まで上昇したことがあります。最高値でこれだけ上昇しているため、今後JMYに関するポジティブな情報が報道されると価格が上昇する可能性もあるでしょう。

更に大手取引所に上場する可能性も秘めているので、価格変動に要チェックです。

ロードマップが明確

上記でも取り上げましたが、JMYはロードマップが明確に提示されています。ロードマップの実現が可能となれば、価格上昇にも繋がるでしょう。

JMYのロードマップ
  1. 普及期
  2. 価値成長期
  3. エコシステム拡大期
  4. データマーケットプレイス確立期

実現には長期的な時間が必要ですが、ロードマップ通りに開発が進めば、ジャスミーコインの価格も上昇していくことでしょう。

JMY/ジャスミーの購入にはBITPOINT
bitpoint
  • 2022年4月現在、国内で唯一ジャスミーを取引できる取引所!
  • 注目度の高い11種類のアルトコインを取引できる!
  • 現物取引の際にかかる手数料は無料!その他の各手数料も0円
BITPOINTの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)
レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

初心者向け!JMY/ジャスミーの買い時を解説

パソコン

JMYの買い時は以下のタイミングを考えるといいでしょう。

JMYの買い時
  • JMYの最新ニュースが提供された時
  • 仮想通貨全体が上昇している時
  • ビットコインが上昇するタイミングが発生している時

JMYはそこまで高い知名度を持っている仮想通貨ではありません。しかし、ニュースなどの情報によりレートが上昇していく可能性があります。

また、仮想通貨全体の影響を受けている他、他の仮想通貨と連動して上昇していく場合があります。

仮想通貨業界全体の動きを見ていくと買い時が見えてきます。

ここからは、JMYの買い時を詳しく説明します。

JMY/ジャスミーの最新ニュースが提供された時

JMYの最新ニュースが公開された時、情報の内容次第では上昇する可能性があります。特に以下の内容では上昇する可能性が高まります。

JMYの買い時が発生する情報
  • 新しいところで取り扱いが開始されている
  • 実用性などの情報がニュースとして公開された
  • 多くのユーザーが利用していると証明している

こうした情報が公開されている時、JMYが上昇する可能性があります。

特に扱われている場所が増えている時は上昇の可能性が非常に高くなっており、取引所の増加によってレートが急激に高まるケースが見られます。

 悪いニュースがあると逆にレートが下がってしまうため注意が必要です。

JMY/ジャスミーだけでなく仮想通貨全体が上昇している時

ビットコインが価格上昇する要因5選

仮想通貨が上昇している場合、銘柄によってその状況は変わってきます。特定の銘柄のみ上昇している場合、特定の銘柄にいいニュースが発表されているときです。しかし、全体的に上昇している場合、JMYも含めて上昇する可能性があります。

 仮想通貨は銘柄が多数あるものの、他の銘柄の影響を受ける傾向が見られます。

他の銘柄もチェックしておき、色々なニュースなどによってレートが上昇している場合は要注意です。このタイミングで購入しておけばJMYが上昇して得をする場合もあります。

レートが全体的に上がり傾向にある時は注意深く見ていく必要があります。

ビットコインが上昇するタイミングが発生している時

仮想通貨の中でもトップクラスの知名度、そしてレートに影響を与えるのがビットコインです。

ビットコインのレートは他の仮想通貨に影響する場合があり、中にはビットコインが暴落したことで他の仮想通貨も一緒に暴落したというケースがあります。

ビットコインの影響は計り知れないところがあります。

JMYも同様にビットコインの動向を見ておくことで、レートの状況が分かる場合もあります。JMYのレートが下がっているようならビットコインのレートも下がっている場合があります。

連動しているところを確認しておけば取引しやすくなるでしょう。

JMY/ジャスミーの購入にはBITPOINT
bitpoint
  • 2022年4月現在、国内で唯一ジャスミーを取引できる取引所!
  • 注目度の高い11種類のアルトコインを取引できる!
  • 現物取引の際にかかる手数料は無料!その他の各手数料も0円
BITPOINTの基本情報
取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LNK)
・ディープコイン(DEP)
レバレッジ 現在新規口座開設停止中
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

JMY/ジャスミーが購入できる国内の仮想通貨(暗号資産)取引所

BITPOINT

BITPOINT

おすすめポイント
  • JMY・ADA・LNK・DEPなど国内では珍しい通貨を取り扱っている
  • 各種取引手数料が無料
  • 最短10分で取引開始できる
  • 直感的に操作できるスマホアプリ
  • トレード以外に『貸して増やす』で投資が可能

BITPOINTは、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。取り扱い銘柄は12銘柄と大手に比べると少なめですが、他社ではあまり扱っていない個性的なコインを上場させています。

エイダコイン(ADA)・チェーンリンク(LNK)・ディープコイン(DEP)などに投資できるので、これらのアルトコインに投資できるのは大きなメリットでしょう。

 JMYを国内取引所で扱えるのはBITPOINTだけとなっており、投資をするなら登録は必須です。

アプリはシンプルな設計となっており、操作性が直感的なので仮想通貨や為替経験がない初心者でもすぐに慣れるでしょう。また各種手数料無料は無料となっており、無駄なコストがかかりません。

申し込みから最短10分で取引可能になるのも魅力のひとつ。すぐにジャスミーに投資できますよ。
取扱仮想通貨(暗号資産) 12種類

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • リップル(XRP)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • トロン(TRX)
  • ADA(ADA)
  • ジャスミー(JMY)
  • ポルカドット(DOT)
  • チェーンリンク(LNK)
  • ディープコイン(DEP)
レバレッジ 2倍
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 無料

出典:BITPOINT

よくある質問

JMYは今後に期待できる仮想通貨ですか?
JMYは将来的に個人情報の民主化を掲げ、そのために様々な取り組みを行っています。将来的にはJMYの影響により個人情報が個人で管理される時代になる可能性もあります。将来性はそれなりにある仮想通貨と言えるでしょう。
JMYのロードマップは達成される見込みがあるのですか?
ロードマップというのは成功するための道筋であり、そのとおりに進めていけば望んでいるような結果が得られると判断されています。ロードマップは達成されるように作られている場合もあり、達成の見込みも現時点で十分あります。
JMYがBITPOINT以外で取引できないのはなぜですか?
BITPOINT以外に取引してもいいと判断している業者がいないためです。国内で作られている仮想通貨ではあるものの、その正体が思っていたようなものではないと判断されているなどの理由から、取引に慎重な業者が多くなっているのです。
海外に拠点を置くとJMYの価値が上昇するのでしょうか?
海外に拠点を置くことにより、多くのユーザーが取引できる可能性を高めてくれます。現時点では国内の拠点を中心に活動していますが、それ以外の場所で取引できるようになれば拠点が置いてあることで様々な状況に対応できるようになります。
JMYのレートが下がっている現状はなぜですか?
JMYが期待していたほどの状況に持っていけていない傾向があります。本来であれば目標を達成するために取引を増やしたいところですが、期待されているほどの成果を挙げていないこともあり取引に積極的ではない傾向があります。
今後JMYが他の取引所で扱われる可能性はありますか?
海外ではマイナーな仮想通貨を取引できるように調整している業者が増えているため、JMYも取引対象となる可能性があるでしょう。一方で国内業者は業者側が仮想通貨の信頼性などを重要視しているため、場合によっては取引できない状況がなかなか作れない可能性もあります。
リワードを受け取るために個人情報を出すのは厳しいような気がします。
リワードのために情報を提供していくのは非常に勇気がいることです。場合によっては避けたほうがいい場合もあるでしょう。ただ、JMYに協力していくことで、将来的に実用化が達成される場合もあります。
JMYは本当に信頼できる仮想通貨ですか?
現時点では信頼性が不足していると思われても仕方ありませんが、国内で信頼できる人が立ち上げていることもあり信頼性はそれなりにある仮想通貨と言えます。

 まとめ

今回は、仮想通貨ジャスミーの特徴や過去のチャート、最新ニュースについて紹介し、将来性や今後の展望について解説しました。ジャスミーは「個人データの民主化」を目指しており、IoT×ブロックチェーンを持つ珍しいプラットフォームです。

今までは簡単に個人情報を企業に預けていましたが、今後はジャスミーが掲げるように個人情報に対する価値の見直しが行われる可能性も十分にあります。そのときに備えて、今からJMYに先行投資しておいてもよいでしょう。

ジャスミーに詐欺の危険性はないと言えるので、まずはBITPOINTで口座開設をして、JMYに投資してみましょう!
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事