JCBクレジットカードの種類・おすすめカード一覧をご紹介!

JCBとは、VISAやMastercardと並ぶ、国際ブランドのひとつ。そして日本発の国際ブランドは、JCBただひとつです。

それだけにJCB発行のクレジットカードには、日本で使いやすい特典が豊富に付帯しています。

しかし一口にJCBのクレジットカードといっても、その数は多種多様。パッと見ただけでは、どのカードを選ぶべきかがわかりません。

そこで今回は、数あるJCBカードのなかでも、特におすすめのカード口コミ評判とともに紹介します。

カードの選び方もまとめています。この記事を読めば、自分にぴったりなJCBカードが見つかること間違いないでしょう。
また、JCBカードの締め日支払日や、セキュリティコードについてなど、クレジットカードを利用する際には必ず知っておきたい情報も解説していますので、ぜひ参考になさってください。

おすすめJCBクレジットカード8選|評判、口コミもあり

クレジットカード決済をする女性

特におすすめなJCBのクレジットカードは、こちらの8枚です。

おすすめJCBクレジットカード
  1. ポイント還元率が常に1.0%の高還元カード
    「JCB CARD W」
  2. 海外旅行保険が自動付帯する
    「JCBゴールド」
  3. ラグジュアリーな特典が豊富
    「JCBプラチナ」
  4. インビテーション制のブラックカード
    「JCBザ・クラス」
  5. Amazonで利用すると最大2.0%還元
    「JCBカード/PARTNER WITH POINT」
  6. ANAマイレージクラブ機能付き
    「JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ」
  7. ディズニー関連の特典豊富
    「ディズニー★JCBカード」
  8. 実績がなくても作りやすい法人カード
    「JCB CARD Biz」

①ポイント還元率が常に1.0%の高還元カード「JCB CARD W」

JCB カード Wの基本情報

JCBカードの多くは、ポイント還元率が0.5%と低めの設定です。しかし、こちらのJCB CARD Wは、1.0%と高還元。

ポイント還元率を重視してクレジットカードを選びたいのであれば、JCB CARD Wをおすすめします。

JCB CARD Wの評判・口コミ

スタバ専用に使ってます

JCB CARD Wとスターバックスカードを紐づけて使っています。
スタバだとポイント還元率が大幅にアップしますし、スタバのポイントとOki Dokiポイントを二重取りできるので、びっくりするぐらい貯まりやすいです。
https://kakaku.com/

公共料金の支払いも1.0%はうれしい!

今まで使っていたカードは公共料金の支払いだと、還元率が0.5%まで落ちてしまうので……。
公共料金の支払いでも1.0%還元は魅力的に感じます。
https://twitter.com/

JCB CARD Wは口コミでも、ポイントの貯まりやすさについて評判が多いです。

スターバックスを含むJCBオリジナルシリーズパートナー対象店舗にて、還元率がアップするのはJCB CARD Wに限りません。

しかしJCB CARD Wはこれらのショップでも、ほかのJCBカードよりポイントが貯まりやすくなっているのが特長です。

スターバックスのほか、セブンイレブン、ビックカメラ、モスバーガーなどをよく利用する方は必見です。
年会費 無料
国際ブランド JCB
ポイントの種類 Oki Doki ポイント
ショッピング還元率 1.00%
スマホ決済(還元率) 楽天ペイ(-)
Pay Pay(-)
d払い(1%
au Pay(-)
LINE Pay(-)
電子マネー(還元率) モバイルSuica(0%
nanaco(0%
楽天Edy(0%
WAON(-)
iD(-)
QUICPay(1%
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay
申込条件 18〜39歳

②海外旅行保険が自動付帯する「JCBゴールド」

JCBゴールド

JCBゴールドは、比較的安価なゴールドカードながら、海外旅行保険自動付帯するのは大きなメリットです。

保障金額も自動付帯分で5,000万円、利用付帯分でプラス5,000万円。総額1億円と手厚い保障を受けられます。

JCBゴールドの評判・口コミ

海外旅行用におすすめしたい

・海外旅行保険1億円分付き
・航空遅延保険付き
・ショッピングガード保険500万円分付き海外旅行用のカードとして、とてもコスパに優れていると思います。
https://twitter.com/

ザ・クラスのために作りました

JCBザ・クラスのインビテーションを受けるために、作りました。
なのでそこまでカード自体には期待していなかったんですが、ハワイ旅行のときに思った以上に重宝しました。
ハワイ特典がむちゃくちゃ多いカードですね。
https://kakaku.com/

JCBゴールドは、海外旅行保険以外にも旅行向けの保険や特典が多いカードです。そのため口コミを見ていても、旅行用に作ったという方が多く見られます。

またJCBの最高峰カードを手に入れるためのクレヒス育成用として、作る方も少なくはないようです。

旅行向けのコスパが良いクレジットカードを探しているのなら、JCBゴールドはおすすめです。
年会費 11,000円(税込)※初年度無料
国際ブランド JCB
ポイントの種類 Oki Doki ポイント
ショッピング還元率 0.50%
スマホ決済(還元率) 楽天ペイ(-)
Pay Pay(-)
d払い(0.5%
au Pay(-)
LINE Pay(-)
電子マネー(還元率) モバイルSuica(0%)
nanaco(0%)
楽天Edy(0%)
QUICPay(0.5%)
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay
申込条件 20歳以上で本人に安定した収入がある

③プライオリティ・パスをはじめとしたラグジュアリーな特典が豊富「JCBプラチナ」

③プライオリティ・パスをはじめとしたラグジュアリーな特典が豊富「JCBプラチナ」

JCBプラチナは、申し込みで取得できるJCBカードの中でも得られる特典が多いカードです。年会費も27,500円(税込)とやや高めですが、得られる特典は年会費以上だと言えます。

JCBプラチナの特典(例)
  • プライオリティ・パス
  • プラチナ・コンシェルジュデスク
  • グルメ・ベネフィット

旅行保険も、JCBゴールドよりグレードアップ。海外旅行保険も国内旅行保険も自動付帯で最高1億円が保障されます。

JCBプラチナの評判・口コミ

この年会費でここまで付帯しているのは素晴らしいの一言

プラチナカードのなかでは格安ともいえる年会費ですが、保険にしろ特典にしろ、すべてちゃんとプラチナ級なのには関心してしまいます。
プライオリティ・パスとグルメベネフィットを使うだけで簡単に元が取れますね。
https://kakaku.com/

コンシェルジュサービス目当てで作ったが正解

プラチナコンシェルジュを使いたくて、作りました。すでに何度か使っていますが、対応もよく、とても満足しています。
https://kakaku.com/

JCBプラチナの口コミでは、コスパの良さに評判が集まっていました。

プライオリティ・パス、グルメ・ベネフィット、コンシェルジュサービスのいずれか利用予定があるのなら、十分に年会費の元を取れるカードだといえます。
年会費 27,500円(税込)
国際ブランド JCB
ポイントの種類 Oki Doki ポイント
ショッピング還元率 0.50%
スマホ決済(還元率) 楽天ペイ(-)
Pay Pay(-)
d払い(0.5%
au Pay(-)
LINE Pay(-)
電子マネー(還元率) モバイルSuica(0%)
nanaco(0%)
楽天Edy(0%)
QUICPay(0.5%)
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay
申込条件 学生を除き、25歳以上で本人に安定した収入がある

④インビテーション制のブラックカード「JCBザ・クラス」

JCBザクラス

JCBザ・クラスは、JCBの最上位ステータスカードです。

申し込みによる発行はできず、完全インビテーション制となっているため、取得するためにはJCBゴールドやプラチナでクレヒスを積まなくてはいけません。

東京ディズニーランドやシーで利用できる特典はディズニーファン必見の内容です。スイートルームの特別優待や、ザ・クラス会員のみが利用できる専用ラウンジが用意されています。

JCBザ・クラスの評判・口コミ

クラブ33特典がなくなってしまって残念…

ディズニーのクラブ33目当てで作ったんですが、こちらの特典は2020年になくなってしまったので要注意です。
それでもディズニー特典はほかにあるので、ファンとしてはまあ…という感じではありますが、やっぱり残念ですね。
https://twitter.com/

コンシェルジュデスクが非常に優秀

旅行や食事の手配にちょくちょく使っていますが、つながりやすいですし、対応も文句なしです。
https://twitter.com/

以前はJCBザ・クラスといえば、ディズニーのクラブ33目当てで作る方がとても多かったもの。しかし2021年3月現在では、クラブ33特典がなくなっているためご注意ください。

プライオリティ・パスの無料取得や毎年2~3万円程度のカタログギフトがあるのは、高いステータスカードと言われるJCBザ・クラスの特徴です。

プライオリティ・パスは年会費4万円程度です。こちらを利用される方であればカタログギフトと合わせて、簡単に年会費をペイできます。
年会費 55,000円(税込)
国際ブランド JCB
ポイントの種類 Oki Doki ポイント
ショッピング還元率 0.50%
スマホ決済(還元率) 楽天ペイ(-)
Pay Pay(-)
d払い(0.5%
au Pay(-)
LINE Pay(-)
電子マネー(還元率) モバイルSuica(0%)
nanaco(0%)
楽天Edy(0%)
QUICPay(0.5%)
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay
申込条件 申し込み不可、インビテーションのみ

⑤Amazonで利用すると最大2.0%還元「JCB一般カード/PARTNER WITH POINT」

JCB一般カード_PARTNER WITH POINT

JCB一般カード/PARTNER WITH POINTは、ノーマルなJCBカードにAmazonユーザー向けの特典が追加されたクレジットカードです。

Amazonでのお買い物に限り、ポイント還元率が2.0%までアップします。

JCB一般カード/PARTNER WITH POINTの評判・口コミ

Amazonでは1ポイントから利用可能

貯めたポイントをAmazonでは、1ポイントからお買い物に利用できるのが一番うれしいところかも。
ポイントが使いやすいです。
https://kakaku.com/

思ったよりポイントが貯まりやすい

Amazonのほか、スタバやセブンイレブンで使う専用にしていますが、気づくとポイントがいっぱい貯まっています。
https://www.amazon.co.jp/

JCB一般カード/PARTNER WITH POINTは、Amazonユーザーにおすすめのカードです。

同じくAmazonユーザー向けとして発行されているAmazon Mastercardクラシックと比較しても、遜色ありません。

むしろAmazon Mastercardクラシックは、プライム会員でないと還元率が1.5%まで落ちてしまいます。

ただしAmazon Mastercardクラシックは、通常ポイント還元率が1.0%。JCBオリジナルシリーズパートナー対象店舗を使う予定がない場合には、Amazon Mastercardクラシックを検討しましょう。
年会費 1,375円(税込)※初年度無料
国際ブランド JCB
ポイントの種類 Oki Doki ポイント
ショッピング還元率 0.50%
スマホ決済(還元率) 楽天ペイ(-)
Pay Pay(-)
d払い(0.5%
au Pay(-)
LINE Pay(-)
電子マネー(還元率) モバイルSuica(0%)
nanaco(0%)
楽天Edy(0%)
QUICPay(0.5%)
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay
申込条件 18歳以上

⑥ANAマイレージクラブ機能付き「JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ」

JCB一般カード_プラスANAマイレージクラブ

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブは、ノーマルなJCBカードにANAユーザー向けの特典が追加されたクレジットカードです。

フライトやANA提携店でカードを利用すると、ANAマイルが貯められます。

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブの評判・口コミ

大きなメリットはそこまでないかも

決してマイル還元率は高くありません。なのでJCBカードならではのメリットを持ったカードが欲しくて、かつANAマイルもついでに貯められたらいいなという人におすすめ。
https://twitter.com/

JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブは注目度が低く、口コミはあまり見つかりませんでした。

しかし上記のとおり、ANAマイルを貯めるためのカードとしては、やや魅力に欠けるのが正直なところです。

JCBオリジナルシリーズパートナー対象店舗をよく使うや、ハワイ特典やディズニー特典をはじめとしたJCBならではの特典のついでにANA特典もほしい方にはちょうどよいカードでしょう。
年会費 1,375円(税込)※初年度無料
国際ブランド JCB
ポイントの種類 Oki Doki ポイント
ショッピング還元率 0.50%
スマホ決済(還元率) 楽天ペイ(-)
Pay Pay(-)
d払い(0.5%
au Pay(-)
LINE Pay(-)
電子マネー(還元率) モバイルSuica(0%)
nanaco(0%)
楽天Edy(0%)
QUICPay(0.5%)
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay
申込条件 18歳以上

⑦ディズニー関連の特典豊富「ディズニー★JCBカード」

ディズニー★JCBカードは、毎年オリジナルのディズニーグッズプレゼントや、ディズニーの優待プランなど、ディズニーファン必見の特典が満載のクレジットカードです。

またデザインに関しては、こちら以外にも複数から選択可能。リトルマーメイドデザインやシンデレラデザイン、ドナルドダックデザインなどさまざまあります。

ディズニー★JCBカードの評判・口コミ

カードデザインの可愛さが一番の魅力!

正直なところ、カードの機能としてはもっと便利なカードがほかにもあると思います。
でもディズニーファンとしては、ディズニー★JCBカードのデザインが本当に堪らないです!見てるだけで幸せです(笑)
https://kakaku.com/

サイトに記載のない特典も多い!

ディズニーランドのレストランで会員限定のノンアルコールカクテルがもらえたり、ディズニーコンサートでオリジナルのボールペンもらえたり、いろんな特典あります!
https://twitter.com/

ディズニー★JCBカードは、ディズニーファンから高い評判を集めています。

JCBは東京ディズニーランドやシーのオフィシャルスポンサーのため、さまざまな場面で会員ならではのディズニー特典が配布。ファンとしてはやはり見逃せないカードです。

ディズニーストアやホテルでポイント還元率が上がるキャンペーンもたびたび行われているので、よく利用される方は要チェックです。
年会費 2,200円(税込)※初年度無料
国際ブランド JCB
ポイントの種類 Oki Doki ポイント
ショッピング還元率 0.50%
スマホ決済(還元率) d楽天ペイ(-)
Pay Pay(-)
d払い(0.5%
au Pay(-)
LINE Pay(-)
電子マネー(還元率) モバイルSuica(0%)
nanaco(0%)
楽天Edy(0%)
QUICPay(0.5%)
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay
申込条件 18歳以上

⑧実績がなくても作りやすい法人カード「JCB CARD Biz 一般」

JCB CARD Biz 一般

JCB CARD Biz 一般は、審査が代表者(申込者)の情報で行われるため、起業まもなくでも作りやすい法人カードです。

また登記簿謄本をはじめとした事業確認書類が不要な点でも、気軽に申し込みやすいでしょう。

JCB CARD Biz 一般の評判・口コミ

会計ソフトとの連携が便利

私はfreeeと連携させてますが、自動的に費用が記録されるため、毎年の確定申告が楽になりました。
https://twitter.com/

個人事業主におすすめ

個人カードと法人カードを分けたい人にはちょうどよいと思う。それ以上の特典や機能を求めるなら、ちょっとものたりない。
https://twitter.com/

JCB CARD Biz 一般は、起業まもない個人事業主や中小企業向けのカードです。そのため申し込みやすく年会費も安いですが、法人カードならではの特典は最小限に抑えられています。

個人カードと法人カードを分けることで、経理を楽にしたい場合には、役立つでしょう。
年会費 1,375円(税込)※初年度無料
国際ブランド JCB
ポイントの種類 Oki Doki ポイント
ショッピング還元率 0.50%
スマホ決済(還元率) d楽天ペイ(-)
Pay Pay(-)
d払い(0.5%
au Pay(-)
LINE Pay(-)
電子マネー(還元率) モバイルSuica(0%)
nanaco(0%)
楽天Edy(0%)
QUICPay(0.5%)
モバイル決済 Apple Pay、Google Pay
申込条件 20歳以上、法人代表者または個人事業主

おすすめJCBクレジットカードの選び方

矢印

ここまで8枚のクレジットカードを紹介してきました。ここではおさらいをかねて、それぞれのカードがどんな人におすすめなのか。選び方をざっくりと見ていきましょう。

JCBカードの選び方
  • ポイント還元率を重視するなら…「JCB CARD W」
  • 自動付帯の海外旅行保険を求めるなら…「JCB ゴールド」
  • プライオリティ・パスをはじめとしたプラチナ特典を求めるなら…「JCBプラチナ」
  • いわゆるブラックカードを手に入れたいなら…「JCBザ・クラス」
  • Amazonをよく使うなら…「JCBカード/PARTNER WITH POINT」
  • ANAマイルを貯めたいなら…「JCB一般カード/プラスANAマイレージクラブ」
  • ディズニー好きなら…「ディズニー★JCBカード」
  • 起業まもない個人事業主や中小企業なら…「JCB CARD Biz」

JCBクレジットカードの種類はほかにも多数ある

クレジットカードを持つ男性

今回、8選では紹介しきれなかったJCBのクレジットカードをざっくりと表でまとめました。興味のあるカードがありましたら、こちらもチェックしてみてください。

JCB一般カード
  • 年会費:1,375円(税込)
  • JCBブランドの一般カード
JCB CARD EXTAGE
  • 年会費:無料
  • 29歳以下限定の若者向けカード
JCB CARD R(リボ払い専用カード)
  • 年会費:無料
  • リボ払い専用である代わりに還元率は2.0%
JCB LINDA
  • 年会費:無料
  • 女性向けデザインかつ、女性向けの保険や特典を利用可能
JCB法人カード
  • 年会費:1,375円(税込)※初年度無料
  • 法人カード。JCB CARD Bizと違い、従業員用のカードが発行可能
JCBコーポレートカード
  • 年会費:33,000円(税込)
  • 大企業向け法人カード。利用代金支払いが本カード会員の場合に利用
JCBビジネスカード
  • 年会費:33,000円(税込)
  • 大企業向け法人カード。利用代金支払いがカードの利用者ごとに異なる場合に利用

このほか、JCBではデビットカードの取り扱いもあります。デビットカードですと、原則審査が行われないため、審査が不安な方や落ちた方はこちらもご検討ください。

JCBクレジットカードを利用するメリット

JCBクレジットカードを利用するメリット

JCBのクレジットカードを使うメリットは以下の通りです。

クレジットカードを使うメリット
  • 気軽に買い物できる
  • ネットショッピングも万全
  • 安定したセキュリティ

様々な場所で利用できるカードとなっていますので、買い物では安心感を得られるでしょう。

また、長年サービスを提供しているという観点から、不正利用等による問題も発生しづらい信頼性も確保されています。ここからは、JCBのクレジットカードを使うメリットについて詳しく説明します。

気軽に買い物できる

JCBのクレジットカードを持っていれば、どこでも気軽に買い物できます。カード決済に対応している店舗に限定されるものの、必要であればカードを利用してキャッシュレス決済ができるのです。

短時間での買い物にも高い効果を発揮してくれるでしょう。買い物の手間が省けるのは大きなメリットでしょう。

海外でもJCBに対応している店舗が増えているので、海外旅行でも役立つことでしょう。世界中で利用できるブランドである点が様々な場所での買い物を便利にしてくれるのです。

ネットショッピングも万全

ネットショピングもJCBを持っていれば問題なく実現できます。

 ネットではカード決済が可能としている店舗も増えていますが、カード決済時にJCBが入っていないところは非常に少なく、大手であればほぼ決済が可能です。

ネットでの買い物は、振込等の手続きだと時間がかかってしまいます。カードを利用して決済できれば、注文と同時に支払いが可能となります。

すぐに商品を受け取りたいと考えているなら、JCBのカードを利用したほうがいいでしょう。

安定したセキュリティ

JCBは安定したセキュリティを確保しており、不正利用等の問題にすぐ対処してくれます。

何か問題が発生した場合は、サポートへ連絡することで調査を実施し、不正利用があればカード利用停止などの措置を取ってくれます。安心して使える点が評価できます。

 不正利用やカードの紛失はすぐ連絡してください。サポートへ連絡するとカードの利用停止と再発行手続きを行ってくれます。

すぐに問題へ対処できるという部分で信頼性が高く、次のカードもすぐ準備してくれるという安定感もあります。

利用状況は定期的に確認しておき、利用明細等を踏まえて不正利用が行われていないか確認しておけばより安心できるでしょう。

JCBのクレジットカードのセキュリティコードはどれ?

ネットショッピングなどでクレジットカードを利用する際、3桁のセキュリティコードの記入を求められることがありますよね。

JCBのクレジットカードは裏面に7桁の番号が記載されている場合があります。この場合は、セキュリティコードは下3桁になります。

「1234567」と裏面に記載されていれば「567」がセキュリティコードになります。「1234」はカード番号の下4桁なのです。
カード番号入力の場合はくれぐれもお間違いがないよう、注意してください!

よくある質問

JCBは一般カードから使い始めたほうがいいですか?
JCBは多数のカードを提供している業者ですので、一般カードから派生しているカードを利用しても構いません。どのカードを利用してもある程度の実績が確保されれば、上位カードを発行できる可能性は高くなります。
ゴールドカードは審査が厳しくなりますか?
JCBのゴールドカードは審査基準がやや厳しくなっており、収入面などの安定性が求められます。収入面で厳しい状況であれば審査を受けないほうがいいでしょう。一般カードを利用していることで、審査基準が緩和される可能性もあります。
JCBでカードを発行するまでにかかる時間はどれくらいですか?
JCBは審査完了後に発行手続きを完了し、送付する方法を採用しています。審査完了までに2,3日の時間がかかりますが、それに加えてカード発行に3営業日程度の時間をかけています。カードが送られてくるまでには1週間以上の時間がかかります。
JCBはポイント還元率が悪いような気がします。
JCB CARD Wのように、ポイント還元率を高くしているカードも登場しています。JCBが発行しているカード全てがポイントをあまり得られないような状況ではなく、カードによってポイント還元率が変わっていくものと判断してください。
JCBザ・クラスはどうすれば申し込めますか?
最低でもJCBプラチナカードクラスを発行し、そのカードを使い続けて信頼性を確保しなければなりません。その上で安定した収入を確保していること、JCBのカード利用に問題がないと判定されるなど、厳しい壁をクリアしたユーザーにだけ招待が届き、申し込みが可能となります。
JCBは支払日を変更できないのですか?
JCBはカード番号が354、または355から始まる場合、支払日が毎月10日で固定されます。他の日に変更できない仕組みとなっていますので、どのような状況でも10日に支払えるように調整しましょう。カード番号が他から始まるようであれば変更できます。
年齢制限のあるカードはいつまで保有できますか?
JCB CARD Wは申込年齢が制限されているだけで、実際には年齢制限を超えても保有できます。解約した場合は申込みができないものの、解約しなければ問題なく利用可能です。JCB CARD EXTAGEは5年後に一般カードへ切り替えられます。
JCBは発行時からリボ払いを要求されたりしませんか?
JCB CARD Rはリボ払い専用カードとなりますので、リボ払いが最初から適用されています。他のカードは支払い方法を変更しなければ一括や分割での支払いも可能となっています。発行時にリボ払いを希望しなければ問題ないでしょう。

まとめ

カード支払い

JCBからは多数のクレジットカードが発行されています。しかしカードごとの特色がハッキリと分かれているため、自分にぴったりのカードは選びやすいはずです。

本記事では、おすすめJCBカードを口コミ評判とともに紹介しました。今回の解説を参考に、あなたの求める機能や特典が付帯されたJCBカードを手に入れてくださいね。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事